「スキップとローファー(TVアニメ動画)」

総合得点
79.9
感想・評価
384
棚に入れた
1113
ランキング
476
★★★★☆ 3.9 (384)
物語
4.0
作画
3.9
声優
4.0
音楽
3.8
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スナオに共感できる学園青春日常(☆1つだけ評価が50くらい付いてるせいで、あにこれの評価がすごく低くなってるけど、気にしない方が良いと思う☆彡)

公式情報は©高松美咲・講談社/「スキップとローファー」製作委員会
{netabare}
公式のINTRODUCTION
{netabare}
地方の小さな中学校から、 東京の高偏差値高校に首席入学した岩倉美津未。 カンペキな生涯設計を胸に、ひとり上京してきた田舎の神童は、勉強はできるけれど距離感が独特でちょっとズレてる。 だから失敗することもあるけれど、その天然っぷりにクラスメイトたちはやわらかに感化されて、十人十色の個性はいつしか重なっていく。 知り合って、だんだんわかって、気づけば互いに通じ合う。だれもが経験する心のもやもや、チリチリした気持ち。わかりあえるきっかけをくれるのは、かけがえのない友達。 ときどき不協和音スレスレ、だけどいつのまにかハッピーなスクールライフ・コメディ!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:高松美咲(講談社「月刊アフタヌーン」連載)
監督・シリーズ構成:出合小都美
副監督:阿部ゆり子
キャラクターデザイン・総作画監督:梅下麻奈未
総作画監督:井川麗奈
プロップ設定:樋口聡美
美術監督:E-カエサル
美術監修:東潤一
美術設定:藤井祐太
色彩設計:小針裕子
撮影監督:出水田和人
3D監督:市川元成
編集:髙橋歩
音響監督:山田陽
音楽制作:DMMmusic
音楽:カッパエンターテインメント 若林タカツグ
アニメーション制作:P.A.WORKS
製作:「スキップとローファー」製作委員会

主題歌
OP:「メロウ」須田景凪
ED:「ハナウタとまわり道」逢田梨香子
{/netabare}
キャスト{netabare}
岩倉美津未:黒沢ともよ
志摩聡介:江越彬紀
江頭ミカ:寺崎裕香
村重結月:内田真礼
久留米誠:潘めぐみ
ナオ:斎賀みつき
迎井 司:田中光
山田健斗:村瀬歩
兼近鳴海:木村良平
高嶺十貴子:津田美波
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第1話「ピカピカ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
入学式の朝、今日はカンペキな一日になると自信まんまんのみつみだったけれど、電車を乗り間違え、満員電車に巻き込まれ、完全に迷子に……。駅で深く落ちこむみつみに声をかけてくれたのは、同じ高校の制服を着た志摩だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
石川県の天才少女岩倉美津未は、東京の高偏差値高校に首席入学し
T大法学部を首席で卒業後、総務省に入り過疎対策に貢献し
定年後は、故郷に帰り市長になって。。ってゆうカンペキな人生設計を持って
完璧な1日を目指して入学式に向かった。。んだけど迷子になった^^;

そこに通りがかったのは、同じ学校の制服を着たイケメン男子の志摩クンで
遅刻して入学式に向かうところで、案内してくれることに。。


そこでカンペキな初日の予定はくずれ
駅から学校に走って向かう途中でコケて、靴を脱いで走ったり
新入生代表のあいさつで、カンペを忘れて記憶だけで話したら緊張して
終わったとたん気持ち悪くなって、担任の先生にゲ○かけちゃったり。。

教室では、後ろの子にあいさつしたら、あっさりスルーされ
高校デビューはサイテー。。って思ったら
イケメン志摩クンが同クラで話しかけてきて、友だちになったせいか
うしろの子からも仲良くなろうって言われて、何とか成功?


帰ってから、これからお世話になるおばさんや田舎の親友には
うまく行った、って報告したけど
田舎の親友や家族には
美津未は人とちょっとズレてるから、きっと迷うと思われてた^^;


志摩クンは楽しい高校生活がおくれそうで、うれしそう^^

みつみは、明日の自己紹介が気になって眠れず、目の下にクマができてて
はじめの印象は「コワっ!」だった、ってゆうおはなし^^



高校デビューでガールミーツボーイ、ってゆうおはなしだったけど
恋愛寄りってゆうより、青春日常ってゆう感じで
主人公のみつみは天才みたいだけどドジすぎて
おばか女子の日常の方が、何となく近そうな気がする^^

にゃんは天才どころか、低偏差値高校に補欠入学したくらいだけど
緊張しいでメンタル弱そうなみつみに、何となく共感しちゃうw

これからどんなおはなしになるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第2話「そわそわ うろうろ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クラスで自己紹介する日、みつみはとても緊張していた。ナオちゃんに励ましてもらったけれど、渾身のジョークが滑り、教室はとても寒い雰囲気に……。さりげなくフォローしてくれたのは、入学式の日にも助けてくれた志摩だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
だいたい3パートに分かれてて


