「鬼滅の刃(TVアニメ動画)」

総合得点
84.1
感想・評価
571
棚に入れた
2260
ランキング
195
★★★★☆ 4.0 (571)
物語
3.9
作画
4.3
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

鬼滅の刃の感想・評価はどうでしたか?

kameko さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全話神回すぎてこんなにはまったのはSAO以来!

家族を鬼に殺された心優しい主人公が、半分鬼になってしまった妹を人間に戻すため、旅に出るお話。主人公の心がどんどん強くなってたくましくなるのに、変わらない優しさ。鬼は悪い奴なのに、死ぬときには人間だったころの回想に泣かされた。登場人物も確立されていてわかりやすい。次の展開が気になってしょうがないのに、続きが映画なのはショック・・・
コメディ要素も満載で笑ったり泣いたり心を揺さぶられるアニメ。

投稿 : 2019/12/05
閲覧 : 90
サンキュー:

3

てっく さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

鬼は虚しい生き物。

あらすじは割愛。

少年時代に戻ったかの様にワクドキが止まらず、ただひたすらに彼らの行く末を追い掛けたい作品でした。
演出に関しても、ついつい前のめりで応援したくなる様な引き込まれ感がありました。
蜘蛛の家族と対決した際、蜘蛛の母に炭治郎が見せた優しさ、累に掛けた情けには感慨深いものがありました。
仇である鬼に対し、一般的には『ありえない』炭治郎の働きかけ。
そんな非日常的な『ありえない』価値観に人は憧れるのかも知れませんね。
力で家族を演じた累に対し、絆で答えた炭治郎の姿に胸が熱くなりました。

相当時間を掛けてるんだろうなと思わされるほどの映像美。
歌詞に台詞を織り交ぜてたりと憎い演出が大好物です^^

劇場版も決まっており、今後の作品にも期待してます。

善一めっちゃ好きやわ~(笑

投稿 : 2019/12/04
閲覧 : 59
サンキュー:

11

koucha さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:----

タイトルなし

全てのエピソードの評価が高いというよりも飛びぬけた神回があるというある意味評価が難しいアニメであるが、後半に行けば行くほど楽しめた。
最初の数話で退屈だと感じても最後まで見る価値はあります。

投稿 : 2019/12/02
閲覧 : 59
サンキュー:

4

とろろ418 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

他人が右を向いたら、右を向く?

とても話題になっていたため視聴。
好きな人には申し訳ないですが、バッサリ切り捨てちゃいますね。
少なくともアニメにおいては、とてもひどい作品でした。
というのも、これ。アニメとしての表現に全く合ってないんですよ。
敢えて言うなら、オーディオドラマ。
絵で『描写』すべきところを態々台詞で『説明』してるのですから、くどいのも当然です。
せめて、台詞による『描写』であればまだよかったのですが。
その上、これだけ説明しておいて描写が足りていないんですから、救いようもないレベルと言えます。
どんな技なのか全然分からないし、それぞれのキャラが何をしたいのかも分かりません。

他で例を挙げると『Another』が顕著でしたが、小説には小説、漫画には漫画、アニメにはアニメの表現があります。
そこを理解せず、そのまま持ってくるとこうなっちゃうよ、という新たな例として挙げるべき作品なのではないかと思います。

投稿 : 2019/12/01
閲覧 : 180
サンキュー:

5

ダビデ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ジャンプ作品王道のおもしろさ バトルシーンの作画がとても良い。

時期別ランキングが高かったので、気なって視聴。
直ぐにハマり、いっきに視聴。

設定は大正時代の鬼や特殊な能力が出てくるローファンタジー。
観てて、バトルシーンがとても良い作画でした。

物語は、ジャンプ作品の王道ともいえる三大原則が楽しめる作品。
インフレが起きたところで、一期終了でした。
というか、一期26話が至極に面白いプロローグのように感じ、今後への期待が高まっています。
続編の映画、二期がとても楽しみです!


ふと、思ったのですが、少年漫画原作の方が、残酷な描写が多かったりしません?

