「鬼滅の刃(TVアニメ動画)」

総合得点
82.3
感想・評価
434
棚に入れた
1803
ランキング
242
★★★★☆ 4.0 (434)
物語
3.9
作画
4.3
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
3.9

TVアニメ動画「鬼滅の刃」のフル動画をスマホで快適に無料視聴できる方法

writer:

TVアニメ動画「鬼滅の刃」のフル動画を無料視聴する方法をわかりやすく紹介していきます!

なお、当サイトでご紹介しているTVアニメ動画「鬼滅の刃」の動画配信状況は2019年3月現在のものになります。

VOD(ビデオオンデマンドサービス)は配信状況が流動的なので、詳細は各サービスにてご確認ください。

TVアニメ動画「鬼滅の刃」を無料視聴する方法

先に結論をお伝えすると、TVアニメ動画「鬼滅の刃」のフル動画を今すぐ無料視聴するには、アニメ動画配信サービス・アニメ放題を利用するのが最もオススメな方法となります。

>>TVアニメ動画「鬼滅の刃」を無料で観る

では、なぜオススメなのか?
以下で理由を説明していきます。

アニメ放題

アニメ放題はお試し期間が初回1ヶ月設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

最近のVODと呼ばれる動画配信サービスはどこも1ヶ月の無料期間があります。

それならそんなに差がないのでは?と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。

その差が、スマホアプリで見た時の速さと画質です!

これは人によりますが、最近は自宅のTVやパソコンではなくスマートフォンで観る方が多いのではないでしょうか?

特にアニメ作品だと、1期もので12話。2期ものだと24話とかなりの話数をみるので、パソコンでみようとすると、自宅のパソコンを長時間占領することになり、またテレビとつないでみようとすると、テレビを長時間占領する事になってしまいます。

また一人暮らしでも、常にテレビやパソコンの前でみるかというと、これがけっこう疲れます(笑)

アニメの良いところは、なんといっても気軽にみれて、疲れないところ!

だから、パッと見たいときに気分転換できるスマホやタブレットアプリでの視聴はとても相性がいいです。

けれど、名作や人気作品ほど、手間とお金をかけて作られていて、
・枚数が多い、絵がぬるぬる動くようなOPシーンで動画が止まってしまう
・大事な戦闘シーンで止まってしまった!? ・良いところでカクカクしてしまう
なんてなったらガッカリしますよね?(笑)


だからこそ、アニメをスマホでの視聴に特化しているアニメ放題はおすすめです。

今後も使い続けたいと思った時、料金的にアニメ放題がおすすめ

2,400作品以上が1ヶ月無料で見放題!

1ヵ月無料で使って、まだ観てる途中だったのに~
となってしまった時にも、アニメ放題はおすすめです。

VODと呼ばれる動画配信サービスは最近だとかなりの数が乱立していますが、料金は様々です。

特によく紹介されている、

・Hulu(933円)
・U-NEXT(1,990円)
・Netflix(800円~)

などはよくネットで見かけるかと思いますが、実は料金が高く、継続したいとなった時に結構お財布が痛いのです。

その点アニメ放題はアニメをスマホでみる事に特化しているため、月額400円という圧倒的安さがあります。
U-nextの1ヵ月分の料金で5か月使えちゃいますからね(笑)

アニメファンなら今すぐ登録!

すべて見放題は本当に安い!

アニメは1作品につき平均12話あるので、レンタルだと100円デーみたいな安いタイミングを狙っても1クール7巻で700円!?

普通の時にレンタルしたら2100円もかかってしまいます!?

その点でも、見放題作品しかないアニメ放題は気軽でいいです!

Anitubeなど違法動画サイトで無料で観るのは危険?

「Anitubeなどの違法サイトを使えば無料でみれるから」

と思っていた人も多いかも知れませんが、2019年2月に著作権法の改正案を文化庁がまとめました。

その内容は、
「権利者の許可なく、インターネット上のあらゆるコンテンツについて、著作権を侵害していると知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする」こと。

と定められています。

ただ視聴するだけなら問題ないじゃん!と思うかも知れませんが、視聴するだけでダウンロードしているのはご存知ですか?

