「緋弾のアリア(TVアニメ動画)」

総合得点
83.5
感想・評価
4771
棚に入れた
22825
ランキング
156
★★★★☆ 3.7 (4771)
物語
3.5
作画
3.7
声優
3.9
音楽
3.5
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ひぽさ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

すごく良かった

原作のラノベ?は読んでないですが
アニメはすごく良かった。ちょっと古いですが問題なしかと
エロあり笑いありシリアスあり、そのほかモリモリ
主人公が勃kヒスるのも面白い

日常描写やギャグ、くどくないエロ、バトル描写、恋愛の心理描写(アリアのカナって誰よとか)や、リョナ、あるキャラの恐怖からの敵前逃亡しようとする描写、そこからの熱い展開もGOOD。
OP、ED(アリアとキンジ見つめあってるシーン大好き)、次回予告、振り返って考えると、作画や演出、声優の演技力、どれもとてもすごかった。

退屈回はほぼないように思えます。
最後は見どころ詰め杉で、ちょっと時間が足らないぐらいか。
メッチャアニメの数見てきたわけではない自分だけど
すごく面白いと思えるアニメのひとつになった。
今やってるのだと、バトルのやり取りがジョジョに似てる気がする。
胸椎と脊椎を圧迫させるとか、溺死寸前での覚醒方法とか。
まだ見てない人は是非見よう。1期だけでも。
またこのような作品を見たい。
J.C.STAFFは良い作品多いよなぁ。すごい




見終わって、すぐAA(2期)も見たが
正直、劣化と言わざるを得ないです・・・。
直接的な原作と関わりないスピンオフみたいですが・・・それでも。
1期見て期待してただけにそれ故、全部見ましたが、見てて結構苦痛でした・・・。
1~3話と、終盤あたりは作画が良いような。
しかし脚本が・・・・主人公の大技は良いと思うが、調理不足なような。
レアきゃらのキンジくん出るたびにこっちがこっちが興奮してヒスりそうだった(ホ、ホモではない)
アリアはキンジいないから終始テンション低かったし

投稿 : 2019/03/01
閲覧 : 35
サンキュー:

0

ネタバレ

dbman

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

くぎゅのアリア

原作:ラノベ/放送期間:2011年4月-7月/第一期:全12話/アニメーション制作:J.C.STAFF

『灼眼のシャナ』『ゼロの使い魔』『とらドラ!』など、ツンデレ系ヒロインとして一時代を築いたともいえる釘宮理恵さん主役の作品のなかで、この『緋弾のアリア』はまだ未見だったのでいまさらながら視聴。

釘宮理恵さん演じるアリアなどキャラクターは活き活きとしているものの、どこか物語にのめり込むことが出来ず、結構な期間を用いて小間切り視聴でなんとか完走。バトルを絡めたハーレム系といった印象以上の感想を持つことが出来なかった。

約8年前の作品ということもあり、完全に観る時期を見誤ってしまったこともあるが、どうやら他の方のレビューを見るに、前提として原作を読んでいないと解からない側面があるようで、いまいちと感じてしまったのも致し方ないようだ。

とはいえ、笑える箇所も幾つかあったりと、コメディ面では楽しむことが出来ました。なかでも印象に深く刻まれ繰り返し観てしまったのが、{netabare}クライマックスバトルでのブラド(声:野島健児)の「グリュルルレホリルグルルルルル」などといった笑い方w 完全にツボってしまい緊迫なシーンにも関わらず、ずっと後ろからアホみたいな笑い方が聞こえるものだから、爆笑しながら観てしまったw

また本編とはちょっとズレるが、第11話の次回予告にて、アリアがキンジの名前を忘れたというコント的な掛け合いで、シャナの「悠二」、ゼロの使い魔の「才人」、そして、キンジ(声:間島淳司)自らがとらドラの竜児と名乗るボケをかますパロディは、釘宮シリーズとも言える作品群のファンとしては嬉しい限り。

