「鬼滅の刃(TVアニメ動画)」

総合得点
58.8
感想・評価
56
棚に入れた
595
ランキング
4099
★★★★☆ 3.5 (56)
物語
3.3
作画
3.7
声優
3.4
音楽
3.5
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

kakelu

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

1話の感想 ★★★★★ 5.0
残酷
{netabare}
なんじゃ、これ!?
劇場版のような迫力に舐め回すようなアングル。ここれがアニメなのか!?
最近はどのアニメも作画崩壊の危機に瀕してるものが多い中、このクオリティ恐れ入る。
視聴後、鳥肌が立ったわ。
心優しき少年がどう変わっていくのか、今期一の楽しみだわ。{/netabare}

2話の感想 ★★★★ 4.0
指示に従って
{netabare}
鬼は太陽の光に弱く、再生能力がパない。
なんだか吸血鬼みたいだな。
呼吸を整え、匂いを嗅ぐ時の表現がOPの絵と似ていたので、そっち路線の修行になるのかな?{/netabare}

3話の感想 ★★★★☆ 4.5
修行
{netabare}
今回も面白かった!
1話あたりの情報量がちょうどいい!
ギャグ、シリアス、戦闘シーンの配分もちょうどよかった!
錆兎は兄弟子なのかな?
しかし、消えたってことは……{/netabare}

投稿 : 2019/04/23
閲覧 : 52
サンキュー:

11

ROM

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

どろろ系飽きた。印象に残らない。

なんだろう、きっと良いアニメなんでしょうが、全然話に引き込まれない。
次が気にならないし、正直パッとしない。

そもそも、なんで今更どろろ系なの?
確かに異世界系はお腹いっぱいでもう見なくて良いレベルですが、今更どろろ系を推してく意味もないと思います。

手塚治虫なき今この系統のアニメ作っても、どうやっても治虫作品は越えられないでしょう。
温故知新も良いのかもですが、手塚治虫が偉大すぎたせいでどれも既視感が半端なく下位互換にしかならない。

ジャンプ原作アニメは途中からつまらなくなるという高い信頼があるので、潔く切ることができるのが良いですね。
絵は非常に綺麗でした。

今期は不作すぎるあまり良くも見えますが、それはあくまで相対的なので観る方はご注意を。

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 21
サンキュー:

1

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

残虐系は苦手なのですが..(3話めまで視ました)。

いつものように原作未読、事前情報無で視聴開始。
前回の文章を読まれた方、スミマセンでした。下書きボタンを押したつもりでしたが、間違って投稿ボタンを押してしまっていました。内容が不完全で不正確だったので全体的に書き直しました。)

画面中真っ赤な表現はありましたが、ワタシの予想よりも視るのが辛くありませんでした。見る前に身構えていたせいかもしれませんが、おそらく心の準備を促す物語進行のせいだと思います。こういう配慮は、怖がりな私にはありがたかったりします。主人公の動機付けは物語では必須な訳ですが、本作の場合それが家族を殺めた鬼を滅し、唯一残った妹の鬼化を解くということでした。

以下公式HPの情報も参考にしたワタシ的視聴ログ{netabare}
1話め視ました。主人公の竈門炭治郎はまるで犬のように鼻の利く、真面目で心優しい家族思いの少年です。そして家を空けたある日、妹の禰豆子以外の家族を鬼に殺害され、傷口に鬼の血が入ったため鬼化した妹を元に戻すための旅に出ることになります。冨岡義勇に進められ、狭霧山に向かって鬼退治の修行のため鱗滝左近次に弟子入りすることになりました。

2話めも視ました。鬼化した妹は陽の光がキライなようでした。
鱗滝左近次に会うために狭霧山に向かっている途上のお堂で鬼に遭遇します。炭治郎を組み伏せた鬼の頭を禰豆子が蹴飛ばし頭を胴体から分離しますが、頭だけになってもそこから手を生やし襲ってきます。しかし朝陽を浴びて消滅してしまいました。もうグロはあまりないかと予想していたけれど、そういう話だから仕方がないのですが、鬼がでてくるとやはりグロかっです。

