当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「BanG Dream! It's MyGO!!!!!(バンドリ! マイゴ)(TVアニメ動画)」

総合得点
68.5
感想・評価
143
棚に入れた
238
ランキング
2046
★★★★☆ 3.6 (143)
物語
3.6
作画
3.7
声優
3.4
音楽
3.9
キャラ
3.5

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

BanG Dream! It's MyGO!!!!!(バンドリ! マイゴ)の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

nick2027 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 2.5 音楽 : 5.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

1クールのアニメとしての感想

某所で聴いた楽曲が気に入ったので視聴してみました。本シリーズの作品としては初視聴です。

◻︎ストーリー展開等
思っていたより人間関係のギスギスが描かれていて驚きました。元気一杯キラキラストーリーよりは感情移入しやすいんですが、普通に見ていて気持ち良いものではなかったです。バンドの解散から再結成に至る流れは根本の問題が解決したというよりは、ライブの成功体験による快感がメンバーを繋ぎ止めたって感じです。でもこれはこれで友達付き合いではなく、音楽という共通言語がもたらす利害関係による紐帯という感じで「バンド」としては健全なのかもしれません。それが無くなってしまえば一気に瓦解しそうでもあるんですが。

◻︎楽曲とライブシーン
視聴前から聴いていましたが、改めて楽曲のテイストは好みのものでした。可愛らしさや「頑張るぞ!」みたいなのを全面に打ち出したものではなく、爽やかでポップミュージックとしてとても聴きやすい。歌詞も内向的だが感性の強い燈の内面を映したもので良いですね。
それら楽曲と力の入った作画で描かれるライブシーンは最高でした。細かな動き、表現の変化は彼女らの感情を強く訴えかけるもので感動しました。

◻︎声優の演技等
声優の演技はあまり魅力的に感じませんでした。本作は主要キャラクターの多くが感情表現と言語化能力に問題を抱えているというかなり異質な作品ではありますが、それを考慮してももう少しキャラクターの解像度を上げる演技であったらと感じました。加えて声優の声自体もあまり聞き心地の良いものに感じることが出来ませんでした。調べてみると、本シリーズは声優がリアルバンドとして活動するというメディア展開をしているみたいですね。キャスト起用の制約や大人の事情的なものは想像に難く無いですがアニメの視聴者としては関係の無い話ではあります。


祥子と睦の脱退時の不誠実な行動やその後の言動は今ひとつ共感出来ませんでした。次作以降で深掘りされるのかもしれませんが、そこでメインで扱われるであろうバンドのテイストが好みでなかったので多分見ないと思います。

投稿 : 2024/05/16
閲覧 : 103
サンキュー:

0

ネタバレ

くまごろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

あなた、ご自分のことばかりですのね。

視聴完了
全13話

ジャンル
ドキュメンタリー系

タイトル由来
MY Go !というグループができるまでの物語

設定
現代日本
ポピパやアフターグロウなどがすでに活躍する世界で、学校の中でガールズバンドが盛ん。

ストーリー展開
クライシックというグループでバンドをしていたが、突然リーダーに別れを告げられた3人と、留学失敗、circleのオーナーの孫娘、がいろいろな事情を抱え迷子になりながら前に進んでいく話。
タイトルにも書いたがそれぞれ考えていることがバラバラで、元クライシックのともりは自分のライブでの失敗のせいでグループが解散してしまったと思っておりうじうじ。同じく元クライシックのリッキーはともりん庇うだけで、(と見せかけどうやらともりの歌を愛してるだけみたい。ともりのことはどうでも良さそうな発言をする)それ以外のことに対しては全て攻撃的。特にあのんが気に食わないらしく、何を話しても攻撃的な回答しかしない。同じく元クライシックのそよは仲裁役のお姉さんキャラ的な雰囲気が出ているがら実のところ全く踏み込まず適当にいい人を演じているだけ。留学失敗あのんは過去の失敗を払拭するためギターも弾けないのに自分が目立つための行動しかしない。オーナーの孫娘ルナは猫のような自分勝手。技術はあるが協調力ゼロ。
そんな、はっきり言って終わってるメンバーで始まるこの作品。
ともりを利用しようとするあのんと、そのあのんを利用しようとするさよにより、4人でグループを結成し、ルナがともりを気に入り5人になる。
ただ、グループを結成したからといって仲良くなるわけではなくギスギス。そんな状態でリッキーが1人暴走してライブに出ることになる。
ライブは最初酷かったが、無事立て直し完走。そのノリでクライシックの思い出の曲春日影を演奏して大成功、と思いきやそよが,ブチギレて離脱。
そよは今でもクライシックに依存しており、新しいグループなどどうでも良いという本性を表しグループに戻ることを拒否。それでもともりの歌が聞きたいリッキーはそよのかわりのベースを連れてくるが、それによってあのんも離脱し空中分解。
完全に終わったグループだったが、ともりは諦めなかった。ともりにできるのは作詞だけなので、ライブハウスで朗読劇を始め、それを見かけたルナが加わり、ルナがリッキーを連れてきて、ともりが頑張ってあのんを説得し、あのんがそよを連れ戻し、グループ復活。

