「バビロン(TVアニメ動画)」

総合得点
66.8
感想・評価
270
棚に入れた
822
ランキング
1833
★★★★☆ 3.3 (270)
物語
3.1
作画
3.4
声優
3.6
音楽
3.3
キャラ
3.3
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

終盤まで面白いけど、ラストが残念

最後まで視聴して感じたこと。
『何か既視感が・・・』
何だろう?って思っていたら、原作者が「正解するカド』の脚本担当と同一人物でしたか。
それなら妙に納得がいきますね。
風呂敷を広げるだけ広げておいて、回収しないという強引かつ斬新な手法。

この作品を一言で言うと『終盤まで面白いけど、ラストが残念』に尽きる。

{netabare}風呂敷を広げた上に更に広げていくものだから、終盤まで確実に面白い。
だけどそれは、『どういう方法で解決するんだろう?』という視聴者の期待値込みの評価である。
風呂敷を広げれば広げるほど、解決が難解になってくる(ように感じられる)。
この難解な事件をどういう風に解決に導いていくのか?
視聴者の期待値はどんどん跳ね上がってくる。
この期待値込みで、終盤までは間違いなく面白い作品なのだ。

ところがラストを閉め方次第で、評価は全く違ってくる。
視聴者の想像をはるかに超えるラストなら、評価は更に跳ね上がるだろう。

ところが、残念ながらこの作品は{netabare}未解決{/netabare}という形で終わっている。
{netabare}曲世や齋は、結局どうなったのか?
自殺法は?
「本質的な善悪」という命題も、結論を指し示さずに終わっている。{/netabare}
要するに『丸投げ』なのである。

風呂敷を広げた上にさらに広げて、視聴者の期待を煽るだけ煽ってからの『丸投げ』。

例えば、密室トリックを暴かずに犯人を逮捕しちゃう推理小説。
密室のハードルを上げた上に更に上げておいて、密室トリックは暴かない。
何なら、『密室トリックは読者のあなたの想像にお任せします』的な(笑)。
『いやいや、密室トリックを暴いてこその推理小説でしょ!』

要するに、作品の中で一番面白い部分を割愛してしまっているのである。
これでは、高評価は得られない。{/netabare}

いつまでもこんな手法が許されて良いんだろうか?

投稿 : 2020/06/25
閲覧 : 205
サンキュー:

31

バビロンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
バビロンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

scandalshoが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