なお、May'nちゃんが歌うオープニングテーマ「Scarlet Ballet」は彼女らいい格好良い曲でテンションが上がる一曲として、お気に入りとなりました。


▼キャスト
遠山キンジ:間島淳司
神崎・H・アリア:釘宮理恵
星伽白雪:高橋美佳子
峰 理子:伊瀬茉莉也
レキ:石原夏織
ジャンヌ・ダルク:川澄綾子
武藤剛気:近藤孝行
不知火亮:江口拓也
小夜鳴徹:野島健児

▼制作
原作:赤松中学/ラノベ:既刊本編30巻
原作イラスト:こぶいち
監督:渡部高志
シリーズ構成:白根秀樹
キャラクターデザイン:岩倉和憲
脚本:白根秀樹・ヤスカワショウゴ・平林佐和子
音楽:尾澤拓実
アニメーション制作:J.C.STAFF

▼主題歌
オープニングテーマ「Scarlet Ballet」歌:May'n
エンディングテーマ「カメリアの瞳」歌:中野愛子
{/netabare}

投稿 : 2019/01/19
閲覧 : 53
サンキュー:

23

ミストスレイヴ

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

物足りない…

声優さんや音楽は良かったけどもっとラノベの方を再現して欲しかったと思う。ラノベは全部読んで面白いけどけどアニメみてたら物足りなさを感じました。本来だったら主人公をかっこいいと思えるようなシーンもアニメでは勝手にアレンジされてたりして残念。原作のラノベと比べたら圧倒的に原作の方が面白いです。

投稿 : 2019/01/07
閲覧 : 28
サンキュー:

0

かんざき

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

合わなかった…だけ。

設定とラブコメ要素が全く合わなかった、あと作画も好きになれなくこの評価です…
でも、テンポが良くストーリーも楽しめます!

投稿 : 2019/01/03
閲覧 : 34
サンキュー:

1

ネタバレ

デューク

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

釘宮ツンデレの最終形

仁王立ちしてツインテールなびかせてるのって、やっぱりこの作品が一番です。
超攻撃的なアリアだけど、めっちゃ可愛いです。

お話は得体の知れないスケール感と、それでいて敵はクラスメートだったりして、ぐいぐい引き込まれます。白雪との三角関係、謎のリコ・・・次はどうなる?って、どんどん見ちゃいます。

AAじゃなくて、ちゃんと二期見たいですね。

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 42
サンキュー:

0

ootaki

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

楽しみ方が分からなかった

最初から?な感じで、タイトル通りの理由で3話切りさせてもらいました。

投稿 : 2018/11/05
閲覧 : 46
サンキュー:

0

ネタバレ

ジュン

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

銃を使った学園もの!

見終わったょー!
釘宮さん節炸裂でおもしろかったー!!
ああいうキャラはやっぱり釘宮さんだなぁって思うょ(o^^o)
さすがです!!

お話は武貞という武を使った探偵的なものを育成する学園のお話(๑˃̵ᴗ˂̵)
歴史の人物の名前がちょこちょこ出るのもおもしろぃかなぁ^_^

主人公である遠山キンジくん!
きんちゃんはエッチーなことを考えたり一定を超えるとヒステリアモードになって強くなれるみたぃ。

私はしらゆきちゃん推しだけど(๑˃̵ᴗ˂̵)
カワイィ子たちがたくさん出るからいいなぁ!!
お話もある程度まとまっていてみやすかった!
ぜひみてみてね!!

