「みだらな青ちゃんは勉強ができない(TVアニメ動画)」

総合得点
66.9
感想・評価
165
棚に入れた
644
ランキング
1546
★★★★☆ 3.4 (165)
物語
3.3
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

るるかん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

みだらって感じではないね

最終話まで
まぁまぁ~普通のラブコメとして楽しめました。題名とは違って結構純情な若者の普通のラブコメって感じでした。結構笑わせてもらったので満足ですw
10話
木嶋君はほんといい奴だね~。お父さんは滑稽なくらい変わった人で面白い。青ちゃんは真面目で純粋でかわいい。普通に楽しめるお話でした。
9話
微笑ましい限りですね~。青春って感じですよw
8話
なるほど・・・{netabare} 勉強ができない理由は純粋な気持ちから{/netabare}だと分かる、なんかいい話でした。プラトニックなジリジリした関係を楽しめる人にはうってつけの内容です。
7話
{netabare}水着回の最後は予想通りの結末。青ちゃんは夏の時点で模試でEランクだと大学入試は厳しいかもね。歴代の彼女の誰とも海水浴に行ったことは無い(プールはあるけど・・・)のですが、{/netabare}女の子って青ちゃんみたいな妄想しながら海で遊ぶのでしょうか?
6話
{netabare}矢部さんもかなりな変態だなw
木嶋君もかなり強引です。 でも矢部さんに0回って見抜かれてるしw
木嶋と青の押し引きのやりとり、微笑ましいです。{/netabare}典型的なラブコメだけど、まぁ~15分枠だし、丁度いい感じですね。
 
5話
{netabare}木嶋君の誤解は解け、青との関係は修復方向へ・・・。青のお父さんは愛の英会話本も出しているとは・・・w{/netabare} 15分の簡潔なラブコメで丁度いい塩梅ですね。ちなみに青ちゃんはH妄想はするけど賢い女の子ってことらしい。

4話
青春一直線なお話w 青ちゃんの親父さん小さすぎるでしょw
作品名とストーリーに隔たりを感じます。青春ラブコメって感じですね。
 
3話
木嶋君いい奴だな~。青ちゃんの思考は親譲りってことなんだな。みだらな思考・想像はするけれど、青ちゃんは、みだらってわけじゃない感じだから、まぁまぁ楽しく見れますね!斬新な話ではないけれど、定番なちょっとエッチな楽しいお話で悪くはないのでは・・・?と思います。 

2話
青ちゃん、リアクションが超ウケるわ!会話の作り方も面白い。夜中に笑い過ぎました。青ちゃんマジ可愛い!ねっとり縛り読んでるし・・・。どうなるのか楽しみな話ですね。夜中はこれくらいインパクトあってもいいよね(笑)

1話
まぁ~あまり深いものは求めてなかったからいいんだけど・・・それなりに笑えたので継続して楽しみたいと思います。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 86
サンキュー:

10

ネタバレ

テナ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

空回りな主人公

タイトルの通りです。
自分が恋をしてしまっているのに気が付かずに勝手に妄想して暴走して勉強が出来ない。
そんなアオちゃんですw
恋に気がついても妄想して妨害して勉強が出来ない、安定のアオちゃんです。
ここまで深く裏を読むか?ってくらいの妄想ですw
途中、逆にこんな妄想されて悪役?にさせられてしまう、木嶋くんが可愛そうに見えてくる時もありますがw
どんどん成績を落としているアオちゃんははたして大学受かるでしょうか?
恋に勉強に忙しい青春ですね^ ^

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 6
サンキュー:

4

scandalsho

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

尻すぼみは必然か?

原作未読。最終話まで視聴。

微エロ系のラブコメ。
微エロと言っても、官能小説家の父の影響でみだらな妄想が爆発しちゃう青ちゃんの脳内での話。
実際にはエロ要素は全くない。

ラブコメとしてはそこそこ面白いと思いますが、どうしてもマンネリ感が否めない。
少々奇抜な設定のラブコメが尻すぼみしちゃうのは必然なのかな?

投稿 : 2019/07/14
閲覧 : 39
サンキュー:

21

ひき

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青ちゃんの妄想が楽しい。

エロ小説家を父に持つ青ちゃんはその影響で耳年増なうえに妄想癖が…。
そんな青ちゃんに同級生の木嶋が告白する。
青ちゃんは受験生、勉強に一生懸命励まなくてはならない。
告白をお断りしたものの木嶋が気になってしょうがない…。
いけない妄想が頭から離れない…。
青ちゃんと意外と純粋な木嶋とのラブコメディ。

結構おもしろく、楽しめました。
青ちゃんのぶっ飛んだ妄想がいい感じでした。
そして妄想の割にはプラトニックな展開で、
変ないやらしさはなく、好感が持てます。
青ちゃんかわいいし、Gカップだし!

続きは見てみたいけど、これ以上すすんじゃったら
なんか面白くないような気がして。
現時点をkeepしつつ、さらに面白い展開ができるのなら
是非2期もお願いします。期待してます。

投稿 : 2019/07/12
閲覧 : 19
サンキュー:

8

ninin

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これでは全然勉強できませんw

原作未読 全12話 1話15分枠の作品

官能小説家の父につけられた名前を恨んで家から脱出しようと国立大学の受験のため勉学に勤しむ主人公の堀江 青(ほりえ あお)と、青ことが気になるクラスメイトで見た目とは裏腹に純情な木嶋 拓海(きじま たくみ)とのラブコメ作品です。

家庭環境の影響で青ちゃんの妄想が酷かったですねw

青のお父さんがなかなか酷い扱いをされていましたが、2人のやりとりが一番面白かったです。

お父さん役の津田健次郎さんの変わり身の演技が良かったですね。

タイトルで損をしている感じしますが、普通のラブコメですね。ラブコメ作品が好きな方なら観てもいいかもしれません。

楽しい作品でした。

OPはエドガー・サリヴァンさん、EDはスピラ・スピカさんが歌っています。

最後に、堀江 青役は和氣あず未さん、今期は世話やきキツネの仙狐さんの仙狐さん役も演じていますね。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 40
サンキュー:

21

四文字屋

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

妄想迷走♂♀

これもあにこれが無かったら、確実にスルーしてた筈の作品。

エロアニメかと見せかけておいて、
まさかのエロ要素全くなし。

主人公青ちゃんの、ひたすらに男を野獣と決めつけ怖れる妄想癖が、
父親由来なので、
ある意味非常に納得できる。
そういうバックボーン無しにここまで被害妄想が膨らむとしたら、
これはもう病気でしょうw

で、男はみんなオオカミだわってところから始まって、
具体的な警戒すべき対象が出て来て、
告白されたら、
どうやって断ろうかと悩み続け、
機会を失っているうちに、
なんだか意識し過ぎて、
で、相手のキャラクターも当初の予想とは違って「いい人」で「童貞」で。

この童貞とかってこだわり方が、
父親由来なんだけど、この主人公をすごく不幸にしていると思う。笑って観ているんだけど。

まあ最後は想像通りの純愛カップルひと組出来上がり。
ってことで、ハッピーエンドなら、
こういう自意識過剰コメディも楽しいもんですねw

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 43
サンキュー:

20

レイン

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

エロだけど普通に良い作品。

エロというか下ネタアニメですね。
でもストーリーは学生物の王道的な話でした。
全体的に見るとほのぼのとした可愛い作品です。

しかしあの父親からこんな娘が生まれるのか?www

次があったら見るか微妙ですが見て損はない作品でした。

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 21
サンキュー:

4

ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

耳年増な青ちゃんは色恋沙汰に興味がありすぎて勉強が手につかない(笑)

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
エロ成分多目のラブコメ。からの、意外とギャグが良かった。

私のように、モロなエロが苦手な人は、タイトルで敬遠しがちな作品かと思いますが、中身はわりとギャグよりで、意外とちゃんとラブコメもやってるんで、楽しく観られましたよ。


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
「リア充怖いよ~。童貞気にしてないよ~。壁ドンするよ~」

には、笑ったw

青ちゃんは、余裕ぶったり右往左往したりしている時が可愛いし、笑えますね♪

結果として、キスだけだから、健全なラブコメでしたね(笑) 下ネタ系作品のなかでは、かなり好きかも。

ただ、少しマンネリ気味というか、後半にいくに従って失速した感はあります。まあ、ギャグアニメの9割がそうですけど。

本作は「勘違い下ネタ」ばかりで、あまりエグくすることも出来ず、ずっと同じ温度でしたね。下ネタ以外のギャグも混ぜ込めれば良かったんでしょうけど。
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆3
青姦の青、とか親がクソだな(苦笑) エロに振るなら、微妙かな。

2話目 ☆3
アンジャッシュ(笑)

3話目 ☆3
カマキリでパンツ隠すのは斬新だな(笑)

4話目 ☆3
津田さん、声色の変化が凄いな~(笑)

5話目 ☆4
下ネタが、なかなか笑えた(笑) 「童貞には優しくしないと(菩薩顔)」「リア充怖いよ~。童貞気にしてないよ~。壁ドンするよ~」(笑) エロよりギャグにふってくれれば、何気に楽しいな♪

6話目 ☆3
酒池肉林(笑) 女の怖さ(笑)

7話目 ☆4
顔芸かよ(笑) 男優とは違う、とかw 現実のツンデレは面倒くさいだけ、確かに(笑) 立ち泳ぎでヤるとか、難易度高過ぎて、童貞じゃなくても無理だろ(笑)

8話目 ☆3
バッキ、バキ♪ バッキ、バキ♪ (笑)

9話目 ☆3
たまにぶちこむ、萌える展開、どうせギャグで終わるけど(笑)

10話目 ☆3
親子喧嘩(笑) 最後、あんまり良い話でしめられてもなw

11話目 ☆2
う~ん、イマイチ。今さらパンツネタやられてもな。

12話目 ☆3
聖闘士童貞って、なんだよ(笑) 青がついにデレたか。キス、即座に土下座(笑) 最後はちゃんと恋愛してたな。なかなか良いラブコメだった。
{/netabare}

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 33
サンキュー:

20

ネタバレ

MuraBustan

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちょうどよい長さ

コミック読んでいた。品のいい?エロ表現でなかなか微笑ましいですな。

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 17
サンキュー:

4

イムラ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

「$10」by林田健司

<2019/7/6 初投稿>
最終話まで観終えました。
コメディ重視でラブ薄めのラブコメを最後まで貫いてましたね。

一連のシモネタが受け付けられるかどうかで評価真っ二つな気はします。
個人的にはシモネタも好みの範疇でしたし、
青ちゃんの独りよがりな妄想もクスッと笑えましたし、
八宝菜のつんちょは凄かったし。
満足しました。

あと、OP曲が割と好き。

<2019/6/17追記>
11話観ました。
今週のパワーワード
「ツルツルパンツ」
「腹を満たして、その後S◯Xだ!」

青ちゃんはもうあれだな。
煩悩全開の17歳男子並みに頭がアレですね。

<2019/5/11 追記>
6話まで観ました。

ラブコメですけどウェイトはコメ95%くらいな感じ。
ラブはコメディを引き立たせるスパイス、塩コショウみたいなもんですね。
なので真面目に見るとつまんないと思います。

「呼び捨てはS◯Xの始まりだゾ」
そんな格言聞いたことねえ 笑

<2019/4/27 初投稿>
原作未読。
見始めなので評価はデフォルトの3.0です。

この作品、人を選びますね。
最初のシーン、ヒロインの一言でツボれた人は楽しめると思います 笑。
私はツボりました( ・∇・)

主人公「青」は高校生の女の子。
真面目で人を寄せつけない頑なな態度の裏にやらしい妄想がいっぱい。
というヒロイン。

も少し正確に言うと
「こんなやらしいことをされてしまったらどうしよう、逃げなきゃ!ドキドキ!」
というおめでたい妄想でいっぱいな人です。
もしかしてダクネスの親戚か?

1話見て作者が女性だとすぐにわかりました。
だって男の作者だったら、女子高生に昭和の臭い漂うオヤジ系シモネタを妄想させるとかこっぱずかしくてできないでしょ 笑

女性の漫画家が描く自虐系ラブコメの一種だと思います。
例によってヒロインの相手は女性の理想が詰まったような男の子だし。

ところで思春期の頃って異性に対して身勝手な幻想、妄想を抱きがちですよね。
男子は「女の子はみな清純」とか漠然と思ってたり。
女子は女子で「男子はすけべ」
「でも◯◯くんはカッコいいからやらしいこと考えたりするはずない」とかとか

思い返すと恥ずかしいですねー。

そんな妄想がアホのように肥大した女の子のラブコメに興味がある、と言う方向けかな。
この調子でいけば結構面白くなりそう。


そうそう。
八宝斎みたいなのでてきてシモネタの昭和臭に拍車をかけてます。
声はイケメンぶりと舞台俳優でも活躍する演技力の高さに定評のある"つんちょ"。
ACCAのニノとかGANGSTA.のニコ演った方です。
ホント、この人なんでもできるな。
声の演技もまんま八宝斎で 笑

タイトルは林田健司さんの名曲です。

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 158
サンキュー:

39

ネタバレ

ぐver0

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青ちゃんが可愛い。

わりとちょろい青ちゃんエロ可愛い。
秀才キャラかと思ったら脳内ピンクキャラだった。
たまにいきなり出る下ネタ的なセリフがちょっとびっくりするw

結局木嶋と相思相愛になるんかーいw
てっきりつかず離れずいい感じにだけなって終わると思ったのでちょっと驚き。

オープニングの木嶋の鬼畜顔で毎回笑うw

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 10
サンキュー:

3

ネタバレ

プラたん

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最後の最後で・・・!

結ばれんのかーい!!!


お二人さん付き合うんですか。もう勉強どころじゃないですね・・・青ちゃんは知識が豊富だから、毎日セックス三昧なんですかね・・・はあ、考えただけでおそろしいやら、うらやましいやら。


それにしても、津田さんがたまにイケボしなるのは面白かったw

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 18
サンキュー:

3

ネタバレ

yuugetu

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ギャップの凄さに心臓が痛い(でも結局楽しみました)

2019年春アニメ。一話15分位のショートアニメで全12話。
原作は未読です。

少女漫画ベースの純愛ストーリーに、男性向けっぽいちょい下品なエロ要素を加えたラブコメ。

{netabare}
川柳少女と一緒だったから見ることになったのですが、第1話が一番下品でしたw
それ以降は少しずつ落ち着いていき、変な知識があるせいで妄想たくましい面倒くさい女の子と優しくて一途な男の子の初恋物語になります。

OPがとても良かったですね。
演出も安定していたので何となく止めずに見ていました。作画が乱れるって意見もあるんだけど私は全く気にならなかったなあ。
雅ちゃんが登場してからは特にスタンダードな恋物語になっていって、割と楽しめるように。この手の作品は他にもあるけど、女の子目線は珍しいかな?

