「この音とまれ! 第2クール(TVアニメ動画)」

総合得点
78.5
感想・評価
271
棚に入れた
1012
ランキング
545
★★★★☆ 3.9 (271)
物語
4.0
作画
3.7
声優
3.9
音楽
4.0
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

箏曲による救いの物語

 原作は未読。
 気恥ずかしくなるぐらい王道な青春もので、個人的にはこの王道っぷりが大好きだったり
するが、自分が中心キャラと同じぐらいの高校生だと、この真っ直ぐさに逆に反発を覚えるかも。

 前半は堂島 晶を巡る展開で、鳳月 さとわとは同じような環境に身を置きながら、才能に
恵まれた人と恵まれなかった人という対照的キャラ。
 勘のいい人ならすぐに気付いたのだろうが、自分はしばらくしてから才能に
恵まれた人(種﨑 敦美)と恵まれなかった人(東山 奈央)というキャラとキャストの関係性が、
「響け! ユーフォニアム」と同じであることに気付いた。
 たまたまか?、意識的なキャスティングか?。
 晶の闇はかなり深かったが、それが晴れてからはなんとも心強い存在。そして、才能のなさを
埋めようとした努力は決して無駄なものではなかったという展開もいい。
 彼女の指導者としての能力はこの努力のたまものと言えそう。
 晶の浄化してからは笑顔が印象的だったが、これは晶に限らず、これまでの他のキャラもそう。
 笑顔だけでなく、この作品は若さゆえのむき出しの感情表現が素晴らしい。
 特にさとわは普段がクールな感じだけに、その感情表現が改めて彼女が10代の少女だと
思わせてくれたりする。

 後半は神奈川県予選ということで、これまで以上にスポ根もの的色合いが強くなっていた印象。
 ここでは時瀬高校だけでなく、姫坂女学院、珀音高校他の予選に至るまでのドラマも
ていねいに描写したため、他校キャラの魅力も高まり、単なる対戦相手以上の思い入れが
できてしまった。
 それだけに視聴者としても一つを選ばなければならないのがなんとも心苦しいところ。
 そして、時瀬高校による「天泣」は圧巻という感じで、1期も含めてこれまでもカタルシスが
得られるような展開は幾度もあったが、全体を通しているとやはりこれがクライマックスで、
これまではそこに至るまでの長いタメといった印象。
 演奏内容、審査結果、さとわの母との和解といった展開も含めて文句なし。

 1期もそうだったが、演奏における音がキャラの心情、キャラや学校全体のレベルを
表すだけでなく、学校ごとの箏曲における傾向やスタンスなども分かるようになっていて面白い。
 三校いずれの演奏も良かったが、漫画や小説が原作の音楽ものにおいて、納得のいく音が付くと
アニメ化により、より作品世界に説得力が増すことを改めて感じた。
 逆に他作品で天才的楽器演奏者やカリスマシンガーという設定のキャラが登場するも、平凡な
演奏や歌で作品そのものの印象がパッとしないものになってしまった経験もあるけど。

 久遠 愛とさとわ、倉田 武蔵と来栖 妃呂の恋愛要素も1期より進んだが、今のところは本筋に
立ち入らない、アクセント的位置付けといったところ。

2020/01/19
2020/02/04 誤字修正
2023/12/23 加筆・修正

投稿 : 2023/12/23
閲覧 : 253
サンキュー:

6

この音とまれ! 第2クールのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
この音とまれ! 第2クールのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

STONEが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