それに対して元クライシックのリーダーが、自分が考える最強のバンドを作り、ライブをする。
というところで終わる。

感想
総評70点
良かった点
後半の盛り上がり
悪かった点
それぞれのキャラ、物語の根幹を次に引っ張っている。
レビュー
このアニメ広告の段階で、
これまでのバンドリとは違う、でも,鬱アニメではないよ笑
となっていたらしいのだが、確かに鬱アニメではない。
7話までは全てのキャラが自分勝手で好き放題しているだけ。特にあのんとリッキーは聞いててイライラするレベルで、このキャラを見て断念する人も多いのでは。
ギターもろくに弾けないのにギタボで目立つことしか考えてないあのん。その状態なら初心者同士でやれば?経験者と話ししてるのにそのスタンスはみっともなさすぎる。
リッキーは全てに攻撃的でそのリアクションにいちいちイライラ。絶対友達いないよこの人。さらにともりのことを考えてるふりして、ともりのことは考えてない感じがやばい。
正直途中で断念しようかと何度も思ったが、オープニング曲がかなり良かったので断念はせず。
転機は7話のそよのマジギレ!そよのキャラは鬱系としてすごくいい感じで、後ろ向きなそよとこれまでの経験から前向きになったともりの対比がとてもよく、最後もそよがともりに巻き込まれる形で丸く収まって終了。素晴らしかった。
後半はとても良いのだが、そこまで7話かかるので、人に勧められるかは微妙な作品。

ちなみにクライシックの元リーダー、最後に複雑な家庭環境的な描写があったけど、それとクライシックを突然ブチギレていなくなるのは、それこそご自分のことばかりです。しかもこの話を1期で終わらせないのもよくわからない。
そのため、なんかよくわかんないグループ立ち上げてたけどそっちの話は全く興味なし。2期は多分そっちがメインになるのだろうし、見ないかなぁ。

投稿 : 2024/02/26
閲覧 : 212
サンキュー:

3

ネタバレ

覆面反対 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

長崎そよと愉快なギス仲間たち

この物語は長崎そよという心に闇を抱えた女子高生と、彼女に利用されながらも見捨てず正面から向き合う仲間たち…というギスギスあり感動ありのお話である

小学生の時に両親が離婚し、母と二人暮らしだったそよ…母の仕事ぶりのおかげでタワマンに住めるようになり、月の森女子学園というお嬢様学校に通えるようになったものの、仕事帰りの母の膝枕をして、学校ではとりあえずクラスメイトに話を合わせて上辺だけの関係を築く…という日々だった

ある日の演奏会終了後、そよはある人物に声をかけられる…その子の名は豊川祥子…彼女に誘われて集められたメンバーでバンドを結成。その名はクライシック…

一緒にカラオケに行きドリンクバーを体験したり、本来はボーカルの歌唱練習なのに皆で流行りの曲を歌ったり…クライシックでそよは初めて心の拠り所を得て、かけがえの無い時間を過ごした

そして初ライブ…練習の成果を発揮し幸せの絶頂に浸るそよ…しかしそんな日々は突然終わりを迎える…バンド結成の張本人…祥子の脱退である

そしてメンバーが1人…また1人と練習に来なくなり…クライシックは消滅。そよは幸せの絶頂からどん底に突き落とされた…

それから月日が流れ高校入学…そよはバンドメンバーを探している少女と出会う…その子の名は千早愛音…そして彼女を通じて、クライシックのメンバーである、高松燈や椎名立希と再会した

燈に「一生バンドやってくれる?」と言われ、その誓いに乗るそよ…しかし、その時彼女には邪心が芽生えていた…

「この誓いで燈ちゃんと立希ちゃんを(クライシック復活のために)繋ぎ止めよう」「愛音ちゃんもサポートとしてメンバーに加えるけど、(頭数を揃えるために)使えそうだから優しくするだけ…とりあえず利用してさきちゃん(祥子)と睦ちゃん(元クライシックメンバー)が戻ってきたらポイで😁」

そして新バンドを立ち上げ、ライブ練習中に要楽奈の無断加入…という計算外こそあったものの、本番当日を迎えて演奏をおこなった

二曲目の春日影を歌いライブは大盛り上がり…満足感に浸るメンバー…その中でただ一人そよだけが怒りを露わにする…

「何でよ…何で春日影やったの?💢」

「さきちゃん泣いてた…どれだけ傷つけたか分かる?」

そう言い残し彼女はその場を去る…それ以降メンバーからの連絡を拒絶

彼女はクライシック再結成のため、祥子のご機嫌をとる必要があった…クライシックの持ち歌である春日影を勝手に演奏したことで祥子を傷つけ泣かせた…これでは再結成に支障が出てしまう…真剣な怒りに見えてあくまで個人のエゴから来るものである

「メンバーが勝手に演奏したの、私はやりたくなかった」「もう二度とさせないから」とLINEで彼女に告げるそよ…しかし彼女からの返事は無い😭

必死なそよは睦を頼りにとうとう祥子の自宅を突き止めその近くにて直接会談…

「春日影を勝手に演奏しちゃって本当にごめんなさい🙏」「燈ちゃんも立希ちゃんも(再結成を)望んでる…(←でもそれらしきシーンは見当たらない😅)このまま離れ離れなんておかしいよ…もう一回やり直そうよ」

しかし…その声は祥子には届かない…「演奏したければお好きにどうぞ」「ではあのバンドは何ですの?言葉と行動が矛盾してますわよ(←ハイ、痛いところつかれちゃった〜🤣)」「クライシックは私の手で終わらせましたわ」「もう二度と私に関わらないでちょうだい」

