「つうかあ(TVアニメ動画)」

総合得点
62.3
感想・評価
186
棚に入れた
713
ランキング
4793
★★★★☆ 3.2 (186)
物語
2.8
作画
3.3
声優
3.3
音楽
3.2
キャラ
3.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

仲がいいんだか悪いんだか?なJKコンビがサイドカーレースで戦うおはなし

公式のSTORY
{netabare}
今日はレーシングニーラー女子高生部門のエキシビションレースが開催される日!
全国から集まった「ニーラーレース」の淑女達が、闘志の炎を燃やしている。

今季のドライバーとパッセンジャーをみなさんに知っていただく、お披露目レース。
デモンストレーション走行で無理な競り合いや追い越しはしませんが、それは本戦でご期待ください。

今季優勝を狙って戦う女子レーサーたちが、
今!駆(はし)りだす!

{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:にこいち
監督:田村正文
シリーズ構成・脚本:高山カツヒコ
キャラクター原案:Tiv
キャラクターデザイン:澤入祐樹
メカニックデザイン:氏家嘉宏
総作画監督:澤入祐樹、山吉一幸
グラフィックコンセプトデザイナー:根津孝太(znug design)
色彩設計:平間夏美
美術監督:加藤 浩
3D監督:中島竜生
撮影監督:佐藤 敦
編集:坪根健太郎
音響監督:亀山俊樹
音楽:高橋 諒
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:SILVER LINK.
製作:「つうかあ」製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
宮田ゆり:古賀 葵
目黒めぐみ:田中あいみ
島津むつき:齋藤彩夏
和田はつね:生天目仁美
棚橋コーチ:三木眞一郎
蒔田あい:徳井青空
板垣ねね:平田真菜
高田ひばり:中村 桜
中島つぐみ:長縄まりあ
塩原ちゆき:ブリドカットセーラ恵美
永井みさき:戸松 遥
村田いずみ:七瀬彩夏
鈴木なぎさ:福圓美里
宍戸まりあ:洲崎 綾
宍戸ゆりあ:洲崎 綾
川真田かなえ:清水彩香
栗林たまえ:森島亜梨紗
片倉まお:志田有彩
井関ひとみ:高垣彩陽
天野ありす:吉岡麻耶
伊藤くろす:花守ゆみり
日暮洋子:竹内恵美子
{/netabare}

1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

第1話「Exhibition」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ/演出:田村正文 作画監督:古谷梨絵/久松沙紀/飯飼一幸/栗西祐輔/細田沙織

ついに開催されるサイドカーレース『女子高校レーシングニーラー全国大会』。三宅島を一周するロードレース『三宅島TT(ツーリストトロフィー)』の目玉カテゴリーだ。
今回の優勝者は、本場イギリス『マン島TT』の出場資格を得られると言う。全国から集まった美少女レーサーは、みんな一癖も二癖もある強者ばかり。地元、三宅島のドライバー宮田ゆりと、パッセンジャー目黒めぐみのペアは、マン島TTを目指して疾走する!
{/netabare}
感想
{netabare}

今回のおはなしは三宅島で開かれるサイドカーレースのエキシビションで
宮田ゆりと目黒めぐみが勝つおはなし


2人とライバルたちの紹介だったけど
2人は幼なじみでよく似てるんだけどけっこう仲が悪かったり。。ってw

もうきっと仲が良すぎて兄弟みたいなんだね^^

側車部のコーチが好きになって恋のライバルだったりしたところは
ジミにおかしかったw


いろいろ解説とか入ってたけどレースはあんまりよく分からなかった。。

自転車とかとちがくてドライバーが運転して
パッセンジャーが曲がるときにタイヤが浮いたりしないように体を動かして
重心をかえてあげるみたい

レースにアツいところと2人のケンカを見せるおはなしなのかな?
何話か見てみるね^^
{/netabare}
{/netabare}
第2話「Shakedown」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:田村正文/湊未來 演出:伊部勇志 作画監督:高橋瑞紀/水崎健太/山本貴則/上西麻耶

三宅島に集結した美少女レーサーのペアたちは、宮田ゆりの家が経営する『民宿暁』と、目黒めぐみの家が経営する『みつわ旅館』に宿泊する。
レーシングサイドカーは、マシンを操縦するドライバーと、マシンのバランスをコントロールするパッセンジャーの二人の息が合っていないと走れない。なのになぜか、鈴鹿女学園のドライバー塩原ちゆきと、パッセンジャー永井みさきのペアは、別々の宿に別れて泊まるのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回のメインのおはなしは仲間割れかな?


