「境界の彼方(TVアニメ動画)」

総合得点
85.3
感想・評価
3060
棚に入れた
16517
ランキング
126
★★★★☆ 3.9 (3060)
物語
3.7
作画
4.2
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ゆに

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

個人的な感想を述べますEDが

好きです!!

最近知った事なんですが
舞台背景が奈良県橿原市だそうで
まさかの自分の出身の県
なんか感動!!

投稿 : 2019/03/07
閲覧 : 27
サンキュー:

1

ネタバレ

tktan

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最後がよく分からなかったです

まず初めに、曲、作画共に素晴らしい!

私はオープニングを聞いた瞬間、最後まで見ることを決意しました!
そしてエンディングも素晴らしいです!

しかしながら!

曲といえば、外せないのが「約束の絆」ですよね!
6話を初めて見た時、図らずも私はあの果実型妖夢になってしまっていました笑
製作会社さんありがとう!

作画に関しても、私はあまり作画崩壊とかに気が付かないので分かりませんが、とても良かったと思います!

最後になってしまうのですが、内容について。
特に最終話、取って付けたようなハッピーエンドと思った方も多いのではないでしょうか?

私もそう思いました。
何故未来は戻ってこれたのでしょうか?

何度考えてもよく分かりません。
なので、それを理解する為に今から見直そうと思います!

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 67
サンキュー:

4

ネタバレ

Re:アニメ好き

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

運命の交差点とは一体...

あらすじ...
{netabare}ある日、半妖夢で不死身の身体を持つ少年神原秋人は、今にも校舎の屋上から飛び降りそうな少女栗山未来を見つけ、助けようとする。しかし、彼女は妖夢を討伐して生計を立てる異界士であった。

秋人の討伐に執着する未来であったが、どうしても秋人を倒すことは出来ず生計が苦しくなる。 それを見かねた秋人は未来を諭すことで、未来は秋人の討伐を諦め、他の妖夢を討伐して生計を立て直す。
時に協力しながら妖夢討伐を行う2人であったが、やがて2人は大地主である名瀬家を巻き込んだ事件に関わっていく!{/netabare}

感想
{netabare}初めてメガネかけたヒロインを見た作品でした。
個人的にはとてもでは無いですけど面白かったように感じました。
とはいえ、ちょっと前まで僕のお気に入り作品に入っていたのですが、2度見してみるとそうでは無かったので削除しました。

ストーリー自体のテンポはなかなかだったのですが、盛り上がりに欠けていたかと...
今一、グッとくるシーンが無かったです。
(あったことにはあったけど...)

そして、もう一つの理由が圧倒的に説明不足だったような気がします。
栗山未来が何故か復活し、記憶が無くなってたり、ご都合主義もなにもあったものではありません。
視聴中は「?!」ってなりました。

ストーリーはさて置き、キャラですが、それなりに過去があったりと良いとは思います。
思うんですけど、なんか全体的に薄かったように感じます。
特に主人公。
まあ、作画の問題かもしれませんが...

とはいえ、OPやEDはどれも良い曲でしたし、それなりに魅力がある作品だと思います。
僕も全部見終わりましたし。
それなりに評価もあるので、一度、見てみることをお勧めします。

映画の「境界の彼方 未来編」で完結です。
良かったらそちらも是非。{/netabare}

投稿 : 2019/02/10
閲覧 : 136
サンキュー:

28

三毛猫メリー

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

境界の彼方

過去に視聴済み。

けっこう面白かったのに1クールだったんだね。
ちょっと意外だった。

このアニメは歌が最高。
OPもいいし6話に出てくる挿入歌の
「約束の絆」はとても好き。

投稿 : 2018/12/18
閲覧 : 67
サンキュー:

10

dbman

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

スッコスッコスッコスッコ ナニがスッコスッコよ!

原作未読。

あにこれでの評価も高く、京都アニメーション作品ということで視聴したところ、開幕からいきなりの激しい展開に引き込まれ、そのまま全12話を一気に観てしまうほどに楽しめた作品。

作中では残酷的な描写が頻繁にみられるもダークファンタジーという世界観に加え、登場するキャラクターは主人公・神原秋人(声:KENN)をはじめ緊張感のない者ばかりなので、さしてグロさを感じることが薄いという不思議な側面を持っている。

なかでも本作のヒロインでもあるメガネっ子、栗山未来(声:種田梨沙)は、そのドジっぷりや儚い背景を知ってしまうと愛さずにはいられなかった。また美少女猫ちゃん・新堂愛(声:山岡ゆり)もその反則的な可愛さに癒されるばかりだった。後で知ったが、愛ちゃんはアニメオリジナルキャラと知り、京アニの力を再確認。

物語は大筋としてはシリアスに進行していくけれども、第6話だけはひときわ異彩を放ちまくっており、あまりの超展開っぷりに観ているアニメを間違えたか? と疑ってしまうほど、大いに笑わせてもらいましたw 俗に言う“神回”ってやつですねw(レビュー表題はこの回、名瀬美月(声:茅原実里)のセリフから)

ふと思い返せば、京アニ作品でバトルものといった点も珍しく、それらも含めて様々な要素から楽しませてもらった一作でした。未見の方はとりあえず第6話まででもオススメ致します。そこまで観られたらきっと最後まで視聴されてしまうかと思いますがw