「睦ちゃんもそう(再結成したいと)思うよね?」と尋ねるそよ…しかし「私は…(そうするつもりはない)」と、まさかの裏切り…😅

やぶれかぶれになったそよは、悲痛の叫びで懇願する…

「いやー!お願い自分に出来ることは何でもするから!」

それに対して祥子は「何でもするとはそれほど重い言葉ですのよ」「あなた…自分の事ばかりですのね」

膝をつき崩れ落ちるそよ…祥子と睦の呼び戻しに失敗しクライシック再結成も不可能…もはや彼女の心は完全に闇に堕ちていた

それから…愛音と燈が声をかけても無視…連れが「知り合い?」と聞いても「知らない」と大嘘をつくそよ…

それを知った立希は姉から月の森女子学園定期演奏会を知り、その会場でそよを待ち伏せる。そしてタイマン…

「バンド活動?知らない」「もう関係ないから」「一生の誓い?あんなのウソだよ😁」「燈ちゃんと立希ちゃんを繋ぎ止めるためのウソ」

その発言を聞いて、「燈が悩んで苦しんで…それ全部知ってて、ずっと裏切ってたのかよ💢」とそよの胸ぐらを掴みながら叫ぶ立希…するとダークそよの降臨…急に声のトーンが変わり…

「そうだよ…」「(最悪と言われ)立希ちゃんもね…燈ちゃんがいればそれでいいんでしょ」と言い残し去って行った

そよにとって新しいバンド活動は、クライシック復活のための布石…しかしそれが叶わぬ事を思い知らされた彼女は、もう続けても意味ないと考え、今まで一緒にやってきた仲間を無視…「誓いなんてウソ」「愛音ちゃん?使えそうだから優しくしただけ…クライシックには要らない」と発言するなどの暴挙に出ていた

立希からそよの本性を聞かされた愛音は、月の森女子学園の校門で彼女を待ち伏せ…「ついてこないで」と言うが「話するまでついて行く」と愛音の決意は固く、とうとう彼女の自宅まで来てしまい、「入れば?」と観念し愛音を入れた

「(私があなたを利用してポイしようとしていたのに)よく話せるね」「全部(立希から)聞いたんでしょ?」と口にするそよ…立希が他のメンバーにバラすことは予測済みだったので、彼女は最初からダークそよ状態で愛音に挑む

「あんたが要らないと言っても私はやる」と口にする愛音。それに対して「私が終わらせてあげる」と告げるそよ…その時の彼女の表情は鬼そよとでも言うべき姿になっていた👹

終わらせるためにリング(ライブ会場)に来たそよ…しかしすぐに燈に両手を引っ張られステージへ連れて行かれ、そして愛音によって壇上へ…

ギターも予め用意されており、肩にかけてもらう…もうこうなると今更後には引けない

燈の歌が心に響き、愛おしかったクライシック…そして今のバンドの思い出が頭に浮かんでくる…自分が都合よく利用しようとしていたメンバーですら、それを恨む様子を見せず一緒に演奏させてくれる…その優しさに耐え切れなくなったのか…そよの目から涙が溢れてくる

他のメンバーも(状況をよく知らないと思われる楽奈以外は)号泣…こうして「終わらせてあげる」という彼女の企みは失敗…

「私みんなを利用してたんだよ…ここに来たのも終わらせるつもりで…」と泣きながら舞台裏で叫ぶ彼女…すると「それでも一生やる」と燈が返し、彼女は再び燈らと行動を共にするのであった

諦めの悪いメンバーにより再びバンド活動に引き摺り込まれ、チャンスを与えられたそよ…しかし彼女のこれまでの行為はそう簡単に許されるものではない…と私は思うのだが、メンバーはあっさりと彼女を許してしまった様子😅

詩超絆ライブ以降、再びバンド練習に来るようになり、メンバー5人入るスペースを立希が探していた時は「うち来る?」と自宅に招き入れ、彼女なりの償いをしようとしている様子ではある…

けれどあの時彼女がやっていた事はメンバーへの裏切りであり一つの謀反…「謝罪らしい謝罪なしでよくすんなりと戻れて今までどおり過ごせてるな…しかも立希に「そよがクライシック再結成を狙ってるの知りながら利用してた…私も最悪」と逆に謝られるような事言われてるし…メンバー器デカすぎじゃね?😅」と私は正直思った

特にもしクライシックが復活していたら辞めさせられる立場にあった愛音…バレてからもあんな逆ギレされた態度取られたのに、今では全然気にしてない様子なのはすごいと思います。私が同じ事されたら多かれ少なかれ根に持つ…愛音のようには振る舞えないのは確かでしょう😅

ご都合主義展開(泣きながらライブして一話で全て解決→ウソップ並みの謝罪あるかと思いきや、あっさり許されるそよ→何事も無かったかのように振る舞い「そよりん」呼びする愛音…性格前向き過ぎ切り替え早すぎ😵)について行けてない部分は正直あります

10-12話がそれ以前と違くなりすぎて…そよもかなり変わってしまった…素の彼女声が低音で素っ気なくてどうも苦手。だから一話で一気に解決ではなくて、「クライシック復活のためにメンバーを利用してポイ捨てしようとしていたこと」をしっかり詰める。特に愛音と楽奈には謝罪…というか何らかの償いをさせるように決めてから復活させたほうが納得いけた気がします…あの展開だととりあえず強引に集めてお涙頂戴して、(それでも彼女の根本は変わってないから)不貞腐れたまま次のライブする…ように見えるため、何かモヤモヤしました

なお12話ではライブ自体は真面目にこなし、ライブ後は燈に「離さないでくれてありがとう」といい面は見せました…ただ、睦に「よかったね」と言われて「睦ちゃんにだけは言われたくない」と言って、差し入れのきゅうりを渡し返す…のはどうなんでしょうね🥒

そもそも何故睦はきゅうりなんか差し入れしたのか…?😅

そして13話(最終話)…ライブ打ち上げの後、燈を家まで送るそよ…「燈ちゃんの歌詞苦手だったんだ…感情むき出しで」「さきちゃんに自己中だって言われて、あの時は意味が分からなかったけど…自分に向き合えてなかった」という内容の言葉を口にして…

「私…クライシックの事…一生忘れないと思う」と最後に言うそよ…それに頷く燈。このシーンは今後どういう意味をなしていくのか?