投稿 : 2019/11/29
閲覧 : 114
サンキュー:

11

だんな さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

好きになれない

一期の16話くらいまで観たけど、8話くらいから面白いとも感じなく、断念。
炭治郎も、特に善逸は好きになれないなー。普段もバトル中も2人の心理描写がグダグダと長く、テンポが悪い。ストーリーも技も深みがない。女性ウケしそうだけどね。
なんでこんなに人気なんだろなー。

投稿 : 2019/11/27
閲覧 : 132
サンキュー:

2

陽太郎 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

話題になるだけあって、しっかりしたアニメ

話題になっていたから観てみたけど、話題になるだけあって観て損はなかった。シーズン2も期待したい。

■良かった点
・Ufotableだけあって、作画などは安定していた。
・音楽もアニメにマッチしていた。

■悪かった点
・少し展開が遅く感じた。

投稿 : 2019/11/26
閲覧 : 88
サンキュー:

5

ねいばー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

キャラが濃い

キャラ濃すぎてちょっとしつこいが、かわいいキャラもいるからそこは耐えられる。ジャンプっぽくてそういうの好きな人はいいと思う。個人的には、もっとダークにして欲しいけど。

作画や曲は文句なし!

投稿 : 2019/11/25
閲覧 : 47
サンキュー:

4

リタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

安定した面白さ

原作未読で、後半になってジャンプ連載だと知りこんなにも人気がある理由に納得。
確かに安定した作画と無理やりなテンポ等がなく安心して楽しめた。
悪は確定的な悪として鮮やかに描かれているし、家族愛や仲間意識など、押さえるところはしっかり盛り込んでいるので面白い。

きっとかなり続くんだろうなーと思わせるところで一期?は終わってるのでどんどん続編が出そう。

ただ、ハラハラするような緊張感や興奮は他の絶大な人気を誇る作品と違い、薄めかなと思う。

投稿 : 2019/11/25
閲覧 : 65
サンキュー:

4

ぷりんぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

続きが気になる王道アニメ

原作未読勢。中だるみすることなく全26話視聴。
主人公が人喰い鬼をぶった斬る!
重めなテーマやグロ描写をギャグパートで緩和させたり、世界観は違えどシリアスとギャグのバランスは鋼の錬金術師に近いと感じた。
話が重くなり過ぎないようにという少年誌特有の配慮なのかもしれませんが、せっかく物語に没入できそうなところで入る過剰なギャグ演出とか、手前勝手な鬼の身の上話は個人的に萎えるポイント。
とはいえ、物語としては王道だし万人が楽しめるジャンプ系作品。続きが観たい!

投稿 : 2019/11/24
閲覧 : 46
サンキュー:

2

まさき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

苦手

1話目を観てこれは期待できると思ったのですが
結果、1話目がピークでした。

グロいのまでは耐えれたんですが、血の描写が・・・
血が苦手な私には耐えられませんでした。

投稿 : 2019/11/22
閲覧 : 78
サンキュー:

3

ネタバレ

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

犬夜叉路線

漫画が売れに売れているとのことですが、作者が女性だということで合点がいきました。

王道の「妖怪奇譚もの」+「少年ジャンプ」ということで、何故か10年前の「ぬらりひょんの孫」以上の売上を見せていることも非常に興味深いです。

映画も決定し、ノリに乗っていますが、最近また漫画の売り上げが底上げしているそうなのでこのまま頑張っていただきたい所存です。

投稿 : 2019/11/22
閲覧 : 125
サンキュー:

