「A3! SEASON SPRING & SUMMER(TVアニメ動画)」

総合得点
63.8
感想・評価
24
棚に入れた
84
ランキング
3017
★★★★☆ 3.3 (24)
物語
3.2
作画
3.1
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.3
ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

スマホ向けイケメン役者育成ゲームが原作

公式のINTRODUCTION
{netabare}
東京郊外の街・天鵞絨(ビロード)町には『ビロードウェイ』と呼ばれる通りがあり、多くの劇団が拠点にし、劇団員の聖地となっている。
そんな街に、一通の手紙を頼りにMANKAIカンパニーを訪れた立花いづみはその劇団は父親が立ち上げたものだと知る。
しかし父は不在、くわえてお客はゼロ、借金もあり、劇団員は1名という事実を知る。いづみはそんな劇団を立て直すため、主宰兼『総監督』となり奔走することになる。
はたして、MANKAIカンパニーの運命は---
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:『A3!(エースリー)』(リベル・エンタテインメント)
キャラクター原案:冨士原 良
監督:篠原啓輔
副監督:中園真登
シリーズ構成:ハヤシナオキ
キャラクターデザイン・総作画監督:小松真梨子
美術デザイン:石口 十
衣装デザイン:あきづきりょう
美術監督:田辺浩子(草薙)
色彩設計:津守裕子
HOA:トライスラッシュ
グラフィックアート:荒木宏文
撮影監督:鈴木麻予(T2 Studio)
編集:土居秀充
音響監督:濱野高年
音楽:横山 克・橋口佳奈
オープニング主題歌制作:大石昌良
音楽制作:ポニーキャニオン
プロデュース:インフィニット
アニメーション制作:P.A.WORKS × Studio 3Hz
{/netabare}
キャスト{netabare}
【春組】
佐久間咲也:酒井広大
碓氷真澄:白井悠介
皆木 綴:西山宏太朗
茅ヶ崎 至:浅沼晋太郎
シトロン:五十嵐雅

【夏組】
皇 天馬:江口拓也
瑠璃川 幸:土岐隼一
向坂 椋:山谷祥生
斑鳩三角:廣瀬大介
三好一成:小澤廉

【秋組】
摂津万里:沢城千春
兵頭十座:武内駿輔
七尾太一:濱健人
伏見 臣:熊谷健太郎
古市左京:帆世雄一

【冬組】
月岡 紬:田丸篤志
高遠 丞:佐藤拓也
御影 密:寺島惇太
有栖川 誉:豊永利行
雪白 東:柿原徹也

立花いづみ:名塚佳織
{/netabare}


1話ずつの感想



#01 満開の未来へ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
立花いづみは父が旗揚げした劇団「MANKAIカンパニー」を守るため、団員の佐久間咲也らと共に新団員を探すことに。
{/netabare}
感想
{netabare}
何年も前からお父さんが行方不明になってるいづみのところに
劇団「MANKAIカンパニー」のマネージャーから手紙が来て
お父さんがいるかも?って思って来てみたら
「MANKAIカンパニー」の劇場が取りこわされるところで

マネージャーが「これから新人がはじめての公演をするから待ってくれ」
って借金取り立ての人にたのんでたけど
チケットも売れてないからだめだってゆう取立人に
いづみは思わず「自分がお客になる」って止めに入ったの

劇は新人の子たった1人だったけど、その子のめげない姿にちょっと感動して
それにマネージャーから、お父さんはどこか行ったきり、何年も帰ってない
って言われて、

それで「この劇場は4つのグループが、年に4回公演してたから
そのペースで続けないとやっていけない」って説明する取立の人にまた思わず
「何かあったら、自分が劇団のめんどうを見るように言われてる」
って言っちゃった。。

それで取りあえず2人の団員候補を見つけてきて
なんとか看板取りはずしはやめてもらえたんだけど
1か月後に公演で最終公演は満員にする、1年で4組集める、借金を返す
そして、いづみが総監督をする、ってゆう条件を出されちゃったの。。



倒産寸前の会社を立ち直す、ってゆう、ムリゲーみたいなおはなしは
「甘城ブリリアントパーク」があったけど
こっちはほとんどギャグがない、シリアスなおはなしだから
設定はめちゃくちゃ。。

たぶんおはなしは、いづみがぜんぶクリアして終わると思うし
だいたいどんなおはなしか何となく分かるけど
そうゆう分かりやすい日常系のおはなしってキライじゃないから
時間があれば見たいけど、今季はムリかも。。

いちお来週も見てみるつもりだけど、1話ずつの感想は書かないかもだし
もしかして時間がなかったら、とちゅうで止めちゃうかも
そうなったらごめんなさい。。
{/netabare}
{/netabare}
#02 ロミオとジュリアス
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
劇団「MANKAIカンパニー」の主宰兼総監督となったいづみ。まずは5名の団員を集めて「春組」結成を目指す。
{/netabare}
感想
{netabare}
外国人のシトロンと、落ちついた感じのサラリーマンの至さんが入って
いよいよ劇団の春組がスタート!

脚本家志望の綴クンが脚本、書きたいって言いだして
1週間で書くことになったんだけど。。ってゆうおはなし。。



お金のこととか、劇って5人だけのモブなしでできるの?とか
誰がセットとか作るの?とか
気になるけど、あんまり深く考えなかったらいいみたい^^

至さんは「宝石商リチャード氏の謎鑑定」のリチャードみたいで
落ちついてて、かっこいいなぁ。。って思ってたら、さいごで
うまるちゃんくらいの大変身で、これからどうなるの!?って。。


シトロンは、ふつうのちょっとおばかな外人さん、ってゆうキャラで
あんまり目立ってなかったけど
今回のメインは、綴クンだったみたい^^


セリフのテンポもよかったし、ふつうにはおもしろかったけど
マネージャーさんのあやしいお料理ネタは、ベタすぎかなぁ?って


いちお来週も見てみるつもり☆
{/netabare}
{/netabare}
#03 おやすみシアター
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
来月中の旗揚げ公演を目指す新生春組。だが団員5人はどこかバラバラ。そんな彼らの前に1人の男性が現れる。
{/netabare}
感想
{netabare}
前の劇団員だった人が、新生春組の稽古を見に来てくれて
ダメ出しして帰って行った。。ってゆうおはなし。。

でも、咲也クンのやる気だけはほめてくれてたみたい。。



演技がヘタだとか、言い合いとか
ゲームのやりすぎであんまり劇に集中してない人とかいるけど
いちお、誰も「やめる」とか言い出さないから
そんなにはギスギスしてないんだけど、おはなしはふつう

絵は、くずれかけてきてるみたい。。


ほかに見るアニメがあんまりなかったら、見れるくらいのおはなしなんだけど
今季はもっとおもしろいアニメがいっぱいあり過ぎて。。ごめんなさい
にゃんはここで止めちゃうけど、おもしろくなりそうだったらまた見るね☆彡
{/netabare}
{/netabare}


投稿 : 2020/01/29
閲覧 : 126
サンキュー:

6

A3! SEASON SPRING & SUMMERのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
A3! SEASON SPRING & SUMMERのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

にゃん^^が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