2022年秋(10月~12月)に放送されたおすすめアニメ一覧 78

あにこれの全ユーザーが2022年秋(10月~12月)に放送されたおすすめアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2022年11月30日の時点で一番の2022年秋(10月~12月)に放送されたおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

80.4 1 2022年秋(10月~12月)アニメランキング1位
劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ(アニメ映画)

2022年10月22日
★★★★★ 4.4 (19)
81人が棚に入れました
世界初のVRMMORPG(仮想大規模オンラインロールプレイングゲーム)「ソードアート・オンライン」のプレイヤー1万人がゲームの世界に閉じ込められてから1カ月以上が過ぎた。鋼鉄の浮遊城アインクラッドの第一層を攻略したアスナはキリトとコンビを組んだまま、最上階を目指して旅を続けていた。情報屋アルゴの協力もあり攻略は順調に進んでいるかに見えたが、トッププレイヤー集団「ALS(アインクラッド解放隊)」と「DKB(ドラゴンナイツブリゲード)」という2大ギルドの対立が勃発。死と隣り合わせの日々の中、アスナとキリトは攻略とはまた別の脅威に巻き込まれていく。
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

アスナ育成計画の指針

《アインクラッド》第5層

リソースの均等配分を主張する《ALS》(アインクラッド解放隊)
精鋭による早期攻略を主張する《DKB》(ドラゴンナイツ・ブリゲード)

2大攻略ギルドの対立、さらに混乱を煽るPK(プレイヤーキル)集団。
狭間で奮闘するアスナ、キリトたちの活躍を描いた劇場版再起動(リブート)作品第2弾。

【物語 3.5点】
興味深い可能性が数多く示唆……。
が、これ伏線回収されるの何十年後ですか?(汗)


後に《血盟騎士団》へと収束していくであろう攻略ギルドの政治力学。
後にSAOサバイバーたちにトラウマを植え付けるであろうPK集団の萌芽。

加えてアスナ視点については、友人の情報屋アルゴ、
本シリーズのオリジナルキャラ・ミトを合わせ鏡に活用し解像度アップ。

アルゴとの入浴シーン。
{netabare}女の子二人の風呂場での水着バトルに、つい目を奪われてしまいますがw
あのシーンで肝心なのは、キリトがソロでありながら、アスナに気があるからつるんでいると指摘する、アルゴのとっておきの情報。{/netabare}

ミトについて。
{netabare}アスナVSミトのPvPは印象的な場面ですが、
それ以上に興味深いのが、決着後の、キリトとミトによる今後のアスナについての“保護者対談”。
急成長するアスナを誰かが見守り、攻略組の大規模ギルドの中心として開花させねばならない。{/netabare}
要素を先取りしてアスナの成長度や可能性を示すミトの使い方が上手かったです。

アルゴとミトで指摘したアスナの行く先には、
後の《血盟騎士団》副団長・アスナとソロプレイヤー・キリトは互いに好意を寄せ合いながら、一旦、袂を分かたねばならない。
という転機が待っていると思われますが、そこを織り込んだシナリオはファンならば興奮させられます。


が、ここまで10年で7層の原作外伝小説の刊行ペースでは、解答はいつになるのやら。
そもそも作者が不老不死にでもならない限り、完結すら不可能に思えて気が遠くなってきます。
この辺りが私が原作3巻で挫折している理由ですが(苦笑)
初めて未読組としてアニメ鑑賞する『SAO』は新鮮ではありました。

ただ、アニメ化のネタとしては、今後も原作数巻ごとに、ファン以外にも楽しめるだけの要素が十分にストックできるまで。
或いは原作中で大きな動きや傑作エピソードが生み出されるまで。
という方針になるのでしょうか。

本作を“原点の集大成”として『~プログレッシブ』劇場版企画は一区切り。
次の劇場版は完全新作オリジナルで制作するという判断は間違っていないと思います。


【作画 4.5点】
アニメーション制作・A-1 Pictures

構成上、二回繰り広げられたボス攻略戦の作画は気合十分。
5層ボスに至っては{netabare}部屋そのものがボス{/netabare}なので、背景も一体となってバトルを盛り上げます。

アルゴの俊敏な動きで爪で引っ掻き回すスタイルも再現度上々。
ミトの鎖付き鎌という変則的なスタイルについても、前作以上に活用できていました。


光と影のコントラストによる色彩の美しさにも惹き付けられます。
私はIMAXで劇場鑑賞しましたが、できるだけ黒の違いを表現できる規格で体験することをオススメします。


【キャラ 4.0点】
株を上げたのがキバオウ。
元・ベータテスターを僻む、身勝手なキャラとしてのイメージが流布している彼。  
今回は、攻略組精鋭に取り残されたプレイヤーの意見を代表する公の顔と、
“ビーター”として憎まれ役を買って出る“キリ坊”の事情も汲む私の顔を使い分ける柔軟性を見せる。
人望ある政治家として有能だったキバオウという驚きの事実。

この本音と建前をキリトは弁えていますが、
純粋なアスナはキリト君が損な役回りで傷ついてばかりと嘆く。
ボタンの掛け違いが切ないです。


情報屋アルゴを映像で補給できる待望作。
隠密行動キャラのイメージが先行していたアルゴですが、
正面切っても強いトッププレイヤーだったことが判明。
この先、レベルが上っても生き残って暗躍してくれそうです。


その他、エギル隊をたっぷり補給できたのも、エギル推しの私にとっては望外の喜びでした。


【声優 4.0点】
アルゴ役の井澤 詩織さん。
ケモノじみたマスコット成分もカバーした飄々とした口調で、軽妙な情報屋を表現。
ただ私は『メイドインアビス』2期を観終えた後だったので、
「オイラ」がどうこうと絡んで来るアルゴが、同じく井澤さんが演じるナナチに見える幻覚がw
できればアルゴの一人称は「オレっち」で統一するようお願いしたいですw

