OVERMAN キングゲイナー-オーバーマン(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「OVERMAN キングゲイナー-オーバーマン」

よみがな:おーばーまん きんぐげいなー

放送時期:2002年夏アニメ(2002年9月~2003年3月)

★★★★☆ 3.7
物語:3.6 作画:3.7 声優:3.6 音楽:3.7 キャラ:3.9
総合得点 66.6
感想・評価 164
棚に入れた人 960
ランキング 1172
時代は地球環境が悪化した未来。
かつて人間が暮らしていた豊かな土地は食用地として保全され、 人々は凍えるツンドラ地帯や灼熱の砂漠地帯のドームポリスに押し込められ、中央政府や食料を運んで来る鉄道公社には逆らえなかった。
そんな生活が何代も続いたとある時代に、ふと疑問を抱く人々が現れ始める。『自分達の先祖が生活していた土地への帰還』=エクソダス。
そんな中、シベリアのドームポリス『ウルグスク』に住む少年、ゲイナー・サンガは、シベリア鉄道警備隊に逮捕されてしまう。容疑はドームポリスから脱出する『エクソダス』だった。
ゲイナーは留置場で出会ったゲイン・ビジョウという男と共に脱走するが…。(TVアニメ動画『OVERMAN キングゲイナー』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 164

2017.02.21 11:22 ハタ丸の評価 | 観終わった| 103が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: OVERMAN キングゲイナー(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

王道の主人公成長物語

主人公の成長をテーマにした作品。テンポがよく登場人物が魅力的な良作だと感じた。

良い点
・主人公と主人公を導くゲインの関係が素晴らしい。一見の価値あり。
・敵キャラも魅力的で特にヤッサバ隊長がいい。
・残酷なシーンが殆どなく、主人公を含めた登場人物が全体的に良心的。
・吹雪のシーンの表現が凄い。
・無駄に熱いOPと作中で使用される音楽が良い。

悪い点
・作中の謎がいくつか残ったまま途中で終わってしまった。
・ヤッサバ隊長が途中退場した後は、敵の魅力がかなり落ちた感じがする。

主人公の成長を観ても戦闘シーンを観ても楽しめる娯楽作品だと思います。
明るい主人公成長ストーリーで登場人物が魅力的な作品が見たい人に特におすすめします。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.02.19 22:58 Yuyu.の評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★☆☆☆ 2.4 評価対象: OVERMAN キングゲイナー(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 1.0  キャラ : 1.5

デストピアの世界でシベリアでドーム暮らしをしていた一団が日本を目差して脱出するって話

結局、最後までこの世界設定とか色々ほったらかしのびみょーな終わり方でした

ノリやテンポもセリフも古い
それでも、それなりには見られたアニメってな感じ
作画がそれなりによかったからかも

古いアニメに多いんですがキャラが聖人君子のように善良的
さっきまで殺し合ってた相手なのに仲間にすぐなっちゅうし
親殺しの相手だろうがなんだろうがちょっと涙を流してすぐ流しちゃう

でも、アスラムは最後までキャラ的に気違いみたいでしたね
ただただ頭のおかしい奴でした。中の人もこんな古くから、二枚目だけど残念キャラだったり気違いだったりするキャラばっか演じさせられて可哀相だわ

後は音楽周りがひどかった
OPを聞いたときに回れ右しようかと思ったレベル
中のミーヤの歌とダンスも酷かった・・・・

 サンキュー(4)
ネタバレ
2016.05.25 05:00 マリアの評価 | 観終わった| 134が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: OVERMAN キングゲイナー(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 2.5  キャラ : 4.0

富野作品の中では楽しく視聴出来る方かな

 陰気くさいストーリーが殆どの富野作品の中では
このキングゲイナーという作品が
OP、設定、デザインが特に斬新で面白く
ギャグも冴えていて一番楽しめた

 ただ、それも中盤までかな
途中までの壮大な世界観の風呂敷の広げ具合はワクワクしたが
シンシアが本格的に出て来る辺りから
物語が急に鬱展開になり失速した感じがした
旅のゴール迄描かれるのかと思ったが
いつの間にか最終的な目標が
ヘンテコなロボットを倒す事になっていて
しかも残り話数も限られて来てるのにラストまでずっとその内輪話で
他のキャラが一切絡めずに完全にスケールダウンしている

