「ハコヅメ~交番女子の逆襲~(TVアニメ動画)」

総合得点
74.4
感想・評価
299
棚に入れた
931
ランキング
902
★★★★☆ 3.7 (299)
物語
3.8
作画
3.6
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好きで公僕やってるんじゃないんだからね

実写ドラマが先でアニメというと「GTO」なんかが代表で
私は高木渉氏の鬼塚が反町のイメージが強すぎて見れなかった

今作は実写全く見ていないところのアニメ
そういう意味では変なバイアスかからず見れたなと

昭和生まれで古のオタクだと
藤島康介先生の「逮捕しちゃうぞ」が頭に浮かぶ

そんな中で1話冒頭から河合の公務員なら
どこでもの志望動機だったり

藤部長の笑顔で「氏ねばいいのに」を見せられて
この作品の空気感が妙に肌にあって
話が進むほど楽しい気持ちになった

僕も何回か交番に行って話をしたことあるけど
威圧的な話し方する人多いよね
それも強面美術館と同じで強勢だったのかしら

河合が所々に父親に向けて話すモノローグが
初回のやる気なさから1ミリもぶれていない感じがよく

最終盤でなんか知らんけど才覚ありそう
という振りになっている

藤部長の同期である落としの源部長と
二人の直属の後輩山田のコンビも
とても人間味のあるコミカルなキャラになっていた

踊る大捜査線は縦割り行政で
事務的に動くことを見せていたわけだけど

地方警察の規模だとかける人数も限られるし
仕事量は反比例するように多いわけで

冷やかし半分の通報でてんてこ舞いしていたり
武闘派の副署長に逮捕術の稽古でしごかれたりと
理不尽で体育会系のノリというのを前面に押し出している

11話からの3話は警察密着24時のように
連続強制わいせつ犯を捕まえる展開

既存の刑事物らしくポイントポイントで
キャラがカッコよく立っている仕様で

特に最終回で被害者の女の子を怖がらせないために
強面の男たちみんなが隠れているのは
ほっこり見ることができたw

コンパクトにまとめられていて
一気見するには丁度いい作品だろう

投稿 : 2022/10/18
閲覧 : 154
サンキュー:

9

ハコヅメ~交番女子の逆襲~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ハコヅメ~交番女子の逆襲~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Bハウスが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