13

ネタバレ

砂粒と嵐 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

初めてアニメにハマった

本当に面白くて、やることそっちのけで一気観してしまった。ジェットコースターの如くどんどん話が進むから目が話せない。とにかく劇伴が素晴らしく、何度も鳥肌が立った。オープニングもエンディングもLiSAなのも嬉しい。
一話目から泣いてしまったし、その後も何回も何回も泣かされた。
大正という舞台設定がまず絶妙。
炭治郎が健気でまっすぐでいい子すぎるんで、こちらの生き方も正されるような思い。
かっこよすぎるし兄ちゃんすぎるし痺れた。
強くて優しい、が幼い頃からの夢だった自分、ああ炭治郎になりたかったんだなあと思う。
こんなに誰もが応援したくなるキャラクター、なかなかいない。
禰豆子ちゃんは画面の中に存在してるだけで愛おしい。
鬼滅隊同期はじめとするメインのサブキャラたちは、みんな個性が強くて面白いんだけど、どこか可愛さを売りにしてて、しかも決して炭治郎を追い越さない程度の魅力、ってとこがまた良かった。
最初に出てきた義勇さんがかなり回を重ねて再登場し、またも炭治郎を助け導いてくれた、更には命をかけてくれた、というシチュエーションのせいで、かなり義勇さんに信頼を寄せたというか親愛の情を抱いてしまったのは、私だけではないはず。

家族の絆とか、師弟愛とか、慈悲の心の偉大さとか、残酷で理不尽な運命とか、それでも戦う人間の強さを目の当たりにしたときの感銘とか、そういう普通に生きてればなかなか直面することのない、仰々しすぎるような琴線のふるえに、「鬼滅隊」というシステムの経由によって、毎話のごとく出会うことができる。これこそがフィクションの醍醐味なのかなと思った。
それをより効果的に演出するのが、アニメの要素である作画のダイナミックさだったり、色彩感の妙だったり、構成の笑いと涙のバランスだったり、実写には絶対合わせられないようなドラマチックな劇伴だったり、声優さんひとりひとりの迫真の演技だったりするわけで。
とにかく、アニメっていいもんだな、と痛感した。

LiSAが紅蓮華をリリースした時のインタビューで
「誰かのために強くなれるなら 悲しみよ ありがとう」
の部分を炭治郎に歌わせるのはあまりにも残酷だから、アニメOPでは歌詞を変えていると話していた。その意味がすごくよくわかるし、そういうLiSAが私は好き。

投稿 : 2019/11/20
閲覧 : 129
サンキュー:

7

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

普通に面白かった。

原作:漫画 未読

全26話


感想

ジャンプの凄い人気漫画ですが、読んでないんですよね。(苦笑)

舞台が大正時代の日本。
鬼が蔓延る世界で、刀を使って鬼退治するお話でいいのかな?
どことなく「終わりのセラフ 」や「双星の陰陽師」にも似たバトル漫画に感じます。

鬼に家族を殺され、唯一生き残った妹 ねずこは鬼化してしまい、人間に戻すため鬼殺隊に入隊し、鬼と闘いながら旅する感じですかね?

この作品を一言で言い表すなら、兄妹の絆を半端なく感じれる良作品。

妹を人間に戻すため、炭治郎が切磋琢磨して成長し、強くなる姿は尊いです。

話自体も面白いので、毎週観るのが楽しみでした。
アニメの続きが劇場版で制作されるのが決定してるらしいので、円盤出たら観ようかな。
(レンタルですま~ん!)


キャラデザはそんなでもないですが、背景や戦闘の映像が半端なく綺麗で凄いので見惚れてしまいます。
流石 ufotableですね。

主題歌では、OPを全26話すべて LiSAさんが歌う「紅蓮華」でしたが、いい曲だったので、別段文句もなく良かったです。
勿論CD購入済。
今年の紅白に初出場の LiSAさん。まだ歌う曲が決まってないですが、紅組だけにきっと「紅蓮華」を歌ってくれるんじゃないかな?

EDもいい曲で、 FictionJunction feat. LiSAさんの「from the edge」が聞きたくてCDいつ出るのかな~っと調べても、未だにシングルCDは出てません。
この曲、デジタル配信しかないんですよね・・・
なんでやねん!
最近 こういうの大杉!!
頼むからCD出してクレメンス!!!

