当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「敵は海賊〜猫たちの饗宴〜(TVアニメ動画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
6
棚に入れた
36
ランキング
7739
★★★★☆ 3.5 (6)
物語
3.2
作画
3.8
声優
3.4
音楽
3.7
キャラ
3.4

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

敵は海賊〜猫たちの饗宴〜の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ovaの特性を活かしたんだろうけど、1作品としてそれはどうなのよ(笑)

全6話×約30分のova。
人間ラテルと猫型宇宙人アプロのコンビが海賊課として敵海賊と戦っていく物語。


実写でよくありそうな「問題児二人組の刑事アクション」作品だけど、時代設定は未来で登場する海賊も宇宙海賊。

全6話の中、それぞれ2話ずつ計3巻に分かれているけど、何故か制作会社が3巻とも違う。ただ作画や声優も変わらず、もっと言えばストーリーも1話or2話完結ではなく全て繋がっている話だから、何の目的でこうしたのかよくわからない。

上でも言った通り全ての話が繋がっているから最大の敵ヨウメイっていうのは変わらない。ただ結局ヨウメイは倒せていないし、銀河系外から侵略しにきたスパイ海賊を倒して終わるから、こういうova特有の多少の物足りなさは残る。


単話完結じゃないから、続きが気になって一気に観ちゃったけど、ストーリーは面白かったし、作画も悪くないし、個人的に実写でもこういう二人組のアクション刑事ものは嫌いじゃないから、自分と同じようにこういう作品が嫌いでない人ならオススメできる。

ただいかんせん話の展開が早すぎる。初っ端から専門用語が飛び交って、主人公たちの会話も早いから、巻き戻しながら観ないと理解できない。ただこの作品自体ovaで発売された作品だから、分からなかったら巻き戻して観る前提で作られたんだろうけど・・・・・1作品としてどうなのよそれ(笑)


音楽は洋楽ロック調だから、物語の爽快感がハンパない。ただ逆に言えばその爽快感のせいで話の進みが早く感じるって言うのもあるんだろうけど(笑)


1話で乳首があったから、この先もあるのかと思ったけど、結局一巻だけで他に乳首はなし。ただ制作会社の違いを鑑みれば色々納得はできるけど。



【簡単あらすじ】
・1話
ラテルとアプロがクビになり再就職先の映画会社へ向かうと海賊の襲撃を受ける。調べると映画会社の社長がCATシステムで乗っ取られ、宿敵ヨウメイの新造艦が作られていた。

・2話
ヨウメイはCATの説明を馴染みの元海賊に話す。ラテルたちは新造艦を潰し社長を救出する。だが社長はCATシステムのせいでドラゴン化していた。ラテルたちはクビを撤回され同僚のマーシャと共にヨウメイの右腕ジュビリーを追う。ヨウメイが助けに来たことで取り逃がすが一応は任務成功。

・3話
ラテルたち三人はラジェンドラが操るロボと共に情報軍と演習(野球)をするが情報軍のペトロア軍曹と喧嘩になる。ヨウメイの部下で新造艦を作っていたシカゴは責任を取らされ死亡、CATの改良をしたカッツが新しくアプロたち抹殺の任に着く。

・4話
野球はまだ続き海賊課の勝利で終わるがカッツの部下がCATを起動させラテルたち以外は猫になってしまう。カッツはヨウメイを出し抜こうとし、ヨウメイは生かしておいたシカゴを使い策を練っていた。ラテルはアプロへの憎しみで猫にならなかった軍曹を連れて情報軍基地へ向かう。

・5話
ラテルたちは猫になったラジェンドラで基地へ向かうがカッツの内通者を探しに来たジュビリーの部下に襲われる。何とか基地に着いた一行は内通者を見つけられないが警備システムが作動したことで内通者が軍の戦術AIだと分かりAI室へ向かうがそこには巨大な猫になったAIがいた。

・6話
巨大な猫にラテルたちは苦戦し宇宙へ逃がしてしまう。ラテルたちは元に戻ったラジェンドラで宇宙へ向かいカッツ対ヨウメイ一味の戦いに乱入しようとするが、内部に裏切者を抱えた軍艦も出てきて乱戦状態に。ラジェンドラが全艦機能を停止させるがカッツだけ逃げられる。だがカッツは船にいたヨウメイに撃ち殺され死亡。

投稿 : 2021/01/24
閲覧 : 188
サンキュー:

0

ネタバレ

fuzzy さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

マニア向け?

一話目観て
作画とその当時の好きな声優陣と
SFモロ出しの設定や用語で
興味を引かれた

んが
3、4話はほぼ野球
しかもルールブックが未解読とかで独特すぎるルールではちゃめちゃすぎ
最終2話はその世界の人が大半猫になっただかで
宇宙船も猫で。。。とわけわからん

この当時でいえば新井素子さん的なSFなのかな
でも新井さんの方がおもしろいなぁ

はちゃめちゃだけどうる星やつらともまた別
っていうかうる星やつらはちゃんと成り立たせようとしているけどなんかこちらはぐだぐだ

もとは小説らしいけどそっからの抜き出し方がダメだったのかな

まぁ作画、声優が良かっただけに残念でした。。

投稿 : 2019/06/26
閲覧 : 237
サンキュー:

0

バットバス さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2023/08/02
閲覧 : 20

zuru さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2016/02/17
閲覧 : 184

敵は海賊〜猫たちの饗宴〜のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
敵は海賊〜猫たちの饗宴〜のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

敵は海賊〜猫たちの饗宴〜のストーリー・あらすじ

広域宇宙警察・海賊課をクビになった地球人ラテルと猫型異星人アプロの迷コンビ。
チーフに紹介された再就職先、映画会社「レアキック3Dビュウ」に向かうが、その途中で立体映像と実物が融合した派手な攻撃を受ける。なんとそこでは、人間の脳を狂わせるとして使用禁止になったシステムが使われていたのだった。(TVアニメ動画『敵は海賊〜猫たちの饗宴〜』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1990年冬アニメ

このアニメの類似作品

この頃(1990年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