3話めも視ました。主人公の竈門炭治郎は鱗滝左近次についてひたすら修行していました。一年半ほどたったある日、教えることは無いと言われました。そして大きな岩を切れと言われ、途方に暮れました。自分なりに修行していると。狐の面をかぶった錆兎と真菰が現れ、稽古をつけてくれました。真菰は呼吸法が悪いと指摘し教えてくれました。錆兎の狐の面を切ったとき、やさしい表情の顔が露になり、気が付くとその大岩は真っ二つに切れていました。そしてその二人の姿は霧の中に消えていました。
 やはり徒弟制では、親方の指導と同様にそれを噛み砕いて理解しやすく教えてくれる兄弟子の役割が大きいことを再認識しましたw。

以降ワタシ用視聴ログを残すかは不明です。{/netabare}

次の話も視る予定です。

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 31
サンキュー:

3

pooki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

<60> 鬼と戦う兄妹の和風ファンタジー。問題は ufotable の脱税疑惑。

1 話視聴。
鬼と戦う兄妹の和風ファンタジー。
線の太い絵は力強くて綺麗。スピーディに展開して進むべき道も明快。ややしゃべり過ぎな感じもするけど、期待。
てゆうか問題は ufotable の脱税疑惑。

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 15
サンキュー:

0

ろず

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

OP美しい

※原作未読です

家族を殺した鬼を倒し妹を救うという王道といえば王道なストーリーですが主人公の感情を多く描いているのがすごくいいと思います。花江さんの演技も素晴らしいです。

1話の後半で流れたOPは圧巻でした。剣を降る描写がとても美しくて惹き込まれました。

作画が全体的に和の雰囲気を感じます。森のシーンなんかはお金かかってるなと思わざるを得ないクオリティです。
今期このアニメは当たりかなと思います。
継続して視聴します。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 18
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

どろろ系。。@1話目

公式のSTORY
{netabare}
時は大正、日本。炭を売る。心優しき少年・炭治郎は、ある日、鬼に家族皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道を進む決意をする。
人と鬼が織りなす哀しき兄妹の物語が、今、始まるー!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン:松島晃
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸、梶山庸子、菊池美花
脚本制作:ufotable
コンセプトアート:衛藤功二、矢中勝、竹内香純、樺澤侑里
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野学
音楽:梶浦由記、椎名豪
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable
{/netabare}
キャスト{netabare}
竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
冨岡義勇:櫻井孝宏
鱗滝左近次:大塚芳忠
錆兎:梶裕貴
真菰:加隈亜衣
玄弥:岡本信彦
産屋敷耀哉:森川智之
案内役・白髪:井澤詩織
案内役・黒髪:悠木碧
鋼鐡塚:浪川大輔
鎹鴉:山崎たくみ
お堂の鬼:緑川光
手鬼:子安武人
{/netabare}


1話ずつの感想


第一話 残酷
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。
{/netabare}
感想
{netabare}
背景はすごいきれい☆
キャラデザもいいし、作画もいいんだけど、きれいすぎて何だか人形みたい

似たようなおはなしだと「どろろ」とか、「ゴールデンカムイ」があるけど
服のボロボロとか顔の影もこまかくって、生きてる感じ。。


あと気になったのは、心の声で説明が多すぎみたい。。

炭治郎が家族を大切に思ってるのは分かったけど
いっしょに暮らしてるシーンがほとんどないから
殺されてもグロいって思うだけで、悲しみとかがあんまり伝わってこない

バトルがメインなのかもだけど
すごく絵がきれいな分、気もちが伝わらないのはもったいないって思う。。


それと、鬼が人を食べるって言ってたのに
かまれた感じはあったけど、食べられたみたいじゃないのも変?
吸血鬼系の鬼なのかな?


あと、妹の口をふさいでるけど
手もしばってないと、あばれたらすぐはずれそう。。
ってゆうか、ほかの人が見たら炭治郎が虐待してるみたい
見ててとってもかわいそうなんだけど。。


いろいろイヤなこと書いちゃってごめんなさい。。

でも、さっきも書いた通り、絵がとってもきれいで動きもいいから
人があやつり人形みたいだったら、すごくもったいないって思う。。

バトルを見せるために作ったようなおはなしだったら見たくないから
気もちが伝わるおはなしになるといいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第二話 育手・鱗滝左近次
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
炭治郎は冨岡義勇の導きにより、鬼になってしまった妹・禰豆子とともに狭霧山を目指す。
夜の道中、炭治郎はお堂から血の匂いを嗅ぎつける。誰かが怪我をしているのかもしれないと駆け寄ると、なんとそこにいたのは、人を喰らう鬼。
突如、鬼に襲われた炭治郎は、斧でなんとか応戦するが、鬼の圧倒的な力に、たちまち鬼に組み伏せられてしまう。
鬼がとどめを刺そうとしたとき、助けに入ったのは――。
{/netabare}
感想
{netabare}
鬼との戦いと、左近次さんに弟子入りするおはなし。。


