当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「無職転生 Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~(TVアニメ動画)」

総合得点
77.3
感想・評価
371
棚に入れた
1593
ランキング
620
★★★★☆ 3.9 (371)
物語
3.8
作画
3.9
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

無職転生 Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

蒼い✨️ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

OP曲がイマイチなのでこの評価。

【概要】

アニメーション制作:スタジオバインド
2023年7月3日 - 9月25日に放映された全13話のTVアニメ。

原作は、「小説家になろう」に連載されていたweb小説を改訂し、
KADOKAWAのMFブックスから刊行された、理不尽な孫の手によるライトノベル。
原作イラストは、シロタカが担当し、
『コミックフラッパー』にて、漫画家・フジカワユカによるコミカライズ版が連載中。

監督は、平野宏樹。

【あらすじ】

高校時代のイジメを苦に引きこもって働きもせずにブクブクと肥え太り、
両親の葬式をサボっては姪に欲情をしていた34歳無職DTニートの男は、
兄弟によって実家から叩き出された日にトラックに轢き潰されて異世界に転生。

剣と魔法の異世界で、元冒険者の両親で貴族の傍流の家系で親ガチャに成功して、
赤ん坊からやりなおすことになった男(ルーデウス)は、前世で諦めた自分の人生を、
今度こそ満足行くようにと、家族や友人(女の子!)などの人間関係構築や、
剣と魔術を学んでの自己鍛錬に励んでいく。

前世では自分を心配してくれた親兄弟などの身内からも逃げていた反省からか、
今度の人生では人の縁を大事にして充実した日々を送っていたルーデウスは、
フィットア領転移事件に巻き込まれて家族や自分を大事にしてくれた人たちとも離れ離れ。

一緒に転移したお転婆な貴族令嬢のエリス、スペルド族の戦士のルイジェルドとともに、
魔大陸から中央大陸アスラ王国に帰る旅で冒険の日々を続けていたルーデウスは、
赤ん坊の頃しか知らなかった幼い妹たち、やさぐれていた父・パウロと再開したり、
その父親と喧嘩しては和解したり、龍神オルステッドに殺害と蘇生をされたりと波乱万丈。

魔力災害で街も村もなくなってしまった故郷に3年ぶりに到着。
護衛の役目が終わったとルイジェルドが去り、
家族全員を失ったエリスは、ルーデウスと結ばれた後に彼が寝ている間に、
ルーデウスを龍神から守れずに一度は死なせた後悔からの剣の修業のために、
ルーデウスに真意・理由を告げずに短い置き手紙を残して去ってゆき、
説明不足でエリスに捨てられたと思った失意で、ルーデウスは不能になってしまった。

“失恋”のショックで死んだ目の状態のルーデウスは、
Bランクの冒険者パーティ「カウンターアロー」に誘われたのをはじめとして、
様々な出会いを重ねていくのだが、
やがて不能治療の道標となるお告げをヒトガミから受けるのだった。

【感想】

ルーデウス君が男性の象徴としてのアレが使い物にならなくなって酷く落ち込んでいて、
再起するために丸々1クールを費やしたと文字にしてみると冗談みたいに見えますが、
性的な描写も含めて男性心理のデリケートな部分のディテールを描くのが、
本当に好きな作者だなと思ったり。その反面で女性心理を描くのはあまり得意じゃないなと。
これは、男女逆にすれば女性作家の弱点であるとも言えますが。

人は人と関わり合うことで傷つくものであるが、
心の傷を癒やすのも心を閉ざして現実逃避で自分の世界で逃げ込むことでなくて、
他人と関わって衝突し合いながらも学習していく。

主人公が前世では閉じこもってきたニートだっただけに、
逃避は人生の時間の浪費で何の解決にならない。
それに早く気づいて、踏み出す勇気が大事みたいな話を序盤の冒険者としての話で、
作者が描きたかったことなのかと思います。
不能が原因で、うまくいきかけた女冒険者のサラとも最悪な結末になるのですけどね。

んで、不能が治る方法が見つかるかも知れないと入学したラノア魔法大学では、
個性豊かなキャラたちによる日常はまるでギャルゲーみたいなノリの話ですが、
大学で出会う大勢のキャラが今後の展開でも絡んでくることもあって、
アニメでもしっかりと描かないといけないこと。賑やかなのは良かったのですが、
フジカワユカ氏による漫画版を先に読んでたこともあって、
尺の都合で端折られるのは仕方ないとは言え、
動きによるキャラ付けやギャグが抜け落ちてたのが少々物足りなかったかも。
猫の獣人族のリノアの猫の習性による媚びた動きに苛ついたルーデウスが、
リノアの尻を平手打ちで折檻するとかね。やはり、アニメの魅力はキャラの動きで、
人格や可笑しみを表現することにあると思う自分にとっては、
その傾向での積み重ねが2期では平凡になってしまったことで、
作画の評価を1期より落とさざるを得ないです。
1期の作画が良かっただけに、比較されてしまうのは仕方がないですね。
美術的な良さは健在だっただけに惜しいと言えば惜しいですね。

今回はヒロインのひとりと再会してそれにルーデウス君が気づかないままに話が進んで、
やがて彼女とは身も心もつながってゆく話なのですが、そういやこれってヒロインが複数いて、
一夫多妻制の話だったことを思い出すとモヤッとするものもあるのですが、

ルーデウスは挫折や悩み・苦しみだらけの人生で、
しょっちゅう運命に翻弄されて突き落とされてるので、
役得とのバランスは一応は取れてるのかな?

1期ほどのワクワクや驚きはありませんでしたが、
折を見て続きを観てみようとは思いました。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2024/05/24
閲覧 : 344
サンキュー:

25

滅亡迅雷 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

下ネタが不愉快

退屈な展開とやたらお出しされる下ネタ
性描写ばかり力いれてエロアニメなのと言いたい

投稿 : 2024/05/10
閲覧 : 58
サンキュー:

1

こま さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

作画気にしない方だけどコレは分かりやすく崩れてる

2話まで視聴済み。マンガもこの話し含めた最新刊まで読みました。

今まで作画崩壊で気になったのは、はたらく魔王さま!2期のアラス・ラムス(赤ちゃん)の顔だったかな?アレはほんとに違和感しかなかったw
コレ以外は覚えてないくらい気にしてない。

まあ気にはなったけど最後まで見るのは変わりない。
とは思ったものの一期の感想書いたせいか観るモチベが無くなったので切ります。
とは言えマンガは追ってるのでそれで良いかなと思ってしまったのがね…。
もしかしたら…いつか観るかも。

投稿 : 2024/04/25
閲覧 : 240
サンキュー:

4

ネタバレ

天地人Ⅱ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

偽 SFスーパー英雄(?)列伝23

無職転生、それは
哀しみを背負った者のみが習得できる北斗神拳究極奥義である!
何しろ、習得するにはEDなならなければいけない訳ですから(おいっ)
そりゃあ哀しみを背負うわ(それは無想転生)