投稿 : 2019/11/19
閲覧 : 62
サンキュー:

15

あぽろ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

うーん…

物語は終わり方がなんか違うなぁって感じですね
「俺たちの冒険はこれからだ!」みたいな。
作画自体は私の好みにハマってたので高めです。
声優さんは、人気声優さんをモブにも沢山使っていて、凄いなとは思いましたが、キャラクターとのイメージとは合って無いですね、例に挙げるとカナヲ。見た目はもうちょっと高めの声だと思ってたんだけど…まぁ聞いていく度に慣れるかなぁとも思っていましたがずっと違和感しかなかった。有名な声優さんを使って視聴率を上げようとしてる様にしか見えなかった。OP.EDに関しては素晴らしいと思います。キャラクターは炭治郎が気になりましたね、、他の方も書いていらっしゃるのですが、目上の方に敬語を使ったり使わなかったり…炭治郎は真面目なキャラクターなので敬語を使うに揃えた方が良かったかと…

投稿 : 2019/11/17
閲覧 : 77
サンキュー:

2

ネタバレ

しゅる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

声優の無駄遣いがすごい

LiSAがOP担当するってことで見たアニメ。

序盤はものすごく引き込まれて、続きがすごく気になって
いったけど、中盤、終盤となるにつれて面白さが加工していったイメージはあるかな。

作画・音楽と、共に完成度は高くて作品自体はものすごく作り込まれたものなんだなって感じました。

映画の発表がされたので期待して待っています。

投稿 : 2019/11/17
閲覧 : 74
サンキュー:

2

たかし さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

色々と好き

敵にもストーリーがあり面白い

投稿 : 2019/11/16
閲覧 : 72
サンキュー:

2

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

なんでこんな評価が高いんだろう

視聴理由 Lisaさんがop担当するらしい

序盤 鬼を滅殺!

中盤 は?

終盤 きっしょ

この話は妹を救うために鬼滅を目指す話
ジャンルはバトル
私には全然合いませんでした。全くと言えるほど、本当に。
特に目立ったのが「結局何が言いたい」
バトルやシリアスシーンの直後にネタ(ギャグ)のせいでバトルやシリアスの重みや重要さが全く感じられませんでした。急にギャグや急にシリアスになるのはただの「作者のネタ切れに対する逃げ」にしか見えません。まぁ実際にそうなんだろうけどね。シリアスなことが言えないんだろう。バトルも絶対勝つし。勝敗が最初から分かってるバトルなんて見てられない。作画にしか集中出来ない。
主人公に関してもウザイ。ハーレム主人公じゃないけど、個人的には嫌い。例をあげたらキリがない。善之助との出会うシーンとか奏のコインを投げるシーンとか。おもわず「きっしょ!」と声が出てしまいました。
そして、派生作品をよく見かけますがいわゆる「ショタBL」です。腐女子と呼ばれる人達がこの作品を推しているらしいですが、全く共感出来ないので、低評価です。
ほかのキャラに関しても「すぐに信念を変える」「人間全員アホ」まだ鬼の方がまともな思考。
ラストに関しては「俺たちの戦いはおれからだ!」みたいな打ち切りマンガみたいな終わり方。
結果的に何が言いたかったのか分からない作品ですが無理やり書くとすれば「鬼とは闇なのか」についてぐらいですかね。太陽の光によって消える鬼は夜の中でしか活動出来なく、人を喰らうという人間社会の闇でもあります。しかし、光が正しいと誰が決めたのでしょう。闇は不気味と誰が決めたのでしょう。鬼にも正義と秩序があり人にも悪と下劣かあります。そのあたりをもう少し考えて欲しかったです。鬼を絶対悪と捉えてるのはちょっと如何なものかと。

作画は素晴らしく、戦闘シーンの描写や重要場面の丁寧さは目を見張るものでした
opはSHIROBAKOのop1op2を担当した草野華余子さん作曲で作詞歌唱担当のLiSAさんの「紅蓮華」神曲
edは数々の名曲を生み出した梶浦由記さん作詞作編曲の「from the edge」神曲
声優さんたちもかなりあっていた。炭治郎以外。肝心なキャラがウザイんだけどね笑

