「みだらな青ちゃんは勉強ができない(TVアニメ動画)」

総合得点
67.6
感想・評価
203
棚に入れた
746
ランキング
1393
★★★★☆ 3.4 (203)
物語
3.3
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.5
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

郷音

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

青ちゃんのエロ妄想が暴走する!

2019年放送アニメ。

エロ小説家である父親の影響でそれ関係に詳しい女子高生の青ちゃんが、リア充王の木嶋に告白され、エロ妄想を広げてしまうストーリー。

青ちゃんエロ可愛いw

妄想もそうだけど普段の仕草でも隠し切れないエロが出てるよね

そして木嶋がいい奴だから憎めないよね

でも青ちゃんの妄想の中の木嶋はやべー奴だけどねw

青のお父さん役の津田健次郎さんがたまにイケボでしゃべると毎回笑っちゃうわw

OPとEDは耳に残るから是非聞いてみてください

がっつりエロ!ってわけではないのでギャグアニメとして見てもらえれば。

投稿 : 2019/09/11
閲覧 : 32
サンキュー:

4

ネタバレ

ダレイオス

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

後半の普通の恋愛ものとして楽しめる恋愛ストーリーは良かった。

1話15分のアニメ
見だしてまず思うことは女性向けか?の
キャラクターデザインですね。
パッと見て女性受けが良さそうな男性キャラのデザインなど
女性向けて感じの第一印象

主人公の女の子は女子高生で男の子は「性欲の塊」と思っていて
男の子を徹底的に嫌っているというもので
話しかけてくる男の子の「木嶋」に対しても
そのように思っていて開始直後の関係は良い関係でないというスタート

そして見た目は女性向けの作品に反して
偶然おっぱいに顔がうずくまったりのエロシーンや
品のない下品な下ネタ発言の数々や
主人公の父親が小説家で官能でとてつもなくエロいことを考えているキャラと
それに反して男の子向けという序盤の内容、展開

主人公の父親に関しては主人公が「木嶋」の目の前で
偶然服がめくれておっぱいが見えたりするような工作をして、ラッキースケベ的なエロで
いい関係にさせようとしたり強引かつなぜ娘なのに・・・的なものがあり
よくわからないと思った。
主人公に関しても男の子は「性欲の塊」と思っているが
自分はエロい妄想を頭で考えていて
実際に興味本位でエロいことをしようと実行したり
自分はエロいこと考えているけど男の子がそう思うのは許せないと
こちらもよくわからないかな・・・と思いました。

内容はこの「木嶋」と主人公の恋愛もの
ただし進み方は普通の恋愛ものとは違うかな
主人公が「木嶋」にエロいことしようと考えたりするのだけど
それを「木嶋」がそれをエロいとは思わずに
真面目な恋愛の対応と見て勘違いして進んだり
逆に「木嶋」の誠意があったり普通の対応に
主人公がエロいことだと勘違いして進むという
ええ・・・まあエロの勘違いネタて奴ですね。
それで笑いを取っている印象で
それで恋愛関係が進展していく感じで
そういうネタが好きな人には楽しめる感じでした。
「木嶋」は最初主人公にいきなり好きだと言ってきたのは
気になったがそれ以外は誠意のある人なので
主人公に気を使ってあげたり優しい対応をしたり
好意的に見れるシーンは多かったです。
まあそういった優しい行動をエロいことと勘違いすることで
笑いにはなっていた。

ストーリーが進むと主人公の行動原理は
よくわからないな・・・と思いました。
主人公は男の子は「性欲の塊」と思っていたけど
そんなことはどうでもよくなって「木嶋」に言い寄られると陥落気味に
なって心を許していたのもよくわからなかったな
「木嶋」はイケメンでいい奴なので普通の女の子が惚れてもおかしくはないとは思いますが
主人公の設定を考えると違和感がありました。
やはり男の子は「性欲の塊」という考えを考え直して
惚れるという課程がないと苦しいのではないかと思う。

ストーリー自体は序盤の勘違いで笑いを取るもの一片から
恋愛もの要素が強くなっていったかなそれも女性向けにね。
男性向けの要素が控えめになります。
イケメンの「木嶋」が主人公の耳元で優しく語りかけて
主人公のことを可愛いと言ったりで
主人公が照れたり、そういう展開になりましたね。
ただ女性向けなのだけど、主人公の照れた時の思考がエロいことを
考えているということは変わらないので
そういった思考のおかしさは笑える勘違いにはなっていたりで
そういった思考や反応は楽しめたかな
うーん、「木嶋」の誠意ある対応にそんなエロいことを
考えている主人公で・・・まあ笑えます。

ストーリーは序盤、主人公の進学について語られていたけど
後半はその進学を軸にして進んでましたね。
割と真面目に進路のことを考えて進んでいましたし
学業と恋愛で悩む主人公の描写は悪くはなかったです。
恋愛面も笑いネタを狙っているのではなくて
真面目になり甘酸っぱく描かれて
普通の恋愛ものとして楽しめる恋愛ストーリーになってました。
そしてその普通の恋愛ものの中でも忘れずに
描かれる主人公のエロい妄想も
主人公が男性経験がないというウブさが全面に出ていたのあって
可愛さもあり面白さの一押しになっていた。

気になることは主人公と知り合いの女の子は
主人公のことを最初恋敵だと思っていて対立していたけど
いつの間にか主人公と「木嶋」がいい関係になるような
工作をしたりキャラにブレがあるのがな・・・よくわからなかった。
その後は出番が減るし恋敵として出てきた意味もわからなく
とりあえず主人公の恋敵キャラを出したけど・・・
使い方を持て余していて
キャラを上手く扱えていないと思いました。
作風も男性向けのエロアニメ的な要素から
女性向けの要素まで色々あるので
視聴者のターゲットを広く狙ってるのはわかるけど
その分、誰にも合わない可能性もあるな・・・と感じました。
作っている人も気付いたのかよくばらず後半はかなり女性向けに
なってますが最初から見ている人には違和感があるかもしれません。

個人的には女性向けの絵だけど
水着の回や主人公が押し倒されたシーンなどで
主人公の大きな胸のラインの描き方や妙にエロくて
しっかりと作画に力を入れてくれたのは良かったな

