「バビロン(TVアニメ動画)」

総合得点
66.5
感想・評価
62
棚に入れた
423
ランキング
1713
★★★★☆ 3.4 (62)
物語
3.5
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

(*´ω`*)

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ラーメン屋で蕎麦が出てきそう

「正解するカド」の野崎まど原作です。

■7話まで視聴して

あまりにも衝撃的な展開で驚きました。
これを地上波で流したMXには驚きます。

お弁当を作るだけのシーンで、こんなにも衝撃を受けるとは思っていませんでした・・
声優さんの熱演の賜物ですね。



ちょっと嫌な予感がします
これまで、理詰めで丁寧に描かれていたものが、
一気に雑になったような感じがしました。


美味いラーメン店があると聞いて行ってみたら、蕎麦を出されそうな・・
「正解するカド」と似た匂いが漂い始めた気がします。

投稿 : 2019/11/21
閲覧 : 30
サンキュー:

7

ネタバレ

アニメ好き

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

ご都合展開だけど新しい。面白い。とおもったけど高校生以下に見せたくない邪悪なアニメ 7話は見ないほうがいい気持ち悪い

アニコレで結構評価している人が多くてノーマークだったんですが6話まで見ました!
舞台の設定から物語の展開まで作者の思い通りに進んでいるようなご都合主義感が否めませんが
テーマが新しいです
絵コンテとか演出の能力が非常に高いです
{netabare} 自殺という強烈な印象を与える言葉やシーンを大量に使って、さらに現状の日本の法律の穴や 道徳観などをうまく組み込んでいます。薄々みんなが考えているような自殺の是非を突きつけられてかなり精神面を揺さぶられます
デスノートを新連載でジャンプで見た時のような気持ちになりました。
正直これを日本の電波で垂れ流すのは死ぬ人が増えそうで危険な気がします。というかプラスになることはけして無いと思います。 考えのまとまらない中学生などには特に見せたくないですね{/netabare}

夜のドラマで実写化してやれというような内容です。アニメとしては丁寧に作ってあると思うし演出もとても目を引くシーンが多くて評価が高いのも納得です。オープニングが短いのも新しくて良い
ただあまり見ていて気分の良いものではないですし、テーマもタブーなところなので、個人的にはあまり広まって欲しくない作品です

7話は観覧注意です。これを誰でも見れる地上波で流してるなら今すぐやめたほうがいい
無意味に虐待するショックなシーンを流して注目を集めてるだけのアニメなのかもしれません
ここから気持ちのいいエンディングに向かうなんてありえないので
ただの胸糞アニメです。王様ゲームとか漫画でよくあるクラスメイトが超人的な力に抗えずに一人ずつ残虐に死んでいくみたいな、ああいうただグロが書きたいだけの漫画や作品が好きな人には合うかも?

点数は下げて
72点

投稿 : 2019/11/20
閲覧 : 87
サンキュー:

5

ネタバレ

ミュラー

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

スティーブン・キングに通じる嫌さ

衝撃の7話を見てしまいました。
アニメを見て、見たくないとまで思えるシーンなんて、私としてはレア。
人の処刑場面と平和な愛妻弁当を作るシーンをリンクさせないでっ、と思ってしまった。
悪を目立たせるためと、将来の不安をあおる演出と思いますが、この精神的嫌さ加減、スティーブン・キングの作品に似ているなあと感じてしまいました。
あまりやり過ぎると“最悪”になってしまいますが、今のところ作品の評価は上々です。
それにしてもマガセという女は怖いですね。人間が太刀打ちできるのでしょうか。現実にいないのは分かっていますが、もし町で見かけたら?
すっ飛んで逃げますね。

7話から先、しばらく間が空くみたいです。
続きが見られたら、また更新します。

投稿 : 2019/11/20
閲覧 : 71
サンキュー:

6

ネタバレ

にゃん^^

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

野﨑まどさんのサスペンス小説が原作

公式のINTRODUCTION
{netabare}
「生きることは善いこと」その常識が覆される時代が訪れたら、あなたはどうする。読む劇薬・野崎まどが綴る衝撃作が、ついに禁断の映像化!

