「境界の彼方(TVアニメ動画)」

総合得点
86.6
感想・評価
3110
棚に入れた
16881
ランキング
130
★★★★☆ 3.9 (3110)
物語
3.7
作画
4.2
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ももも

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

絵は素晴らしいけど、話が途中まで退屈すぎた

妖夢というモンスターが現れる世界。
世界には妖夢を倒すための戦士「異界士」が一定数おり、主人公は半妖の人間、ヒロイン栗山未来は異端の異界士です。

栗山さんの内向的なボケキャラのせいもあるのかもしれませんが、無理なボケを混ぜた会話に違和感がある、焦らし演出が悪い意味でイライラする、栗山さんいじけすぎ、主人公が察しすぎなど、特に最初の4話くらいは話がきつかったです。
4話で一度盛り上がりがあってキャラクタに相互理解が入り、鬱陶しい(と書いてしまいたくなる)演出がやっと終わります。

その後もいろいろな事件が起こりキャラクタも増えていくのですが、主人公に目的がないために基本全て巻き込まれで、いまいち先が見たくなる魅力に欠けていたという感想です。
動画での一気観じゃないと途中で断念してたと思う。

しかし、後半の展開から突然面白くなります。
まどマギの○○○のネタバレ回並みのどんでん返しがあります。
後半を見てから前半を見れば、多分全く違う視点で見れるのだと思います。しかしそれは話の中の細かい演出だけで、前半の各話そのものはやはり特筆すべきこともなく…。
後半の展開によって前半の意味が変わると言う意味でまどマギを引き合いに出しましたが、もちろん全くの別物です。

投稿 : 2019/09/07
閲覧 : 55
サンキュー:

2

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

この出会いが出会いで終わってしまうなら、この世界の物語は存在しないだろう

視聴理由 ラブコメ

序盤 この出会いが出会いで終わってしまうなら、この世界の物語は存在しないだろう

中盤 主人公カッコイイな

終盤 涙

この話はメガネが好きな主人公がとんでもない出会いをした話
ジャンルはラブコメ・妖怪・バトル
途中まではラブコメ要素は少ないといいてもいいでしょう。そしてバトルシーンも後半から多くなってきます。だからといって前半の内容が薄いかといわれると「そんなことはない!」と声を大にして言いたいです。
内容は素晴らしいの一言ですね。展開やラストの感動シーンはクルものがあります。感動ですね本当に。最終話での比喩表現や表情などの細かい違いでキャラの心情を表現できるのは素晴らしいです
キャラはかわいく、個性を保ちながらもキャラの濃さを薄くしないのが上手い。全員の印象が平均的に残ってる

作画は本当に美しく、キャラデザも好みだし、戦闘シーンも手を抜いてませんでした。さすが京アニ!なのであの事件は...
opは畑亜貴さん作詞・菊田大介さん作曲・茅原実里さん歌唱のあの名曲コンビによる「境界の彼方」神曲
edはSTEREO DIVE FOUNDATIONさんの「Daisy」
声優さんはとてもあっている。そして茅原実里さんが美月ちゃんの声を担当

総評 超良作!是非見るべき

投稿 : 2019/08/24
閲覧 : 149
サンキュー:

14

ネタバレ

アニメ好き

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

4話からエンジンかかってきた。それまではラノベ原作だけあって会話がしんどい(^^;

悪口が多いので読むかたは注意

まどかマギカと化け物語を合わせたような感じ?そこを目指して作ったのかな。
ラノベ原作らしくクセのある会話が全く面白くない。
1話ネタバレ
{netabare} 主人公が不死身だからといって痛覚はあるのに何度も男に挑んで刺す眼鏡女はイラッとする。どれだけ痛いと思ってるの?ドジっ子具合もベタだ しかしこれには理由があることがわかった。それはまだまだ大分先の話しのことである {/netabare}
作画は一級品でバトルの動きなども凄い
歌は ちはらという京アニ作品にやたら出てくる女の人で、ヴァイオレットエヴァーガーデンのエンディングを変なかんじで歌って作品の雰囲気をぶち壊した人だった。
でも境界の彼方のオープニングでは作詞畑亜貴なのもあいまって特に悪くなかった むしろ良かった

正直2話で切りたいのだが、あにこれの点数が約87点となっておりこれはかなり高い!
ということは今我慢して見ていればこの後うなぎ登りに作品が面白くなるはずだ!
もしならなかったら時間を返してほしいと思うと共にあにこれの点数を今後疑うことになる。
{netabare} 結果そうなった {/netabare}

2話ネタバレ
{netabare}2話でワルプルギスの夜的なボスの事が明かされたのでとりあえず物語の大目標は決まったのかこいつを倒すのが目標? {/netabare}
今後どう面白くなるか話はわからないが動きと絵が凄いので、会話は適当に流しながら絵と音だけを集中してみていこうと思った。
現時点で点数をつけるなら74点です