パート1はクラスの自己紹介で、期待値の上を行く女になろうと
官僚になりたいわけを「私は人の上に立つ人間だから」って
冗談のつもりで言ったら、みんなドン引き^^;

そんな中で、志摩クンだけは、自分の自己紹介で
みつみの部下にだったらなりたい、ってフォロー^^

みつみの志摩クンへの好感度が上がってる。。


パート2は、クラスの有志でカラオケに行くことになって
友達2号のミカが志摩クンのこと気にしてて、みつみにけん制のつもりで
志摩クンは誰にでもやさしいから本気にするな、ってアドバイスしてきた。。

それでミカが美津未をばかにしてたりすることを
クラス1美人の結月に指摘され
幼なじみくらいしか友達と付き合ったことのないみつみは人間関係に悩むけど
まだ2日目で気にしてもしょうがないって割り切ってカラオケに戻った。。

そして自分の番には、空気とか読まずに
「とっとこハム太郎」っぽいアニメの歌をマジメに歌ったら
みんな知ってて、おもしろがられて、何だか友だち増えたみたい^^

帰りは、ミカがいっしょに帰ろうとしたのかな?志摩クンに声をかけたけど
「もっと肩の力を抜いた方がいい」ってアドバイスされて、逃げられた?

志摩クンは、そのままみつみを追いかけて「いっしょに帰ろう♪」って
そんな様子を見たみつみは、実家の犬と間違えて「さとちゃん」って呼んだら
「みつみちゃんって呼んでいい?」って^^

あと、結月が友だちになろうって声をかけて来た^^


パート3にタイトルをつけるとしたら「演劇とハイヒール」かな^^

次の日学校で
志摩クンが「みつみちゃん」って呼んでるのを聞いてミカがキレてた^^

クラスの話題が部活になって、みんなで話してると
とつぜん演劇部の部長がやって来て、みつみをしつこくスカウト。。

志摩クンがそれを止めると部長は彼に「どこかで会った?」って聞いてたけど
志摩クンは知らないって答えてた。。


みつみが演劇部の公演に行くと、志摩クンも来てた。。

そのとき志摩クンが部長に「カナデ君?」って聞かれて、嫌がってたんだけど
志摩クンって昔、子役か何かやってて、隠そうとしてるんじゃないかな?



天然ヒロインが好かれる日常系で
友達のフリして足を引っ張ろうとするキャラがいるところとかは
最近見たアニメだと
「ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~」に近いのかな。。


だいたいクラスの雰囲気が分かってきたけど
天然キャラのみつみに好きな男子を取られそうでイラつくミカと
みつみに好感を持つ、美少女キャラの結月ってゆう感じで
志摩クンも結月もモテるから、上辺だけの付き合いに疲れてるのかも?

実際にはミカみたいな子は多いと思うけど
こうゆう子って付き合うのが難しいから
あんまり近づきたくない相手かも。。


あと、みつみのおばさんのナオちゃんが、男の娘みたいだったけど
おはなしに関係してくるのかな?

今回は木之本がみつみに積極的にからんできてたけど
いい子っぽかったのにメインキャラに入ってないって、ザンネンかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第3話「フワフワ バチバチ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
放課後、みつみは生徒会室へ。その扉の前に佇んでいたのは同じクラスの誠だった。クラスメイトに自分と同じように生徒会に興味がある人がいた!と喜ぶみつみだけど、誠はちょっと引き気味。実はみつみには“裏番”というウワサがあって……?
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は、みつみたちのクラスメイト久留米誠がメイン回で
将来は政治家を目指してるみつみが
生徒会に入ろうと思って、志摩くんや結月につきそわれて生徒会室に行くと
ドアの前に立ちすくむ誠がいた。。

誠は内気で、友達も作れないでいる内に、みんな部活とか決めてて
チャラいのが苦手な誠は、生徒会に入ろうと思って来たんだけど
気後れして、立ちつくしてたみたいで、みつみが話しかけるとびっくり!