エロは苦手ですが結局初々しさを強調することの方が多く、ちょっと先が気になってきた…と思って川柳少女と一緒に見ているうちにあれよあれよと最後まで視聴。
最終回がキスで終わるの、鉄板な上に卑怯だよwこんなん可愛いと思うに決まってるじゃんw

キャラクターもほぼ皆良い人ですし、エロが減ってからはそんなにストレス無く見られました。
{/netabare}

エロが過剰じゃない方が見やすいとは思いますし男性向けなのか少女漫画なのかわからない作品ではありますが、ハマると替わりがなかなか見つからないタイプかもしれません。
(2019.7.4)

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 20
サンキュー:

10

はちくじまよいちゃん

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

いつ面白くなるのか、見てましたが

一向に面白くならなかったので1話か2話残して断念。

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 29
サンキュー:

3

シャベール大佐

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

下ネタが多い割には、微笑ましさも感じられるラブコメディ

有名な官能小説家を父に持つ女子高生・堀江青が主人公のラブコメディ。15分枠で全12話。
作風的には下ネタが強め。予備知識ゼロで観始めた最初の印象では、エロ方面にぶっ飛んでいる父のせいで真面目な青が酷い目に合う、みたいなパターンなのかなと思ったのですが、観続けていくと、父はちょっと頭がおかしいけれど別に悪い人ではないですし、青自身も内面はかなりアホでエロかったりするので、過度に可哀想という感じにはならず、普通に笑えて良かったです。青の相手役となる同級生の木嶋も、とても優しくて誠実なキャラなので、下品なネタも多く描かれる作品でありながら、微笑ましさを感じる部分もあります。また、恋愛経験がないので行動には臆病だけれど、知識はあるので頭の中ではエロい妄想をしているといった描写は、ギャグ色の強い作品なので誇張は当然ありますが、思春期の恋愛としては意外と共感できるかもしれません。
作画、音楽は特に問題なし。声は、主役は和氣あず未で、同時期に放送していた仙狐さんとは全くタイプの違う役柄でしたが、普通に良かったです。
最後まで観終わって、当初の予想以上に楽しめました。下ネタやエロだけに頼るのではなく、ちゃんとラブコメとしての面白さもあり、最終回のまとめ方もいい感じで、個人的には好感の持てる作品でした。

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 32
サンキュー:

9

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

妄想が…暴走するっ!

この作品の原作は未読です。
まぁ、タイトルを額面通りに受け止めて概ね問題無い作品だと思います。


名前の由来は…
官能小説家の父に悩まされる女子高生・青ちゃんは、念願の一人暮らしを実現させるため
難関大学合格を目指して猛勉強中。

「青春? 男女交際? そんなの知るかッ!」

…だけどそんな青ちゃんに、クラスの人気者で「リア充王」の木嶋が
まさかの愛の告白。

空気を読まない木嶋のアプローチに、勉強そっちのけで青ちゃんの
エロ妄想が暴走する!


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

確かに青ちゃんの名前の由来を聞くと可哀想になります。
青って色んな言葉と繋がるのに、どうしてその言葉と繋げるの…?
と思わずツッコミを入れたくなる…そんな由来です。

そんな青ちゃんは、真面目な性格で常に勉強に勤しんでいる美少女なんですが、ある意味父親の影響を強く受けている女の子なんです。

父親は超有名な官能小説家で、そのため青ちゃんはHな知識だけは豊富で、オトコと恋愛に嫌悪感を抱いているとのことですが、それだけじゃありませんよね。

例えば、子供が父親の職業に興味を持ち高いスキルを身に付けるか…と問われると答えはNoです。
どこに勤めているか…は知っていると思いますが、どんな仕事をしているのか、知らない子供が殆どなのではないでしょうか。

特に高校生の頃ならなおのこと…父親は家族のためにお金を稼ぐ道具か何かくらいにしか思われていないことでしょう。
「親にならなきゃ親の気持ちは分からない」とはよくいったモノです。

ですが、青ちゃんは父親の職業柄知識が豊富というのなら、それは遺伝的要素が強いか、或いは好奇心が旺盛だからにほかなりません。
でも、そういうのをひっくるめて恥ずかしいお年頃なんでしょうから、青ちゃんの反応も仕方無いんでしょうけれど。

ですが、ぶっ飛んでいるのは青ちゃんの妄想だけ…というオチが付くのがこの作品が少年誌である所以。
青ちゃんは妄想家としても高いスキルをお持ちのようで、木嶋との妄想の暴走するレベル差が天地ほど隔たりがあるんです。
だから青ちゃんの暴走を除くと、この作品は「普通に人を好きになることを知る作品」なんだと思います。

しかし、物語のラスト…テストの結果が返されていまいたが、青ちゃん一体どこまで勉強できなかったのとツッコミたくなりましたよ。
これで念願の大学に進学できなければ本末転倒だと言うのに…
手を変え品を変え恋愛をゲーム感覚で楽しむのは如何なモノかと思いますが、まるっきり恋愛慣れしていないのも問題なんですね。
青ちゃんが典型的な事例だと思います。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思いまうs。

オープニングテーマは、エドガー・サリヴァンさんの「WONDERFUL WONDER」
エンディングテーマは、スピラ・スピカさんの「恋はミラクル」

本編を完走してwikiをチラ見したところ、原作は全8巻で完結しており、現在は「淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編」として連載が続いているんだそうです。
完結している作品であるにも関わらず、アニメが完結しないのは何故なんでしょうね。
この作品も円盤の売れ行きによって続編が決まるパターンなんでしょうか。
続編が制作されるなら是非視聴したいと思います。
青ちゃんが本懐を遂げられるよう陰ながら祈っています。

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 30
サンキュー:

17

ネタバレ

ロッタ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ファーストキスかぁー(๑˃̵ᴗ˂̵)

最終話
青ちゃんと木嶋くん、キスできましたねー
木嶋くんは言いました。
キスしたくなったら堀江から言ってねって。
木嶋それはずるぞーw
青ちゃんと木嶋のキス、きれいだったね。


高校の時の担任の先生がよく言ってました。
受験シーズンに恋愛はご法度。
女子は恋愛の影響はあまり受けないが
男子は受験に失敗する確率大だから特に
気をつけるようにって。
女子はしたたかで志望校に合格して
新しい大学でいい男の子見つけてハッピーに
なるけど男子は志望校も落ちて彼女にも
振られて不幸のどん底に。
先生はそんな男子を一杯見てきたぞってw

青ちゃんと木嶋くんが仲直りできて良かったです。
最後どうなるんでしょうね。
最終話が楽しみです(๑˃̵ᴗ˂̵)


第5話見ました。
拓海くんは言いました。
俺は好きな人としかしたくない
ほんとかなぁー。。怪しいぞぉー
男の人ってずっとそう思えるのかなぁー(。-_-。)
青ちゃんスタイル良すぎ!