投稿 : 2018/09/17
閲覧 : 43
サンキュー:

2

四畳半愛好家

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

シリアスもラブコメもイマイチ盛り上がらず…

あらすじ:
 武力を行使する探偵、通称「武偵」を育成する東京武偵高校に通う遠山キンジは「あるきっかけ」で頭脳が活性化する特殊な体質を周囲から秘密にしつつ平穏な日々を送っていた。しかしある日、彼は通学途中で爆破事件に巻き込まれ目の前に現れた強襲科のエリート生、神崎・H・アリアによってキンジの日常は平穏とは程遠いものへと変わっていくのだった……。 

 ラノベ原作のアクション×ラブコメ作品。全12話。

 正直見どころがなかった作品だと感じました。感想も特に書くことがない…。
 ラブコメ要素もイマイチ萌えず、シリアス面はツッコミどころが多いためか、緊迫感も熱さも感じられず…。(アニメ化に際して省略が多かったのでしょう…。)

 キャラの魅力については、ヒロインが釘宮さん演じるツンデレキャラなので、そりゃ安定して萌える部分はありますが、性格・設定・世界観等にイマイチ引き込まれなかったため、キャラ一人一人の動きに違和感や作為的なものを感じ、どのキャラにも魅力を感じませんでした。特に主人公に感情移入できなかった点が厳しかったです。(特にラブコメ作品においては、主人公に魅力を感じられないのは致命的だと思われます。)
 某虎と竜のラブコメ作品のくぎゅう演じるツンデレヒロインは、心理描写が丁寧だからこそ萌えるわけです!

 更に言えば、煩悩を刺激されることで覚醒し最強になるというアニメあるあるのご都合設定を主人公は持っているのですが、この設定がイマイチ活きてない…。率直に言って色気が足りません!
 こんな設定あるんなら、もうちょっとそっち方面も頑張ってくれてもいいじゃん…(本音)

 てなわけで、正直アクション好きにも、ラブコメ好きにも、イマイチお勧めできない作品でした。
 特別悪い作品ってわけでもないんでしょうが…

投稿 : 2018/05/20
閲覧 : 97
サンキュー:

14

ネタバレ

ヒロウミ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラノベ原作アニメは突っ込んだもの負け!

ゼロの使い魔に見えるって?な物語。


そりゃピンクの髪の毛にノイジー釘宮さんとハーレムやっちゃえばそりゃそうなるやろ!ってか嫌いじゃない!むしろ色モノは好物なので!川澄嬢はセイバー・・・じゃなくてジャンヌダルクやってるし!空気だし!

物語は突っ込むところに溢れてる。むしろ粗だらけな物語なんで緻密なストーリーや世界観を求める人には向かない作品。私もハーレム作品としてしか見ていない。
ツンデレ、ヤンデレ、一途なビッチ、不器用、都合の良さそうな寡黙女子。そんなキャラクター達が可愛いかどうかは置いといてチラリズムがこの作品の唯一の魅力。


本来柱となるべき少ないシリアスパートが最悪なんです。セリフの間はガタガタ、そして敵のセリフは最高にダサい。原作通りなのかは知らないが粗が多すぎてザ・ラノベ。触手やら何故かいつも残弾一発だったり特盛超えて夜マックメガ盛り状態。ストーリーは「とある」の方が良いがなんか主人公が被るんだよなぁ。両作品に言えることは「何故?」は「そうなんだ!」で終わらせとけば楽しめます。多分。
9mm弾じゃあバスのシートは貫通しないんだよなぁ。ってかUZIに拘りすぎや!このグダグタ感は制作サイドが構造的欠陥、描写の欠陥を作ったのか原作に粗だらけなのかは知らないが中々のものを持ってます。


このタイミングで再度完走したのは萌えパチシリーズに色々手を出すと見たくなっちゃうんですよね。
この緋弾のアリアのパチンコはコアなファンが付いており意外と稼働も良い。まぁまどマギシリーズのような広く根強い人気は無いが私を含めた「豚」がたくさん。私の場合は川澄嬢の声でキャッハウフフパフパフ~なんでゴロゴロ悶えながら遊んでます。ゴロゴロは嘘ですけど。
ちょいちょいお世話になってる藤商事。かなりアニメの絵を重視した作りで絵の出来はかなり良い。んでも藤商事の台ってどのリーチが熱いのか分かりにくくてハマりが大きいとク○つまらんのですが。地獄少女もしかり。道釘ちょっと絞ると更に酷い。店次第だが本当に回らん。次の新台は緋弾のアリアAAだってさ。もう(笑)ですよ。AAって(笑)
次のネタは他の作品が出てきたし、トラウマどころかアレルギーになっちゃったAAは再視聴はしませんがハーレム色モノがお好きな方はこの作品を一度試してみてはいかがてしょうか?繰返しますが私は好物です!