そんな待望の続編だったんですけど、微妙でしたね。
何故かって?そりゃあ男性にとってはある意味恐怖のネタ(おいおい)を扱ってましたからね。
もうルーデウスが落ち込むこと(汗)
そんなルーデウスですが、後半はフィッツ先輩(シルフィー)と出会う(再会)ことで、めでたしめでたしの展開で終了します(ほっ)
ただ、この展開は合わない方が出てくるのはしょうがないですか。
出来ればやっと結ばれた二人がどうなるのか、放送中の続編を楽しみに観たいと思います。

おまけ
最終回、洞窟の中で向き合う二人
そしてそれを眺める兵士
ジーン
「叩くなら今しかありません」
デニム
「我々は覗き(こらっ)が任務だ」
ジーン
「シャア少佐だって、ララァを〇〇して(やめろーっ)」

おまけ2
ジーン
「デ、デニム曹長、ル、ルーデウスのあそこが動きだしました」
「いや、まだよく動けんようです。やります」
デニム
「・・・あれが泥沼のテントの威力なのか?」

おまけ3
翌朝アリエルの元に報告に来たシルフィー
アリエル
「やはりダメでしたか(えっ?あ、あの)」
「よくよく考えてみると漢字が似てるからといって無職転生を無理やり無想転生にするなんて誰がしましょうか(うっ)」
「それにしてもいざという時に役に立たないとは天地人という男を少々買い被っていたようですね(グサッ)」
ルーク
「それは言い過ぎです。オタクにはどうしようもないときがあるのです。天地人とて好きでしょーもないネタしか書かなかった訳ではないはず」
「可哀想に。寄る辺もなく藁をも掴むような気持ちでここに投稿したのでしょう。」
「そもそもこのネタでサンキューは無理です(はっ!)」
「現に俺は天地人の投稿に蚊ほどの魅力も感じません(しゅん)」

うわーん、そこまで言わなくても、誰だこんな事書いたのは
(お前だ、お前)

投稿 : 2024/04/22
閲覧 : 69
サンキュー:

6

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

EDクール

フィットア領転移事件、その時シルフィーは・・・
から始まる0話。
アスラ王宮上空転移とは・・・
アリエル王女との出会いが、その後の彼女の運命に大きく関わります。

エリスと離れたルーデウスは・・・
えっ、ED。
1クール丸ごとEDとは・・・
大胆なアニメです。

最初4話分のヒロインはサラです。
ルーデウス自身が失意のどん底なので、あまり良く描かれていない。
不遇のヒロインなんでしょう。
若年時はすれ違いってよくあるものです。

5話以降は、ラノア魔法大学編。
色々な人たちとの出会いにより、物語が明るくなりました。
もっとも大きかったのは、男友達ができたことでしょう。
ザノバとクリフ・・・今後重要なポジションとなりそうです。

衝撃的な七星静香との出会い。
取り乱すルーデウスと沈着冷静な七星が印象的でした。
日本からこの世界に転移した不遇の女子高生。
苦労人の少女がこの世界の謎を解くカギになりそうです。

その他、獣族の姫二人は相当個性的。
なんだかあられもない感じに。
言葉で表現しにくい仕打ちは必要あったのかな。
変態アニメの本領発揮ってところでしょうか。

忘れてはならないのが、フィッツ先輩ことシルフィー。
約8年ぶりのルーデウスとの邂逅。
もちろん成長してるし、髪の色も変わってる。
その上、サングラスに男装。

しかし、シルフィーはシルフィーでした。
ルーデウスへの想いが駄々洩れ。
こっちが赤面するシーンがたびたびでした。
最終的にはめでたしめでたし、ED完治です。

ルーデウス16歳。
人生まだまだこれからです。

投稿 : 2024/04/13
閲覧 : 207
サンキュー:

19

ネタバレ

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ルーデウスのなぁ・・・魅力が・・・ねぇ、いまひとつw。

不穏なタイトルですが、作品自体は面白く、興味深く、物語の先が気になるクオリティは維持していると思います。

2024年4月からⅡの後半エピソードが展開されるそうな。

私は少しまとまってから、続けてみる派に今はなっておりますので、少し遅れたタイミングでレビューか、追加の書き込みをするかもしれません。

今前半を観て、この作品のレベルはやはり高いなぁとの所感です。
個人の好みも合わせてなので、合わないとか、嫌いだという方のレビューも拝見させていただきましたが、これは世の常でしょうね。
どんな作品(モノ・ヒト)でも2割程度のネガティブな反応を示す方はおられるもので、それが悪いわけでは決してありませんよね。

そして・・・私も作品の評価は高め、興味もありありなのですが、確かにルーデウスがあんまり得意では無い事に気づきはじめました。
これは・・・可愛らしい女性に囲まれているルーデウスのハーレム要素が強くなったから?って訳でもなく、どことなく中のオッサンと自分のよろしくないところが似ているからかもしれませんw。
などと、自虐的な所感も感じつつ・・・。

今作では、ルーデウスくんがいわゆるソロ活状態になったところからの立ち直り、そして、重要な病気(メンタル含む)wの回復への努力?が描かれています。
物語内での描き方は、さておき「一人で」「自分の問題」に相対する姿が描かれています。

これって、自分で言うのも恥ずかしい(照れくさい)のですが、思春期から大人へのステップとして誰もが通る「自分との向き合い方、付き合い方、割り切り方」の暗喩ではないかと思ったりした訳です。
繰り返しますが、物語の中で描かれた具体的なエピソードではなく、あくまでも「例え」としてという意味ですよw。

なので、初めに聞いたときは少し違和感のある、青春を感じるようなOPソングが採用されているのかな、などと思ったりもした訳です。


・・・と言う妄想を抱きながらの視聴でした。


それにしても、この作品に出てくるサブキャラの皆さんは本当に魅力的なキャラが多いと思います。
キャラ造形や描かれ方が私自身の好みに合っていると言うのも大きいのですが、それにしても、総じて魅力的です。

で、比較するとレビュータイトルにある、ルーデウスのなぁ・・・。
ってなる訳です。

サブキャラの魅力でルーデウスをカバーしていると言えばそれまで、または、ルーデウスのダメっぷりをカバーするためにサブキャラが魅力的に描かれているのか・・・、いずれにしても、サブキャラの魅力は今作を形作る大きな要素の一つだと感じています。
そして、物語が続いていく上で、それはさらに大きな力になっていく気がしています。

とりわけ、今作では僕っ娘シルフィは可愛くて、魅力的でした。
もともと、魅力はあったと思うのですが、今作では、身分を隠していじいじしていたり、いろいろ考えを巡らしていたり観ていて応援したくなりました。