後のPK集団首魁〈PoH(ぷー)〉役の小山 剛志さんも「イッツ・ショー・タァーイム」と登場して来るので、ボス攻略してからも油断できません。
配下のジョニー役・逢坂 良太さんに加え、
小林 裕介さんも病んだ怪演で、両ギルドを離間する工作員役として新登場しブラック増量。


【音楽 4.5点】
劇伴は、前作に引き続き、梶浦 由記氏によるフィルムスコアリング。
5層ボス戦もまた複数のBGMを緩急織り交ぜて切り貼りして連続させる献身的な構成。
今回は楽曲群全体をピコピコと共通するアレンジも散りばめて繋ぎ、
長いバトルシーンの緊張感を維持。

音響監督も岩浪 美和氏が続投。
スピーカーの位置までおさえた調整力で鑑賞者の“フルダイブ”を好アシスト。
ここもできれば、立体音響にこだわった環境で体感することをオススメします。

ED主題歌は藍井 エイルさんの「心臓」
作詞・作編曲にヨルシカ・n-bunaを迎え、
大仰なストリングスを廃し、ピアノとバンドサウンドに純化した垢抜けた一曲。

今回、特にEDクレジット後のパートはありません。
が、“2人は雲を抜けたあの彼方へ”
ED映像の最後にあのカットを持ってくるのはファンにとってはエモいし、ズルいです。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 13
ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

正妻の本領発揮

【紹介】
ソードアート・オンライン プログレッシブの映画化2作目です
星なき夜のアリアから続く話なので前作を視聴してから見てください
SAO本編は見ていなくても楽しめる作りになっていますが、アインクラッド編の1層1層を濃密に描写しているのでファン向けの映画だとおもいます

【感想】
今回も妹と一緒に見に行きました、男女比は8:2くらいかな?
とても面白かったです! 作画や演出、音楽は毎回すごいしシナリオも良かった!
SAOのファンなら是非見て欲しいです

本編だけだとアスナやエギルやアルゴといつの間にこんなに仲良くなったの?っていうのが良くわからなかったけど、その部分がちゃんと描かれているのが嬉しかったです

シナリオは良かったけど話の内容に劇場版感はあまりなくて、ふつうのアニメ2~3話分って感じなのでTVアニメでやってくれればいいのにと思っちゃいますが、低予算になったときにガッカリするのでこれでいいのかも?

{netabare}
見どころは階層ボス戦の絶望感で、ラスボスかっ!!ていいたくなるような意地悪な攻撃パターン、これ絶対誰か死ぬやつでしょ・・・
キリトやアスナは大丈夫ってわかるけど、味方キャラクターはなんか死亡フラグ立ててるし、生き残る保証がないのですごく緊張感がありました

それからキリトとアスナの絆は前作に引き続き丁寧に描かれていて、ここまで相棒感出されると他の女の子は勝てないですよね

あとはキバオウさんの株が今回爆上がり!
これも本編だと最初にいがみ合っていたけど、そのあとどうなったの?って思っていたんですよね、確か生存者リストにキバオウさんの名前はしれっと入っていたので生き残ることは知っていたんですけど
それが今回の映画ではとてもいい役回りをこなしていて好きになりました
{/netabare}

投稿 : 2022/11/26
♥ : 14
ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

アスナの成長と優しさを感じる

人気アニメ外伝劇場版アニメ第2弾!
SAOで1番好きな世界観はアインクラッドです。
実を言うとアインクラッドはアニメでは1クール分で原作では文庫本2冊分のエピソードなんですが、物足りなかったのです。
アインクラッド1階層からかなりスキップされてますもんね(*꒪꒫꒪)
1層から1つ1つ見たかった私には、この劇場版は合ってる気がする。

前作の劇場版は、個人的にも原作に違和感を出さない感じに制作されておりかなり良かった。
今回はSAO原作にはない階層だし、違和感は心配ないと思っていましたが、果たしてどうだったでしょうか?


さて、物語は階層はOPボスで4階層ボス攻略ですね。
{netabare} 階層ボスは激流を起こす中、外からボス部屋の扉を開けて水を流す。
多分、正攻法ではないんだけど、あれじゃないと多分部屋が水に沈むから間違えてない気がするけどドア開けないと水中の中では動きにくいし、ドア開けない場合はどうするんだろうw
水は時間差で消えるのかな?{/netabare}

さて、物語の軸の1つは。

5階層フロアボスですね。
{netabare} ギルドフラッグをドロップするフロアボスで2つの対立する最前線ギルドのキバオウのギルドはドロップアイテムを独占しようとする。

ドロップアイテムの効果はフラッグを挿した範囲内のギルメンのみバフする効果と言うギルドとしてはかなり欲しいアイテム。{/netabare}

禁書目録で出てきたペテロの十字架と似た感じのバフバージョンってイメージかな?
私は、それを思い出しました。

{netabare}そこで、どのギルドが独占しても厄介なフラッグを手にさせない為に。
キリトとアスナは仲間を集めてボス戦に挑みます。

このフラッグをキリトが手に入れたのはゲーム攻略の為、ギルドに所属する人達の為です。
このフラッグは1つのギルドしか効果を得られなくて効果を得られたギルドは指揮があかり得られないギルドが指揮を下げてしまう結果になる。{/netabare}

そうなるとボス攻略にも支障がでる。
更に対立状態にあるギルドに渡るとトラブルになる可能性もある。
様々な理由で渡せない理由がありました。

{netabare} だから、キリトは条件を2つ出して、時が来たらフラッグを無償で引き渡す事を約束します。
でも、やっぱり不満も沢山出ます。
キリトは沢山の人に心無い言葉と言う石をぶつけられます。 {/netabare}

それを見たアスナは泣きます。
{netabare} キリトは皆の事を思って行動して命を掛けて戦ったのに……それを悪意ある言葉を投げつけられる……キリトは「俺がやりたいからやってる事」とか「評価されてしてるわけじゃない」ってセリフがあるんだけど……

これは私も似た考えです。
少なくても解ってくれる人が解ってくれたらそれでいいって私も思います。
私も昔、ゲームしてた事があって団長の立場に居て、色々な人にメンバー対して「甘い」とか「優しすぎるから仕方ない」「もっと厳しくすべきだ」とか私の仲間に対する対応で色々ボロカスに言われた事がありました……