3話まで見ました。
なんか疲れますねー
15分枠で良かったです。
30分枠だったら頭クラクラですw
無駄にキャラデザが好みなので
見ちゃうんですよね。
ほんとにもう(๑˃̵ᴗ˂̵)

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 138
サンキュー:

22

ヘラチオ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

一応勉強できる娘なのね。

真面目な堀江青。淫らな感じしないけど、やっぱり妄想爆発の女の子やった。デレが可愛い。そして和氣あず未の声良かった。志望校国立大学だったらどこでもいいのかよって思ってしまった。

木嶋拓海の一途さ凄い。すれ違いがなんかもどかしい。

お父さんは普段妙な声なのに津田健次郎ボイスをちょくちょく出してくるのは素敵。

オトナ編もあるんだね。読みたい。舞台は福岡らしい。


OP
WONDERFUL WONDER 歌 エドガー・サリヴァン
結構可愛い曲だと思った。エドガー・サリヴァンにこれから少し注目していきたい。
ED
恋はミラクル 歌 スピラ・スピカ

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 11
サンキュー:

6

ato00

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

勉強なんてやめちまえ

官能小説家を父に持つ青ちゃん。
豊かなエロ知識の割には純情です。
それ故、思考と行動のギャップに笑えます。

一方の青ちゃん一筋木嶋君、こちらも純情。
それ故、青ちゃんに振り回されます。
超誠実を地で行く木嶋君は超潔いです。

最初は「あなたが嫌いです」と告白しようとした青ちゃん。
あれやこれやのすれ違い事件を通して次第に・・・
ツンツンがツンデレになる過程がキュンキュンです。

ドロドロ感が乏しいスカットエロラブコメ。
キャラデザも私の好み。
1話15分なのが残念なくらい楽しめました。

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 44
サンキュー:

17

NASA

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

思っていたより面白かった

連載は少年漫画誌のようだし、下ネタも多くエロもちょくちょく入るのだけど、話の作りは少女漫画に近いように感じた。少年漫画に見せかけた少女漫画という感じ。

原作も気になったのだけど、アニメ版のキャラデザが秀逸すぎたせいであまり手を出す気になれない。

見る前は萌えエロで釣ってるだけのしょーもないアニメかと思ったけど見てみたらキャラも良くて意外と面白く、結局最後まで見てしまった。

2期も普通に見たいのだけど、まあ無いんだろうなぁ…。

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 19
サンキュー:

6

ISSA

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

可愛い、青ちゃんの妄想暴走止まらない

視聴完了

川柳少女のついでにってノリで視聴したけど…
最後の方は逆転、青ちゃんついでの川柳少女。

とにかく青ちゃんのエロい妄想が笑えますね、引くかと思いきや、エロい妄想してデレるのが可愛い!
今期の私的には癒しキャラでしたw

お話もショートアニメの枠内でラブコメちゃんとして青ちゃんの魅力が出て良かった。

女の子ってあんなエロい妄想するのかなぁ…と逆に妄想するアニメかw。

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 38
サンキュー:

19

ネタバレ

ValkyOarai

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

川柳少女の後にこれかよwww しょびっちや雪原の青に並んでみなwwwいや、ぼく勉か?

15分前の乙女が恋する模様を15分後、ぶち壊してくれるwww
堀江青っていう子は一人でささやかに暮らしたい...ただそれだけなのに
イケメンが絡んでくる、どうせ心は{netabare}SOXに入会させてくれ~{/netabare}みたいなもんだから...!!

っつーか親父が官能小説家なのかよwwwww
一誠ちゃんや智樹みてえなもんじゃねーかwwwww

まず制服を保健室に届けてかつ、嫌いだと言おうとしたのに...
何 故 親 父 が お る

2話
今度こそ断るために服装をビシッと決めたのだが
おい体の線が...
次はなぜかカバンに入っていた親父執筆の官能小説...
それが木島の英単語帳にぶつけてしまい...
見 ら れ た ら 終 わ る

3話
林間学校~
自分の身は自分で守らねば...!
たかだかガールズトークなのに、凄まじい勘違い劇が...wwwww

4話
だから{netabare}3Pは無いからwwwwwしょびっちでもそこまではいかなかったけども...www
まあ向こう側はキャラが主人公以外おかしすぎるからwwwww{/netabare}

5話
前回木嶋は別の子とある場所の前で...
{netabare}入会させねえぞおおお!!
そりゃ、未成年は入れるわけねーし、バッカじゃないのこの子
だって入る前に、膝蹴り一閃したしwwwww

あのさあ、堀江さんよぉ
俺は好きな人じゃないと入会できないんだから、勘違いしないでくれないかな。だって俺DT(未入会者)なんだから!!
女の前で言っちゃ...{/netabare}

6話
{netabare}親父のインスピレーションを上げるために肉フェスに行くことに
無論編集者も同行
っつーかレベルたけーな、従業員www
だがそこに木嶋とあの子、雅がバイトでおった...{/netabare}

7話
{netabare}開幕、模試の結果
「戦闘力5か...」ズドーン...!wwwww
だから勉強合宿に行くのだが
その近くが...海...
即ち、アレの出番{/netabare}

8話 鰻「み な ぎ っ て き た」
おい親父、ナニを振りかけた!?wwwww
それを食らったのは木嶋
だったが...ゴメン堀江
{netabare}入会する{/netabare}よりも、自分の趣味を好きなだけやりたんだ

9話
{netabare}別れたはずなのに、やっぱりモヤは収まらない
だって教科書逆さまだもーん
そして親父の編集者に勉強を見て貰うけども、思い出すはやっぱ...
何故か袋に入って木嶋はやって来るwww
その帰り、これは告白かと思ったが...泣けよ青{/netabare}

10話
{netabare}ラブコメ恒例の体育祭
元々運動は苦手の青
だったけど、親父ぃ...
喋らなきゃあ、いい人なのに...
フツーにLEVELバラすなwwwww{/netabare}

11話
{netabare}木嶋が勉強しに来た
ってわけで、青は穿くことに...変わったアレを...
そして今度は書いてまで誘惑するハメにwwwワッケ分かんない...
だから国立大E判定なんだよwwwww

じゃあ今度のテストでいい点とったら、何か一つお願いできる
ってのはどう?
で、妄想膨らますwwwwwアンタは千紗希かよwww{/netabare}

12話
折角アレできたんに...
「だからお前はアホなのだぁ!!」wwwww

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 152
サンキュー:

9

ネタバレ

オカモン

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

青ちゃんの近づくなオーラはあっけなく崩壊した

アニメを見てから原作漫画を買った作品の一つ。
とても主人公が可愛くて青春をしていました。

作品は性的表現が多いですが、原作者が女性なだけあって単純な男性向け作品に比べたら主人公の心理的表現がとてもかわいらしく描かれてました。

お父さんが官能小説家という特殊な家庭に生まれ、小さい頃から苦労も多かった青ちゃんですが、そこで得た知識を元に好きな子と距離を近づけていく様がとても良かったです。

お父さんの声優さんである津田さんの普段聞けないような演技がとても最高でした!

原作ではこのあと受験へ向けて頑張っていきます。
そしてさらに成長した「淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編」へと続いていきます。

アニメ版では「淫らな」ではなく「みだらな」とひらがなに変更されたのは、性的表現を抑えるためでしょうか。

非常に面白かったです。2期期待しています!

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 25
サンキュー:

6

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

勉強ができないのはしょうがない!ユルす!