その啓示は、静かにそっと訪れる―
東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに、一枚の奇妙な書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚のまじった異様な血痕と、紙一面を埋め尽くすアルファベットの『F』の文字。捜査線上に浮かんだ参考人のもとを訪ねる正崎だが、そこには信じがたい光景が広がっていた。 時を同じくして、東京都西部には『新域』と呼ばれる新たな独立自治体が誕生しようとしていた。正崎が事件の謎を追い求めるうちに、次第に巨大な陰謀が見え始め――?
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:野崎まど「バビロン」シリーズ(講談社タイガ刊)
監督:鈴木清崇
キャラクター原案:ざいん
キャラクターデザイン:後藤圭佑
音楽:やまだ 豊
アニメーション制作:REVOROOT
製作:ツインエンジン
{/netabare}
キャスト{netabare}
正崎善:中村悠一
九字院偲:櫻井孝宏
文緒厚彦:小野賢章
瀬黒陽麻:M・A・O
守永泰孝:堀内賢雄
半田有吉:興津和幸
野丸龍一郎:宝亀克寿
齋開化:置鮎龍太郎
{/netabare}


1話ずつの感想


第1~3話
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
第1話「疑惑」
東京地検特捜部検事の正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに一枚の奇妙な書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚のまじった異様な血痕と、紙一面を埋め尽くすアルファベットの『F』の文字。捜査線上に浮かんだ参考人の元を訪ねた正崎は、信じがたい光景を目にする。
第2話「標的」
突然の仲間の死に納得のいかない正崎は、域長選挙を控えた政治家の報復とみて捜査を進める。九字院と半田の協力もあり、正崎は新しく捜査線上に浮上した女性を参考人として事情聴取することに成功する。
第3話「革命」
自明党幹事長の野丸の口から語られる、「新域構想」の真の目的。検察庁との繋がりも露わになり戸惑う正崎だが、引き続き因幡と仲間の死の真相を追う。捜査を進めるうちに、正崎はこれまで接待に利用されていた女性達に目をつける。
{/netabare}
感想
{netabare}
スタッフの情報をコピペしてて気がついたんだけど
原作者の野崎まどさんって「正解するカド」の人だよね?

だから見てて、何だか似てるみたい、って。。
はじめはリアルっぽくって
次つぎ謎が出てきて、次が気になって。。^^


それで、「正解するカド」のほかの人のレビュー読んだとき
野崎まどさんのおはなしって、思ってるナナメ上に行くけど
ナナメ下に行くことも多い、みたいなことが書いてあったこと思い出して
今回のおはなしもそんな感じで見てたから、やっぱり。。って思った


はじめは検事の正崎さんたちが新薬のスキャンダル事件を追ってて
主役だと思ってた人が自殺して、ミステリーでおもしろくなってきて
そこから新域の選挙で政治家のミステリーになるのかな?って思ったら
フシギな女の人が出てきて、声優さんの名前が「?」になってたから
この人って、1人2役とかなのかな?って思ってたらやっぱり、そう。。

それで、政治ミステリーが
催眠洗脳がトクイな女の人・曲世愛のおはなしに変わっちゃったみたい^^

このあとは、彼女が、何のためにそんなことしてるのかな?
ってゆうミステリーになってくのかな?