アリエルもまだ顔見せ程度ですが、聡明で、美人さんで、シルフィを見守っているようなところも見受けられますし、気になる存在でした。

エリナリーゼも美人さんですし、なかなかに共感しづらい点もあるのですが、怪しい魅力を持っていると思います。

ジュリエットもかわいらしいですね、現時点ではマスコット的な位置づけとして見ていました。
そう言えば、少しWeb上で話題になっていた「奴隷制度を肯定するのか」的な話題はこの子のエピソードについてだったのですね。
個人的には、物語の中で、奴隷を購入する演出があったからといって「奴隷制度を肯定している作品だ」と言う物言いには違和感があります。
その世界観を形作ったり、物語を踏んでいくために必要な演出の可能性もありますしね。

それにしても「盾の勇者」でもラフタリアを買う演出があったと思うのですが、その時もこういった風に話題になったのでしょうかねぇ。

目についた時、話題にしたい時だけギャアギャア言うのは少し軽薄な気もしますし、短絡的にも感じます。
まあ、気が付いた時に指摘しておかなければwといった意見もあると思いますけどね。

ああ、また余計な事を書いてしまった。

リニアーナ・プルセラコンビも面白かったですね。
賑わしキャラとしてはテンプレなのかもしれませんが、容姿も好きでしたし、二人の掛け合いにも、私的には珍しく吹き出しそうになりましたw。
これも、学園生活の中では、必要なキャラ要素かもしれませんw。

そして、最初に出てきたサラ。
ツンデレ~少しかわいそうな結果になってしまいましたが、このキャラも魅力的でした。

女性キャラばかり書いてしまいましたが、途中で兄貴分的な立ち位置になったゾルダートもなかなかにいい奴でした。
女性から見ると、この野郎同士の関係は「なんだそれ?」と思うところもあるかもしれませんね。
(娼館行ってこい的なエピソードとか、あれとか、これとか)
が、まぁ、こういった兄貴分がいるって言うのはありがたい事ですw野郎としてはね。

ついでに言っておくと、恐らく、今作の中に点在しているセクシャルな要素、表現について合わない、嫌いという方も多いかもしれません。
それはそれとして、私も理解はできるのですが、あまりセンシティブにとらえたり、こだわったりするのは今作の世界観に合わないのではないかと思っています。
もちろん今作の世界観が、現在のリアル社会の倫理観、価値観に合っているとも言いません。

シルフィの健気さも、娼館のおねいさんのルーデウスに対する接し方も、
「女が、男にー」って言い始めたらそれはそうなんですけれども、それを言い始める人が既に性別に拘り、拗れ、とりつかれているような気がするのは言いすぎでしょうか。

好きな人の為に何かをする、助けてあげたい人に何かをすると考えれば「女がー、男がー」なんてことは無いと思うのですがw。

それに、シルフィーとルーデウスをくっつけようとする謀略?wの際も、あけすけにセクシャルな話題を出していました、今という時代では、プライベートすぎるポイントなのでデリケートな話題であるのは当然、私も理解していますが、日本にもあったおおらかな時代、というのがルーデウスたちの世界観だと思えば、周りがあれやこれやとそっち方面の話題に口出ししているのも納得できるのではないかと思うのですけどね。


・・・余談ですが、日本でも、ひと昔前の仲人おばさんなんかはすごかったらしいですよ。
小耳に挟んだだけですが、雑に言うと男性相手にも女性相手にも「既成事実つくっちゃえばいいのよ~w」的な事を連発する方もいたそうですしおすし。

こんなことを言うようじゃ、私も立派なきもいおじさんですなwww。
しかたねぇ。


まぁ、いらないことをいっぱい言ってしまいましたが、シルフィーがひとまず思いを遂げた様でよかったよかった。

2期2クール目を楽しみに待ちたいと思います。

投稿 : 2024/04/05
閲覧 : 122
サンキュー:

22

二足歩行したくない さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

異世界行っても本気を出さない君でいてほしかった

無職が異世界転生するアニメシーズンⅡの1クール目。
シーズンⅠでは"働かざる者だがしこたま食う"という、この世の理をぶち壊す系のぶっちぎり無職がトラックに撥ねられ、異世界転生してセクハラの限りを尽くす気持ち悪い物語でした。
ですが、シーズンⅠ終盤で、元無職の肩書は捨てて円木警枕、勤倹力行して力と知識、礼節を身につけた紳士に文字通り生まれ変わります。
引き継いできたはずの変態性欲も分厚い皮に隠してしまったため、結果、普通の異世界ファンタジーとなりつつあり、やや不安を覚えて見始めたシーズンⅡです。

エリスが去ってゆき、失意のどん底という暗い雰囲気でシーズンⅡが始まります。
転移され散り散りになった家族を探すルーデウスは、口に糊するため、また自分の名前を広めて名前が家族へ届くことを祈り、冒険者ギルドで依頼をこなし始める。
やがて"泥沼"という二つ名をつけられたルーデウスですが、ギルドで窮地を救った少女・サラと懇意になり、ついに一夜を共にするに至ります。
エリスのことが頭を一瞬よぎるも、据え膳食わぬは男の恥とばかりにルパンダイブをするルーデウス。
だが、そこで、ルーデウスは、自分のムスコが全く反応していないことに気づきます。
結局、恥をかかせる形になってしまったサラには嫌われ、自暴自棄になるルーデウス、そんな彼に、ラノア魔法大学への推薦入学の話が来る、という展開です。

メインとなるのはルーデウスの下の事情であり、EDに思い悩む青少年が筋トレにハマり、やがて本当の恋を知るワンクールでした。
基本的にED治療の印象が強いのですが、当然、それだけではないです。
魔法学校へ入学するに至る経緯、入学後も癖の強い同窓生やルーデウスに興味をいだいてやってきた魔王、そして、学園内の謎の人物ナナホシ・シズカと出会い、日々を過ごしてゆきます。
ただ、それらのサブストーリーの印象が弱く、頭に残りづらかったというのが正直なところです。
今後のストーリーでまた関わるかはわからないですが、期間をおいて再登場したときに覚えている自身がないレベルですね。
その点で言えば、序盤に登場したロキシーちゃんやシルフィはインパクト強く、なぜかというとそれはやはりエロの力ではなかろうかと思うのです。
ルーデウスの両親の寝室前で顔を赤らめていたロキシー、男の子と勘違いしてパンツを下ろしてしまったシルフィに引き換え、本作登場のキャラは明らかに魅力低減していてパワーダウンを感じました。
ギャル獣人の二人とか、エロいキャラは登場するのですが、エロいシーンは皆無です。
序盤の変態ルーデウスもすっかりムスコと一緒にへにゃぽこになっていて、ワンクール視聴終えるまで結構時間がかかってしまいましたね。