3話と4話を見ましたが、意外な展開で良かったです バトルシーンは静止画を挟む場面がちょくちょく出てきてしまってます。
{netabare} 主人公男がラスボスなのだとしたら、どう封印するのでしょう。主人公は最後消滅させられてしまうのか、 それとも化け物部分だけ倒してハッピーエンドなのか{/netabare}
続きみたくなってきました 今点つけると76点です

5話感想
{netabare} 先週シリアスだったのになぜか突然の日常会!?振り幅ありすぎてポカーン話しに入っていけません
京アニは花火あげれば感動すると思ってる?どうにもこの作品のとらえどころがわからない。シリアスで見れば良いのか今回みたいにコメディで見れば良いのか。 {/netabare}これから面白くなるのかなぁ。今のところ不安だわ

6話感想↓
{netabare} ついに吹っ切れてギャグ路線にしたのか…。このアニメ順番を間違えたのかな。
ギャグ回を前半にいれて、そこからシリアス戦闘に持ってった方が良かったのでは(-_-;)
最初シリアスからのギャグ路線はどうにも対応しにくい。話しの本筋的にまたシリアスになること確定だろうし
{/netabare}
そんなこと思いつつも6話は神回でした!作りてのかたたちも楽しんで作ってたのではないでしょうか。
9話くらいからシリアスかな?それまでは何も考えずに見よう。いまのところ75点くらいと採点します

7話感想↓
{netabare} なんかあっけなくギスギスが解決してしまった(∵`)あれだけギスギスしてたのに、斬り合って少し話しただけで解決とは。脚本が全体的によくない気がする{/netabare}
今のところギャグに行くわけでもなく、シリアスに行くわけでもなく非常に中途半端でフワフワしてる。 視聴者として困惑している

8話はいきなり棒読みの女の人が出てきて笑えましたw{netabare}いつのまにか眼鏡ヒロインが主人公男に惚れてる!?そんな描写なかったはずだが最後良いかんじに恋愛要素で終わらすために無理矢理惚れさした感ある
{/netabare}
京都弁のお姉さんの演技が最高でした!8話は脚本も良かったと思います 脚本はどうも一人なので演出とかの違いで話しの印象にばらつきが出るのかな?

10話ネタバレ感想↓
{netabare} まさかの1話の伏線が回収されました
このアニメを楽しむには10話まで見ないといけなかったのか!うーん話しが切ない
オープニングの映像を10話のここに繋げる演出最高よ!
3話でアニメは大体切られるのでここまで見れた人は良く我慢してきたなぁと思う。
自分はあにこれで87点をつけていたので尻上がり作品なのだと思っていたから見たが、どうにも前半に分かりやすい伏線や興味を引かせるものがなかったと思う。2周すると色々わかるのだろうか?{/netabare}
後はうまく締めるだけだと思います。残り2話、で大いに感動させてもらいたい
とりあえずここまで見て栗山さんしかキャラの名前が頭に入っていない(´•_•`)ここまでキャラの名前が気にならなかったアニメも珍しい

全話見た感想
栗山さんの声優が上手い
愛ちゃんがかわいい
オープニング曲が良い!茅原さんはアカペラじゃなくてこういうテンポの良い音楽に合わせると凄く合うことが解りました!

ストーリーは!?…。ストーリーの感想要りませんよねこのアニメは!作画が凄くて色使いが綺麗でなんかバトルも良く動いてイヤー凄い雰囲気のアニメだったわ(^^;
これが86.7点で歴代125位!?まさかそんな…。
全話ネタバレ↓
{netabare} 投げっぱなしで根本的な解決はなにもしていない、最後もフワッと栗山復活して終わりで視聴者おいてけぼりの雰囲気アニメがそんなはずはない !{/netabare}

京アニファンの組織票だろうか(*_*)熱狂的なこの原作ファンが沢山いるのか、それとも正当な評価でこうなったのかはわかりません
しかし私は点数をつけるなら75点の凡作で6話と10話だけ見れば良いかなといった感想です
シリアスにもギャグを混ぜるし、ギャグも基本ラノベ台詞でスベってると思います。話しもご都合でジャンプの打ち切り漫画かよといいたくなりました
恋愛要素に発展する描写も少なくて、本当にどこをとっても中途半端になってしまっているんだと思います。
突き抜けているのは間違いなく作画です
知り合いに勧められて見たのですが、どうみたら良かったのか一時間問い詰めたい。どこがオススメだったのか、どこに着目すれば良かったのか。未熟な私に教えてください。
歴代125位の作品なのですから必ずそれは見た人が感じれるものであるはずです。

この監督は今作の不満が全て無くなったかのようなアニメ、ヴァイオレットエバーガーデンの監督でもあるので、5年ですさまじい成長を遂げていると思います!次はどんな作品を作ってくれるのか。次回監督作品に期待したいです!

投稿 : 2019/07/29
閲覧 : 135
サンキュー:

3

HIRO

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

京アニ 負けるな!!!

