新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「ぼっち・ざ・ろっく!(TVアニメ動画)」

総合得点
72.5
感想・評価
94
棚に入れた
504
ランキング
1042
★★★★☆ 3.9 (94)
物語
3.8
作画
3.9
声優
3.9
音楽
3.9
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ぼっち・ざ・ろっく!の感想・評価はどうでしたか?

ゆに さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

各話サブタイトルがアジカン。苗字もアジカン。

──────────────────────
憂鬱な君はEのコードを
流線型で弾き千切れば
踏み込め 電源
増幅の回路と想像力で世界が変わる

何もない君が
逃げ入るその自意識の片隅から
さぁ飛び出そう
胸躍るような新しい世界

世界!
世界!
世界!

(『新しい世界』/ASIAN KUNG-FU GENERATION
作詞:後藤正文)
──────────────────────
後藤ひとりこそこの曲の体現者なのではないだろうか。

各話のサブタイトルがアジカンの曲名だったりメンバーの苗字が同じだったり、青春時代にアジカンを聴いて育った自分にはブッ刺さりすぎているアニメである…

しかも出てくる楽曲も当時人気のあったバンドを彷彿とさせるものが多く毎回どんな曲が来るのかワクワクで楽しい(何故かアジカンぽい曲は無い笑)
最新話の曲なんて9mmやナンバガ(ZAZEN?)を思い出してしまいとても感慨深かった

きららなのでストーリー性は薄いが、製作スタッフの遊び心や気合が物凄く伝わってくる良作なので、"アニメーション"が大好きな特に90年代後半生まれの方には是非観てもらいたい

投稿 : 2022/11/30
閲覧 : 19
サンキュー:

2

ネタバレ

xokNW04341 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

思考停止ファンダム 陰性の喪女

陰キャ+バンドとあざとさ満点だがけいおんが苦手な方でも楽しめると思う。
ロック=邦楽なのも今風か。陰キャ+青春+バンドアニメ。

漫画の流れまんまだけど補完も上手くて余裕で原作超えのグレイト過ぎるアニメ化。
ただどう転んでもキャッキャウフフの100%きららなので人は選ぶと思う。

OP・今風のボカロ曲っぽい
ED・どうしたカナブーン

物語・陰キャギャグも卑屈過ぎずカラッと笑える明るい仕上がり。
作画・メリハリも効いてて演出や美術面のセンスもすこぶる良好。
声優・ギャグなので強めのアニメ芝居が功を奏してる。
音楽・劇伴もいい雰囲気。ギターの録音もかなりいい。
キャラ・変に捻らずテンプレの使い方が上手い。いい奴しかいない。

01
バンド参加どころかステージデビューしちゃうスピード感。バンドあるあるとインキャあるあるのいいとこどり。音質も悪くない。ライブハウス内の雰囲気もしっかり出てていい。

02
ライブハウス啓蒙のお仕事アニメもやるのかな。裏側も見せる事でこれみて行ってみようという方が増えるといいですね。雑な顔芸も面白い。

03
歪んだスキーマも悲壮感を出さずギャグとして成立して「こんなやつは陰キャではない」にならず生き辛さを感じてる人への解像度が高い。安易なウケ狙いかと思いきや意外と誠実。

04
青春ものや音楽ものはスパイス程度でギャグをメインでやって欲しい。ぼっちが忖度して書いた没案のクソみたいな歌詞には笑った。決定稿は良い歌詞とか言っちゃっててハードル上げてるが大丈夫か。

05
今回もキレキレの好演出。原作の良さを引き出すどころかパワーアップさせてるスタッフはマジで優秀。

06
脳内喋りでも飽きさせない画面作りは流石。クズムーブに終始するぼっちが都合よく縁に恵まれるが、一応辻褄は合わせてるのでご都合過ぎ(笑)みたいなキモさはない。

07
ここにきてバランス崩壊。お約束のお揃いアイテムで一体感演出の流れ。通常なら下げるところがトンデモギャグなので差分が効いてない。ポルノ感を出さない工夫かな。

08
ギャグ弱めできららマシマシになってツラくなってきた。ここからが本題なんだろうけど。構造は「ワタシまたなんかやっちゃいました?」でしかないのだが、ここでも異常な品質でねじ伏せてくる。他のスタジオが作ってれば「全然ぼっちじゃねえw」「努力してないw」「都合良過ぎw」「陰キャとぼっちは違うw」「回ww収wwキマったww」で駄作判定だったろう。4コマ原作アニメとしては最高峰。脳死きらら独特のウンザリする解説モノローグ爆撃でも飽きさせない画面作りは白眉の出来栄え、他はもっと真似するべきと言っても過言にはならないでしょう。

ただ内容は、下げ過ぎて悲壮感を出したくないのもわかるけど、雨降って客少なくて一見客の声に怯んだぼっちやキタは初ステージなので動揺するのはわかるがリズム隊も一緒に動揺してるのおかしくないか。先に声かけて整えとくでしょ。一曲目もユーフォレベルでミエミエなのにわざわざ解説するなよ。そんでひとりのイヤボーンで即修正。話転がした途端になろうかエロゲばりのご都合感。ド新人は掴みのためにカバーやるもんだろうと言うのは難癖でしかないので置いとくとして、オリジナル曲も好みではないのもアニメの品質には関係ない話。ただ楽曲の録音品質は臨場感あふれる素晴らしい仕事。音質拘ってるのがもう出だしからわかる。すごいアニメと思う。

投稿 : 2022/11/29
閲覧 : 207
サンキュー:

2

ネタバレ

DNpZi11830 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

音楽もギャグも良いね!

いや~すごい面白いね、音楽もギャグもぼっち達の成長も最高だね

8話のタイトル回収回は本当に神回、ぼっちがかっこよかったしにじかちゃんにもキュンとした
7話とかのギャグ回も演出のクオリティー高くてめっちゃ面白い、まあちょっとくどい思うことあるが

まあ、とはいえ、個人的に1番の神回は6話かな、きくりさんのキャラかっこいいし、ぼっちの成長がよく描かれててとても良かった

4話ぐらいまで音楽がとくになかったのが残念だったかな

投稿 : 2022/11/29
閲覧 : 24
サンキュー:

1

ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

8話 劣等感パワー覚醒。自分の価値に早く気が付いて欲しい。

1話 「ひとりぼっちを笑うな」じゃ、ないんですね。

{netabare} あー、そもそもぼっちをネガティブにとらえている段階で、視点が相当古いですね。ぼっちを止めるためのバンド活動のモチベーションで音楽って…ちょっとなあ、ですね。単なるルサンチマンですからね。エネルギーがクリエイティブに向かうのはいいですけど、アウフヘーベンできてないですね。

 そもそもボッチ設定がちょっと不自然だし。「私なんかが入ってもいいだろうか?」と思う子は少なくともいないんじゃないかなあ。幼稚園くらいなら「なんであいつら群れてんだろう」「子供すぎてついていけない」か「仲間にはいりたいけどはいり方がわからない」「拒否されるのが怖い」とかでしょうねえ。
 つまり、ボッチじゃない人が作ったボッチ作品の気がします。

 蛭子能収氏の「ひとりぼっちを笑うな」的な話かと思ったら、ヒロインは一人だから寂しいというマインドです。なれ合いを否定して1人で成り上がって行くのもたまにはみたいなあ。ボカロPで、一人で超メジャーになった人もいっぱいいますので…うーん。
 中学校時代6時間毎日演奏できる才能があるなら、その一人で出来る才能がクローズアップされるのもいいのでは?