でも、愛は、変装ってゆうか、顔まで変えれるみたいだから
にゃんは、宇宙人だったりしてもおかしくないのかな?って^^

「正解するカド」の作者の人だったら、そうなってもおかしくないかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第4話「追跡」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
齋の宣言から1日が経ち、世間は混乱をきたしていた。依然として姿をくらましている齋の捜索が急がれる一方、現段階では齋の行動に違法性を問えない事実にも直面していた。そんな中、正崎の元に新任事務官として瀬黒が配属される。
{/netabare}
感想
{netabare}
正崎さんの下に、えらい人の姪ってゆう設定の瀬黒 陽麻が来たけど
にゃんは、何だかあやしいな?って思う。。

正しい主人公の名前が「正崎 善」で
悪役っぽい女の人が「曲世 愛」で、曲がった世界の愛、だから
「瀬黒 陽麻」だと、暗い太陽とか、麻薬、みたいな意味かも?って

それに、曲世愛って、大事な役だと思うけど
キャストにも、キャラ紹介にも出てないから
ふだんは誰かに変身してるんじゃないかな?って思って
だとしたら、女は陽麻だけだから。。


あと、陽麻のおじさんで法務事務次官の瀬黒嘉文さんが
「法で罰する事ができない自殺は、本当にダメなことかね?」
って、正崎さんに聞いたのも
曲世の仲間だったら、おかしくないよね?


にゃんは、自殺した魂は、地獄に行くんじゃないかな?って思ってるから
こわくって死ねないけど
もし死んだら、異世界に転生して、楽しく暮らせる♪って分かったら
たぶん、自殺もこわくないんじゃないかな?って。。

だから、自殺したら地獄行き、って思うのって
にゃんみたいな暗い人だから、考えるのかも?

もっと明るく考えれる人だったら
「きっと、次は異世界チート転生だ♪」って思って、自殺できるのかも?


そう思ったのって、この前ネットの記事で
ブラック企業をやめれない人のことが書いてあって
「そうゆう会社で働いてる人は、やめた方がいい」って

でも、みんなそう思ってるけど
この会社やめたら、次はもっとひどい会社かも?
何度もやめてると、どこでもやとってくれなくなる
とかってゆう意見があって
それって、自殺がこわい、ってゆうのと似てるかも?って思ったの

もし、今の会社やめても
「次の会社は楽しく働けて、お給料もいっぱい出るかも♪」って思えたら
誰もムリに苦しい思いして、働こうなんて思わないんじゃないかな。。

自殺もそれとおんなじで
「死んだら天国か、少なくても今より良くなる!」って思える人だけが
さっさと死んじゃうのかな?って
{/netabare}
{/netabare}
第5話「告白」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
謎の女・曲世の素性を調べるため、正崎と瀬黒は京都にいる叔父の元を尋ねる。そこで語られたのは、曲世が中学生の頃に学校で起きた不可思議な事件。そして、担当医として彼女のカウンセリングをした彼自身の信じがたい実体験だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は愛の中学生のころにあった事件のおはなしで
愛は話した人を、自分のことを好きにさせる
催眠術みたいな力を持ってるみたい。。

後半は、正崎さんが自殺事件のことで、斎をつかまえようとしてたら
公開討論会をするってゆうニュースが入ってきて
その時、捜査官の1人から連絡があったと思ったら、それが愛で
電話が切れる直前に、その捜査官は、車に飛び込み自殺したみたい

ってゆうところでオシマイ。。



愛が、どんな力を持ってるか?ってゆうのが
ちょっと分かってきたおはなしだったけど
その時、被害?にあった生徒たちは死ななかったし
愛のカウンセリングをしてた、お医者さんのおじさんも死ななかった。。

だから、その能力って、誰にでも効くわけじゃないのかな?
それとも、愛が、話した人を自殺させるか、えらぶことができるのかな?


ちょっとナゾが分かってきたかな?って思ったら
もっとナゾが出てきて、おもしろいんだけど
さいごに愛が、宇宙人が人間を殺すために送られた
とかってゆう、オチにならなかったらいいけど☆
{/netabare}
{/netabare}
第6話「作戦」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
域議選挙まで残り3日を切り、齋が出演する公開討論が目前に迫っていた。正崎達は必死に捜査にあたるが、齋を逮捕できる証拠をいまだ掴むことができない。そんな中、九字院の言葉から正崎はある作戦を考える。
{/netabare}
感想
{netabare}
つかまえる証拠がないから、齋さんを拉致するって
自殺を止めるより、悪いことみたいな気がするし
それに、法律を守らない人たちをつかまえる
検察の人たちみんなが協力するってゆうのもヘン。。


それから公開討論会がはじまって
えらい人たちが、いろいろ言ってたけどよく分からなかった。。
自殺って、幸せだったら誰もしないって思う。。

みんなが「死にたい」って思う人にやさしくしたら
ほとんどの人は「死にたい」なんて思わないんじゃないかな?

