「君の名は。(アニメ映画)」

総合得点
90.2
感想・評価
2320
棚に入れた
10357
ランキング
50
★★★★★ 4.1 (2320)
物語
4.1
作画
4.5
声優
4.0
音楽
4.2
キャラ
4.0

takato さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

自分の都合の良い時間改変の認識の狭さ。世界を見てない「セカイ系」の幼児性。(30点)

去年の「バケモノの子」に続くガッカリ夏の大ヒット作品。細田さんといい、何故つまらなくなってからの方が売れるようになったのか甚だ疑問。単にマーケティングや宣伝の勝利だったのだとしたら、本当に虚しい。

 

 まず、絵的な美しさが弱い!。今作だけ見てれば十分丁寧で綺麗にまとまっていると感じられるかもしれない。しかし、新海さん作品を長年見てきた人間としてはまるで物足りない。


最近の細田さんもそうだが、雄大な景色や自然こそ美しい背景だろ!という感じで田舎という舞台を持ってくるのも安易。普通の東京の街並みをリアリティスティックに描きながらも、ちょっと臭いけど詩的な物語に相応しい詩的な舞台にまで高めていた従来の新海さんの魅力は本作では薄い。


 キャラクターデザインに「あの花」、「心が叫びたがってるんだ」などの田中さんがやってくれると聞いた時は、正直私はガッツポーズした。


新海さんは、正直キャラクターデザインの魅力という一番シンプルかつ重要な要素が決して強い人ではなかった。そこにキャッチーかつ微妙な表情も表現できる田中さんの大好きな絵力が加われば凄い物になるかもしれんと期待したのです。


しかし、予告などを見てても思っていたことなのだが、あれ?というくらい印象に残らないし、可愛くない。メイン二人がそんなんだから、脇役なんて魅力を覚えるどころか、名前もろくに覚えられないし、それぞれ物語の進行上の駒くらいにしか思えない不自然さすら感じてしまう。


 物語的なことをどうこう言う前に、このPVみたいな作りは何なんだろうか?。opもPV、中盤もPV、クライマックスもPV、なんでこんなヘンテコな構成でみんな疑問に感じないのか?。

まぁ、一番の問題の穴だらけな脚本に比べればみんな些細な問題だろう。二人が恋におちる描写、主人公やヒロインを魅力的に輝かせる描写、サスペンスな状況が解消される描写、脇役が無茶な行動してくれる理由となる描写、全てが抜け落ちている。


現実的であれ、論理的であれなんて言わないが、ちゃんと作中内説得力を持たせて頂きたい。キャラクターたちが恋におちるなら、観客もそりゃあ恋しちゃうよねってニヨニヨさせてくれないと。


結局、ちゃんとキャラクラーやストーリーを上手く描けないのを、映像と音楽の勢いでなんとなく持っていっただけの作品に思えてならない。運命の人はいる!とか、悲劇をなかったことにしたい!ってテーマからして幼稚としか言いようがない。「この世界の片隅に」や「聲の形」と同じ年に作られたとは思えない。


時間改変でこの二人には都合が良い事態になったけど、他の人々はどうなんだよ?みたいな想像力の欠如も感じられる。世界の終末みたいな未来を避けるとかならわからいでもないけどね。そろそろ、主人公がタイムリープする話じゃなく、実は脇のキャラがタイムリープしていて、主人公の運命が翻弄されるみたいな話が出てきても良いのでは?。もうあるのかもだけど。

投稿 : 2021/04/16
閲覧 : 426
サンキュー:

37

君の名は。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
君の名は。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

takatoが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