今回もグロいところは多かったけど
クスッて笑っちゃうところもところどころにあって
鬼の頭が取れたところはちょっとドキ!ってなったけど
そこから手がはえるとか、ホントに人間じゃないってゆうのが分かって
バケモノとの戦い、って思えたから、そんなにグロく感じなかったかも。。


そんなバケモノでも殺せない炭治郎のやさしさとか伝わってきたし
殺された人を食べたいのに、一生けんめいガマンしてる禰豆子を見てて
かわいそうだから食べさてあげたくなっちゃったケド
きっと人を食べたら、もう元にはもどれないんだろうな。。かわいそう。。


あと、義勇が左近次さんに手紙で知らせておいてくれたみたいだけど
弟子入りはOKってゆうか
左近次さんのあとをつぐ、みたいな話もあるみたい?

弟子入りもいいんだけど、禰豆子を元にもどす方法ってあるんだよね?

じゃなかったら、ずっとあのまんま生きてくって苦しそう。。

日の光に当たったら消えちゃうし、吸血鬼の仲間なのかな?


おはなしはテンポがいい分、やっぱりちょっと薄い感じがするけど
背景がただの実写をトレースしたってゆうだけじゃなく
空気の流れをアニメっぽくしたりして、ufotableすごい!って思った

バトルもよく動いてたから
このままさいごまでくずれなかったら、今季1番になるかも?


(ufotableは脱税と被災地チャリティー詐欺疑惑があるみたい。。
さいごまでつづけられるといいけど☆彡)
{/netabare}
{/netabare}
第三話 錆兎と真菰
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
鬼殺隊――古より存在し、鬼を狩る組織。
入隊のための試験「最終選別」に向けて、鱗滝左近次による炭治郎の訓練が始まった。
様々な罠が張り巡らされた山下り、刀の素振り、滝修行、そして呼吸法……。
狭霧山に来て一年、鱗滝は「もう教えることはない」と炭治郎へ言い放ち、巨大な岩の前で、最終選別へ行くための条件を突きつける―。
{/netabare}
感想
{netabare}
1年間左近次さんの特訓を受けたけど、最終選別に行くためには
大岩を刀で切らなくっちゃダメで
そのために半年1人でがんばったけどやっぱりダメで
あきらめかけてたところに左近次さんの弟子の錆兎と真菰があらわれて
また半年、特訓。。

それでさいごに、錆兎と真剣で勝負。。
錆兎のかぶってたキツネのお面を切って、錆兎に勝った!って思ったら
炭次郎が切ったのは、大岩だった。。ってゆうおはなし。。



最終選別に行くための特訓回で
とちゅう、ちょっとくじけそうになったけど

仲間があらわれて、けっきょく番組の20分くらいでクリア、って
見てたらなんだか「転生したらスライムだった件」のはじめに
リムルが洞窟の魔物をたおして食べて
どんどん能力ゲットしたところを思い出しちゃった^^

でも、テンプレだったけど、やっぱり絵がきれいだったし
教えてくれる人がいたから、あんまり気にならなかったみたい^^


ただ、錆兎が炭治郎に「進め!男なら!。。男に生まれたなら!。。」って
「男、男」ってしつこいのが、ちょっとウザかったみたい。。

真菰は女の子なのに、炭治郎に教えられるくらいだから
男か女かなんて、あんまり関係なかったみたい。。


それよりも、いくら教えてもらったって
人ってだんだん忘れちゃうと思う。。

とくににゃんなんか、おぼえたあとでもどんどん忘れちゃうから
ホントに正しいやり方してるかとか、ときどき誰かが見てくれないと
いつまでやってもできないと
いつの間にかまちがったやり方してないか、気になると思う。。


そのために錆兎たちが出てきたんだと思うけど
変なおこりかたされても、よけい分からなくなっちゃうだけなんじゃない?


それでも、さいごは炭治郎が大岩を切れたんだから
錆兎の教え方もまちがってなかったのかな?