でも、ほとんどの人が
自分たちが幸せにくらすこと考えるだけで精いっぱいで
人のこと考えるよゆうがなくって、イジメも自殺もなくならないんだから
「死にたい」って考える人は、死なせてあげた方がいいんじゃないかな?


それからこの前、お父さんが自殺しそう、ってゆう動画をUPした子が
域議員に立候補する、って言ったのはビックリ!

あと、子どもを使ってでも、自分の思い通りにしようってする野丸さんに
正崎さんがおどろいてたけど
法律で止めれない人を、ムリに拉致しようってする正崎さんのほうが
よっぽどビックリだと思う^^;


で、齋さんがアッサリ自分のまちがえを認めて、ちょっとビックリだったけど
その子が、齋さんの子どもだった、ってゆうのも「え~っ!?」って

子どもが出てきたとき
「お父さんとは連絡がつかなかった」って言ってたのに
その子が齋さんの子どもだって。。
誰も調べなかったのかな?


ヘンなおはなし^^
{/netabare}
{/netabare}
第7話「最悪」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
公開討論に登場した少年の正体に世間は驚愕する。隠し玉を逆手に取られた野丸に成す術はなく、正崎達は予定通り齋の拉致作戦を開始する。問題なく任務が遂行されていく中、ある異変が静かに起き始めていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
どこかで見たことあるみたい、って思ったら、伊藤潤二さんの「富江」かも?

富江は呪い?で、男の人が自分を殺すようにさせるけど
それが曲世愛は、自殺するようにさせる、ってゆうだけで
どっちもあんまり変わらないみたい。。

かんたんに人が次つぎ死んでくから、あんまりリアルっぽくなくなって
「Another」のさいごの方みたいに
ただのホラーコメディみたくなってるって思う。。


さいごに愛が、陽麻の手足を斧で切ってくところは
さっきまで「ヴィンランド・サガ」を見てたせいで
そうゆうモード(あんまり気もちを考えない)で見てたから
じょうだんみたいにしか見えなかった

でも、グロいところって、あんまり見せない方が
つい想像しちゃうから気もちが悪いかも。。


それで、曲世愛が、話しかけるだけで人を自殺させちゃう
ふつうの人間じゃないって分かったら
伊藤潤二さんのホラーのヒロイン見てるみたい。。


グロいアニメを見て
正義とか悪とか死とかってゆう、ムズカシイこと考えるんだったら
「ヴィンランド・サガ」を見てた方がいいかも?

ホラーだったら、このおはなしでもいいかも?


次は12月29日みたいだけど、これって分割2クールになるのかな?
それとも次は、年末SPで、最終回まで一気に放送するのかな?
{/netabare}
{/netabare}


投稿 : 2019/11/19
閲覧 : 207
サンキュー:

20

ネタバレ

タック二階堂

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

巨悪に挑む東京地検特捜部の敏腕検事。

詳細は公式でも。

東京地検特捜部検事の正崎善は、製薬会社の
不正事件を追っている際、不審な書面を発見する。
髪の毛や皮膚がまじった異様な血痕と、
紙一面を埋め尽くす『F』の文字。
だが捜査線上に浮かんだ大学の准教授は、
全身麻酔の機械で自殺をしていた。

そして、東京都西部に『新域』という独立自治体が
誕生するのに伴い、その域長選挙が行われているが
その有力候補の議員の秘書と、正体不明な女が、
准教授の元を訪れている防犯カメラの映像が出て。