2クール目は2024年4月から放映開始ですが、巻き返せるのだろうか。
一応、視聴予定ですが、自分がかつて無職だったことを忘れないで、その際に培った無職の実績を大事にして欲しいと感じた1クール目でした。

投稿 : 2024/03/10
閲覧 : 66
サンキュー:

6

ネタバレ

kinsan さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

「あんたそれはないよ」

3話で断念しました。ルーデウスを見続けたいという気持ちにはなれなかったですね・・
1期はとりあえずアニメ評論家のO氏推薦でなんとか見続けましたが、最終話で気持ち悪さが爆発しました。ただ、少しは成長しているかと思い、2期も見始めましたが、ちょっと無理でした。


●ルーデウスはやはりちょっと気持ち悪い、ストーリーに違和感
・エリスの髪を1話で燃やすのはよくわからない
 一方で、ロキシーのパンツは祠に入れてますね
 カウンターアローとの共同作戦で前向きになれたにも
 かわわらず、恩をあだで返すような仕打ち 
・EDに気づいたのはサラとえっちしようとした際か?
 その割には4話で2年前からEDといっている。
 であるなら、誰でもよいから言いよってきた女を
 手当たりしだい抱きたいのであろう。
・娼婦であるエリーゼみたいにバインバインでないと、
 と言っておきながら、もっと若いころエリスにはいたずら
 やってまし、若いころのエリスとえっちしてますよね
・3話後半の「あんなガキみたいな・・」からはじまる
 発言にはドン引きである。「最低」「あんたそれはないよ」
 こちらの感情の方がよくわかる。サラは頑張ったの
 のに気の毒。そして何のフォローもせず、すぐ ゾルダート
 についていって街を離れる。そもそも街にいたのは名前を
 とどろかせるためではなかったのか?
・ロキシーのパンツを祠に入れて拝んでいるだけでなく
 持ち歩いて、緊張する際に取り出して触っている。
・エリーゼから「絶対に嫌われない相手」とならえっち
 できるのでは、と言われて思いだすのはロキシー
 (エリスではない)
・50過ぎの中身おっさんが酒のんで喚く姿は見苦しい。
・エリスとサラと、言い寄ってきた相手をえっちした(しようとした)
 が、ルーデウス自体、好きとは言っておらず、単にえっちできる
 シチュエーションがきたので、しただけ。エリスとの行為後の発言
 からもわかるように、単にえっちを楽しんだだけ。下衆である。
 異世界行ったら本気だすではなくて、エロアニメの方に行って
 本気出してください。
・母ゼニスを探す旅であるとともに、エリスも追いかけていると思った  
 のですが、エリスは3番手のようですね。 

投稿 : 2024/03/04
閲覧 : 135
サンキュー:

2

ネタバレ

ごる さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ラストはハッピーエンド(っ'ヮ'c)

終始、ルーデウスの男の深刻な病気を治すための話ですww
もう内容が子供向け異世界転生ではないですねw
元からそんな感じでしたが( ˊᵕˋ ;)

ラストはシルフィとしっかりと結ばれ綺麗なハッピーエンドを迎える事ができました(*^^*)

投稿 : 2024/03/03
閲覧 : 162
サンキュー:

4

よこちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

評価が減点方式になってしまう

第零話、おぉ久しぶりの登場キャラ!
その名もフィッツ!これは楽しみ掴みOK。
えっ?誰やねんって?
とりあえず視聴しましょう初めての方は1期から。
٩(^‿^)۶

分割1クール目ですが、ルーデウスとフィッツの話がメインで着地もして非常に良い話です。1期の2クール目のレビューのタイトルを物語点を5.0にしたいとしましたが、またしてもダメでした。なぜならまたしょうもない下ネタを入れるから。せっかく面白いアニメなのにもったいないんですよ、エリスの事が忘れられずそんな気分になれないとかでいいでしょ、それを下の話にする必要が分からない。ロキシー拝んだり、ザノバも変態だし、もうその辺はいらない気がするんですが。
面白い下ネタならまだしもすべってると思います。どうしてもその路線でいきたいならウケるやつお願いしたいです。

多くの方がおっしゃってますが作画は残念でした。けっしてダメなわけでなく十分なんですが、1期が話題になるほどの出来だっただけに、制作会社も変わってないし2年近くあったので頑張って欲しかったです。

1期1.2クールと今回すべて平均満足度が4点台で私的には評価高いんですよ。でも悪い点が目立つ不思議なアニメですほぼ下ネタの件ですが。
フィッツは本当に可愛いキャラですごい焦らされて良いラブコメでした。
気になるキャラも登場しましたし2クール目も楽しみです。

2024年2月28日

投稿 : 2024/02/28
閲覧 : 629
サンキュー:

20

ネタバレ

エイ8 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

(ノ∀`)アチャー

『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』(むしょくてんせい いせかいいったらほんきだす)は、理不尽な孫の手による日本のライトノベル。略称は「無職転生」。
第2期『無職転生 II 〜異世界行ったら本気だす〜』(むしょくてんせいツー いせかいいったらほんきだす)は第1期と同様分割2クールで制作され、第1クールは2023年7月から9月まで放送された、第2クールは2024年4月より放送予定(wikipedia)

今期のテーマはルーデウス君のErectile Dysfunction(通称ED)闘病記wよくもまあこんなアホみたいな話でそれなりに感動的な話に仕上げたものだと感心します。

表向きにはルーデウス君の「心の傷と真実の愛」がテーマなんでしょうし、実際10代少年の葛藤と苦悩の物語としてみればそれなりに微笑ましいのですが中年男性転生記としてみれば途端に薄気味悪いお話に見えてしまいますw

一期でもそうでしたが本作の特徴は物語が急にわけのわからん飛び方をすること。ほんと読めないんですよね。まさかここにきて本来行く予定だった大学に入学するとは思わなかったですし、そこで「魔王」なる存在がやってくることも以前龍神と共にいたナナホシなる転生者と出会うなども想像の遥か斜め上。悪く言えばご都合主義なのですがいい意味では展開が常にスリリングと言えなくもないと思います。

ご都合主義といえばシルフィの髪色が変わってしまったところもルーデウスに正体を悟られず、またスペルド族のように思われなくするための処置という面が強く出過ぎてたよなと思います。特にアリエル王女との間では緑の髪色のままで色々ドラマがあった方がよかったんじゃないかなと。それと、ルーデウスがずっともってたシルフィからの贈り物のペンダントもほとんど伏線として役に立たなかったですよね。この辺もうちょっと計算されてたら良かったなあと思いました。

今回特に驚いたのが異世界語として喋られた言語が実に堂に入っていたこと。大体こういうのって文法そのままで単語だけ入れ替えるものが多かったりすると思うのですが、本作はなんか違う感じがしました。実際wikipediaによると

