「バビロン(TVアニメ動画)」

総合得点
66.5
感想・評価
62
棚に入れた
423
ランキング
1713
★★★★☆ 3.4 (62)
物語
3.5
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.4
ネタバレ

タック二階堂

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

巨悪に挑む東京地検特捜部の敏腕検事。

詳細は公式でも。

東京地検特捜部検事の正崎善は、製薬会社の
不正事件を追っている際、不審な書面を発見する。
髪の毛や皮膚がまじった異様な血痕と、
紙一面を埋め尽くす『F』の文字。
だが捜査線上に浮かんだ大学の准教授は、
全身麻酔の機械で自殺をしていた。

そして、東京都西部に『新域』という独立自治体が
誕生するのに伴い、その域長選挙が行われているが
その有力候補の議員の秘書と、正体不明な女が、
准教授の元を訪れている防犯カメラの映像が出て。

政治家を追ううちに、正崎のバディである後輩の
文緒が、不審な死を遂げて…

というお話です。

アマプラ独占で3話まで先行配信されてます。
かなり真面目な犯罪ドラマアニメという印象です。
ちなみに原作者の野崎まどは、「正解するカド」
「HELLO WORLD」の脚本を担当しています。

先が気になる引き方も上手で、謎解き要素もあり、
なかなか面白そうな展開。特に各話のラストに
衝撃的なものを持ってくるあたり。
同じツインエンジン作品では「刻刻」に似たような
トーンの作品かなという印象です。

これはかなり期待できそう。
もちろん継続視聴します。

=====第5話視聴後、追記です。

「正解するカド」は、ひとことで言えば
“竜頭蛇尾”といった感じの作品でした。
序盤の奥行き感が安っぽい精神世界の話に変化し、
最後はまとめきれなくて乱暴に終わらせた印象。

これは、そうならないように願っているのですが、
黒幕が「サキュバスみたいな女」で、話すだけで
性的に虜にして相手に自殺願望を抱かせるという
話だと、やっぱりスケールダウン感がね…

映像作品としての造りは圧巻で、次への引きも
非常に巧みなだけに、矮小化したストーリーに
なるのだけは勘弁してほしいと期待を込めて。

=====第6話視聴後、追記です。
{netabare}
今回は曲世愛を追っていた刑事が、トラックに
はねられて死んだ前回のラストをさらっと流し、
しかも域議選挙3日前の公開討論に向け、齋開化を
逮捕できないということで、捜査班を解散すると。
で、解散していち検察官に戻ったよということで、
正崎は齋を拉致すると告白。捜査班は作戦に参加
しますよーという。

で、公開討論。各政党の代表が、自殺法に反対
する意見を述べ、それに齋が反論するという
やり取りに尺を使いました。
そして自明党・野丸は、ネット動画で父親の自殺
を止めてほしいと訴えた仮面の少年を域議選に
擁立。バックアップすると公表。しかし、その少年
は実は齋の息子でした。
{/netabare}
というお話。

やー、こういうお偉いたちが議論する感じ、まさに
「正解するカド」感が出てきましたねw
これ、1クール12話ですよね。
この話でまるまる1話使う余裕があるのでしょうか。

こうなると、小さくまとまるか、逆に精神世界的な
煙に巻く終わらせ方になるのではという不安が…
まだ面白いです。まだ面白いので、頑張っていただき
たいですね。

====第7話視聴後、追記です。
{netabare}
公開討論会後に齋開化を拉致しようとして、逆に
曲世愛によって瀬黒が拉致され、斧で殺される
ところをライブストリーミングで正崎が見せられる
というお話。
曲世は、悪人と善人は一点だけしか違いはない、
などという倫理観を揺さぶるトークを展開します。
{/netabare}
なんて言うかなあ…

それをやってしまうと、いかにも浅い…

百歩譲って曲世が囁きによって人を惑わせるという
超常現象で、それが集団自殺を引き起こしたという
呪術的みたいなものであれば、まあなんとか納得も
できるのですが、そこまでやると少し…

これ、最終的に曲世の呪術が正崎に通じないのが、
「残念だったな。俺は勃たない」というレベルの
オチだったら逆に笑いますけどねw

投稿 : 2019/11/19
閲覧 : 96
サンキュー:

5

バビロンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
バビロンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

タック二階堂が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