でも、どっちかって言ったら、真菰の教え方が良かったんだと思うな^^


{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 79
サンキュー:

22

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

人と鬼。兄妹愛。

原作未読。
レベル高いです!

オープニングlisaさん。エンディングもじゃ!
オープニングは映像と共にすっきりしたかっこよさ。
エンディングはしっとりとしたかっこよさ。

家族を失う悲しみ。鬼のせいだろう。妹だけ生きている。兄と妹。妹が化け物になってしまう。鬼になってしまうという、悲しい物語っぽい。

ネヅコちゃんが鬼になってしまう。鬼が鬼にしてしまったのだろう。


タンジロウくんの覚悟。

優しい櫻井さんだ。富岡義勇?っていう名前?

鬼は太陽がダメなのと、飢餓状態なのもいかんぽい。


ufotableのことで、最後まで行けるかが心配。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1話の作画などは、綺麗でとても良い。

2話。曲いいね。エンディングが特によい。
タンジロウの覚悟。それを感じる話だった。

ネヅコちゃんかわいい!(ネズコ?)

3話。タンジロウの修行。ネヅコは目覚めない。
日記をつけて。修行から1年。岩を切る。
もう教えることはないと鱗滝さんに言われた。

何が足りないのか…そこに、一人の少年。
狐の面をつけた少年。タンジロウは何も身に付けていないと。頭でわかっていても、体は覚えていないと。

男なら進め。それが覚悟。

そしてかわいい子が登場。

タンジロウ君、素直に彼を称賛する。真面目だ。
まこもちゃんとサビトくん。

鱗滝さんが大好きな人。

皆がみてる。どういうことだろう。

さらにさらに、半年。男の顔になったと。

タンジロウが勝った。二人はもう故人なのかもしれない。岩に染み付いた、鱗滝さんが大好きな人…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時代を感じる世界観。鬼というものも。

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 28
サンキュー:

6

ネタバレ

37111

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:面白そうなんだと思うんだけど、今後の展開次第。主人公がバンパイア化した妹を連れながらバンパイアハンターとして成長していく的な感じだろうか。日本テイストに期待した。
期待度:★★★★

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 31
サンキュー:

5

参参維

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

鬼になった妹を救い、家族の仇を討たんがため、少年は鬼滅の剣士をめざす

原作第一話に対し「この作品は第一話として、ほとんど満点だ! きっとヒットするに違いない」と予想して見事に当たったことに対し、勝手にドヤ顔している作品です。

ストーリーは作品紹介で書かれているし、評価タイトルとおり。

まだ二話ですが、主人公の炭治郎(たんじろう)に突然起こった不幸に対し、鬼になってしまった妹を人間に戻す方法を見つけるため、知恵と勇気と努力と天性の嗅覚で、試練と困難に立ち向かっていく少年漫画の王道です。

人より鼻が利くだけで普通の家族に育った普通の少年、炭治郎。「そんなあまい態度で鬼と戦えるのか。何が守れるものか」という、年長者や大人たちの厳しい言葉や、容赦ない試練をかいくぐって、立派な鬼滅(きめつ)の剣士として強くたくましく生きようと、重い足を一歩、また一歩ずつ進め成長していく。その姿に感動させられます。

どんなに苦しくても妹や他人には優しくほがらかに接する、少年のもつせつなさと純粋さが伝わってきて「負けるな、がんばれ炭治郎」と、応援をしたくなる、とてもいい子です。

あと禰豆子ちゃんが、すっごくかわいい。鬼だけどマジ天使。

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 55
サンキュー:

1

ネタバレ

shino73

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

狼はただ一匹か、数匹か

UFOTABLE制作。

大正時代の山村を舞台にした、
人喰い鬼との死闘を描く時代活劇。
おそらくアニメ化が成功した好事例でしょう。

人喰い鬼の神話、弱者の論理、
{netabare}家族を殺され最愛の妹は「鬼」と化す。
主人公炭治郎は妹を「人」に戻し、
家族の仇を打つため剣の修行に明け暮れる。{/netabare}