 そのラスボスを無駄に何話も引っ張ったせいで
終盤明らかに尺不足を感じるブツ切りENDだし
特に盛り上がる訳でもなく見所が無い
あの展開にするなら他の魅力的なキャラをおもしろおかしく
もっと掘り下げた回とか増やして
最後までぶっ飛んだストーリーにして欲しかったな
せっかくキャラのたった人達ばっかりだったのに
特に個々に触れられず使い捨てみたいになっていたのが惜しまれる

 

 

 
 

 
 

 

 


 

 サンキュー(1)
2015.11.24 11:57 井口ゆゆゆの評価 | 観終わった| 78が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: OVERMAN キングゲイナー(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 3.0  音楽 : 5.0  キャラ : 3.5

エクソダス、するかい?

ときめくお名前です


富野由悠季監督作品です、最も「ブレンパワード」以降の白富野と呼ばれる作品群ではあるのですが。
残酷な舞台設定ではあるのですが活気と勢いが持ち込まれていて、結構娯楽作品として楽しめる内容でした。
独特のキャラの台詞回しが好きですね、年相応に幼いようでいて物事の核心に迫るようなキャラの掛け合いの数々、楽しめると思います。
会話のリズムがいいんですかねぇ、全編名言で構成されてるようなもんなんですが、記憶に残ってる名言をいくつか紹介します。
1話"これが大人のやることか!""大人だからやるんだろう"
3話"僕はエクソダスが嫌いだ、でも人が死ぬのはもっと嫌いだ!"
12話"しまった!ようなものに引っ張られる!"
17話"サラーっ好きだぁーっ!"
20話"怖いんだよキングゲイナーって僕に何かをさせようとしてるみたいで"

"ライバルはクレしん"というだけあって御大にしてはかなり平和な話で肩透かしを食らうのかもしれません。
脚本家の大河内一楼さんが"人間地雷"を提案して御大に"もう悲惨な話はいい"と却下されたという話はあまりに有名です。
私にとってはこのくらいがいいようにも思えますがね・・・
また御大が監督というとこで、御大の盟友、吉田健一さんもキャラデザ・メカデザ・原画などで深く関わっています。
作画は当時にしてかなりハイレベルにあるといっていいでしょう。
メカデザにはあきまんこと安田朗さんも入ってますね、氏は"オーバーマンのデザインが評判高かった反面オリジナリティを出せなかった"と反省してるようですがw

声優ははっきり言って下手です。
御大は"オタクだけが喜ぶ声はいらない"って言うくらい声優否定派気取ってますからねぇ(まぁそんなことはないと思いますけど)。

どの曲をとっても頭から離れないインパクトがありますね。
勿論、福山芳樹さんの歌う「キングゲイナー・オーバー」はもちろんのこと、ミイヤの歌う「本当かい!」や「ミイヤの祭り」なんかも強烈ですね。
田中公平さんが音楽を手掛けています。

僕はシンシア派です(半ギレ)
サラも悪くないですがねぇ、17話は"アニメ史上最も恥ずかしい告白"のうちの一つでしょう。


"オリジナルオーバーマンコンテスト"なんてのがあって、10周年BDメモリアルBOX発売時に富野監督が審査員長を務める応募企画があったんですよね。
僕が考えた最強のオーバーマン、夢とロマンに溢れてます。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2015.10.19 00:34 あおいほしの評価 | 観終わった| 158が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: OVERMAN キングゲイナー(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

コミカルな王道活劇ロボアニメ。

富野由悠季監督による明るいロボットアニメ。

特徴としては、
・コクピットがファスナーで開くぬいぐるみみたいなロボット。(=オーバーマン)
・科学兵器というよりも魔法みたいな特殊能力(=オーバースキル)で戦う。
・敵・味方ともにコミカルな登場人物たち。

設定
・自然破壊で地球環境が悪化した近未来。
 温暖で人が住みやすい土地は自然回復のために立ち入りが厳しく制限。
・人類は極寒・猛暑など環境が厳しい地域にドームポリスと呼ばれる巨大な施設を建造。
 ドームポリスの中に都市を作って生活している。
・生活物資は配給制で厳しく管理されて人々は息苦しい生活をしている。
・シベリア鉄道=交通や輸送を独占して巨大な利権と軍事力を持っている。
 当然、人々から嫌われている。
・エクソダス=ドームポリスから脱走し新天地を目指すこと?

