「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵(アニメ映画)」

総合得点
66.3
感想・評価
205
棚に入れた
964
ランキング
1725
★★★★☆ 3.9 (205)
物語
3.9
作画
4.0
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

STONE

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

作画はやはり良くなっている

 原作は未読。
 内容的にはテレビシリーズ第1作である「剣風伝奇ベルセルク」(以後、剣風伝奇と表記)の
リメイクといった感じのもので、3部作の第1作。
 剣風伝奇と較べて、制作時代の違いやお金や時間の掛け方も違うのか、絵はこちらの方が全然
いい。
 更に戦闘シーンにおけるバイオレンス感も増しており、ダークファンタジーとしてはより、
それらしくなった感があった。
 キャストも剣風伝奇から一新されており、この辺は最初は違和感があったが、すぐに慣れた。
 話の方は剣風伝奇より尺がないために削られているところがあるが、逆にガッツ、グリフィス、
キャスカの3人の物語という本質的な部分は判りやすくなったかも。
 3部作の序章ということで3人の関係性はまだ激しい変動はないが、使徒の存在が出てきたり、
遠くない将来ガッツが鷹の団を離れるだろうと思われる描写など、後の変動を感じさせる静かな
変調が見どころといった感じ。

2019/01/14

投稿 : 2019/01/14
閲覧 : 51
サンキュー:

0

ネタバレ

Jun

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

絵の力

各シーンをじっくり堪能させていただきました。戦場、殺し合いのリアリティを出すためのグロさはしっかりと表現されています。男と女の欲望も放映できるレベルに抑えられてはいますが。頭の芯が痛くなって吐き気をもよおすくらいに、よりグロく、よりエロくなると、個人的には良かったかも。

投稿 : 2018/08/08
閲覧 : 79
サンキュー:

1

ネタバレ

くろ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハードなダークファンタジー好きは一見の価値あり

お勧めされた訳ではないが、友人が見たという話を聞き、
2度目のアニメ化の時に演出が見るに堪えなくて断念したのを思い出した。
元々ダークファンタジー好きなので、
映画なら見れるか? と思って見てみた。
漫画・アニメ共に未視聴(2度目のアニメ化1話以外)。



映画3部共一気に見たので、3部全ての感想を書こうと思う。




ファンタジー戦争の重厚さと傭兵感が出ていてとても良い。
雰囲気だけではなく、キャラの想いや心理描写、関係性も
しっかり描かれている。
むしろここまで描いていいのか!? と思うほど、
人間臭さ、男臭さを表現している…。そしてエロが生々し(
くさそう
だからこそファンタジーなのに現実味溢れる良作と
なっているのかもしれない。


あとこの作品は、ちょいちょい色んなダークファンタジーモノの原点に
なってる気がする…なんか色々見たことあるぞ…。
{netabare}地下拷問部屋とか、なんかデモソのラトリアっぽい…すき…。
好きなシーンはジュドーの死に際と、シラットさんの猛攻です。アムっ!レグっ!がd…ゲhン

肝心のメインのストーリーは、主人公ガッツとグリフィスの気持ちのすれ違いから生まれる悲劇…。
主人公はガッツですが、グリフィスが如何にしてガッツの宿敵と成るかの
物語なので、映画の主役はグリフィスな感じ。
嘘臭いイケメンの内に秘める矮小な卑劣さと、その転落さのコントラストは必見。馬車から落っこちた後の声なき笑いが絶望的でとてもよい。
{/netabare}


その他にも印象深いシーンは多々あって、原作知らないですが
映画用に初見の人でも楽しめる内容に上手くまとまってるなぁと
思いました。

投稿 : 2018/04/28
閲覧 : 64
サンキュー:

1

ウィーハウック

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

陰毛

三部作第一作目
始まりが違うだけで基本ストーリーはTVアニメ版と変わらないので、じっくり内容を楽しみたいならTVアニメの方を見るべき。

さすが映画版、TVアニメでもそこそこリアルに表現してたのに、こっちはそれ以上、おかげでレイティングも上がり、確か最後の作品は18指定じゃなかったっけ?