12話では収まらなかったかな?
ちょっと物足りなかったです。

製作は京都アミメーションさんです。
監督 - 石立太一氏
キャラクターデザイン - 門脇未来さん
キャスト
栗山 未来(くりやま みらい)(声:種田梨沙さん)
神原 秋人(かんばら あきひと)(声:KENN氏)
名瀬 美月(なせ みつき)(声:茅原実里さん)
名瀬 博臣(なせ ひろおみ)(声:鈴木達央氏)
です。

投稿 : 2019/07/19
閲覧 : 217
サンキュー:

19

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

決して「不愉快」では無かったです

眼鏡フェチへのご褒美アニメ?

作画は流石の京アニ。特に未来ちゃんの出来は文句なしのレベル。

ただ非日常的な世界観を考えれば、もっとシリアスで重い展開にした方が
結果的に良かったんじゃないかなぁと正直感じました。その方がキャラと
のギャップがもっと生かされたような気がするし、ラストはもっと感動し
た様な気がします。なんかちょっと勿体ない感じ。

弱すぎる秋人や曖昧な敵、伏線の回収などもう少し手を加えて欲しかった。
なんとなく中途半端な材料を無理やり纏めていった感が否めないです。

とはいえラストのクライマックスは普通に良かったし、未来ちゃんも最後
に復活して後味は決して悪くありませんでした。

観終わって、まぁ「不愉快」では無かった...って感じでしょうか。

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 120

scandalsho

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

不愉快・・・じゃないです。

原作未読。

キャッチさんのユーフォ2期のレビューを拝読していて、本作のタイトル見かけたので視聴してみました。
実に面白かったです。
こういう事があるのも、『あにこれ』ならではですね。


前半で散りばめた伏線を、後半一気に回収していく物語の構成は面白かった。

主要キャラはどれも特徴的で、好感を持てる人物ばかりだった。
特に眼鏡フェチ・秋人とシスコン・博臣は、いい味を出していた。
テンポの良い会話も高評価。

作画は京アニだけに文句のつけようがない。
バトルシーンも綺麗に描かれている。

OP・ED曲とも、作品にぴったりの曲。

唯一の気になる点は主人公・秋人の声。
日常パートは良いんだけど、バトルシーンはちょっと・・・。

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 745
サンキュー:

62

ネタバレ

nan-nan

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

可愛いは正義!

とにかく未来ちゃんが可愛いです(⋈◍>◡<◍)。✧♡
秋人と一緒で私はメガネ属性持ちなのでたまりませんでした(^^♪

って話はともかく…。
お話し的には暗い部分もありましたが、それを含めた上で好きな作品です!
お気に入りに入れようか迷ったのですが、今回は見送っておきます。

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 30
サンキュー:

2

shitasama

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これは大変良い

これは見て損はないと思う、終わってからだいぶ時間がたって映画化までされているので無いとは思うけど、二期あっても良いんじゃないかな?と思う
京アニで作画も安定していてキャラもよしです

ただ言ってみたいだけですが、不愉快です(笑)

投稿 : 2019/06/17
閲覧 : 140
サンキュー:

4

ネタバレ

sinnsi

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ボタンの掛け違いのような作画とストーリー ※ごく一部で★5.0級

京アニの作画は素晴らしく、「京アニクオリティ」という言葉が今日も一人歩きしている。
本作もそのクオリティを満たした作品であろうが、例外的に戦闘シーンは問題であると言わざるを得ない。

本作は戦闘シーンが目立つのだが、
主に戦う栗山未来の動きが、良い意味でも悪い意味でも悪い意味でも、15歳・152cmの6頭身少女相応の動きでしかなく、身体能力の高さもまるでうかがえない。
それでもヌルヌル動くのだが、全身で命懸けで戦っている感じではなく、ただ武器を振り回す少女の動きを、2倍速再生・3倍速再生したようなアンバランス感しかないのだ。
さすがにそのままでは不自然なので、多少自然な仕上がりにはしているのだが、それ以上の付加価値はないので、見ていてまるで面白くない。
妖夢のデザイン・動きにおいても、基本的に大きくやぼったいため、見栄えや疾走感もあまりよろしくない。

他作品の戦闘シーンは、戦闘方法に差はあれど、全身で命を懸けて戦っている感じがするのだが、
白兵戦のこのアニメにおいては、エフェクト・スピード(倍速再生)に頼り、カメラワークもそこに寄せて引いての演出ばかりで、
人間本来のフィジカルの高さがまるで感じられない。白兵戦の大事な部分が蔑ろにされ、本当に面白くないのだ。
命懸けの戦い以前に、スポーツですらないし、レクリエーションですらない。緊張感も何もなくて、ただ動かしてるだけだ。

戦闘シーンは綺麗なだけでは、少女の動きを方程式通りに描いただけではダメなんだということが、よく分かった作品であった。
キャラクターが命を懸けてる感じがないと、その戦闘はただの日常シーンでしかない。