みつみは、吐いた子とか裏番とか呼ばれてて、気味の悪い子ってゆう印象で
さらに付き添ってきてるのが、美人で有名な結月と、チャラそうな志摩クンで
自分には縁がないと思ってた子たちだったから、生徒会で話を聞いた誠が
2人と別れてさっさと歩き出したら、後ろからみつみが追いかけて来た。。

スタマ(スタバ)にさそわれて、ビクビクしながらスタマに行って話したら
みつみが以外に面白い子で、志摩クンも良さそうな人だって分かって
連絡先交換もすぐにして、記念写真とか取ったりして
楽しい時間を過ごしたみたい^^


次の日は誠の方から映画のお誘いがあって
課題小説の映画だったから、みつみが喜んでOKしてたら
次つぎ人が集まってきて、結局7人で行くことになっちゃった。。

ミカはおめかししてきてて、みつみと誠の服装を見て
ダサい。。引き立て役になっていい、とか思ってたけど、レストランに行き
結月がシンプルな服で目立ってるのを見て、劣等感を感じてたら
志摩クンが声をかけてくれて、空気が変わった。。

誠はみつみにばっかり話しかけてて、結月が何度か話題に入ろうとしたけど
そのたびに誠が引いたから、結月は無視されたみたいになった。。

映画館に向かう途中で、結月がみつみとの間に割り込んだことを謝って
自分がニガテだったら、あえて話しかけないでいい、って伝えた。。

誠は、結月みたいな子って、自分みたいな子をバカにしてるんだろうな
って思って、縮こまっちゃうから、すぐには友達になれないって思ってた。。

でも、映画館で、無邪気にポップコーンを食べるみつみを見て
スタマでおしゃれなドリンクをおいしいって思えた自分を思い出し
誠は思い切って「ニガテだったのは本当だけど、変わろうと思ってて
あなたのことも知りたい」って結月にメッセを送った。。

みつみは2人の仲が悪そうなのを気にしてたけど
映画が終わって、誠に話しかける結月の笑顔を見てホッとした^^

みつみが、この街が好きになりそうだ、って思ったところで終わり。。



誠がさびしくなくなって良かった◎

彼女がひとりでいるのが好きだったらいいんだけど
そうでなかったら、友達は何人かはいた方がいいかも。。


ミコがマウント取りたがるのは、劣等感の裏返しなのかも?

他人の格好とかに優劣なんかつけるから
結月とくらべて自分が劣ってるなんて思って、苦しくなるんじゃないかな。。
{/netabare}
{/netabare}
第4話「ピリピリ カツカツ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
演劇のこととなると強引な兼近先輩は、みつみが演劇部への勧誘を断ったと
勘違いしていることにつけ込んで、自分に協力してくれるようお願いする。兼近がみつみに見せたのは、志摩のとある過去の映像で……。
{/netabare}
感想
{netabare}
やっぱり志摩クンは子役やってたね。。

兼近先輩に、彼の出てたドラマを見せられ、演劇部にさそってくれないか?
または、演劇を止めた理由を教えてもらってほしい、って言われて
悩んで失敗ばっかり。。

それで体育の授業中、ボールが顔に当たって保健室に行ったら
近くに水を飲みに来てた志摩クンがいて、兼近先輩からたのまれた話をすると
子役だったけど、母親の期待に答えようってがんばるのがつらくなったから
止めた、ってゆう話を聞いた。。

それで、自分が苦しいとき
幼なじみの文乃に餃子を食べに連れて行ってもらったことを話し
彼にやりたいことができた時、いっしょに何か食べに行こうって約束^^

先輩にははっきり断って、友達だからって、理由も話さなかった◎


後半は、G.W.に、ナオちゃんに東京見物に連れてってもらったみつみは
自分がぼうっとしてる間、みんなが中間試験に向けてがんばってるって知って
花園先生に相談すると
生徒会の高嶺先輩が学校一ストイックだって教えてくれた。。

それで、高峰先輩と行動を共にして、先輩のやり方を見学させてもらったけど
先輩は中学受験に失敗してて、バスに乗り遅れる悪夢をよく見るみたいで
今回も外に用事があって出かけた時、バスを1本逃がしてあせってたら
ぜんぜん気にしないでネコと遊ぶみつみを見て、ちょっと変われたみたい。。

バスに置いてかれる悪夢が、バスでネコと楽しむ夢に変わった^^

高峰先輩にあこがれたみつみは、徹夜でスケジュールノートを作ったけど
先輩に話すと「あんまり参考にしないで」って言われた。。

先輩は中学受験で失敗したけど、人それぞれだから
ってゆうことだったみたい^^

そして、高峰先輩は、部費の交渉に来た生徒たちにも
ちょっとやさしくなれたみたい、ってゆうおはなしだった。。



前半は、志摩クンが、お母さんの期待に答えようとしてがんばりすぎて
役者になるのをあきらめたおはなしだったけど
期待されて伸びる人と、期待されてストレスになる人がいるから
やっぱり、その人に合ったやり方がいいんだと思う^^


後半は、高峰先輩が、自分で作った分刻みのスケジュールに追われ
いつもイライラしてたのが、みつみののんびりした姿を見て
それでもいいんだ、ってゆう考えになって
気が楽になった、ってゆうおはなしかな。。

みつみはみんなから、のんびりしてるって思われてるかもだけど
ストレスに弱くって、何かあると眠れなくなっちゃうみたいだから
みんなから誤解されてたりするのかも。。


それにしても、T大を目指す人たちが集まる学校って
IQ高い人が集まってると思うんだけど、そこに首席で入るみつみって
本当に天才だと思う。。

にゃんの中学の時、お隣のクラスに学年1頭がいい人がいて
その時にゃんは忘れる天才だったから、記憶術の本を読んでたんだけど
その通りやろうとしても難しくって、体育でいっしょになった時
その人に10個の物を言って、覚えてるか試したら、ぜんぶ正解!