原作未読


これ自分としては完全に『川柳少女』のバーター。タイトル見たらまず手に取りません。あっち録画してたら勝手にこっちも付いてきました。
ドラクエⅢを手に入れるのにバンゲリングベイを抱き合わせで買わんといかんというのはリアタイの辛さですな。・・・と思ってたらバンゲリングベイけっこう面白いじゃなーいって結果に。

※注 ウチのレコーダーの仕様なのか川柳少女を録画したらこちらもセットでした。それとだいぶ昔の話、人気ゲームを買うのに消費者に在庫の処分を押し付けるあこぎなおもちゃ屋さんがニュースになってたよ。

恋する乙女の微笑ましさは似たもの同士の15分間×2。比較はしませんが、当初オマケ扱いだったこちらの作品もなかなかでした。


 むっつり女子


このテの作品が自分は初体験かもしれません。
ヒロイン堀江青(CV和氣あず未)は官能小説作家の父親の影響で尖った性知識は豊富。尖り過ぎてか男性皆セッ○スアニマルと思い込むようになり男性不信に。これまた父親のせいか親元を離れるために地方の国立大学目指し猛勉強中、とのことです。

{netabare}青姦の青!第1回から強烈でしたね。{/netabare}

対する木嶋拓海(CV寺島惇太)。告白されて彼を意識しだしてからの青ちゃん妄想全開ちょっとえっちいすれ違いラブコメです。
下品な感じはしませんでした。ここって下ネタを楽しむには大きいポイントです。原作者が女性というのも関係してるかもしれません。{netabare}股浅パンツはくとお腹冷えるとか男はわからんよね。{/netabare}


父親嫌って親元離れたい乙女心
 ↓
なら国立しか許さん親心
 ↓
いろいろ犠牲にして勉強頑張る娘
 ↓
イケメン登場
 ↓
淫らな(妄想全開の)青ちゃんは(性春を謳歌し)勉強(に集中)ができない


ということでした。

OPのノリは好きです。特に「せーの!」のとこ。


タイトルからしてえっちいニーズありの作品です。このテのは黙ってても観る人は観るでしょう。じゃあそうでない人にとっては?

・作品のトーンが下品じゃない
・相方の男が下衆じゃない
・恥ずかしがり屋むっつりの青ちゃんがたまに暴走する
・なんだかんだ親父さんと青ちゃん仲良さそう

このたまに暴走するのが良いアクセントになって最後まで楽しめました。

ついでにというよりむしろ本題。津田健次郎さん演じるお父さんがキレキレで凄い引きこまれます。チャラいツダケンさんが8割5分。決めのイケボと落差が素敵でした。

15分と短めで一気に観れる量です。暇つぶしにでもどうぞ!


{netabare}ただ、和氣あず未さんに淫語を言わせてブヒるのとはちょっと違うかなぁ{/netabare}

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 238
サンキュー:

42

える908

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青ちゃんが淫らじゃなくて妄り(みだり)で、なんか可愛いんです!

最初は、「川柳少女」のついでに観てたんですけど、
今ではこちらの方がメインで、楽しんで観てます。

青ちゃんのキャラデザ自体は、なんか好みじゃないというか、
横顔はスッキリしてて奇麗なのに
正面の顔が、眼とかあごの線が古い感じがしてちょっと変な感じなんだけど、
キャラ設定が、とっても好きです!
しょびっちみたいな100%勘違い少女と違って、
お父さんの職業(人気官能小説作家)のせいで、
ちょっとずれてるけど妙にリアルな妄想癖と、
これもお父さんのせいなんだけど、
被害妄想が原因で男性恐怖症気味になっちゃってる感じ。
特に、無自覚なままに「リア充だし私とは正反対の人種」と避けてた木嶋君にだんだん惹かれちゃったり、
自分で勝手にピンチだと思い込んだときにベソかいて諦めちゃったりするところ、結局は勘違いで肩透かしになっちゃうのが、
なんだか可哀想でもありながら、
可愛いなって思ってしまいます。

それで、青ちゃんに告白した木嶋君が、
青ちゃんの考えてる木嶋君のイメージと違って
イケメンだし人気者だしモテるのはホントだけど、
本人はすごい純情で誠実なところ、
青ちゃんにとっては、実は残念っぽい感じもあるけど、
とっても好感度高くて、
結局は相思相愛カップルの純情ラブストーリーな展開で、
こういうの、
アニメならではって感じで、
とっても楽しいです!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
観終わりました。
素敵でした。
最後まで誠実だった木嶋君と、
妄想純情少女だった青ちゃん、
相性よくなさそうなのに、
ハッピーエンドでよかった(#^.^#)

青ちゃんには、少しずつでいいから、
お父さんの呪縛から卒業して、
男の子ってこうなんだ(^^)って理解して欲しいな。

木嶋君は・・・
このまま誠実でいて欲しい気も、すごくあります。
リアルじゃないけど、
欲情より愛情がまさっちゃう十代の男の子!!
実はそういう男子、
とっても好き(≧▽≦)

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 96
サンキュー:

29

しんちゃん

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

エロに転げ落ちそうでなかなか落ちない純愛モノ

ふつうに面白かった。ニヤニヤするところもあるし、主人公2人に自分の思春期を重ねてキュンとするところもあるし。

タイトルはエロですが、内容は割と純粋。その、エロに転げ落ちそうなのになかなか落ちない焦らし感が面白いと思う。

構成はこの手の学園物の定番で、合宿や文化祭、体育祭、海水浴、バレンタインなど、一通りのイベントをこなしながら各回が進んでいく。定番なんだけど、だからといってつまらないかというとそうでもなく、それはやはり主人公の青ちゃんのエッチな妄想と暴走が斜め上過ぎて面白いから。頭の中はコテコテの妄想暴走女子なんだけど、でもキャラデはとても可愛いので、そのギャップに笑いが生まれる。

転げ落ちそうで落ちない焦らし感と、主人公の外見のかわいさと内面の斜め上っぷりのギャップで最後まで飽きさせずに走り抜けた構成・脚本は、さすが横手さんという感じでした。エンディングもほっこりして良い感じだったし。「ふつうに面白い」と書きましたが、定番のパターンのストーリー展開を最後までふつうに面白く見せるのは結構大変。そういう意味では、高く評価したいです。

声優さんも手堅い布陣。特に青ちゃんのお父さん(津田健次郎)とライバルの雅ちゃん(木村珠利)の、シーンによってぜんぜん違う声を使い分けるスパイスの効いた脇役の演技は秀逸でした。OP,EDの音楽も良い曲。

残念だったのは作画で、特に後半は少し退いたカットなどで人物の表情が崩れてるのが目立ったのが残念でした。ま、許容範囲だと思いますけど。

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 16
サンキュー:

6

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

妄想少女の勘違い物語的な何かかな(第12話まで視聴済)。

原作未読、事前情報無で視聴開始。

・堀江 青CV和氣あず未;ヒロイン(主人公);
父親と別居するため遠くの難関大を目指す。
・堀江花咲CV津田健次郎;ヒロインの父;官能小説の大家。
・木嶋拓海;ヒロインに一途な恋心を抱く。


全12話視聴記念書込。
ヒロインの行動には、Ecchi系ポイのに純情系というギャップ萌えがあるような気がします。おそらくこの手のお話は、ギャグやコメディの要素が、ポイントになってくると思います。そういう意味でヒロイン父をもっと出て欲しかったかもしれません。
 12話めの最終回は少女漫画ぽく{netabare}口づけ{/netabare}がテーマでした。思春期をこれから迎える人やその真っただ中にいる人には、何かのヒントになるのかもしれません。この種の作品にはそういった層には十分に意味があると思います。しかしその層から外れてしまうと、本作の楽しみ方は一筋縄ではいかなくなるやもしれません。例えば、若い頃を思い出して、(捏造のw)思ひ出に浸る(あるいは嘆く)もよし、イマドキの若い者は..的な批判をするもヨシだと思いますがw。マア楽しめる人には楽しめる作品だったと思いますって、書いたら、当たり前と怒られるのでしょうかw。