ストーリーは{netabare}異界士、妖夢、半妖、呪われた一族、虚ろな影、境界の彼方などの固有名詞が付いてまわるのだが、
特に目新しさもない設定でいて、それにまつわる展開も残念な戦闘シーンで進んでいく。
さらに投げっぱなしや突拍子もない設定が多く、勢いで動いて解決したり、秘めたる能力で解決したりといった展開も、戦闘を絡めて非常に多い。
それであっても「どうしてそうなったんだ?」「逆に悪くなってないか?」と感じる部分もあるため、消化不良で進んでいく。

ただ、萌えアニメを基準にしてリアリティを除外すれば、
平穏な日常シーンに限っては、キャラクターの言動は最後まで一本筋が通っていて、セリフ回しもラノベ調ではあるが、そんなに嫌いではない。
声優の演技も、キャラクターに十分に合致している。

なお、地上波版のラストシーンにおいては、本当に嫌悪感しか覚えない。
やはりご都合主義としか思えない上、今まで戦ってきたことの結果は、ほとんど無に等しいこととなっているのだ。

ところで、続編かつ完結編の劇場版のネタバレになるが、そのラストシーンは{netabare}秋人と未来の愛がピークへと至り、未来の告白によって結ばれて終わる。
シンプルなのだが、非常に明るい将来が感じられ、愛と希望に満ちあふれた終わり方で、掛け合いもほほ笑ましくて尊い。このラストシーンだけは、★5.0を付けられる。
ここに至るまでの過程は、今まで通りな具合の戦闘・ストーリーの上には成り立っているが、それでもこの2人の愛だけは本物であると言い切れる。
どうしても総合的には★3.0となる上、1分でしかないシーンなのだが、この★5.0のラストシーンを見るためのアニメであったと言って、過言ではない。{/netabare}{/netabare}

投稿 : 2019/06/02
閲覧 : 100
サンキュー:

5

レイ兄

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

私。大満足です!

個人的にかなり気に入っている物の一つです。

最初は「境界の彼方」と言う厨二チックなタイトルに惹かれ見始めたのですが

見終わってみればタイトルにも負けない良作!

京アニなので作画は言うまでもありませんが1クールだと
思わせないストーリーも魅力

前半の伏線をばらまいている辺りでの断念が多いと思いますが最後まで見て損はないです


子持ちししゃもーーー!!!

投稿 : 2019/05/23
閲覧 : 70
サンキュー:

5

みょ〜ん

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

中途半端

説明も不十分で、誰お前?みたいなキャラが急に入ってくる。
内容も詰めてなくて設定がふわふわしてます。なぜこの内容でアニメにしようと思ったのかが理解できません。ちゃんと考えて作れば12話で終わるような作品でも無かったと思います。映画で巻き返すような話になってるかと思い見ましたが、蛇足でしたね。
唯一良かった点はEDのdaisyという曲が良かったくらいですかね。

投稿 : 2019/05/08
閲覧 : 91
サンキュー:

3

70366

★★★★★ 4.6
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱり6話

ストーリーはいろいろおかしいところが多くて正直もうちょいなんとかならなかったのかと思う。けど、6話の約束の絆で全てチャラになった感ある。

未来ちゃんがポンコツかわいいところを愛でるアニメだと思ってて、愛ちゃんの「愛は妖夢ですしおすし」と弥生ママの「~するヨロ」で考えるのをやめた。あと、弥勒が気持ち悪さにおいて振り切っててすごいよね。あそこまで気持ち悪くできるのって才能だし、キャラはみんな立ってる。

これ言うと全部台無しだけど、本編よりもおまけのアイドル裁判の方が好き。

キャラデザは京アニの全アニメの中で一番好き。小林さんちのメイドラゴンもそうだけど、門脇さんのキャラデザほんと好き。

投稿 : 2019/05/05
閲覧 : 82
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「境界の彼方」の感想

あにこれのあらすじ

神原秋人はある日の放課後、屋上から飛び降りそうな少女・栗山未来と出会う。未来は、異界士の中でも特異な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。たった一人生き残った少女と、半妖である秋人が出会ったことで、世界が一変する……。


絵はいつもの京アニでかわらないみたい^^
ときどき入るぼけとツッコミもやっぱり京アニで
ときどきわらっちゃうw
食べものがよく出るとこも好きw

あらすじだと世界が一変するって書いてあったけど
一変したのかなぁ?これから?

未来と秋人がふつうの人間だったら
どじでおくびょう(にゃんみたいかも)なメガネっ子と
やさしいイケメン先輩のどたばたラブコメみたいになりそうかな
(そうゆうのだったらいいけどナ♪)

未来は異界士で秋人は半妖とか
{netabare}自分の血をあやつる力{/netabare}とかって
まんがとかアニメでよくありそう。。
あと
文芸部でトリックとかって「氷菓」おもいだしちゃったw

でも
未来は呪われた一族で
秋人もなにかありそうで
もしかして悲しいおはなしになるのかも。。

これからどんなおはなしになるのかな?
1話目は楽しかったケド♪

2話目
{netabare}
未来がヨウムをつかまえるのに
秋人が教えてやっと。。

なかなかつかまえられなかったのって
未来が人を殺したことがあったから!?