動画を違法サイトで視聴するという事は、実はスマホやパソコンにデータをダウンロードしながら、それを画面で再生しています。

つまり今回の著作権法の改正におもいっきり抵触する事となり、従来のような罰金ではなく前科のつく刑事罰として逮捕されるようになります。

また違法なサイトにアクセスした場合は警告文を出すなどの話題も上がっており、これは言い換えれば、

「あなたが違法なサイトにアクセスした瞬間にその証拠を握られる」

ことを意味しています。つまり、違法サイトにアクセスしたら、いつでもあなたを逮捕できる状態になってしまいます。

まだ確定ではないので、今後どうなっていくかはわかりませんが、この大きな違法動画サイトへの流れは変えられません。

だから、早期にちゃんとした正規の動画配信サービスを使うことをおすすめしています。

鬼滅の刃のストーリー・あらすじ

血風剣戟冒険譚、開幕。舞台は、大正日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変した。 唯一生き残ったが凶暴な鬼に変異した妹・禰豆子を元に戻す為、また家族を殺した鬼を討つ為、2人は旅立つ。鬼才が贈る、血風剣戟冒険譚!(TVアニメ動画『鬼滅の刃』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

鬼滅の刃各話のタイトルまとめ!

第1話: 残酷

第2話: 育手・鱗滝左近次

第3話: 錆兎と真菰

第4話: 最終選別

第5話: 己の鋼

第6話: 鬼を連れた剣士

第7話: 鬼舞辻無慘

第8話: 幻惑の血の香り

第9話: 手毬鬼と矢印鬼

第10話: ずっと一緒にいる

第11話: 鼓の屋敷

第12話: 猪は牙を剥き 善逸は眠る

第13話: 命より大事なもの

第14話: 藤の花の家紋の家

第15話: 那田蜘蛛山

第16話: 自分ではない誰かを前へ

第17話: ひとつのことを極め抜け

第18話: 偽物の絆

第19話: ヒノカミ

第20話: 寄せ集めの家族

第21話: 隊律違反

第22話: お館様

第23話: 柱合会議

第24話: 機能回復訓練

第25話: 継子・栗花落カナヲ

第26話: 新たなる任務

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
ufotable
公式サイト
kimetsu.com
主題歌
《OP》LiSA『紅蓮華』《ED》FictionJunction feat.LiSA『from the edge』

声優・キャラクター

花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、櫻井孝宏、大塚芳忠、山崎たくみ

スタッフ

原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄、キャラクターデザイン:松島晃、サブキャラクターデザイン:佐藤美幸/梶山庸子/菊池美花、脚本制作:ufotable、コンセプトアート:衛藤功二/矢中勝/竹内香純/樺澤侑里、撮影監督:寺尾優一、3D監督:西脇一樹、色彩設計:大前祐子、編集:神野学、音楽:梶浦由記/椎名豪、制作プロデューサー:近藤光

既に420件のレビュー・感想・評価が集まっています

noRespect

★★★★★ 4.3

タイトルなし

シナリオ以外の曲や戦闘シーンの作画、声などは全て完璧だと思う。シナリオは良くも悪くも王...

シン☆ジ

★★★★★ 4.3

絵も話も演出も独特で好き

ある時、家に帰ると中は血の海。 そこには吸血鬼に襲われた家族達が横たわっていた。 生き...

もっとみる(全434件)

鬼滅の刃のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
鬼滅の刃のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの関連ニュース

2019-10-09

誕生日を祝った、9月生まれのアニメキャラは?「鬼滅の刃」我妻善逸ほか9月3日生まれのキャラが人気! - アニメ!アニメ!Anime Anime

誕生日を祝った、9月生まれのアニメキャラは?「鬼滅の刃」我妻善逸ほか9月3日生まれのキャラが人気! >> 続きを見る

2019-10-08

『鬼滅の刃』手のひらサイズのぬいぐるみマスコット「まめめいと」が登場!胡蝶しのぶや鬼舞辻無惨など9人がラインナップ(2019年10月8日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース

『鬼滅の刃』手のひらサイズのぬいぐるみマスコット「まめめいと」が登場!胡蝶しのぶや鬼舞辻無惨など9人がラインナップ(2019年10月8日)|BIGLOBEニュース >> 続きを見る

