「劇場版 トリニティセブン 天空図書館と真紅の魔王(アニメ映画)」

総合得点
69.1
感想・評価
29
棚に入れた
178
ランキング
1102
★★★★☆ 3.7 (29)
物語
3.4
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.6
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

pikotan

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ルーグ可愛いですね

劇場版2作品まとめての簡単な感想。
どちらもTV版同様にちょいエロハーレム展開で楽しめました。
クール系天然(ポンコツ)キャラが好きなので、ルーグの登場シーンが結構あったことは個人的に大満足でした。
ルーグはTV版の時からお気に入りキャラの一人でしたが、劇場版を観た後はこの作品中で一番のお気に入りキャラになりました。
ルーグのフィギュアとか無いのかなと思いネット検索しましたが、需要がないのか全くグッズ展開されていないですね、残念。

投稿 : 2019/09/07
閲覧 : 8
サンキュー:

1

ネタバレ

もっちょん

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

トリニティセブンの映画

久しぶりに見たから、こんな感じだったかなて見ました。アニメの方は面白かった気がする。

投稿 : 2019/08/04
閲覧 : 4
サンキュー:

0

ネタバレ

デューク

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後の砦をデレさせることに成功したアラタ。

ルーグがヤンデレキャラに決まりましたが、なかなか可愛いです。
今作ではかなり推されています。
それと、ロリアキオが可愛いです。
もうずっとこれでいいじゃないですか。
そして、これまで唯一アラタにデレなかったアキオがデレッデレです。

もっさりしたバトルシーンとか、もっと尺短くしてラブコメ感出すための演出に使って欲しかったなぁと思いました。なんかリリスとかもっとピンチにならないと盛り上がらないし・・・です。

これだけ多勢デレた女の子がいるにも関わらず、譲り合い状態でいまだに修羅場ってるシーンが無くて物足りないです。次の作品ではそういうところもお願いします!

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 30
サンキュー:

0

ネタバレ

ヘラチオ

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

世界を崩壊させるという“魔王因子”を持つ魔王候補・春日アラタはトリニティセブンの一人である浅見リリスらと共に遺跡調査を行っていた。アラタの力に反応した強い力により、辺りはまばゆい光に覆われ、気づけばそこは古より天空に存在する、全世界の英知を司る場所・「天空図書館」だった。すると突如、紅い稲光とともに、顔がアラタにそっくりなある男が現れる-。名は紅の魔王“アビィス・トリニティ”彼は、魔王を滅ぼすための魔王であり、街を一瞬で消し飛ばす強力な力の持ち主故、長く「天空図書館」に封印されていた。アラタの魔王因子に反応してその封印を解かれた彼は、魔王としての力を取り戻し、世界を、すべてを無に還すことを目論んでいた。そのカギとなるのが、彼の娘・リリス----なんと、リリスは最強魔王の娘だったのだ……っ!というあらすじ。


アキオの魅力がたっぷりだった。可愛い。大人でもロリシスターでも。
物語はシンプルにバトルでそんなに面白いとは思わないけど、リーゼがエロい。そして、ルーグの役割が固定された感がある。{netabare}これは完全にエロ担当。{/netabare}

投稿 : 2019/06/06
閲覧 : 23
サンキュー:

4

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

たとえ人の心を失ったとしても、オレはお前を取り戻す…。

こちらは、劇場版第1弾 「トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-」に続く、劇場版第2弾の作品となります。
劇場版一作ずつでも物語の起承転結は成立していましたが、登場人物の心模様や立ち位置に対するいきさつなど、相応の予備知識が無いとこの作品を堪能し尽くせないと思います。

まぁ、魔王候補は7人の美少女魔導士を侍らせていて、徐々にその7人を侵食していくハーレム展開作品なので、現状に至る過程は物凄く大切な位置付けです。
そのため、劇場版を含め前作未視聴の方は、そちらからの視聴をお勧めします。

この作品を視聴して気付いたこと…
まず1点目…作品のサブタイトルですが、一切の捻りがなく混じりっ気無しのストレートであること…
「天空図書館と真紅の魔王」って「何処で、誰と、どうする」が分かってしまうではありませんか!
この手の作品は物語を積み重ねる度にラスボスが強くなっていくのは常套なので、もちろんアラタが勝利するかはラストまで視聴しないと分かりません。