今週もいろんな人の紹介みたいなおはなしだったのかな。。
秋人のお母さんっておもしろい人w
ウツロナカゲってすごい強いヨウムが来るみたい
これからバトルになるのかなぁ

それと
秋人は未来のこと
一生けんめい文芸部にさそおうってしてたね^^
{/netabare}

3話目
{netabare}
1万円出したときの未来がおもしろかったねw
でも
バトルがはじまるみたい。。

未来が殺したのは
ウツロナカゲにとりつかれたお姉さんみたいな人で
そのかたきうちに行くのかな

さくらってゆう少女がおそってきたけど誰なのかな?友だち?
秋人が助けに来てくれたけどどうするの?

バトルってやっぱりにがてなんだけどなぁ。。
{/netabare}

4話目
{netabare}
さくらさんが追いかけてきて
ウツロナカゲと戦って
勝ったと思ったら秋人がヨウムになって
3人で力を合わせてもダメなくらいに強くって。。

バタバタしてるうちに終わっちゃったかな
未来がだきついたところを
もうちょっとゆっくり見たかったなぁ。。

でも
ギョウザのお皿にレバにらいため1つ乗っかってて
ちょっとうれしかった♪
ラブにらいためだねw

それで
さいごに出てきた人ってだれ?
また何かおきるの?
{/netabare}

5話目
{netabare}
未来は文芸部に入って
あと
新堂写真館でお店ばんのアルバイトと
もう1つのアルバイト^^

異界士ってみんな1人
未来も秋人もみんな1人だから。。
にゃんもちょっと心がズキッって
きっとそれってミンナモジャナイノカナ。。

今日はみどりがきれいだったね
黄緑っぽい色のこと萌黄ってゆうのはじめて分かった
お祭りのあかりは「たまゆら」を思い出しちゃった。。

やっぱり京アニってバトル作るより
こうゆう気もちが伝わってくるおはなしが上手だって思う☆
{/netabare}

6話目
{netabare}
今週はコメディ回ですしおすしw

はじめは
もうちょっとしたらマジメになるのかなぁって見てたけど
どんどんおもしろくなってってwww
男子は未来のサービス回でもっとたのしいかも^^

とちゅうでアイドルアニメのパロディになったのもよかったね♪
見てて終わりが分かっちゃったケド
やっぱりそうなったぁってwww

歌もみんな上手だったね
ダンスもやっぱり京アニだから動きとかもよかったね♪

あと
京アニってマンザイとかコントみたいなおはなしってたのしいの^^
バトルとかより
今週みたいな歌とコメディのおはなしがもっと見たいなぁ☆
{/netabare}

7話目
{netabare}
さくらちゃんが転校してくることになって。。

能力もないのにあんな武器をつかってたってすごいね
でも秋人が助けなかったらやられてたよね。。
今までどうやって戦ってきたんだろう。。

さくらと未来が仲がよかったころのおはなし
サンドイッチのはたで伝わってきたなぁ。。

未来は自分が殺されたくないんじゃなくって
さくらに人を殺させたくないって
そんな気もち。。なみだが出ちゃって。。

さいごの凪が来るって?
境界の彼方も?
{/netabare}

8話目
{netabare}
凪がくるとヨウムの力が弱くなるみたい
ユイのこと殺されたいなみ家の家族が
未来のこと殺そうとしてそれを止めたのが名瀬いずみさん
境界の彼方となにか関係がありそう?

それって秋人も何か関係あるのかな
異界士キョウカイの人たちはつかまえようとして
いずみさんは守ろうとしてる(のかな?)

未来が秋人のこと好きなのバレバレだったね
これからがたのしみかナ☆
{/netabare}

9話目
{netabare}
秋人のファイルってw
でも
好きな人が自分のこと思ってくれてるって
不愉快デスって言っちゃうくらいうれしかったよね。。
だけど
秋人くんを殺しなさい。。って
もうそれだけで頭の中いっぱいだよね

境界の彼方ってほんとに秋人で
ほんとに殺さないといけないの?
{/netabare}

10話目
{netabare}
夏と冬がちょこちょこ変わったときはよく分からなかったけど
未来がキスしようってした前のおはなしと
6ヶ月前のおはなしでほとんど分かった。。
OPの前のところって2人が出会う前だったんだ。。

オムライスはわらっちゃった。。
でも冬のおはなしって何だったんだろう?
なんだかとっても悲しい空気で
先輩のこと止める未来のところはうるうるしちゃった

あっとゆう間におわっちゃったけど
未来はほんとに消えちゃったのかなぁ。。
{/netabare}

11話目
{netabare}
未来はまだ生きてて境界の彼方とたたかってる
あの冬の場面って境界の彼方の中だったんだ。。
メッセは「ざまぁみろ」だったけど
メールは「わたし不愉快じゃじゃないです」って
なみだが出てきちゃった。。