 固い事いわずに、日常系ギャグとしてみるならいいでしょうけど、友情とか仲間とかなれ合いに行くなら、なるほど「けいおん」で、あずにゃんに逆戻りですね。そのあずにゃんですら、ギターありきでしたし、自分で積極的に活動してましたからね。ユーフォの麗奈の完全な逆ですね。アイドルアニメのバンドバージョンかなあ。

 ワタモテのマイルド日常版って感じですね。ワタモテはあまりに生々しすぎてみるのが辛いくらい、ボッチの精神性が描けていたので非常にいい作品でしたけど。

 テーマ的には興味あるのでチェックすると思いますが、思いっきり拒否反応が発生する可能性もあるかなあ。{/netabare}


3話 音楽に対する情熱も、ぼっち設定もコメディーの舞台設定

{netabare}  全部がゆるーいなんちゃって設定かなあ。きらら系用のギミックですね。4人目の子もなんだかわからないキャラだったし。

 ストーリーではなくて、キャラとかエピソード重視ならいいかもしれませんが、テーマ性は感じられませんでした。背景が薄いので登場人物のキャラ設定が不自然で行動に納得感がないです
 特にヒロインのキャラ造形は、世界を広げたいわけでもないし。音楽に情熱があって音楽をやる手段としてぼっちを克服するという背景もないし。溺れるもののワラで依存状態に陥っているんでしょうけど、依存状態としての描写も不自然です。ですので面白さが拾えませんでした。

 また、「ぼっち」という苦痛を抱えているキャラを弄んでギャグにしている感じが、私には合わないので撤退です。
 ギャグだったらボッチ設定でもいいから、ボッチの行動の滑稽さを笑うようなのはやめて、人を見下さないギャグにしてほしいなあ、と思います。ボッチの滑稽を笑うなら、むしろテーマ性がある場合に許される展開な気がします。

 この段階の断念はデフォルト3にする方針だったんですけど、本作はあまりにひどいので物語とキャラは落としておきます。 {/netabare}



6話 ひとりぼっちの性格を自己肯定して、バンド活動を仲間ごっこにしないなら面白いかも。

{netabare}  新キャラと出会う、ご都合主義展開ではありますが、ひとりぼっちの性格を否定しないで前に進んでくれるなら、それはありかなあ。

 その点でこの6話はちょっと良かったと思います。結束バンドに頼らないで、自分で何とかするところがいいので、この6話みたいのが続けば面白いかも。

 ひとりぼっちでもバンド活動で活躍できるとか、観客は自分の人間性を査定しにくるわけじゃなくて、音楽を聴いてくれているとかそういう方向なら面白いかも。結束バンドありきで、仲間になる話ならありきたりだけど。

 断念したにしてましたけど、チェックすると思います。{/netabare}


8話 「ぼっち」=劣等感パワー覚醒。仲間ごっこが出来るかが大事じゃなくてやり続けたギターがアイデンティティになって行く。

「ぼっち」とは裏を返せば劣等感です。これは非常に現代的なテーマで、金銭を稼ぐ、話題が上手い、友達が多い、そしてモテる。そんなのが大事だと、市場原理によって洗脳されて、自己評価が低い人間ばかりになっている気がします。

 スクールカースト等でクラス内のキャラ付けみたいなロールプレイが支配的な感じがありました。演技でキャラ付けしてみんな疲れ果てていた気がします。そして、今やSNSの中で自分を飾ることが価値になっています。それが国民総劣等感、国民総不幸になっている気がします。

 物語は、ぼっちちゃんの周辺の人間の何かも見えてきました。必ずしも心に何か抱えているのはぼっちちゃんだけではありません。

 そして、ぼっちちゃんは強烈な劣等感に苦しみながらも、技術を極め、そして、自身の価値を自分の手でつかみ取りつつあるように見えます。

 8話のぼっちちゃんは、劣等感をエネルギーに変えて技術に変えたその結果が出ました。突出した技能や好きなことを完遂できる力こそ最強なんだぞ、というふうに見えてとても良かったです。

 7話の両親のデリカシーの無さにイライラしましたけど、8話と対比することで家族ですらぼっちちゃんの価値に気が付いていないと取れます。が、あるいは既にぼっちちゃんの価値を理解しているから無神経に見えるだけかもしれません。

 バンドメンバーや周囲の音楽関係の人間はぼっちちゃんの価値というか、すごい存在だということに気付き始めました。分かる人には分かる、ですね。8話のぼっちちゃんの自己肯定感はまだまだですが、覚醒はとてもよかったです。

 早くぼっちちゃんには自分の価値に気が付いて欲しいです。仲間ごっこ、群れるのが大事なんじゃないと言う含意も見えてきました。初めの方の内容がヌルくて不快な展開な気がしましたが、どんどんいい方向になっていると思います。7、8話は明確にこの辺が出てきました。

 ただ、この作品は、この「ぼっち」のままの「自己肯定」こそが、大事だと思います。1クールで結論を出してその先は描かない方が良いと思います。

投稿 : 2022/11/29
閲覧 : 185
サンキュー:

11

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

「ぼっち」の「成長」という共感できる核。「個性捨てるなら死んでるのと一緒だよ」。

 シンプルなキャラデザこそ本当は動かすのが難しいものだが、ぬるぬる(超絶作画な意味じゃなく)と溶けたりバグったりと自由自在に表現できていて楽しく、ちゃんと引き算の上手い演出もできて見る価値充分。作画もこれみよがしな良作画じゃなくて細部が非常によく出来ているからキャラの魅力を増しているし、特に5話のライブシーンは作画が感情をちゃんと表現できているから心動かされる。作画は見えない感情を見えるように表現できてこそ。


 それにしても、ぼっちやコミュ障を描くならマイルドでもこれくらいはやってくれないとアカンね。全然イケてない負け犬こそロックが相応しい。あと、ゲロインが出るアニメは名作!。「働きたくない!。社会が怖い!。」、「承認欲求モンスターが。」などなど早くも名言多数。


凡百の日常系以降の音楽作品との違いは、やはりぼっちの共感性羞恥、もとい見ている陰キャボーイたちも共感できるぼっちの駄目さからの成長がしっかりドラマを作れているからだろう。全て要素はその強固な核があるからこそ輝いている。それがあるとないじゃ大違い。


 5話までかなりスムーズな流れできたけど、6〜7話でなんか話が停滞してきちゃったような…。すぐライブ準備への流れで良かったような。8話で下手な演奏と上手い演奏を、説得力ある台詞に頼らない表現でできてるのがパない!。そしてなんという最終回感、或いは映画の終わり感。ピングドラムの最後の台詞をタイトルでブツっと切る鮮やかな演出だったらより良かった。まだまだ期待してます。

投稿 : 2022/11/29
閲覧 : 171
サンキュー:

12

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

音楽が好き

OPEDどちらも高校ガールズバンドが速攻コピーしたくなるようなカッコ良さです。ギターかっこいい。
ぼっちの人ってこんなこと考えてるんですね、頭の回転が早くまわりの状況を感じ取ってしまう繊細な人であるぼっちは本質的に芸術に向いてるんでしょう。
五話まで
うん、面白い、ギターひっぱり出してきたくなるような曲でほんといいです。
その昔神の歌声をもつぼっちがバンドに入るというBECKって漫画があって、実写化でまるまるライブシーンカットっていうクソ演出で原作者かわいそー監督shineと思ったことがありましたが、本作品は音と動きをつけてもかっこいい良アニメ化ですばらしいです。
六話
ご都合ストーリーではありますがアニメなんでこれで十分です。音と完全に合った表現が毎回本当にすごい。けいおんユーフォ以来の演奏系良アニメではないでしょうか。高品質の絵と音楽で良いものを作ろうという高い理想を感じます。
七話
今期超豊作ですね。ガンダムは特別枠として本作かセルフちゃんが個人的に本命になってきました。別クールだったら覇権とれるぐらいの作品ばっかりでほんと楽しんでます。
八話
さんざん見てきたストーリーですが王道だからこそ実力ある制作会社が作ると安定して面白いものになるんですね。120点を目指して60点になっちゃうアニメもある中、本作は100点を目指してまさに100点に近いと思います。

投稿 : 2022/11/28
閲覧 : 102
サンキュー:

6

Takaさん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

ぼっちちゃん×CloverWorks=今季のダークホース

友達作りの為に始めたギターに没頭し、
気が付けば、高校1年生まで、ぼっちになってしまった、
ぼっちちゃんのバンド活動記。

『まんがタイムきららMAX』なので、ぼっちちゃんの父ですら、
顔無しなのは・・・

バンドメンバーのキャラも個性的なので、ライブシーンまでやって欲しい!
というか見てみたい!