投稿 : 2018/11/29
閲覧 : 187
サンキュー:

20

hidehide

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

色々、『あっ!』と言う間

またしても
貴重なお宝フォロワーさんの棚を荒らしまして…。

剣道部さん、ASKAさん、を初め、多くの方の棚に
鎮座しており、☆ランク上位でしたので、
手を出してみました。

いや、やはりフォロワーにブレ無し!!
面白かった!
☆ランクのみで本作品を選択、
ストーリー、展開、レビューなど、
0先入観での視聴でしたが、
初回、屋上で刺されたのには驚きました。
聞けば、半妖だと。

後は、怒涛の展開に感じましたね。
企みあり、悪人あり、統率する協会があり、
その中でも名家があり、
そして、ギャグ要素、笑わせ要素が、
絶妙にマッチしてたなぁ、と。
やる事、言う事が普段通りなのでしょうけど、
事態が切迫してきたが故に、余計に笑えて。

そして、感動あり、でしたしね…

伏線のはり方も、話数を考えての、
深過ぎず浅過ぎず、
12話で上手くまとめたなぁ、と感じました。

直近のレビでも記載しましたが、
1期78話という長旅に出て、
何も得られず、手ぶらで帰国…この空虚感…。

イイなぁ、良かったなぁ、と思う作品程、
1期止まりなのは誰かの陰謀でしょうか…
いつから、1期12~13話がベース、みたいに
なったのでしょ…

何にせよ、さすがの京アニ。
そして、さすがのお宝フォロワーの方々に感謝。

また、棚荒らしにて、安定を求めたいと思って
おります!

投稿 : 2018/11/10
閲覧 : 99
サンキュー:

13

さな

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

好きなアニメです

戦闘+恋愛アニメが好きなのでお気に入りの作品です。
戦闘シーンはかっこいいですし、ドタバタ恋愛ラブコメなシーンもあって笑えたりもします。感動するシーンも随所にあり、最後見た後はまた見たい!となる作品です。

投稿 : 2018/10/29
閲覧 : 111
サンキュー:

4

ASKA

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

半妖の少年と異界士の少女のバトルもありのファンタジーラブコメ

全12話。
京都アニメーション制作。

感想
まず面白かったです。学園ものでありながら妖夢という怪物とそれを退治する異界士という要素もあり、主人公神原秋人と栗山未来のラブストーリーもあり、とても見ごたえがありました。それぞれのキャラの掛け合いも真面目なシーンとギャグのシーンがバランスが取れていて、なにより作画がすごい。京アニのクオリティ高い作画の戦闘シーンも見応えがありました。

投稿 : 2018/10/24
閲覧 : 78
サンキュー:

20

ネタバレ

lucia

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感想

原作未読

12話でしっかりまとまってて見やすいと思う
作画は綺麗だった
キャラは不快になるようなのがいなかったのでいい
栗山さん可愛い

{netabare}
ご都合主義は嫌いじゃないし大いに結構だが、
最後、栗山さんが何故生きてたのか、その説明がなかったのが不愉快です
ご都合主義でも投げっぱなしだけは、ダメ、絶対!
なので物語の評価は低いです
{/netabare}

投稿 : 2018/09/27
閲覧 : 44
サンキュー:

3

アニメ好き猫

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

Dアニメ配信終了

ずっと見ようと思いつつ、
なかなか見れていない作品たちのうちの一つ。

2018年9月、
Dアニメ配信終了ということで駆け足で見ました。
面白い。
たしかに最初意味不ですし、
バトルなのかオカルトなのか青春ラブコメなのか
萌えに特化したアニメなのかよくわからない。

そこに耐えられれば最高です、
10話が最高でした。


個人的な意見ですが、
茅原実里さんのゴリ押しはやめた方がいいと思います。

投稿 : 2018/09/24
閲覧 : 48
サンキュー:

5

ネタバレ

Tom

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

不愉快です(不愉快じゃない方の)

盆栽が好きとか、いいな。

人間に見えますか?
人間に見える?

主人公の目の色が変わったところがかっこいい。

色々、何を表現しているのか分からないところがあったけど、
雰囲気はよかったかな。

特にあの九尾?と猫又?が最高…。たまらんです←

ご都合主義?大いに結構。ハッピーエンドがよろしかろうと。
って感じで。まあこれはこれで。

投稿 : 2018/09/17
閲覧 : 45
サンキュー:

8

ぜろろ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

メガネ女子最高

ずっと空の境界とごっちゃになってたんですけどもう間違わない。


素晴らしくよく出来た作品だと思いました。1クールのなかでどのキャラもしっかり役割を果たしてたし、ギャグパートもはさみつつ最後の展開もしっかりしてたし。
ぎゅっとしっかりまとまってる作品ってすごい好きです(人にもオススメしやすいし)。


OPからすでに作画は鳥肌物でした。私は特に絵について詳しい人間ではないですし絵は結局好みの問題じゃないか思っているのですが(下手でも味のある絵ってあるじゃないですか)、京アニの作画は100人に見せたら100人全員キレイというのではないかと感じます。それくらい圧倒的なレベルな気がします。アニメーターのことが本気で心配になる会社ですね笑。


さっくり見れるしかなりオススメな作品です

投稿 : 2018/09/06
閲覧 : 92
サンキュー:

11

ネタバレ

ウィーハウック

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

京アニ様様

まあ京アニだしね・・・

投稿 : 2018/09/05
閲覧 : 55
サンキュー:

3

ネタバレ

通りすがりのアニヲタ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最高に不愉快じゃないです!!