だけど、原作の連載が続いている作品の単発映画で主人公が消え去ってしまうとも思えません。
だから、この作品が重きを置いているのはラストに至るまでのプロセスです。
トリニティセブンの皆さまが、アラタ思いの春日聖がピンチに陥った彼にどの様な手を差し延べるのか…
結論ではなく、過程を楽しもうと頭を切り替えて視聴すると、実はメチャクチャ面白かったり…^^

そして2点目…本編を視聴するまで公式HPの、特にSTORYの視聴は避けた方が良いと思います。
私は完走後に公式HPを拝見しましたが、「こんなネタバレ載せて大丈夫なの!?」と思えるくらい重要事項が満載でしたから…

ヒロインの数が多いので、この作品ではそれぞれのヒロインの立ち位置を明確にした上で、均等、均一という概念をバッサリ切り捨てています。
物語の展開に応じてスクリーンに映し出される割合に軽重を付けているので、特定のヒロイン目当てで視聴して、軽めだったらすこしガッカリ感があるかもしれませんが、60分という尺を考えると、この構成は正解だったと思います。

それに、しっかりアピールすべきキャラは、然るべきタイミングでしっかり持ち上げられているので、違和感はありませんでした。
あやねる演じるレヴィや、奈央ぼう演じるリーゼロッテなんかは、見惚れることしかできませんでしたし、リリスも物語の展開に一役買っていましたから…

でも今回何気に美味しいところを持っていったのは、春日聖と行動を共にしているルーグだったと思います。
彼女の1人称である「当機」を何度も耳にしましたし、何より彼女には様々な立ち位置でのミッションが課せられていましたから…(^o^)
まぁ、彼女の天然な一面が功を奏したと言えるのではないでしょうか。
実際ミッション中の彼女は格好良くもあり可愛らしくもあり…
結構ポイントの高い見どころだと思います。

アラタが仲間と一緒に真紅の魔王とどの様に対峙するのか…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

主題歌は、ZAQさんの「Against The Abyss」

上映時間が約1時間程度の作品でした。
今回の一連の騒動を経て、アラタのハーレム指数はまた一段と上昇したと思います。
今でも相当良い感じなんですけど、きっとまだこんなモノじゃないんでしょうね。
アラタの築くハーレムは…
その行き末を含め、今後の展開を楽しみにしています。

投稿 : 2019/06/02
閲覧 : 52
サンキュー:

7

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず 見たものの

とりあえず 見たものの ・・・

投稿 : 2019/05/15
閲覧 : 47
サンキュー:

0

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

多分そこまで売れなかったんだろうねw

視聴理由 前作に続き

視聴前 まーたリリス先生がメインかな...

視聴後 あきお!?

この話は魔王の情報がある「天空図書館」にいったときの話

なんとこの話はあの「あきお」がメインヒロイン!
まぁ...リリス先生も重要な役割があんだけど...
映画で見たんだけど、もうアマゾンprimeであるんだよね...
多分そこまで売れなかったんだろうねw
前回の映画よりは良かったと思うんだけどなぁ

前回の映画でちょっと姿を現した少女あきおちゃんが今回かなり出てきます
本編で出てきた「荒地でずっと祈り続けてる少女」が関係してきます。ようやく伏線回収ですね!ほかにも伏線回収をたくさんしている(はず)ので進展は多少あります。ただ深く追求しちゃうと、多少突っ込みどころが出ちゃうのが難点だね。
それよりあきおちゃんがヒロインなのはうれしい
本編のレビューでも言ったけど「クールな感じ」って感じで一人だけ何かが違ったけど、これで君もデレニティセブンの仲間入りだね。
そして相変わらず新君はかっこいい。聖ちゃん可愛い。

音楽はZAQさん。作画は良いほう。

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 65
サンキュー:

2

ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

普通に18禁アニメとして作ればいいのでは?バトルシーンは良くなった

前の劇場版に続きはやくも見放題で公開のdアニメストアで視聴。
長さも前回と同じ1時間。

{netabare}今回は一応アキオがメインの話。ただしずっとロリ化しているが。アキオは今まではいつも飄々としていたが、今回は幼くなったことで恋愛感情を含めた気持ちをあらわにするシーンが多い。
ルーグという片目キャラは今まで出て来たっけ?まぁどうでもいいけど。
リーゼはチョロインすぎ。リーゼのエロシーンはただの風俗プレイだろwなおぼうも仕事選ばないね。これを映画館では見たくないな。
エロシーンだけ作画が妙に良いのは野郎アニメーターのモチベが高まるんだろうな…。
敵は先輩魔王でリリスの父という大物設定だった割にいまいち魅力に欠けていた。{/netabare}