本作では作中に登場する様々な種族に合わせ「人間語」「魔神語」「獣神語」の3種類の言語が制作された。これらはそれぞれの種族に対しての言語体系が実際の言語を元にして設定されている

とのこと。少なくともパッと聞いた限りはめちゃくちゃ自然な感じでした。比較を出すのはちょっと申し訳ない気もするのですが「はたらく魔王さま」で聞かされたものとはレベルが違う気がしました。

それにしてもサラちゃん酷すぎない?いくら(ノ∀`)アチャーなことになったとはいえあんなん言われたらルーデウスじゃなくてもトラウマになりそうだよw

後これは完全に個人的な「おま環」案件なんですが、地上派BS両方録画していたのにどっちも10話だけ録りそこなってました。なんで?(´;ω;`)

(尚、只今BS11で再放送中のようなので今度こそ10話録り逃さないようにしたいと思いますw)

投稿 : 2024/02/25
閲覧 : 224
サンキュー:

22

ネタバレ

シン☆ジ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

破壊力は減ったけどワビサビが効いたかな。。

そんな印象でした。

色んな意味で。

~{netabare}
キライじゃないけど、よくある魔法学園アニメっぽかった。
エッ〇なシーンはなりをひそめた。
まあ、あっちもこっちもハッピーエンドでよきかな。
ロキシーが一切出てこないのは残念。

序盤の鬱進行には閉口したけど
終わり良ければ全てよしってことかと。
{/netabare}~

投稿 : 2024/02/23
閲覧 : 36
サンキュー:

7

てぃるふ@棚高評価順 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

下ネタメイン

前クールより下ネタ及び恋愛関係の比重が高い
戦闘やら冒険のスリルは薄いように感じた
1.5倍速ぐらいで消化するのがおすすめ
女性の方にはおすすめしづらい作品
フィギュア集めしている身なのでザノバとジュリの活躍に期待したい

投稿 : 2024/02/21
閲覧 : 32
サンキュー:

3

ささみジャーキー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

グロテスク

ルーデウスの性格や主人公に都合の良すぎるキャラが無理

投稿 : 2024/02/09
閲覧 : 47
サンキュー:

2

くろわっ3 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

男子ってやだねという声が聞こえてくる

好きなシリーズで期待感が大きかったからこそ辛口で失礼する。
観た直後に書くつもりが、気持ちがそんなだから後回しになった。

ファンタジーの面をして描くことがあまりにもリアル、
それもユニバーサルな視点でなく
思春期男子だけに「あーあるある、わかる」という景色ばかりで
ただでさえ高かった男性視聴者率を凝縮させた続編となった。

これはもう思春期男子に特化した指南書(笑)
言うなれば、誰も知らないだろうけど、男が
往年の雑誌「ホットドッグプレス」を読むかのような
そしてその姿を、女子に「男子ってヤダヤダ」と言われるかのような
そんな世界に堕ちてしまった感がある。

別にシルフィも嫌いじゃないけど
恋愛に終始してしまった感で、尻すぼみ感が半端ない印象。
ヒロインとしてはエリスと対極で、完全にメタ視点サゲマンである。
わたしはエリスに会いたいよ!!

確かに、女の子が全ての原動力!!みたいなのって
男性のリアルなんだけどね。
でもこれを真面目に作品にすると、こんなにしょぼいんだと勉強になった形。
IQゼロのギャグに振らないと、かえって寒くなるのかもしれない。

投稿 : 2024/01/27
閲覧 : 136
サンキュー:

7

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人生という長い旅路

残念なところとめっちゃ面白いところがあって、トータルでこれくらい

先に残念なことを言うと、生々しすぎる下ネタがストーリーと密接な関係があることですね
恋愛アニメだと最高に感動的な場面で愛よりも性が強調されてしまっていて、せっかくのムードが台無しで好き嫌いが分かれる部分です{netabare}
EDについてはよくわからないけど、サラの反応は疑問でした。
パートナーの女性は自分に魅力がないせい?とか悩んだりするでしょうけど、愛があるなら一度うまくいかなかったくらいで見捨てたりしないでしょう、何度頑張ってもうまくいかないなら愛想尽かされても仕方ないと思うけど・・・
パートナーの欠点や悩みを知ったうえで受け入れて、協力して一緒に直そうとするのがホントの愛だと私は思います。
そう考えると一度うまくいかなかったくらいで「最悪」とまで吐き捨てたサラとEDを知っても受け入れてなんとかしようと考えたシルフィの「愛の深さ」の差が対比されていたと思うのでストーリーはしっかりしていると思うんですが、やっぱりちょっとお下品すぎるネタですね・・・

それから、ルーデウスが前世のトラウマやエリスやEDのことで自信なくしているのはわかるけど、2期1クールは全体的に卑屈ではっきりしないから少しイラっとする
{/netabare}

よかったところはキャラクターと世界観と音楽そして作画
物悲しげな歌詞の主題歌が多いですが、どれも作品のストーリーやキャラクターの心情をよく理解して作られた素晴らしい主題歌でした!

一期のメインキャラのほとんどが2期前半クールでほぼ出番なくてガラッとキャラクターが変わったのに、一期にしか出ないキャラにも2期にしか出ないキャラにもちゃんと愛着がわいてくるんですね、キャラクターの魅力が凄い
なんていうか、ルーデウスの人生の旅を一緒に体験しているような感じ
彼が人生の旅路の途中で出会う人達、中には短い期間だけ濃い付き合いでも別れた後は二度と会うことがないキャラもいるかもしれません、でも二度と会うことがなくても彼らと一緒に旅したこと、笑いあったことはルーデウスの人生にとって大きな意味があったんだと思う
人生ってたぶんそういうものですよね

そんな感じでルーデウスが行く先々で魅力的なキャラクター達と一時的に人生をともにする感じが人生の縮図みたいで、メインキャラが固定されがちな他の作品にはなかなかない魅力だと思う

前世のこと、異世界転生や転移など物語の根幹をなす秘密、それから{netabare} 日本出身のナナホシが無事に帰れるか、それともこの世界を好きになるかっていうサブストーリーや動きが大きそうな王位継承争い {/netabare}も気になるし、4月からの2クール目がとても楽しみです

投稿 : 2024/01/14
閲覧 : 255
サンキュー:

25

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず簡単な感想

 原作は未読。
 主人公であるルーデウス・グレイラット(以後ルディと表記)のラノア魔法大学での暮らしが
メインで、ルディの状況としてはエリス・ボレアス・グレイラットに去られた後に生じた傷心と
EDを克服する話といったところで、その解決に繋がるのが幼馴染のシルフィエット
(以後シルフィと表記)との再会と、ルディとシルフィの恋愛成就。