メンバーのin率とか立ち回りとか態度の事だから私が代表だから言われても当然だし、チーム戦だから人は必要だけどリアルよりも優先を強制したくはなかったから、私になりに頑張ってはいたのですが中々難しくて‪(͒ ⸝⸝•̥𖥦•̥⸝⸝)‬
それに多分、皆さんオブラートに包んではくれたんだろうけど(*꒪꒫꒪)

多分、伝わらない人には伝わらないんだと思います。
否定とかそう言うのは傷つきますが全員の満足いく結果なんて夢物語です。
けど、そのゲームが無くなる時に沢山のメンバーさんからお礼のメッセージが沢山来て、それが凄く嬉しかったんです。
解ってくれた人がいた事が……少なくとも頑張ってきた事は間違ってなかったんだって。

だから、アスナがキリトの考えが頑張りを知ってる彼女が泣いて怒ってくれた事はキリトも嬉しかったんじゃないかな?
キリトにもそうやってキリトを思って泣いてくれる人がいる。
自分を理解してくれる人が1人でもいい数人でもいい少しでもいるなら何を言われても傷つけられても頑張れる気がします。
キリトにも沢山の仲間がいる訳ですからね。{/netabare}


もう1つの物語の軸は、アスナの成長

主人公は彼女ですからね。
罠にかかり大事な武器をモンスターに奪われた彼女は迷宮で絶望します。
アスナって最初はミトに見捨てられた時も部屋に篭ってましたよね。

彼女は何かあると、立ち止まってしまう。
けど、悩んで考えて最後には立ち上がる。
{netabare} 自分でモンスターを帯びき寄せる方法を考えたり、モンスターから武器を奪い返したのも、PK集団の一味のやり取りを偶然知ってしまい話を聞いていて見つかった時も自ら回避したりと、1人でもなんとかする力をしっかり身につけてるんだと感じました。

そして、ボス退治のメンバー集めでミトに力を借りにきた時のデュエルも、守られてばかりだったアスナが今ではミトと同等に戦えミトが本気を出さないと勝てない程に成長してました。

でも、ミトは手伝えないと……アスナを見捨てた彼女は今もまだあの日の事を。

「裏切りたくないから」って理由ですね。
ミトの立場からしたはね……吹っ切れないかなぁ
確かに一緒に戦わなければ裏切る事はない。

けど、私は思ったのは「裏切りたくないから一緒に戦わない」のではなく「裏切りたくないから一緒に戦う」べきではないでしょうか?

過去は塗り替えれない。
償えたとしても、許された訳じゃない。
何をした所でチャラにはならない。

でも、前回、裏切り逃げ出したからこそ、次は裏切らないように共に戦うべきでなないでしょうか?
ボス攻略と言うピンチになる場所へ向かう友達の為に。
次は裏切らない為に。

だから、ミトがアスナのピンチに駆けつけた時は安心しました。
正直、今回のボスはミトが居なければ勝てなかったかもしれませんね。
追尾効果持ちなんて他には居なさそうだし、あの高さなら多分アルゴくらいなら届くだろうけど追いつくのは大変だろうし。{/netabare}

で、ミトはペンダントでもアスナを守りましたね。
あのシーンを見て思ったのは……

{netabare} ミトってお店を出したいんだそうです。
強化素材とかのお店で、ペンダントなんかも作れるみたいです。
しかもキリトが驚くレベルの。

彼女は初心者のアスナを守れなかった。
だからこそ、彼女は街から出る初心者冒険者や冒険者に少しでも強化のお手伝いが出来たり助けになるアイテムを持って少しでも生存率を上げて、また元気に街からに帰って来て欲しい。
そう言う気持ちからお店を出そうとしてるのかな?って思いました。 {/netabare}
アスナを救ったのが、その1歩目かな?

最後のアスナとミトのやりとりは友達でした。
これは私の友達のイメージにピッタリでした。

友達って学校を卒業したら、夫々の家庭を持ったり仕事に出たり、夢に突き進んだり道は必ずどこかで分岐するんです。
けど、目標や目的は違っても困ってたり悩んでる事を知れば支え合える助け合える。
それが私の友達のイメージの1つです。

アスナとミトは目標は違うけど友達で、困っていたら助け合える{netabare} 「ピンチになったら助けにくるから」って言葉は本当に素敵だと感じました。 {/netabare}


後、キリト君が{netabare} アスナとミトが久々に会う時に追跡してたのがおかしかったww
あれは絶対ついてきてましたよ。
だって、ミトとアスナが会話からデュエルまで遅かったって程は時間経ってないしw
ちょっとストーカー気質ぽいキリト君が面白かった。{/netabare}

前回の劇場版もそうでしたが、キリト君はちょっと見てて???ってなる時が必ず1回以上はあるんですよねw

初期のキリト君は女の子との距離感が測れなかったりテンパったり面白い部分がある可愛いけど、キリト君だから許されるかなw
あれが、エギルやクラインやキバオウだと少し恐怖を感じるww

そう言えば、キリト達がボス戦をする時に
{netabare} エギルやアルゴの名前は出て呼ばれたけど……クラインは何処に?
1層からまだ再会してないのかな?
それとも、キリトはカウントダウンパーティーに呼ばれなかったから、クラインに理不尽な八つ当たりで省いたのかな?{/netabare}
後者なないよねw
そんなキリト嫌だから違ってて欲しいww

キバオウは今回は……
{netabare} 良い奴でしたね。
結局、今回の揉め事の当事者ではあったけど、キリトがフラッグを手にした理由に理解してくれたり、フラッグを横取りしようとした仲間を止めてくれたり、キリト達に自分達がボス攻略の時間を教えてくれたりとか。

キバオウって偉そうで生意気で口が悪くて我儘で最低のイメージでしたが、今回で少し見直しましたね。
ちゃんと物事を考えられる人なのだと{/netabare}


さて、全体的な感想に入ります。

今、オススメの劇場版です。

キリト達がアインクラッドに踏み入れたのは2022年で私達の世界と同じなんですよね。
しかも、劇場版の舞台が2022年12月29日から12月31日で時期的にも近いです。
更に、今回は少し浮遊系のモンスター達も登場するので少し遅めのハロウィンにもピッタリの劇場版ではないでしょうか?
観る時期が合っているので、少し新鮮だし。
キリト達の生きた時間を私達が今生きていると考えると素敵ではないでしょうか?