以下ワタシ的視聴ログ{netabare}
第一話視聴。
 最初の題;耳年増系ぽっちゃり女子の男嫌いが直る話かなぁぁ
いつものように視聴事前情報は何も無し。
ぽっちゃり系女子で、父親が官能小説の大家。それ故に物凄い耳年増になり、男を毛嫌いしてしまっている、と予想。父親キャラが不自然過ぎるw

第二話も視ました。が、
 どうも予想とは少し違いピュア系ラブコメのようです。ヒロインはさすがに父の小説ばかり読んでいる訳ではなかったようです。父親キャラも縮尺が変wですが。声優さんの渋い声のせいもあり存在感があります。なかなか笑えます。

第三話も視ました。
 学校の合宿での肝試しなどの話でした。お話は、妄想少女が相手の言っている事やその意図を勘違いして、ささやかな事件を起こすミタイナ感じかな。

以下各話ごとの感想ログは予定していないです。{/netabare}

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 43
サンキュー:

13

ZORRRO

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

もはや“無共感性羞恥”

【ストーリー・キャラ】

お話をかい摘むと、恋愛ボケで勉強に手がつかなくなる女の子の話(表面上)

初な反応とか、初な恋愛っぽさもありますがが、基本的には「ねーよw」
まさしく「あるあr・・・ねーよ」な展開だったのでこのタイトルにさせていただきました。
ねえだろwっていう見ていて恥ずかしくなる感じ。

ラブコメというよりは、少々お下品なギャグコメといった感じ。
父親とかもはやギャグでしかないけど、そのありえなさが面白さを引き立てているようで良かったかなと。

木嶋くんも真面目なようで天然ボケったようなキャラもまあ良かったと思います。


【作画】

キャラデザ可愛かっただけにもうちょい丁寧だったらなお良かったかも。
激しいシーンとかもなく、静止画描写みたいなのも多かったですしね。
お互いに照れたりする表情はとても良かった。


【他】

15分で良かったですね(笑)
30分あったらちょっと見れなかったかも。ちょうどよかった。

ところで、今期は勉強できない枠でもあったの?(笑)

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 39
サンキュー:

12

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

エロ枠なんだけど、女子が主人公なことで今までとはまた変わったアニメ

【視聴きっかけ】
今回から、沢山の今季のアニメを見ようと思ってこれも追加してみた感じ
おくさまみたいな感じと絵が全然許せたので視聴枠確定しました

【良い点】
■女子の視点からの妄想ハレンチ!?
エロ枠ってどうしても男子キャラになりやすいけど、
これは全く別枠で主人公が女子なので、主観が女子になるのは
かなり新鮮です。
一見おくさまみたいな展開になりそうかな?と思ったけど
また違った面白さがありラブコメとエロ枠のちょいエロ枠に
寄っているいる感じがまたそれは魅力的だと思います。

【悪い点】


【総評】
全体的には面白かったほうだと思います。
でもそれは、ラブコメ展開が好きな私だから言えること!
10話だったかな?体育祭の回は一番良かった感じですね。
あの回は何度も見たい!という印象がありました。

でも、円盤まで買って神アニメですとまでは全く呼べない感じ
来期のことを考えてしまう。いつもの感じで終わってしまったのが残念。

結構期待して見ていたので、化けたら絶対やばそうwとか思ってはいたが
そこまではいかない。

そして、最終話に関してはこれまた綺麗に締めてきたけど、
正直このまま付き合って平気なのかな?
ここからの展開がグダグダになりそうな予感しかしない。
だったらまだまだ木嶋くんとは付き合えませんのほうが
この作品には合っているのかなあと思いました。


【感想】
1話
正直に言うと、結構面白そうな予感はしてくる
そもそもこういう系が好きなので、個人的には
もう結構来ている。
このまま問題がなければ結構評価高くするかもw

2話
今回もかなり面白い展開でした。
主観が女子キャラなので、いつもと違った感じで見れるのが
ポイントだと思います。

今期の中で俺得なアニメかもしれない

4話
個人的には一番好きな回になりそうです。
15分と短いアニメながら30分アニメみたいに落としこんでくる
感じが凄く良かったポイント
お化け屋敷のシーンがめっちゃ面白かったです

5話
童貞と気づいたときに、逆転勝ちはとても面白かった
かぐや様を見ている感じが良かったかな
個人的には好きな話数でした

6話
今回は完全に恋愛系に近いような感じがしましたね
前回のこともあり、もっと木嶋と青ちゃんに意識が
いきましたね

初登場だと思うんだけど矢部さんが来てからは
祭りなのにずっと考えている感じが青春っぽい

雅も木嶋くんと一緒にいたいからという理由で
同じバイトまでする勇気は凄いと思いましたね

バイトかあ、俺全然やってこなかった人なんで
なんとも言えないけど、そういう理由で言ったら
すぐに辞めてしまいますよ。

今回のリア充オーラはお互いにあってが
最後に木嶋が青ちゃんをお持ち帰りするところは
正直「おお」となりましたね

来週も楽しみにしています

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 87
サンキュー:

13

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ツンデレ青ちゃんは恋愛ができない

公式のINTRODUCTION
{netabare}
名前の由来は――

官能小説家の父に悩まされる女子高生・青ちゃんは、念願の一人暮らしを実現させるため、難関大学合格を目指して猛勉強中。
「青春?男女交際?そんなの知るかッ!」

……だけどそんな青ちゃんに、クラスの人気者で「リア充王」の木嶋がまさかの愛の告白。
空気を読まない木嶋のアプローチに、勉強そっちのけで青ちゃんのエロ妄想が暴走する!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:カワハラ恋「淫らな青ちゃんは勉強ができない」(講談社「少年マガジンエッジ」連載)
監督:井上圭介
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:大島美和
アニメーション制作:SILVER LINK.
{/netabare}
キャスト{netabare}
堀江青:和氣あず未
木嶋拓海:寺島惇太
堀江花咲:津田健次郎
高岡雅:木村珠莉
矢部総一郎:近藤隆
上原将生:白井悠介
米塚周平:深町寿成
{/netabare}


1話ずつの感想


#01 青ちゃんは青春ができない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
渋谷の高校に通う堀江青の父親は、超有名な官能小説家だ。そのため青ちゃんはHな知識だけは豊富で、オトコと恋愛に嫌悪感を抱いている。クラスメイトからは近寄りがたいと思われているが意に介さず、夢のひとり暮らし実現のため、受験勉強に励む。ところが、木嶋という男子だけがやたらと青ちゃんに話しかけてくる。
{/netabare}
感想
{netabare}
タイトルとかでエ○アニメ?って思ってたけど
下ネタ多めのラブコメで「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」とか
「僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件」よりはラブコメしてるみたい^^

絵とか、メインの男子がやさしくってかっこいいところとかが
少女マンガみたい?って思ったら、やっぱり作者の人は女の人で
神田はるかってゆう名まえで少女マンガも描いてるんだって^^

