「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(TVアニメ動画)」

総合得点
74.6
感想・評価
444
棚に入れた
2112
ランキング
668
★★★★☆ 3.7 (444)
物語
3.5
作画
3.9
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.7
ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ALICE

SAOアリシゼーション編の完結。
War of underworldは無印アリシゼーションの続きのため、そちらを先にご視聴ください。

無印もWar of underworldも両方ともキリトの活躍は控えめで、新キャラの活躍が中心でした。
そこがこのアリシゼーション編の評価が分かれる1つのポイント。

ただ、SAOはシリーズ通してキャラクターという財産を非常に大切にしているところがこれだけ支持を集めている一因だと思う。
アリシゼーション編で大量に新キャラが増えており、新たに好きになったキャラクターも多いのではないでしょうか?

シナリオのほうは、{netabare} 相変わらず設定に無理のある部分は多く、ツッコミどころは多いし、キリトの離脱期間が長いのはいいけど、その間が結構ダラダラしているのでちょっと評価は下げてます。
リアル世界のほうの敵の目的の割に準備や戦闘面でのお粗末さが目立ち、敵のショボさがガッカリ感を強めている。
アンダーワールド世界のほうは、ありきたりではあるが、まあいいんじゃないでしょうかね。

さて、VRMMOの新しい世界観を描くという点では、今回はさらに賛否両論わかれるが、私はアリシゼーション編の設定は面白いと思います。
もちろん設定としてかなり無理はあるのですが、VRの可能性をこういった形で表現されたことは意欲的でいいと思います。{/netabare}

音楽、作画は相変わらず他の作品と比較しても力入っています

私は今回の新キャラでは整合騎士の皆さんが好きなキャラばっかりです。
騎士長のベルクーリが特に好き。
SAOのメインキャラにはなかなかいなかったタイプですね。

毎回毎回、まるで映画を見ているかのようなクオリティの高さで、さすがとしか言いようがないです。

とても好きな作品。

投稿 : 2020/11/14
閲覧 : 124
サンキュー:

31

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworldのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworldのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レオン博士が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