満足度評価に空気な川澄補正はございません。



【以下過去レビュー】
{netabare}
特殊工作員の高校生の物語。

ストーリーの世界観、キャラクター設定は良かったです。俺好みのものでした。ただ1クールに無理矢理突っ込もうとしたからなのか、かなり簡単に物語が進んじゃってます。めっちゃ勿体ないですね。ボスも大した壁になっていないんですよね。もっと戦略的要素が欲しかったです。
キャラクターも多からず少なからずなんですが細かい設定が活かしきれてないんです。声優さんの仕事もきっちりされててカワイイんですけどね。作画レベルはJ.C.STAFFなんで特筆するものの無い無難なレベルですね。

J.C.STAFFの作品全般に言えますが原作を活かしきれない会社なんですかね?監督や脚本の問題なのかセリフの間の取り方がめちゃくちゃ下手な感じを受けます。ストーリー構成も。まぁこの作品は1期2クールか2期1クールずつは欲しかったですね。設定がしっかりしてる分少し残念でした。
釘宮さんってペチャパイの背の低いキャラでツンデレキャラ以外のオファーってないの?この人の演技力ならその固定概念は勿体ない気がするのだけど。
【追記】
釘宮さんって蒼き鋼のアルペジオのムサシ役だったんだね!今さら知ってびっくりだし釘宮さんの演技力すごい!私の無知さと深く知ろうとしない感性もヤバい!{/netabare}

投稿 : 2018/05/12
閲覧 : 149
サンキュー:

16

褐色の猪

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

割と正当なジュブナイルアニメ

テンポ良いストーリー、キャラ立ちいいし、声優さん、作画なども問題なくこの1期は面白かった。

投稿 : 2018/05/11
閲覧 : 91
サンキュー:

1

ネタバレ

オヤシロさま

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

続き出そうよ

続きを出してほしい
パチンコオリジナルムービー出してるのだから、それをさっさとDVDにしてくれ。
キンジと兄の対決とか早く出してくれ。
キンジのHysteriamodeが好きなんだよぉ!頼む!

投稿 : 2018/05/03
閲覧 : 52
サンキュー:

0

ネタバレ

たい焼き

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ワンパターン

主人公が女の子の下着とかエッチなシーン見て強くなって敵を倒していくみたいなアニメだな。

ストーリーもよくあるものだし、銃撃戦(バトル)もそんなに多くあったわけじゃないし、おまけに主人公がヒステリアモードになるとキザ発見連発すんのがね…ちと寒いわと思ってしまった。

あ、でも出てくる銃のセンス、興奮して強くなるって言う発想、ラブコメハーレム学園系としては面白いと思った。

投稿 : 2018/03/17
閲覧 : 42
サンキュー:

1

しろ

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

釘宮さんは最高

原作 未読

残念だったのが終わり方がパッとしなかった点

原作知らないと自分に合わないアニメがあることを理解せねば


キャラとか音楽とかは良かったです

萌え要素があった点が多少満足までいった要因

釘宮さんのアリアが可愛かったです^^

投稿 : 2018/03/01
閲覧 : 98
サンキュー:

8

芝生まじりの丘

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

割り切った設定はグッド

エロに反応して天才かつ最強かつ変態になるというのは、わかりやすいが割り切ってて悪くない設定だと思う。
キャラクターもそれぞれまあまあ立っている。

ただストーリー展開はテンプレ通りで、本当に全く面白みがない。
あと普段の主人公に魅力がない。

やれやれ系主人公は他人に責任転嫁しかしないからイヤなのだ。

なぜか昔はわりとこれが見れた気がするのだが今となっては見るに耐えない。こういう作品をどういう顔をして作っているのかなと思う。

投稿 : 2018/02/24
閲覧 : 74
サンキュー:

1

ネタバレ

まあ君

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

血が集まる場所

主人公が変身する時に挟まるカット,なんか笑ってしまうんですよね...
それと,ルパンファンとしては,こんなところでルパンを語られても...という感じでした.余談ですが,春から新作が放送されるみたいで,今から楽しみです.