秋人のお母さんっていろんなヒミツを知ってるのかな?
落ちこんじゃうところでとつぜんあらわれて
ギャグ。。ちょっとほっとしちゃったけど
どんな人?w

お母さんKYだったけど
みんなが暗くなってたの吹きとばしてくれたみたい
不死身じゃなくなったのに未来を助けに行った秋人だけど
なんか勝てそうな気がしてきちゃった☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
最終回のバトルっていい人たちが勝つのってふつうで
だから境界の彼方も
みんなが力を合わせて勝っちゃうのってふつうで
あんまりふつうだったからそんなにおもしろくなかったかな。。
ほかのアニメとかで見たような感じが多かったみたい

でも
おはなしはふつうだったけど
バトルがはじまってもコントみたいなのがあって
ぎゅぅうって暗くならなかったし
バトルがにがてなにゃんも見てられた。。

ばたばたっておはなしが進んで
秋人のお母さんがわけ分からなかったりしたから
つづきができるのかな。。

あと
未来と秋人のおしゃべりとかさいごまでよかった。。
「子持ししゃもー!」はわらっちゃったしw
「うれしいなぁ。。うれしいなぁ。。」とかって
じゅくじゅくなみだがでちゃったし
さいごにメガネをかけた未来がにっこりしたとこ見たら
ぜんぶよかったかなぁ。。って(ぐすん)
{/netabare}

全体のおはなしってそんなにおもしろくなかったのかなぁ
よく分からないところとかも多かったし。。

でも
京アニが作ったおはなしって
コントとかしぐさとかおしゃべりとか景色とか
ちょっとしたところが見ててうれしくなっちゃう♪

とくに6話目とかパロディなのかな
とってもおかしかったから
とちゅうでやめても6話目は見てみてね☆

さいごに
未来が{netabare}帰ってきた{/netabare}のって
きっとメガネ忘れたからだよねw

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 1287
サンキュー:

242

ROM

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良いけど印象に残らない。

良いアニメなんですが、印象に全然残らないので、また観たいって気持ちにもなりません。
エヴァの影響を受けた京アニ作品と言ったイメージ。
楽しめましたが、神アニメという程ではなかったです。

投稿 : 2019/04/26
閲覧 : 60
サンキュー:

2

ネロラッシュ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

文句無しです

京アニの空気系アニメは苦手だが、世界系やファンタジーは大好物!
メガネっ娘フェチでもありますし(笑)
テンポがいいし、見せ方が上手い!
文句無しです。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 67
サンキュー:

4

pop22

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

オーソドックスなラノベ

京アニが作ることにより、
原作がオーソドックスな場合の最高到達点の限界が測れた。

原作大事だなと思わされた作品。

投稿 : 2019/03/29
閲覧 : 60
サンキュー:

4

ゆに

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

個人的な感想を述べますEDが

好きです!!

最近知った事なんですが
舞台背景が奈良県橿原市だそうで
まさかの自分の出身の県
なんか感動!!

投稿 : 2019/03/07
閲覧 : 101
サンキュー:

2

ネタバレ

tktan

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最後がよく分からなかったです

まず初めに、曲、作画共に素晴らしい!

私はオープニングを聞いた瞬間、最後まで見ることを決意しました!
そしてエンディングも素晴らしいです!

しかしながら!

曲といえば、外せないのが「約束の絆」ですよね!
6話を初めて見た時、図らずも私はあの果実型妖夢になってしまっていました笑
製作会社さんありがとう!

作画に関しても、私はあまり作画崩壊とかに気が付かないので分かりませんが、とても良かったと思います!

最後になってしまうのですが、内容について。
特に最終話、取って付けたようなハッピーエンドと思った方も多いのではないでしょうか?

私もそう思いました。
何故未来は戻ってこれたのでしょうか?

何度考えてもよく分かりません。
なので、それを理解する為に今から見直そうと思います!

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 121
サンキュー:

5

ネタバレ

Re:アニメ好き

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

運命の交差点とは一体...

あらすじ...
{netabare}ある日、半妖夢で不死身の身体を持つ少年神原秋人は、今にも校舎の屋上から飛び降りそうな少女栗山未来を見つけ、助けようとする。しかし、彼女は妖夢を討伐して生計を立てる異界士であった。

秋人の討伐に執着する未来であったが、どうしても秋人を倒すことは出来ず生計が苦しくなる。 それを見かねた秋人は未来を諭すことで、未来は秋人の討伐を諦め、他の妖夢を討伐して生計を立て直す。
時に協力しながら妖夢討伐を行う2人であったが、やがて2人は大地主である名瀬家を巻き込んだ事件に関わっていく!{/netabare}

感想
{netabare}初めてメガネかけたヒロインを見た作品でした。
個人的にはとてもでは無いですけど面白かったように感じました。
とはいえ、ちょっと前まで僕のお気に入り作品に入っていたのですが、2度見してみるとそうでは無かったので削除しました。

ストーリー自体のテンポはなかなかだったのですが、盛り上がりに欠けていたかと...
今一、グッとくるシーンが無かったです。
(あったことにはあったけど...)