鈴鹿と筑波と茂木の三チームが
ドライバーとパッセンジャーで別々に泊まったんだけど
今回のおはなしはちゆきとみさきがサブの主人公だったみたい

2人がチームを組んだ時のことから
ちゆきが事故か何かのトラウマでスピードを出せなくなっちゃって
信じられないならどうして自分をさそったのかってみさきがおこって
ケンカしたりってゆうおはなし。。

このおはなしは来週につづくのかな?


今回はちょっとコメディはあったけど
何となくギスギスしてて見ててあんまりおもしろくなかったみたい
{/netabare}
{/netabare}
第3話「Practise」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:田村正文 演出:井上圭介 作画監督:前原薫/平山剛士/池津寿恵/寿夢龍

永井みさきはアルバイトをしながら鈴鹿女学園に通っている苦学生だった。対して、塩原ちゆきは同じ鈴鹿女学園に通うお嬢さまだった。ちゆきはスクールカーストの上位で、いつもたくさんの友人に囲まれていた。
ある日ちゆきは友人の一人に、レーシングニーラーのパッセンジャーを依頼する。快く引き受けた友人は、ちゆきと共にサーキットに赴くのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}

2話のつづきであらすじのおはなしだったけど
ちゆきはうわべだけ仲がいいお友だちはいっぱいいたけど
ホントのお友だちはいなかったの

ある日、行ったレストランでお気にのハンカチをよごしちゃって
もう落ちないって友だちに言われておいて帰っちゃったら
そのテーブルのウェイトレスをしてたみさきが
ひろってきれいにして返してくれた。。

ちゆきは前のコンビのとき
パッセンジャーがついてこれてないの気がつかなくって事故って
それで信じられるパッセンジャーをさがしてたんだけど
それが自分のこと気にしてくれたウェイトレスのみさきだった。。

ってゆうおはなしがあって
今回みさきがおこってたのはちゆきがコーナーを曲がるとき
自分を信じてスピードを上げてくれないってゆうことだったんだけど
それってちゆきが大事なみさきをなくしたくないからだった。。

って分かって
みさきもちゆきのこと親友だって思ってたってコクって
2人がもっと仲良く速く走れるようになって終わり^^


おはなしはちょっとゆりっぽかったかな?

でもほんとに死んじゃうかもしれないレースだから
ほんとに信じられる友だちってとっても大事なんじゃないのかな?

自分が大事にしてるものを大切なものだって分かってくれる人がいたら
お友だちになってほしいよね☆彡

ちょっといいおはなしだった☆


(「カーズ」ってゆうディズニーのアニメにドリフトって出てきたけど
サイドカーって曲がるときドリフトさせないといけないから
パッセンジャーを信じてスロットルをあけて加速するんだって)
{/netabare}
{/netabare}
第4話「Swap Meet」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:川口敬一郎 演出:田村正文
作画監督:村長由紀/平山剛司/本田創一/船越麻友美/秋山宏/森本由布希

Sっ気のあるドライバー村田いずみと、Mっ気のあるパッセンジャー鈴木なぎさは、筑波女子高等学校のペア。なぎさはいずみに奴隷のようにこき使われているが、不満をもらす事なく素直に従っていた。
しかしこの二人の間にも何か距離感があるようで、別々の宿に泊まっていた。ある夜なぎさは、不思議な夢を見る。それは、自分といずみの立場が入れ替わった夢だった。
{/netabare}
感想
{netabare}

にゃんはS系の人ってニガテだなぁ。。
近づくだけでもこわくって。。
なぎさってよくキレたりしないなぁって見ててかわいそうになっちゃった。。

なぎさは人に聞かれるといずみはやさしいってゆうけど
今回のおはなし見てるだけだとやさしさがぜんぜん伝わってこなかった

おわりのほうでドライバーとパッセンジャーをユリたちのコンビと入れかえてみたんだけどそのとき車を下りたらいずみがなぎさをたたいて
コンビ解消とか言ってたけどどうしてそうなるの?