そう言えばお父さんのキャラが
高橋留美子さんのHなおじさんキャラみたい^^


下ネタは多いけど、おはなしは期待できそう^^
{/netabare}
{/netabare}
#02 青ちゃんは上手に断れない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
リア充王の木嶋に告白されてしまった青ちゃん。動揺のあまり何も手につかなくなり、出した結論が「お断り」。だが、木嶋のアレやコレやが気になって仕方がない。特に女子が苦労すると知ってからは、アレの大きさが心配だ。何とか手を尽くして、木嶋の大きさを知ろうとする。
{/netabare}
感想
{netabare}
手の大きい男子は○○も大きい、って聞いた青が
気になる木嶋クンの○○にさわろうってしたり
お父さんが参考にって言って貸してくれたエ○小説を学校に持ってきた青が
おなじカバーの木嶋クンの英単語帳とまちがえて持ってったりするおはなし


木嶋クンの言ったことを、何でもエ○く考えちゃう青と
青がエ○いイミで言ったことをふつうに勉強の話だとか思う木嶋クンの話が
すれちがってて、アンジャッシュのネタみたくなってたけど
青が考えることが飛びすぎてて、あんまりおもしろくないみたい。。

あと、恋愛のほうもほとんど進まないから
今のところそんなにおもしろくないみたい。。


いいのは木嶋クンがふつうにやさしい人なことくらいかな。。
でも、やめるほどじゃないから見てるけど
もうちょっと恋愛ストーリーがふえたらいいけどな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#03 青ちゃんは下半身が守れない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
学習塾の特訓に参加するつもりが、父の反対で、高校の課外実習に送り込まれてしまった青ちゃん。クラスメイトは勉強もせず、あんな不埒なことやこんな破廉恥なことをするのだろうと警戒しながら参加する。もちろん、木嶋の誘惑も拒否しなくてはならない。
{/netabare}
感想
{netabare}
科外実習に参加した青が、H系イベントを回避するために
「パジャマパーティーには来ないように」って木嶋クン言いに行って
逆ラッキースケ○になっちゃったり

木嶋クンといっしょに肝試しに参加して
暗い神社のお手洗いで手首を見てびっくりしてとび出したら
スカートのうしろがまくれたままで気がつかないでいたら
木嶋クンがフォローしようってしてくれたのをカン違いして逆ラッキー。。

ってゆうおはなしだったけど
これって、男子向けハーレムアニメとかでよくあるラキスケイベントを
女子目線でやってるみたい^^


スカートをまきこんで。。ってゆうのは女子アルアルかな^^
ふつうはすぐ気がつくけど、アセってたりすると、忘れることもあるかも?

にゃんも学校行ってたとき
寝坊してちょっとボーっとしたまま着がえてお手洗いから出たら
パパに注意されて、あわてて直したけど
メタはずかしくって目が覚めたから、それからは必ずチェックw


それにしても木嶋クンが
心の中では妄想とかしてるのかもだけど
いつも青のことを1番に考えてくれてとってもやさしい^^
{/netabare}
{/netabare}
#04 雅ちゃんは負けたくない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある日、堀江家のポストに木嶋が美少女と同衾している写真が投げ込まれた。木嶋はやっぱりリア充王のクズだったと知って、青ちゃんはやけ食いに走る。そこに現れたのが、写真の美少女で尚かつ青ちゃんの小学校時代のクラスメイト、高岡雅だった。雅は合コンで木嶋にお持ち帰りされたと言う。
{/netabare}
感想
{netabare}
4話目だからかな?おはなしが急に動きはじめたみたい^^

あちこち下ネタは多いんだけど
好きだけどスナオになれない青の気もちに、ちょっと泣きそうになった。。


お化け屋敷でぐうぜん会ったところとかいい感じだったのに、
よけい気まずくなっちゃって、ちょっとハラハラ。。


あれっ?今回、ちょっと短くない?って思ったら15分アニメだったんだ。。
今までが長く感じただけだったのかもw
{/netabare}
{/netabare}
#05 青ちゃんは童貞を導けない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
雅と木嶋がホテルに入るところを目撃してしまう青ちゃん。お風呂に入りながら悶々としていると、突然、木嶋が現れた。実は、のぼせた青ちゃんを、釈明に訪れた木嶋が助けてくれたのだ。青ちゃんは、木嶋にホテルでは何もなかったこと、実は童貞であることを告白されて固まる。
{/netabare}
感想
{netabare}
青って、みだらな妄想ばっかりしてるけど
お父さんからそんなことばっかり言われてたら、しょうがないかも?

ただ、ツンデレすぎるって思う。。
弱いから、強がって見せるのはいいけど
上から目線な言い方するから、木嶋クンもスナオになれないみたいな。。

木嶋クンも、そうゆう青のこと分かってくれるといいんだけどな☆彡


さいごは青が、幼なじみの雅に泣きついてたけど
まさかの百合展開だったりするのかな!?w
{/netabare}
{/netabare}
#06 木嶋くんはもう待てない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
原稿待ちの担当編集、矢部総一郎をねぎらうため、青ちゃんは取材を手伝うことにした。
2人が向かったのは、近くの公園で行われているミート・フェスだ。
ありとあらゆる肉が安価に食べられて、まさに酒池肉林。
ところが、そこで雅と木嶋が仲良くアルバイトをしていた。
しかも木嶋は雅を呼び捨てにしている。
{/netabare}
感想
{netabare}
まさかの百合展開はなかったねw
でも、雅って木嶋クンにちょっとつきまといすぎかも^^;


おはなしは
イケメンで頭もいい編集者さんと仲よくしてる青を見た木嶋クンが
とうとう本気出して、青をさらうみたいにかかえてつれ出して
「もう待てない!オレにホレさせる!」宣言^^


にゃんはオレ様な人ってニガテだけど
木嶋クンは今まで、ちょっとウジウジしすぎてたから
今回、ちょっと強引なくらいでちょうどよかったかも^^


おはなしもちょうど半分だし
これからはお付き合い編とかになるのかな^^


あと、下ネタっぽいことは考えるけど
女の人を見てHなこととか考えない編集者の矢部さんって
ホントはマジメな人なのかも?
{/netabare}
{/netabare}
#07 青ちゃんは海でもかまわない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
青ちゃんは海の近くのホテルで行われる学習塾の勉強会にやってきた。
受付までに時間があり、会場付近の海辺を散策していると、木嶋たちとばったり。
おまけに、海の家でバイトしている雅も登場。
受付開始まで一緒に遊ぶことになる青ちゃんだが、初めての経験におろおろ。
{/netabare}
感想
{netabare}
あれから成績が落ちて、やっと参加できた学習塾の勉強会だったけど
海辺だから木嶋クンも来てて雅まで。。
ってゆうおはなしだったけど、楽しすぎて青が
勉強会の門限、忘れちゃうんじゃないかって心配だった^^

そしたら海で木嶋クンにせまられて、青がその気になってたら
やさしい木嶋クンは、青を門限に間に合わせようってしてくれてただけ。。

青はがガッカリしたけど、そんなこと言えないでいたら
雅のイタズラで、ビキニのトップがはずれて落ちちゃって
木嶋クンに、しっかり見られちゃった。。

青はショックで門限に間に合わなくって
勉強会には参加できなかった、ってゆうオチ^^;



木嶋クン、やさしいな^^

先回、青に言った「オレにホレさせる」ってゆうのは
ムリヤリじゃなくって、やさしさで、ってゆうイミだったのかも?

