「Aチャンネル(TVアニメ動画)」

総合得点
77.8
感想・評価
1551
棚に入れた
8068
ランキング
580
★★★★☆ 3.6 (1551)
物語
3.4
作画
3.6
声優
3.6
音楽
3.5
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

kakelu さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女子高生が学園ライフを楽しむお話 (恋愛要素なし)

1話の感想 ★★★★ 4.0
入学
{netabare}
トオルが主人公なのかな?
なんか思ってた感じと違った!
けど、面白い!!
挿入歌が最終回っぽかった。{/netabare}

2話の感想 ★★★★ 4.0
雨の日
{netabare}
まだ、トオルはるん以外とはそこまで打ち解けてない感じだな。
でも、それも時間の問題か?
関西弁の子の声優さん、新人さんなのかな?
少し違和感を感じた。
この後、どれだけうまくなるかも期待だな。{/netabare}

3話の感想 ★★★★ 4.0
同級生
{netabare}
トオル、クラスで浮いてるわけではなさそう。
でも、友達?が出来て良かったね。
私ならちょっと…って感じだけど。
挿入歌は毎回あるのかな?{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
ダイエット
{netabare}
ユー子と友達なった。
ユタカとは違って普通そう。
トオルよかったね!
ダイエットは体にも精神にも危ないよね〜
別にそんなに太ってないと思うんだけどね。
{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0

{netabare}
夏休みと言えば海だよね!
ユタカは胸が大きいみたいだけど、全く惹かれない……
何故だろうか……
そして、舞台は私の大好きな江ノ島!
前に言った記憶が蘇ったよ。
べっこう飴ジュースって本当にあるんかな?
美味しくなさそうやけど、飲んでみたいかも。{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
夜の学校へ
{netabare}
門を勝手に侵入し、窓から校舎へ入る…
割と大胆だな。
私は1度だけ夜に忘れ物を取りに行ったことあるけど、確かに怖かった。
保健室の先生は何故ろうそくなのか。
好きにしても、ろうそくで校内の見回りとは悪趣味だな。{/netabare}

7話の感想 ★★★★ 4.0
夏祭り
{netabare}
カラオケ!!
中高生のときは、すごく恥ずかしかったのを思い出すわ〜
今となっては余裕だが昔は、同性の前でも恥ずかしかった。
みんな優しくて良かったな、トオル!
ただ、カラオケで実際にマラカスやタンバリンを叩かれると死ぬ程うるさいw{/netabare}

8話の感想 ★★★★☆
ケンカ
{netabare}
なんて優しいケンカなんだ!
二人とも相手のことを思うばかりにすれ違ってしまう…
友情だね〜
そんな2人を周りも心配してくれる。
愛されてるふたりに感動した。{/netabare}

9話の感想 ★★★★ 4.0
ハロウィン
{netabare}
トオルってちっちゃくて可愛いから、おばあちゃん達に可愛がられてるんだな。
しかも、面倒見もいいし、親切だしな。
みんなの孫だな。
るんちゃんの奇行は、本当にされたら唖然としてしまいそう。{/netabare}

10話の感想 ★★★★ 4.0
猫を拾う
{netabare}
チビ猫だ〜〜
かわええな〜
今の時代だと野良猫を拾うってことはあんまりしなくなった気がする。
トオルは優しいな〜{/netabare}

11話の感想 ★★★★☆ 4.5
誕生日
{netabare}
るんちゃんの受験のときはあんな感じだったんだな〜
神戸牛食べ放題で進路を変えるとは、親からしたら凄くやりやすいだろうな。
るんちゃんもええ子や〜
トオルはるんちゃんたちが受験をすれば、また離れ離れになってしまうことを嘆いているんだろう。
でも、それを安易な言葉で表現せず、映像で見せたのは凄くよかった。{/netabare}

12(最終)話の感想 ★★★★☆ 4.5
新学期
{netabare}
トオルの寂しさを埋められるのはるんちゃんしかいないよね!
でも、るんちゃんはあそこでなにをしてたんだ??
謎過ぎる……
最後まで特に大きな出来事は無かったけど、その変わらないことがいいよね〜{/netabare}

投稿 : 2019/02/03
閲覧 : 307
サンキュー:

8

Aチャンネルのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Aチャンネルのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

kakeluが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