「【推しの子】第2期(TVアニメ動画)」

総合得点
65.9
感想・評価
36
棚に入れた
320
ランキング
3068
★★★★☆ 3.3 (36)
物語
3.3
作画
3.5
声優
3.5
音楽
3.2
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

たナか さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ルナティック・パニッシュメント

大人気話題作2期に相応しい絶品クオリティ厨二アニメ。
もちろん一見さんお断りで今期は舞台編から。

01
1期の特別増量初回でショッキングな展開からリベンジミステリかのような導入そのままの流れを期待した初見勢からは初回だけの出オチ作品と評された本作。原作ファンでもない普通の人が「話題作なので見てみるかー」で安易に観てしまうと「え?なにこれ?犯人探しは?」とあまりに無粋で元も子もない感想を抱いてしまうのも当然。ダンジョン飯を見ても「え?妹は?何チンタラしてんの?」とか、フリーレンみて「え?これもう全部やりきってるやん。あと全部蛇足やん」ってなるし、水戸黄門や時代劇や相棒や半沢直樹見て「ゴツゴー!」ってなるでしょう。そもそもこれらは小中学生、もしくは小中学生の発達段階相当に脳が劣化あるいは退化した方々がターゲットです。

そんなあなたはもうアニメなんか卒業するお年頃。おめでとうございます。疲れた頭を脳死で休めるためか、童心に浸って汚れた心をリセットするか、若者に媚びて話を合わせるためには観てもいいものだが、見なくてもいい年齢なのにわざわざ見ておきながらわざわざバカにするのはコロコロコミック読んで「大人の鑑賞に耐えないッ」とか言っちゃうような大人気ない恥ずかしい行為。子供はこういう「人間の…闇…本質…」みたいな厨二アニメが大好きなもの。自分も中学生の娘がキャッキャしてるので当然観ます。

現代劇だとどうしても画面が地味になるので2.5次元の舞台でアニメ映えする画面作りには成功。わかりやすく作画スゲェな演出が出来る上手い話運び。しかしあまりに既視感ガーな設定だが想定顧客層にはきちんとウケてるのだろうか。もともと厨二臭いキャラばかりなのにさらに厨二感マシマシ。キャラの魅力ゥの底上げにはなっているのかも。ただえさえいつもキリッキリッしてイタいセリフばかりなのに、さらにクサいセリフを吐かせられる上手い設定。現代劇なのにここまでの厨二感は凄い。ファンタジーがないのにデスノートレベル。

品質は鬼滅を無視すればダントツで高品質。設定上室内で立って話すだけの場面が多い本作だが棒立ちで口しか動いてないカットが続くクソなろうとは雲泥の差。同じ場所で長い時間を過ごす場面でもやたらと多いカット割で飽きさせない画面作り。もちろん背景の使い回しなど皆無だし、アングルも変に凝り過ぎないが工夫を凝らした絵作りに感心。

重くなり過ぎないよう変顔コメディも差しこんでいるのにまったく厨二感が失われないバランス感覚も実にお見事。グロとギャグの差分が凄い鬼滅はもともと精神が健康な子供向けなので、脳が疲れてる時間帯には観るに耐えないだろうが、本作はマジで絶妙な塩梅でコメディ演出が全く邪魔しないため厨二感が損なわれずに素直に観れてしまう。凄い。

OPEDは映像も楽曲も凄まじいクオリティ。インパクト全振りな前期と比べると分が悪いかもだが、ファンには好評なのではと思う。もちろん好みではないがクオリティに抜かりなしの高品質なのには違いない。スポンサーの少なさからガッツリと儲ける気マンマン。グッズが沢山売れるといいですね。これ観てる熱心なファンでも若い子は円盤なんか買わないでしょうから。

しかしこの作者呪われてんのか。ラストのオチは爆笑した。ツイてるのかツイてないのやら。

投稿 : 2024/07/04
閲覧 : 38
サンキュー:

0

【推しの子】第2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
【推しの子】第2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

たナかが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