投稿 : 2022/11/27
閲覧 : 68
サンキュー:

2

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

令和の「けいおん!」爆誕…か?

詳細は公式サイトでも見てください。

芳文社「まんがタイムきららMAX」連載中の、はまじあきさん原作のコミックのアニメ化作品です。制作はCloverWorks。

開幕前は「きららの最終兵器」との呼び声もあった、期待感もMAXの「きらら系」ガールズバンドアニメです。つまり「けいおん!」の後輩ということになりますね。

極度の人見知りでコミュ障のJK・後藤ひとり。だが、動画投稿サイトでは評判のギタリストでした。

そんなひとりが、たまたま出会った伊地知虹夏にギタリストとして誘われ、結束バンドのメンバーとして活動していくという話のようです。

初回は文句なし。
いい滑り出しだったと思います。

「けいおん!」は、陽キャの唯を中心としたバンドストーリーですが、こちらのひとりは典型的なコミュ障。でも、内に秘めたバンドへの思いは熱く、承認欲求は強そうです。このへんが、平成と令和の違いなのかなー。

多士済々の秋アニメに、またひとつトップ争いを演じそうな作品が来ました。まず第一印象は上々です。

=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}
オーケーオーケー!
これなら大丈夫。面白さが2話で爆上がり。
会話のテンポ、間、ツッコミのキレも文句なし。
「けいおん!」リスペクトも随所に感じられますね。時間差で風邪ひくくだりとか。場面転換でギターの音をSEに使うとことか。

個人的には、今期のトップに躍り出た感じです。
どんな物語を見せてくれるのか。次週が楽しみです!
{/netabare}
=====第8話視聴後、追記です。
{netabare}
いやー、これは今期で突き抜けちゃったかな。
見事なまでのタイトル回収回。

完璧な神回でした。
いやあ、もう好きだわ、このアニメ。

うん。おそらく90%以上の確率で、今期でナンバーワンの作品になるでしょうね。文句なし。
{/netabare}

投稿 : 2022/11/27
閲覧 : 199
サンキュー:

7

エイガラン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

令和のトレンドを象徴するアニメ

可愛い女の子がキャッキャしてるのをひたすらニヤニヤして見るのが平成のアニメ(例、けいおん!、らき☆すた)だとすると、今作は男が抱きがちな葛藤を女の子キャラに演じさせるという、令和のトレンドを象徴するアニメ。男キャラがやると生々しくて見れないから、女の子キャラを通して幾分か綺麗な状態で見たいという視聴者が増えたんだろう。もし令和の世界線でエヴァが誕生していたら、シンジは女の子になってたかもしれない。

投稿 : 2022/11/26
閲覧 : 62
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ひとりぼっちのバンド生活?。。@1話目

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
「ぼっちちゃん」こと後藤ひとりは、ギターを愛する孤独な少女。 家で一人寂しく弾くだけの毎日だったが、ひょんなことから伊地知虹夏が率いる「結束バンド」に加入することに。 人前での演奏に不慣れな後藤は、立派なバンドマンになれるのか――
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:はまじあき (芳文社「まんがタイムきららMAX」連載中)
監督:斎藤圭一郎
シリーズ構成・脚本:吉田恵里香
キャラクターデザイン・総作画監督:けろりら
副監督:山本ゆうすけ
ライブディレクター:川上雄介
ライブアニメーター:伊藤優希
プロップデザイン:永木歩実
2Dワークス:梅木葵
色彩設計:横田明日香
美術監督:守安靖尚
美術設定:taracod
撮影監督:金森つばさ
CGディレクター:宮地克明
ライブCGディレクター:内田博明
編集:平木大輔
音楽:菊谷知樹
音響監督:藤田亜紀子
音響効果:八十正太
制作:CloverWorks

主題歌
OP:「青春コンプレックス」結束バンド
{/netabare}
キャスト{netabare}
後藤ひとり:青山吉能
伊地知虹夏:鈴代紗弓
山田リョウ:水野朔
喜多郁代:長谷川育美
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


#1 転がるぼっち
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
極度の人見知りで陰キャな少女、後藤ひとり。バンド活動に憧れギターを始めるも友達が出来ず一人で練習する毎日。ある日“結束バンド”というバンドでドラムをやっている伊地知虹夏に声をかけられ1日だけサポートギターをすることに……
{/netabare}
感想
{netabare}
超人見知りで、ぼっち系中1女子のひとりが
有名バンドのメンバーが「陰キャでもバンドをやれば輝ける」
って言ってるのを聞いて、パパのギターを借りて練習し続けて3年。。

“ギターヒーロー”ってゆう名前で、動画サイトに弾いてみた動画をUPして
登録者3万人くらいになったけど、リア友は0人のまま。。

それで高校に入って、バンドメンバーに勧誘されるんじゃないかって
思いつきでギターを持って歩いてたら、他校の虹夏に
突然やめたギターの子の代わりに、今日だけサポートギターしてくれない?
って声かけられて、いきなりライブハウスに連れて行かれちゃった!?

そこで紹介されたのがベースのリョウで
ドラムの虹夏と3人で、練習することになった。。

ひとりは動画の反響でギターにはそこそこ自信があったけど
ずっと1人だけで弾いてたから、2人に合わせられなくって
ダメ出しされてその場で引きこもり。。

でも、“ギターヒーロー”の名前を出され、励まされて
ひとりはなんとか、箱に入って演奏を終えて、次回も期待されて喜んだけど
人と話すのに疲れすぎて、歓迎会は断って帰ることに。。

さいごにひとりが、ひとりで夜道を歩きながら
「虹夏やリョウ、結束バンドのために
絶対コミュ障なおして、ギターヒーローとしての力を発揮するんだ!」
って、誓ったところでオシマイ。。



ぼっちネタが出てくると、にゃんはアルアルすぎてちょっとへこむ。。

毎日6時間練習できるのは、ぼっちの強みかも。。

さすがに最後まで残ることはないけど
ドッジボールって最初は、友だちから狙ってくから
ぼっちだとしばらくは残るよね^^;

ぼっちだから、人とくらべられなくって
自分ってすごい!って思った次の瞬間、やっぱりダメだ。。って思ったり
上がり下がりが大きい。。
もしかして躁鬱入ってるからかもだけど。。。

「スマホに届くのは親からのメッセージかクーポンのお知らせだけ」
ってゆうのは、にゃんは引きこもってるからスマホも持ってないし
買い物もほとんどしないからクーポンも来ないけど
詐欺メールみたいのも来なくって、ちょうどいいかも^^


おはなしとしては、ひとりのひとりボケ、ひとりツッコミが多いかな^^

あと「喜多ちゃん」って呼ばれてる子が、ギターを持ったひとりを見てたけど
メンバーになるのかな。。

ダンボールに入って演奏ってゆうのは
ダンボールをかぶって演奏、くらいの方がリアルでよかったかも^^


あと「PAさん」ってゆうのはPublic Addressの略で
音響さんのことみたい。。

ちな、アニメ会社のP.A.WORKS は
Progressive Animation Worksの略なんだって。。
こっちはCloverWorks制作だけど^^
{/netabare}
{/netabare}
#2 また明日
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
結束バンドの活動を始めることになる3人。ライブを行うにはノルマがあると分かり、お金を稼ぐためにひとりは泣く泣くライブハウスSTARRYのアルバイトを始めることになる。人との交流が苦手なひとりは明日に迫る初日に向け、とある策を講じる。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめてのミーティングで、STARRYに集まったメンバーは
おたがいのことを知るために、サイコロを振って出た話題を話すことに。。

それで「ノルマ」の話が出たんだけど、STARRYで歌うためには
チケット販売ノルマがあって、それを超えた分はお店と半分分けになるけど
先回失敗した結束バンドは売る相手がいなくって
当分自分たちでお金を出さないといけないみたい。。