アニメ作品としては珍しくアンダーヘアありのアニメなので、そっち目的で見てもいいかも。

投稿 : 2017/07/15
閲覧 : 365
サンキュー:

0

ネタバレ

ノリノリメガネ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

世界観とキャラ紹介の第1作

劇場版ベルセルク第一弾。原作は未読。
TVアニメを観ようと思ったら、その前に劇場版があったことを知り、視聴することにした。
{netabare}
ジャンルは血なまぐさいファンタジーアクションといったところか。

本作ではガッツがグリフィスと出会って傭兵集団に加わり、その二人の友情とグリフィスが成り上がる様を描く。

ガッツの大剣を用いた豪快なアクションは楽しい。

子ども殺しのシーンが生々しく描かれていて、その残酷さやガッツの戸惑いが表現されていて良かったと思う。

本作は世界観とキャラ紹介を行いつつ、全体を通してガッツとグリフィスとキャスカの微妙な関係性が描かれており、この先どのように物語が展開していくのかワクワクする一作目だった。
{/netabare}

投稿 : 2017/05/13
閲覧 : 69
サンキュー:

1

don

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

噂なので見てみたよ

3までの全部の感想です
物語はだいぶ面白かったです。
ベルセルクの中でもこの時代は面白いと噂だったので。
キャスカがちと弱いですね
ガッツの豪傑ぶりはスカッとしますし、団長の波乱万丈さがなんだか凄すぎて,,,。見たら続きが見たくなるのは間違いなし!

投稿 : 2016/11/02
閲覧 : 96
サンキュー:

2

ネタバレ

がぁべら♪

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「俺たちの絆は、誰にも斬れない。」

孤独な剣士ガッツは、百年戦争に揺れる地を傭兵として渡り歩いていた。身の丈を超える長大な剣を自在に操り、強大な敵をいとも簡単に倒すガッツ。そんな彼に目をつけたのが、傭兵集団“鷹の団”を率いるグリフィス。美しい姿からは想像もつかない統率力を持ち、大いなる野望を秘めたグリフィスは、自らの夢を叶えるためにガッツを決闘で制し、鷹の団に引き入れる。数々の激戦を共にくぐり抜けるうちに、信頼で結ばれていく仲間たち。なかでもガッツとグリフィスの絆は、今や特別なものになっていた。やがて鷹の団はミッドランド王国の正規軍にのし上がるが、それはグリフィスの目指す頂点へのはじめの一歩に過ぎなかった。一方ガッツは、グリフィスの夢に取り込まれ剣を振り回すだけの人生に疑問を抱き始めるというストーリーです。
--------------------------------------------

原作は未読デス。
大人向けの作品だと思います。
戦闘シーンが多いので、グロイ場面もあります。
1部はガッツとグリフィス・キャスカという鷹の団との出会いがメインだと思います。
今後の展開が気になる所デス。

投稿 : 2016/09/17
閲覧 : 89
サンキュー:

2

山のかかし

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

凄く良かった

ベルセルク作品は原作も含め、全く手つかずでした。と言うか今季からベルセルクの続き物が放映されたので途中まで観てます。
話がいまいち解らなかったので、過去のこの作品でも観てみようかと思い見始めました。
劇場版と言うこともあってか、予想以上の出来の良さで一気に引き込まれました。
2012年の作品でしたでしょうか?
迫力の戦闘シーンもさることながら、様々な季節の映像美と音響が凄く良かった。
丁寧に作りこまれ、製作スタッフの熱意が伝わりました。
この「覇王の卵」以降の2作品も一気に見終え感無量です。
ただ物語はまだ続き、その後の話を現在2016年夏のTV放映作品として放映中です。
しかしながら、TV放映中の作品はちょっと質が残念。お金が掛けれないとか理由うはあるとは思いますが、もう少し作り方に工夫と熱意が欲しい気がします。
ストーリーは原作と変わらない?と思うので見続けますが。

投稿 : 2016/08/26
閲覧 : 113
サンキュー:

5

ahirunoko

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

剣風伝奇ベルセルクの早送り版。だが残虐・グロさ強烈!

漫画原作。未読。

剣風伝奇ベルセルクを以前視聴。
なのである程度ストーリー分かっているから人間関係も知っているので話が理解できるが、初見の人は人物相関が分からず話の面白さが半減するかも。

流れを説明する、という点では非常に良く出来ているが人物相関がどうしても希薄に感じるので残念かな。

作画は申し分なし!特に容赦ない残虐な戦闘シーンはこんなの表現していいの!?と思うくらい!