これヤバイ。久しぶりに自分の中でビビっと来た作品。まだ見てない方は是非とも見るべき。
1話めから話に引き込ませる不思議な世界観。
この手のアニメに良くある
「5話目位からちょっと飽きてくる」
を全く感じない程、めまぐるしく変わる展開と何より作画、OP.ED挿入曲全てがいい。
{netabare}
少し気になるのがちょっとだけ、設定に矛盾があったり{/netabare}

投稿 : 2018/08/21
閲覧 : 52
サンキュー:

4

褐色の猪

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ファンタジー&アクション要素が功を為す

他の京アニ作品に比べアクションパートを増やした事に拠り、もっさりし易い序盤パートが相対的に減少、もたつき感が解消され切れの良い作品に仕上がってます。

細部まで拘る丁寧な作画、メリハリあるコンテが与えられれば水を得た魚という処 <゜)))彡

声優さんは好みの感じ、合ってると思う。
キャラ立ち、BGMも良い。

良い作品でした^^

投稿 : 2018/07/20
閲覧 : 91
サンキュー:

11

炎髪灼眼

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

不愉快です…

アニメでの眼鏡っ娘に目覚めた作品。
内容、キャラ設定、世界観、OP,ED、そこへの入り方、絵、すべて自分の好みでした。なんせかわいい。おもしろい。アニメは見終わったのですが謎があるので、映画で解決されてほしいな、とは思います。(映画未鑑賞)この作品を知らない友達に勧めたいな、と思いました。EDはアニソンとして出さなくてもいいぐらい素晴らしいです。不思議な感じが。

投稿 : 2018/07/15
閲覧 : 85
サンキュー:

5

kooodain

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

その絵に似合わず異能バトル物だが…見終わった後不思議な感覚に

感動系の青春者かと思っていました。
その絵と雰囲気からww

ですが恋愛部分はありますが完全に異能バトル物です。
ですがその能力や設定は結構しっかりしています。
更に日常のシーンや主人公とヒロインのやり取り等がしっかり取り上げられています。
なので日常シーンで十分楽しめます。

というよりもバトルが本題ではなく主人公とヒロインの関係性が最大主軸。
その心情の移り変わりや周りによる影響などその辺りを主軸に置いていました。
ですのでバトル物ではありますがバトルが付随した恋愛物という感覚です。

なので見終わった後不思議な感覚でした。
バトル物って見終わると必ず疲労感というか目とか色々疲れた感が出ます。
ですがこの作品はその感じがあまりなく世界観に浸っていたい様な感覚でした。
強い感覚では無い微小な感覚ではありますが雰囲気系や完全恋愛物に近い感覚です。
そのバトルとの複合具合がとても良く恋愛物等で生じる心労は無かったです。

まぁ要はよく出来た作品だったのでしょう。
1期でよくまとまった終わり方はしていましたが重要な謎は残ったままです。
ですので2期に期待したいです。

映画で未来編というのがあるのでもしかしたらそれに出てくるかもしれません。
ですが噂によると少し1期とは設定の違う強いて言えば別ENDといった形らしいです。

あと最後に私はこの作品とても重そうで見るのにエネルギーがかなりいると思っていました。
ですがそれは途中に書いている通り間違っていました。
内容は充実しているのにとても疲労感無く集中して最後まで一気に見れました。
もう一度見ようかなと思えるほどに。
重そうだなと思ってストックしてる人は是非一歩踏み出して見てください。

▼物語の評価
設定的にも物語の進行やアニメでの構成もどれも高評価です。
この手の作品は重くなりがちで見てて疲れますが全く疲れませんでした。
内容がしっかりあるのにここまで疲れないのも珍しいです。
いい作品でした。重大な謎が解明されていない点を除けば…
▼作画の評価
異能のエフェクトが結構良かったです。
何とか家お得意のバリアーみたいな物もとても綺麗でした。
作画の乱れに意識が行くことは特にありませんでした。
バトル時のエフェクトも結構格好良く出来ていました。
▼声優の評価
どのキャラも演技が良かったです。
配役もとても良かったと思います。
というより最近のアニメは配役も演技もしっかりしたのが多いですね。
力の入っている作品を主に見ているからというのもありそうですが…。
こんだけアニメ見てるのに全然声優誰だかわからなかった…。
そこにキャラが居る様な感覚です。最近のアニメはそういう作品が多いですね。
▼音楽の評価
OPは少し軽いですがバトル物、EDは恋愛物や世界系の雰囲気。
OPEDの構想は良く出来ていたと思います。
BGMは少し主張が大きくじゃまに感じる時が有りました。
▼キャラの評価
主人公の変態?具合や例の兄の変態具合が良かったですww
あとヒロイン可愛いです。メガネ女子には完全賛同です。
リアルにいたら隅の方で静かにしてるキャラですが確実に好きになりそうです。