でも、もう青は木嶋クンのこと、好きだから^^
{/netabare}
{/netabare}
#08 木嶋くんは精力が足りない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
男はいやらしいものという青ちゃんの哲学を裏切り続ける木嶋。
青ちゃんは、いっそのこと木嶋が野獣化してくれないかと考える。
そうすれば、はっきりと拒絶することができるからだ。
そこで、あえて木嶋をコーフンさせる計画を錬り始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
青は、木嶋クンをコーフンさせておそわせて、フろうって思ったけど
木嶋クンが青のこと、とっても大事に思ってる、ってゆうのが伝わって
このままだと勉強ができないから
泣きながらフっちゃった。。ってゆうおはなし。。



今週もちょっとHなシーンがあったり、青の妄想もすごかったけど
木嶋クンがブレないでいい人だから
恋愛アニメだって思って見たら、シリアスかも?

フっても木嶋クンのこと気になりそうだし
つき合っても気になって、勉強できなさそうだし。。

だったら勉強あきらめて、大学は行けるところに行くって決めて
今は恋愛した方がいいのかも?
{/netabare}
{/netabare}
#09 青ちゃんは妄想じゃ足りない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「木嶋のせいで勉強ができない」と言ってしまった青ちゃん。
悶々としていると、矢部が家庭教師を買って出てくれた。
しかし、勉強中も思い浮かぶのは木嶋のことばかり。
一方、木嶋は木嶋で、青ちゃんの大学進学という夢を知っているだけに反省しきり。
{/netabare}
感想
{netabare}
木嶋クンのこと、忘れられない青のために、矢部さんも協力してくれて
2人はとうとうお付き合い。。
じゃなくっていっしょにお勉強することになったの^^



にゃんも、いつも、仲よくなった人を傷つけるようなこと言っちゃって
悪いことしちゃった。。って考えはじめると眠れなくなっちゃうから
はじめの方の青の気もちは、とってもよく分かった。。


今回は、木嶋クンのことフっちゃって、悲しい思いさせたことで
悪いことしちゃった。。って悩む気もちと、会いたいって思う気もち

それから会いに来てくれた木嶋クンが、もう1度はなれて行きそうになって
こんどは自分のほうから手をのばす気もち。。

青のいろんな気もちが伝わってきて、とってもよかった♪
(木嶋クンが青の体をさわってくるシーンとかあったけどw)

それから、出て行きそうになる木嶋クンを引き止めるところは
キュンってなっちゃった^^


あと、木嶋クンがときどき暴走しそうになるけど
青のこと、すっごく大事に思ってくれてて
志望校も青といっしょにしようって、がんばろうってしてるみたい^^


試験が終わるまでは、おつき合い、とはちょっと違うけど
いちお、2人の気もちがいっしょだって分かったから、よかった☆
{/netabare}
{/netabare}
#10 お父さんは応援できない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
体育祭の季節がやってきた。
青ちゃんは、応援団で学ラン姿の木嶋が見れると内心楽しみで仕方がない。
ところが父も、体育祭を見学したいと言い出した。
中学校の時は、父が著作を配るわお母さん連中に取り囲まれるわの悪夢のような体育祭だった。
今回は父の来襲を許すわけにはいかない。
{/netabare}
感想
{netabare}
いちお、木嶋クンと両思いになれて
青のツンデレはおさまったみたいで、目に♡がうかんでたからよかった^^

って思ったら、体育祭に来るってゆうお父さんとケンカしちゃって
悩んじゃうおはなし。。


けっきょくお父さんは来てくれて、応援してくれて、また問題おこしてくれて
またケンカ^^;って
今回はラブコメってゆうか、ギャグだったみたい><
{/netabare}
{/netabare}
#11 青ちゃんはツルツルパンツがはけない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
木嶋が勉強会をやりたいと言い出した。
青ちゃんはいよいよその時が来たかと覚悟する。
ネットであるものを手に入れて準備万端、何があっても大丈夫、と木嶋を部屋に迎え入れる。
ところが、木嶋は本当に勉強が目的だったようで、全然Hな雰囲気にならない。
{/netabare}
感想
{netabare}
「ツルツルパンツ」って冗談だと思って、画像でググってみたら
ホントに勝負下着が出てきてビックリ!青のホンキが伝わってきたw

それなのに木嶋クンは、何にもしてこなくって。。ってゆうおはなしで
木嶋クンがドンカン、ってゆうのもあるかもだけど
青がツンデレで、そうゆうことに関心ないフリしてるから
木嶋クンも、考えないようにしてるだけなんじゃないのかな?



青のモーソーがボーソーするところと
勉強の話をするフリして、ユーワクするところ
それを木嶋クンが華麗にスルーするところとかがおかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
#12 青ちゃんは勉強ができない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
雅から、木嶋とキスしたか聞かれる青ちゃん。
とんでもないと即答する青ちゃんだが、木嶋の気持ちがわからず不安になってくる。
本当はしたいのに必死で我慢をしているのか、それとも本当にしたくないのか。
木嶋が青ちゃんの勉強のために我慢していると知って、青ちゃんは自分も木嶋とキスしたいと思っていることに気づく。
{/netabare}
感想
{netabare}
2人のキス回だったけど
変な期待とかしないで、スナオになって
木嶋クンから、じょうだんでキスしようか?って言われたとき
とうとう、こっちから行った青がよかった☆

はじめからそうしたらよかったのに^^

それで何回かキスしたけど、恥ずかしくなって
木嶋クンとのキスが、とってもよかったから
どうしてこんなにうまいの?って、木嶋クンの過去にやきもち焼いてたけど
「それは相手のこと、すごく好きだからじゃないですかね?」って言われて

「こんどはキスしたくなったら、そっちからして」って言われて
「言わない!!」ってまたツンデレはじめたら
キスされちゃったところでおしまい^^


2人の恋がうまくいってよかった☆
{/netabare}
{/netabare}

見おわって。。


お父さんがエ○小説家で、そんなお父さんに育てられたから
いつもエ○い妄想ばかりしてる美少女が主人公ってゆうだけの
ふつうの少女マンガっぽいラブコメ^^

少年マンガのラブコメに、ときどき、主人公の少年が、妄想全開で。。
ってゆうおはなしがあるけど、こっちはその逆バージョン^^

下ネタはときどき、ちょっとキツイけど
気になる男子の方は、やさしくって思いやりがあって、イケメンだから
ふつうにおもしろかったと思う☆

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 224
サンキュー:

37

次の30件を表示

みだらな青ちゃんは勉強ができないのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
みだらな青ちゃんは勉強ができないのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

みだらな青ちゃんは勉強ができないのストーリー・あらすじ

名前の由来は――官能小説家の父に悩まされる女子高生・青ちゃんは、念願の一人暮らしを実現させるため、難関大学合格を目指して猛勉強中。「青春?男女交際?そんなの知るかッ!」……だけどそんな青ちゃんに、クラスの人気者で「リア充王」の木嶋がまさかの愛の告白。空気を読まない木嶋のアプローチに、勉強そっちのけで青ちゃんのエロ妄想が暴走する!(TVアニメ動画『みだらな青ちゃんは勉強ができない』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
SILVER LINK.
公式サイト
aochan-anime.com/
主題歌
【OP】エドガー・サリヴァン「WONDERFUL WONDER」【ED】スピラ・スピカ「恋はミラクル」

声優・キャラクター

和氣あず未、寺島惇太、津田健次郎、木村珠莉、近藤隆、白井悠介、深町寿成

スタッフ

原作:カワハラ恋『淫らな青ちゃんは勉強ができない』(講談社「少年マガジンエッジ」連載)
監督:井上圭介、シリーズ構成:横手美智子、キャラクターデザイン:大島美和

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