最後に話は戻りますが、禊も謝罪要求もされずマイゴに復帰してしまったそよ

しかし…一生バンド続けるということは…もし再びクライシック病が再発したり、ダルくなってやめたくなってもやめられない

逃げようとしても燈に手を掴まれて連れ戻される…つまりもう一生マイゴから逃げられない😱

これがメンバーが彼女に与えた罰…なのかもしれない😅

投稿 : 2024/02/01
閲覧 : 597
サンキュー:

4

ネタバレ

中島野球しようぜ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

キャラの胸糞悪さが絶望的に不快、おすすめ度★★☆☆☆

迷子でもいい、迷子でも進め。

バンドリシリーズの作品群のひとつで、本家バンドリは1期2期のみ視聴。3期は評判がいいらしいがそもそも2期までずっと出来が悪かったので視聴意欲が持てない。

ストーリーは良くも悪くも先行きが気になる内容。ただ、後述のキャラの酷さを鑑みると、後者の意味合いで気になる(というより目障りに思える)点が多いと感じる。

問題はキャラクター。作風が重く苦しい内容だからか全体的に雰囲気はギスギスしていて非常に不快感が強い。ついでに空気ポジもいるしはっきりいって終始印象が悪かった。

特に個人的に不快に感じたのはベースとドラムの人。ベースの子はとにかくゲスい。昔のバンドに執着して他人を選別しいらないと思ったら切り捨てる冷血ぶりに引いた。彼女を救おうとする理由もはっきりいって微妙なもので、同情する気が起きない。

2代目優木せつ菜の声優と中の人が同じなドラムの子はとにかく当たりが強く、柄の悪さと口のキツさがひたすら不快。

前バンドの解散の謎が明かされないことにしろ唐突に仮面を被った謎のバンドが最終回で尺を持ってったところにしろ釈然としない部分も多く、不快感だけでなく首を傾げる要素も多かったのもマイナスポイント。

ブシロードの社長が「鬱アニメじゃないからww」とツイートしていたのがとにかく寒かったし、このアニメ自体も相当不快感が強い。好き嫌いは別れるだろうが、自分はこのアニメは間違いなく「嫌い」だと言える。

投稿 : 2023/10/31
閲覧 : 259
サンキュー:

3

ネタバレ

ナノトリノ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

終わりよければなんとやら

かつてバンドでベースを弾く人は変態と称されていました。
当のベーシスト本人は変態と呼ばれるのを無邪気に喜んでおりました。
そんな平和な時代が終わったのは2022年のこと。
今やベースといえばクズに成り下がりました。
そして本作のベーシスト・そよさんもそれはそれは見事なドクズでした。

でもそよさんだけが悪いわけじゃない。
狂犬やら野良猫やら制御不能な連中に加え、自己評価がバグってる女だの激重しれー女のコだの、なんかいっつも怒ってる奴とか言葉のナイフで急に後ろから刺してくる奴までいっぺんに相手して自分の野望を成し遂げるために利用しようだなんてどだい無理な話だったんです。

仮面が割れ落ちたそよさんはステージ裏で爆発して闇堕ちしたかと思えば無理矢理ステージに引っ張り上げられて光墜ちしたりでもうメンタルぐしゃぐしゃの迷子です。こんなの泣くしかないじゃない。

迷えるクズにも光あれ。
終わりよければすべて良しの全12話+6分15秒でした。

投稿 : 2023/10/17
閲覧 : 98
サンキュー:

3

ネタバレ

フェイルン さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

痛々しくも刺さるバンドアニメ

バンドリシリーズは今まで観ていなかったけど、ぼっち・ざ・ろっく!でバンドの話も興味を持ちだしていた事もあり、1~3話まで一挙放送という事で気になって観た。
一応、今までのバンドリの人はゲストで出てくるが、知らなくても分かる話になっている。

1話からいきなりバンド解散というギスギスから始まり引きが良し。
3話連続で、3話目にはバンドのリッキーがデレて、その後に「こいつ何も分かってない ブロックしてやる!」というセリフ。
もう余りにおもしれー女で視聴確定です。

7話は初ライブ回。
初めはまるで合わず酷かったが、次第に形になり2曲目へ。
ライブは大成功に思えたが……ライブが終えての地雷爆発。

9話で、バンド崩壊。
人間関係もギスギスしていて戦国時代のような相関関係になる。
愉悦もここまで来ると本当にバント結成するのか心配になってくる。

10話がカタルシス回。
OP無しである程度察したが、こう来たか。
今まで見せなかった燈の行動力。それに反応するらーなのアンテナ。迷子同士が心の中をぶちまけてライブをする。
これは新しい。自分ももらい泣きする。

MyGO!!!!!もこれで迷う事に迷わず団結して行きそうで一安心です。

最終話で今までの伏線を回収していくのだが、続きは既に発表しているとおり続編で語られるようで、その為の0話的な内容が最終話の後半だ。

最終話で気になった事を書き残していく。
まず、(祥子)「では日曜10時に担当の者がお伺いに行きます。」とその直後の16:03に何らかのテレアポのバイトを終えている。