虹夏やリョウはSTARRYでバイトしてて
ひとりもいっしょにバイトすることになったんだけど
お客さんの対応なんてムリ!って思いこんでるひとりは
カゼをひいて休もうと、氷風呂に入り、扇風機に当たってみたけどムダ^^;

お店に行って、虹夏のお姉さんの店長さんに紹介されたりして
バーでドリンクの販売することになって、はじめは顔を見せれなかったけど
虹夏の「一緒に楽しくバイトして楽しくバンドしたい」ってゆう思いや
バンドと盛り上がるお客さんたちを見て、変わろうって思いはじめた。。

それで何とか、お客さんの目を見て接客できて
千歩ぐらい進んだつもりだったのに、虹夏から一歩前進って言われて
どっと落ち込んだ。。

それでも「また明日」って言ってお店を出たら
その晩、カゼをひいて熱を出した。。

お店に残った虹夏たちは「あとはボーカルの子を見つけるだけ」って話してて
最後に、カラオケをする郁代の顔が映ってオシマイ。。



ひとりが千歩前進のおはなしだったね^^

にゃんもコミュ障だから、お客さんとの対応は千歩前進だって分かる^^

にゃんは図書委員で、貸出係とかもやってたけど
借りる人はほとんどいなかったし
お店じゃないから目を見て対応なんて言われないからよかった^^;
目を見て話すって、にゃんみたいな人には超ハードル高くって。。

ある本に、目の代わりに鼻を見て話すと良いって書いてあって
やってみたことがあるけど、そうすると相手も自分を見てくるから
よけいイシキしちゃって、すると左目の上あたりがくすぐったくなってきて
ガマンできなくって結局目をそらしちゃう。。

コミュ障は一人で服屋入れないってゆうのはホントで
あと、美容室とか、ファストフードのお店なんかも難しいかも^^

ぼっちと一人好きは違うって言ってたけど
にゃんは、ぼっちで1人好きかな。。
気がつくと1時間くらい、平気で金魚とか見てたりするし^^

「真のコミュ障は逃げることもできない」ってゆうのはホントかも。。
たのまれると逃げられないから、まず友だちを作らない、になっちゃう^^;

小中9年間休み時間を図書室で。。ってゆうのは
いじめられっ子アルアルでもあると思う。。
図書室でさわぐと注目されるから、いじめっ子も近づかない^^

ノルマで一番いいのは
動画サイトで告知して、ぼっちがマスクかぶってひとりで演奏することかも?
それで、虹夏たちには合わせてもらうとか。。

そう言えば、お姉さんにはひとりの正体がバレてたみたい^^

ライブハウスが飲食店扱い、ってゆうのは知らなかったけど
メイドカフェとかと同じ扱いみたい^^

この前「アキバ冥途戦争」を見てた時、気になって調べたら
コンカフェってホントは風俗営業に近いお店が多いんだけど
風俗の許可を取ると0時には閉めないといけないから
飲食店扱いにしてる店が多いみたい。。

ライブで2000円も払って。。ってひとりが思ってたけど
飲食して、メイドさんとお話して、1時間5000円~1万円くらいって思ったら
意外とふつうなのかも^^
{/netabare}
{/netabare}
#3 馳せサンズ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
アルバイトを経てコミュ力が急成長!することもなく、クラスメイトにうまく話しかけられず今日も学校でぼっちでお昼を食べるひとり。新メンバーを探していた虹夏のことを思い出し、ギターが弾けるという陽キャで人気者の喜多に声をかけようと思うものの……
{/netabare}
感想
{netabare}
喜多ちゃんジョイント回で、バンドに勧誘しようとストーカーしてたら
あっちから話しかけてきて、ひとりが逃げてギター弾きながら落ち込んでたら
ギターがうまいって、また話しかけてきた。。

それで、自分はギターが弾けないのにバンドに入ったせいで逃げ出してきた
ってゆう話から、バイトが終わったらギターを教える約束しちゃって
いっしょにバイト先に向かってたら、場所が下北だって知って
急に逃げようとし出したところに虹夏たちが来た。。

実は、ひとりが入る前に逃げたメンバーって、喜多のことで
とりあえずお店のお手伝いをしたんだけど、終わって逃げようとしたから
ひとりが何とか引きとめて、虹夏たちも引きとめてくれて
バンドしながら、ひとりにギターを教えてもらうことになったの^^



バンドメンバーがそろってよかった☆

ひとりは陰キャだけど、陽キャの喜多ちゃんだって逃げ出すんだから
逃げるのに陰キャは関係ないって分かってよかった^^

喜多が、結束バンドから逃げたメンバーだった、ってゆうのは
あんまり考えてなかったから
下北から逃げようとしたところではじめて気づいたけど
もっと早く気付けたかも^^

ひとりがほめられてデレるけど、すぐに落ち込んじゃうところが
よく分かるかも^^

でも、ひとりは、みんなが認めるくらいにがんばってきたんだから
もっと自信を持っていいと思う☆彡

喜多がベースとギターを間違えてたのはおかしかった^^

にゃん兄もギターをやってて、ベースも持ってたからにゃんでも分かるけど
ベースの方が大きめで、弦が長く張ってあるから
バンドとかやってた人なら、すぐ分かると思う。。


あと、この前「リコリコ」のアイキャッチで彼岸花をくわえて炎上してたけど
草木やキノコって、虫とか動物に食べられても動いて逃げれないから
キホン的に毒で身を守ってるんだって。。

ネギ類なんかも動物が食べると毒だし、ジャガイモの芽や茎や実とか
スイートピーも甘い豆ってゆう意味だけど、毒があるってゆうから
むやみに道端の草なんかを食べない方がいいみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
#4 ジャンピングガール(ズ)
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
喜多も再び結束バンドに加入しメンバーも揃い、バンドとして本格始動。そんな中、リョウがオリジナルソングの作曲をし、その作詞をひとりは任されることになる。ひとりは作詞を通してバンドらしさと自分らしさの違いに思い悩む。
{/netabare}
感想
{netabare}
前に約束した通り、ひとりが作詞担当になって悩むおはなしで
喜多の立場になって考えて、家族に心配されたりして
最後はリョウに相談して、売れ筋の詩はいらないって言われて
自分の書きたい詩を書いて、メンバーに認められたの^^



「OPでジャンプするアニメは神アニメ」って
どこかで聞いたことあった気がするけど
このおはなしが元ネタだったのかな?

でもそれだと、このOPはジャンプの写真が写るだけでジャンプはしないから
神アニメじゃないのかな。。でも、ギャグの濃度はわりと濃いと思う^^

承認欲求モンスターって、いつも動画投稿してるから
今さらってゆう感じじゃないのかな?w

ひとりがリョウに呼び出されて行くと、カレーか何か食べてて
もう草は食べなくって良くなったんだ、って思ったらおごらされたけど
それっておさいふ代わりに呼び出された、ってゆうことだよね?。。

相談には乗ってくれたから、いい人なのかもだけど
ひとりがお金を少ししか持ってなかったら、どうするつもりだったのかな?
にゃんだったら、もうこの人と付き合うのやめようとか考えちゃうかも^^;

でも、そんなリョウを神様みたいに思ってる喜多もけっこう怖い子かも。。
{/netabare}
{/netabare}
#5 飛べない魚
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
オリジナルソングも出来上がり、いよいよライブだと意気込む4人。星歌に出演させて欲しいと頼んでみたものの、まずオーディションを受けろと突っぱねられてしまう。ひとりは最近の激動の日々を振り返りとある決心を固め、オーディションに参加するのだった……
{/netabare}
感想
{netabare}
STARRYの店長が、妹たちのバンドの成長を願って
「結束バンド」がライブに出るには
まずオーディションを受けろって言い出すの。。

そして4人は、ライブに出るために成長しようってがんばるの。。



ライブに出るために働いてたのに
諭吉さんを見たとたんに忘れちゃうって、リアルで現金な子w

でも、借金してノルマを払ったってすぐにまた必要になるから
ずっと続けるんだったら借金はダメ!ゼッタイ!