今回はまお×ひとみコンビが
何言ってるかよく分からなかったけどおかしかったw

でも、いずみのやさしさが伝わってこなくって
なんだか気もち悪いままで終わっちゃった。。
{/netabare}
{/netabare}
第5話ReverseGrid
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ/演出:田村正文 作画監督:古谷梨絵

いつもギリギリのラインを攻めるドライバー村田いずみ。激しい走りに必死についていく鈴木なぎさ。二人の主従関係はドライビング中も同じである。いずみとなぎさは、幼稚園から小中高ずっと同じクラスで、ずっとなぎさはいずみの子分だった。そんななぎさの心境のゆらぎに、敏感に気付くいずみ。そしていずみ自身も、自分の心境の変化に気付き、戸惑いはじめる。
{/netabare}
感想
{netabare}

先週のつづきでまお×ひとみコンビのショートコメディがツボったw

2人は恋人どうしみたいで「つうと言えばかあ」だから
今晩はESPカード当ての実験をするんだけどぜんぜん当たらなくて
それでも大丈夫ってまたトライするんだけどやっぱりダメw

でも、それってふつうだって思うけどw


いずみとなぎさの関係は
なぎさが暴走族にからまれてるときにいずみが助けに入ってくれて
けっきょく負けちゃったけどいずみはなぎさの心配してくれた。。
ってゆうことがあったみたい

それで今回はいつものコンビにもどってレース。。

いずみ×なぎさはコーナーリングでカラスにぶつかりそうになって
コースアウトしてこわい目にあったけど
それからのコーナーリングは前より速くなったって!?

まわりの人たちには
いずみがなぎさの心配しないで飛ばしてるみたいの見えてたけど
ホントはこわがってるいずみをなぎさがプッシュしてたの^^


そうゆうおはなしったけど
実はなぎさの方がほんとはSだった。。ってゆうおはなしだったのかな?
それとも
2人の仲はまわりの人からはよく分からないってゆうおはなしだったのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第6話「Dual Purpose」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:西田正義 演出:伊部勇志
作画監督:高橋瑞紀/水崎健太/久松沙紀/細田沙織/福地和浩/山吉一幸/今田茜/水崎健太

レーシングサイドカーは、ドライバーとパッセンジャーの関係が深いペアは速いと言われている。親子ペア、夫婦ペア、恋人ペア、兄妹ペアには、速いチームが多い。茂木女子高等学校のドライバー宍戸まりあと、パッセンジャーの宍戸ゆりあは、一心同体の双子ペア。両親が見ても間違えるほどそっくりの二人は、絶妙のコンビネーションでマシンを操る凄腕レーサーだった。しかし、そんな二人には、ある悩みがあった。
{/netabare}
感想
{netabare}

ゆりあとまりあの双子ペアのおはなし


今まで2人そっくりで好ききらいもいっしょで
1つしかないものは半分こにしてた2人だったけど
おなじ人を好きになって失恋したみたい
変わりたいって思いはじめて旅館をべつべつにしてみた。。

そしたらタイムも上がってきて
2人はちがうほうがいいかもって思いはじめて
まりあが髪をみじかくすることにして。。

ってゆうおはなしで
さいごはもっと早くって思った2人がコースアウトしちゃった!?


レースのアツいおはなしかなって思ったら
かわいい女子のケンカもしたりするけど
キャッキャウフフなおはなしだったみたい^^
おふろシーンもいっぱいだしw


あと、まおとひとみの百合カップルの会話で

2人は仲良しで気が合うって言っておいて
まおがひとみの好みのものとちがうもの好きって言いかけて
ひとみがヘンな顔するとごまかして
なんども言い直すショートコントがジミにおかしいw
{/netabare}
{/netabare}
第7話「Side by Side」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:川口敬一郎 演出:井上圭介
作画監督:水崎健太/細田沙織/野田めぐみ/服部憲知/池津寿恵/古谷梨絵/前原薫/久松沙紀

三宅島TTのサイドカーレースは、ライバルチーム同士の仲が良い。問題が起きると、お互いに助け合い、力を合わせて解決し、レースに参戦する。
そんな中、相変わらず仲の悪い宮田ゆり&目黒めぐみペア。しかし二人は、反発しあっているにもかかわらず絶妙のコンビネーションを見せる。
宍戸まりあ&宍戸ゆりあの双子姉妹ペアは、そんなゆり&めぐみを見て、何かを想う。
{/netabare}
感想
{netabare}

まりあとゆりあは失恋して変わらなきゃ。。って思ったけど
いっしょでいたいってゆう思いの方がつよかったみたい
またいっしょのヘアスタイルにもどって仲よくなれた♪


やっぱりケンカって見てると悲しくなってきちゃうよね^^;
今日はそんなシーンが多くってイヤだった。。

ただ、事故ってこわれた車を
みんなで一生けんめい直してあげるところはとってもよかった☆
本当のレースとかでもそうなのかな?