他の作画シーンは通常シーンは平凡だけど
2人の関係が盛り上がりそうな場面では作画が凄く綺麗で
大事な場面での盛り上がりに作画は貢献していました。

声優さんについては声質は主人公に合っていたし
普通に喋っている時は上手かったのだけど
焦ったり、興奮している時の演技がやや気になるぐらいでした。

まとめると序盤の勘違いコメディは楽しめて
後半になると真面目な恋愛ストーリーになり
恋愛ストーリー自体も楽しめるようになりました。
その中で描かれる主人公の勘違いも可愛いし、笑えるので
エロだの下ネタだので下品な部分もあるが
普通に楽しめるアニメでした。
ただしキャラの行動原理が不明な部分があり
特に主人公が男の子は「性欲の塊」と思っていたのに
「木嶋」に惚れてしまったや主人公の父親の行動や
主人公と知り合いの女の子の行動などに
説得力が乏しくキャラクター描写の甘さが気になる所
そのせいでストーリー展開もおかしな部分はありました。
作風も男性向け女性向けな部分があり混ざってる分
どっちにも合わない可能性があるなど
人にお勧めしにくい所もあったりでその点もな・・・と思う。

投稿 : 2019/08/11
閲覧 : 52
サンキュー:

4

ようす

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青ちゃんは妄想のせいで勉強どころじゃない

タイトルがいかがわしくて最初は避けてたんだけど、
評判を耳にするうちに気になって視聴。

内容は予想していたよりも、かなり健全な思春期ものでした。笑
もどかしい男女の関係がこそばゆい!

原作者が女性なので、
女性目線で「わかる!」と共感できるシーンもあって、
男女関係なく楽しめる作品だと思います^^

ショートアニメなので、1話が12分ほど。
全12話です。


● ストーリー
高校生の堀江青(ほりえ あお)は、
官能小説家の父親から離れて暮らすため、

地方の国立大学に進学することを目標に、
青春のすべてを犠牲にして勉強に励んでいた。

そんな中、クラスメイトの木嶋拓海(きじま たくみ)だけは、
青に好意を寄せ、積極的に話しかけていた。

しかし、青は父の小説の影響から「男は野獣」だと思い込み、
勉強の邪魔にもなると、拓海のことを迷惑に思っていた。


父親の影響から中途半端に
マニアックなエロ知識があるせいで、

「男はセックスのことしか考えていない」
=「自分に好意があるなら、そういう目で見られている」

という妄想に
激しく振り回される青ちゃん。

木嶋くんはいたって普通な反応してるのに、
行き過ぎた妄想で反応してしまうw

いい雰囲気になると「おかされちゃう~」と覚悟するけど、
結局そうはならず、青ちゃんだけが暴走していたというのがお決まりパターンw

そのすれ違ったやり取りや勘違いネタが笑えます。
結局おかされたい青ちゃんなのですw

ガツガツしているのが女子の青ちゃんで、
男子の木嶋くんは終始爽やかでいい子だというのが、
この作品の品位を下げていない大きなポイント。

青ちゃんも、性的妄想はしちゃうけど、
壁ドンされて怖いと泣いちゃうほど純情です。

個人的に下ネタ系作品は苦手ですが、
この作品は女目線であるからなのか、嫌悪感もありませんでした。

むしろ青ちゃんと一緒に木嶋くんに(*´Д`)ハァハァしてましたw
一途で優しい木嶋くんはいい男だよ~。


≪ 「あーもう、なんで襲ってこないのよ!」 ≫

襲われることを警戒しながらも、
木嶋くんがそんな素振りを見せないともやもやしちゃう青ちゃんw

でもこれは青ちゃんだけに限らず、
女性の気持ちとしてはあるあるだと思うんですよね。

もちろん、青ちゃんほど極端な妄想はしないにしてもw

積極的な男性が、なんだかんだ女性は好きですから。
ただし、相手によるというのは、注意が必要なところですけど。笑
(見た目とかじゃなくて、関係性ね。)

一歩間違えれば犯罪者級に悪く言われるわけで、
男性からしたら積極的になりたくても難しいよなというのもわかりますw

さらに注意が必要なのは、
積極的な男性が好きだと言いつつ、

こちらの警戒が的中した場合は「ほらやっぱり危ないやつだ!」と、
より警戒を強めてしまうことw

たぶん青ちゃんも、木嶋くんが何もしないからもやもやして、
彼のことが気になって仕方がなくなっていくのですが、

これがね、木嶋くんが早い段階で野獣化して青ちゃんを襲っていたとしたら、
青ちゃんは木嶋くんのことを好きにならなかったでしょう。

うーん、男女の駆け引きって、難しい。笑


● キャラクター
青ちゃんと木嶋くんの関係も気になりながら、
周りのキャラも個性的♪

特に青ちゃんのお父さん(cv.津田健次郎)のキャラが強烈w

これは津田さんの演技がお見事すぎるww
声色の使い分けが面白すぎましたww

娘のことを大事に思っているのも伝わってきて、
いい父親でもあると思いました。エロに絡めなければ。笑

青ちゃんの名前の由来…ひどすぎるでしょw
娘につける名前じゃない…。笑


● 音楽
【 OP「WONDERFUL WONDER」/ エドガー・サリヴァン 】

ほどよくノリよく、好きな曲です♪

曲に合わせる映像もめまぐるしく切り替わっていて、
豪華ですねw

本編では見せない鬼畜木嶋くんの表情が印象的ですw


【 ED「恋はミラクル」/ スピラ・スピカ 】

この曲は最初に聴いた時から好きですね♪

ハニワっぽくて好みです^^

恋する気持ちがぎゅっと詰め込まれていて、
キラキラまぶしい曲です。


● まとめ
胸キュンなショートアニメで満足です♪

時間もショートでちょうどよい感じでした。

肩透かしが多い木嶋くんが、
ところどころ積極的になるというギャップにも満足じゃ♪(/ω\)

性的妄想だらけの青ちゃんだけど、
純情でウブな男女の恋愛、よかったです^^

投稿 : 2019/08/03
閲覧 : 66
サンキュー:

19

ネタバレ

ストライク

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青ちゃんは耳年増

原作:漫画  未読

感想

官能小説家の父親の影響で、エロネタの知識は豊富な青ちゃん
自身は処女なので、典型的な耳年増です。
ツンデレでエロ妄想が激しいクセに中身は乙女で純情系という、ちょっと面倒臭い性格。
木嶋 拓海に告白されてからは意識し始め、なにかとマウント取ろうとするところは観てて面白かったし可愛いけど・・・
実際リアルでそれされると、多分ウザいかもw

木島も青ちゃんも恋愛初心者なので、観てる方は初々しくて良かったです。
まぁあとは時間の問題で、きっと二人は上手くくっ付くだろうなぁってのは観て取れたので、そこは安心して観れたかな。

青ちゃんを愛でれた自分は面白かったです。


余談
青ちゃんのCVが和氣あず未さん。
他にも今期は仙狐さんの声をやってましたが、EDテロップ見るまで和気さんだと気づきませんでした。
僕的には仙狐さんが好きだったので、仙狐さんのキャラ声の方が好きかな^^

投稿 : 2019/08/01
閲覧 : 54
サンキュー:

23

めかぶ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こりゃ仕方ないよね だって青ちゃんみだらだもん

官能小説家の父を持つ堀江 青のエロ妄想炸裂ラブコメ

実際のところは父の影響でただ耳年増なだけで
青が一人下ネタ妄想炸裂させてそれが誤解を生み
それを青がまた誤解するという

まあでも思春期の頃ってみんなこんな感じじゃないですか
自意識過剰で空回りしちゃうところとか

最初はまたエロだけのアニメ?と思いましたが
なんだかんだ言って笑いましたし
木嶋は誠実で良い奴だし
終わってみれば純情ラブコメと言ってもいいお話でした

終盤はちょっと失速した気もしますけれど
青ちゃん可愛かったですよ

投稿 : 2019/07/24
閲覧 : 40
サンキュー:

4

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

勉強ができないのはしょうがない!ユルす!

原作未読


これ自分としては完全に『川柳少女』のバーター。タイトル見たらまず手に取りません。あっち録画してたらこっちも付いてきました。
ドラクエⅢを手に入れるのにバンゲリングベイを抱き合わせで買わんといかんというのはリアタイの辛さですな。・・・と思ってたらバンゲリングベイけっこう面白いじゃなーいって結果に。

※注 ウチのレコーダーの仕様なのか川柳少女を録画したらこちらもセットでした。それと今は昔、人気ゲームを買うのに消費者に在庫の処分を押し付けるあこぎなおもちゃ屋さんがニュースになってたよ。

恋する乙女の微笑ましさは似たもの同士の15分間×2。比較はしませんが、当初オマケ扱いだったこちらの作品は知らないうちに株価が上がっておりました。


 むっつり女子


このテの作品が自分は初かもしれません。
ヒロイン堀江青(CV和氣あず未)は官能小説作家の父親の影響で尖った性知識は豊富。尖り過ぎてか男性皆セッ○スアニマルと思い込むようになり男性不信に。これまた父親のせいか親元を離れるために地方の国立大学目指し猛勉強中、とのことです。

{netabare}青姦の青!第1回から強烈でしたね。{/netabare}

対する木嶋拓海(CV寺島惇太)。告白されて彼を意識しだしてからの青ちゃん妄想全開ちょっとえっちいすれ違いラブコメが始まります。
不思議と下品な感じはしませんでした。ここって下ネタを楽しむには大きいポイントです。原作者が女性というのも関係してるかもしれません。{netabare}股浅パンツはくとお腹冷えるとか男はわからんよね。{/netabare}


父親嫌って親元離れたい乙女心
 ↓
それなら国立しか許さん親心
 ↓
いろいろ犠牲にして勉強頑張る娘
 ↓
イケメン登場
 ↓
淫らな(妄想全開の)青ちゃんは(性春を謳歌し)勉強(に集中)ができない


ということでした。

OPのノリは好きです。特に「せーの!」のとこ。


タイトルからしてえっちいニーズありの作品で、黙ってても観る人は観るでしょう。じゃあそうでない人にとっては?

 ・作品のトーンが下品じゃない
 ・相方の男が下衆じゃない
 ・恥ずかしがり屋むっつりの青ちゃんがたまに暴走する
 ・なんだかんだ親父さんと青ちゃん仲良さそう

このたまに暴走するのが良いアクセントになって最後まで楽しめました。

ついでにというよりむしろ本題。津田健次郎さん演じるお父さんがキレキレで凄い引きこまれます。チャラいツダケンさんが8割5分。決めのイケボと落差が素敵でした。

15分と短めで一気に観れる量です。暇つぶしにでもどうぞ!



2019.06.24 初稿
2019.07.17 修正

投稿 : 2019/07/17
閲覧 : 295
サンキュー:

49

ネタバレ

るるかん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

みだらって感じではないね

最終話まで
まぁまぁ~普通のラブコメとして楽しめました。題名とは違って結構純情な若者の普通のラブコメって感じでした。結構笑わせてもらったので満足ですw
10話
木嶋君はほんといい奴だね~。お父さんは滑稽なくらい変わった人で面白い。青ちゃんは真面目で純粋でかわいい。普通に楽しめるお話でした。
9話
微笑ましい限りですね~。青春って感じですよw
8話
なるほど・・・{netabare} 勉強ができない理由は純粋な気持ちから{/netabare}だと分かる、なんかいい話でした。プラトニックなジリジリした関係を楽しめる人にはうってつけの内容です。
7話
{netabare}水着回の最後は予想通りの結末。青ちゃんは夏の時点で模試でEランクだと大学入試は厳しいかもね。歴代の彼女の誰とも海水浴に行ったことは無い(プールはあるけど・・・)のですが、{/netabare}女の子って青ちゃんみたいな妄想しながら海で遊ぶのでしょうか?
6話
{netabare}矢部さんもかなりな変態だなw
木嶋君もかなり強引です。 でも矢部さんに0回って見抜かれてるしw
木嶋と青の押し引きのやりとり、微笑ましいです。{/netabare}典型的なラブコメだけど、まぁ~15分枠だし、丁度いい感じですね。
 
5話
{netabare}木嶋君の誤解は解け、青との関係は修復方向へ・・・。青のお父さんは愛の英会話本も出しているとは・・・w{/netabare} 15分の簡潔なラブコメで丁度いい塩梅ですね。ちなみに青ちゃんはH妄想はするけど賢い女の子ってことらしい。

