「ダイヤのA actII(TVアニメ動画)」

総合得点
68.9
感想・評価
71
棚に入れた
367
ランキング
1492
★★★★☆ 3.5 (71)
物語
3.6
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.7
ネタバレ

めぐ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

沢村が本当に立派になって

センバツ→一年生入部→夏の大会に向けて→夏の地区大会スタートの三期

一期に比べると沢村が本当に心身共に成長しています。他の部員への声かけ、試合に対する思いなどまさにエースの器。親戚のおばちゃんのように感動してしまいました。
沢村の成長を促したのはやはり降谷の存在。その降谷はこれまでなんだかんだと苦しみつつも沢村の一歩先をいっていましたが、思いが強すぎるあまりスランプに。それでもエースナンバーが沢村にわたった時は「おめでとう」と言ったり「ナイスピッチ」とほめたり、対する沢村も「(お前が怪我で休んでる間も)俺は止まらねーよ」とはっぱかけたり、すごく良いライバル関係を築いてます。お互いがお互いのことを認めてる理想的な関係だと思います。

新しい新入生も魅力的な人物ばかり。特にキャッチャー2人。 
キャッチャーに並々ならぬこだわりをもち、野球を楽しむことを見失いかけていた奥村、神童と呼ばれながら体格にコンプレックスを持つ由井。この2人も何かと対照的で御幸引退後正捕手争いをするんでしょうけど、2人ともすごく野球に対して真摯なのでどちらかしか選ばれないのが今からつらいと思ってしまいます。

それなら沢村と同室で、軟式出身の浅田。特に優れた実績も無く練習や食事、寮生活にもついていけない。いかにも補欠キャラな彼が奥村との関わりによって紅白戦で実績を残すところが感動しました。影から後輩を心配する沢村も良い。

指導陣の片岡監督と落合コーチも、考え方は違えどお互いを認めあっている。指導者の考え方がバラバラだと選手はやりづらいはずですが、この2人の場合逆に相乗効果をもたらしていて青道の土台をしっかり作っているなと思いました。

一期に比べると、試合中のガヤの量も減り、校長教頭みたいなテンプレウザキャラも出てこず、とても見やすくなりました。
相変わらず高校球児の日常をこれでもかというほど丁寧に描写しているので話数のわりに展開は遅いですがもう気にならなくなりました笑

最後に、GLAYが歌うOP「流星のhowl」がとってもカッコ良いです。

投稿 : 2020/07/24
閲覧 : 50
サンキュー:

1

ダイヤのA actIIのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ダイヤのA actIIのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

めぐが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