それだけじゃなく、次の機会にまた先回の物を覚えてるか聞いたら
1週間以上たってたのに覚えてて、頭のいい人はそんなくだらないことでも
1度聞いただけで覚えられるってスゴイ!って関心したことがあった。。

みつみもきっと、家で勉強なんかしなくてもT大に合格できるような子かも?

以前聞いた話だけど、T大ってそうゆう天才がごろごろしてるから
一生懸命勉強して入った人は、いくら自分が寝ずに勉強しても
遊んでる天才に追いつけなくて、おかしくなったりすることが多いとか。。

みつみはたぶん本物の天才だと思うから
のんびりしてた方が実力を出せていいのかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第5話「チクチク いそいそ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
前期クラスマッチでバレーに出ることになったみつみ。運動音痴なので、せめて迷惑をかけないよう、元バレー部のミカに教えてもらって自主練をすることに。笑顔で教えてくれるミカだけど、ちょっと当たりがきつい時も……?
{/netabare}
感想
{netabare}
クラス対抗球技会でバレーをやることになったみつみは、実は運動オンチで
志摩クンに相談して、経験者のミカに教えてもらうことにしたってゆう
ミカ目線のおはなしで、はじめはブツブツ言ってたミカだったけど
みつみにつき合う志摩クンと話すことができて、それなりに良かったみたいw

でも、みつみからお礼にって、菓子パンとかたくさん時は
ミカは太るのを気にしてお弁当も小さめにし、スクールカースト上位を目指し
努力してるのに、みつみが天然で志摩クンたちに気に入られてるのを見て
くやしい思いをしたり。。


体育館に行くと、1年生の番の日なのに使ってた3年男子が
ぶつかってあやまりもしないし、みつみが文句を言いに行った時
ミカには、小学生の頃太ってた自分が、掃除中あそぶ男子たちに注意できず
くやしい思いをした記憶がフラッシュバックしてた。。

結局、別の3年生が注意してくれて、その人たちは出て行ったんだけど
悪い2人の先輩を覚えたミカに対しみつみは注意した先輩の名前を憶えてて
ミカは、みつみのそうゆう性格が好かれるんだって分かってて
みつみのような性格にも、結月みたいな美人にもなれない自分に劣等感。。

その時みつみに、どうして結月じゃなく自分を選んだのか聞いたら
きつい時はあるけど、はっきり言ってくれそうだったからで
教え方も上手だし、すごい努力してきたのが分かる、って言ってくれて
ミカは、今までの努力が報われた気がして、泣きそうだった。。

そんなところに「人格的にはぜんぜんホメてないよ」ってツッコむみつみは
ひと言よけいなんだけど、天然だからね^^;

それで熱くなったミカは、寄ってきた結月と誠に
猛練習する宣言して、協力するように命令w

そこに帰ってきた志摩クンが「江頭さん、がんばれ!」って声をかけてきて
ミカは心の中で「がんばる!」って。。

今までのミカなら、志摩クンが来たところでデレたりしたのかもだけど
ミカもちょっと変わったのかな。。


後半は試合の日。。
何か、ミカとみつみたちとの距離が近くなったみたいで、よかった^^

浅漬けを作ってきたみつみは、志摩クンに渡そうと思ったけど
バスケの応援に行ったら女子に囲まれてて、渡せずにみんなで去ろうとしたら
兼近先輩が、クラスにおにぎりを作って持ってくところに出会った。。

みつみたちにもくれたから、渡せない浅漬けといっしょに食べようとしたら
先輩は、みつみたちの話しをぜんぶ聞いてたみたいで
「志摩クンは、遠慮されることも多くてさみしいだろうな」ってひと言。。

それでみつみは、自分にとってはこっちで初めてできた大親友だけど
志摩クンにとってのみつみは、たくさんの友だちのひとりなんだ、って考えて
今までちょっとさびしい思いをしてきたけど、彼もさびしいのかも?って
どうして彼は自分なんかと友だちになってくれたんだろう?って考えた。。

がんばったけど、自分たちの試合は準優勝。。

その試合が終わるとすぐ、みつみは浅漬けを持って彼のところに駆けて行き
ミカが「あのメンタルがうらやましい。。」ってゆうと、みんなが
ミカも志摩クンが好きなの?って聞いてきて、思わず「違う」って否定。。

でもミカは、もしかしてみつみは
志摩クンが持ってないものを持ってるのかな?って考えてたから
今は友達の2人が、いつか恋愛になるのかも?って思ったのかも。。



前半は、ミカのメイン回ってゆう感じだったのかな?