4話
青春一直線なお話w 青ちゃんの親父さん小さすぎるでしょw
作品名とストーリーに隔たりを感じます。青春ラブコメって感じですね。
 
3話
木嶋君いい奴だな~。青ちゃんの思考は親譲りってことなんだな。みだらな思考・想像はするけれど、青ちゃんは、みだらってわけじゃない感じだから、まぁまぁ楽しく見れますね!斬新な話ではないけれど、定番なちょっとエッチな楽しいお話で悪くはないのでは・・・?と思います。 

2話
青ちゃん、リアクションが超ウケるわ!会話の作り方も面白い。夜中に笑い過ぎました。青ちゃんマジ可愛い!ねっとり縛り読んでるし・・・。どうなるのか楽しみな話ですね。夜中はこれくらいインパクトあってもいいよね(笑)

1話
まぁ~あまり深いものは求めてなかったからいいんだけど・・・それなりに笑えたので継続して楽しみたいと思います。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 109
サンキュー:

14

ネタバレ

テナ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

空回りな主人公

タイトルの通りです。
自分が恋をしてしまっているのに気が付かずに勝手に妄想して暴走して勉強が出来ない。
そんなアオちゃんですw
恋に気がついても妄想して妨害して勉強が出来ない、安定のアオちゃんです。
ここまで深く裏を読むか?ってくらいの妄想ですw
途中、逆にこんな妄想されて悪役?にさせられてしまう、木嶋くんが可愛そうに見えてくる時もありますがw
どんどん成績を落としているアオちゃんははたして大学受かるでしょうか?
恋に勉強に忙しい青春ですね^ ^

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 19
サンキュー:

7

scandalsho

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

尻すぼみは必然か?

原作未読。最終話まで視聴。

微エロ系のラブコメ。
微エロと言っても、官能小説家の父の影響でみだらな妄想が爆発しちゃう青ちゃんの脳内での話。
実際にはエロ要素は全くない。

ラブコメとしてはそこそこ面白いと思いますが、どうしてもマンネリ感が否めない。
少々奇抜な設定のラブコメが尻すぼみしちゃうのは必然なのかな?

投稿 : 2019/07/14
閲覧 : 70
サンキュー:

24

ひき

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青ちゃんの妄想が楽しい。

エロ小説家を父に持つ青ちゃんはその影響で耳年増なうえに妄想癖が…。
そんな青ちゃんに同級生の木嶋が告白する。
青ちゃんは受験生、勉強に一生懸命励まなくてはならない。
告白をお断りしたものの木嶋が気になってしょうがない…。
いけない妄想が頭から離れない…。
青ちゃんと意外と純粋な木嶋とのラブコメディ。

結構おもしろく、楽しめました。
青ちゃんのぶっ飛んだ妄想がいい感じでした。
そして妄想の割にはプラトニックな展開で、
変ないやらしさはなく、好感が持てます。
青ちゃんかわいいし、Gカップだし!

続きは見てみたいけど、これ以上すすんじゃったら
なんか面白くないような気がして。
現時点をkeepしつつ、さらに面白い展開ができるのなら
是非2期もお願いします。期待してます。

投稿 : 2019/07/12
閲覧 : 27
サンキュー:

9

ninin

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これでは全然勉強できませんw

原作未読 全12話 1話15分枠の作品

官能小説家の父につけられた名前を恨んで家から脱出しようと国立大学の受験のため勉学に勤しむ主人公の堀江 青(ほりえ あお)と、青ことが気になるクラスメイトで見た目とは裏腹に純情な木嶋 拓海(きじま たくみ)とのラブコメ作品です。

家庭環境の影響で青ちゃんの妄想が酷かったですねw

青のお父さんがなかなか酷い扱いをされていましたが、2人のやりとりが一番面白かったです。

お父さん役の津田健次郎さんの変わり身の演技が良かったですね。

タイトルで損をしている感じしますが、普通のラブコメですね。ラブコメ作品が好きな方なら観てもいいかもしれません。

楽しい作品でした。

OPはエドガー・サリヴァンさん、EDはスピラ・スピカさんが歌っています。

最後に、堀江 青役は和氣あず未さん、今期は世話やきキツネの仙狐さんの仙狐さん役も演じていますね。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 51
サンキュー:

24

四文字屋

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

妄想迷走♂♀

これもあにこれが無かったら、確実にスルーしてた筈の作品。

エロアニメかと見せかけておいて、
まさかのエロ要素全くなし。

主人公青ちゃんの、ひたすらに男を野獣と決めつけ怖れる妄想癖が、
父親由来なので、
ある意味非常に納得できる。
そういうバックボーン無しにここまで被害妄想が膨らむとしたら、
これはもう病気でしょうw

で、男はみんなオオカミだわってところから始まって、
具体的な警戒すべき対象が出て来て、
告白されたら、
どうやって断ろうかと悩み続け、
機会を失っているうちに、
なんだか意識し過ぎて、
で、相手のキャラクターも当初の予想とは違って「いい人」で「童貞」で。

この童貞とかってこだわり方が、
父親由来なんだけど、この主人公をすごく不幸にしていると思う。笑って観ているんだけど。

まあ最後は想像通りの純愛カップルひと組出来上がり。
ってことで、ハッピーエンドなら、
こういう自意識過剰コメディも楽しいもんですねw

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 47
サンキュー:

23

レイン

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

エロだけど普通に良い作品。

エロというか下ネタアニメですね。
でもストーリーは学生物の王道的な話でした。
全体的に見るとほのぼのとした可愛い作品です。

しかしあの父親からこんな娘が生まれるのか?www

次があったら見るか微妙ですが見て損はない作品でした。

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 26
サンキュー:

4

ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

耳年増な青ちゃんは色恋沙汰に興味がありすぎて勉強が手につかない(笑)

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
エロ成分多目のラブコメ。からの、意外とギャグが良かった。

私のように、モロなエロが苦手な人は、タイトルで敬遠しがちな作品かと思いますが、中身はわりとギャグよりで、意外とちゃんとラブコメもやってるんで、楽しく観られましたよ。


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
「リア充怖いよ~。童貞気にしてないよ~。壁ドンするよ~」