投稿 : 2018/07/04
閲覧 : 75
サンキュー:

6

ネタバレ

いんてぃ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白かった〜

特に面白いなぁと思ったのは、ストーリーの最後の方!半妖である秋人の中にいたのは最強の妖夢「境界の彼方」でそれを倒すために栗山さんは雇われたと。op映像はそれの伏線だった!このあたりが一番衝撃でクライマックスでした!全体的なストーリーは良かったのですが、少々割愛し過ぎかなと。半分恋愛物で半分バトルで、どちらも中途半端感がありました。2クールでもう少しゆとりを持ってやってほしかったです

投稿 : 2018/06/25
閲覧 : 55
サンキュー:

5

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「境界の彼方」の感想

あにこれのあらすじ

神原秋人はある日の放課後、屋上から飛び降りそうな少女・栗山未来と出会う。未来は、異界士の中でも特異な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。たった一人生き残った少女と、半妖である秋人が出会ったことで、世界が一変する……。


絵はいつもの京アニでかわらないみたい^^
ときどき入るぼけとツッコミもやっぱり京アニで
ときどきわらっちゃうw
食べものがよく出るとこも好きw

あらすじだと世界が一変するって書いてあったけど
一変したのかなぁ?これから?

未来と秋人がふつうの人間だったら
どじでおくびょう(にゃんみたいかも)なメガネっ子と
やさしいイケメン先輩のどたばたラブコメみたいになりそうかな
(そうゆうのだったらいいけどナ♪)

未来は異界士で秋人は半妖とか
{netabare}自分の血をあやつる力{/netabare}とかって
まんがとかアニメでよくありそう。。
あと
文芸部でトリックとかって「氷菓」おもいだしちゃったw

でも
未来は呪われた一族で
秋人もなにかありそうで
もしかして悲しいおはなしになるのかも。。

これからどんなおはなしになるのかな?
1話目は楽しかったケド♪

2話目
{netabare}
未来がヨウムをつかまえるのに
秋人が教えてやっと。。

なかなかつかまえられなかったのって
未来が人を殺したことがあったから!?

今週もいろんな人の紹介みたいなおはなしだったのかな。。
秋人のお母さんっておもしろい人w
ウツロナカゲってすごい強いヨウムが来るみたい
これからバトルになるのかなぁ

それと
秋人は未来のこと
一生けんめい文芸部にさそおうってしてたね^^
{/netabare}

3話目
{netabare}
1万円出したときの未来がおもしろかったねw
でも
バトルがはじまるみたい。。

未来が殺したのは
ウツロナカゲにとりつかれたお姉さんみたいな人で
そのかたきうちに行くのかな

さくらってゆう少女がおそってきたけど誰なのかな?友だち?
秋人が助けに来てくれたけどどうするの?

バトルってやっぱりにがてなんだけどなぁ。。
{/netabare}

4話目
{netabare}
さくらさんが追いかけてきて
ウツロナカゲと戦って
勝ったと思ったら秋人がヨウムになって
3人で力を合わせてもダメなくらいに強くって。。

バタバタしてるうちに終わっちゃったかな
未来がだきついたところを
もうちょっとゆっくり見たかったなぁ。。

でも
ギョウザのお皿にレバにらいため1つ乗っかってて
ちょっとうれしかった♪
ラブにらいためだねw

それで
さいごに出てきた人ってだれ?
また何かおきるの?
{/netabare}

5話目
{netabare}
未来は文芸部に入って
あと
新堂写真館でお店ばんのアルバイトと
もう1つのアルバイト^^

異界士ってみんな1人
未来も秋人もみんな1人だから。。
にゃんもちょっと心がズキッって
きっとそれってミンナモジャナイノカナ。。

今日はみどりがきれいだったね
黄緑っぽい色のこと萌黄ってゆうのはじめて分かった
お祭りのあかりは「たまゆら」を思い出しちゃった。。

やっぱり京アニってバトル作るより
こうゆう気もちが伝わってくるおはなしが上手だって思う☆
{/netabare}

6話目
{netabare}
今週はコメディ回ですしおすしw

はじめは
もうちょっとしたらマジメになるのかなぁって見てたけど
どんどんおもしろくなってってwww
男子は未来のサービス回でもっとたのしいかも^^

とちゅうでアイドルアニメのパロディになったのもよかったね♪
見てて終わりが分かっちゃったケド
やっぱりそうなったぁってwww

歌もみんな上手だったね
ダンスもやっぱり京アニだから動きとかもよかったね♪

あと
京アニってマンザイとかコントみたいなおはなしってたのしいの^^
バトルとかより
今週みたいな歌とコメディのおはなしがもっと見たいなぁ☆
{/netabare}

7話目
{netabare}
さくらちゃんが転校してくることになって。。

能力もないのにあんな武器をつかってたってすごいね
でも秋人が助けなかったらやられてたよね。。
今までどうやって戦ってきたんだろう。。

さくらと未来が仲がよかったころのおはなし
サンドイッチのはたで伝わってきたなぁ。。

未来は自分が殺されたくないんじゃなくって
さくらに人を殺させたくないって
そんな気もち。。なみだが出ちゃって。。

さいごの凪が来るって?
境界の彼方も?
{/netabare}

8話目
{netabare}
凪がくるとヨウムの力が弱くなるみたい
ユイのこと殺されたいなみ家の家族が
未来のこと殺そうとしてそれを止めたのが名瀬いずみさん
境界の彼方となにか関係がありそう?