今回も男性諸君へのサービス
{netabare} アスナの入浴シーンがありましたね。
オーディナルスケールからSAOシリーズ3作品全てアスナはお風呂に入ってるけど劇場版でのお約束なのかなww {/netabare}

戦闘シーンは迫力ありましたね。
何より音が今回はかなり迫力があり心臓まで響いて来ましたね。
スピード感は抑え気味でしたが音と迫力はしっかりあったし
{netabare} ラストアタックで揉めたりフラッグで揉めたり、とかゲームプレイヤーなら欲しいだろうなぁ〜とか、リアルにあれば揉めるである出来事で感情移入しやすかったりもしました。

アスナも怒ってましたね。
ラストアタックは同時だとw
キリトはシステム的にとか俺の方が少し早かったんだよとか言ってたけど、多分アスナは怒りに共感して欲しかったんだよ。{/netabare}
この噛み合わない感じも面白かったですね。

後は、物語もテンポ良かったですね。
しかし、当然ながら、原作にはまだまだ続きがあるから……少し終わり方が……纏まってはいたけど{netabare} PKの奴らが…… {/netabare}劇場版でもOVAでもアニメでもいいから是非続きして欲しいですねw

投稿 : 2022/11/26
♥ : 6

78.2 2 2022年秋(10月~12月)アニメランキング2位
すずめの戸締まり(アニメ映画)

2022年11月11日
★★★★★ 4.2 (63)
243人が棚に入れました
九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、
「扉を探してるんだ」という旅の青年に出会う。
彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、
まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにぽつんとたたずむ、
古ぼけた扉。
なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが...

やがて、日本各地で次々に開き始める扉。
その向こう側からは災いが訪れてしまうため、
開いた扉は閉めなければいけないのだという。

――星と、夕陽と、朝の空と。迷い込んだその場所には、
すべての時間が溶けあったような、空があった――

不思議な扉に導かれ、すずめの“戸締まりの旅”がはじまる。
ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

想像の10倍面白く、100倍辛く頭を使います。3回目視聴しました。

 初めの一瞬だけまた映像美かなと思いますが、すぐに完全に忘れます。新海誠ブランドということすら忘れます。とにかく展開につぐ展開で、びっくりするくらい面白かったです。
 誇張抜きで本当にあっと言う間に終わったという感覚ですが、後から考えると密度が濃いという感じでした。情報を完全にシャットアウトしていたのも良かったのかもしれません。

 映画館に行って良かったと心の底から思いました。多分今週…は無理でも来週くらいにまた見に行くと思います。

 で、いわゆる設定の考察を完全に封じる映画です。もちろんテーマ性の奥行きはありますが、それよりも「感情」の映画でした。たかぶる感情の先にもちろんテーマ性はありますが、この作品は見たときの感情、思考ではなく感覚的に何が頭をよぎったのかを大切にしたい映画だと思います。
 含意としてのメッセージやテーマはもちろん大いに考察すべきでしょうが、矛盾がどうとか、マネがどうとか、この設定は実は…みたいな考察はやるだけ惨めになるくらいの力強い映画でした。

 新海誠3作目の超メジャー作品で、ブランドありきでくるだろうなあという諦めというか、斜に構えて見に行った自分が恥ずかしくなるくらいいい映画でした。

 5点満点は思考停止でつけたわけでなく、これ以外ないと思います。まあ22年度…というかここ数年の映画の中ではNO1だと思います。

 完全ネタバレ封じをお勧めです。冒頭12分とか見る必要はないでしょう。私は見なかったのが良かったです。冒頭からワクワクしました。この先は閉じておきますので、是非、先に見てきてください。


 初見での第1次のひっかかりポイントです。今後、この作品を考える上でのメモ程度です。(当日考えたことを若干追記しました)

{netabare} 「すずめ」という名前ですが、これは日本で最近スズメを見なくなったという話があります。いつの間にか気が付かないうちに日本が変わっているのだ、ということかもしれません。
 また、すずめはありふれた人の象徴というレビューを拝見しました。たしかにその意味は大きいと思いました。

「しゃべるイス」ふたりのイーダという児童文学があります。これが原爆によって死んだ家族がモチーフになっていたので、椅子がしゃべった瞬間不穏な感じがありました。

「蝶々」です。これは喰霊ゼロでも出てきますが、魂の象徴です。2匹飛んでいるということは親のことでしょう。つまり、死者の魂=両親の気持ち、死んでも見守っているということだと思いました。

 神戸ですね。もちろん阪神淡路です。すずめが移動した、愛媛のあの尖った半島から四国を横切って淡路島のルートって、地下構造線があって、直下型地震が起きやすいとされているルートな気がします。

 ご都合主義のように、いろんな人が不自然にすずめを助けるように見えますが、これは震災の時の人のつながりを感じました。困っている人がいると助けたくなる日本の田舎に残る古い気質を表していたんでしょうか。初めはまあ、お話だからと思ってましたが、すずめが神戸に来た時にそういう無償の人助けの印象を持ちました。一方でスマホで写真を撮る場面も沢山ありました。

 旅の中でこの親切な人たちは親子の家族でした。そしてヒロインは叔母と2人。イスはお爺ちゃんと。いろんな家族の形がありました。

 廃墟は人口が減り、過疎化が進み、古い日本が死んでゆく。そしてその一方で、いつどんなときに大地震が起こるかわからない日本。人とのつながりが最後は大切だよ、というかとでしょうか。
 廃墟にも人の思い出が詰まっているというのも大事でしたね。廃墟をみて何を感じるのか。昔の人の想いを受け止める。それは「懐メロ」にも通じています。 
 大地震に至らなくても、大雨が降るのも不吉な何かを感じました。