そして、もう一つの理由が圧倒的に説明不足だったような気がします。
栗山未来が何故か復活し、記憶が無くなってたり、ご都合主義もなにもあったものではありません。
視聴中は「?!」ってなりました。

ストーリーはさて置き、キャラですが、それなりに過去があったりと良いとは思います。
思うんですけど、なんか全体的に薄かったように感じます。
特に主人公。
まあ、作画の問題かもしれませんが...

とはいえ、OPやEDはどれも良い曲でしたし、それなりに魅力がある作品だと思います。
僕も全部見終わりましたし。
それなりに評価もあるので、一度、見てみることをお勧めします。

映画の「境界の彼方 未来編」で完結です。
良かったらそちらも是非。{/netabare}

投稿 : 2019/02/10
閲覧 : 192
サンキュー:

29

三毛猫メリー

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

境界の彼方

過去に視聴済み。

けっこう面白かったのに1クールだったんだね。
ちょっと意外だった。

このアニメは歌が最高。
OPもいいし6話に出てくる挿入歌の
「約束の絆」はとても好き。

投稿 : 2018/12/18
閲覧 : 116
サンキュー:

12

dbman

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

スッコスッコスッコスッコ ナニがスッコスッコよ!

原作未読。

あにこれでの評価も高く、京都アニメーション作品ということで視聴したところ、開幕からいきなりの激しい展開に引き込まれ、そのまま全12話を一気に観てしまうほどに楽しめた作品。

作中では残酷的な描写が頻繁にみられるもダークファンタジーという世界観に加え、登場するキャラクターは主人公・神原秋人(声:KENN)をはじめ緊張感のない者ばかりなので、さしてグロさを感じることが薄いという不思議な側面を持っている。

なかでも本作のヒロインでもあるメガネっ子、栗山未来(声:種田梨沙)は、そのドジっぷりや儚い背景を知ってしまうと愛さずにはいられなかった。また美少女猫ちゃん・新堂愛(声:山岡ゆり)もその反則的な可愛さに癒されるばかりだった。後で知ったが、愛ちゃんはアニメオリジナルキャラと知り、京アニの力を再確認。

物語は大筋としてはシリアスに進行していくけれども、第6話だけはひときわ異彩を放ちまくっており、あまりの超展開っぷりに観ているアニメを間違えたか? と疑ってしまうほど、大いに笑わせてもらいましたw 俗に言う“神回”ってやつですねw(レビュー表題はこの回、名瀬美月(声:茅原実里)のセリフから)

ふと思い返せば、京アニ作品でバトルものといった点も珍しく、それらも含めて様々な要素から楽しませてもらった一作でした。未見の方はとりあえず第6話まででもオススメ致します。そこまで観られたらきっと最後まで視聴されてしまうかと思いますがw

投稿 : 2018/11/29
閲覧 : 250
サンキュー:

21

hidehide

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

色々、『あっ!』と言う間

またしても
貴重なお宝フォロワーさんの棚を荒らしまして…。

剣道部さん、ASKAさん、を初め、多くの方の棚に
鎮座しており、☆ランク上位でしたので、
手を出してみました。

いや、やはりフォロワーにブレ無し!!
面白かった!
☆ランクのみで本作品を選択、
ストーリー、展開、レビューなど、
0先入観での視聴でしたが、
初回、屋上で刺されたのには驚きました。
聞けば、半妖だと。

後は、怒涛の展開に感じましたね。
企みあり、悪人あり、統率する協会があり、
その中でも名家があり、
そして、ギャグ要素、笑わせ要素が、
絶妙にマッチしてたなぁ、と。
やる事、言う事が普段通りなのでしょうけど、
事態が切迫してきたが故に、余計に笑えて。

そして、感動あり、でしたしね…

伏線のはり方も、話数を考えての、
深過ぎず浅過ぎず、
12話で上手くまとめたなぁ、と感じました。

直近のレビでも記載しましたが、
1期78話という長旅に出て、
何も得られず、手ぶらで帰国…この空虚感…。

イイなぁ、良かったなぁ、と思う作品程、
1期止まりなのは誰かの陰謀でしょうか…
いつから、1期12~13話がベース、みたいに
なったのでしょ…

何にせよ、さすがの京アニ。
そして、さすがのお宝フォロワーの方々に感謝。

また、棚荒らしにて、安定を求めたいと思って
おります!

