「劇場版「幼女戦記」(アニメ映画)」

総合得点
78.9
感想・評価
62
棚に入れた
573
ランキング
347
★★★★★ 4.2 (62)
物語
4.2
作画
4.3
声優
4.3
音楽
4.1
キャラ
4.3
ネタバレ

根越 詠汰

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

過酷!終わりがないのが終わり、それがターニャ・フォン・デグレチャフの運命 +

  いたるところで、序盤から特にターニャをはじめ、他のキャラも口ずさむセリフがあるです。「何で、こうなったー!」最後の最後まで目立ちまくり、逃れようもないターニャ自身を描いていたです。

 再び見た「幼女戦記」は、劇場スクリーンに鮮烈な光景を映したです。戦闘狂、策略家、ターニャ・フォン・デグレチャフは、幼女の皮をかぶった悪魔としてまたも活躍??したです。{netabare}敵国、空を飛べない人たちをコニーと呼び見下す姿、まさに狂気に満ちたような気がしたです。

 最初から戦果を挙げるターニャは、さらに軍事行動に駆り出されたです。その先々で、ターニャの策略、その巻き添えになる人たちは、とばっちりどころでなかったです。

 TVシリーズ終盤、ターニャが倒した敵の娘、メアリー。ターニャの前に立ちふさがるところは、最大の山場だったです。
 尋常でないメアリーの魔法力、ターニャとの一騎打ち凄かったです。怒りと憎しみに満ち戦うメアリーは、凄まじさを感じたです。戦闘とはいえ、あそこまで我を忘れたような、行動は見るに激しすぎたです。
 R12指定にされたのは、これもあるかもしれないけど、敵国の禿げた丸メガネのおっさんの狂ったような姿、ターニャのコニーをさげすむセリフもそうなのか?とも思うです。

 終盤、ターニャが語る考えも、前世がもともと部下のいるサラリーマンのおっさんだったことも忘れそうな、年相応に思えないものを感じたです。意見や報告、部屋の中にいても部屋にいるとは思えない演出は、真に迫ってたです。
 また、中盤で部下と歌う国歌斉唱?は、どこか様になってたです。最後にターニャが、自分の要望が通ったと安心し喜ぶ姿も印象的です。{/netabare}

 最後の最後でどうなるのか?、戦闘以上にタイトルを象徴するような、出来に劇場版らしさ、このアニメ独特の面白さを見た気がするです。ターニャにとって、「これでいいのか?」だったです。

投稿 : 2019/02/20
閲覧 : 222
サンキュー:

9

劇場版「幼女戦記」のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版「幼女戦記」のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

根越 詠汰が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