それって秋人も何か関係あるのかな
異界士キョウカイの人たちはつかまえようとして
いずみさんは守ろうとしてる(のかな?)

未来が秋人のこと好きなのバレバレだったね
これからがたのしみかナ☆
{/netabare}

9話目
{netabare}
秋人のファイルってw
でも
好きな人が自分のこと思ってくれてるって
不愉快デスって言っちゃうくらいうれしかったよね。。
だけど
秋人くんを殺しなさい。。って
もうそれだけで頭の中いっぱいだよね

境界の彼方ってほんとに秋人で
ほんとに殺さないといけないの?
{/netabare}

10話目
{netabare}
夏と冬がちょこちょこ変わったときはよく分からなかったけど
未来がキスしようってした前のおはなしと
6ヶ月前のおはなしでほとんど分かった。。
OPの前のところって2人が出会う前だったんだ。。

オムライスはわらっちゃった。。
でも冬のおはなしって何だったんだろう?
なんだかとっても悲しい空気で
先輩のこと止める未来のところはうるうるしちゃった

あっとゆう間におわっちゃったけど
未来はほんとに消えちゃったのかなぁ。。
{/netabare}

11話目
{netabare}
未来はまだ生きてて境界の彼方とたたかってる
あの冬の場面って境界の彼方の中だったんだ。。
メッセは「ざまぁみろ」だったけど
メールは「わたし不愉快じゃじゃないです」って
なみだが出てきちゃった。。

秋人のお母さんっていろんなヒミツを知ってるのかな?
落ちこんじゃうところでとつぜんあらわれて
ギャグ。。ちょっとほっとしちゃったけど
どんな人?w

お母さんKYだったけど
みんなが暗くなってたの吹きとばしてくれたみたい
不死身じゃなくなったのに未来を助けに行った秋人だけど
なんか勝てそうな気がしてきちゃった☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
最終回のバトルっていい人たちが勝つのってふつうで
だから境界の彼方も
みんなが力を合わせて勝っちゃうのってふつうで
あんまりふつうだったからそんなにおもしろくなかったかな。。
ほかのアニメとかで見たような感じが多かったみたい

でも
おはなしはふつうだったけど
バトルがはじまってもコントみたいなのがあって
ぎゅぅうって暗くならなかったし
バトルがにがてなにゃんも見てられた。。

ばたばたっておはなしが進んで
秋人のお母さんがわけ分からなかったりしたから
つづきができるのかな。。

あと
未来と秋人のおしゃべりとかさいごまでよかった。。
「子持ししゃもー!」はわらっちゃったしw
「うれしいなぁ。。うれしいなぁ。。」とかって
じゅくじゅくなみだがでちゃったし
さいごにメガネをかけた未来がにっこりしたとこ見たら
ぜんぶよかったかなぁ。。って(ぐすん)
{/netabare}

全体のおはなしってそんなにおもしろくなかったのかなぁ
よく分からないところとかも多かったし。。

でも
京アニが作ったおはなしって
コントとかしぐさとかおしゃべりとか景色とか
ちょっとしたところが見ててうれしくなっちゃう♪

とくに6話目とかパロディなのかな
とってもおかしかったから
とちゅうでやめても6話目は見てみてね☆

さいごに
未来が{netabare}帰ってきた{/netabare}のって
きっとメガネ忘れたからだよねw

投稿 : 2018/06/09
閲覧 : 1192
サンキュー:

229

ネタバレ

くろる

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

さっすが京都アニメーション

やはり京都アニメーションというだけあって絵は綺麗でした。気になるのは物語でしょうか。イマイチ感情移入できない点が沢山あって燃焼しきれない感がすごいです。ですが、所々にあった違和感を解消していく後半は見てて楽しかったです。
やっぱり最後の説明欲しいなぁ。

投稿 : 2018/06/08
閲覧 : 62
サンキュー:

4

ネタバレ

ゆう

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良かった

面白かったです。少し重めの物語ですがこういうのもありかなと思いました。ギャグ要素もありましたし、作画も京アニなのでとても綺麗でした。内容が少し難しいので、見る方はあらすじをしっかりと読んで視聴することをお勧めします

投稿 : 2018/06/06
閲覧 : 69
サンキュー:

6

ネタバレ

剣道部

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「不愉快です」って、時と場合と誰が言うかによっては、ご褒美にもなるんすね(笑)

[文量→大盛り・内容→感想系]

【総括】
作画、キャラ、ストーリー。全てが高いレベルで作られている、高クオリティアニメ。1期尺での名作と言えば、日常系やギャグ系ならいくつか思い当たりますが、本作のように、シリアスバトル系ではほとんど記憶にありません。京アニの守備範囲の広さ、アニメ作りの上手さが光ります。