 そして東京です。これは言わずもがな、ですね。のんきに暮らしていても大地震はいつでもきますよ、ということでしょう。
 東京は地下をいじくりまわしていますからね。その辺の意味もある気がします。神田川も確か大地震を起こした断層だった気がします。

「戸締り」は防災というのは短絡ですけど、心構えかもしれません。むしろ過去の自分に対する何かなんでしょうか。ドアを閉めないと不吉なものが…そして死者の世界かあ。次回視聴時の宿題にします。

 教師になるという夢と日本に夢を絶たれて石になってしまうというのも何かを感じました。日本を守る人が、教育者を目指しているというのもちょっと意味を感じました。

 おばさんの言葉ですね。愛情も憎しみも本音ということでしょう。コミュニケーションを絶ってはだめで、話をしようということでしょう。また、震災は犠牲者だけでなく、それを助けた人たちの中にも苦しんでいる人がいるということもあるのでしょう。

「懐メロ」ですね。80年代以前の音楽だと思いますが、ルージュの伝言はまあ宮崎駿に対するちょっと皮肉なメッセージなのか、あの魔女の宅急便のような牧歌的な少女の夢が見られなくなったという事なのか。
 まあ、それは考えすぎにしても、80年代の曲を聞いて、感動していた人たちがもうこの世にいない、という少しノスタルジックな気分になりました。
 阪神淡路が1995年です。そして東日本大震災が2011年。魔女の宅急便は1989年ですね。
 時代を超えて曲が愛されるということで、昔も今も同じ人間だよ、という意味もあるんでしょうか。廃墟の記憶とも重なります。

 とにかく日本の現実と過去の現実で、打ちのめされるくらい「つらい」感情を持ちました。ただ、その「つらさ」をどう受けとめ、今後訪れるだろう「つらい未来」にどういう心構えでいるのか、ということが「戸締り」なんでしょう。

 恋愛部分ですけど、ここも考えすぎかもしれませんが、滅びゆく日本の中に、男女でもっと恋愛しようよ、夫婦で子供を残そうよ。困っている子供に手を伸ばしてみんなで育てようよ。だって、人間だから、というメッセージも感じました。

 猫ですね。猫が愛情に触れると太り立派になり、悪意に触れるとやせ細ります。ここに人間の心の何かを象徴しているような感じはありました。神とはすなわち国土の意志と取ると、人間の心映えで国土の力が弱まっているという風にも感じられました。


 過去の自分に会いに行く。なんのオマージュとかは忘れましょう。それは重要ではありません。過去の自分に何を言いにいったのか。
 肝心なことを書き忘れました。一番恐ろしく、感情が動いたのが「黒く塗りつぶされたノート」です。ここが第1の嗚咽ポイントでした。(がまんしましたけど)もう、なんというか、真っ黒になった心…しかも子供の。この子供に対して、何を言えばいいのか。

 子供が繰り返し黒く塗りつぶすシーンがありますので、ここは子供の心が壊れて行く恐ろしさが一気に理解できました。
 そして震災の象徴である、あのビルの上の漁船の上の場面もありました。
 解答はもう少し考えたいですが、この昔の傷ついた自分に何を言いに行くのか。これは冒険の果てだったからこそ、おばさんと喧嘩し、恋愛したからこその言葉だったと思います。ここに「戸締り」の意味があるんでしょうけど、そこがピタッとまだ理解しきれてません。

 恋愛感情の持ち方の描写が弱いというレビューも拝見しました。これは「君の名は」でも言われたことだし、映画の作りとしてはもっともなご意見でしょう。
 ただ、私は新海誠氏は、好きになるプロセスより好きになった気持ちと行動を大切にする人なんだろうなあと思っています。そして、好きになるプロセスは自分なりの考えで補いたいです。

 船の中のでパンとジュースを買って2人で座っているシーンとかラブシーンとしては最高だったし、途中でイスにキスするシーンが見せてはないですけどありました。イスの上に立つシーンとかでちょっと恥ずかしくなりましたし。
 イケメン(死語?)に恋するのではなく、イスを好きになるというのもポイントでしょう。超美青年という設定はこのヒロインの恋心がルッキズムによるものではなく、純粋だという表現だと思います。
 初めは超イケメン好きだったのは冒頭でわかります。それがイスが好きになるプロセスで純粋さ(行動、使命、人柄、何より一緒に時を過ごす)を表すのに効いている気がしました。

 また、ドアというのは異世界とか時間を飛び越えるというのはありますけど、心の象徴ですから。2人で一緒に扉を閉める旅をしているということで…かつ、鍵をヒロインに預けるし、何より鍵と鍵穴が象徴するのは…もちろん相手はイスですからメタファですけど。

 イスがなぜ足が欠けているのかって、見逃したなあ。ありましたっけ?初めは障碍者を連想しましたが、むしろ家族が欠けるとか、心の何かが欠落しているイメージかなあ。次回確認します。

 要石とか、猫神とか、ナマズとかいろいろ調べようと思いましたが、そういう考察はやっぱり要らないかなあと思いました。


 ちょっと意地悪な見方ですけど宮崎駿氏ありますよね。魔女の宅急便とハウルの過去の部分とかみみずとか…オマージュかあ。

 廃墟=懐メロ=人々の記憶=宮崎映画=悼むもの?

