庵野監督がエヴァの次に選んだTVアニメ監督作品は、少女マンガ原作モノで、後半オリジナルになりつつなんとなくまとまってはいるんだけど、白眉なのは原作準拠の1~4話で、彼氏彼女の事情(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「彼氏彼女の事情」

よみがな:かれしかのじょのじじょう

放送時期:1998年秋アニメ(1998年10月~1999年3月)

★★★★☆ 3.8
物語:3.9 作画:3.5 声優:3.7 音楽:3.7 キャラ:4.0
総合得点 73.2
感想・評価 524
棚に入れた人 3141
ランキング 426
県内随一の進学校である県立北栄高校の一年生、宮沢雪野は自他共に認める成績優秀・スポーツ万能・容姿端麗の優等生。しかし彼女の実態は虚栄心の塊で、賞賛を浴びる為だけに日々たゆまぬ努力をこなし優等生を演じていたのだった。ところが同級生の有馬総一郎は、雪野の念願だった新入生総代をさらったうえに美形で運動神経に優れ性格も良い、人に好かれるタイプだった。そんな総一郎に激しい対抗心を燃やす雪野だったが、ひょんなことから彼に自分の正体を知られてしまう。脅されていいように利用されるうち雪野は、総一郎もまた自らを演じていた事を知るのだった・・。(TVアニメ動画『彼氏彼女の事情』のwikipedia・公式サイト等参照)

Karukozakaさんの感想・評価

2017.12.08 10:34 Karukozakaの評価 | 観終わった| 191が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 彼氏彼女の事情(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

庵野監督がエヴァの次に選んだTVアニメ監督作品は、少女マンガ原作モノで、後半オリジナルになりつつなんとなくまとまってはいるんだけど、白眉なのは原作準拠の1~4話で、

実際、1~3話での周到な伏線設定があったから、
{netabare}第4話Aパートでの雪野のおバカ行動に笑いつつ、
Bパート最後の、彼氏彼女になりました。
ってところ、もうキュンキュンしちゃって堪らなかったです。
正直言うと、号泣しちゃいました。{/netabare}
なので、評価は、1~4話に限ってのものです。
全話での評価は、評点つけるとなると、もっと下がります。

ジャンルとしてはラブコメなんだけど、
純愛ストーリーとして、
好意の返報性のサンプルとして、
実によく出来ています。

雪野というメインキャラが、
{netabare}仮面優等生でありながら、
自己を確立していて屈強な精神の持ち主なのが非常に格好よくて清々しい。
一方で相方となる総一郎が、別の意味で仮面優等生で、
壊れているところが気色悪くて面白い。

4話は、視聴時のコンディション次第では、
今観ても号泣しちゃいます。

5話以降も原作準拠で話が進んでいって、
イジメがあったりするんですが、
ここを独力で乗り切る雪野の黒さが{/netabare}痛快です。

2クールものですが、
第2クールからオリジナル要素が増してきて、
最後は適当にお茶を濁して終わりますが、
これはこれで、この方がよかった、と、今は思います。

アニメ部分にない、原作マンガのその後のエピソードは、
私にはちょっと相当ダメダメで、
別物として切り離して考えています。


OPの藤井フミヤプロデュース曲が、
作画と合わせて爽快で素敵でした。

 サンキュー(18)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Karukozakaが他の作品に書いているレビュー

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。