頭脳戦がハンターハンターっぽい進撃の巨人 Season3 Part.2(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「進撃の巨人 Season3 Part.2」

よみがな:しんげきのきょじんしーずんすりーぱーとつー

放送時期:2019年春アニメ(2019年4月〜)

★★★★☆ 3.8
物語:3.8 作画:3.8 声優:3.8 音楽:3.7 キャラ:3.7
総合得点 62.7
感想・評価 39
棚に入れた人 600
ランキング 2621
百年の長きに渡り人類と外の世界を隔ててきた壁。その壁の向こうには見たことのない世界が広がっているという。炎の水、氷の大地、砂の雪原……。本の中に書かれた言葉は、少年の探究心をかき立てるものばかりだった。やがて時が過ぎ、壁が巨人によって壊された現在、人類は一歩ずつ世界の真実へと近づこうとしている。巨人の正体は何なのか? 何故、壁の中に巨人が埋まっていたのか? 巨人化したエレン・イェーガーが持つ「座標」の力とは? そして、ヒストリア・レイスはこの世界の何を知るのか? エレンら104期兵を加え、新たな体制となったリヴァイ班。行動を開始した彼らの前に、最強最悪の敵が立ち塞がる。(TVアニメ動画『進撃の巨人 Season3 Part.2』のwikipedia・公式サイト等参照)

たわし(ガガ)さんの感想・評価

ネタバレ
2019.05.11 23:47 たわし(ガガ)の評価 | 今観てる| 50が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 進撃の巨人 Season3 Part.2(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

頭脳戦がハンターハンターっぽい

最近の少年漫画には「雑誌の色(カラー)」というのがなくなっていることに気付かされる。

良くも悪くも「単一」であり、流行りもあるだろうが大手4社(小学館、講談社、集英社、秋田書店)がこぞってファンタジーを中心に据えるのが当たり前になってきている。

しかもどれもダークファンタジーであり、日本人が常に心のどこかに「負の部分」を抱えていることがこういったヒット作を支えていると思われる。

今回のシーズン3は以前にも増してジャンプ的頭脳戦が繰り広げられ、これまた原作以上に凝った演出で観せてくる。

監督は「デスノート」や「カバネリ」の荒木哲郎監督であり、やはりこの監督は「ギルティクラウン」や「カバネリ」よりも原作が付いたほうが真価を発揮し易いようだ。かつての押井守さんのように。

しかも、「進撃の巨人」というビッグタイトルを忠実にアニメ化するだけでなく、裏では「カバネリ」の劇場版まで高クオリティで作っている所を見ると、業界内では水島努監督並みに多忙な人なんだろう。

クオリティーは言うことありません。原作超えてます。

 サンキュー(6)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。