13話の水戸黄門のパロディーも笑わせていただきました.

投稿 : 2018/02/17
閲覧 : 49
サンキュー:

1

退会済のユーザー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

タイトルなし

適度なえろさが気に入って。
当時父の携帯をパクってソシャゲして遊ぶくらいハマってたけど
一度しっかり見直したら、もうそこまで好きでもなかったのが残念

投稿 : 2018/02/10
閲覧 : 58

Marsa

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

青少年が支持層かな? 萌え感覚を知らないおじさんにはきつかった。

原作未読。全12話。

2011年の作品なので、それ程昔ではない作品なのですが、
昭和の香りがする、変わった設定を乗っけた学園ハーレム
ラブコメってところでしょうか。

設定、話、ともに薄味で、笑いも含めて、古典的で
わかりやすく、青少年が支持層なのかな?
萌え感覚を知らない大人には、楽しむ要素を見つけるのが
難しい作品ってとこかなw
第3話あたりから、心が廃人のように抜け殻状態に
なりながら、2回の寝堕ちを乗り越え、何とか完走した
って感じですw
途中で切る勇気のない自分を悲しく感じた作品でしたw

投稿 : 2018/01/26
閲覧 : 109
サンキュー:

17

ごる

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

原作読んでないと分からない!

後半になると全然話しに出てこなかったキャラの名前が出てくるやら、最後に出てきた重要そうな敵キャラもあっさり倒してしまうとか若干1クールでまとめた感がしてしまいます(´・ω・`)
2期やる前提であればもう少し膨らませて終わらせても良かったかな。
でも安定のくぎゅ作品ですが(*´ω`*)

投稿 : 2018/01/11
閲覧 : 57
サンキュー:

1

はー。コジマ.jp

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

釘宮さん演じるヒロインが見所のアニメ

くぎゅううううでお馴染みの釘宮さんが演じるツンデレバトルアニメ。ストーリー性は欠けますが面白いです。主人公の特殊耐性もものすごい内容となっております。

投稿 : 2017/11/12
閲覧 : 92
サンキュー:

0

アオイ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白くないことはないが

面白くないことはないが原作ライトノベルの宣伝でしかないと思う。
ゼロの使い魔の設定違いに見えた。声優のせいか?

投稿 : 2017/10/17
閲覧 : 60
サンキュー:

1

イラックマ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

くぎゅう!

いわずと知れたくぎゅうの代表作ですね!ツンデレと言えばくぎゅうくぎゅうと言えばツンデレ!

投稿 : 2017/09/25
閲覧 : 46
サンキュー:

0

レモリア

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

主人公がかっこえー

主人公のヒステリックモードはカッコいい!

バトルや物語もしっかりとしているので楽しめた。

投稿 : 2017/08/30
閲覧 : 37
サンキュー:

0

ぺぺりん

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最後まで観ました

今のところの感想は
OPは私は好き
内容はまだ盛り上がりに欠けると思います
今後に期待

観終わった感想として
戦闘、設定は楽しかった
ただもう一捻り欲しかった

投稿 : 2017/06/07
閲覧 : 211
サンキュー:

0

tikuwa

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

内容が面白い( ᐛ )و

緋弾のアリアを見ての感想です。
まず内容ですが極論普通に面白いです( ´▽`)ノ
具体的には終盤につれ内容が濃くなってくる感じで次へ次へと見ていってしまいます^^;
ですが、万人受けするかどうかと言いますと微妙な感じです^^;