魔法というか、魔物が絡むストーリーなのにリアルな成り上がりストーリーはモロ好み!

WOWOWの無料放送で観たが、他の2作はレンタルで観ようかな。

ダークファンタジーというか、下剋上・グロ戦闘シーンありが好みの方には超おススメです。

投稿 : 2016/07/02
閲覧 : 120
サンキュー:

13

ケンシロウ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

大作を予感させる

原作未読。(ごく一部既読)
7月からテレビアニメスタートという事で、
前々から気になっていた映画3部作を見てみた。

この作品は原作は未読だがどういう内容かは事前に少し知っていた。
それはグロい、エグい、ショッキングという事だった。
このパート1はそれほどでもないが、それでもショッキングなシーンはあった。

主に鷹の団の仲間たちとの出会いを描く今作。
映画という事もあり映像は相当綺麗に仕上がっている。
原作は長く連載されており、映画1本目を観ただけでも大作を予感させられた。

投稿 : 2016/06/24
閲覧 : 104
サンキュー:

3

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャッチコピーは「俺たちの絆は、誰にも斬れない。」

今年の夏アニメで本アニメの新作の放送が決定しました。新作が続編かは分かりませんが、過去作を視聴していた方がより新作を楽しめるのでは・・・と思い、今回の視聴に至りました。

この作品は、3本の劇場版として描かれた黄金時代編の第1作目となりますが、この作品の前身として1997年秋〜1998年冬にかけて「剣風伝奇ベルセルク」が放送されており、こちらは黄金時代編にオリジナルエピソードを加えた作品が制作・放送されたそうです。
2クールもの大作なので、時間が許せばこちらも視聴してみたいと思います。

この物語の舞台は中世のヨーロッパ・・・国同士の争いが絶えない中、主人公のガッツは傭兵として戦乱に身を投じ生きるための生活費を稼いでいました。
これまで決して群れをなさず一匹狼として傭兵生活を送ってきたガッツですが、乱世の中で誰にも寄りかからず一人で生き抜いてきただけあって、傭兵としての彼のセンスは目を見張るモノがありました。
ガッツは身の丈ほどもある剣を軽々と扱う怪力の持ち主である上、相手がどんな敵でも決して臆さず突っ込んでいくんです。
その姿はまるで鬼神のよう・・・

そんなガッツを味方に付けたいと思う輩は大勢いるものの、誰もガッツから相手にされない中、「鷹の団」の団長であるグリフィスが腕ずくでもガッツを我が物にしたいと名乗りを上げ・・・物語が動いていきます。

ガッツが豪快一直線の様な気質とすると、対するグリフィスはガッツとはまるで正反対・・・
パッと見女性の様な顔立ちと銀色の長髪と純白のマントを纏ったグリフィスですが、見た目によらず中々の強者・・・流石「鷹の団」の長に相応しい人柄の持ち主です。

もう一人忘れてはならないキャラはキャスカ・・・鷹の団の千人長の女性剣士で、副長的存在の彼女・・・気が強く口が悪いので、ガッツとは何度もぶつかり合いますが、根は素直で優しい女の子です。
そんなキャスカはグリフィスに淡い恋心を抱いているのですが、グリフィスのガッツへの入れ込み様に嫉妬したり・・・色々と忙しい彼女ですが、物語の中では紅一点らしい活躍を見せてくれます。

この第1作目は、戦いを重ねるごとに成長していく「鷹の団」を追っていく事となります。
もともと「鷹の団」は傭兵の集まりでしたが、連戦連勝を続けることで国王の信頼を少しずつ得ていき・・・グリフィスは王女からも慕われる存在へと成長していくのです。

物語は割と単調なのですが、作画はキャラデザ、背景とも綺麗で緻密・・・特に圧巻なのは戦闘において全体が広く見渡せるシーンが多用されているのですが、その中で動き回るキャラの緻密さは半端ありません・・・まるで実写の映画を見ているような感覚に陥りそうになるくらい動いているんです。

そしてメインキャラの戦いにおいては躍動感と臨場感が「これでもかっ!」と言わんばかりに押し寄せてくる感じがして・・・とにかく見ていて気持ちの熱くなる場面がたくさんありました。

でもここで注目したいのはキャラの心情です。
様々な思いが交錯しています・・・そう確かに交わりを感じます。その交わりには温かさが感じられます。
戦争の真っ只中、人の心も殺伐としている中におけるヒトの温かさはやっぱり大切に思えます。