ハードさとコミカルさが、
バランス良く配置されているのは、
ゴールデンカムイ直系でしょうか。
まずまずの好印象で開幕しました。

デザインは好みませんが絵は素晴らしい。
書き込みが多くよく動きますね。
FATE制作会社の面目躍如でしょう。

鬼は驚異的な生命力を持ち人を襲う。
弱者が仲間と出会い、師匠に学び、
ほんとの強さを勝ち獲るための、
戦いの日々がこの先待っているのでしょう。

狼はただ一匹か、数匹か。
さてさて様子を見ましょうか。

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 65
サンキュー:

22

RX-178

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

よき

アマゾンプライムから。

まだ1話しか見てないけど、このアニメめっちゃ好き。

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 26
サンキュー:

1

ISSA

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

週刊少年ジャンプ×ufotable

原作未読

パラパラと原作チラ見した印象では全体的にジャンプ漫画では暗い印象でした。
ジャンプの中ではマイナーだし興味もわかない所…

ufotableが手掛けるとなると話が変わってきます、「空の境界」「Faetシリーズ」でみられた空、水、背景など【空間表現】に秀でた会社。

時代設定が大正時代なので古き善き日本の美しい風景を描いて欲しい。


1話視聴
期待通りの作画、風景の描写はやっぱり凄くいいです。
肝心のお話はどうなるか?期待の出来る1話目でした。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 86
サンキュー:

10

ネタバレ

タック二階堂

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

親兄弟を食った鬼への復讐の刃。

詳細は公式でも。

正直、週刊少年ジャンプ連載中の作品ということで、
スルーするつもりでしたが、戯れに視聴してみた
感じです。
これは思いのほか、拾い物じゃないかと思う初回。

舞台説明も、ストーリーへの引き込みも完璧。
続きが気になる展開でした。
作画も非常に高いクオリティ。
全体的な雰囲気も悪くないです。

制作のufotableは「Fate」シリーズを手がけている
ということで、滑り出しは上々だったのでは。
期待感も込めて継続視聴していきます。

=======第2話視聴後、追記です。
{netabare}
おおむね良好なストーリーが続いていますが、
今回気になったのは一点だけ。
あんだけ斧で切ったり、頭だけになったのを
ぶん投げたりしていた鬼に対して、トドメを刺せず
「思いやりが強すぎる」とかでグズグズおどおど
して、夜が明けるなんてことある?
決断が遅くて甘さがあるのを、修行で治すってこと
やりたくて、少し矛盾が生じたかな。

ただ、ここまではおおむね良好です。
このまま展開していくなら完走できそうですね。
{/netabare}

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 87
サンキュー:

2

GMVDY17867

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

安定のufoと声優陣

雑誌を読んでいてストーリーが分かっているため、基本的に大手紙のアニメ化したものは見ないが、ufoということで視聴。
流石の作画です。fateと変わらず雪の描写は情感が出ていますし、アクションシーンのダイナミックなアングルなどこれ以上ない仕上がりとなっていいます。
声優も櫻井孝宏、花江夏樹の真に迫る演技がハマっており、ついつい感情移入してしまう。
永く続いて欲しいアニメです。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 18
サンキュー:

2

ケース

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

最高

作画や音楽、主人公の悲惨な現実などを原作に忠実に再現していてとても良かったです。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 32
サンキュー:

1

ネタバレ

うるかり

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ジャンプアニメだから期待してなかったけど

作画めちゃくちゃ良いなと思ったらufotableで納得した。
原作からして、絵柄がツボな作品なので非常に嬉しい。

原作読んだのが多分半年とか一年以上前かもなので話とか構成とかはあまり覚えてないんだけど、言葉での説明がめちゃくちゃ多いのはどうにかならんかったのかと思う。ならんか。
特にぎゆーさんのモノローグが視聴者に優しすぎてちょっと面白いくらいだった。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 42
サンキュー:

1

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

まだ様子見

【視聴きっかけ】

【良い点】

【悪い点】

【感想】
1話
シナリオ面、作画面、声優面と
どれをとってもレベル高いですね

ただ、キャラの個性などは今後どうやっていくかが
ポイントになりそうですね。
まだ様子見ですかね

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 44
サンキュー:

5

supertype

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白かった

ufoの作品ということで観覧。
fateシリーズつながりで興味を持ったこの会社のアニメということでハードル高めに見たが相変わらずの神作画。
続きが気になる。

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 33
サンキュー:

1

Wraith

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

これはイイ。
時間もお金もかけた感じ。
CGを自然に取り入れている。
キャストはベテラン揃いで音楽は梶浦さん。

ただEDを観て今後が不安に。
どうやらジャンプらしい展開になりそう。

投稿 : 2019/04/09
閲覧 : 33
サンキュー:

1

ネタバレ

datteba

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

復讐の刃で救うのは、人か鬼か己自身か

なんか新しいの始まったなーと思って見たら、何やら物騒なお話
てっきり鬼の血を引く一族の生き残りが孤独な逃避行を~物かと思ってましたが、鬼は主人公の妹で妹は兄のいぬ間に家族ごと襲われて、鬼に感染(?)したようです。
つまりこれはゾンビ物!?
ゾンビと人の兄妹が織り成したり織り成さなかったりするハートフルバトルドームでありながら、弱者から強者へ上り詰めたり上り詰め無かったりするクライムアクションバトルドームでもある様です。
そしてなんか見た事あるタイトルだと思っていたら原作はジャンプで連載中みたいですね
ジャンプこそ見てない物の、少年誌の作品は好きなの多いのできっと長く視聴して行くんだろうと思われます。
そして、エンディングで流れたテーマソングっぽい映像では色んな剣士(?)が見え隠れしてましたが、きっと仲間になったりならなかったりしながら同志を集めたり集めなかったりして行く仲間収集系クライムアクションゾンビハートフルバトルドームなんだろうと言う事も伺えます。
メインが鬼への復讐と妹の治療の様ですが、初期装備手斧と雪国で履く草鞋っぽいやつの主人公がこの先どんな風にジョブチェンジして行くのかも楽しみです。

この手のは当たれば長くなると思うので、ヒロアカとか連載中の作品の新シーズン待ちみたいな状況の今は新しい長編(予定)は有難いですね

そんな感じ

投稿 : 2019/04/09
閲覧 : 31
サンキュー:

1

ponsuke

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:今観てる

諦めるな、立ち上がれ、前に進め

ジャンプ連載当初からのファンです。

作画も魅せかたも申し分ない良作に仕上がっており
第一話目はその展開に引き込まれ、胸が熱くなりました。

声優さんには詳しくない為判りかねますが、
原作の雰囲気に合った声だと感じました。

今後の展開がとても気になります。

早く戦闘シーンを観たいです!!

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 34
サンキュー:

3

ロッタ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

期待しちゃっていいかな?花江さん(๑˃̵ᴗ˂̵)

全然期待してなかったんですけどね。
1話に釘付けになりました。
大好きな花江さんだし
大好きなLiSAさんだし
ufotableさんだし
1話だけで視聴継続確定です(๑˃̵ᴗ˂̵)

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 38
サンキュー:

4

snow

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

痛快口枷フェチ妹アニメ<60>

1話視聴。
拘りのフェティシズムを引っさげて妹アニメの新たな1ページが開かれる!

えーっと、原作コマ間に大量にシーンを付け足して重厚な導入に再構成されておりました。
作品としてひとつ上のものを目指している姿勢は好感。
ただ、のべつ幕なしにこの先もずっとこれだとテンポが悪くなる懸念もあり。
構成の業前を期待したい。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 26
サンキュー:

1

sudasouich

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

ポエム成分多め?

知人が劇場先行試写会に行ったらしく、絶対面白いから観ろと言われた。
ググると、週刊少年ジャンプの人気漫画が原作らしい。
第1話の掴みとしては上々、なにより作画に力が入っている。
劇伴は可もなく不可もなく。
ただ、主人公のポエム成分多めなのは気になったかな。
なぜか甲鉄城のカバネリを重ねてしまうんだが、あのような惨事にならなければ
最後まで楽しめるかも?
あとは、巷で話題の脱税疑惑が影を落とさないことを願おう・・・・・(笑)

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 61
サンキュー:

2

ネタバレ

taijyu

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

ジャンプで今一番面白い漫画。大きな期待を更に上回る出来。

1話感想:
私は週刊少年ジャンプが大好きなのですが、その中で今一番面白いのはこの鬼滅の刃だと思います。それをUfotableがアニメ化するということでもう楽しみでしか無かったです。

で、大いに期待して見た感想としては一言、素晴らしい。
漫画を読むと動きや声等をイメージします。
そのイメージ通り、あるいはそれ以上の高品質なアニメでした。実に素晴らしい。褒め称える語彙が無くてすみませんが。完璧です。

