ハル(アニメ映画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ハル」

よみがな:はる

上映開始時期:2013年6月8日

★★★★☆ 3.8
物語:3.6 作画:4.1 声優:3.8 音楽:3.7 キャラ:3.6
総合得点 64.2
感想・評価 226
棚に入れた人 1254
ランキング 1981
「くるみに、生きていることを思い出させるために、ボクは人間になった」ハルとくるみの幸せな日常。
いつまでも続くと思っていた日々は、飛行機事故で突如終わりをつげた。けんか別れのまま、最愛のハルを失い、生きる力も失ってしまったくるみ。彼女の笑顔をとりもどすため、ヒト型ロボットのQ01は、ハルそっくりのロボハルとしてくるみと暮らすことに。
ロボハルの頼りは、かつてくるみが願い事を書いた、ルービックキューブ。色がそろうごとに溢れてくる、くるみの想い。
少しずつ打ち解けるロボハルとくるみだったが・・・。(アニメ映画『ハル』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 226

2018.07.01 12:13 さぁの評価 | 観終わった| 25が閲覧 ★★☆☆☆ 2.5 評価対象: ハル(アニメ映画) 物語 : 1.0  作画 : 5.0  声優 : 3.0  音楽 : 2.0  キャラ : 1.5

あんまり

何が言いたかったんかわからん

特に観んで良かったかな

作画と京都の風景が良かったくらい

 サンキュー(0)
ネタバレ
2018.03.08 15:17 ※アニをた獣医学生◎の評価 | 観終わった| 70が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: ハル(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

すごく好き♪ 今見ると泣いちゃうっす…

ロボットが普及した世界。その京都が舞台である。
飛行機の事故でハルという男性が亡くなる。
恋人であるくるみは悲しみ、祖父がロボットであるハル、ロボハルをおくる。

{netabare} くるみはロボハルを拒絶する。ロボハルはそれで世話をしていきながら、ルービックキューブを見つける。ハルには、『くるみと暮らす』という文字のルービックキューブがあり、くるみのものには別の願いが。そういって仲良くなっていく。 {/netabare}

物語は進んでいき、なんだかんだ良い感じになっていく。だがどこかに違和感があった。

{netabare} りゅうというハルの親友だった彼が真実を突きつける。喧嘩のようになってしまったが、彼はロボハルに、死んだのは彼女の方だ。という。
そう、ハルは死んでおらず、事故で亡くなったのはクルミだったのだ。喧嘩別れをして責任を感じ、逃避してしまった。

そして、ロボクルミを助けに川に飛び込むハル。
くるみと会話する。そうしてハルは受け入れる。くるみの死を。
{/netabare}

切なく悲しいが、良い物語です。
特に曲の日笠さんの、終わらない詩はこの映画を表しています。

この作品で教えられたことは、相手のすべて、自分のすべてを受け入れる。それが良いことでも、不条理なことでも。それを抱えて前に進むということでしょうか。私はそう思いました!

ルービックキューブに込められた思い。

今日を後悔せずに生きていく。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2018.03.07 01:30 あたまの評価 | 観終わった| 51が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: ハル(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

なるほどなぁと思った。

客観的に見ていい話だと思う。傷ついて心を失った人が、誰かの心を取り戻すために奮闘する。その流れで自身の心を取り戻していく。そう言う話。

 サンキュー(0)
2018.01.21 05:22 郷音の評価 | 観終わった| 68が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: ハル(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

ずっと一緒だと思っていた――

2013年公開のアニメ映画。

技術が発展した近未来の京都が舞台。

飛行機事故で彼氏を亡くし、引きこもりになってしまった女の子を彼氏そっくりのロボット療法で回復を試みるというストーリー。

とにかくこの映画に言えるのは最後までネタバレなく見てほしい!

wikipediaにこと細かにネタバレ出てました!見る前に読むなよ!絶対だぞ!

自分の予想の斜め上の展開になってやられました

{netabare} まさかハルを正気に戻した方法がロボットじゃなくリョウのグー(物理)で殴るだったのは想定外でしたw {/netabare}

わずか1時間の映画ですが、すごく満足する作品だと思います

絵柄的にあー少女漫画っぽいなぁと避けそうな男でも十分楽しめる作品でした

 サンキュー(1)
2018.01.04 14:13 ◇fumi◆の評価 | 観終わった| 124が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: ハル(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

ハルとくるみとキューイチと。「危険な労働はロボットの代わりに人間がやるんだよ」←

2013年公開の劇場版アニメ 60分

監督 牧原亮太郎 脚本 木皿泉 キャラ原案 咲坂伊緒 制作 WIT STUDIO

「近未来の京都で生まれた、人とロボットの奇跡のラブストーリー」
がキャッチフレーズのオリジナルアニメです。

前情報なしで見始めた途端に、
「あーまたまたアンドロイドに引っ掛かったー」と声が出ました。
アンドロイド恋愛ものが苦手なのに何でこんなに引っかかるんでしょう。
何も考えずに見始めるのが悪いんですが。

で、ストーリーは変です。頭がおかしいのかと思いました。
その秘密はラストで明らかになるんですが、ネタバレはしません!
ラストを見終わってもう一度最初から見ると、あちこちに伏線が張られていました。
いやもう、気が付かないほうがおかしいというほど伏線だらけです。
恥ずかしくなって赤面したかもしれません。
でもまあ気が付かないほうが楽しめるでしょう。

キャッチフレーズは変です。ミスリードというほどでは無いですが変です。
正直に言うと2度見ても感動するタイプの物語ではなく、アイディア一発のびっくり物語。
まさかそんなはずは、と2度目は注意してみたんですが変さが少し減っただけでした。

作画は良いんですが風情が感じられず、あまり効果的ではないような気がしました。

超未来科学でも可能かどうかわからないアンドロイドですが、
この作品に限ってはなるほどとも思えました。2度見したので。

主人公の視点で描かれていることを考えれば、わかる気もする近未来SFアニメ。
言うほど難しいトリックでもないし、悪意を持ってみなければ楽しめる佳作かな。

アンドロイド好きなら必見。60分なので普通レベルでお勧めします。
ただし、最低2回は見ないとダメな作品ではあります。

ネタバレ回避したので分かりにくかったかもしれません。

 サンキュー(20)

ハルのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ハルのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。