「さすらいの太陽(TVアニメ動画)」

総合得点
61.5
感想・評価
14
棚に入れた
33
ランキング
3924
★★★★☆ 3.3 (14)
物語
3.4
作画
3.0
声優
3.3
音楽
3.5
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

さすらいの太陽の感想・評価はどうでしたか?

bee5000 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/05/07
閲覧 : 13

トリス_オタク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/10/22
閲覧 : 13

ひみこ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/04/16
閲覧 : 26

sarari さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2016/02/22
閲覧 : 35

ぶらっくもあ(^^U さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/06/19
閲覧 : 45

タクボン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/06/13
閲覧 : 42

じぇ~むず さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2013/09/28
閲覧 : 65

さすらいの太陽のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
さすらいの太陽のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

さすらいの太陽のストーリー・あらすじ

数奇な運命に翻弄されながらも歌手になることを望む主人公・峰のぞみの物語を描いた青春アニメ。アニメ作家・藤川桂介と漫画家のすずき真弓が少女コミック(当時は週刊少女コミック)で連載していた漫画が原作でもある。下町にあるおでん屋の娘・峰のぞみと、大財閥の令嬢・香田美紀はともに歌手を目指す10代の少女。実は、二人は十数年前の出生時に互いの立場を入れ替えられていた関係なのだが、そうとは知らない両者は互いをライバル視する。美紀が財力で芸能界にデビューした一方、酒場で歌唱を続けるのぞみ。日本各地をさまよいながらも、のぞみの歌はいつしか人々の心を魅了し……。本作の製作は虫プロが担当。同社のプロデューサーだった岸本吉功は、本作のメインスタッフである富野由悠季(当時は富野善幸)や安彦良和、星山博之らと、後年に設立したサンライズ(当時はサンライズスタジオ)で一緒に仕事をしている。(TVアニメ動画『さすらいの太陽』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1971年春アニメ
制作会社
虫プロダクション
公式サイト
www.mushi-pro.co.jp/2010/09/%E3%81%95%E3%81%99%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E5%...
主題歌
《OP》スリー・グレイセス、ボーカル・ショップ『さすらいの太陽』《ED》堀江美都子『心のうた』

声優・キャラクター

藤山ジュンコ、嘉手納清美、平井道子、井上真樹夫、富田耕生、来宮良子

スタッフ

原作:藤川桂介/すずき真弓(週刊「少女コミック」連載)
プロデューサー:別所孝治/岸本吉切、チーフ・ディレクター:勝井千賀雄、キャラクターデザイン:高橋信也、アニメーションディレクター:野部駿夫、作画設定:安彦良和、美術監督:半藤克美、ブラシ:鈴木絢子、撮影監督:大岩久剛、編集:伊藤叡、音響監督:左近允洋、効果:月岡弘、録音:アオイ・スタジオ、現像:東京現像所、タイトル:橋爪朋二、アシスタントプロデューサー:安達登、デスク:岩田憲司、設定制作:星山博之、資料:岡野憲一

このアニメの類似作品

この頃(1971年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