前向きな別れ
燈が祥子へ裏にスイートピーのあるノートを渡そうとする。スイートピーの花言葉から察するに、「前向きな別れ」や「卒業」を暗示しているのかもしれない。

カシオペア座はMyGO!!!!!?北極星は何を暗示しているのか?
どうもMyGO!!!!!の配置やCDのジャケットからも、MyGO!!!!!=カシオペア座と明示し、そこから何らかの意味を感じます。カシオペア座は北極星を示す目印と言っていたが、この作品で言うところの北極星とは何の暗喩なのか?深読みしすぎかな?
少なくとも、MyGO!!!!!は星、Ave Mujicaは月を暗示しているような演出や歌詞が見られる。
燈以外のメンバーの下の名前のイニシャルはSTAR。(S→そよ、T→立希、A→愛音、R→楽奈)。そのSTARに、燈のイニシャルTを繋げるとSTARTとか、さり気ないながら運命的なものを感じるじゃないですか。

最後の最後にはCRYCHICが解散した理由がある程度判明するのだが、それもはっきりとは描写されておらず。
祥子「信じられるのは我が身ひとつ」とか……。「くそ親父」とかね。最後に寝転がって手がピクリと動いたのがそのくそ親父だと思いますが、ビールの空き缶の数が半端ないですね。家を空けた時間が長かったのか、それとも短期間にあれだけ飲んだのか?そもそも母親は?親父も何があってああなったのか。

自分の親友にも似たような感じで、親友の親父が借金残して家出と離婚。残された家族で借金を返す為かなり人生を狂わされて苦労をしていた状況と重なる。
ただ、この年齢でここまで歪んでしまうとは。
私もコロナ禍中に親戚が亡くなり、相続の事で意見もまとまらず揉めに揉めて親戚も親も信用出来なくなるくらいまで精神も総統歪みましたが、そんな感じなんでしょうかね。

本作を見ていると、割とありそうな格差のある話でリアリティもある。

誠意作成中の続編で、墜ちた祥子がこの先結成したAve Mujica
のメンバーやMyGO!!!!!達とどうなっていくのかが楽しみだ。

本作を完走した後、既存のBanG Dream!作品もほぼ全部観ました。
既存の作品も本作ほどギスギスはしてないけれど面白かった。

投稿 : 2023/10/12
閲覧 : 339
サンキュー:

4

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

新章・・・なのかな?

オリジナル?(2023.9)
お馴染みの「バンドリ」シリーズ。今回1クール4作目ですね。今までは”Poppin'Party”が中心でしたが、今回は新バンドの結成から改めてスタートという感じなので別枠にしようと思います。
個人的にはこのバンドが一番好みかな。今までのバンドグループはとにかく前向きで明るくみんな楽しくであったり、ストイックに頂点目指す、ひたむきさや厳しさの中で仲間との軋轢なんかを解決していく感じで王道的な物語でしたがこのバンドは違います。バンドの為に頑張ろうとかありません。それぞれが自己中。自分の目的の為に集まりたい、やりたいって感じで非常に歪でグラグラ・・・結束なんてものが存在しない。そこが何とも10代の不安定さが出てて面白いです。メンバーそれぞれも今までで一番、個性的で覚えやすいですしね。特に1人昔の小見川さん枠(失礼)が鮮烈です。出番が多いので中々・・・笑えます。
そして、脇役でありながら灰色ツインテ元お嬢様キャラがいい。むしろこのキャラが主人公兼ラスボスなのでは?という位いい味だしてます。ラストが「クソ親父!」ですからね。続きがいつになるかわかりませんがちょっと楽しみです。

私のツボ:やっぱ沙綾は安心できるよね

投稿 : 2023/10/04
閲覧 : 97
サンキュー:

3

ネタバレ

ゆめ さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

異なるバンドアニメ とでもお面白い

キャラクターのセリフは簡潔ながら情報量が多く、数枚の絵でキャラクターのイメージを表現できます。
同時に、登場人物たちの関係性がどんどん変化していくのがとても面白いです。

この作品には多くの伏線と細かいところがたくさんあります
物語には常に伏線が張られているという『チェーホフの銃』のコンセプトを思いつきました。
2回目見て改めて実感した

そして見終わって、もう一度3話、7話、10話を見てみると、気持ちが変わりました 不思議です
非常に興味深く、異なるバンドアニメ

投稿 : 2023/10/02
閲覧 : 59
サンキュー:

2

ネタバレ

あすは さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

バンドリは初めて。いろいろ展開してるようだけど、ぜーんぜん知りません。

人間関係きついですねぇw
バンドの中心であるボーカルのともりが、生きるのが苦手で不器用だけど、全部さらけ出したい系な子なので、まあこうなるのは仕方ないんでしょう。言うことが全部重いんだよなぁ。。。
らーなちゃんの無責任&適当さが、むしろ癒しに思えてくる。。。(実際バンドのメンバーだったら、こういうのがいたら気が変になるレベルですがw)
でもしょうがない、音楽って、出てきた音がすべてですからね。そのためなら、他のすべてを犠牲にしてもしょうがない。特にともりは、そういう子ですね。自分の身を削り、すり減らして音(詞)を吐き出すタイプ。(こういうのを「ロック」というw)

それにしても、めんどくさい感情的なところからまったく自由でふらふらしてるらーなちゃん、いいなぁ。でもこの子も、普通の人としての安全・安心な生活や人生には興味なくって、面白い音だけをひたすら求めちゃうタイプだよねぇ。

予定調和を目指さない感情むき出しの展開が、他ではあまり感じることのない魅力につながっていると感じました。こういう我の強い人たちが集まったら、実際、こうなるよなぁ。次から次へと重なって起こる「拗れ」が、なかなか見ていて疲れてくる。。。
だからこそ、10話の解放感、開放感が、とんでもなかった。この回の音楽のパワーは、圧倒的だったと思います。

ともりの声優の人、最近ちょくちょく名前見るけど、「うまい」ってわけじゃないけど非常に説得力のある歌声がすばらしかった。
いままで聴いたアニメ内の歌では、ヒーラーガールの藤井かな役の人が最高だったと思いますが、それに勝るとも劣らない真実味のある歌声でした。

投稿 : 2023/09/16
閲覧 : 65
サンキュー:

2

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

あすぺ・ざ・ろっく!