昔の自分がイヤで、変わろうって努力してきたミカはまぶしかったけど
ミカにはミカなりの悩みがあって、それが正解ってゆう訳じゃなかったみたい

でも、努力して、がんばってきたところは共感できた☆


後半は、みつみが志摩クンもさびしさを抱えてるんじゃ?って
気が付くおはなしだったのかな?

最後のミカのひと言が、恋愛フラグだったりしたのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第6話「シトシト チカチカ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ふみに好きな人ができた!親友と初めて恋バナをして、みつみはちょっとふわふわ気分。でも、今日が期末考査の出題範囲の発表日だと気づくと、そんなものは吹き飛んでしまった。みつみの準備は万端だったんだけど……。
{/netabare}
感想
{netabare}
親友のふみに好きな人ができたって聞いたみつみは
ふわふわした気分で学校に着いたんだけど
期末考査の出題範囲が発表されて、そんな気分は吹き飛んだ。。

でも、志摩クンがカゼで休みって聞いて、心配してメールしたら
ただのサボりみたいで、中学の時、同じ学校だった男子からも
人に迷惑をかけない範囲で、適当にサボってたって聞いてたら
志摩ファンの女子たちが話題にノってきた。。

その子たちが、志摩クンが「夜な夜な遊んでた」とかウワサしてるの聞いて
ウワサを詮索するのはやめようって思ったみつみだったけど
その晩、志摩クンが、退学届けを出しに校庭にバイクで乗り付けた夢を見て
心配MAXになってたら、低気圧で頭がいたいとか言って遅刻してきた。。

みつみは心配してたのに
平然としてる志摩クンを見たせいか、挨拶されても無視。。

放課後、学級代表の仕事をたのまれて残った2人。。

志摩クンはみつみが怒ってないか聞いてきて
みつみは、怒ってないけどテストが近いし休まない方がいいし
「夜遊びしてるなんて言われるのイヤじゃん!」って言って
ムッとした志摩クンが「それはみつみちゃんにとっては、でしょ?」って。。

その言葉は、前にみつみが言ったことのお返しに聞こえて
言っちゃった志摩クンも、言われたみつみも、気になりだした。。


志摩クンは、前の友達の家に行って相談。。

その時、受け流すのが得意な志摩クンが、って言われて
仲のいい女子だったから、言われたくなかった、って答えてた。。

最後は投げやりなセリフで終わったけど、友達は志摩クンが
人間関係の話をしただけで、すごいことだ、って思ってた。。


学校での志摩クンはいつも通りにしてたけど、何かよそよそしくて
みつみはずっと彼のことを考えてた。。

それで、本当に言いたかったことは何かを考えてたら
志摩クンが休むとつまらない、ってゆう事だったって思い出し
放課後、彼を呼び出してそうゆうと、彼もみつみの手を取りかけて放し
家の事情や中学の時のことや、心配するような夜遊びなんかしてないって。。

それで、自分がキレたのは
みつみがそんな話をちょっとでも信じたかもしれないってゆうことだから
もう、そんな話を信じたり、聞いたりしないでほしい、ってたのんで
みつみも「もう聞かない!」って約束して、仲直り^^

こんな大げさな仲直りは小学生ぶりだwって言って笑う彼に
居たたまれなくって、逃げ出したくなるのを感じたみつみは
この気持ちが、ふみが言ってた恋する気持ちに似てるって気づいて
赤くなった。。

「女の子とこんなにちゃんと友達になるのははじめてかも?」
ってゆう志摩クンの言葉に、ますます赤くなって
走り出してふみに電話して「こんな友情もあると思う!」って
叫んだところでオシマイ。。



友だちになってはじめての大げんか、からのラブコメ展開だったけど
6話目でやっと主人公が、これは恋!?ってイシキする展開は
ラブコメにしては遅い気がするけど、このおはなしって
そうゆうラブコメなのかな?それともラブコメがメインじゃないのかも?

