「ぼっち・ざ・ろっく!(TVアニメ動画)」

総合得点
91.0
感想・評価
859
棚に入れた
3523
ランキング
43
★★★★★ 4.2 (859)
物語
4.1
作画
4.2
声優
4.1
音楽
4.3
キャラ
4.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

本編と関係ない所で新しい発見

きららということで視聴を控えていましたが、
キャッチさんの推しが背中を押してくれて視聴開始。
ま、ゆるキャン△のような当たりもありますしね。

【作品概要】
 生まれてこの方友達がいないぼっちの後藤ひとり。
 中学の頃「このままじゃだめだ」と陰キャでも
 輝けるギターを始めますが、結局人との接点に出来ず
 友達は一人も出来ずに高校生となりました。
 ただ、ずっと練習してきたギターの腕はそれなりに上達。
 ネット配信での評判はそこそこ。
 そんな彼女が誰かと出会い、変わっていく切っ掛けの物語。

【作品に対する感想】 
 「強く共感できる部分」と「拒否感強い部分」が
 同居した作品で、どう処理していいか、纏めていいか
 良くわからないでレビュー書いている状態です。

 成長物としては、カタルシスがもう一歩という印象です。
 12話かけて「スタートラインに立つ準備ができた」
 かんじですね。(まだスタートラインにすら立ってない)
 
 ひとりが今後何と出会い、何がきっかけで
 どう変わっていくのか興味が湧いたので、
 2期があれば視聴しようと思います。

1)物語
 何かしらの欠点・問題を抱えた主人公が仲間と出会い、
 少しずつ変わっていく物語…。
 というのは割とある設定です。
 ただしこの作品では、主人公の自己肯定感があまりに
 低すぎて、起こった事象をとにかくネガティブに
 捉えるため、全然話が進みません。

 そこを笑えるか、めんどくさいと不快に捉えるかで
 作品の評価は分かれそうです。

 ひとりが15年間貫いたぼっちスタイルの思考を変えるのは
 容易ではないと思いますので、そういう意味ではとても
 リアリティあると思います。

 ただそれを楽しいと思えるかどうかは受け手を選びそうです。

2)作画
 絵的にはまあいつものきらら?って印象です。

 一方、秀逸だったのが実写を交えた演出が凄い!
 特にひとりの逆流シーン、げらげら笑わせてもらいました。
 なんちゅう表現するねん!って思いました。

3)声優
 青山吉能
 ネガティブ妄想時などは演技というか地声ですかね?
 逆に生々しくて良かったと思います。

4)音楽
 バンドのことは良く解らないんですけど、
 ひとりのギターが「スゲー」って思えるシーンが
 少ないのがカタルシスがもう一歩の原因かと思います。

5)キャラ(2023/2/14追記)
 ➀後藤ひとり
  ・思考パターン
   こやつのネガティブ妄想、非常に親近感湧きます。
   私もひとりに近いレベルでネガティブであることが
   分かりました。
   傍から見るとこんなにも無駄なことに
   リソース割いてるんだなと思い、
   少し自分を省みるきっかけにしたいと思います。

  ・行動パターン
   行動に関しては真逆で、受け付けませんでした。
   欲しいものは取りに行かないと
   絶対に手に入らないと思います。
   たまに目の前に落ちてきたとしても自分から
   手を出さないと手に入りません。
   やるならやる。
   無理と思ったら諦めて別の手を考える。
   自分から動かずに何かを欲しがるのは欲張りかなと。

  ただ、こ奴なりに小さいながらも一歩を踏み出すところは
  凄く良かったと思います。  
  ・2000円も払ってきてくれてる
   自分はこんなに頑張ってるのに誰も…って
   自分の視点でしか考えられなかったひとりが、
   相手の視点で考えることで一皮むけたシーンが
   お気に入りです♪

  ・名言
   「真のコミュ障は断ることもできない」
   なんかこれ、刺さりました。
   自分に言われてる気がします。

 ➁山田リョウ
  こ奴は名言制作器ですね。
  「個性捨てたら死んでるのと同じ」
   死んでるとまでは言いませんが、すごく共感します。
   みんなと同じならいる必要なくない?って思います。
   同調圧力が強い日本では、
   なかなか理解されない考え方ですけどね(^^;

  「バラバラな個性が集まって1つの音楽になって、
   それが結束バンドの色になる」
   みんな同じ色ならその色しか出せない。
   みんな違う色なら強弱で色の幅が広がる。
   色が違うとまとまるまでは大変ですが。
   同調圧力が強い日本では、
   なかなか理解されない考え方ですけどね(^^;  

 ➂伊地知虹夏
  気遣い上手の潤滑油。
  こ奴がいないと結束バンドは崩壊ですね(^^;
  気を遣いすぎて気疲れしないか心配になるレベルですが、
  そんな感じでもなさそうなので、性分なんでしょう。
  虹夏との出会いがひとりの人生の転換点になりそうです。

6)印象深いシーン
{netabare}
 酒におぼれたひとりの将来の妄想。
 リアルすぎて笑えるけど笑えない、不思議な感覚でした。
{/netabare}

投稿 : 2023/02/14
閲覧 : 208
サンキュー:

30

ぼっち・ざ・ろっく!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ぼっち・ざ・ろっく!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

RFCが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