キャラに関してですが皆さん可愛くてとても魅力的でキャラがたっていました!
以上です( ´▽`)ノ

自分はアリア推しです(b・ω・)b

投稿 : 2017/06/04
閲覧 : 75
サンキュー:

3

PPN

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

初ツンデレ(*´ω`*)

凶悪化する犯罪に対抗するべく
武力行使で問題解決にあたる探偵『武偵』
この武偵を教育する高校を舞台にしたお話。


アクション、バトル物として視聴始めたつもりが
拍子抜けするほどハーレム物でしたw
またもや鈍感主人公さまの登場(;´∀`)

そしてツンデレ女王作品でもありますね☆
釘宮ファン、ツンデレ好き、ハーレム好きな方には特にオススメな1本!

ストーリーや設定などは面白いかと。
過去の偉人の子孫
主人公の能力
多種に渡る高校の学科
あと「二つ名」と「決めゼリフ」ねww

ガンアクションなどアクション、バトルシーンは格好よかった!!
CGを取り入れたりしっかり描かれていたと思います(・∀・)

キャラも魅力的な女の子多いです
神崎・H・アリア(CV.釘宮理恵)
星伽 白雪(CV.高橋美佳子)
峰 理子(CV.伊瀬茉莉也)
レキ(CV.石原夏織)
ジャンヌ・ダルク(CV.川澄綾子)
ついでに
遠山 金次(CV.間島淳司)

《独り言》
釘宮理恵のツンデレ作品初めて見たw
ハマる人の気持ちが分かるよーな気がした(゜∀゜ゞ)  

前作から少し間があるけど2期はあるのかな?
2期あればチェックしたいと思います♪

《2014 05/31 レビュー投稿》

投稿 : 2017/04/05
閲覧 : 212
サンキュー:

32

rockyhk

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 1.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

原作orコミックから入りましょう

コミックと原作で好きになって期待してアニメ見たけどガッカリしました…

見終わって、無理と承知で強引に1クールに収めたなって印象ぐらいしか残らなかったです。「そこ削る?」って部分がバッサリなかったり、あっても極端にショボくなってたり。
尺の関係かシーンもセリフも「間」が短く、アニメから入った方は分かりづらかったのでは?
構成がひどかったので物語評価を★0にしたかったくらいです。

でも、理子役の伊瀬さんが良かったですね!
最高!理子かわいいよ理子。

アニメから入ろうとお考えの方は、原作かコミックから読まれることを強く勧めます。

投稿 : 2017/03/23
閲覧 : 45
サンキュー:

1

かな

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

タイトルなし

これは原作を読まないと正直よくわからないと思う。最終回の部分でもプロローグすら終わっていない(プロローグが、原作の5話までというのもあるが)。しかし、原作の方はとっても面白く引き込まれるような作品だと思います。気になるのなら原作を読むことをお勧めします

投稿 : 2017/03/18
閲覧 : 50
サンキュー:

1

ネタバレ

ピピン林檎

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アリアよりも白雪(星伽(ほとぎ)の巫女)の方がヒロインな件

2周目完走したので更新です。

◆視聴メモ

・ごく稀に白い光線が入るけど、いらないと思うな。
・最終回に出てくる「カナ」を何とかしてほしかったけど、無理だろうな・・・


◆制作情報

原作               赤松中学
監督               渡部高志
シリーズ構成          白根秀樹
脚本               白根秀樹 ヤスカワショウゴ 平林佐和子
キャラクターデザイン(原案) こぶいち
キャラクターデザイン     岩倉和憲
音楽               尾澤拓実
アニメーション制作      J.C.STAFF