総評 まぁ全くオススメしない。なんでこんな評価が高いんだろう…

投稿 : 2019/11/15
閲覧 : 227
サンキュー:

16

takeboo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

サクサク見れる

少年漫画っぽいところは置いといて、断念せず視聴終了。
原作は17巻までいってるが、本アニメでは6巻までの部分。
続きの劇場版でも7、8巻らしい。すると、劇場版の後、第2期があってもまだ追いつけないので是非とも続編お願いします。
77点

投稿 : 2019/11/13
閲覧 : 59
サンキュー:

4

わさビーフ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

鬼滅っちゃーん!ええ感じやん! ウフフ

わしゃ~~~いくつまでジャンプっ子なんじゃぁ!!!!
うげげーーうげげ==うげげーー!!

・・・・とまぁ 何やかんやでひさびさのレビュー書きかぁ・・・

そーいや、朝の通勤で横におった30ぐらいのサラリーマンが
鬼滅の刃観てて親近感湧いたなぁー 「おおーお前もかぁー!」みたいな

何か若い子らに鬼滅っちゃん人気あるみたいやけど
ジャンプっ子中年が自分以外も身近にいて わしゃー わしゃー
嬉しかったワーーーい とまぁレビューってこんな感じやったっけ?

まぁーええわ   好き勝手書いて寝よー (笑

鬼滅っちゃんねぇーー  ・・・・ひと言で言うなら

「歴史は繰り返されるだなぁ・・」 

同じような似たようなアニメは自分らが子供の頃から沢山あって
まぁー人それぞれ感じ方は違うかも知れんけど核になってるアイデアは
「どっかでみたことあるキャラクターやな、展開やなー、ストーリーやな
世界観やなぁーっ」

これはしょうがないもんねー そりゃーアニメって歴史古いし

突然めんどくさくなったのでここでまとめよう。。。
俺は鬼滅っちゃん大好きやーーーー

以上!!! 

投稿 : 2019/11/12
閲覧 : 33
サンキュー:

12

ぱおきち さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

自分としては,たぶんフェードアウト

(自分が)冨岡さんに似ていると言われたので,気になってみてみました。(笑)

冨岡さんについては置いておいて(はっきり言って自分に冨岡さん要素があるとは全く思えませんでした^^;)「鬼滅の刃」を見て思ったことをいちょっとだけ書いておきます。


現在9話まで視聴した状態です。

設定が大正時代というのはなかなかレアな感じですね,自分は他に「ハイカラさんが通る」くらいしか思い浮かびません。戦闘シーンの波の演出とかもきれいで面白いと感じました。ストーリーも王道ジャンプ作品的な内容で,つまらなくはないのですが・・・自分としてはワクワク感がやや足りなく感じるのと,不自然に説明的なセリフが目立つ点が気になりました。冨岡さんのこの先も気になるのですがwこれの続きを見るなら,マリンフォード編で止まっているワンピースの続きかkai以降のドラゴンボールを見た方がいいような気がしてきているところです。

投稿 : 2019/11/12
閲覧 : 68
サンキュー:

2

ジパミィナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

後半は良かった 68点

作画については文句無しです。
1話からハイレベルを維持できていたと思います。

原作は未読です。
前評判は良かったので期待値は高かったのですが、アニメとしてはストーリー展開のテンポが悪く感じられ、正直言って中弛みしてます。
会話回しが単調な為、意外性な展開が無いことも一つかと思いますが、各キャラの魅力が不足しており、部分的には不快指数高いですね。
喜怒哀楽の演出が作画だけ良いお遊戯に感じられました。

次回が2期で無く、劇場版ではちょっと足を運んでまでは行かないかと思います。

投稿 : 2019/11/12
閲覧 : 54
サンキュー:

5

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

バトル系の伝奇物

== [下記は第5話目まで視聴時レビュー: 以下、追記あり。] ==
週刊少年ジャンプ掲載の漫画原作があるようです。原作1巻だけ読む機会があったのですが2巻以降は未読で、既にアニメのストーリー(レビュー記載時点では第5話まで)は私の原作未読部分に入っています。