2019-10-08

2019年10月8日のヘッドラインニュース - GIGAZINE

2019年10月8日のヘッドラインニュース >> 続きを見る

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

もしかしたら犯罪かもしれない海賊版違法無料動画サイト

アニチューブ(anitube)

アニチューブ(anitube)

「Anitube」は海外で違法に運営されていた動画サイトでした。日本で放送されたほぼすべてのアニメ動画が観れるサイトとして違法サイトの中では代表的なサイトとなっていましたが、漫画村の事件から日本政府が不正海賊版サイトを遮断するようになり、その際ににanitubeも閉鎖されています。今では「Anitubeが見れない!」という状態となっています。代わりになる類似サイトとしてAnitubeX(https://www.anitubex.net/)Anitube Brasil(https://anitubebrasil.net/)もありましたが現在では閉鎖されています。また最近ではアニチューブが移転して復活したという噂もありますが、違法動画サイトでいつ使えなくなるかもわからないので利用は辞めておきましょう。

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)は日本で運営されていた、主にアニメを中心とした無料動画の情報のまとめサイトでした。しかしアニポで紹介されていた動画はすべて違法にアップロードされたアニメ動画であった為、2018年2月に漫画村などの違法にコミックをアップロードしているサイトが社会問題化した流れで閉鎖され「アニポが見れない」と騒がれました。しかし、数日のうちにアニポに変わるサイトとしてanipo.tvとして新URLで復活しています。ただし、新しいアニポは危険なサイトとしてウィルス感染が報告されており、かなり危険そうなイメージです。そもそも違法サイトという事もあって、利用は辞めておいた方が安全だと思われます。

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画は株式会社ドワンゴが運営する動画配信サイト。以前は違法アップロードされたアニメが横行していましたが、現在ではアニメに特化した「ニコニコチャンネル」もあり、有料の動画配信サイトとしてアニメが観れるサイトとなっています。コメントが打てる動画サイトとして有名で、ニコニコ生放送やニコニコ静画なども人気を博しています。

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotionは、フランスで生まれたYoutubeのような動画共有サービスで、日本では違法な動画が多い為、anitubeなどと同じような海賊版サイトと思われがちですが、むしろ世界的にはYoutubeと類似した機能を持つ動画サービスです。ただしここにアップロードされているアニメは基本的にはすべて違法動画であり、視聴したりダウンロードする事は違法な行為となります。

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

Pandora TVは韓国が運営する動画共有サービスです。違法な動画ばかりで、また広告が多く、ウィルスに感染させるバナーなどが多く掲載されていたため、危険なサイト、違法なサイトと日本では認知されています。

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)は中国が運営する動画共有サービスです。基本は個人が動画を共有する事を前提としたサービスでしたが、違法なアニメ動画を大量配信しているサイトです。またその動画をみたい日本人にむけて日本語に対応している事で日本人で違法なサイトでアニメを視聴したい人に人気でした。ただし、中国も徐々に違法な動画の撲滅に動き始めており、以前よりも違法な動画は減り、徐々にアニメを違法で観るサイトとしては下火になりつつあります。

kissanime(キスアニメ)

kissanime(キスアニメ)

キスアニメは日本アニメやドラマ、映画などを違法にアップロードしているサイトです。最近では閉鎖したアニチューブの代わりとして多くのユーザーがkissanimeに移行したようです。ただしkissanimeは運営者やアップロードしている人が不明なために視聴していた動画に何かが仕込まれているという可能性はゼロではなく非常に危険な可能性があります。またウィルス広告が出る、過去にハッキング被害を受けている、という歴史もあり、パソコンやスマホ、タブレットで閲覧するとそのデバイスが壊れてしまう可能性もあるため、kissanimeにアクセスはしないようにしましょう。

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポストは既に閉鎖(非公開)された違法動画の紹介サイトで、anitubeの違法動画へリンクする事でアニメを紹介していたサイトです。名前が似ている事からアニポの正式名称だと思われがちですが別のサイトです。どちらも違法な動画へ利用者を誘導していた事は共通しており、漫画村事件をきっかけに、身の危険を感じた運営者がサイトを閉鎖させたようです。

×
ページの先頭へ