「灼眼のシャナIII (Final)(TVアニメ動画)」

総合得点
76.4
感想・評価
1412
棚に入れた
8359
ランキング
309
★★★★☆ 3.8 (1412)
物語
3.7
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
3.8

灼眼のシャナIII (Final)のストーリー・あらすじ

人ならぬ者たちが、この世の日に陰に跋扈(ばっこ)している。
古き一人の詩人が与えた彼らの総称を、“紅世(ぐぜ)の徒(ともがら)”という。自らを称して“渦巻く伽藍(がらん)”、詩人名付けて“紅世”──この世の歩いてゆけない隣 ──から渡り来た彼ら“徒”は、人がこの世に存在するための根源の力、“存在の力”を奪うことで自身を顕現させ、在り得ない不思議を起こす。思いの侭に、力の許す限り、滅びのときまで。彼らに“存在の力”を喰われた人間は、いなかったことになる。これから伸び、繋がり、広がるはずだったものを欠落させた世界の在り様は、歪んだ。徒”の自由自在な跳梁(ちょうりょう)に伴い、その歪みは加速度的に大きくなっていった。やがて、強大な力を持つ“徒”たる“紅世の王”らの中に、そんな状況への危惧を抱く者が現れ始めた。大きな歪みがいずれ、この世と“紅世”双方に大災厄を齎(もたら)すのではないか、と。そして、一部の“紅世の王”らは同胞を狩るという苦渋の決断を下した。彼らの尖兵、あるいは武器となったのは、“徒”への復讐を願い誓った人間──己が全存在を“王”の器として捧げ、異能の力を得た人間──討滅者“フレイムヘイズ”。その日、日常を浸食した“徒”により全てを失い、自身がトーチという仮初めの存在であると知らされた少年と、「贄殿遮那のフレイムヘイズ」と呼ばれる少女が出会った。これは、“ミステス”坂井悠二と『炎髪灼眼の討ち手』シャナの物語である。(TVアニメ動画『灼眼のシャナIII (Final)』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年秋アニメ
制作会社
J.C.STAFF
主題歌
≪OP≫KOTOKO『Light My Fire』、川田まみ『Serment』≪ED≫ALTIMA『I'll believe』、ALTIMA『ONE』

声優・キャラクター

釘宮理恵、日野聡、江原正士、川澄綾子、生天目仁美、大原さやか、能登麻美子

スタッフ

原作・監修:高橋弥七郎(『灼眼のシャナ』アスキー・メディアワークス刊)、イラスト:いとうのいぢ、 監督:渡部高志、シリーズ構成:小林靖子、キャラクターデザイン:大塚舞、音楽:大谷幸

既にたくさんの口コミが集まっています

くびか

★★★★★ 4.8

やっぱシャナは名作

ちょっと駆け足だけど、やはりシャナはまとまりあってスッキリする終わり方するから何回も見...

ヘラチオ

★★★★☆ 3.6

戦争アニメ

前作までと違い、一番原作に近いらしい。 ただ、のが残念。 けど、が見られたのはよかっ...

もっとみる(全1412件)

灼眼のシャナIII (Final)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
灼眼のシャナIII (Final)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

類似作品

この頃(2011年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