グリフィスは何を目指しているのか・・・
ガッツは何を考えて行動しているのか・・・

この辺りが見どころだと思います。
気になる方は是非本編でご確認頂ければ・・・と思います。

3部作のうちのまだ1作目を視聴したばかり・・・今後の展開に期待しつつ、第2作目を視聴したいと思います。

投稿 : 2016/05/28
閲覧 : 139
サンキュー:

21

このままじゃダメだ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

再アニメ化決まりましたね

ベルセルクシリーズは長期連載中の漫画が原作の作品で、10年以上前にテレビアニメが放送されていました。

テレビ版も良いですが、おすすめしたいのはこの劇場版!
制作は独特の魅力を持った作品を多く手がけるスタジオ4℃
キャラクターデザインはリアル系美形の巨匠恩田尚之さんです。
この制作陣に伝説級の漫画ベルセルクの悍ましさ、エロさこの再現度が半端じゃない


最初に観たのはテレビアニメだったのですが、初めてベルセルクという作品に触れたときはここまで嵌るなんて想像だに出来ませんでした。

ごっつい主人公にかっこよさが見つからないし、
ヒロインもベリーショートで、気が強いのであまり可愛く無いなあと。
声も合ってないわけじゃないけどう~んという感想でした。

しかし、それからしばらくして、
リメイクされた劇場版は良いよ!4℃制作だよ!という言葉を聞き、4℃のワードにつられて視聴を再開しました。

恩田さんのグリフィスがね、ガッツがね、本当にかっけーんすよ
この角度から見ても、この角度でも、ごつくても、一瞬女性に見えてもにじみ出るイケメンオーラは隠しきれないのです。

CGについては、そこそこですね。一つ一つのクオリティで言えばCGらしさを前面に押し出したテレっとしたキャラだから、残念に思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、100人切りのシーンをはじめアクションシーンで使われるCGモブの圧倒的な量はなかなか真似できるものでは無いでしょう。しかも甲冑にはいろんな種類があるし…地味ですが、相当大変だったんじゃないかなと思います。

ところで剣風伝奇ベルセルクと比べて一番良かったのは、声でした。

例えば第2話にキャスカがグリフィスに向かって「だけど!」と言うシーンがあるのですが、
剣風奇伝のときは古さを全面的に受けたような臭さを感じたんです。
そのときはセリフ自体も現代ではあまり使われない用法だと思ったのですが、
劇場版を観ると、全く違和感がない…!
これは驚きました。
キャスカの声は断然劇場版の方が良いです。

ちなみにガッツの声優は新人の俳優
バズーサの声はケンコバが抜擢されたということですが
全然違和感がありません。キャスティングが上手だなと思いました。

そして物語。戦闘シーンの割合が多いので、内容自体は大したことは無い気もしますが、テンポが良いので引きこまれてしまいます。
結構グロいので観る時には注意が必要後ですが、是非多くの人に知ってほしい作品となりました。
観終わった後にもっと観たい。と思わせてくれる作品です。
ダークファンタジーが好きな方は是非観てみて下さい!

追記
2016年に再アニメ化されるようですが、一体どんな趣向になるんでしょうか。
PVを観る限りではCGがふんだんに使われていて、アニメというより遊技機の映像みたいでしたが・・・
ガッツの顔は進撃の巨人のエレンみたいな感じでしたね。

投稿 : 2016/01/10
閲覧 : 400
サンキュー:

8

コエンマ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

タイトルなし

マンガのみ

投稿 : 2015/05/07
閲覧 : 187
サンキュー:

0

babylon913

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

けなすためにレビューを書くのは初めて

原作ファンは見ない方がいい
がっかりするだけだから
原作読んでない人はもっと見ない方がいい
こんなもん見てないで原作を読んでほしい
まず物語の構成が残念
メリハリがないのは演出だけのせいではないぞ
次に音楽
曲はいいのに流す曲と盛り上げ方が間違ってんじゃないだろうな
誰だよんどしいにこれ作らせた奴は
ベルセルクにCGが合うと一瞬でも思ったアホは猛省してほしい
素材を料理し間違えた哀れな悲劇である
これが残した功績はOPEDの楽曲のみであった

投稿 : 2014/08/10
閲覧 : 126
サンキュー:

0

ネタバレ

seannyboy

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アニメと映画三作を見比べました!