今回はこれまでの企画者だった中村航さんから
シリーズ構成を担当していた綾奈ゆにこ氏が企画・構成

ポッピンパーティの友情努力勝利路線から一変し
メンバー内のすれ違いや嫉妬と憎悪が剥き出しに表現
一部ではリアル路線と高評価しているけど

私の感想はタイトルとおり
結局はぼっちのアンチカウンターでしかない

バンドコンセプトはサンボマスターみたいに
激情型のボーカルをメインにしたロック
燈ちゃんというキャラクターは魅力的

でも「一生バンドやってくれますか?」とか
「私は人間になれていない」と言い出すので
正直見続けるのは体力がいるw

だからストーリーを動かすのは帰国子女(数週間)の
ギター愛音視点で序盤は進むのだが

物語は燈とベースのそよドラムの立希が
かつて組んでいた「クライシック」が絡んでくるので
途中からモブになってしまう

愛音は楽天的でいい意味で図々しいから
もっとクライシックのメンバーに絡んでもよかったかなと

後半はギスギスが続くので鬱アニメと言われ
生みの親の木谷社長が「この作品で元気になってもらいたいんだよ」
という意味不明な供述をしていたw

さよはクライシックを復活させるために
愛音の誘いに乗ってバンドを組み

立希は燈の保護者的立場で参加

神出鬼没に現れてギターをつま弾いていく
楽奈が「おもしれえ女」と燈に言いメンバーに入るんだが
文字にすると何言っているかわからないよな

でもこれちゃんとアニメ見たままに書いているんだぜw

燈の歌詞に感銘を受けクライシックの旗振り役になったものの
最初のライブ配信でSNS上のコメントを見て
もう終わりだと勝手に解散させる祥子

初めは燈との才能の違いを食らったゆえに
バンドを組むこと自体嫌悪したのかなと思っていて

マイゴのステージでお客として見て
涙を流した時点ではもう少しいい人だと思ったのに

急に最終盤でメンバー集めて
最終回では仮面のバンド「アベムジカ」として
メジャーデビューする

既存のキャラでいうならRASのチュチュを
更に拗らせた奴だったんかいw

キャラパクられた流田豊さんが
ブチ切れて声優さんの顔が曇るくらいの
完コピやってくんないかな~( ゚Д゚)

この作品はマイゴがメインの話なんだし
きちんと線引きして欲しかったよね

燈ちゃんのCVを務めた羊宮妃那さんが
歌うことの苦労話やアニメでの演技の難しさを伝えてくれ
そういう部分を見て応援していたのに

肝心のスタッフ(ゆにこ)がこんな雑な扱いしたことが
私にとって許せないので評価最低にしました

正直この作品みるなら
ネタ本のベック見たほうがまだましだと思うよ

投稿 : 2023/09/15
閲覧 : 127
サンキュー:

3

ネタバレ

ミュラー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

12話までは素晴らしかったのに

BanG Dreamシリーズということで敬遠していた。
完全にノーマークだったこの作品。
見始めたら離れられなくなった。
女子高生バンドの物語とは言え、全編ドロドロギスギスの鬱展開。
いやあ、女同士の争いって恐ろしいですね。
物語終盤まで来ても、個性の強いメンバーは勝手なことをするばかり。
ここまでこじれてどうやって立て直すのか、それが見どころという
驚きのアニメでした。
{netabare}
それでも神回の10話で主人公の歌で強制的に立て直し。
この展開はすごかったし感動だった。
なんとかMYGO!!!!!がバンドとして歩き始めたころ、
ついに第1話から問題だった元クライシックの2名が活動を始める。
全13話で終わるのかと思いきや、全然終わらないじゃん。

12話まで積み上げてきたMYGO!!!!!の物語は素晴らしかった。
これは今期というより、今年のナンバーワンと言えるくらいの
素晴らしい内容だった・・のに。
最終13話は残念の一言。
Ave Mujicaを出してくるならここじゃないだろう。
これはMYGO!!!!!の物語なんでしょう??
ケリが着かないなら、元クライシックの2名は早めにフェードアウトさせるべきだし、
MYGO!!!!!としてある程度の区切りをつけて終わるべきだった。
結局Ave Mujicaを出したことで全体が中途半端になってしまったし、
なんといっても元クライシックの2名は大きなヘイトを受けての今後となってしまう。
これは演出上の失敗ではないのか?
Ave Mujicaを悪者にしてどうする?