目的
・シベリアの「ウルグスク」に住む人たちが、
 ドームポリスを構成するブロックをメカで引きずりながら、
 街ごとエクソダスを行使。目的地はヤーパン(日本?)
 
主人公
・ゲイナー・サンガ =眼鏡をかけた引きこもりのゲームチャンプ。17歳。
 両親が最近殺された。エクソダスに巻き込まれ主役メカを窃盗「キングゲイナー」と名付ける。

OPアニメと主題歌が良かったのが観たきっかけです。
作詞は富野監督、作曲は田中公平、歌い手は、歌バサラこと福山芳樹。
OPアニメも明るいダンスとアクション。
1話目を観た時点では、名作の予感がありましたが…、

感想
・毎回、主人公のナレーションで始まって言葉遣いがGレコのベルリ君と全く一緒。
 Gレコと同じフォーマットで作られた作品ですね。
・一応、Gレコよりは遥かに理解しやすい内容でしたが、専門用語多すぎ。
・そもそもオーバーマンがどうやってオーバースキルという超能力を使うのか原理を説明してないし、
 ラスボスになったオーバーデビルに対する説明もない。 
・「ダサい」の一言に尽きますね。
 主人公のメガネ君の成長物語が根幹にあるのですが、
 最終決戦で主人公がラスボスに洗脳されて悪の手先になってしまって、
 んで仲間が一致協力して洗脳を解くのですが、
 操られて調子に乗ってる主人公が情けなさ過ぎて、いろいろと台無し感が…w
・戦闘があまり面白くない。
 メカのデザイン的にヒーローvs怪人の着ぐるみバトルっぽい。
 人が(一人を除いて)死なないので、なれ合いっぽい温い空気。緊張感がない。
・オーバーデビルというラスボスメカが蜘蛛と豚の混血児みたいなデザインで、
 どこのタイムボカンって感じ。
・アスハムという金髪(CV/子安武人)がオーバーデビルを起動して世界を破滅寸前まで追い込むのですが、
 そのキャラが卑劣で野心むき出しの小物。子安武人の熱演もあって、超情けない男。
 悪役というには性格が三枚目過ぎるし、その残念過ぎる性格が引っかかる。
・声優の8割9割が聞いたことのない名前。
 これは、どうでもいいことですね。
・せりふ回しが古風な気がする?
 この監督に若者を描くのは無理でしょ。ゲイナー君も監督の脳内若者ですし。(あんなのいないよ~)
・ヒロインのサラ・コダマが可愛くもなければ魅力もない。(人気投票で確実に票が集まりそうにない)
・アナ姫(8歳)は作品の良心であり、天使かもしれない。(でも、いつもの富野節で老人を否定する発言で幻滅した)

バクマン。で言ってたのですが王道ものに必要なのは、
かっこいいバトル&主役並に魅力的なライバル敵キャラ!
キングゲイナーにはどっちも欠けているのでロボアニメとして、
あまり評価は高くならないなと個人的には思いました。
でも、17話目だけは本当に面白かったですね!

普通、最終決戦では盛り上がるものですが、いろいろと自分の感性に相いれないものがあって、
上にもある理由で「ふ~ん、それで?」て感じで特に楽しめませんでした。
ラスボス出現から最終回まで少し長かったですし。

富野節が感性に合うって人にはいい作品かもしれませんが、
自分には無理でした!ファンのかた、ごめんなさい!

これにて、感想を終わります。
読んでくださいまして、ありがとうございました。

 サンキュー(14)

OVERMAN キングゲイナーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
OVERMAN キングゲイナーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。