僕は原作からのファンで、アニメ版には少しがっかりさせられましたが映画版がとても良かった事からはじめます。
映画版では作画が殆どCGっぽいので少し不慣れでした。ですが、アニメ版では伝わらなかった迫力、砂埃の具合、戦闘中周囲の動き、など細かなものにまで最新の注意をはらっているところに感心しました。最初の戦闘シーンも鮮やかでバスーぞとの戦いにすら見とれてしまったくらいです。
ストーリーも、原作とほぼ同じです。少々シーンをカットしたり変えたりしていましたが、「原作では3-14巻の黄金期編をよく纏めてあれだけの内容を映画化したな!」と思いました。

アニメと映画の多少な違い:
{netabare}
映画のほうでは本編のガッツを紹介してからではなく、過去のガッツから映画を始めています。このほうが全然よかったです!アニメの1話はストーリーに貢献していません。
映画ではキャスカがガッツと寝ている間にガッツが起きますがアニメ/原作ではガッツは一人でおきて、外に出てからキャスカに会います。なんかこの映画ではキャスカって尻軽に見えますが絶対に違います。正直これにはカチンときました。ww
グリフィスがゴッドハンドになった後にドクロ戦士が現れます(原作どうり)が、アニメでは現れません。
{netabare}

投稿 : 2014/08/06
閲覧 : 159
サンキュー:

3

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

そう、こんな風にやって欲しかった!

そう、やるならこんな風にやって欲しかった。

物語はTV版を先に見てないと、ちょっと不十分な構成かな...

作画も音楽も、この出来なら評価に値すると思う。

TV版で物足りなかったた部分が、映画版では表現されている物の、尺の足りなさはTV版を先に見る事で補うしかないのかな...

でもこれなら、IIのドルドレイ攻略は期待できるかも?

投稿 : 2014/06/29
閲覧 : 88

まだ初心者

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作漫画ファン

劇場版ということもあり作画はハンパないですが、ストーリーは省いてる箇所がありちょっと残念でした。ストーリーだけならテレビアニメ版の方が面白いです。残酷な描写が多いので苦手な方は注意です。
一般向けのストーリー重視アニメです。

投稿 : 2014/05/07
閲覧 : 99
サンキュー:

0

退会済のユーザー

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

雰囲気がいいんだよね。

たまりません。

投稿 : 2014/04/16
閲覧 : 72

きゃのぴ~

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

バトルシーンの躍動感が見もの

黄金時代篇1~3を見た感想
まず一番目に付くのがバトルシーンの迫力、特に集団戦とか凄く躍動感があります。
原作のベルセルクでの魅力の一つである戦いの描写には相当力を入れた事がうかがえます。
あと映画版では命題となるストーリーやセリフの取捨選択も割と良かったと思います。
ベルセルクを知らない人でも十分楽しめる出来だと思います。

ただちょっと残念なのは原作コミックは大判の13巻くらいまでのボリュームを、映画版3部作たった6時間程度に圧縮してる都合、ガッツの心理描写の部分や重要な戦闘場面の尺の配分でカットや原作改変されている部分があるって事。
出来れば原作かTV放映版を見てもらえれば更に面白くなると思う。

とは言え、それらを加味しても相当出来はいいですよ。
お奨めです

投稿 : 2014/04/05
閲覧 : 84
サンキュー:

1

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

俺たちの絆は、誰にも斬れない。

2012年劇場公開作品

原作ファンです
黄金時代篇三部作の第一弾
原作は黄金時代篇だけで相当話数があるので、どのエピソードを切ってどのシーンをハイライトするのかが見どころだった
大人数の騎兵隊による乱戦シーンなどはCGを上手く使っている
大迫力で素晴らしかった

やはり長い話を短い時間に詰め込んでるので少し話が飛んでるように感じた
今後の展開がで評価が変わってくると思う

基本プロ声優を起用してるが、何故か主人公ガッツだけ芸能人を抜擢してます
なんらかのタイアップでしょうか?

グリフィス役は桜井孝宏さん
化物語の忍野メメやコードギアスの枢木スザクもやってます

投稿 : 2014/01/06
閲覧 : 174

テンガロン

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人形劇みたいでしたが観てると「馴れてくる」(笑)

ベルセルクの映画化という事で
楽しみにしながら拝見しました!