 いわゆる魔法学校展開は異世界ファンタジー系の定番の一つといった感があるが、さすがに
ED治療が入学の主目的という作品は珍しい。
 本シリーズは他の同系統作品に較べて、性的色合いが強い印象がある。
 元々コメディ要素のある作品だけに下ネタとして取り入れている部分もあるのだろうが、
性的要素の導入は作品のリアリティに寄与しているように思える。
 実際、ED治療などは現実社会では結構切実な問題ではあるし。
 個人的にはこういったリアリティ導入は結構好きなのだが、生々しい性的要素にある種の
気持ち悪さを感じる人もいるだろうな、とは思う。

 前作は旅主体ということで一期一会的なゲストキャラが多かった印象だが、本作は
ラノア魔法大学に留まっていることが多かったこともあって、固定化したレギュラーキャラが
多かった印象。
 これらのキャラは大学を出てからもルディに関わってきそうなキャラが多そうで、先々が
楽しみではある。

 前作に較べると冒険譚などは減っており、アクション要素的部分においては物足りなさを
感じる。
 逆に比重が増しているのが恋愛要素で、本作のクライマックスもルディとシルフィの
結ばれるまでの恋愛もののそれ。
 本作のメインヒロインであるシルフィだが、前作のヒロインであるエリスの押しの強い
グイグイ来る性格とは正反対な性格であり、エリスが動なら、シルフィは静といった印象で、
それがまま作品自体の雰囲気にも影響を与えている感じ。
 表面上はおとなしめなシルフィだが、内に秘めたルディへの思いなどは結構激しいもので、
それが一種のギャップにも見えて、キャラの魅力に繋がっている印象。

投稿 : 2024/01/14
閲覧 : 88
サンキュー:

5

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

よき作品<70>

前半に多少作画が落ちたところが散見されたものの、ポンポン新キャラが投入される学園編を見事に演出しきったといったところ。
デティールに神が宿るという作品だけど、それを書くのが手間かかるなぁと放置したら時が経ちすぎてディティールは消え失せてしまいましたとさ。

まだ0話だ落ち着け<75>
0話視聴。
アニメで初回前日譚とかやると大抵ただの肩透かしで「さっさと1話始めとけよ!」となるもんですが、単話で普通に楽しめるデキでした。
コミカライズを読んでた時は、シルフィが正体隠してルーデウスと接触してなんか事情があるんですーと茶番じみたことやってる期間がかったるかったので、そこの裏事情をさっさと先に明かしてしまったのは構成上のナイスプレーだな、と。
結構線が太くてベタッと昔のアニメっぽい作画でぼかしたりグラデったりしないで明暗表現くらいの撮影効果が、プリミティブなアニメ絵という感じでまとまってて良いですねぇ。というのが、久しぶりに見た絵作りの印象。

学園編はあまり良い印象抱いてないけどアニメで面白く観せてくそうな期待がございます。

投稿 : 2024/01/03
閲覧 : 202
サンキュー:

8

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

やっぱ苦手だなぁ...。

{netabare}
1期はそれなりに楽しめたパートもあったアニメですが、2期は苦手よりでした。とにかく下品すぎる。
これはもうこの作品の特徴だから、好みかどうかの問題ではあるんだろうけど...。

1期後半はファンタジー・戦闘アニメとしての面白さが強かったから楽しめてたけど、2期はほぼ全編にわたって勃起不全や性行為どうこうの話だったので正直きつかった。
2期のストーリーの芯と言えば、シルフィとの再会なんだろうけど、シルフィと出会って真っ先の内容が、性行為とED解消なのが感動を薄める要因になってた気がする。
1期のラストでエリスともやってることもあって、愛情よりも性欲が勝っているような感じがした。
2クール目もこの調子ならきつい。
唯一ナナホシとの話に関しては本筋にも大きくかかわってきそうな内容で面白かったかな。ストーリーの行く末は気になる。

作画は1期には劣るものの、相変わらず高水準ではあると思う。
そして2期は何よりOPが最高だった。
悲しげな曲調と本編にマッチした歌詞、そして映像。
何処を取っても完璧だった。個人的に2023年のベストOP。

私的評価:53点
私的ベスト回:1話
{/netabare}

投稿 : 2024/01/02
閲覧 : 133
サンキュー:

9

§レイン・スターク§ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

★★★★

2023.12.23 ★★★★(4.0) 1度目観賞評価

投稿 : 2023/12/24
閲覧 : 30
サンキュー:

0

ネタバレ

yuki さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

タイトルなし

 一期の時点で、ルーデウスの行動やセリフ、人神の指示によるストーリ-展開に強いストレスを感じたが、それでも、作画、キャラクター、音楽、声優が大変良かったのと、曲がりなりにも物語は冒険ファンタジーの体を成していたので、なんとか見ていられるものになっていた。

 ところがⅡになると、その良さの全てが一段も二段も落ちてしまった。後に残ったのは、一所にとどまって生活を送るばかりで、変化も面白みも感じられない退屈な物語と、ルーデウスに対してのストレス。せめてシルフィの可愛さが救いになってくれればと視聴を続けたが、私には、これらのストレスを覆すほどの魅力を感じとることができなかった。異世界へ転生した主人公の本気がEDを治すことなのだとしたら、これ以上この作品を見ることはできない。

投稿 : 2023/12/16
閲覧 : 41
サンキュー:

1

ネタバレ

ハニワピンコ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

前世のやり直しから、今世を生きていく為に

車に轢かれてルーデウス・グレイラットとして異世界へ転生し、トラウマ 後悔を持ち死んでいった前世から生まれ変わった今世では本気を出して生きて行く、そんな成長と変化、そして失敗を重厚なファンタジー世界と共に見せてくれた一期から、続きとして素直に見れて楽しい作品として楽しみにしていました

相変わらずちゃんと見せてくれる展開の仕方は、変に気負わないし首を傾げることもなく素直に見れてそれでいて興味を引かれる展開が目白押しで面白い

「自分がこの世で一番不幸だって顔している」これこそ確かにルーデウスを指すべき表現で、確かに深いダメージを負っているけれど、それを他人を攻撃する為でも自身の境遇を体現させる訳でもない、ただ自分への嫌悪そしてそれを閉じ込めて何もしないという目を背けている生き方
それが2期最初のルーデウスだった。しかしそれでも人を助け 助けられ、また失敗して新しい出会いをしていく中で見つけていく生き方、それこそ本当に今世を生きていく事に繋がっていく重要な描写で、ここの成長でまた一歩も二歩も進んだキャラクターとなった