には、笑ったw

青ちゃんは、余裕ぶったり右往左往したりしている時が可愛いし、笑えますね♪

結果として、キスだけだから、健全なラブコメでしたね(笑) 下ネタ系作品のなかでは、かなり好きかも。

ただ、少しマンネリ気味というか、後半にいくに従って失速した感はあります。まあ、ギャグアニメの9割がそうですけど。

本作は「勘違い下ネタ」ばかりで、あまりエグくすることも出来ず、ずっと同じ温度でしたね。下ネタ以外のギャグも混ぜ込めれば良かったんでしょうけど。
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆3
青姦の青、とか親がクソだな(苦笑) エロに振るなら、微妙かな。

2話目 ☆3
アンジャッシュ(笑)

3話目 ☆3
カマキリでパンツ隠すのは斬新だな(笑)

4話目 ☆3
津田さん、声色の変化が凄いな~(笑)

5話目 ☆4
下ネタが、なかなか笑えた(笑) 「童貞には優しくしないと(菩薩顔)」「リア充怖いよ~。童貞気にしてないよ~。壁ドンするよ~」(笑) エロよりギャグにふってくれれば、何気に楽しいな♪

6話目 ☆3
酒池肉林(笑) 女の怖さ(笑)

7話目 ☆4
顔芸かよ(笑) 男優とは違う、とかw 現実のツンデレは面倒くさいだけ、確かに(笑) 立ち泳ぎでヤるとか、難易度高過ぎて、童貞じゃなくても無理だろ(笑)

8話目 ☆3
バッキ、バキ♪ バッキ、バキ♪ (笑)

9話目 ☆3
たまにぶちこむ、萌える展開、どうせギャグで終わるけど(笑)

10話目 ☆3
親子喧嘩(笑) 最後、あんまり良い話でしめられてもなw

11話目 ☆2
う~ん、イマイチ。今さらパンツネタやられてもな。

12話目 ☆3
聖闘士童貞って、なんだよ(笑) 青がついにデレたか。キス、即座に土下座(笑) 最後はちゃんと恋愛してたな。なかなか良いラブコメだった。
{/netabare}

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 38
サンキュー:

23

ネタバレ

MuraBustan

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちょうどよい長さ

コミック読んでいた。品のいい?エロ表現でなかなか微笑ましいですな。

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 20
サンキュー:

5

イムラ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

「$10」by林田健司

<2019/7/6 初投稿>
最終話まで観終えました。
コメディ重視でラブ薄めのラブコメを最後まで貫いてましたね。

一連のシモネタが受け付けられるかどうかで評価真っ二つな気はします。
個人的にはシモネタも好みの範疇でしたし、
青ちゃんの独りよがりな妄想もクスッと笑えましたし、
八宝菜のつんちょは凄かったし。
満足しました。

あと、OP曲が割と好き。

<2019/6/17追記>
11話観ました。
今週のパワーワード
「ツルツルパンツ」
「腹を満たして、その後S◯Xだ!」

青ちゃんはもうあれだな。
煩悩全開の17歳男子並みに頭がアレですね。

<2019/5/11 追記>
6話まで観ました。

ラブコメですけどウェイトはコメ95%くらいな感じ。
ラブはコメディを引き立たせるスパイス、塩コショウみたいなもんですね。
なので真面目に見るとつまんないと思います。

「呼び捨てはS◯Xの始まりだゾ」
そんな格言聞いたことねえ 笑

<2019/4/27 初投稿>
原作未読。
見始めなので評価はデフォルトの3.0です。

この作品、人を選びますね。
最初のシーン、ヒロインの一言でツボれた人は楽しめると思います 笑。
私はツボりました( ・∇・)

主人公「青」は高校生の女の子。
真面目で人を寄せつけない頑なな態度の裏にやらしい妄想がいっぱい。
というヒロイン。

も少し正確に言うと
「こんなやらしいことをされてしまったらどうしよう、逃げなきゃ!ドキドキ!」
というおめでたい妄想でいっぱいな人です。
もしかしてダクネスの親戚か?

1話見て作者が女性だとすぐにわかりました。
だって男の作者だったら、女子高生に昭和の臭い漂うオヤジ系シモネタを妄想させるとかこっぱずかしくてできないでしょ 笑

女性の漫画家が描く自虐系ラブコメの一種だと思います。
例によってヒロインの相手は女性の理想が詰まったような男の子だし。

ところで思春期の頃って異性に対して身勝手な幻想、妄想を抱きがちですよね。
男子は「女の子はみな清純」とか漠然と思ってたり。
女子は女子で「男子はすけべ」
「でも◯◯くんはカッコいいからやらしいこと考えたりするはずない」とかとか

思い返すと恥ずかしいですねー。

そんな妄想がアホのように肥大した女の子のラブコメに興味がある、と言う方向けかな。
この調子でいけば結構面白くなりそう。


そうそう。
八宝斎みたいなのでてきてシモネタの昭和臭に拍車をかけてます。
声はイケメンぶりと舞台俳優でも活躍する演技力の高さに定評のある"つんちょ"。
ACCAのニノとかGANGSTA.のニコ演った方です。
ホント、この人なんでもできるな。
声の演技もまんま八宝斎で 笑

タイトルは林田健司さんの名曲です。

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 201
サンキュー:

41

ネタバレ

ぐver0

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青ちゃんが可愛い。

わりとちょろい青ちゃんエロ可愛い。
秀才キャラかと思ったら脳内ピンクキャラだった。
たまにいきなり出る下ネタ的なセリフがちょっとびっくりするw

結局木嶋と相思相愛になるんかーいw
てっきりつかず離れずいい感じにだけなって終わると思ったのでちょっと驚き。

オープニングの木嶋の鬼畜顔で毎回笑うw

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 14
サンキュー:

3

ネタバレ

プラたん

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最後の最後で・・・!

結ばれんのかーい!!!