投稿 : 2018/11/10
閲覧 : 132
サンキュー:

13

さな

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

好きなアニメです

戦闘+恋愛アニメが好きなのでお気に入りの作品です。
戦闘シーンはかっこいいですし、ドタバタ恋愛ラブコメなシーンもあって笑えたりもします。感動するシーンも随所にあり、最後見た後はまた見たい!となる作品です。

投稿 : 2018/10/29
閲覧 : 141
サンキュー:

4

ASKA

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

半妖の少年と異界士の少女のバトルもありのファンタジーラブコメ

全12話。
京都アニメーション制作。

感想
まず面白かったです。学園ものでありながら妖夢という怪物とそれを退治する異界士という要素もあり、主人公神原秋人と栗山未来のラブストーリーもあり、とても見ごたえがありました。それぞれのキャラの掛け合いも真面目なシーンとギャグのシーンがバランスが取れていて、なにより作画がすごい。京アニのクオリティ高い作画の戦闘シーンも見応えがありました。

投稿 : 2018/10/24
閲覧 : 122
サンキュー:

22

ネタバレ

lucia

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感想

原作未読

12話でしっかりまとまってて見やすいと思う
作画は綺麗だった
キャラは不快になるようなのがいなかったのでいい
栗山さん可愛い

{netabare}
ご都合主義は嫌いじゃないし大いに結構だが、
最後、栗山さんが何故生きてたのか、その説明がなかったのが不愉快です
ご都合主義でも投げっぱなしだけは、ダメ、絶対!
なので物語の評価は低いです
{/netabare}

投稿 : 2018/09/27
閲覧 : 72
サンキュー:

4

アニメ好き猫

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

Dアニメ配信終了

ずっと見ようと思いつつ、
なかなか見れていない作品たちのうちの一つ。

2018年9月、
Dアニメ配信終了ということで駆け足で見ました。
面白い。
たしかに最初意味不ですし、
バトルなのかオカルトなのか青春ラブコメなのか
萌えに特化したアニメなのかよくわからない。

そこに耐えられれば最高です、
10話が最高でした。


個人的な意見ですが、
茅原実里さんのゴリ押しはやめた方がいいと思います。

投稿 : 2018/09/24
閲覧 : 80
サンキュー:

6

ネタバレ

Tom

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

不愉快です(不愉快じゃない方の)

盆栽が好きとか、いいな。

人間に見えますか?
人間に見える?

主人公の目の色が変わったところがかっこいい。

色々、何を表現しているのか分からないところがあったけど、
雰囲気はよかったかな。

特にあの九尾?と猫又?が最高…。たまらんです←

ご都合主義?大いに結構。ハッピーエンドがよろしかろうと。
って感じで。まあこれはこれで。

投稿 : 2018/09/17
閲覧 : 78
サンキュー:

8

ぜろろ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

メガネ女子最高

ずっと空の境界とごっちゃになってたんですけどもう間違わない。


素晴らしくよく出来た作品だと思いました。1クールのなかでどのキャラもしっかり役割を果たしてたし、ギャグパートもはさみつつ最後の展開もしっかりしてたし。
ぎゅっとしっかりまとまってる作品ってすごい好きです(人にもオススメしやすいし)。


OPからすでに作画は鳥肌物でした。私は特に絵について詳しい人間ではないですし絵は結局好みの問題じゃないか思っているのですが(下手でも味のある絵ってあるじゃないですか)、京アニの作画は100人に見せたら100人全員キレイというのではないかと感じます。それくらい圧倒的なレベルな気がします。アニメーターのことが本気で心配になる会社ですね笑。


さっくり見れるしかなりオススメな作品です

投稿 : 2018/09/06
閲覧 : 128
サンキュー:

11

ネタバレ

ウィーハウック

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

京アニ様様

まあ京アニだしね・・・

投稿 : 2018/09/05
閲覧 : 92
サンキュー:

3

ネタバレ

通りすがりのアニヲタ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最高に不愉快じゃないです!!

これヤバイ。久しぶりに自分の中でビビっと来た作品。まだ見てない方は是非とも見るべき。
1話めから話に引き込ませる不思議な世界観。
この手のアニメに良くある
「5話目位からちょっと飽きてくる」
を全く感じない程、めまぐるしく変わる展開と何より作画、OP.ED挿入曲全てがいい。
{netabare}
少し気になるのがちょっとだけ、設定に矛盾があったり{/netabare}

投稿 : 2018/08/21
閲覧 : 90
サンキュー:

4

次の30件を表示

境界の彼方のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
境界の彼方のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

境界の彼方のストーリー・あらすじ

神原秋人はある日の放課後、屋上から飛び降りそうな少女・栗山未来と出会う。未来は、異界士の中でも特異な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。たった一人生き残った少女と、半妖である秋人が出会ったことで、世界が一変する……。(TVアニメ動画『境界の彼方』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2013年秋アニメ
制作会社
京都アニメーション
主題歌
≪OP≫茅原実里『境界の彼方』≪ED≫STEREO DIVE FOUNDATION『Daisy』

声優・キャラクター

種田梨沙、KENN、茅原実里、鈴木達央、山岡ゆり、進藤尚美、渡辺明乃、豊田萌絵、松風雅也、川澄綾子

スタッフ

原作:鳥居なごむ『境界の彼方』(KAエスマ文庫)、 監督:石立太一、シリーズ構成:花田十輝、キャラクターデザイン:門脇未来、美術監督:渡邊美希子、色彩設計:宮田佳奈、小物設定:高橋博行、妖夢設定:秋竹斉一、撮影監督:中上竜太、音響監督:鶴岡陽太、音楽:七瀬光

このアニメの類似作品

この頃(2013年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