絵の質感がザラッとしてるのは演出?
というか引きの絵のキャラの線がボヤけてる。無理に縮小拡大して合わせてるのかってくらい複数人描いた引きの絵は殆どボヤけてる
作画の感じを今更変えてやってる訳ないだろうから多分撮影でそういう演出にしてるのか、それともただのミスか。でもミスだとしたらほぼ全編に渡ってそれが起こってる以上、いくらアニメ業界でも『無職転生』レベルの作品でそんな事やるか?とは思う。撮影監督は同じだし、キャラデザは変わったけれどキービジュでは変わった印象(特に人物の線)はなかったからいざ放送されてみたら驚いた
学園編では戻った質感で綺麗になっていたからやっぱり演出?
折角だしこのままアニメーションについて語っていく。学園編になってキャラの日常的な側面を見せてくれる様になり、それを表現する細かいところに至るまでのキャラの動作や表情はとても拘って作られていて楽しめた。特にフィッツの耳やサングラス越しの目、ジュリエットの子供らしい動作、その他他生徒も良く映されていてそこの細かい描写もたくさん描かれていたし、演出面でも他転生者との会話の言語の切り替えや、ベタだけど意外とアニメで見ないディープな官能的な見せ方まで、さすがの作りで特に楽しめた

シルフィは確かに幼馴染でやっとの再会というヒロイン要素はあるし、ルーデウスも学園パートでフィッツ先輩自体に惚れたという両思いではあるけれど、ルーデウス目線でのエリスの件と視聴者目線でのエリスの件での乖離がある中で抜け駆けしてゴールしちゃうその役割をシルフィにさせてしまったのは勿体無いとは思う。好きなキャラだったからこそ“ちゃんと”してほしかった。それを1クールの締めにしてしまってこのクールのエンディングにして見せたのは釈然とはしない

全体としては前半クールながら1クールかけての、前半はルーデウスの立ち直りからその後、そして学園パートでのシルフィとの再会を描いており、正体を隠して別件や色々学園で起こる出来事でフィッツ先輩として関わっていき、他にもルーデウスパートで学園で新たに知り合った人との関わりも見せる展開の仕方が良く、1クールずっと気付く気付かないのすれ違い漫才だけだったら多分飽きてた。これは流石の硬派なしっかり作られた作品のストーリーでこれからも安心して見続けられる

投稿 : 2023/12/12
閲覧 : 63
サンキュー:

7

ネタバレ

まあ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

今回は結局...

不能の回だったのね.
本筋の話はあまり進展していないように思いますが,次のクールとセットを前提にしているようなので,まあこんなもんかという感じでしょうか.
次回改めて話がどう動きだすのか,期待したいと思います.

ところで,赤髪の娘のことはどうなちゃうの?

投稿 : 2023/12/02
閲覧 : 69
サンキュー:

4

つきひちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シャープな異世界ファンタジー

2期13話

一応転生系の異世界ファンタジーですが、転生要素はそこまで強くないです。
転生アニメは余計な要素とか蛇足的なストーリーが結構着いてしまったりして間延びしたりしてしまうのですが、この作品は真っ直ぐに異世界ファンタジーだなぁと思います。

淡々と良質な異世界ファンタジーが見られるのは、とにかくストーリーが良いのかなと。
純粋に冒険物語を楽しみたい人にオススメかなぁと。

投稿 : 2023/11/28
閲覧 : 55
サンキュー:

5

まだ初心者 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

下ネタメイン

内容全く覚えてなくて、「何で主人公一人で旅してるんだよ」と思って前のやつの最後見直しました。それでもよくわからなかったのですが面倒なのでそのまま続き見ました。
面白くないわけではないのですが、下ネタメインでストーリーの進展がほとんどなかったので微妙でした。個人的には6話ぐらいでまとめられたような内容だと思いました。
2クール目もあるみたいなので期待します。

投稿 : 2023/11/18
閲覧 : 102
サンキュー:

5

sgmKx61972 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.5 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

作画だけは良し。

エロにも色々あるがこのアニメは1期から気持ち悪い系のエロをしつこく推してくる印象。言わばクレヨンしんちゃんのエロをリアルにした感じ。
ただこのアニメは作画だけは凄い。
ここだけは非常に素晴らしい。

投稿 : 2023/11/18
閲覧 : 61
サンキュー:

3

ネタバレ

シボ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

早く本気を出しなさい!

長旅で培ったエリスとの絆。
彼女との唐突な別れで精神がボロボロになったルーデウス。

異世界で体は成長していってるのにやっぱりこの引きこもりニートさんの屈折した心の成長を観ていくのは忍耐がいります。

序盤自暴自棄ともとれるルーデウスを何かと気遣ってくれた
カウンターアロウのサラとの一件。
自分を信頼して心を開いてくれた女性を前に
あまりに稚拙な反応が残念だし、押し倒して女の子の足を滑らす
手の動きとか(実際はそうなんでしょうけど)描き方が生々しくて
いやらしい感じなんだよな~。
エッチなシーンは別にあっても良いんですけど、なんだろ・・
少年の姿とマッチしてないというか・・
あえて不快感を強調するような演出にしなくても良いのにって毎度
思っちゃうんですよね~。

自分も全く聖人君子というわけではないですけどエッチなシーンは
もう少し明るく?爽やかに描いて欲しいものです。

そんなゲスの極みの彼にはEDになってしまうという罰が待ってます。

少々愚痴っぽくなっちゃいましたけど、
中盤以降
ラノア魔法大学でフィッツ(シルフィ)の登場からは俄然、先を
観るのが楽しみになってた自分がいました。

もうシルフィが素敵過ぎて・・・・

ずっとずっと大好きだったからこそ、自分のことを忘れてたらって
思い悩んでしまう姿がいじらしくて応援したくなるんです。

やっと正体を明かすことになる
洞窟でのシーンは素敵だったな~。

初めてルディの前でサングラスを外した時の穏やかな笑み。
本当の名前を呼ばれた時の溢れでる涙。
良かったね~シルフィ!!
「もう離れないでください。ずっと一緒にいたいです・・」

こんなにも感動出来るラブシーンが待ってるなんて!!
そうなんですよ! 変に生々しいんじゃなくて
こういうので良いんだよって思ってた11話のエンディング。

最終話冒頭で、テント折れていつものに戻っちゃいましたけどね。

アリエルやルークの夜の応援は度が過ぎてて笑っちゃいましたけど
不能が治るのをクライマックスに持ってくるやっぱりな展開。
「じゃあ・どうぞお召し上がりくださいっ!」
これは家族の前では恥ずかしすぎて観れません><!

それにしても1期のエリスにしてもシルフィにしてもヒロインキャラが
最高過ぎるこの作品。
それに対して
ヒロインの可愛さにいちいち心奪われてしまっててあまり
人のことを言えたもんではないですけど、お前よりは・・・って
言いたくなるくらいのどうしようもない主人公ww。

最後の最後でプロポーズを決めたルーデウスって
女性目線では許される存在なのでしょうか?

婚姻後にも処分しないだろうご神体の行方と共に気になります。

シルフィが想いを遂げたこの先もルーデウスの物語は続いて
いくようです。
シルフィを泣かせたら許さん!! 
って思いつつ続きのクールも期待して観たいです。

投稿 : 2023/11/17
閲覧 : 126
サンキュー:

30

ネタバレ

くまごろう さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

前期からかなり本気で見ないといけない作品。でも面白い!