お姉さんは「5月のライブみたいのなら出せない」って言ってたけど
いや、アレっていくら何でもないでしょ^^
ひとりなんか段ボールに入ってたしw

虹夏の夢は武道館ライブのその先って、世界進出なのかな?

それでぼっちの夢は、自分がちやほやされたい、から
結束バンドでちやほやされたい、ってゆうのと
虹夏の夢をかなえたい、に増えた☆



今回は、ひとりの実力が、みんなに何となく通じてきてたみたい。。

喜多は学校で聞いてたし、ほかの2人も今回のオーディションで聞いて
それでもまぐれ?って思ってたけど、店長さんには通じてたみたいだけど
やっぱり話し方がへたみたいで
ひとりに「お前を見てるから」なんて言ったら逆効果になりそう^^;

でも、にゃんもひとりと似てるから分かるけど
けなされると落ち込むわりに、ほめられると実力もないのにすぐ調子にのって
そのあと、かえって落ち込んじゃうから、それはそれでよくないかも。。
{/netabare}
{/netabare}
#6 八景
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ライブの出演のためチケットノルマ5枚が結束バンド各々に課せられた。友達がいないひとりは家族だけではノルマに満たないことに気づき絶望する。宣伝のためにビラを配ろうとしていたところ、路地裏で酔っぱらっている廣井きくりに出会うのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
チケットの販売ノルマ1人5枚、とりあえずひとりは親2人に2枚売ったけど
ほかに友だちもいなくって、ビラ配りをしに来た金沢八景で
酔っぱらってる廣井きくりにたのまれて
アサリのおみそ汁を買ってきて知り合った。。

きくりはインディーズのバンドマンで
ひとりがチケットノルマで悩んでるって聞いて、路上ライブを提案。。

さっそくライブをはじめることになったんだけど
目をつぶろうとするぼっちに
今目の前にいる人たちは、君の戦う相手じゃないからね
敵を見誤るなよ、って声をかけてくれた。。

そして、はじめは目をつぶってたけど、目を開けてみたら気がついた
はじめから敵なんかいないことに。。

短時間で欠点を克服したひとりに、きくりは将来性を感じた。。

ひとりはみんなの笑顔を見て、これからのライブが楽しみになってきた♪


見てた人2人がチケット買ってくれて、のこり1枚はきくりが買ってくれたから
ノルマ完売して、みんなのところにメッセージを入れたら
誰もぼっちがノルマ達成したのを信じなくって
このロインがプレッシャーになってたのかな?ってウワサしあってた^^



ひとりがいい先輩とめぐり合って、成長した、いいおはなしだった^^

きくりはお酒飲みすぎだと思う。。
ひとりのことも心配だけど、本当はきくりの方がヤバいかも。。

あと、ひとりはみんなに、ちゃんと連絡くらいした方がいいと思う
心配しながら待ってるのってかわいそう


あと、ライブハウスは確か、下北沢だったよね?

金沢八景で宣伝しても
わざわざそこまで行ってみようと思う人って少なそうだから
下北沢の駅前でビラを配った方がいいかも。。
{/netabare}
{/netabare}
#7 君の家まで
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
季節はすっかり夏に。ライブで着るTシャツのデザインを考えるために、ひとりの家に集まることになった喜多と虹夏。家に誰かを呼ぶことが初めてのひとりは、無事に2人をもてなすことが出来るのか!?
{/netabare}
感想
{netabare}
ライブで着るTシャツのデザインを考えるのに
ひとりの家に、喜多と虹夏が来るおはなし。。

あれだけ用意しておいて、みんな滑ってたぼっちのお迎え。。

ぼっちの体育祭トラウマ。。

ぼっちに私服を着せてみてから
ぼっちが消えて、バンドの新しいメンバーをさがさないと
とか言ってるところ。。


今回はギャグがシュールすぎて、ついていけなかった。。

とくに大事なこともなかったから、飛ばしてもいいかも?
{/netabare}
{/netabare}
#8 ぼっち・ざ・ろっく
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ライブ当日。台風の影響で呼んでいたはずの家族や友達から続々とキャンセルの連絡がきてしまう。直前になってもお客さんはまばら、重い雰囲気のなか結束バンドは4人としての初ライブを迎える。
{/netabare}
感想
{netabare}














{/netabare}
{/netabare}
 
.また来週ノシ

投稿 : 2022/11/26
閲覧 : 158
サンキュー:

26

ねるる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

限界コミュ障ぼっちちゃんの伸び代に期待。

2022/11/24 5話まで視聴。

毎話、友達いないコミュ障根暗な主人公ぼっちちゃんの荒ぶる様をゆるく見ていましたが、5話はとっても良かった。
今まで人付き合いが苦手で、他人を考える余裕がなかったぼっちちゃんが成長するバンド演奏シーン、音楽と青春ってやはり良い。今後5話のように盛り上がりがあればもっと楽しく見れそう。こっそり期待です。

投稿 : 2022/11/26
閲覧 : 46
サンキュー:

4

ネタバレ

メタルジャスティス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

これは凄い

ロックは好きなので、興味はありつつ絵柄が秋葉原的なので敬遠していたのですが、ふらっと観てみたらこいつは凄い。
というか、これを地上波で流していいのかと心配するぐらい。
コミュ障の心のうちをこれでもかと的確に描いてます。
って、え?これが理解できる自分もコミュ障だったのかと不安になりました笑。

これを書いている時点でまだ4話までしかみていませんが、4話の演出でまた一段とギアが上がった感じ。
ちょっと、これは今期思わぬ伏兵が潜んでいたって感じです。

んでもまあ、パリぴな人で、この絵にアレルギーがある人には薦められないなあ・・。

投稿 : 2022/11/24
閲覧 : 42
サンキュー:

2

羽宮 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

きらら最終兵器、爆伸び

いわずと知れたMALでは、現時点で2.1万人以上の評価でスコアは8.68(あにこれでいうところの4.3)。
元々は作画を中心に評価されやすい傾向が強かったはずなのだが、BLEACH(9.12)チェンソーマン(8.84)に次いで今期3位にまで超スピードでランクアップ。
これまでゆるキャン△2期の8.53がごちうさやけいおん!を上回り(恐らく)きらら史上過去最高であったが、きららがあまり好まれなかった歴史を塗り替えるかのように、瞬く間にブチ抜いていった。
そして今も尚、毎日のようにスコアを伸ばしており、全アニメTOP50入りも目前。今シーズンの人気ヒロインランキングにも、しれっと後藤ひとりが1位に君臨している。
ツイッターやPixivなどを見てもそうだが、国内・海外共に圧倒的な人気っぷりといえるだろう。
視聴継続者数がガタ落ちのチェンソー、大きな山を超えてしまったモブ、もはや海外での覇権争いは、BLEACHとの一騎打ちになってくるかもしれない。

クローバーワークスにはいうことひとつない。
強いて挙げるなら、青山吉能を抜擢したスタッフ、あんたは天才だ。

投稿 : 2022/11/24
閲覧 : 40
サンキュー:

4

yuutogta さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

今のところは大好きです

久しぶりにいいアニメを見れた気がする
心情をキャラクターの動きで表現してる所が凄く好き
アニメーションを最大限生かせてる作品だと思います
これは最高の理想形のアニメ化

投稿 : 2022/11/22
閲覧 : 40
サンキュー:

3

アニメアンチの憂鬱 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

伝説のぼっちリスト☆彡箱入り娘完熟マンゴー現る

回を追うごとに評価がグイグイ上がって来ております。
手応え十分!このまま行けば上位ランク間違いなしと言ってもいいでしょう。

リコリコ程の圧倒的勢いこそないものの本作の人気も決して侮れないものを感じます。

個人的な趣味で言うなら今期は「不滅のあなたへ」で確定ですが
人に薦めるならば本作を是が非でもごり押ししたいという気持ちが強くあります。

老若男女問わず、ビギナーからヘビーユーザーまで不特定多数の人から支持を得るであろう
潜在能力を秘めた本作には期待するところが大いにあります。

ロックと言えば「ロックマン」のBGMもロック調だったことをふと思い出しましたが
路上ライブやらチケット売りのギター少女とかいうのも
個人的には懐かしく感じるとこがあり、思えばギター少女のライブ動画とかを
ヨウツベで見ていた時期があったことも今更ながら思い出したりしました。

・チケット売り子
https://youtu.be/hmiFqE2Ix7g
・RUANN
https://youtu.be/gOjgYiSjZnM
三阪咲
https://youtu.be/2NS-k8cn30w
岸辺紗采
https://youtu.be/qe8eBtMAC6o

ギター少女の中にはそれなりに名が売れた方もおられたようですが、さて
ボッチ少女の未来に栄光は輝くでありましょうか?