ネタバレなしで観てほしいアニメなので詳しくは言いません。とにかく、未視聴なら必ず観るべきです♪


【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
作画は間違いなく京アニクオリティー。例えばOP。窓ガラスの反射、水滴の流れ、湿度や光の強弱、シートの質感、カーブミラーの湾曲した世界……映像美の見本市みたいでした。3話で、水槽越しに見える風景を、(屈折率を考えて)微妙にずらしているところとか、本当に芸が細かい。最終回なんて、「これって劇場版だっけ?」と思うほどです。

キャラも良いと思います。天然貧乳眼鏡っ子闇ブロガーの、未来。優しきサディストの、美月。可愛らしい猫娘の、愛。いずれもメインヒロイン張れるかわいさです。個人的には、美月が好きでした。男性陣の変態コンビも良かったですね。影がありながらも割りきって明るく振る舞い、刹那的な楽しさをあえて積極的に享受している感じがして、ただのモテ馬鹿男じゃないところに、好感がもてました。

6話目みたいな、平和な日常回は好きだけど、こういうシリアスバトルものに日常回が挟み込まれると、もはや更なるシリアスへの布石としか思えなくなってきている、自分が嫌ですなw

あと、6話目ですが、止め絵の連続で楽しませられる作品は優秀だと思っています。例えば「魔法先生ネギま!(漫画)」で、1話まるごと会話文がないというサイエンス回がありましたが、読者(我々ファン)には、会話がはっきりと見えていました。この6話目も、止め絵の中に会話がしっかりと閉じ込められていたと思います。それだけ、キャラがたっていて、キャラ同士の関係性がハッキリしているってことなのでしょう。

肝心のストーリーですが、1期の尺の中で、キャラの説明(過去の回想)や、ギャグ、バトルに謎(伏線回収)まで欲張ったため、ややチグハグな感じがするというか、(桜との和解の下りとか)乱暴に展開したようには思います(てか、アニオリキャラの桜って、必要ですか? 未来のトラウマが清算されたって証明だと思うけど、それは秋人とのエピソードで十分じゃ? そのあと桜が果たした役割は、美月で十分ですし。もともと詰め込み過ぎの作品ですから、あまりキャラを増やさなければもっと色々できたんじゃ? いや、桜が悪いわけじゃないんですが)。

と、いうのが、8話目までの感想。その後の展開は本当に見事で、特に10話目は、個人的に神回です。これまで空いていた部分を埋めつつ、物語の核心に迫っていく構成が見事でした。制作に一本とられた感が気持ち良かったです♪

アニメでこれだけ「切な悲しい」気分になったのは、「あの花のラスト」「Angel Beatsのラスト」「Kanonの丘の上の鎮魂歌」以来です。

それだけに、その切な悲しい気分から解放させられるまでが短かった(たった1話だった)のが、少し残念でした。

ラストは賛否両論あるでしょうね。個人的には、「2期をやる気がない」なら、賛成です。むしろ、あの笑顔に文句あるなら、いつでも戦う覚悟はあるぞ!ってなもんです(笑)
{/netabare}

【視聴終了(要約バージョン小盛りレビュー)】
{netabare}
作画は流石の一言。キャラは全て良く、特には美月が好き。男性キャラも魅力あり。ストーリー的には、長短の伏線回収が抜群で、特に10話は神回。ラストは賛否あるだろうけど、未来のあの笑顔で文句言えなくなるw あ~、眼鏡っ子に、不愉快ですと、言われたい(笑)
{/netabare}

【余談 ~もし2クールだったらという妄想~】
{netabare}
ここからはただの妄想ですm(__)m

このアニメが2クールだったら良かったな~と。そしたら、7話~10話を平和な日常回に変えることで、あの切な悲しい気分を増幅させ、10話の内容を前期のラストにできます。それにより、視聴者をヤキモキさせ、後期への期待を煽ります。

後期は、秋人を「劇場版機動戦艦ナデシコ」のテンカワアキト的な感じでダークサイドに落とし、協会と名瀬家のゴタゴタに巻き込んでいき、徐々に物語の真相に近づけていく展開に。その傍らで、ダークサイド秋人をサディスティックに支える美月との仲を深めていきます。んで、11~12話の内容を後期のラストにもっていく。

まあ、ありきたりな展開(てか、「凪あす」かw)ですが、その方が振り幅と助走があって、より感動できた気がします。

その場合でも、ラストに未来をどうするかで、賛否両論あるでしょうが、アニメ「境界の彼方」と違う展開にしても、美月のキャラがよりたっているので、成立する気がします。美月を贔屓し過ぎかな(笑)
{/netabare}

投稿 : 2018/05/31
閲覧 : 240
サンキュー:

48

ネタバレ

よろず

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

安心安全の京アニ キャラ全員変態なのに面白い。

主人公はメガネっ子好きの変態にシスコン男とかいるのに面白い!
OPやEDもよく、映画もよかった。!