そして視聴直後に3Dだと初めて知りました(笑)
どうやら2D3Dのハイブリッドアニメという事ですが
何だか「人形劇」みたいな感じが否めませんでした。

3部作だとその方がコストも安いんでしょうかね?

まぁ全体的には面白かったです!
不思議なもので観てると目が「馴れてくる」んです(笑)

残りも楽しみです!

投稿 : 2013/11/11
閲覧 : 158
サンキュー:

12

ネタバレ

じぇりー

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

回を追うごとに増してゆくグロテスクさ…ご注意を

もはや「グロい」なんてものではなく、「グロテスク」だ。
ある程度はグロ耐性があると自負していたが、これはトラウマになるほど、観終わった後の嫌悪感と不快感がたまらなかった。
物語が頭に入ってこないほどに…

故に、このⅠにレビューを残すことにした。
Ⅰを観て「そうでもないない」と思って安心して、Ⅱを見、そして特に後半怒濤の展開が待つⅢを見て、後悔した。

それでもなんとか終盤まで視聴した意地みたいなもので、ラストまで頑張って視聴した先に待っていた、最後のスクリーンに映し出された言葉は…

{netabare}This is only the beginning
(物語は始まったばかり){/netabare}

…胃のムカムカ感は、不快・嫌悪・失望・憎悪が原因かな。

投稿 : 2013/09/02
閲覧 : 104
サンキュー:

1

ネタバレ

yoh123

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

運命の始まり

三部作の嚆矢であり、斬り込み編とも言える
初っ端からハイクオリティの攻城戦から始まり、未だあどけなさの残る獣の様な眼をした主人公がやかんをぶった切ってドタマをかち割るまで、シーンが動と静を絡ませながら一気に進行する
その後見下ろす猛禽類の様な眼が映し出されOPへ突入
流れるのは平沢進のAria;バックに重低音を落とし込んだ壮大な曲調にミックスボイスでヒラサワ語が鳴り、BERSERKの世界映像と見事に混ざり合い広がる

此処まで精々10分にも満たないのだが相当な密度の濃さであり、此れは作品に終始一貫して維持される
三部作を通して、迫力あるBGMや重厚な世界設定と人物描写、アクション、暴力・流血・性描写、仕草や瞬きに至るまで、それぞれにテーマ性を明に暗に持たせ且つ巧みに緩急を付けつつ絡ませ、総体で波のうねりの様な調を編み上げてある
全く本当に大したものだと思う

BERSERKは、止揚を渇望する時代の寵児と常軌を逸し抗う者の二者を置き、前者に空を飛ばせ後者に地べたを這い蹲らせて描く物語で、主人公を後者に設定して描く物語だ
そして黄金時代編は両者が共にあった時代、文字通り輝かしき日々を描いたものだ
中世欧州風の戦場を主体に傭兵団が己の支配を切り取っていく話で、ダークファンタジー要素は背景に留め置きつつ世界の綻びと共に主人公達に牙を剥く様に描かれてある

剣に集い、剣で奪い、剣を折り、手に入れた挙句に切り落とし振り払い更なる高みを夢を追う、そんな宿敵の姿を主人公は最も間近で見させられ続ける
戦場で血を撒き散らして死ぬ仲間は勿論、駐屯地で横たわる怪我人の描写、不死者との戦いに至ってはメインの2人が殺されかかりさえするが、それを日常として様々を失いながら歩は止めない
主人公の方も一騎駆けをするシーンでは身体が当初より相当大きくなっており、年月が彼を強大に叩き上げた事がこの時点で既に窺えるが、両者の彼我を如実に表してあるとも言える

ガッツは冒頭で夢という言葉を唾棄するが、やがて宿敵により己との違いを個の持つ夢にこそ見せしめられる事になる
そして他人の夢を見上げているだけの自分に気付かされる
第一部のクライマックスであり、此れが第二部への渡しにもなっている
個人的には、この途中で、女千人長が唇をかみ空を睨む所は良いシーンだと思う

投稿 : 2013/08/31
閲覧 : 100
サンキュー:

3

がってむ( ̄O ̄;)