他のアニメを見て、なんかイメージと違う、と文句を言う時って、期待が重すぎたり基準が厳しすぎるかな…と悩みますが、こういう品質のアニメもちゃんと存在するんだからね…。

まあぶっちゃけ原作一話を読んだ時はそれほどでもなかったんですよ。絵もイマイチに見えたし、義勇さんがいきなりキれるのも意味がわからなかった。
何となく雰囲気は良いしセンスも感じたけど、それだけじゃ続かないんだよなーくらいな、打ち切りコースかと思っていました。
しかしその後どんどんハマるハマる。気づいた時にはもう夢中になっていました。
誰かが評価していた面白さに気付く漫画だと言う評価、本当にその通りだと思います。

イマイチに思っていた一話も、ハマった後に見返すと、めっちゃ心に来るんですよね…。
いやもう素晴らしい。
原作も佳境で猛烈に面白いところですが、アニメでも二重に楽しみにさせていただきます。
原作のどこまで行きますかねー。あの名シーンが特に楽しみ。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 29
サンキュー:

1

ネタバレ

不良中年

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

これから楽しみです。

 原作は知らなかったけど、1話で掴まれました。
少し気になるのは、主人公の耳飾りがどうにも目障りで気が削がれます。

それ以外は話に引き込まれ早く次が見たいです。

背景の雪山のシーンはとても本物っぽくて、あれは手描きなのかそれともCGなのか気になりました。
素人ながら、すごい背景だなと感じました。

鬼が人を食らうという事ですが、これはゾンビのテンプレートを取り入れた鬼の新しい解釈でとても斬新だなと感心しました。

今後の展開が楽しみです。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 20
サンキュー:

1

ひとりよねり

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

鬼を滅して、絶望を断つ刃を、その手に......

どうも、にわかアニオタです。
原作はジャンプ、制作はFateでおなじみufotable、opはLiSAさん....といった豪華なメンツで迎える本作は、ジャンプでは異色のシリアス和風バトルアクションとなっています。ジャンプで唯一ハマってる作品でありますので、非常に心から楽しみにしていました。

【1話を観た地点の感想】
良い意味で、期待を裏切るクオリティでした。
エピソード的にはまだまだ溜め段階なのですが(打ち切りスレスレ漫画と揶揄されていた頃)、さすがはufotable。圧巻の神作画と、神bgmによって鬼への恐怖と、緊迫感を見事に再現していました。ラストの引きも文句なし。断言します。このままいけば、間違いなく今期のダークホースになりうるでしょう。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 17
サンキュー:

2

ぽ~か~ふぇいす

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

1~5話先行公開を観てきました

視聴中につき点数未評価

TVシリーズ1~5話までをまとめた
『鬼滅の刃 兄妹の絆』を観てきました
あにこれではこちらの作品はあくまでTVシリーズという登録のようなので
こちらの方に書くことにしましょう
同じような先行上映でも鷲尾須美は個別に劇場アニメとTVシリーズになっていたり
あにこれ内での扱いもしっかり定まっていない印象を受けますが
読みに来る人のことを考えると
基本的にはできるだけページが増えない方が好ましいでしょうね

この作品は週刊少年ジャンプにて2016年より連載中の漫画が原作です

前クールにアニメ化された約束のネバーランドより半年
今クールに放送されるぼくたちは勉強ができないと比べると
丸一年早く始まっているのでアニメ化までにだいぶ時間がかかったと言えます

その理由ははっきりしていて
連載が開始されてしばらくは
打ち切り候補として名前が上がるほど人気が今一つでした

冬に放送された約束のネバーランドや秋放送のDr.STONEが
連載開始と同時に各所で話題になったのとは対照的で
おそらく多くの人がこのまま消えていくと予想していたのではないでしょうか?

