「ダイヤのA actII(TVアニメ動画)」

総合得点
68.9
感想・評価
71
棚に入れた
367
ランキング
1493
★★★★☆ 3.5 (71)
物語
3.6
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.7

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高の野球アニメ!

私はスポーツ漫画、スポーツアニメが大好きですが、野球漫画で一番好きなのはこのダイヤのAです。
スポーツ漫画は現実ではあり得ない必殺技が登場する路線と、リアルを追求した路線がありますが、こちらはリアル路線の最高峰。

作者自身が名門高校野球部の部員だったという実体験から描かれた名門野球部の実態は物凄いリアリティで読んでいて面白い


そしてアニメ化は文句のないデキで、作画、声優、音楽はどれも素晴らしく、ファンとしては嬉しい限りです。

主人公の沢村はもちろん才能はあるのだが、まだまだ粗削りで欠点も多い。
さらにチームは名門野球部のため、中学時代ではエースでも名門野球部ではベンチ入りすることですら至難の業。
実際、名門野球部は部員が100人くらいいますからね。

この作品は部内に何十人もいる選手一人一人にスポットをあてており、チームの主力メンバーはもちろんのこと、ベンチとレギュラーを行ったり来たりする人達や、ベンチにすら入れない人、下手だけど一生懸命な人、能力は低くても別の方法でチームに貢献しようとする人、ケガで離脱した人、いろいろな立場の部員一人一人をちゃんと描いているところがすごい。
結局、主力はほぼ固定なわけですが、そうじゃない部員もみんな必死でレギュラーになるために努力しているんだってところを描いている。
まあ、細かく見ていくと、モブに近いキャラは設定が二転三転しているところもあるにはあるが(と言っても滅多に登場しないキャラの右利き左利きが変わっているなどだいぶ細かい部分だが)部員だけでも何十人も登場人物がいるから仕方ないか。

チームメイトとの熾烈なレギュラー争いの末に、勝ち取った背番号だからこそ価値がある。背番号を背負うことの重み。
優しい先輩や、ケガをしたライバル、血のにじむような努力をしていても試合に出れないチームメイト達の想いを背負ってマウンドに上がるエース。
時には失敗し、ライバルに力の差を見せつけられ、焦り、泣き、もがき、苦しむ。

それでも流した汗の量は、裏切らない。

そうやってやっと勝ち取ったレギュラー。
でも、今度はライバルチームが立ちはだかります。
名門野球部とはいえ、必ず甲子園に出られるわけではない。
どこのチームも必死に甲子園目指して練習している。

部員とのレギュラー争いの次に待っているのは、他の名門野球部や勢いづいた無名野球部との、たった一枚の甲子園の切符の争奪戦。

その地方大会に出てくるライバルチームも、1年夏、秋、春、2年夏と大会ごとにどんどん新チームが出てきて、どこも個性的で一筋縄では勝たせてくれない。
1年夏に出てきた強力なライバルチームも、秋の大会では思わぬ伏兵にやられたり、ライバルチーム同士の対戦が描かれたりと、ライバルチームにもドラマがあって必死に甲子園目指している様子が描かれます。
どれだけ強いチームでもあっさり負ける時は負ける。
入れ替わり立ち代わり現れるライバルチームの存在が、甲子園への道がいかに遠く、困難な道であるのかを表している。

甲子園に出られるチャンスはたった3回しかない。
一度負けたらそれで終わり。
ただ一回のミスで3年間思い描いてきた夢が潰える圧倒的な緊張感。

だからこそみんな一生懸命練習する。
だからこそそこに熱いドラマが生まれる。

そんな高校球児たちの濃密な部活風景を描いた作品。
面白くないわけがない!
最高の野球アニメだ。
野球にあまり興味のない人も是非視聴して見てほしい。


とてもオススメの作品ですが、人によってはなかなか話が進展しないところが嫌がる人もいるかもしれない。
あらゆる描写を丁寧に描くので、とにかく進行がゆっくり。

何しろ、沢村栄純の1年生秋大会までで原作47巻費やしている!!
入部までと春~秋までの半年で47巻。

そして1年冬~がAct2なわけですが、現在2年生夏ですでにAct2も21巻。
今、まだ甲子園への切符をかけて激闘を繰り広げている最中だったりします。
たぶんこの調子だとAct2も同じくらい巻数いきそうですね・・・。

あと何年連載が続くのかわからないが、沢村の成長を最後まで見届けたいと思う。

投稿 : 2020/06/08
閲覧 : 144
サンキュー:

6

ダイヤのA actIIのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ダイヤのA actIIのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レオン博士が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