ファーストインパクト良好を確認しました。

2匹目の「軽音」を狙える潜在能力を秘めた引き籠り完熟マンゴー
前評判高い「遅延ソーマン」、「ゴールデン噛む胃」を蹴散らしてトップ3を目指します!

シュールな陰キャジョークが冴えわたり、同情の涙もこみ上げるほどに胸熱感はロックンロール!?

ダークホースどころか大本命の完熟マンゴーが咲き乱れること必至です!

投稿 : 2022/11/18
閲覧 : 84
サンキュー:

4

pH さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まあ、完成度は高い。

そんな騒ぐほど面白くないと思うけどな。
でも陰キャ×ロックって発想は天才的だよね。
日常系はまずもってキャラを立たせるべきだけど、陰キャってだけで存分にキャラが立つ。さらにバンドという要素は興味をひきやすくて良いテーマだし、陰キャがバンドやるという意外性が熱いストーリーを予感させる。
だけどこの作品はキャラにリアリティが無いな。キャラの言動が無茶苦茶すぎて感情移入できない。若干作り物感がする。普通人の前で仰向けになって服従心表現したりしないじゃん。そんな感じでギャグが基本的にぶっ飛んでて理解しがたい。悪い意味で。共感できないギャグは笑えないよ。
陰キャの描き方のリアリティも、段々薄くなってきたしなぁ…。
他の子も特別魅力的とか、可愛いとかも思わない。

あとバンドの良さが今のところあまり伝わってこない。せっかく陰キャがバンドやるんだから、陰キャがステージで輝いてるところ描かなきゃ。そうやって、バンドや出会った仲間たちを通して自分の青春を見つけていく。そういう話だろ?タイトル的に。
なんかそれっぽいシーンはあったけど、今のところはっきりとそういう感じは伝わってこない。

いろいろクオリティ高いけど、めちゃくちゃ面白い!とはあまり思わない。いや面白いんだけども。

投稿 : 2022/11/16
閲覧 : 50
サンキュー:

1

ネタバレ

ハル さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

今期No1かな?

原作未読で視聴開始しました。2話あたりまでは普通のきらら系だなぁと思っていましたが、4話以降かなり面白くなってきました。

6話は神回でした。

昔楽器やってた人や、けいおんにハマった人は恐らくドはまりする作品かと。。。 原作買いたくても、どこも品切れ中orz

OP、ED、作中歌どれも神曲ばかりですね。

けいおんの原作はグダグダエンドでしたが、この作品は期待してます!

投稿 : 2022/11/15
閲覧 : 61
サンキュー:

4

ネタバレ

あぁ流川 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ぼっちちゃんが愛おしすぎる

これは無限再生になるかも、何回も見てしまう。
一芸に秀でてる意外はポンコツキャラ…愛おしすぎるw
胃液吐いてる時のダム作画が無駄に綺麗すぎwこれ聖地巡礼したくなる。

投稿 : 2022/11/15
閲覧 : 52
サンキュー:

3

奥田太鳳 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:----

きらら系?は普段観ないけど…

毎週楽しみにしてる!きらら系とか日常系は好みじゃないんだけど、ぼっちちゃんのキャラがすごくハマる!変顔、と言うか作画崩壊がほんと面白い!ま、原作と違ってサービスシーンが全く無いのはちょっと物足りない感じがするけど…でも面白い!

投稿 : 2022/11/14
閲覧 : 43
サンキュー:

1

ネタバレ

zeroone01 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ぼっちちゃん最高!(評価はアニメ終了後に)

第5話までの感想。
原作未読で全くノーマークだったが、アマプラのオススメに出て来るので何となく視聴。

1話~4話までの感想。

ぼっちちゃんの陰キャっぷりが最高!www
テンパり具合が最高に面白いですね。
コンビニですら入るのにためらうぼっちちゃんが、オシャレな喫茶店への入り方が分からず、テンパって「店長やってる?」って入店した所は爆笑でしたw
そして作詞作曲自分の自虐曲弾いている所とかも面白いw

他のメンバー、ベースのリョウさんの「変人」キャラも良いですね。ギターボーカルの喜多さんもリョウさんLOVEな所が面白いです。ドラムの虹夏ちゃんだけちょっとキャラが薄いかな?

5話の感想。

神回です。
メンバー揃ってそろそろライブに出してもらいたいと虹夏ちゃんがお姉ちゃん(ライブハウスの店長)にたのむが、
「お友達の思い出作り程度のバンドを、ライブに出す気なんてない」
と一蹴。
これまで和やかな感じで進んできたが、急に重たい感じに・・・
結局、オーディションで合格すれば出してもらえる事になりいざオーディションへ、そして・・・

{netabare} ぼっちちゃん覚醒! {/netabare}

もうカッコ良すぎて鳥肌立ちました!
完全手書きの演奏シーン、凄すぎます!気合入り過ぎでしょ!!
そしてここで思い出す、「このアニメ、バンドアニメだった」と。
4話までだとぼっちちゃん面白いなぁってしか思っていなかったが、
5話で改めてそう思いました。
そして最後はダム映像wwwぼっちちゃんオチはしっかり持っていきますw

今後の展開がますます楽しみになりました!
個人的には今季一番のアニメかも。
12月28日発売の結束バンドのアルバムも予約しちゃいました!!

評価はまだ途中なのでアニメ終了後に再評価します。

投稿 : 2022/11/14
閲覧 : 76
サンキュー:

7

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

6話 「八景」まで視ました。路上ライブ上手くやれてよかったね。

公式サイト;
https://bocchi.rocks/

ワタシ的視聴予定;
BS11:10/08(土) 24:00

[6話 「八景」まで視ました。路上ライブ上手くやれてよかったね。]
金沢八景、懐かしいなぁ。行ったことないけどw。昔東京で仕事してたとき、京急によく乗ったわ。んで金沢八景行ってよく書いてあったのを思い出した。
 ぼっちちゃんチョットずつコミュ障改善しつつある雰囲気。知らない人にチケット買って貰えてヨカッタね。視ていて何故だか嬉しくなりました。あとOP曲のスコアがあるのに気が付きました。

[5話「飛べない魚」ぐらいまで視ました。ぼっちちゃん、カワイイ。]
自己顕示欲や承認欲求の強さが、コミュ障や陰キャラと両立しない。ソロはツベで好評でも、コミュ障故にバンドでは他に合わせることができない。そんなぼっちちゃん、一人ギャップ萌えwがナチュラルでカワイイです。
 あとOP曲ノリノリでなかなかイケてると思います。ワタシ的に、過去作の某有名きらら系音楽先品よりもこちらの方が性に合ってる気がします。
今後の展開がちよぅうとても楽しみです。

[きらら作品、楽しみです。]
評価は暫定です。予想通り楽しい作品になりそうな予感がします。次話も観たいです。

OP曲スコア
https://www.songsterr.com/a/wsa/tab-s521669

あと、練習動画もツベにあります。

投稿 : 2022/11/13
閲覧 : 81
サンキュー:

7

大貧民 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

予想以上に良作。

あざといアルドルものは食わず嫌いで全く見ていないのですが、本作は陰キャぼっちのバンドものというところで、とりあえず一話を視聴。
ふつうに面白かったので、視聴継続。

投稿 : 2022/11/13
閲覧 : 89
サンキュー:

5

ネタバレ

ダークフレイムマスオ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ワ、ワタスガ書いていいんだべか、おら、あにこれってとこは、とうこうすんの勇気いるって聞いたんだけんど、まあちょっくさ見てくれ。