投稿 : 2018/05/19
閲覧 : 82
サンキュー:

2

藤乃

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

境界の彼方

異界士と呼ばれる能力者が、妖夢という異形の存在と戦うダークファンタジー。
京都アニメーション制作なので、作画は緻密ですごく綺麗です。
バトルシーンも丁寧で、すさまじい映像美ですね。音楽も一癖あって印象的です。

キャラクターはどれも特徴的で、多様な属性がこれでもかと勢ぞろいしています。
天然貧乳眼鏡ドジっ子、ドSツンデレ妹、極度の眼鏡フェチとシスコンの変態コンビ。
個性豊かなキャラがテンポ良く繰り出すボケとツッコミの嵐がとても面白い。
シリアスな場面でも忘れないギャグセンスには脱帽です。

ありがちな設定ですが、緩急ある構成でシリアス、コメディ、バトル、恋愛と幅広く展開して飽きさせません。
伏線も散りばめられており、その手腕は見事ですが、後半が急展開すぎてついていけなくなりました。
広げすぎた風呂敷をどうにか畳んだという感じのご都合展開で、中途半端な結末が残念です。
終盤のストーリー展開以外は高評価だっただけに、すごくもったいないなぁと思いました。

投稿 : 2018/05/08
閲覧 : 65
サンキュー:

4

ネタバレ

RFC

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シリアスな設定にHENTAIとTSUNDEREを乗せたらこうなった

絵的に気になっていたうえに、
キャッチしている方の評価が高かったので視聴。

【作品概要】
 主人公神原秋人、ヒロイン栗山未来は高校生で文芸部所属。
 ただし普通と違うのはこの世界には妖夢と呼ばれる一般人には見えない
 妖怪のようなものが存在しています。
 主人公秋人は人間の父と妖夢の母の間に生まれた半妖と呼ばれる
 レアな存在であり、不死。
 ヒロイン未来は異界士と呼ばれる、妖夢を狩るハンター。

 そんな二人が出会ってしまうところから物語は始まります。

【作品に対する感想】
 敵同士が主人公とヒロインということで話の根幹はシリアスです。
 ただしそこに強烈なキャラが乗ることで、シリアスなのかバカなのか
 判別困難な独特なテイストになっています。

 笑いもとりつつ、シリアスな物語を楽しめる。
 一度で二度おいしい作品だと思います。

1)物語
 起伏の激しい物語でとにかく飽きさせません。
 一話で一気に持っていかれて、最後まで突っ切った感じですね。

 個性的なキャラの会話はボケとボケと突っ込みで
 かなり笑わせてくれます。

 その反動か急転直下のシリアスなシーンでは余計に
 重く厚いものに感じさせられます。
 特に後半の{netabare}未来の決断と自己犠牲。
 閉じた世界で延々と孤独に闘うことになっても大切なものを守りたい。
 そういった覚悟には多いに感情移入させてもらいました。
 {/netabare}

 ただし最後のは{netabare}視聴者置いてけぼりのご都合展開に思われます。
 そこは非常に残念!
 {/netabare}

2)作画
 バトルシーンの作画は圧巻ですね。
 境界の彼方の抽象的な表現もよかったと思います。  


3)声優
 特に違和感なく聞けたと思います。
 栗山未来が挙動不審になったときの演技が特に可愛かったですね。

4)音楽
 OP「境界の彼方」を歌っている茅原実里さんは
 アイマスOFAの玲音の中の人ですね。
 角ばった堅い歌い方をする人で、印象に残ってます。
 
5)キャラ
 とかく個性的でいいキャラ揃ってます。

 ①神原秋人(主人公)について
  半妖の不死のため人からも妖夢からも孤独というシリアス経歴でありながら
  極度のメガネフェチのHENTAI。
  メガネ女子…いいですよね!
  私が言いたいことはほぼ彼が代弁してくれました。
  彼が現実にいたら、いい酒が飲めそうです(笑

 ②栗山未来(ヒロイン)について
  血を操る能力から異界士として強力な存在でありながら、
  異端扱いされ孤独、{netabare}さらには親を殺される{/netabare}というシリアス経歴。 
  しかし、メガネ・ドジっ子・嘘が下手・金欠・ひんぬー・盆栽マニアという
  過酷な属性を与えられたTSUNDEREヒロイン。
  一緒にいて飽きなさそうな娘です。

 ③名瀬博臣
  異界士の名門名瀬家の長男というシリアスな立場でありながら
  極度の妹LoveのHENTAI。
  割と温厚で合理的な性格で、妹への異常な執着を除けばまともな人。
  

 ④名瀬美月
  異界士の名門名瀬家の次女で半妖の秋人の監視役と言うシリアスな
  立場でありながら秋人や兄をいじり倒すことを趣味というTSUNDERE。
  斜に構えた言動が多いものの、根はやさしい娘ではないかと。
  

6)好きなシーン
{netabare}
 ①冒頭
  作品最初のセリフが「自殺」。
  重たい作品なのかと思わせておいて、
  主人公が自殺する(と勘違いした)女子に説いた言葉が
  「貴方のようにメガネが似合う人が死んではいけない!」
  そしてその女子が主人公を刺殺(未遂)。

  ポカン(・・?