そう言えば志摩クンの深い話って、まだなかったけど
どんな子どもで、どんな家庭だったんだろう?
{/netabare}
{/netabare}
第7話「パタパタ モテモテ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
7月、みつみはめでたく前期生徒会の書記に就任。新生徒会長を目指していたストイックな高嶺先輩は惜しくも落選、副会長となっていた。ショックから立ち直れない高嶺先輩を見て、兼近先輩は何か思いついたようで……?
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は高峰先輩が前期生徒会の副会長になったおはなしで
余裕で会長になれる、って思ってた高峰先輩が
サッカー部の次期主将って言われてた川上先輩に負けちゃって
くやしい思いをしたおはなし。。

兼近先輩がそれを知って、自分が小学生の時に作った
黒歴史の動画を持ってきて、高峰先輩に見せてたけど
ちょっと癒されたみたい^^

川上先輩は、内申書によく書いてもらいたくて
わりと軽い気持ちで立候補したみたいだったけど
高峰先輩も、肩の力を抜けたみたい^^

ちなみにみつみは書記になった^^


後半は、夏休みが近づいて、好きな子の連絡先を聞こうとする生徒が増え
志摩クンも、たくさんの女子から連絡先を聞かれて断ってた。。

あの時、志摩クンに出会ってなかったら、自分も?
って考えるみつみだったけど
夏休みに実家に帰る前に、動物園にはじめてのパンダを見に行って
グッズを田舎へのお土産にしようと思って志摩クンに相談。。

その時つい「2人で行かない?」って聞いたら「いいよ」って返事が返って
これはデートか
それとも彼は自分のことを、ただの友だちだとしか思ってないのでは?って
みつみが悩んでると、志摩クンのところに電話がかかってきた。。

それで「先に帰る」って出て行った志摩クンと入れ違いに
ミカに案内された他校の女子が入ってきて
戻ってきた志摩クンがあわてて連れて出て行ったんだけど
その子はミカの読んでる雑誌に出てるモデル!?ってゆうところで終わり。。



今回は、前半はみつみが主役ってゆう感じじゃなかったけど
兼近先輩のやさしさみたいなのが伝わってきてよかった◎

後半は、みつみと志摩クンに恋愛フラグが立ってたみたいで
志摩クンが、いろんな女子に断ってたのに
動物園に2人で、って言われて、あっさりOKだし
その時の志摩クンは、一瞬動きが止まってた^^

みつみは夏休みに帰省する予定みたいだけど
2人はどれくらいの時間、いっしょに過ごせるのかな。。
{/netabare}
{/netabare}
第8話「ムワムワ いろいろ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
みつみと志摩が動物園に出かけることを耳にして、よくないと思いつつ後をつけてしまうミカ。みつみ、結月、誠との女子会でも、素直になれずに途中で帰ろうとしてしまう。そんな彼女に、ナオちゃんは少しだけお節介をすることに。
{/netabare}
感想
{netabare}
みつみと志摩クンのデート
みつみの家でいつもの友だち4人でお泊り会
それに、志摩クンの過去のおはなしがちょっとってゆう感じかな?


ミカが2人のデートのあとをつけた時、ナオちゃんも心配で来てて
2人で後をつけたんだけど、ナオちゃんは
ミカが志摩クンのことが好きだけど、素直になれないことに気が付いて
女子会を早々に退散しようとするミカを呼び止めた。。

根がマジメだけど、傷つきたくなくってスナオになれないミカに
昔の自分を重ねて見てて「ちょっとでも泊っていきたいって思ってるなら
予定が違ってたって言って、戻ったらいい」ってアドバイス。。

恥ずかしいってゆうミカに「恥ずかしいくらいの方が可愛げがある。。
本当の友だちができるチャンスなんてそんなにないから」って^^

それでミカは戻って、みんなと楽しく過ごせたみたいでよかった☆


それから志摩クンのことだけど、弟に動物園でお土産を買ったのに
家庭の事情がフクザツみたいで、持ってたことを思い出し
返そうかと思ってたらみつみから「志摩クンからもらうからうれしいんだよ」
って言われて考えを変えてた。。

それと、夏期講習のあと
子役時代の幼なじみでモデルの西城梨々華に呼び出され
「自分だけ高校生活を楽しもうとするな」って脅かされてた。。

子役時代に彼女は、志摩クンにさそわれて悪い仲間と遊んでたのがバレ
炎上した黒歴史があって、それを引きずってるみたい。。

これは海外留学でもしないとしようがないかも。。
ほかのところでも書いたけど、引きこもるってゆうのも手だけど
誰にでもおススメできることじゃないし。。

あと、志摩クンの家庭の事情と子役時代の黒歴史は、何か関係があるのかな?