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

自分の中の最高のダークファンタジー

評価は原作補正かかちゃっててあてになりません。

中世ヨーロッパをもとにした、剣と魔法の物語。その中でも
主人公のガッツの生い立ち~絶望の『蝕』までを描いた三部作。

映画版にはCGが使われてて、キレイだなと感じました。あわせて
少し違和感も感じた・・・。
アニメ・コミックみていない人にもここから入れば、視聴
しやすいんじゃないかなと思います。

個人的にも黄金時代編は好きな話なので、もう1回映像と
して見れるので2部、3部も期待しちゃいます。
序章と蝕~復讐に向かうお話は、作画(世界観)&物語的にも
好みがわかれると思うので、黄金時代編はオススメです。

2部、3部に向かうにつれ、激しい描写も増えていくので
グロ系苦手な人にはキツイかなと思います。


アニメとは関係ないですが、ベルセルクはどういう形なれ
無事に完結して欲しい作品です。

投稿 : 2013/07/10
閲覧 : 123
サンキュー:

6

邪馬台国

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ダークファンタジー

原作既読
これはかなり面白い、ダークファンタジーの中ならトップに立てると思う
黄金時代篇は蝕のとこまで見ないと面白くないんで
黄金時代篇Ⅲまで見てください

投稿 : 2013/06/09
閲覧 : 96
サンキュー:

0

ノッポさん

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かなりおもしろい

小さい頃に少し見た覚えがあるのですが今になってちゃんと見てみました。
全25話と少し長め(最近12話のしか見てなかったから。w)ですがグリフィスやガッツ、キャスカなど個性豊かなキャラのおかげで飽きずに見ることが出来ました。
それにしても24話と25話が同じだったのには驚いたw再放送だったんですね。

投稿 : 2013/04/17
閲覧 : 107
サンキュー:

0

コヤン

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヌルヌル動く

3Dによる戦闘シーンがヌルヌル動く動く
臨場感が素晴らしい
TVアニメ版以上にグロさ爆発 血は吹き出し首は飛んで内臓がポロリ
原作以上に色が付き動いてる分、余計にグロく感じる

TVアニメ版の声より劇場版の方がキャラに合ってるように感じる
特にガッツとキャスカ

投稿 : 2013/03/13
閲覧 : 105
サンキュー:

1

ネタバレ

xxx

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おもしろい

通常版も見てみたくなりました。

投稿 : 2012/12/29
閲覧 : 128
サンキュー:

1

ネタバレ

waku

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

実によい!

最初2.5次元アニメ抵抗あってけど
みてるうちに気にならなくなってきました

表情とかもすごくてよかったです。
ベルセルク黄金時代Ⅱ はうちのツタヤではなかったので見るのは先になりそう;w;

でもすごいきになるストーリーだったので普通にアニメ剣風伝奇ベルセルクのほうみようかとおもいます!

投稿 : 2012/10/09
閲覧 : 127
サンキュー:

0

かぼちゃ狗

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

案の定というか

ポリゴンでは原作の肉薄した表現を再現するのは
無理な話だった。
どうにもリカちゃん人形が動いているような錯覚
が拭えなかった。
今作の一番の見せ場であるゾットとの対決も
そんな感じでまったく盛り上がらず。
終始冷めた目になってしまって、気づけば
他のことをしながら流し観していたという。

投稿 : 2012/10/04
閲覧 : 148
サンキュー:

0

次の30件を表示

ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵のストーリー・あらすじ

孤独な剣士ガッツは、百年戦争に揺れる地を傭兵として渡り歩いていた。身の丈を超える長大な剣を自在に操り、強大な敵をいとも簡単に倒すガッツ。そんな彼に目をつけたのが、傭兵集団“鷹の団”を率いるグリフィス。美しい姿からは想像もつかない統率力を持ち、大いなる野望を秘めたグリフィスは、自らの夢を叶えるためにガッツを決闘で制し、鷹の団に引き入れる。数々の激戦を共にくぐり抜けるうちに、信頼で結ばれていく仲間たち。なかでもガッツとグリフィスの絆は、今や特別なものになっていた。やがて鷹の団はミッドランド王国の正規軍にのし上がるが、それはグリフィスの目指す頂点へのはじめの一歩に過ぎなかった。一方ガッツは、グリフィスの夢に取り込まれ剣を振り回すだけの人生に疑問を抱き始める……。(アニメ映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2012年2月4日

このアニメの類似作品

この頃(2012年2月4日)の他の作品

ページの先頭へ