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

================== 緋弾のアリア (2011年4-6月) ================
{netabare}
第1弾 La Bambina ★ 武偵殺しの襲撃、神崎.H.アリアの転入 ※星伽嬢・理子も登場
第2弾 双剣双銃(カドラ)のアリア ★ アリアの身上調査、キンジとアリアの約束
第3弾 ファースト・ミッション ★ バスジャック事件、スナイパー蕾姫(レキ)
第4弾 武偵殺し ★ アリアの個人事情(母の冤罪、パートナーの必要性、イ・ウー)、チャーター機ジャック事件、武偵殺しの正体
第5弾 武偵憲章1条 ★ 続き ※この回で超能力ありの世界と判明
第6弾 星伽の巫女 ★ 白雪護衛任務 ※超偵(超能力持ち武偵)の巫女の幼馴染←設定てんこ盛り
第7弾 かごのとり ★ 続き(アドシアード当日)
第8弾 魔剣(デュランダル) ★ 続き、ジャンヌvs.緋巫女(ひみこ)
第9弾 蜂蜜色の罠(ハニートラップ) ☆ 理子の武偵高復帰、理子の依頼
第10弾 特訓 ☆ 無原罪のブラド、保健室覗き見事件、レキの銃撃スキル
第11弾 潜入 ★ メイド・執事任務、小夜鳴研究室(ロザリオ回収)、理子の裏切り
第12弾 ブラド ☆ 対ブラド戦 ※人間じゃない敵は流石に微妙過ぎる・・・×
OVA 武偵が来たりて温泉研修 ☆{/netabare}
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)9、☆(並回)4、×(疑問回)0 個人評価 ★ 4.1

OP 「Scarlet Ballet」
ED 「カメリアの瞳」


※以下、以前のレビュー
-------------------------------------------------------------
スピンオフ作品『緋弾のアリアAA』の放送が始まったので、急いで本家の方も視聴してみました。

◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

========= 緋弾のアリア (2011年4-6月) =========

{netabare}第1弾 La Bambina ★ この強引な展開!しかしそこが良い
第2弾 双剣双銃(カドラ)のアリア ☆ SランクとEランク武偵
第3弾 ファースト・ミッション ☆ バス・ジャック事件、蕾姫(レキ)登場
第4弾 武偵殺し ★ ハイ・ジャック事件、理子(りこ)の誘惑
第5弾 武偵憲章1条 ★★ 続き、このシナリオの無謀さは◎
第6弾 星伽の巫女 ★ 超能力者で幼馴染で巫女(設定てんこ盛り)は○
第7弾 かごのとり ☆ 
第8弾 魔剣(デュランダル) ★ ジャンヌ・ダルクvs卑弥呼?無謀すぎて逆に○
第9弾 蜂蜜色の罠(ハニートラップ) ☆ 理子の依頼  
第10弾 特訓 ★ 理子の過去、蕾姫の銃撃スキル
第11弾 潜入 ☆ 理子の狙い、予告編「リュウジ」って・・・
第12弾 ブラド ★ 巨大くまっち登場
OVA 武偵が来たりて温泉研修 ☆ 紛うことなき温泉回{/netabare}
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)1、★(良回)6、☆(並回)6、×(疑問回)0 個人評価 ★ 4.1

OP 「Scarlet Ballet」
ED 「カメリアの瞳」


◆総評

さすがのJ.C.STAFF+ヒロイン釘宮理恵。
ちっこくてツンツン生意気で、でもドジで実はデレデレ・・・
重度の釘宮病患者が発生するわけですね、コレは。
第11話の予告編で「リュウジ」だか「ユウジ」だか叫んでたのは笑いました(そこは「キンジ」だって笑)

キャラデザが『これはゾンビですか』と同じ方で、キャラ設定やストーリー展開の強引さも『これゾン』と同じかもっと酷いくらいなので、ここまで出来れば逆に清々しくて高評価したくなります。

『AA』の方も第1話の掴みは上々だったので、期待したいです。

投稿 : 2017/03/17
閲覧 : 428
サンキュー:

46

とまと

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

期待はずれでした。

設定が理解出来なく、作画も苦手だった。なんか全体的に古臭い雰囲気。

投稿 : 2017/01/30
閲覧 : 109
サンキュー:

1

IZUNA

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

まあまあ

投稿 : 2017/01/12
閲覧 : 70
サンキュー:

0

次の30件を表示

緋弾のアリアのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
緋弾のアリアのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