内面をさらけ出して泥臭く進むMYGO!!!!!と、
仮面をかぶって内面を一切出さずに上辺を着飾っているAve Mujica。
対称性を出そうとしたのかもしれないが、全13話ではとても尺足らず。
演出も構成も最後の最後で台無しじゃん!
ラストの祥子のシーンは見たくなかったなあ・・
{/netabare}
Ave Mujicaとして続編があるようだけど。
本作については、何とも惜しい出来でした、と言わざるを得ない。

投稿 : 2023/09/15
閲覧 : 118
サンキュー:

5

ネタバレ

北山アキ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

音楽、ミステリー、ドキュメンタリー諸々飲み込む圧倒的筆致

8話まで
このままいくと「今季」とか「バンドリ」とか抜きにして青春ドラマの傑作の誕生。
感情が爆発する場面だけでなく、抱え込まれ、吹き溜まる繊細な描写がしっかりいるからこその説得力。
行間の情報量が多いので、流し見には向かない。

10話
圧巻のカタルシス大爆発。
1点突破の破壊力。
キラキラドキドキな繋がり方じゃなくて、
バラバラギスギスバチバチしながら繋がってることで、
逆に接点の強度も濃く、深く、優しい。

投稿 : 2023/08/19
閲覧 : 91
サンキュー:

3

ネタバレ

ビックカメラ厳選 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

10話まで観た

結成時にリーダー不在、活動開始時に目的の一致を持たないバンドの話。登場人物たちは迷走すべくして迷走する。進むべき道が定まらず、意思決定に責任を持てる者が居なければ事は捗らず結果には結びきようがない。理に適った設定だと思えた。

メンバーはそれぞれ未熟故に、絶えず衝突を繰り返す。メンバーには虚栄心、嫉妬、他者依存、傲慢、承認欲求、自己欺瞞など心理面での課題があり、彼らは対人関係において不都合を招く要因を抱えている。
主役は繊細すぎる故に良くも悪くも他者から影響を受けやすく、世渡りも上手くない。グループ内に共通の目的がないのでそれぞれ役割が定まらず、バンドを結成したものの一向に物事が進まない。要するに、それぞれバンド活動以外で解決すべき問題や消化すべきタスクを抱えているため、実質まともにバンド活動をやれるような状態ではないんだなこれが。

この状態のままだとバンドには自然消滅する未来が待っている。それだと話が終わってしまうため、現状打破の助け舟として作中にオッドアイ(要 楽奈)が登場する。彼女は誰よりも早く主役の才能を認め、進んで事態に介入し強引に事態を進展させる役割を担う。こうした便利なキャラクターが殆ど登場しないところが、過去作との違いとして顕著だと思える。{netabare}ちなみにオッドアイの所有するギターにはレリック加工が施されている。これには猛練習の痕跡を暗示する意味合いがあるようにも思えるが、実際には腕にヤスリを巻き付けて弾きまくるなどしない限り、ギターを弾いていて表面があれほど大規模に削れることは無い。{/netabare}

オッドアイ加入後もなお、登場人物たちは共通の目的を見出すまでに至っていない。そのため、作中では大して物事が進展しない。そもそも目に見える形で処理できるタスクが用意されていないので、成果として目に見える形で変化が生じないのは当然ではある。リーダーが不在であり進むべき方向がわからないことから、依然として登場人物たちは場当たり的に動くしかない。その上、事件が起きるなど外的要因によって事態が大きく変化することもない。あくまで本作はバンドメンバーの心的同行に焦点を当て続けている。
では作中では何の変化も生じていないのかというと、そんなことはない。絶えず人間関係における摩擦や衝突が頻発し、登場人物の心理面における変化・変遷が逐一描かれる。とはいえ、一話ごとに一人ずつ問題を解決していく構成ではなく、複数の話数(あるいは全話)を通してそれぞれの変化が時間をかけて同時進行で描かれていく。これはなかなかにテクニカルな仕事だとは思った(娯楽として人々に好まれるかは別として)。

本作の特徴として、頻繁に波乱が生じるわりに登場人物たちは成功体験を得る機会に恵まれない。どちらかというと挫折の連続で、辛辣な目に遭っても報いを得られない。それどころか状況は次第にこじれ、悪化の一途を辿る。そのため、観ていて辛いキツイ、つまらない、いい加減にしろとの感想を抱く人が出てくるのも不思議ではないと思えた。ただ個人的には、こうした状況を描くからこそ伝わるメッセージもあるように思う。

時として困難を前に諦めることは賢明な判断とも言える。限界を迎えダメージを負い再起不能になっては元も子もない。ある人の賢明な判断は、それを見る人に知恵ある者の悟りを知らせる教訓にもなる。その一方で、ある人は困難を前に決して諦めず、粘り強く取り組む姿勢を見せる。その姿勢あるいは生き様は、人を励まし勇気を与え、人を元気づける手立てにもなる(受け取る人次第ではあるが)。筆者は本作の中に後者の要素が含まれているように思えた。心の灯を絶やすな、心の声に忠実であれといった、熱い、暑苦しいメッセージが込められているように感じられたからだ。

ちなみに筆者は本作を1~10話まで一気に観た。そのためなのか全然退屈しなかったし、普通に面白かった。特に10話が良かった。これをやりたかったがためにフラストレーション溜めまくってきたんだろうなと。不覚にもちっとウルっと来ちまったよ。ただ、一週間おきに毎週観ている人にとっては、いつまで我慢すればいいの?って感覚になるような気もする。視聴のスタイルによってかなり印象変わるんじゃねえかなと。もちろん連続で観ても苦痛を感じる人も居て当然だとは思う。

主役は内省的で繊細過ぎるが故に生活場面で様々な困難を抱えがちだ。しかしその性質は環境次第では恵まれた素質として活かせる場合がある。周囲とズレている感性は要らぬ労苦を強いられる要因となりうる半面、他に埋もれない強烈な個性を有していることから他者との交流手段として有用に働く場合もある。
本作の主役には他者へ伝えたい思いがあった。長きに亘り心の内に滞留していた微熱のような感覚が、情熱的な詩となって表出する機会を待っていた。これは要するに才能であって、誰にでも備わっている資質ではない。ではバンド内の他のメンバーがそのことに気が付き、主役の才能を認め、その思いが伝わるようにそれぞれが役割を全うし始めたらどうなるか。多少の波風には動じることのない連帯が生じるだろう。そこには目的の一致があり、バンドの進むべき道に光を灯すフロントマンがいる。それを以てバンドの礎は盤石なものとなり、ようやく物事が動き出す準備が整うに至る。異なる個性が目的の一致のもと自発的に異なる働きをすることで、組織のパフォーマンスは高まり結果に結びつく運動体として機能し始める。といった具合に、バンドだけでなく様々な組織に適応可能な原則が本作の中に描かれているような気がした。