政治家を追ううちに、正崎のバディである後輩の
文緒が、不審な死を遂げて…

というお話です。

アマプラ独占で3話まで先行配信されてます。
かなり真面目な犯罪ドラマアニメという印象です。
ちなみに原作者の野崎まどは、「正解するカド」
「HELLO WORLD」の脚本を担当しています。

先が気になる引き方も上手で、謎解き要素もあり、
なかなか面白そうな展開。特に各話のラストに
衝撃的なものを持ってくるあたり。
同じツインエンジン作品では「刻刻」に似たような
トーンの作品かなという印象です。

これはかなり期待できそう。
もちろん継続視聴します。

=====第5話視聴後、追記です。

「正解するカド」は、ひとことで言えば
“竜頭蛇尾”といった感じの作品でした。
序盤の奥行き感が安っぽい精神世界の話に変化し、
最後はまとめきれなくて乱暴に終わらせた印象。

これは、そうならないように願っているのですが、
黒幕が「サキュバスみたいな女」で、話すだけで
性的に虜にして相手に自殺願望を抱かせるという
話だと、やっぱりスケールダウン感がね…

映像作品としての造りは圧巻で、次への引きも
非常に巧みなだけに、矮小化したストーリーに
なるのだけは勘弁してほしいと期待を込めて。

=====第6話視聴後、追記です。
{netabare}
今回は曲世愛を追っていた刑事が、トラックに
はねられて死んだ前回のラストをさらっと流し、
しかも域議選挙3日前の公開討論に向け、齋開化を
逮捕できないということで、捜査班を解散すると。
で、解散していち検察官に戻ったよということで、
正崎は齋を拉致すると告白。捜査班は作戦に参加
しますよーという。

で、公開討論。各政党の代表が、自殺法に反対
する意見を述べ、それに齋が反論するという
やり取りに尺を使いました。
そして自明党・野丸は、ネット動画で父親の自殺
を止めてほしいと訴えた仮面の少年を域議選に
擁立。バックアップすると公表。しかし、その少年
は実は齋の息子でした。
{/netabare}
というお話。

やー、こういうお偉いたちが議論する感じ、まさに
「正解するカド」感が出てきましたねw
これ、1クール12話ですよね。
この話でまるまる1話使う余裕があるのでしょうか。

こうなると、小さくまとまるか、逆に精神世界的な
煙に巻く終わらせ方になるのではという不安が…
まだ面白いです。まだ面白いので、頑張っていただき
たいですね。

====第7話視聴後、追記です。
{netabare}
公開討論会後に齋開化を拉致しようとして、逆に
曲世愛によって瀬黒が拉致され、斧で殺される
ところをライブストリーミングで正崎が見せられる
というお話。
曲世は、悪人と善人は一点だけしか違いはない、
などという倫理観を揺さぶるトークを展開します。
{/netabare}
なんて言うかなあ…

それをやってしまうと、いかにも浅い…

百歩譲って曲世が囁きによって人を惑わせるという
超常現象で、それが集団自殺を引き起こしたという
呪術的みたいなものであれば、まあなんとか納得も
できるのですが、そこまでやると少し…

これ、最終的に曲世の呪術が正崎に通じないのが、
「残念だったな。俺は勃たない」というレベルの
オチだったら逆に笑いますけどねw

投稿 : 2019/11/19
閲覧 : 97
サンキュー:

5

ネタバレ

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

新しいアニメの試み

9月に公開されたSFアニメ映画「hollow world」の原作者野崎まどさんの同名小説のアニメ化らしいです。

今回はカテゴリー的には近未来SFなんでしょうか。。やはり退廃的なイメージに加えて結構なサスペンスを入れているので、最近のアニメには珍しい骨太な空気が漂っています。やはり漫画なり小説なりをアニメ化するとシリーズ構成がし易いのでしょう。非常に入り込みやすく、今後の展開が気になります。

