君の名は。(アニメ映画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「君の名は。」

よみがな:きみのなは

上映開始時期:2016年8月26日

★★★★★ 4.2
物語:4.2 作画:4.6 声優:4.1 音楽:4.2 キャラ:4.1
総合得点 79.7
感想・評価 1450
棚に入れた人 5760
ランキング 201
新海誠監督による長編アニメーション。

千年ぶりとなる彗星の来訪を一ヶ月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。
小さく狭い街で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会へのあこがれを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の町並み。
念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も奇妙な夢を見た。
言ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。
二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。
残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。
しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。
入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。

出会うことのない二人の出逢い。
運命の歯車が、いま動き出す(アニメ映画『君の名は。』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 1450

2017.08.20 15:26 かっぱの評価 | 観終わった| 12が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 君の名は。(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

万人受けするんではないでしょうか

この監督の作品は何故かあまり好きになれなかったのですが、(ファンの方すみません!)
君の名は。は、他とはちょっと違った感じがして楽しめました。

話も展開も演出も、キャラも音響もすごく良く引き込まれる感じがします。
きっと多くの人に受け入れられる作品ではないでしょうか。

作画はいうまでもなくすごく綺麗です。

 サンキュー(2)
2017.08.18 20:27 cJwhY78765の評価 | 観終わった| 19が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.0 評価対象: 君の名は。(アニメ映画) 物語 : 1.0  作画 : 1.0  声優 : 1.0  音楽 : 1.0  キャラ : 1.0

PV

クソ長いだけのラッドウィンプスのMV
それ以上でも以下でもない

 サンキュー(1)
2017.08.18 08:33 Shintaroの評価 | 観終わった| 28が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 君の名は。(アニメ映画) 物語 : 2.5  作画 : 5.0  声優 : 2.0  音楽 : 4.5  キャラ : 2.5

なぜ評価されたのか?

作画はさすがという他ないクオリティである。新海監督と同じレベルの人は数えるほどしかいないだろう。しかし、正直作画のクオリティ以外で他より突出する要素を感じることが私にはできなかった。なぜここまでヒットしたのかいささか疑問が残る。音楽の部分ではかなり高く評価できる。

 サンキュー(2)
2017.08.16 14:47 陽太郎の評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 君の名は。(アニメ映画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 3.5  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

大ヒットしただけのことはあるアニメ映画

言わずと知れた有名な作品。観る価値アリ。

■良かった点
・作画が本当に素晴らしい。
・音楽のかけ方とか演出の仕方が素晴らしい。
・地元が岐阜県で東京に住んでいるから、親近感が湧いた。

■悪かった点
・特に無し

※映画館にて鑑賞。

 サンキュー(1)
2017.08.14 20:55 とろろ418の評価 | 観終わった| 22が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 君の名は。(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

手本としては優秀

  作品としては決して深くはないし、好きかと問われると首を捻る。でも大ヒットしたという部分には大いに納得できる。そんな作品。
  また、良くも悪くも手本としてとても優秀だと思うので、良し悪しは別として見ておくべき作品とも言えます。

  まず作品として優れている点は演出面ですね。
  拘わり抜いたとされる劇中音楽との融合は、まるでジェットコースターに乗っているかのような爽快さや緊張感を齎しています。
  さらに特徴的なのは盤外戦術とも言うべき、宣伝演出でしょうか。
  前半に当たる部分のイメージを執拗に強調したことにより、物語の転が良く生きてるんですよね。
  あと時間の表現方法も流石でしたね。
  これは言の葉の庭の時もやっていましたが、ただ○年後と表記するだけじゃなく、登場人物の体感時間とシンクロさせながら、ちゃんとその間も描く。さらには音楽との合わせ技で、文句なしです。

  次に残念な面。
  個人的に気になったのは、掘り下げの浅さと、要点のズレですかね。
  作品のポイントは、{netabare}入れ替わりと彗星による災害。
  そして前者は後者を解決するための鍵のひとつです。
  であるならば前者は偶然ではなく、必然でなければなりません。
  つまり入れ替わりが起こる原因が明確に提示されないとならないのですが、残念ながら本作ではされていません。
  酒を呑んで入れ替わるのであれば、その描写(伏線)とそれが原因であるその理由を描写する。それがリアリティと呼ばれるものです。
  そして、もうひとつの鍵になるべきは三葉の父親ですよね。
  云わば入れ替わりは災害回避のための手段であって、三葉たちを救える直接の要因ではないんですよ。
  父親が動かないから皆が亡くなる。つまり父親が動けば人々が救われる。ここが最重要ポイントであり、決して避けて通ってはいけない壁だったはず。なのに本作は避けてしまった。
  見知らぬ女の子と入れ替わってしまう→徐々に互いが惹かれていく→会いに行く→実は亡くなっていた→もう一度入れ替われれば助けられるかもしれない→どうすれば入れ替われる?→理由を探り、酒で入れ替わりに成功→しかし、助けられない→なぜ?→数回の入れ替わりを経て、直接の要因が父親にあったことを知る→飲酒現場を目撃され没収→例の場所に一口分だけ残っていることに気付く→ラストチャンス→父親と和解したところで時間切れ→真相を知らないまま記憶を失う→運命的に再会してED
  飽くまで一例ですけど、物語としてはこれぐらいやって欲しかったです。
{/netabare}

  楽しみたいのであれば深く考えずに見るのが吉。
  作品として参考にしたいのであれば、分析しながら見るのが吉。
  と言ったところでしょうか。

 サンキュー(4)

君の名は。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
君の名は。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。