10話では主役の熱意が詩となってメンバーの頑な心を砕き、それぞれが内に秘めた熱意の向かう先を見出し始めたかのような展開が用意されていた。バンドリという作品には青春と音楽、絆の物語といった側面がある。過去作においてボーカルは星に喩えられた。本作の内容は過去作と比較してかなり毛色が異なってはいるものの、主柱となるコンセプトはしっかりと継承されていると思えた。

本作は、人間関係の軋轢を前面に映し出し、人の欠点をあげつらい露悪的な人間性を描き出すことだけを目的としていない。人に備わる良心を否定しない視点から登場人物それぞれの心の内に目を配り、最終的には観る人が希望を見いだせる内容になっている。筆者が本作を好きな理由はこの点にある。そうでなければ個人的にはバンドリ関連の作品を観る意味が無い。
昨今、作り手は作品を発表する毎に、批判の体を成していない単なる罵倒をリアクションとして受け止め易い世の中ではある。そんな中で毎度、譲れないところを貫き通してくれることは個人的には嬉しい。ちなみに、ここまでやっといて本作が最終的に誰も救われないバッドエンドとかになったら、普通に泣くよ俺はたぶん。ツーッて悲しみの涙が頬を伝っちまうからマジで。それだけは勘弁してください頼むから。お願いですから。

そういったわけで、10話でようやくバンド活動をまともに行う上で支障となる諸問題が一部片付いた形となった。実質的にはここからスタートなはずなのだが、その過程を丹念に描きすぎたが故か、既にやり切った感が出ている。ただ11話以降どうやって話を収束させるか気になっているので、筆者は最後まで本作を観ることになるだろう。

ところで、作中のサブキャラと所有楽器がしっかり3Dモデリングされていたのが興味深かった。それらのキャラクターは今後、同コンテンツに新たに追加されるバンドのメンバーなのかもしれない。もし次があるとしたら、どういった毛色の作品になるのだろうか。その点についても興味がある。

投稿 : 2023/08/18
閲覧 : 234
サンキュー:

3

ネタバレ

螺旋常連からくり剣豪 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 2.5 状態:今観てる

バンドリアニメシリーズ最新作。クオリティは高いが内容が暗過ぎて視聴ハードルはかなり高め

バンドリシリーズのアニメ最新作。新バンドMyGOが主役の青春群像劇です。全編3D。
ぼっち・ざ・ろっく!みたいに人間の暗い部分を押し出した音楽性がテーマですが、ぼっちと違って話に明るい部分はほとんど無く、それに伴ってバンド解散や過去のトラウマ、主張の違いによる対立などとにかくギスギスシーンが多く、この点はここ最近のアニメでは類を見ないくらいにエグいです。
キャラもやたらと癖が強い。根は悪くないのが分かるのでそこはまあ良いんですが、長々と険悪なシーンを見せつけられるので不快感はそれなりにあります。7話まで見たけどずっと陰鬱で暗いです。

アニメや曲のクオリティはすごく高く、惹きつけられるのは確かなんです。でも話がエグすぎるのがあって間口は決して広い作品ではないと思います。

投稿 : 2023/08/11
閲覧 : 109
サンキュー:

2

セイギ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 1.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2024/07/12
閲覧 : 1

FJSDR37436 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/07/10
閲覧 : 1

lostmemory さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

投稿 : 2024/06/23
閲覧 : 6

しらす さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/24
閲覧 : 6

おみや さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/15
閲覧 : 6

CLAIRE さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/14
閲覧 : 5

キリカ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/05
閲覧 : 6

m さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/01/21
閲覧 : 7

竜児 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/01/16
閲覧 : 8

スージー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/01/14
閲覧 : 7

ワルタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:----

投稿 : 2024/01/07
閲覧 : 7

がんばるknight さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/01/01
閲覧 : 8

cLzNA78240 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2023/12/30
閲覧 : 6

凪のあすからer さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2023/12/30
閲覧 : 6

とらんせる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2023/12/25
閲覧 : 7

米饭 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:----

投稿 : 2023/12/18
閲覧 : 9
次の30件を表示

BanG Dream! It's MyGO!!!!!(バンドリ! マイゴ)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
BanG Dream! It's MyGO!!!!!(バンドリ! マイゴ)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

BanG Dream! It's MyGO!!!!!(バンドリ! マイゴ)のストーリー・あらすじ

キャラクターとライヴがリンクする次世代ガールズ・バンド・プロジェクト、"BanG Dream!(バンドリ!)"から生まれる"現実(リアル)"と"仮想(キャラクター)"が同期するバンド"MyGO!!!!!"(読み:マイゴ)の活動がスタートする。
"迷子でもいい、前へ進め。"をキャッチコピーに燈(Vo)、愛音(Gt)、楽奈(Gt)、そよ(Ba)、立希(Dr)の5人で構成されている。(TVアニメ動画『BanG Dream! It's MyGO!!!!!(バンドリ! マイゴ)』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2023年夏アニメ

この頃(2023年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