お二人さん付き合うんですか。もう勉強どころじゃないですね・・・青ちゃんは知識が豊富だから、毎日セックス三昧なんですかね・・・はあ、考えただけでおそろしいやら、うらやましいやら。


それにしても、津田さんがたまにイケボしなるのは面白かったw

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 39
サンキュー:

3

ネタバレ

yuugetu

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ギャップの凄さに心臓が痛い(でも結局楽しみました)

2019年春アニメ。一話15分位のショートアニメで全12話。
原作は未読です。

少女漫画ベースの純愛ストーリーに、男性向けっぽいちょい下品なエロ要素を加えたラブコメ。

{netabare}
川柳少女と一緒だったから見ることになったのですが、第1話が一番下品でしたw
それ以降は少しずつ落ち着いていき、変な知識があるせいで妄想たくましい面倒くさい女の子と優しくて一途な男の子の初恋物語になります。

OPがとても良かったですね。
演出も安定していたので何となく止めずに見ていました。作画が乱れるって意見もあるんだけど私は全く気にならなかったなあ。
雅ちゃんが登場してからは特にスタンダードな恋物語になっていって、割と楽しめるように。この手の作品は他にもあるけど、女の子目線は珍しいかな?

エロは苦手ですが結局初々しさを強調することの方が多く、ちょっと先が気になってきた…と思って川柳少女と一緒に見ているうちにあれよあれよと最後まで視聴。
最終回がキスで終わるの、鉄板な上に卑怯だよwこんなん可愛いと思うに決まってるじゃんw

キャラクターもほぼ皆良い人ですし、エロが減ってからはそんなにストレス無く見られました。
{/netabare}

エロが過剰じゃない方が見やすいとは思いますし男性向けなのか少女漫画なのかわからない作品ではありますが、ハマると替わりがなかなか見つからないタイプかもしれません。
(2019.7.4)

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 31
サンキュー:

12

はちくじまよいちゃん

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

いつ面白くなるのか、見てましたが

一向に面白くならなかったので1話か2話残して断念。

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 34
サンキュー:

4

シャベール大佐

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

下ネタが多い割には、微笑ましさも感じられるラブコメディ

有名な官能小説家を父に持つ女子高生・堀江青が主人公のラブコメディ。15分枠で全12話。
作風的には下ネタが強め。予備知識ゼロで観始めた最初の印象では、エロ方面にぶっ飛んでいる父のせいで真面目な青が酷い目に合う、みたいなパターンなのかなと思ったのですが、観続けていくと、父はちょっと頭がおかしいけれど別に悪い人ではないですし、青自身も内面はかなりアホでエロかったりするので、過度に可哀想という感じにはならず、普通に笑えて良かったです。青の相手役となる同級生の木嶋も、とても優しくて誠実なキャラなので、下品なネタも多く描かれる作品でありながら、微笑ましさを感じる部分もあります。また、恋愛経験がないので行動には臆病だけれど、知識はあるので頭の中ではエロい妄想をしているといった描写は、ギャグ色の強い作品なので誇張は当然ありますが、思春期の恋愛としては意外と共感できるかもしれません。
作画、音楽は特に問題なし。声は、主役は和氣あず未で、同時期に放送していた仙狐さんとは全くタイプの違う役柄でしたが、普通に良かったです。
最後まで観終わって、当初の予想以上に楽しめました。下ネタやエロだけに頼るのではなく、ちゃんとラブコメとしての面白さもあり、最終回のまとめ方もいい感じで、個人的には好感の持てる作品でした。

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 39
サンキュー:

10

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

妄想が…暴走するっ!

この作品の原作は未読です。
まぁ、タイトルを額面通りに受け止めて概ね問題無い作品だと思います。


名前の由来は…
官能小説家の父に悩まされる女子高生・青ちゃんは、念願の一人暮らしを実現させるため
難関大学合格を目指して猛勉強中。

「青春? 男女交際? そんなの知るかッ!」

…だけどそんな青ちゃんに、クラスの人気者で「リア充王」の木嶋が
まさかの愛の告白。

空気を読まない木嶋のアプローチに、勉強そっちのけで青ちゃんの
エロ妄想が暴走する!


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

確かに青ちゃんの名前の由来を聞くと可哀想になります。
青って色んな言葉と繋がるのに、どうしてその言葉と繋げるの…?
と思わずツッコミを入れたくなる…そんな由来です。

そんな青ちゃんは、真面目な性格で常に勉強に勤しんでいる美少女なんですが、ある意味父親の影響を強く受けている女の子なんです。

父親は超有名な官能小説家で、そのため青ちゃんはHな知識だけは豊富で、オトコと恋愛に嫌悪感を抱いているとのことですが、それだけじゃありませんよね。

例えば、子供が父親の職業に興味を持ち高いスキルを身に付けるか…と問われると答えはNoです。
どこに勤めているか…は知っていると思いますが、どんな仕事をしているのか、知らない子供が殆どなのではないでしょうか。

特に高校生の頃ならなおのこと…父親は家族のためにお金を稼ぐ道具か何かくらいにしか思われていないことでしょう。
「親にならなきゃ親の気持ちは分からない」とはよくいったモノです。

ですが、青ちゃんは父親の職業柄知識が豊富というのなら、それは遺伝的要素が強いか、或いは好奇心が旺盛だからにほかなりません。
でも、そういうのをひっくるめて恥ずかしいお年頃なんでしょうから、青ちゃんの反応も仕方無いんでしょうけれど。

ですが、ぶっ飛んでいるのは青ちゃんの妄想だけ…というオチが付くのがこの作品が少年誌である所以。
青ちゃんは妄想家としても高いスキルをお持ちのようで、木嶋との妄想の暴走するレベル差が天地ほど隔たりがあるんです。
だから青ちゃんの暴走を除くと、この作品は「普通に人を好きになることを知る作品」なんだと思います。

しかし、物語のラスト…テストの結果が返されていまいたが、青ちゃん一体どこまで勉強できなかったのとツッコミたくなりましたよ。
これで念願の大学に進学できなければ本末転倒だと言うのに…
手を変え品を変え恋愛をゲーム感覚で楽しむのは如何なモノかと思いますが、まるっきり恋愛慣れしていないのも問題なんですね。
青ちゃんが典型的な事例だと思います。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思いまうs。

オープニングテーマは、エドガー・サリヴァンさんの「WONDERFUL WONDER」
エンディングテーマは、スピラ・スピカさんの「恋はミラクル」

本編を完走してwikiをチラ見したところ、原作は全8巻で完結しており、現在は「淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編」として連載が続いているんだそうです。
完結している作品であるにも関わらず、アニメが完結しないのは何故なんでしょうね。
この作品も円盤の売れ行きによって続編が決まるパターンなんでしょうか。
続編が制作されるなら是非視聴したいと思います。
青ちゃんが本懐を遂げられるよう陰ながら祈っています。