結月は中高一環の中学で浮いてて、そうゆうのがイヤでつばめ西を受け
高校デビューで気張ってたら
脱力系のみつみを見つけ、そんなに気張らなくっていいんだって
気が付いて、ダサい系のみつみや誠と友だちになったみたい^^

クラス一、ヒエラルキーが低そうな誠と
正反対な結月が、そんな周りの思いとか気にせず仲良くしてるのが良かった☆



「僕の心のヤバイやつ」を見はじめたせいで、このおはなしと「僕ヤバ」
それと、ちょっとだけど「推しの子」が重なって見えてきて
どれかを見てるとデジャブを感じて、ちょっとヤバイかもw

とくに、「僕ヤバ」は学園青春ものだし
美人の結月と天然のみつみを足した様なキャラが「僕ヤバ」の山田杏奈で
自分を卑下して、結月やみつみに劣等感を持つミカが
スナオになれない市川クンに重なってるみたい。。

今期は、学園ものに芸能人が関わってくるアニメが多いかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第9話「トロトロ ルンルン」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏休みも後半に入り、みつみは凧島町に里帰り。懐かしい実家に帰って、中学の友だちと会って、親友のふみとも遊んで……たっぷり充電できたみつみは、ふたたび都会へ。元気いっぱいで新学期を迎えたけど……?
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、みつみの里帰り。。

ふみが男の子と付き合うことになった話とか聞いたり
久しぶりに帰ってきたせいか、家族からも何となく大事にされて
中学の時の友だちと同窓会やったり、ふみや兄弟と遊んだり
楽しい夏休みを過ごした。。


後半はみつみの新学期。。

クラスの友だちで夏休み明け初めて会ったのが志摩クンで
テンション上がったけど、彼にお土産を渡そうとすると
何となく避けられてる様な空気があって、なかなか渡せないでいた。。

生徒会で、つばめ西の文化祭が盛大になることを知ったみつみは
誰かに話したくって、目に付いた志摩クンのところに
お土産を持って駆けて行き、思いっきり話した。。

志摩クンはいつものように聞いてくれたけど
元気のない彼に、イカせんべい3枚あげて去って行った。。

彼は、自分には楽しい学園生活を送る資格がない
って思ってて、みつみたちがうらやましかった。。

そして文化祭。。
みつみたちのクラスは演劇をやることになって
志摩クンの顔が曇ったところでオシマイ。。



志摩クンは彼女の気持ちを考えて、自分だけが。。って思うんだろうな。。

そして演劇からも逃げられなさそうだけど
マイナス×マイナスはプラスになるって聞いたことあるし
楽しくっちゃいけないんだったら、思い切って芸能界復帰してみたり
苦しい方向に行ってみてもいいかも?

それでもダメなら、全力で逃げたらいいと思う。。
{/netabare}
{/netabare}
第10話「バタバタ ポロポロ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
もうすぐ文化祭。1年3組は演劇をやることになったけれど、みつみは生徒会の仕事があり、クラスの準備にはあまり参加できずにいた。無理して脚本の打ち合わせに協力しようとしたものの、寝坊して遅刻してしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
1年3組は「サウンド・オブ・ミュージック」っぽい劇をやることになって
自分で“断わらないキャラ”だって思ってる志摩クンも
役をやることになっちゃった。。

みつみは生徒会の仕事で寝る暇もないほど忙しいのに
脚本の手伝いまで引き受けたけど、朝の打ち合わせに遅れて
結局、みんなに迷惑をかけた。。

そんなみつみを見ながら、志摩クンは子役時代
お父さんとケンカばかりで泣いてたお母さんをなぐさめようと
一生けん命だった自分のことを思い出してた。。

大変そうなみつみをはげまそうとしてくれる志摩クンに気づいたみつみは
いやがってた演劇を志摩クンにさせちゃったことや
簡単に仕事を引き受けたりしてみんなに迷惑をかけたことを
周りが見えてなかった、って悔やんで泣いた。。

そんな簡単に泣くみつみを見て、これなら傷つかずに済むように
田舎で明るくすごし、変わらずにいてほしい☆彡って願う志摩クンだったけど
クラスの劇の話になり、みつみを相手に劇をやってみたら空気が変わった。。

友だちと会うのが気まずいんじゃない?って心配する志摩クンに
みつみは、その子に話したいことがあるって、すぐにクラスに戻ると
時間をけずるアイデアを話して、自然に仲間の輪に入って行った。。

そんなみつみに、幼いころの自分が癒されたような気がした志摩クンだった
ってゆうおはなし^^



みつみが志摩クンに
「私はド派手に転ぶけど、その分起き上がるのもめちゃくちゃトクイ^^b」
って言ったところで、急に涙があふれそうになった。。

このおはなしがバトルヒーロー物だったら、ヒーローのみつみが
敵にやられてボロボロになって、立ち上がることも難しく見えるシーンから
「でも、負けない!」って立ち上がる、感動のシーンだったからだと思う☆