お、おらダスオ。あのこよか北にいるから栃木弁で全力で書いてみるべ。言う
(※栃木の方ネタなんで文句は雷かユージこーじに言ってね♪フリですw

最近はよみいばっか聞いてアニメみてねーwでもこのぼっちってよみぃの若いころ見たいwなんかコミュ障ばっか言ってるけどw

基本音楽やってる人って自分の時間ができなきゃ作詞や作曲出はさ来ない。ってわしゃ想う。胸を揉みたいなら、実際揉んで10年たったってアイツの胸は今までで一番だったなーって言われるぐらいの単純だけど揉むための熱量?ベクトル?表現分かんねーけどそんぐらいのもの出したいって思います。

キヨシローのおまえとやりて―とかまんまですし、時間にルーズとか言われたって表現者ならまあ普通じゃね?ってわしゃ想う。まあ非合法で気持ちよくなる奴は日本じゃだめなんでやめとけよって思う。身内がしんどいもん。

脱線したけど何もないとこから創造って結構しんどいって思うんですよね。パクるのは簡単でけど見てるとすぐばれるwというか後が続かない。単純でもオリジナルってムズイ。

って栃木弁どこ行った―wまあいっつもどーり何で気にしなさんなw

非凡な才能って分る奴に分かればいいよね♪バンドなんて入れ替え茶飯事でしょ。なければアルフィーわしファンじゃないけどアレぐらい言い合えるってほんと理想だよなー。おもてやうらないもんw
きれいだけど
人って嘘いうの詩だって20代の歌詞、きれいだけど50歳になったら嘘くせーって絶対思うようになる。たとえ変だけど50超えるとやっぱ死を実感できる体験多いですよ。ない人はまあ20の頃は青写真みんな持ってたのに結局、丸く収まる。それ過ぎると後ないなら楽しいように暮らそうが本音。どーせはかまで銭もってけねーしさw

結局、自分が生きている時だけ良けりゃそれでいいじゃんは本音。もう今の中学生とか見てるとホントいい子しかいないよなー。これ親が20歳ぐらいでできた子供なんだろうけど小学校まで毎日送り迎え、わしの家の前小学校だけどほんと登下校するのにも保護者付き添いってあんのかな?w駄菓子屋よってわるさなんてできねーじゃん家畜飼育してるのと変わんないですよ。反抗期ってあんのかな?

でもクリエイターってお笑いもわしゃ同じに思うんですがムズイよな―。親に大事に育てられて大切にしろよって飼育されてるんだよな。何そんなに子供信じれるのかはわし疑問w

多分今ので相当敵出来た発言ですね。でもええがな。だって親がここまでやったんだから老後も面倒見てね♪そんなん結局はおしつけなんですよ

若いって親に反抗してなんぼ。

リビドーなきゃクリエイトなんきゃできねー。
はまあみんなわかるっしょw
お笑いなんてそもそも才能は視点と表現力wはまあみんなわかるっしょw

ホント熱いぜw

書き直す前提でレビューすんべ。メッセは方言で書いてください。
これ、俺からのちこっとしたおねがいだんべ。

ではみてくださってアリがございますた。

投稿 : 2022/11/13
閲覧 : 58
サンキュー:

8

ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

【5話感想】「ギターと孤独と蒼い惑星」結束バンド……良いロックじゃないか👍

【5話感想】
ライブ出演オーディションにて、ようやく披露された挿入歌「ギターと孤独と蒼い惑星(ほし)」
演奏するキャラのCGはそこそこでしたが、踏み込んだ靴がキュッと鳴ってぼっちのギアが上がる演出など、
やはりスタッフはここに力を入れて来ました。

今回、挿入歌の作詞を担当したのはZAQさん。
『よう実』OP主題歌などでも知られるシンガーソングライター。
詞のパンチ力はそのままに、ぼっちちゃんが徹夜で考えた陰キャ&中二病の歌詞世界という設定に寄せるため、
絶妙に未熟で青臭い感じに調整されているのに唸らされました。

ボーカル・喜多 郁代役の長谷川 育美さんの歌声も陰鬱とした歌詞と合っていて良かったです。
もっとも、陰キャ・ぼっちちゃんの目が眩むくらいの後光が差す陽キャの喜多ちゃんは、普段こんな鬱々としたこと考えてはいないのでしょうがw

尚、公式では作中ライブシーン動画と合わせて、
リリックビデオ風のMV(FullVer.)も公開されているので、
アニメ未見の方も、まずはこれだけでも見て、
劣等感を燃料にしたロックに殴り倒されてみて欲しいです。
そこで、何か刺さる物があったら、多分アニメも行けるかと思います。


【4話までの感想】ぼっちちゃんガンバレ~

陰キャでボッチでも、バンドなら陽キャでリア充になれる!
とギターを始めるも、コミュ症故にネット動画配信に籠もっていた主人公・後藤ひとりこと“ぼっちちゃん”が、
バンド仲間ら、人と接する度に自己嫌悪等を悶々とこじらせながら、
夢のバンドライフ実現に向けて三歩進んで二歩下がったりする。
「まんがタイムきららMAX」連載中の原作コミック(未読)のアニメ化作品。


ぼっちちゃんが根暗なだけならハマらなかったのでしょうが、
彼女の場合は理想と現実のギャップが激し過ぎる故のアイデンティティ崩壊芸が笑撃的で、私も無事、結束バンドに拘束されましたw
ぼっちちゃんが極度に狼狽した際の、
垂れた両目が著しく離間した、あの情けない顔が頭から離れませんw
でも心身が溶解するくらい、いや、むしろ{netabare}プランクトンだの、ゾウリムシだの、下北沢のツチノコ{/netabare}だの、人ならざる物に成り果てて(笑)まで、
落ち込むのは、ぼっちちゃんが変わることを諦めていないから。
こういうキャラは、あんましプレッシャーかけるのも良くないのでwゆる~く応援したくなります。


CloverWorksのアニメーションもキャラデザが激変するギャグにも対応したり、歪み補正も交えたりと構図も大胆でゆる~い笑いをアシスト。
かと思えばフォトリアルな背景等で引き締めて来たりと、今後のライブシーン等にも期待が高まります。
その前にまず{netabare}ぼっちちゃんはダンボール箱から出ないとw{/netabare}


ぼっちちゃん役の青山 吉能さん。
4年前に「Wake Up, Girls!」解散した時は、このままフェードアウトか?
とも思っていましたが、こうやって主役を務めたりと、順調に活躍されているようで何よりです。
自己否定沼に沈没する、ぼっちちゃんは唐突に{netabare}「押し入れより愛をこめて」{/netabare}などのぼっちフォーク?(笑)を吟じたりしますが、歌唱へのつなぎもスムーズです。
「WUG」では演じてるキャラがセンターの娘と髪型一緒で見分けが付かないとかイジられていたよっぴーですが、
これもぼっちちゃんの日陰のメンタルを汲むのに役に立っているのかも?と思うと感慨深いですw


本作も、きらら系ということで、サブキャラのバンドメンバーも、
多少、強烈なぼっち生態を喰らっても、ゆるふわと吸収してしまう曲者揃い。
最近、私は“ひとり好き”(ぼっちとは大きく異なるらしいw)のベース・リョウにもハマりつつあります。
最初は{netabare}野草{/netabare}喰ってる変な人という印象でしたが、四話では音楽に対する芯のある発言で魅せてくれました。
いい加減だけど、この人なら振り回されても良いと感じる不思議な引力があります。
ある意味、リョウは最もバンドマンらしいキャラなのかもしれません。
だからと言って{netabare}驕らせるのはどうかと思いますがw{/netabare}

投稿 : 2022/11/10
閲覧 : 147
サンキュー:

22

ケマ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

面白いじゃないか!?