ただ一つだけ懸念していることは、浦沢直樹の「モンスター」や「羊たちの沈黙」のような作品になるのは結構ですが、こういったサスペンスは尻すぼみになる傾向が強いので、どれだけそれが回避できるのかが作品の肝になると思います。

投稿 : 2019/11/13
閲覧 : 135
サンキュー:

9

ネタバレ

でらんで

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

興味深いタイトル

3話まで鑑賞の印象

原作未読からの本作導入部の感想は、複雑な複線の断片のみを視聴者に明かしていく、良くあるミステリーもののストーリーライン・・・

只唯一異なるのは、ある出演者の声優の非公開な事、これの処置の意図する・・そこに思いを寄せ視点を当てると、タイトルの意味に近づけるける気がします。。

本作の核心はそこに尽きる、それを知ると2話の取調べの見方が、そして製作側の意図がより鮮明になり、見る者に本作の深みを与えてくるはずです・・

時に非公開女性に起用された声優さんには脱帽・・ですかね・・

投稿 : 2019/10/25
閲覧 : 61
サンキュー:

3

ネタバレ

418086

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ば~びろ~ん

第二話、娼婦への尋問シーンが凄まじい。魔性を駆使して男の竿まで手玉に取るような娼婦がパントマイマーさながらの手つきで、空中に「存在しない陰茎」を描き出してしまったのだ。会話の文脈と娼婦のいやらしい手の動きの連動を目の当たりにした視聴者は、あたかも「ギンギンに勃起したジジイの巨大な陰茎(イチモツ)が目の前でもてあそばれているかのような錯覚」に陥ってしまうだろう…。驚異的な作画力…。並みの表現力ではない…。確かなデッサン力に支えられた、真に優れた官能表現だ…。…もし私が同業者であったなら、この卓越した表現力に「嫉妬」を覚えるに違いない…。


…。


さて、

本作の三話まで視聴を終えた。物語のマクロ視点における実相は依然として掴めていない。物語が進みTEN〇GA線となり面となり折り重なり立体的な構造として浮かび上がるまでの間、我々視聴者は物語に翻弄され、焦らされ続けるだろう。その際の気持ちの悪さがそのまま真相解明への渇望へ転じれば、視聴を続けるより他に選択肢は無いといった状態に追い込まれてしまうことになるだろう。それは即ち視聴する喜びに他ならない。
謎が多く、主人公の周囲で人間が不可解な死を遂げる。被疑者は存在するが確たる証拠が得られない。今後、部下を失い続ける堅物の主役には、どんな悲惨な出来事が降りかかるのだろうか。次は誰が、どんな死に方をするのだろう。本作はそうしたクライム・サスペンスとしての面白さに溢れており、その点では大いに期待している。ぐふ、ふふふうぐぐっぅぅ。

しかし残念なところもある。第三話の終盤、作中で「革命」という単語が出て来てしまったのだ…。なんとも気色が悪い。まことに不気味だ…。作中で言われている革命とやらは新興の経済圏が自治体としての機能を有し、中央政府から独立した権限を保持するといった程度の意味なのだろうか。だとしたら本作には国家を否定する思想がスタイリッシュに描かれていることになってくる。気味が悪い。原作はその点について判断する材料になるかもしれない。けれども面倒くさいので原作を読む予定は無い。
体制側の主人公がアナーキストごときの揺さぶりで簡単に動揺してしまうようでは、ドラマとしての面白みが全く無い。
そもそも検事ともあろう立場の人間が「正義とは何か」といった不毛な質問に対して即答できない時点でおかしい。職務中、目の前で「エアー手コキ」を見せられただけで動転して頭脳が幼稚化してしまうなど、公務員である前に大人として論外だ。そんなことでは正義どころか己の矜持すら満足に守れんぞ!!出直してこい!!