基本的には家族が「鬼」の犠牲になった主人公の竈門炭治郎(かまど たんじろう)が、いろいろあって鬼を退治する集団「鬼殺隊(きさつたい)」のメンバーになって闘う感じのお話です。

たぶんバトル物の基本は押さえた手堅いストーリーで、まあまあ面白く観れています。
== [第5話目まで視聴時レビュー、ここまで。] ==

2019.9.30追記:
最終回放送後に劇場版による続編の発表がありました。アニメ化後に原作コミックスも売り上げを伸ばしたようで、アニメ化作品としては成功したといえるのではないでしょうか。

炭治郎と一緒に行動するようになった善逸、伊之助と合わせて三人でのトリオとしての掛け合いも会話として面白かったですし、竹筒を咥えっぱなしでまともに喋れない設定の妹の禰豆子(ねずこ)役だった鬼頭明里さんも「ん~」のバリエーションで良い演技だったと思います。

特に第1話と第19話のクライマックスシーンでの作画が話題になりましたが、作品全体として作画クオリティは維持されていて良かったです。

原作が少年ジャンプ連載のバトル作品にもかかわらずアニメ化範囲では意外と「力のインフレ」は押さえられており、「われら四天王の中では最弱」展開にもなっていませんね。

登場人物は多いのですが、モブキャラを除けば意外と「こいつ誰だっけ?」とはならないのは原作の力なのでしょうか。面白かったです。

投稿 : 2019/11/12
閲覧 : 179
サンキュー:

48

♡ェみーる米麹米子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白かった

1クール26話とあっという間に
見てしまったぐらいには面白い
キャラがいいのよね
個人的には猪推し
主人公は、モテるだろう、、
続きあるよねぇ?

前知識ないまま見たけど
久々に続き見たいと思った

投稿 : 2019/11/11
閲覧 : 52
サンキュー:

10

ミッシー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

心理描写があまりにも多過ぎて無理
女作者は大体多いけどここまでのは少女漫画でもなかなかないクラス
特に戦っているいる時にグダグダと長すぎる
おかげで主人公が全く好きになれなかった。

投稿 : 2019/11/10
閲覧 : 47
サンキュー:

2

Lovesing さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

作画よし、ストーリーよし、キャラよし

満点‼️
そりゃ流行りもしますよ!声優も本気だなってわかるし、キャラの個性が立ってて推せる!
ストーリー的には最初の1話で心掴まれるよね。
ジャンプアニメの宝石や!
見るしかない!

投稿 : 2019/11/10
閲覧 : 24
サンキュー:

4

ひのこぉ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

流石UFO

制作ufotableかぁ、作画えげつなくなりそう。なんてAJ行った時に思いながらアニメ化をのんびり待っていました。そしてアニメが放送され、たちまち大人気作に。友人からAJよりだいぶ前に原作を紹介され勧められていましたが当時はへーすごいねくらいでしか思っていませんでしたが、アニメが放送されシナリオと作画に圧倒されました。周りのアニメに興味の無いような友人らも原作を読み始めるようになり、大ブームが来たなと実感します。ここまで社会的に影響を与える作画を制作できるufotableといい原作の内容といいキャストといいアニメ不作年である今年に、大成功した原作アニメ化アニメが誕生して個人的にはとても驚いてます。

投稿 : 2019/11/09
閲覧 : 42
サンキュー:

4

ネタバレ

イヌイル さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

はいはいすごいすごい・・・・・・・ん?