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 40
サンキュー:

18

ヘラチオ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

一応勉強できる娘なのね。

真面目な堀江青。淫らな感じしないけど、やっぱり妄想爆発の女の子やった。デレが可愛い。そして和氣あず未の声良かった。志望校国立大学だったらどこでもいいのかよって思ってしまった。

木嶋拓海の一途さ凄い。すれ違いがなんかもどかしい。

お父さんは普段妙な声なのに津田健次郎ボイスをちょくちょく出してくるのは素敵。

オトナ編もあるんだね。読みたい。舞台は福岡らしい。


OP
WONDERFUL WONDER 歌 エドガー・サリヴァン
結構可愛い曲だと思った。エドガー・サリヴァンにこれから少し注目していきたい。
ED
恋はミラクル 歌 スピラ・スピカ

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 15
サンキュー:

6

ato00

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

勉強なんてやめちまえ

官能小説家を父に持つ青ちゃん。
豊かなエロ知識の割には純情です。
それ故、思考と行動のギャップに笑えます。

一方の青ちゃん一筋木嶋君、こちらも純情。
それ故、青ちゃんに振り回されます。
超誠実を地で行く木嶋君は超潔いです。

最初は「あなたが嫌いです」と告白しようとした青ちゃん。
あれやこれやのすれ違い事件を通して次第に・・・
ツンツンがツンデレになる過程がキュンキュンです。

ドロドロ感が乏しいスカットエロラブコメ。
キャラデザも私の好み。
1話15分なのが残念なくらい楽しめました。

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 50
サンキュー:

19

NASA

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

思っていたより面白かった

連載は少年漫画誌のようだし、下ネタも多くエロもちょくちょく入るのだけど、話の作りは少女漫画に近いように感じた。少年漫画に見せかけた少女漫画という感じ。

原作も気になったのだけど、アニメ版のキャラデザが秀逸すぎたせいであまり手を出す気になれない。

見る前は萌えエロで釣ってるだけのしょーもないアニメかと思ったけど見てみたらキャラも良くて意外と面白く、結局最後まで見てしまった。

2期も普通に見たいのだけど、まあ無いんだろうなぁ…。

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 29
サンキュー:

6

ISSA

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

可愛い、青ちゃんの妄想暴走止まらない

視聴完了

川柳少女のついでにってノリで視聴したけど…
最後の方は逆転、青ちゃんついでの川柳少女。

とにかく青ちゃんのエロい妄想が笑えますね、引くかと思いきや、エロい妄想してデレるのが可愛い!
今期の私的には癒しキャラでしたw

お話もショートアニメの枠内でラブコメちゃんとして青ちゃんの魅力が出て良かった。

女の子ってあんなエロい妄想するのかなぁ…と逆に妄想するアニメかw。

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 41
サンキュー:

21

ネタバレ

ValkyOarai

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

川柳少女の後にこれかよwww しょびっちや雪原の青に並んでみなwwwいや、ぼく勉か?

15分前の乙女が恋する模様を15分後、ぶち壊してくれるwww
堀江青っていう子は一人でささやかに暮らしたい...ただそれだけなのに
イケメンが絡んでくる、どうせ心は{netabare}SOXに入会させてくれ~{/netabare}みたいなもんだから...!!

っつーか親父が官能小説家なのかよwwwww
一誠ちゃんや智樹みてえなもんじゃねーかwwwww

まず制服を保健室に届けてかつ、嫌いだと言おうとしたのに...
何 故 親 父 が お る

2話
今度こそ断るために服装をビシッと決めたのだが
おい体の線が...
次はなぜかカバンに入っていた親父執筆の官能小説...
それが木島の英単語帳にぶつけてしまい...
見 ら れ た ら 終 わ る

3話
林間学校~
自分の身は自分で守らねば...!
たかだかガールズトークなのに、凄まじい勘違い劇が...wwwww

4話
だから{netabare}3Pは無いからwwwwwしょびっちでもそこまではいかなかったけども...www
まあ向こう側はキャラが主人公以外おかしすぎるからwwwww{/netabare}

5話
前回木嶋は別の子とある場所の前で...
{netabare}入会させねえぞおおお!!
そりゃ、未成年は入れるわけねーし、バッカじゃないのこの子
だって入る前に、膝蹴り一閃したしwwwww

あのさあ、堀江さんよぉ
俺は好きな人じゃないと入会できないんだから、勘違いしないでくれないかな。だって俺DT(未入会者)なんだから!!
女の前で言っちゃ...{/netabare}

6話
{netabare}親父のインスピレーションを上げるために肉フェスに行くことに
無論編集者も同行
っつーかレベルたけーな、従業員www
だがそこに木嶋とあの子、雅がバイトでおった...{/netabare}

7話
{netabare}開幕、模試の結果
「戦闘力5か...」ズドーン...!wwwww
だから勉強合宿に行くのだが
その近くが...海...
即ち、アレの出番{/netabare}

8話 鰻「み な ぎ っ て き た」
おい親父、ナニを振りかけた!?wwwww
それを食らったのは木嶋
だったが...ゴメン堀江
{netabare}入会する{/netabare}よりも、自分の趣味を好きなだけやりたんだ

9話
{netabare}別れたはずなのに、やっぱりモヤは収まらない
だって教科書逆さまだもーん
そして親父の編集者に勉強を見て貰うけども、思い出すはやっぱ...
何故か袋に入って木嶋はやって来るwww
その帰り、これは告白かと思ったが...泣けよ青{/netabare}

10話
{netabare}ラブコメ恒例の体育祭
元々運動は苦手の青
だったけど、親父ぃ...
喋らなきゃあ、いい人なのに...
フツーにLEVELバラすなwwwww{/netabare}

11話
{netabare}木嶋が勉強しに来た
ってわけで、青は穿くことに...変わったアレを...
そして今度は書いてまで誘惑するハメにwwwワッケ分かんない...
だから国立大E判定なんだよwwwww

じゃあ今度のテストでいい点とったら、何か一つお願いできる
ってのはどう?
で、妄想膨らますwwwwwアンタは千紗希かよwww{/netabare}

12話
折角アレできたんに...
「だからお前はアホなのだぁ!!」wwwww

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 165
サンキュー:

9

ネタバレ

オカモン

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

青ちゃんの近づくなオーラはあっけなく崩壊した

アニメを見てから原作漫画を買った作品の一つ。
とても主人公が可愛くて青春をしていました。

作品は性的表現が多いですが、原作者が女性なだけあって単純な男性向け作品に比べたら主人公の心理的表現がとてもかわいらしく描かれてました。

お父さんが官能小説家という特殊な家庭に生まれ、小さい頃から苦労も多かった青ちゃんですが、そこで得た知識を元に好きな子と距離を近づけていく様がとても良かったです。

お父さんの声優さんである津田さんの普段聞けないような演技がとても最高でした!