あと、おはなしはふつうによかったんだけど
おんなじようなセリフが多くってあんまりもりあがらなかったかな。。
{/netabare}
{/netabare}
第8話「Engage」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:西田正義 演出:西尾聡美 作画監督:船越麻友美/久松沙紀/細田沙織/秋山宏/山吉一幸/水崎健太/古谷梨絵/澤入祐樹

実況と解説を務めている放送部の蒔田あい&板垣ねねは、小学生の頃からの幼馴染みだった。小さい頃に三宅島に引っ越してきた蒔田あいは、引っ込み思案でなかなか友達ができなかったが、サイドカーレースを通して板垣ねねと仲良しになる。
サイドカーレースに興味を持った二人は、練習走行を見るために島中を散策する。そこで二人は、意外なレーサーと仲良くなるのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}

小学生のころ転校してきた
体が弱くって目立たないあいとねねが友だちになったときのおはなし

サイドカーレースをしてみたいけどネガティブなあいに
ほかの人たちみたく「やればできる!」なんて言わないで
話を合わせてくれるねねがピッタリの友だちだったみたい☆

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:

レーサーのお姉さんたちがよっぱらってもり上がってるところおかしかったw

小さなあいが
こっそりパッセンジャーのマネして失敗してるところにねねが来て
おんなじ失敗して見せて自分で笑ってるところがジワ~ってしてきちゃった^^

お姉さんたちが酔っぱらってからんでねねとあいを引きはなした時に
あいがおこって
カラオケのマイクで思ったことどなりまくったところもよかった☆

でも、その話をしたのはあいで
ねねが「話し盛りすぎで友だちがいなかったのはあいのほうだった」ってw
ほんとはどんなだったのかな^^
{/netabare}
{/netabare}
第9話「Mad Saturday」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:湊未來演出:伊部勇志 作画監督:古谷梨絵/上西麻耶

報道部の高田ひばり&中島つぐみは、今まで撮影した大会の記録を編集して、女子高校レーシングニーラー全国大会の、チーム紹介ビデオを作っていた。大会の前夜祭で公開するのである。放送部の蒔田あい&板垣ねねのナレーションを入れて無事完成。しかし、本番はここからだった。報道部はなんと、宮田ゆり&目黒めぐみの恋のさや当てを記録したみやためぐろドキュメンタリー映画、『愛と追憶のラプソディー』を制作していたのだった。

{/netabare}
感想
{netabare}

今週はひばりとつぐみの作ったチーム紹介ビデオで
今までの他校のレーサーコンビのおはなしと

文化祭用にって自主製作した「愛と追憶のラプソディー」で
ゆりとめぐみの同じチームどうしで恋のライバルのぶつかり愛の総集編^^

ゆりとめぐみはそんなこと知らなくって
何となく今までのこと反省して仲がもどりかかっていたけど
棚橋コーチが見に来てて
これから2人はまたどうなっちゃうのかな?^^


あと、まおとひとみの会話がベッタベタの百合って思ってたら
実はベッタベタなのってまおだけで
ひとみはいろいろ計算してそう。。ってゆうのがバレて
それをサラ~ってながしちゃうところがおかしいw
{/netabare}
{/netabare}
第10話「Replay Log Data」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:田村正文演出:井上圭介 作画監督:細田沙織/水崎健太/前原薫/久松沙紀/藪田裕希

それぞれに絆を深めてきた各校のペアたちは、三宅島TTの本戦レースに向けて、こころざしを新たにする。一方、前夜祭で大騒ぎだった宮田ゆり&目黒めぐみの二人は、更に複雑な関係になっていた。互いを牽制するゆり&めぐみ。そんな二人を心配する各校のペアたち。そんな中でゆり&めぐみは、三宅島を訪れている憧れのプロレーサーと出会う。それは世界的に有名なマン島TTの覇者であった。
{/netabare}
感想
{netabare}