願わくば革命だのとほざいている稚拙な登場人物らを、ポコチンむき出しのオヤジが恍惚の表情を浮かべながら問答無用でタコ殴りにする痛快な展開を期待している。

投稿 : 2019/10/22
閲覧 : 99
サンキュー:

2

ネタバレ

不良中年

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

とりあえず見てみるか

何だか今期は刑事ものや捜査物が多いですね。

巨悪に立ち向かう検察のお話なのかな。

制作はツインエンジンなのでキャラデザや作画は良いです。

話はチョット硬いので継続視聴できるか微妙だけれど、面白いとは思うので可能な限り継続したい。

最近硬い話とかチョット面倒になっているのでもしかしたら録画だけして塩漬けになるかもです。

投稿 : 2019/10/08
閲覧 : 34
サンキュー:

2

ネタバレ

rolex

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

展開がなかなか良い

3話まで視聴。
まあまあ裏切られる展開に。
ストーリーが非常にスピーディー。
先がなかなか読めない意外性がいいと思います。
ミステリーサスペンスなのに、重たさもあまり感じない!

投稿 : 2019/10/08
閲覧 : 50
サンキュー:

3

ネタバレ

rFXEy91979

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

猟奇性を内包した(?)、ツインエンジン最新作。

「期待ポイント」
{netabare}原作は小説家・野崎まどの『バビロン』シリーズ。企画・制作は『どろろ』と『ヴィンランド・サガ』のツインエンジン。監督は『Infini-T Force』の鈴木清崇。本作の制作会社「REVOROOT(レヴォルト)」取締役でもある。キャラクター原案は原作表紙も担当のざいん。音楽は『東京喰種』『ヴィンランド・サガ』のやまだ豊。放送は10月7日、TOKYO MX他にて。

野心的な企画に挑むツインエンジン作品らしい、尖ったアニメになっていそう。来月開始が楽しみです!{/netabare}

投稿 : 2019/09/07
閲覧 : 47
サンキュー:

4

Natto fan

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/11/21
閲覧 : 0

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/11/21
閲覧 : 4

ねも

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/11/20
閲覧 : 0

お鶴

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/11/14
閲覧 : 1

遥なる蒼

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/11/05
閲覧 : 0

_

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/11/03
閲覧 : 1

Carla Hime

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/31
閲覧 : 0

runguren

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/28
閲覧 : 0

ふくまる子

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/10/23
閲覧 : 1

±

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/21
閲覧 : 2

いこ〜る

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/20
閲覧 : 2

ダイクニ

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/10/17
閲覧 : 2

りおんボン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/17
閲覧 : 2

AKIRA777

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/14
閲覧 : 1

トラキャット

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/13
閲覧 : 2

aKqzA52233

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/12
閲覧 : 3

kunka

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/09
閲覧 : 2

tiki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/08
閲覧 : 4

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2019/10/08
閲覧 : 4

バビロンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
バビロンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

バビロンのストーリー・あらすじ

「その啓示は、静かにそっと訪れる―」 東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに、一枚の奇妙な書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚のまじった異様な血痕と、紙一面を埋め尽くすアルファベットの『F』の文字。捜査線上に浮かんだ参考人のもとを訪ねる正崎だが、そこには信じがたい光景が広がっていた。 時を同じくして、東京都西部には『新域』と呼ばれる新たな独立自治体が誕生しようとしていた。正崎が事件の謎を追い求めるうちに、次第に巨大な陰謀が見え始め――?
(TVアニメ動画『バビロン』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年秋アニメ
制作会社
REVOROOT
公式サイト
babylon-anime.com
主題歌
Q-MHz feat. uloco.『Live and let die』

声優・キャラクター

中村悠一、櫻井孝宏、小野賢章、M・A・O、堀内賢雄、興津和幸、宝亀克寿、置鮎龍太郎

スタッフ

原作:野﨑まど「バビロン」シリーズ(講談社タイガ刊)、キャラクター原案:ざいん
監督:鈴木清崇、キャラクターデザイン:後藤圭佑、音楽:やまだ豊

このアニメの類似作品

この頃(2019年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