原作ではこのあと受験へ向けて頑張っていきます。
そしてさらに成長した「淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編」へと続いていきます。

アニメ版では「淫らな」ではなく「みだらな」とひらがなに変更されたのは、性的表現を抑えるためでしょうか。

非常に面白かったです。2期期待しています!

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 34
サンキュー:

6

える908

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青ちゃんが淫らじゃなくて妄り(みだり)で、なんか可愛いんです!

最初は、「川柳少女」のついでに観てたんですけど、
今ではこちらの方がメインで、楽しんで観てます。

青ちゃんのキャラデザ自体は、なんか好みじゃないというか、
横顔はスッキリしてて奇麗なのに
正面の顔が、眼とかあごの線が古い感じがしてちょっと変な感じなんだけど、
キャラ設定が、とっても好きです!
しょびっちみたいな100%勘違い少女と違って、
お父さんの職業(人気官能小説作家)のせいで、
ちょっとずれてるけど妙にリアルな妄想癖と、
これもお父さんのせいなんだけど、
被害妄想が原因で男性恐怖症気味になっちゃってる感じ。
特に、無自覚なままに「リア充だし私とは正反対の人種」と避けてた木嶋君にだんだん惹かれちゃったり、
自分で勝手にピンチだと思い込んだときにベソかいて諦めちゃったりするところ、結局は勘違いで肩透かしになっちゃうのが、
なんだか可哀想でもありながら、
可愛いなって思ってしまいます。

それで、青ちゃんに告白した木嶋君が、
青ちゃんの考えてる木嶋君のイメージと違って
イケメンだし人気者だしモテるのはホントだけど、
本人はすごい純情で誠実なところ、
青ちゃんにとっては、実は残念っぽい感じもあるけど、
とっても好感度高くて、
結局は相思相愛カップルの純情ラブストーリーな展開で、
こういうの、
アニメならではって感じで、
とっても楽しいです!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
観終わりました。
素敵でした。
最後まで誠実だった木嶋君と、
妄想純情少女だった青ちゃん、
相性よくなさそうなのに、
ハッピーエンドでよかった(#^.^#)

青ちゃんには、少しずつでいいから、
お父さんの呪縛から卒業して、
男の子ってこうなんだ(^^)って理解して欲しいな。

木嶋君は・・・
このまま誠実でいて欲しい気も、すごくあります。
リアルじゃないけど、
欲情より愛情がまさっちゃう十代の男の子!!
実はそういう男子、
とっても好き(≧▽≦)

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 113
サンキュー:

30

しんちゃん

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

エロに転げ落ちそうでなかなか落ちない純愛モノ

ふつうに面白かった。ニヤニヤするところもあるし、主人公2人に自分の思春期を重ねてキュンとするところもあるし。

タイトルはエロですが、内容は割と純粋。その、エロに転げ落ちそうなのになかなか落ちない焦らし感が面白いと思う。

構成はこの手の学園物の定番で、合宿や文化祭、体育祭、海水浴、バレンタインなど、一通りのイベントをこなしながら各回が進んでいく。定番なんだけど、だからといってつまらないかというとそうでもなく、それはやはり主人公の青ちゃんのエッチな妄想と暴走が斜め上過ぎて面白いから。頭の中はコテコテの妄想暴走女子なんだけど、でもキャラデはとても可愛いので、そのギャップに笑いが生まれる。

転げ落ちそうで落ちない焦らし感と、主人公の外見のかわいさと内面の斜め上っぷりのギャップで最後まで飽きさせずに走り抜けた構成・脚本は、さすが横手さんという感じでした。エンディングもほっこりして良い感じだったし。「ふつうに面白い」と書きましたが、定番のパターンのストーリー展開を最後までふつうに面白く見せるのは結構大変。そういう意味では、高く評価したいです。

声優さんも手堅い布陣。特に青ちゃんのお父さん(津田健次郎)とライバルの雅ちゃん(木村珠利)の、シーンによってぜんぜん違う声を使い分けるスパイスの効いた脇役の演技は秀逸でした。OP,EDの音楽も良い曲。

残念だったのは作画で、特に後半は少し退いたカットなどで人物の表情が崩れてるのが目立ったのが残念でした。ま、許容範囲だと思いますけど。

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 25
サンキュー:

6

次の30件を表示

みだらな青ちゃんは勉強ができないのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
みだらな青ちゃんは勉強ができないのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

みだらな青ちゃんは勉強ができないのストーリー・あらすじ

名前の由来は――官能小説家の父に悩まされる女子高生・青ちゃんは、念願の一人暮らしを実現させるため、難関大学合格を目指して猛勉強中。「青春?男女交際?そんなの知るかッ!」……だけどそんな青ちゃんに、クラスの人気者で「リア充王」の木嶋がまさかの愛の告白。空気を読まない木嶋のアプローチに、勉強そっちのけで青ちゃんのエロ妄想が暴走する!(TVアニメ動画『みだらな青ちゃんは勉強ができない』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
SILVER LINK.
公式サイト
aochan-anime.com/
主題歌
【OP】エドガー・サリヴァン「WONDERFUL WONDER」【ED】スピラ・スピカ「恋はミラクル」

声優・キャラクター

和氣あず未、寺島惇太、津田健次郎、木村珠莉、近藤隆、白井悠介、深町寿成

スタッフ

原作:カワハラ恋『淫らな青ちゃんは勉強ができない』(講談社「少年マガジンエッジ」連載)
監督:井上圭介、シリーズ構成:横手美智子、キャラクターデザイン:大島美和

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