  冒頭で両極端な振りをする点では化物語を連想します。

 ②文芸部での秋人と美月のやりとり
  ボケと突っ込みの無限ループ。
  この辺のノリは関西っぽくていいですね。
  
 ③VS虚ろな影
  秋人の熱くかっこいい部分が大爆発。
  単なるHENTAIだけでないところが彼の魅力がよりUPでした。

 ④未来VS桜
  今度は未来のかっこいい部分が大爆発。
  単なるドジっ子だけでないところが彼女の魅力がよりUPでした。

 ⑤境界の彼方VS未来・秋人
  そこまでの鬱屈な展開を吹き飛ばすイケイケな爽快感。
  それでいてこの作品らしいボケは忘れない。
  最高のクライマックスでした。

{/netabare}

7)「?」なシーン
{netabare}
 ①最後栗山未来はなんで戻ってこれたの?
  最後の最後でご都合主義になっちゃったせいで、
  物語が大幅減点。
  いや、悲しく終わるよりハッピーエンドであるべきと思うんですが、
  あまりに唐突で荒唐無稽だと「は?」ってなってしまいます。

 ②藤真弥勒の言動
  こいつ結局何だったの?何が目的?
  愉悦同好会の方ですかね。
  
{/netabare}

投稿 : 2018/05/03
閲覧 : 92
サンキュー:

23

あぅ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この作品を見ることについて

一気見で止まらなくなるアニメとして紹介されていたので全12話+OVA+映画版を全て鑑賞してきました!

京アニ作品の中では前から気になってた作品でした。
一部の声からは神アニメなど、コアな人気が伺える作品のようですね。しかし、なぜか知名度はやや低めですよね…このレベルの作品が知名度が低いのは残念だと思います。


やはり、評判を見ると物語の部分での評価が低い感じですね。これは、私も思いますしわかります。

この作品の感想を簡単に言うと、とてもいい作品だが何か少し惜しい…と言った感じです。
やはり、物語のふわっとした部分でしょうかね?

1クールで詰め込みな気もするが、2クールだと引き伸ばし過ぎな気もするなんとも難しい作品。

このアニメを私がバトル漫画が好きなのでバトル漫画で例えるとBLEACH、結界師系の作品だと言えると思います。

つまり、物語の背景や辻褄など深く考えず見ることをお勧めします!
物語の中身が確かにふわっとしてますが、それをカバーする綺麗なシーン、戦闘描写、キャラクターの魅力、雰囲気が包み込んでいます。毎回劇場並みの作画です。
曲も良く、EDが得に神掛かった演出でマッチしていてカッコいいです。
本編について個人的には、6話がオススメw

アニメを見終わったら映画版もぜひ見てください!
そちらで、綺麗なエンドマークが見られると思います!二部作で過去編はアニメのダイジェストですが、アニメとエンドが少し違い追加されてるので、その部分は見ることをオススメします!

見終わる頃には、アナタはシスコンか眼鏡フェチになっていることでしょう。

投稿 : 2018/04/20
閲覧 : 135
サンキュー:

14

scandalsho

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

不愉快・・・じゃないです。

原作未読。

キャッチさんのユーフォ2期のレビューを拝読していて、本作のタイトル見かけたので視聴してみました。
実に面白かったです。
こういう事があるのも、『あにこれ』ならではですね。


前半で散りばめた伏線を、後半一気に回収していく物語の構成は面白かった。

主要キャラはどれも特徴的で、好感を持てる人物ばかりだった。
特に眼鏡フェチ・秋人とシスコン・博臣は、いい味を出していた。
テンポの良い会話も高評価。

作画は京アニだけに文句のつけようがない。
バトルシーンも綺麗に描かれている。

OP・ED曲とも、作品にぴったりの曲。

唯一の気になる点は主人公・秋人の声。
日常パートは良いんだけど、バトルシーンはちょっと・・・。

投稿 : 2018/04/13
閲覧 : 647
サンキュー:

61

うなたまごはん

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

映像がすばらしい

ずいぶん前に見たので、詳しい内容は半分忘れていますが、とにかくカメラワークが素晴らしくて「ハッ!(ノ゚□゚)」となることがよくありました。

なんといったらいいのでしょうか、、下のほうからグワッと上を撮るとか、スピード感とか、1話ごと終わる時の映像の切り方みたいなのがすごくドラマチックというかなんというか、、うわーーーー語彙力なさすぎて伝えられないーーーー!
とにかく見ていただければ!

内容は普通にありそうな感じですが、映像に魅せられてハマった作品でした。さすが京アニ。
主人公も可愛いし、もちろんバトルシーンも迫力がありましたし、自分の血が剣になるところもカッコよかったです。

茅原実里さんのうた歌も印象的でした。

終始シリアスなのに、中盤あたりに突然入るアイドルのように歌って踊りだすあざとい回だけはイラネー!って思いました。こーゆうアニメは視聴者に媚びないでほしかったなぁと。エラそうにすみませんm(-_-)m

投稿 : 2018/03/25
閲覧 : 57
サンキュー:

5

アデュー

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

オモロー

ツレの紹介で見た作品。
1話目を見た時は、正直期待倒れかと思ったが、しかし全話見て評価したいので全て視聴。
評価は、とても良かった。作画も素晴らしい。
しかし、どうでもいいけど、このアニメのBlu-rayBOXの中古、定価より高いっすね…

投稿 : 2018/03/21
閲覧 : 68
サンキュー:

3

shitasama

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これは大変良い

これは見て損はないと思う、終わってからだいぶ時間がたって映画化までされているので無いとは思うけど、二期あっても良いんじゃないかな?と思う
京アニで作画も安定していてキャラもよしです

投稿 : 2018/03/18
閲覧 : 57
サンキュー:

3

次の30件を表示

境界の彼方のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
境界の彼方のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