人気が出なかった理由の一つは序盤のストーリーが地味過ぎたことでしょう
修行描写が必要かどうかみたいな話は漫画やアニメの作り方を議論する際
よくテーマに上がる題材ですが
この作品は序盤のかなり長い間を修行描写に割いています
アニメ化にあたって多少尺は削っているものの
登場するキャラも少なくひたすら主人公が己を鍛えているシーンを
第3話から第4話くらいのあたりをかけてじっくりとやっています
他のアニメが先行上映会のようなものをやっても
大体1話か1~2話なのに対して
このアニメでは1~5話の先行上映としたのは
そのあたりまでやらないといまいち面白くならない
という判断があったのだと思いますし
その判断は間違っていないと思います

もう一つのポイントは絵の扱い
平成も終わりアニメも漫画もデジタル全盛期を迎えようとしていますが
この作品の昔ながらのともすれば古臭いと評される手書き絵は
独特の味があって伝奇ジャンルのこの作品には合っていると思いますが
見づらい、へたくそ、画力が低いなどと評されることもあるようです
アニメ化の際に原作絵から離れて典型的なアニメ絵に落とし込んでしまえば
作品の持つ味を一つ殺してしまうことになり
原作のファンからは不満の声が上がるでしょうし
逆に原作に忠実に作っていくと
それは原作のウィークポイントをそのまま引き継ぐことにもなり
そしてテンプレ絵から離れれば離れるほど
アニメーションとして動かすのは難しくなります

ネーム同然の状態で連載するONEの作品を
ほとんどそのまま使ってアニメを作ったモブサイコ100と
画力の高い作画担当をつけたうえでアニメ化したワンパンマン
どちらもヒットしていますが扱いの難しい絵に対するアプローチとしては
対極にあるといって良いでしょう

ufo-tableが原作の絵をどう扱うのかは
原作ファンとして非常に気になる点でしたが
原作のテイストをできる限り尊重しつつ
より親しみやすく描きやすいようにデフォルメされている
いわばモブサイコ型とワンパンマン型の折衷案といったところでしょうか?
全体的な作画クオリティの高さは
Fate以外は大したことないなんて言われることもあるufo-tableですが
今回はFate並に気合が入ってると感じました
それもそのはずufo-tableではこの作品を作るために
1年前からテレビアニメを受注せずに
この作品に全力を注いできたとのことです

映像だけでなく劇伴もなかなか良かったです
作品に合わせて和テイストを入れつつも
ハイセンスな現代風の音楽に仕上げたのは梶浦由記
Vocalには石川智晶が起用され
See-Saw再結成か?といった感じです
この二人今年の頭にあった
フライングドッグフェスでも共演していましたね
スペースクラフトの騒動で結局Kalafinaが解散になったり
ここ一年いろいろ大変でしたが
梶浦サウンドはいまだ健在なようで安心しました

そんなわけで
全体的に非常にクオリティが高かったと思います
今の週刊少年ジャンプ作品のなかでも
この作品はかなり好きな方なので
結構期待して観に行ったのですが
期待の3倍くらい良かったです

ただ一つ気になっているのは
ufo-tableが脱税で捜索を受けたという報道

疑惑の渦中にある近藤光社長は3/9を最後に
ツイッターの発信が途絶えています
鬼滅の刃ワールドプレミアの日も
劇場公開初日も全く音沙汰無し・・・
脱税の真偽はともかく
アニメ制作どころの話ではない
ということは容易に想像がつきます

現時点で最低5話までは完成していることからわかる通り
もともとはある程度余裕を持ったスケジュールで進んでいるようですが
2クール予定というこの作品で
最後までクオリティを保つことができるのか?
今から心配でなりません・・・

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 33
サンキュー:

8

rFXEy91979

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

タイトルなし

第一話「残酷」

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 53
サンキュー:

0

ナリキン

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

すご

エミネムのラップ並にすごい

投稿 : 2019/04/02
閲覧 : 34
サンキュー:

1

次の30件を表示

鬼滅の刃のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
鬼滅の刃のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

鬼滅の刃のストーリー・あらすじ

血風剣戟冒険譚、開幕。舞台は、大正日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変した。 唯一生き残ったが凶暴な鬼に変異した妹・禰豆子を元に戻す為、また家族を殺した鬼を討つ為、2人は旅立つ。鬼才が贈る、血風剣戟冒険譚!(TVアニメ動画『鬼滅の刃』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
ufotable
公式サイト
kimetsu.com

声優・キャラクター

花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、櫻井孝宏

スタッフ

原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄、キャラクターデザイン:松島晃、サブキャラクターデザイン:佐藤美幸/梶山庸子/菊池美花、脚本制作:ufotable、コンセプトアート:衛藤功二/矢中勝/竹内香純/樺澤侑里、撮影監督:寺尾優一、3D監督:西脇一樹、色彩設計:大前祐子、編集:神野学、音楽:梶浦由記/椎名豪、制作プロデューサー:近藤光

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