そんな、変わらないみつみに
志摩クンと見てる人たちが勇気をもらったおはなしだった☆
{/netabare}
{/netabare}
第11話「ワイワイ ザワザワ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
いよいよつばめ西高の文化祭がスタート。みつみのクラスの劇は好評で、志摩も楽しんでいるみたい。中学時代の友だちを招待するクラスメイトも多くて、東京に知り合いのいないみつみは寂しさを感じていたけど……。
{/netabare}
感想
{netabare}
いよいよ文化祭当日で、前半は結月のメインの回ってゆう感じ。。

美術部(たぶん)の結月は作品の展示の店番をしてて
男子に声をかけられることが多いけど、みんな彼女の絵なんかより
美人の彼女に興味を持ってるのが見え見え。。

あと、誠の中学の友だちが来てたんだけどオタ系で、誠に紹介されても
リア充で自分たちとは関係ないってゆう感じで
結月は避けられてるみたいな感じ。。

でも、仲良しの4人が集まって話してて、半年しかいっしょにいないのに
本当の自分を見てくれる親友ができたことをよろこんでる結月を見て
東京におな中の友だちがいなくって、さびしい思いをしてたみつみだったけど
自分が間違ってたことに気付いて、思わずスキップした^^


後半は、志摩クンのお母さんが3歳の弟といっしょに来て
はぐれた弟クンが、行き先が1年3組だったことを思い出し
みつみたちのクラスにひとりで来て、出てた志摩クンがいそいで戻ると
それまで笑ってた弟が急に泣き出した。。

今まで、どう付き合っていいか分からないで避けてた志摩クンだったけど
気を使いやすいところが似てるって友だちに言われ
弟と仲良くなれそうな志摩クンだった。。

そして、お母さんが生徒会室にいるって聞いた迎えに行ったみつみが
お母さんを連れて、クラスの前まで来ると
そこに梨々華も来てて、2人が顔を合わせたところでオシマイ。。



にゃんは、小学生の頃、おじさんたちと家族旅行に出かけた時
駅で忘れて置いてかれちゃったことがあって、
パパが次の駅ですぐ引き返してくれたけど、泣いちゃった。。

志摩くんの弟って強いなぁって感心しちゃった^^


あと、志摩クンの家庭の事情が気になったけど
お母さんは本当のお父さんと別れて、再婚したのかな?

でも、その事より
お母さんと梨々華が出会って、何が起きるかの方が気になる。。

たぶん来週で終わりだから、うまく決着がつくといいんだけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第12話「キラキラ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
文化祭最終日。1年3組には志摩の母と弟、さらには志摩の幼なじみでモデルの梨々華も見学にきたけれど、なんだか微妙な空気に……?高校に入学してから自分の中で何かが変化していっていることに気づいた志摩は、梨々華に今の正直な気持ちを話しはじめて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
自分がに嫉妬してることに気が付いた志摩クンが
志摩ママにイヤミを言ったり、自分の過去をバラす梨々華に、ホンネを話し
前向きに生きるならいくらでも協力するって約束し
梨々華が、本当は自分が悪いことに気付くおはなし、だったのかな?

梨々華は、志摩クンが幸せそうに見えて、嫉妬してるだけ?

暗い思いを持ってて、自分と同じレベルに落とそうとしてるとか
そんな感じだったけど、彼が明るく接してきたから
自分が嫉妬してるだけって分かって、恥ずかしくなったのかも。。


あとは、文化祭が終わって、バタバタしてたけど
みつみは充実してた☆



おはなしはそんな感じかな。。

スキャンダルに巻き込まれたことを志摩くんのせいにしてた梨々華だったけど
実は自分にも問題があったことや
勉強できないことまで志摩クンのせいにしてるみたいで
志摩クンはそれほど悪くなくって良かった◎

志摩クンも、学校が楽しいって思えるようになってよかった☆

梨々華も、みつみみたいな子に出会えてたら
わざわざ志摩クンを不幸にしに来なくっても良かったのに☆彡

でも、クリスくんがいてくれるから、まだよかったのかな?

ただ、クリスくんには下心もありそうだから
純粋に梨々華のために、ってゆうのと、ちょっと違う気もする。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


学園日常コメディー(ラブコメ入り)ってゆう感じのおはなしで
田舎から出て来た純粋でスナオな少女、みつみに
いろんな悩みを持った子たちが影響を受け、仲間ができて学校が楽しくなる
ってゆうおはなしだったのかも。。


ちょっとイジワルな子がいたりするけど、それほどギスギスもなかったし
こんな学校なら、悩みとかあっても、楽しいだろうな☆って思える
気持ちの伝わる、いい学園コメディーだったと思う^^









.

投稿 : 2023/06/23
閲覧 : 443
サンキュー:

63

スキップとローファーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
スキップとローファーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

にゃん^^が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