「ウマ娘 プリティーダービー Season 2(TVアニメ動画)」

総合得点
86.1
感想・評価
344
棚に入れた
914
ランキング
171
★★★★★ 4.3 (344)
物語
4.4
作画
4.2
声優
4.3
音楽
4.2
キャラ
4.4
ネタバレ

プラ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラストシーンに感動!!!!

一気見。とても面白いアニメ。最後まで止まらなかった。

一期に較べると、シリアス展開が多かった。主人公は、トウカイテイオーとメジロマックイーン。スペシャルウィークと同じチーム・スピカに所属している。彼女ら二人の栄光と挫折を描いている。
(ニコニコのコメントによると、結構史実に基づいているらしい?)


序盤は、ようやく頭角を現してきたトウカイテイオーが主人公。「無敗の三冠馬」を目指して順調に一勝、二勝と勝ち進んでいたが・・・骨折してしまう。馬にとっては、いや、ウマ娘にとっても骨折は致命傷。三冠馬の夢は破れてしまったが、次に目指すは「無敗」であり、仲間のサポートもあって、乗り越えた。次に迎える大舞台を、メジロマックイーンと走ることを選ぶ。チームメイトでありながら良きライバルであるメジロマックイーンとともに切磋琢磨し、いよいよ迎えた本番。終盤まで健闘するも、短距離が得意なトウカイテイオーは長距離が得意なメジロマックイーンに引き剥がされ、敗着。お互い健闘を称えあうも、身近なライバルを前にして無敗の夢をも破れてしまい、目標を失ってしまう・・・

ライバルとの勝負に完勝したメジロマックイーンは、春の天皇賞の連覇を含めて、途中ケガもあったが、順調に勝ち進んでいた。結構選手生命の長いメジロマックイーンであったが、ケガに苦しむトウカイテイオーを想いつつ、黙々と走り続ける姿を見せ続けた。

度重なるケガに苦しむトウカイテイオーだったが、復帰レースの宝塚記念の直前に練習中に骨折してしまう・・・選手生命として、いよいよ終焉を迎えた。トウカイテイオーの人気もあり、引退イベントまで用意されたが、チーム外のメンバーからも鼓舞され、引退はなんとか思いとどまる。とはいえ、度重なるケガでもはやボロボロの身体で、全盛期のようには走れなくなってしまっていた。

トウカイテイオーの先をずっと走り続けていたメジロマックイーンも順風満帆のようだったが、選手生命を脅かすケガを負ってしまう。しばらく走れないだけでなく、たとえ復帰しても以前のような走りはもうできない身体になってしまう。初めてにして大きすぎる挫折を味わい、メンタルも崩壊しかけたメジロマックイーンを救ったのは、トウカイテイオー。自分を鼓舞してくれた恩返しとばかりに、メジロマックイーンを励まし、「奇跡」を約束する。

トウカイテイオーは復帰初戦に有馬記念を選んだ。長期ケガ離脱の後に出るだけでもあり得ないのに、「優勝」を目標として掲げた。何度も何度も挫折を味わいながらも立ち直る姿に、チームのみんなは感銘を受け、トレーナーも了承。

いよいよ迎えた本番。全盛期に較べればとても優勝できる状態にはなかったが、誰よりも負けない「想い」があった。周りのウマ娘も勝ちたい気持ちはあったが、メジロマックイーンの前で絶対に「奇跡」を起こす!!という気合が勝り、誰も予想できなかった奇跡の優勝を成し遂げるのであった。


最後のシーンは涙なくして見られなかった。まさか、こんなに感動するとも思わなかった。最初から最後まで展開が面白いアニメだった。また気が早いけど、見たい!!!

投稿 : 2021/04/18
閲覧 : 42
サンキュー:

13

ウマ娘 プリティーダービー Season 2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ウマ娘 プリティーダービー Season 2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

プラが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