あまりにも周りが話題にするもんですから見てみました。全話。
一話からきましたよ。ジャンプ感。これから頑張るぞーー。やってやるぞー。何度こんな展開を見たか。これが話題のやつ?おいおいマジかよ。30分無駄にしちゃったじゃないか。まだ消化してない夏アニメ見た方が良かったわ。・・・
すいませんでした。
最初の方はそんな感じだったんです。ザ・王道的なやつ。そして優しい主人公。そして家族の死。・・・既読感あるわーーー。これ絶対キャラクターで人気集めただろう。と。

すっっっっっっっげええええええ良かった。
王道パターンだけど戦闘シーンが熱いし、退屈だと思う修行のシーンなどもとても面白く正直非の打ち所はないんじゃないかと一瞬思った。
作画は特に19話のラストシーン。もう10回ぐらい見てしまいました。テレビであの作画はすごい。かぐや様の3話のed 以来の最高の作画でした。
キャラクターもね。ほんと良い。(そりゃTwitterにあんなに絵が描かれるわ。)
外見だけじゃないとよーーく分かりました。
来年に映画があるそうなので(あの作画で映画やるのか。楽しみダナー。)
見てみたいと思いました。
レビューを見ていただきありがとうございます。

投稿 : 2019/11/07
閲覧 : 149
サンキュー:

8

はなの散歩道 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ジャンプらしさとエグさ

薦められて観ました。
原作未読です。

初っ端から鬱展開のエグい描写で驚きました。
前情報として「少年ジャンプ」の作品とだけ
聞いてたからです。
随分読んでないジャンプもこれがOKになってるのか。とか
地上波でこれはOKなのだろうか。とか
最初は余計な事ばかりが頭を過ってましたが
作品を観ていくとそれも納得させられるだけの内容でした。

ジャンプらしいまっすぐで努力家な主人公に
超絶個性の脇役たち。それに負けず劣らずの鬼。
それぞれがしっかり活きてますね。
構図や世界観も既視感があるようでない
とても良く出来た物語ではないでしょうか。

大人になってるせいなのか、いや単に自分が変態なのか
ちょっとエロの要素も欲しいなと感じてしまいました。
ここまでエグい描写があるなら出来るんじゃない・・・無理かw
とにかく続編が映画で決定してるようなので
原作を読むのを我慢しながら楽しみに待ちたいと思います。
各週アニメで長くやってもらいたかったけど・・・

投稿 : 2019/11/05
閲覧 : 48
サンキュー:

6

ネタバレ

まだ初心者 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

王道のジャンプ系作品

ザ・少年漫画って感じの内容でとても面白かったです。
fateのアニメ制作会社が作ってるのでバトルシーンのクオリティがハンパないです。
少年漫画にしてはグロめなので苦手な方は注意です。2期も観ます。
{netabare} 粗暴キャラが3人もいるのがちょっと残念でした。てか、いのししのやつ絶対最終選考に残った一人だろと思って、かぶりもの取ったら顔ぜんぜん違って何かあったんかなぁと思いながら観てたら26話で別人ってことがわかってビビりました。キャラかぶり過ぎだろ。ヒロアカの爆豪と同じ声やし。柱の傷だらけのやつもキャラかぶってるし。あと鬼殺隊弱過ぎ。{/netabare}
一般向け、少年漫画好きの方におすすめのアニメです。

投稿 : 2019/11/04
閲覧 : 38
サンキュー:

2

次の30件を表示

鬼滅の刃のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
鬼滅の刃のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

鬼滅の刃のストーリー・あらすじ

血風剣戟冒険譚、開幕。舞台は、大正日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変した。 唯一生き残ったが凶暴な鬼に変異した妹・禰豆子を元に戻す為、また家族を殺した鬼を討つ為、2人は旅立つ。鬼才が贈る、血風剣戟冒険譚!(TVアニメ動画『鬼滅の刃』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
ufotable
公式サイト
kimetsu.com
主題歌
《OP》LiSA『紅蓮華』《ED》FictionJunction feat.LiSA『from the edge』

声優・キャラクター

花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、櫻井孝宏、大塚芳忠、山崎たくみ

スタッフ

原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄、キャラクターデザイン:松島晃、サブキャラクターデザイン:佐藤美幸/梶山庸子/菊池美花、脚本制作:ufotable、コンセプトアート:衛藤功二/矢中勝/竹内香純/樺澤侑里、撮影監督:寺尾優一、3D監督:西脇一樹、色彩設計:大前祐子、編集:神野学、音楽:梶浦由記/椎名豪、制作プロデューサー:近藤光

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