放送前、タイトルとティザービジュアルで見ない方向で考えていたのですが、制作がClover Worksということで、たぶんそれなりに面白く料理してくれるだろうという期待感でぎりぎり私の今期視聴リストに残りました。もちろん原作は知りません。

で視聴してみた結果、「無茶苦茶面白いじゃないか!」

普段私は日常系アニメを好んで見る訳ではなく、どちらかというと重厚なストーリーや舞台設定のあるSFやファンタジーが好みなのですが、その上でこのアニメが面白いと感じた位だから、対外的には相当面白いのではないのかと思った次第です。

主人公のぼっちちゃんの心情をコミカルに、かつ時々シリアスに表現されている点がとても素晴らしく感じました。そこに作画(動画)のキャラクターの動きのリアリティ、特徴のある構図などが相まって素晴らしい出来になっているのだと思います。

見て損は無いと思います。

投稿 : 2022/11/10
閲覧 : 59
サンキュー:

5

スィースィーレモン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

最初の印象と変わりました。

タイトルと放送前の漫画のPRの仕方から余り、好きになれませんでした。
しかし、アニメを付き合いで観ると熱い展開が多く、魅入ってしまいました。
毎週楽しみです。

投稿 : 2022/11/08
閲覧 : 56
サンキュー:

2

ネタバレ

記録用垢 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

今期で1番好きかも…?

日常系好きなので結構ハマりそう。
ギャグ:音楽:ゆる日常=5 : 2 : 3

OP:かなり好み、サビの盛り上がりと、きたさんがぴょんぴょん跳ねてるところがツボ
ED:ふつう

01-04
ぼっちちゃんの感情が乗った声が個人的には好き。たまに声を濁すのも心の声が滲み出ててる感じがする。心の中ではバンドで輝くことを夢見てること、そしてそれが実際にできないインキャの精神が見てて楽しい。

最初の3人の個性が出てていい。きたさんは後から来たせいか若干キャラが掴めない…
個人的には無表情無口キャラが好きな傾向にあり今回もりょうが1番好き
それぞれの背景もこれからの深掘りに期待したい。

作画は髪の毛が少し雑な気がして微妙な印象だけど、何でもかんでも綺麗に書く必要はない気もする。日常アニメ(?)ならこんな感じでも。

投稿 : 2022/11/05
閲覧 : 40
サンキュー:

2

lEFUg59761 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

驚きの『演技力』

基本的に視聴途中の作品をレビューすることはしないのですが、あまりにも衝撃的な出来なので慌ててメモ書き程度に書いています。

この作品の魅力は、とにかく『演技力』の一言に尽きます。

とにもかくにも、絵の演技が素晴らしいです。
演出面での実写を使った印象の記号化、人の体や動きを丁寧に模写する作画、アニメでしか表現できない崩れによるデフォルメ、奇をてらったわけでもないが適切で効果的なカメラワーク……
その他にも数多くの『演技』が見られ、近年稀にみる怪物動画になっています。
CloverWorksの描く緻密な作画は以前から話題ではありましたが、それがきらら系と駆け合わさるとこんなにも魅力的な『アニメーション』になるのかと驚くばかりです。

慌てて監督である斎藤圭一郎さんを調べたところ、ワンダーエッグ・プライオリティのOPで原画を担当されていたと知って納得。
これまで様々な作品で主に原画や作画を担当されたようで、監督は本作品で二回目の様ですが、これからはもっともっと監督として活躍してほしいと思わずにいられません。

これを執筆している現在はまだ4話までしか放映されていないので細かな評価は現段階ではできませんが、全て終わったらまた詳しいレビューを是非とも書こうと思います。

最後に、未試聴の人にはこう言いたいです。
このアニメ、見ないと損です。

投稿 : 2022/11/05
閲覧 : 41
サンキュー:

5

sttsk さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観たい

見るか迷っている人用_exe.

「ぼっち」はあくまで設定上のスパイス。
でも、そのスパイスがないと「変顔」という
デザートすら美味しくなくなるのだ。

(9ω6)<あばばばば!

そんな塩辛くもゆるやかな雰囲気。

***
Car Seat Headrestというアメリカのインディーズロックバンドがある。車の中でひたすら何年も収録し続けた過去があり、名前の由来でもある。
ネット世代の陰キャでオタク(ナード)であり、歌詞もそれ系だ。だがメジャーレーベルの目に留まり、デビューした。

同じロックでも曲調はかすりもしないが、主人公を見る(1話~3話)とどうしてもCSHの音楽が脳裏に流れる。
***

きらら枠としてはそのスパイスが舌に合うか否かが評価の分かれ目。

あとは、ひたむきさと勇気とゆるやか。


___

扉を開けたくないー(伸ばす腕すらないー)
何を払えばいいー(ヒューマニティーってどんな紅茶~)
暗いと見えないー(ただ動かせー動かせ~♪)

星を見ようと上を見るなー(下の水たまりにも星はあるー)
何を分身すればいいー(ヒューマニティーってどんな紅茶~)
暗いと払えないー(ただ溜めろー溜めろ~♪)

折れた腕でー(新しい命を待つな~)
ただ閉めろー(風を通すな~)

星を見ようと上を見るなー(下の水たまりにも星はあるー)
交換すると人類のー(寿命を減らす~)

扉を開けたくないー(伸ばす腕すらないー)
何を払えばいいー(ヒューマニティーってどんな紅茶~)

たららったろーん♪(水たまりをゆらせ~)
たららったろーん♪(水たまりをゆらせ~)

たららったろーん♪(折れた腕を拾うな~)
たららったろーん♪(折れた腕を拾うな~)

人生をあなたの視線から逃がすな~(最悪でも可能な限り~)
見えるものだけに心を開くな~(過去の軍勢を握り潰せ~)

暗いと見えないー(ただ動かせー動かせ~♪)
ただ閉めろー(風を通すな~)
その水たまりを他人の風から守れ~

たららったろーん♪(水たまりをゆらせ~)
たららったろーん♪(水たまりをゆらせ~)

たららったろーん♪(折れた腕を拾うな~)
たららったろーん♪(折れた腕を拾うな~)

人生をあなたの視線から逃がすな~(最悪でも可能な限り~)
見えるものだけに心を開くな~(過去の軍勢を握り潰せ~)

暗いと見えないー(ただ動かせー動かせ~♪)
ただ閉めろー(風を通すな~)
その水たまりを他人の風から守れ~

投稿 : 2022/11/02
閲覧 : 77
サンキュー:

4

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:今観てる

レベル高い

1話観ました。完全初見だったが展開が大方予想通りだったので、良く言えば見やすい&分かりやすくて、悪く言えば平凡な1話。印象としては神作まで届かないような良作に落ち着きそう。今季はレベル高いからなあ。

劇中で視聴者の殆どが知ってる曲を演奏してくれたりすれば一気に盛り上がるとは思うけど、どうですか?

4話まで観ました。結構良い感じ。ストーリーを着実に進めながらも各キャラの魅力が伝わってきます。今後、客が全然来ないみたいな挫折回とかあったりすれば尚良いかも。OPは今季の中でトップクラスで好き。ぼっちのTHE・陰って感じの声も好き。

投稿 : 2022/10/30
閲覧 : 74
サンキュー:

5

次の30件を表示

ぼっち・ざ・ろっく!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ぼっち・ざ・ろっく!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ぼっち・ざ・ろっく!のストーリー・あらすじ

“ぼっちちゃん”こと後藤ひとりは 会話の頭に必ず「あっ」って付けてしまう極度の人見知りで陰キャな少女。 そんな自分でも輝けそうなバンド活動に憧れギターを始めるも 友達がいないため、 一人で毎日6時間ギターを弾く中学生時代を過ごすことに。 上手くなったギターの演奏動画を“ギターヒーロー”としてネットに投稿したり文化祭ライブで活躍したりする妄想なんかをしていると、 気づいたときにはバンドメンバーを見つけるどころか友達が一人も出来ないまま高校生になっていた……! ひきこもり一歩手前の彼女だったが ある日“結束バンド”でドラムをやっている伊地知虹夏に声をかけられたことで、 そんな日常がほんの少しずつ変わっていく――
(TVアニメ動画『ぼっち・ざ・ろっく!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年秋アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