今までは中二病会話ばかりでつまらないと思っていたが、今回はバトルシーン多めでエロもメリハリがあったので今までで一番良かったとは思う。
ここまでを総括するような内容だったがアニメはこれで終わりなのだろうか。
{netabare}個人的にはレヴィがメインの話が見たいのだが。レヴィが主人公を好きだと言ってない唯一のヒロインになってしまった。{/netabare}

この作品の長所はavex謹製の音楽の良さだけだと思ってたが、今回は作中でボーカル曲をよく流している。
{netabare}1期ED「BEAUTIFUL≒SENTENCE」を流すシーンはちょっと熱くなった。{/netabare}

リリスの原由実の声はもうオーバーロードのアルベドにしか聞こえなくなってきているが、若い声を出すのが難しいのかな。

投稿 : 2019/04/19
閲覧 : 101
サンキュー:

0

DRM

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/20
閲覧 : 0

294EY

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 0

さなじろう

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/01
閲覧 : 0

Bamin

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/26
閲覧 : 0

まー(*´∇`*)

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 1

pino

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 0

けみかけ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/04
閲覧 : 1

kenjnnn

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/01
閲覧 : 1

あぶデブ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 1

頭がお花畑の高校生

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 2

muikoro

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 2

Hiro Y

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 1

燕雨

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 5

heli_co

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/04
閲覧 : 6

涼ちゃん.com

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/22
閲覧 : 3

Kaya

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 6

kunka

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/09
閲覧 : 6

FRANK

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/05
閲覧 : 5

ASKA

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2019/04/25
閲覧 : 7

kuronotuki

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 6

じぇ~むず

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 6

劇場版 トリニティセブン 天空図書館と真紅の魔王のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版 トリニティセブン 天空図書館と真紅の魔王のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

劇場版 トリニティセブン 天空図書館と真紅の魔王のストーリー・あらすじ

世界を崩壊させるという“魔王因子”を持つ魔王候補・春日アラタは
トリニティセブンの一人である浅見リリスらと共に遺跡調査を行っていた。
アラタの力に反応した強い力により、辺りはまばゆい光に覆われ、
気づけばそこは古より天空に存在する、全世界の英知を司る場所・「天空図書館」だった。

すると突如、紅い稲光とともに、顔がアラタにそっくりなある男が現れる―。
名は紅の魔王“アビィス・トリニティ”
彼は、魔王を滅ぼすための魔王であり、街を一瞬で消し飛ばす強力な力の持ち主故、
長く「天空図書館」に封印されていた。

アラタの魔王因子に反応してその封印を解かれた彼は、
魔王としての力を取り戻し、世界を、すべてを無に還すことを目論んでいた。
そのカギとなるのが、彼の娘・リリス───
なんと、リリスは最強魔王の娘だったのだ……っ!

アビィスの危険すぎる力により囚われたリリス。
アラタたちは、リリスを救い、最強魔王を打ち倒すべく魔王兵器を探すことに……。

しかし、それを使えば、人の心を失い、完全に魔王化してしまうというが……。

魔力を支配するか、それとも支配されるか──。
アラタの最大のピンチが訪れる──!(アニメ映画『劇場版 トリニティセブン 天空図書館と真紅の魔王』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2019年3月29日
制作会社
セブン・アークス
公式サイト
movie.trinity-7.com/
主題歌
ZAQ『Against The Abyss』

声優・キャラクター

松岡禎丞、原由実、内田彩、佐倉綾音、日笠陽子、柚木涼香、村川梨衣、東山奈央、洲崎綾、釘宮理恵、諏訪彩花、三木眞一郎、山下七海、福原綾香、赤﨑千夏、前野智昭、伊藤静

スタッフ

原作:サイトウケンジ・奈央晃徳(KADOKAWA 月刊ドラゴンエイジ連載)
監督:錦織博、脚本:サイトウケンジ、キャラクターデザイン・総作画監督:友岡新平、クリーチャーデザイン:森木靖泰、美術監督:山本恵/スタジオちゅーりっぷ、色彩設定:西村薫、撮影監督:後藤真美、美術設定:泉寛、特殊効果:福田直征、3DCG:山口直人/川島浩二、編集:関一彦、音響監督:えびなやすのり、音響制作:スタジオマウス、音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND、音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ/テレビ東京ミュージック

このアニメの類似作品

この頃(2019年3月29日)の他の作品

ページの先頭へ