今週はエキシビションレース。。だけどみんなホンキっ☆

棚橋さんから話があるって呼び出された2人の仲はサイアク^^;
はじめはみんなの一番うしろを走ってたけど
2人とも「私は私の世界で勝つ!」って思ってトップになっちゃった^^

だけど棚橋さんのおはなしって婚約者を紹介してくれることだったみたい


ってゆうおはなしでだいたい思った通りになったw
これでゆりとめぐみの仲は良くなるのかな?
ってゆうか2人って仲が良くっても勝てるのかな?^^
{/netabare}
{/netabare}
第11話「Blue Flag」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:西田正義演出:伊部勇志
作画監督:久松沙紀/重国浩子/今田茜/本多弘幸/髙橋瑞紀/水崎健太/細田沙織

予選を明日にひかえて、不安を募らせる宮田ゆり&目黒めぐみ。二人は今までの想いを振り返って憂慮する。レース前のパーティーで明るく騒ぐ各校のペアたちは、ゆり&めぐみの変化に気付き、二人を励ます。しかし心の晴れない二人。そんなゆり&めぐみはマン島TTのプロレーサーのペアに会って、二人の関係を聞く。そしてゆり&めぐみは、プロレーサーを相手にレースをする事になる。
{/netabare}
感想
{netabare}

やきもち焼いてコーチの相手に出会いとか聞いたら
「彼は私の気もちを分かってくれる人」みたいなこと言われて
思わず2人で「コーチは人の気もちなんか分からない」って言っちゃって
ゆりとめぐみはバーチャル姉妹とレースすることになったの。。

コースのことよく知ってるゆりたちはずっと前を走ってたけど
相手はユリたちの動きを見てトレースして
ぴったり後をついてきてさいごのコーナーでぬかされちゃった。。

そのあと2人は何のために走ってるか分からなくって気がぬけちゃって
予選のコーナーリングでミスしてスピンしちゃった。。


ってゆうところまでが今回のおはなしで
今までコーチのために走ってたからしょうがないけど
コーチに会うまではどうして走ってたか考えたら
レースが好きだったから走ってたんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第12話「Ladies,Start Your Engines!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山カツヒコ 絵コンテ/演出:田村正文 作画監督:

三宅島TTの決勝レース当日。予想外のトラブルで、決勝への出場が難しくなった三宅女子高等学校。なんとかレースに参戦できるよう色々と手を尽くすが、満足なレースは望めなかった。各校のペアたちは二人を心配するが、自分達のレースに最善を尽くさねばならず、力にはなれない。レースをあきらめざるを得ない状況の宮田ゆり&目黒めぐみ。そんな二人のために、メカニックの島津むつきが頑張るのだが――
{/netabare}
感想
{netabare}

事故でめぐみがちょっとけがをしてパッセンジャーできなくなって
ゆりと交代してレースをすることになったの

とちゅうで2人ともあきらめかけてケンカとかもしたけど
2人はほんとは仲が良くってまた走り出したら
ちょうど雨がふっててみんなイエローフラッグでならんでゆっくり走ってて
ちょうどグリーンになるところにめぐみたちが追いついたの。。

そのあとは道路もぬれてて
みんなあんまりスピードも出せないでいるところを
道を知ってるめぐみたちが追い抜かして行ってとうとう1位になったの

★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ケンカするほど仲がいいってゆうけど
ゆりとめぐみってホントそんな感じw

けっきょくコーチはフラれて
ゆりとめぐみはもと通り。。w


ゆりとめぐみはいつもあんな感じでとくに面白いところもなかったかな?

でも、むつきのバイクの改造がすごくって
さいごはゆりとめぐみが卒業したら側車部廃部になっちゃうからって
放送部の2人を引き抜こうってしてたけど
もしかして今週のヒロインはむつきだったのかも?^^
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。

アツいレースのおはなしかな?って思ってたけど
どっちかってゆうと
それぞれのチームの青春と友情(百合ラブも)のおはなしだったみたい^^


日常っぽかったけどちょっとラブコメもあったりして
まあまあおもしろかったけどふつうかな。。

レースもアツいところはあったけど
そんなに毎回もり上がってなかったし。。

どっちもやろうってしてどっちもふつうにおもしろかったけど
ただそれだけってゆう感じだった。。

投稿 : 2020/12/16
閲覧 : 937
サンキュー:

51

つうかあのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
つうかあのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

にゃん^^が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