「ドカベン 甲子園への道(アニメ映画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
2
棚に入れた
7
ランキング
6816
★★★★☆ 4.0 (2)
物語
4.0
作画
4.0
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

天地人 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

続々私的アニメ感想簿1

野球アニメの傑作「ドカベン」の劇場版2作目です。
といっても、TVシリーズの37話「なるか! 里中パーフェクト」のブローアップ版を、夏休み東映まんがまつりにて上映したもので、新作ではありません。
県大会の決勝戦で東海高校と戦う明訓高校、甲子園行きと里中のパーフェクトがかかっている試合、あとひとりというところで里中はマウンドで倒れてしまいます。
選手の体調(安全)を優先してすぐ病院行きと思いきや、時代は根性なので、最後まで投げぬきます(お前等は鬼じゃ 違)
倒れた里中に声をかける殿馬
「一生に一度、あるかないかの勝負づら。男なら、一度は賭けてみたいづら。」
ドカベンを見てた人なら文句無くカッコいいセリフ(自分も感動しました)なんですが、知らない人がみたら、づらづら(このハゲーッ)で、なんじゃこりゃあでしょうね(苦笑)
あと、ドカベンといえば
「捕れない~ボ~ルがあ~るものか~♪」
という歌詞が有名ですけど、この話では主役の山田が、里中が投げたオーバースローでのフォークボールを後逸します(汗)
まあ、サインは交わしたとはいえ、里中はアンダースローなのに、いきなりオーバースローでフォークボール投げたら後逸してもしょうがないかと(おいおい)
あんまりビックリしたんで、敵の雲竜も降り逃げしないで呆然としてるところを、タッチされてアウトになってしまいます。
TVの中の話とはいえ、甲子園をかけた決勝戦という題材は、映画にピッタリじゃなかったでしょうか。

投稿 : 2017/07/22
閲覧 : 165
サンキュー:

9

ドカベン 甲子園への道のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ドカベン 甲子園への道のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

天地人が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