視聴完了
2期分割1クール目
前期分割2クール視聴済み
全12話+1話(シルフィーの本編への繋ぎ話)

ジャンル
異世界転生

タイトル由来
そのまま。
無職が転生。

設定
現代日本から転生
魔物も存在する剣と魔法のファンタジー。

ストーリー展開
1期とかなり繋がりが強いので、1期から簡単に。
1期
人助けにより死に、異世界に転生することとなった主人公は、冒険者の夫婦の息子として生を受ける。
赤ちゃんの頃から転生前の自我に目覚めているため、効率的に訓練を繰り返し(子供の頃の方が成長するらしい)、魔法についてはロキシーという師匠に教えてもらいながら、前世のトラウマも克服し順風満帆な異世界生活を送っていた。

数年後、将来を見据え幼馴染のシルフィーと魔法学校に通うため、あるお嬢様エリスの家庭教師となる主人公ルーデウス。
誘拐事件や様々な困難を乗り越えながらエリスとの仲も深め、順風満帆な10歳の誕生日を迎えた、、、
後、超広域転移魔法により国?ごと全て吹き飛ばされ、ルーデウスは遥か彼方の魔大陸に。

この辺りからかなり暗く、魔大陸編、冒険してみんなで再開してハッピーエンド!とはならない。
主人公はルイジェルドという魔大陸の戦士と出会い一命は取り留めるがかなり苦労の連続となり、ルーデウスの家族はバラバラ、父親も絶望に苦しんでいる。
さらにエリスの両親は領主だったこともあり、処刑されてしまっていた。さらによく分からない龍神という存在にルーデウスが人神との絡みで一度殺されたりもする。

そんなこともありながらどうにか立ち直り、特にエリスがそれを糧に成長し、生徒として始まった守られる存在から、隣に並ぶ存在になりたいと決意。
15歳の誕生日、ルーデウスとの約束を果たした後、エリスは旅立つこととなる。
一方ルーデウスはそんな気持ちには気付いておらず、行為の後一方的に捨てられたと勘違いしそのままどん底の状態で終了する。

2期
ということでどん底の状態から始まった2期
家族を探すという義務感だけで雪国を目指して移動する中、とあるパーティに出会い、そのパーティーのお母さん的存在により次第にパーティーに参加することとなり次第にエリスとの傷も癒やされていく。さらにそのパーティーにエリスに似た女の子がいて、それによりエリスを振り切り、とある事件がきっかけでより親密になり夜のシーンとなる、が、エリスのことがきっかけでルーデウスは不能となっていた。それによりエリスに嫌われ、ルーデウス自身がその関係にトドメを刺し、その子の話しは終わり。その代わり本音で話したことにより友を得て、その友と一緒に行動することとなる。
その出会いはとても良いもので、そのおかげでパウロの元メンバーで家族を探していたドラゴンロードさんと出会えたり、泥沼という肩書きで有名になり魔法学校からの特別推薦が来たりした。
家族探しを優先したいルーデウスははじめ推薦を受ける気はなかったが、人神の助言により受けることとし、
そこには某王国の王女様と、その御付きとして成長したシルフィーがいた(仮面をつけており、ルーデウスはシルフィーだと気が付かない)
龍神や転移事件の真相なども分かりながら、シルフィーかがんばり、最後は不能も治りハッピーエンド。
2人は結婚することとなった。

感想
総評100点
良かった点
ストーリー展開、絵、キャラ、エンディング
悪かった点
なし
レビュー
満点だけど何回も見たい作品ではない。
かなり見るのに力を使う作品。それだけ本気で作られているということかもだが。
ストーリー展開にも書いたが、今期はどん底の状態から始まり、上がっては下りを繰り返すためかなり心にくる。

ストーリー自体は良くまとまっており、エリスが出てきた段階で負けヒロイン(パウロが妻が2人いる状態なので、シルフィーが捨てられるということはないが、第二婦人かなと思っていた)状態だったシルフィーの大逆転というとても感動の展開だった。

絵は前期に引き続き綺麗。
アクションシーンも派手。
キャラも前期に引き続き良いキャラが多く、特に序盤の相棒がいい感じ。あいついなかったらルーデウス終わったね。あとは学園編の魔王とかも深く関わってこないけどいいキャラ。
エンディング曲は今期エンディングでナンバーワン。

投稿 : 2023/11/17
閲覧 : 47
サンキュー:

8

にゃんちゃこ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちょっと期待外れかな

正直一期を観て、このアニメおもしろい
と思ったから、二期にも期待してたけど
それほどでも無かったですね。
この流れだと続編もありそうですね。

投稿 : 2023/11/11
閲覧 : 74
サンキュー:

3

バニラコーク さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ワクワクするんですよ。

最近なかなか無かったんです。
はやく次が観たい、ワクワクする感じ。
やっぱ面白い!
勃起不全でやりきるとはね。
そろそろロキシー成分が欲しい。
このところロキシーやレムが足りない、、、
一刻も早く補充したいのですが。
レムはまだまだっぽいのでせめてロキシーを。
あっ、エリスもね。

投稿 : 2023/11/07
閲覧 : 64
サンキュー:

7

次の30件を表示

無職転生 Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
無職転生 Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

無職転生 Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~のストーリー・あらすじ

2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載が開始されて以来絶大な人気を誇る“なろう系ラノベのパイオニア”『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』。理不尽な孫の手の著による本作は、多くの作品が生み出されている「異世界転生系ラノベ」「なろう系小説」のまさに先駆者的作品であり、幅広いファンを獲得している当ジャンルの代表作。働きもせず他人と関わりもせず、ただ部屋に引きこもってゲームやネットに明け暮れるだけの34歳のニート男が、ある日交通事故に遭い死亡…したと思った次の瞬間、剣と魔法の異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生!少年ルーデウスとして生まれ変わった男が、前世の記憶と後悔を糧に、出会いや試練に直面しながら「今度こそ本気で生きていく」姿と壮大な冒険が描かれる大河ファンタジー。
(TVアニメ動画『無職転生 Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2023年夏アニメ

声優・キャラクター

ルーデウス・グレイラット:内山夕実
前世の男:杉田智和
フィッツ:茅野愛衣

スタッフ

原作:理不尽な孫の手(MFブックス/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:シロタカ
原作企画:フロンティアワークス
監督:平野宏樹
シリーズ構成:大野敏哉
キャラクターデザイン:嶋田真恵
美術監督:三宅昌和
色彩設計:土居真紀子
撮影監督:頓所信二
編集:三嶋章紀
音響監督:明田川仁
音響効果:上野励
音楽:藤澤慶昌
プロデュース:EGG FIRM
制作:スタジオバインド

この頃(2023年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