 かなあ…


{/netabare}


 とまあ、思いつくままのメモです。初見なのでまた追記するかもしれませんが。
 追記してもしても、書きたい事が出てくるので、2回目まで考えをまとめます。

 言い忘れました。映画館でなければ嗚咽してたかも。最後のスタッフロールが少しの時間ですが暗い画面になるのでハンカチを取り出せました。



追記 「岩戸」とパンフについて。

 配布のパンフは考察の邪魔。読まなくていいと思います。あるいは散々自分で頭を使ってから答え合わせをした方がいいと思います。そして、正解は作った側でなく、見た側だと思います。

 自分の受けた感動とか考えた結果とか何よりも感情を「正解らしきもの」で上書きするのが最悪な映画です。わかった気になって思考停止に陥る可能性を危惧します。

 そして、作品は制作者の手を離れればもう視聴者の判断にゆだねるべきものですし、複数のクリエータが時間をかけて作るものなので、個人の考えはそれが中心人物だったとしても参考でしかありません。
 制作するにも時間はかかるし、いろんな修正が入った結果、当初の意図を超えるのが「作品」です。
 何より、表現したいものは表現したようにしか現れませんが、表現した結果というのは個人の意思を超えるものなので、個人で作るコミック等でも例外ではないでしょう。
 ですので制作者が作品について語るのは見聞きしても放っておくのが一番で、自分の考えと感情を優先すべきでしょう。


 せっかくの名作なのに、余計な事をしてるなあ、というのが正直な印象です。自分で結論を狭めてるじゃん、という気がします。

{netabare}  ほかのレビュアーさんを拝読して、岩戸ですからやっぱり意図としては当然「天岩戸」は関係あるみたいですね。

 岩戸という名前から当然連想はします。が「扉を開ける」は話でなく「扉を閉める話」だし、地震と太陽が隠れるというのが方向性が違います。モチーフというかイメージとして日本という国を守ると言う感じで単なる名前だけかなあと思ってました。

 ただ、そうか「黒いノート」の意味がそうなると分かる気がします。震災で「世界が暗くなった」=幼いすずめの心が黒く塗りつぶされたということなんですね。
 すずめが一般の人たちのメタファで、幼いすずめ=震災で傷ついた人たちと考えると、黒いノートの意味に背中がゾクリときました。
 そういう人たちは震災の時以来世界が真っ暗になったということでしょう。

 一方で、アマテラスオオミカミと幼いすずめがイコールだと思いません。なぜならすずめが救済のメタファになっているか読み取れないからです。もちろん、物語ですずめは扉を閉めて回る役割として、地震を防いではいますが、閉めると開けるはベクトルが逆の行為だし、そもそもそれはアメノウズメとアメノタジカラオの役割です。

 アマテラス=アメノウズメというのはちょっと無理があるかなあ。自己救済という意味ならまあわからなくはないですけど、地震=災害を絡めるとよくわかりません。

 ですので、みみず=震災を戸締りする=閉じ込めるという行為についてはもう少し考えたいです。これはやっぱり天岩戸とは方向性が違うので。

 すずめが過去の傷ついた自分を閉じ込めるのか、傷ついた世界から連れ出すのか。その結果世界が明るくなった…というにはミミズは退治したわけではないので、余韻としては地震がある国土に住んでいるという暗さが残った気もします。

 ここは岩戸という名前=「天岩戸」というフレーズに引きずられているところもあります。無理に天岩戸に重ねなくてもいいかなあという気はしました。
 あくまで今後起こる地震ではなく、東日本大震災からの救済だけの話なら、そろそろ岩戸から抜け出ようよ、という気もします。ただ、そうなるとみみずがなんのメタファなのか…東京のみみずはなんであんなに大きかったのか。
 東北のみみずの時、火が燃え盛っていましたが、あれは東日本大震災のイメージではなく、阪神淡路の光景です。

 岩戸かあ…余計な名前というか…うーん。やっぱり映画のテーマ性の考察はあまり余計な情報がないほうがいいですね。

 で、まあ、読まないようにしていたパンフを読んでみたわけですけど…うーん。大抵、クリエータってカッコつけるので、奇麗なことしかいいませんから。最終的には読み取れるもので判断した方が良さそうです。
 企画段階から話が変わったのか、あるいは大きなイメージだけは拝借した感じと捉えたほうがいいのかなあ。正直、読まなければ良かった気がします。
 別に映画の出来の良さに変わりがないのだから、語らなきゃいいのにと思いました。そして結果的には、やっぱり天岩戸と本作を無理に重ねなくても、読み取れるものだけ読み取ればいいと思います。

 イスが3本脚の理由もまた震災で傷ついたということでしょう。震災で壊れたんですね。そういえばイケメンは宗像姓かあ…宗像神社でしょうか。たぶん古い神社だから何かのメタファなんでしょうけど。
 草の字をわざわざ使ったのは、草薙剣かなあ。三種の神器だし「家」というフレーズから考察できなくはないですけど、不遜な答えになるので止めておきましょう。こういう設定考察は時間の無駄でしょう。
 やっぱりこういう名前からは「イメージ作り」だけで、物語と重なる部分が少ないかなあ。

 ただ、やっぱり彼が手力男というのはちょっと無理があるかなあ。
{/netabare}



 追記 そうかあ、アナロジーでいうなら{netabare} 海辺のカフカ(村上春樹) {/netabare}ですかあ…他の映画のレビューサイトで見ましたけど。うーん。ありえるなあ…すっかり盲点でしたね。四国ですもんね。何よりもっと大きな意味でメタファを感じますね。それに気が付いたからと言って、上で書いた感想もレビューも変わりはないんですけど、 {netabare}天岩戸と言われるよりも、納得感があります。「海辺のカフカ」は「入り口の石」を「開けて閉じる」に「猫としゃべれる男」がでますからね。それに主人公というか母親は昔の辛い記憶の世界に入ることで救済を得ますから。昔の辛い出来事を記憶する。それが悼むということ、そして前を向こうと言う話です。何より「海辺のカフカ」とは絵画ですから=映画{/netabare}と考えるとまた一段と面白いと思います。

 確かにオマージュを感じます。設定を考察してもしょうがないとか言いながらも、このアナロジーに気が付いたのに感心してしまったし、考えるヒントになるので、追記しました。



2回目視聴しました。一旦レビューはこれくらいにしておきます。

 いやー2回目はつまらなく感じるかなと思いながらも早々に再視聴。1回目より面白いのはなぜでしょう。

 話の結末が見えていると、カットカットの意味がなるほどということもちろんあります。展開が分かっているので安心して見てられるので、話の面白さがより味わえるのでしょう。とにかくエンタメとしての面白さを再認識しました。まず、これがすごいです。

 東京のシーンの出来は2回目見ても鳥肌でした。カットわり、演出、音楽、効果音すべてが最高…つまり最高に恐怖を感じました。モンタージュ効果というやつでしょうか。


 で、結局なにを感じたかというまとめです。上で書いたものはその通りでいいんですけど、付け加えみたいな感じです。

{netabare}  まず、人間普通に生きたいという気持ちがある。それは結果的に今生きている人間も過去に不幸にあった人も一緒です。震災大国日本に住んでいる以上は、誰でも不幸は起こりえることです。だから、生きている人は懸命に生きましょう、死んだ人々に想いを馳せましょう。

 それとやはり2匹の蝶々は両親でしょうね。いつまでも子供を見守っていると。

 そうなったときにダイジンです。要石の役割というのは、日本を守るための犠牲でもあります。つまり本当はやりたくない役目です。ダイジンはやせ細っていたことと愛情に飢えていたことから考えて、つまり、貧困の中で不幸に死んだ子供、飢え死にでしょうか…それも親がいない状態で、ということだと思います。だから、鈴芽にご飯を貰って優しくしてもらって、鈴芽の子供になりたいと思ったのでしょう。

 そして鈴芽の不幸な過去を救済するために東北に導いた、のかはわかりません。地震が起こる土地土地に導いて地震を止めていたとも取れます。また、過去から要石は場所を変えていたらしいので、そういうバトンタッチがあって、お役目を終えることができると言う風にも取れます。

 東の要石はどうなんでしょうね。親目線なんでしょうか。親の愛情が理解できない人の魂なんでしょうか。だから、おばさんの本音がわかったようにも見えます。西と東で大小があるのは大人と子供なんでしょう。

 映画の意味として、確かに悼むという意味とか、親から子へ次の世代への気持のようなものとか、もちろん恋愛やホスピタリティと言ったものは感じます。ですが、根底にあるのはやはり、どこか地震と災害があり、夢を犠牲にして日本を支える人がいる、みたいな暗さは感じました。

 ですので、2回目を見て、ますます天岩戸…そうかなあ、という印象でした。

 あと首都高の途中の階段を見て、1Q84でしたっけ?村上春樹を感じたんですけど、どうでしょう?海辺のカフカ…そしてかえるくん、東京を救う? {/netabare}

 ということで3回目も多分行くとおもいます。できれば貸し切り状態で1回見たいなあ。最高の映画でした。
 


で、見てから1週間で3回目見てきました。若干考察らしきものをメモしておきます。

 やっぱり本作は、映画としてエンタメとしての面白さがまずすごい。ストーリーは当然で、作画・背景美術はもちろんですが、展開、構成、演出・演技・カット割り、間、エフェクト、音楽、音響、効果音すべてが素晴らしいと思います。

{netabare} で、テーマ性なんですけど、まずは1つめ。「がんばって生きよう」かなあと思います。「死と隣り合わせだからこそ」「不幸にも死んでいった人がいるのだから」がある気がします。そこには「利他の喜び、感動」もあるでしょう。

 2つめが「親子」でしょうか。「育てのと産みの親」みたいな部分もあるでしょう。ですけど「親は子供を気に掛ける…心配」かなあ、という気がします。やっぱり2匹の蝶々ですね。あれが両親だと思いますし、ダイジンの過去を想像すると、親の愛に飢えた子供をどうしても連想します。環さんの表裏の愛憎もそうですけど。

 もう1つ。キャラの深掘りとしては、鈴芽の行動です。どうも彼女は死を恐れていないという感じ、それが衝動的な行動につながっています。これは、彼女の半身である幼い子供時代が黄泉の国に残っているから…ともとれます。死の世界に半分足を突っ込んでいた。

 それと環のキャラ弁ですね。あれを見ると環との関係が重かったんだろうと言うのが分かるし、後半のセリフでもいいます。心の底でどこかに逃げたかったんでしょうか。

 草太への気持は、一緒に旅をする吊り橋効果とも取れますし、過去に会った事がある、使命感に惹かれた、イケメン等々あると思います。最後の「おかえりなさい」で気持ちが残っていたかどうかはちょっと考えなくちゃなりません。半年時間を置いた理由です。まあ素直に待ち続けているとも取れるし、戦友的な「おかえりなさい」とも取れます。

 結局本来はダイジンと入れ替わるのは鈴芽ということでしょうか?ただ、ダイジンは好きになっから鈴芽と一緒にいる草太を代わりの要石にした?

 旅館とスナックに客が集まった理由は、鈴芽がいるから?鈴芽を助けたくなる理由と一緒?ここのアマノウズメ設定が活きるということ?ここは少し考えたいですね。
 岩戸の中にいたのが鈴芽の幼いころ=アマテラスだとすると自己救済だです。黒い日記帳に対して、明るい未来というのは、なんとなくそのメタファな気がします。
 鈴芽が震災で生き残った人の気持ち=黄泉の世界にいると考えると自己救済です。{/netabare}

 とまあ、いくらでも考察できますけど、これくらいにしておきます。多分、次は円盤待ちか、年末年始にやってたら、どこかで4回目行くかもしれません。


 なお、他サイトその他でダイジンの件で目につく批判がありました。どうも有名なレビュアーがユーチューブで何か言ったみたいです。

{netabare} ダイジンまた要石になって、鈴芽は心が痛まないのかという話があります。
 まず、ダイジンと何のために相互理解したのか、そして左大臣を大きく描いて、親のような存在にしたのか。要石が昔から移動した設定。鈴芽が自分が犠牲になっても草太を助けたいという気持ちの後、やっぱり生きたいと言ったところ、何より新海誠映画の省略の読み取り方が分かると、いろいろ考えが及ぶと思うのですが。
 それと最後のスタッフロールで仲が悪かった3人が仲良くしているところとか、痛みもそうですけど草太がいない状態です。「わざと明るくしている」と考えれば、まったく不自然じゃないと思うのですが?
 まあ、人それぞれなのでいいですけど、あまり些事を拾ってもしょうがないし、鈴芽の過去と性格から補完できないかなあという気がしました。

 テーマ的には重要な要素なので、ここに視点をむけるのは良いと思いますが、しかし、ダイジンが要石に戻ることを不自然にとらえると、映画の始まりからダイジンのキャラ設定がかえっておかしくなる気がします。 {/netabare}


















 

投稿 : 2022/11/26
♥ : 20
ネタバレ

薄雪草 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

千引(ちびき)の岩、事塞(ことさえ)の神。

「扉の向こうには、すべての時間があった。」

このキャッチコピーの意味が、最終盤になって、ようやく明かされます。

その瞬間、カタルシスを得られるのなら、新海氏のメッセージがきっと伝わるでしょう。


3.11に、どれほど思いを寄せていたか・・・。

今も、3.11と同様に心を寄せているか・・・。

徐々に風化していく距離感と危機感とを、観る方の魂に、ダイレクトに問いかけているように感じました。



本作をひとことで言えば・・・「視聴者との対話に、重きを置いた作品」。

そんなふうに思うべきとの印象を持ちました。


~    ~    ~


というのも、

鈴芽(すずめ)が主人公である必然だったり、閉じ師と連れ合う命運だったり、九州から東北まで邁進する姿だったりは、

不思議とだれかに導かれるようにして、
果敢にみずからを鼓舞するようにして、

母を求める悲しみに屹立する過去の自分に、尊厳と愛情をもって向き合おうとする彼女の姿が、そこにはっきりと見てとれるからです。

だって、私たちは、嫌と言うほどそれを見てきているし、嫌でも体験していくだろうと思うからです。


~    ~    ~


本作には、地震を押さえ込む要石の下で、{netabare} 地獄の劫火が燃え広がるシーン {/netabare}が演出されています。

でも、よくよく考えれば、意味もなく劫火が立つわけはなく、要石があるからといって鎮火することもないのですね。

劫とは、目には見えないマイナスの因縁です。
目に見えるとしたら、それは "業" と言いかえられます。

業とは、人間の生業(日々のなりわいと暮らし向き、人への振る舞いとものの言いかた)から沁み出てくる "心の冷たさ、暗さ、重たさ" のことです。

それらが積みあがって "罪" となり、凝り固まって "穢れ" となり、ついには膨れ上がって {netabare} "異形のミミズ"{/netabare} と実体化するのかもしれません。



なれば、私たち一人ひとりはどうしたらよいのでしょう。

それは、自らを、鈴芽や閉じ師のように振る舞わせること。

千引きの岩のごとくに自分の甘さを押しとどめ、事塞の神と化身して我が身の怠りに防御の陣幕を張ることです。

そして、せめて目の前の海川山野をけがすことなく、どの人にも優しく接し、小さな声にも耳を傾けることに "本君" を置くべきなのではないでしょうか。


~    ~    ~


もう一つは、リアルに日本各地で起きている地震が気になります。

ブラジルの予言者、ジュセリーノ氏は、「11月16日に高知水道(徳島県と和歌山県の沖あい?)でマグニチュード9の地震が起きる」と著述しています。

でも、それは明日かも知れないし、クリスマスの日かもしれません。
とある田舎かも知れないし、大都会や地方都市なのかもしれません。

いざアラームが鳴ったときには、自分の勇気に対峙することになるでしょう。
また、過去の魂を修復し、未来の希望を構築する心意気も必要になるでしょう。

なれば、その前に、自衛のための準備、共助のための用意に尽力するのが人の道理かと。


~    ~    ~


すずめとは "市井の、無名の人々" の意味とも取れます。

「いってきます。」の戸締まりも、「おかえりなさい。」の戸開きも、いずれも誰ともない人たちへのエールです。

そのときのひとり一人は、きっと身近な人へのヒーローであり、遠い人へのヒロインにもなれるでしょう。



地域社会を、ひいては日本全体を守ろうとする姿勢は、どんなにカッコよく、ステキなことでしょう。

そんな暮らしが日々に送れたら、どんなに誰もが幸せになれることでしょう。


今、このタイミングだからこその "GJ" ですよ!

新海誠監督!!

投稿 : 2022/11/26
♥ : 13

でこぽん さんの感想・評価

★★★★★ 4.9

映像、音楽、ストーリィ展開、全てに満足しました

新海監督の映画を多く見てきましたが、この映画が最も素晴らしかったと思います。
映像、音楽、ストーリィ展開、全てに満足しました。

但し、東日本大震災や阪神大震災が物語に含まれていますので、見たくない方もおられると思います。
映像や音響効果が、あまりにも迫力ありすぎるのです。
被災者の方が見られる際は気分が悪くなられるのでは…、と危惧しています。


主人公の岩戸 鈴芽(いわと すずめ)は宮崎県に住む女子高生。
ひょんなことから(実はすずめが年上の美男子が大好きなので)、すずめは青年(?)と一緒に愛媛、神戸、東京、そして東北へと旅をします。
旅をすると言っても、恋愛要素は全くありませんので安心してください。

旅の目的をすずめは理解しているつもりでした。
でも、旅の真の目的をすずめが理解したのは、旅が終わるときでした。
実はこの旅には、深い意味があるのです。

旅の途中ですずめは、いろんな人から優しさを分けてもらいます。
その優しさは、とても心地よいものでした。
そして知らず知らずのうちにすずめは、大きな愛情を各地の人々に与えていたのです。

だから、この物語は優しさを与え合う物語でもあるのです。

そういえば東日本大震災のとき、日本じゅうの心が一つになりました。
誰もが募金をし、たくさんのボランティアの方々が被災地で活躍された…
確かにあのとき、日本中の人々が優しさを分かち合ったと思います。


新海監督の映画だけあって作画はこの上なく美しい。そして迫力があります。
それに今回は音響効果も抜群で、開始10分ほどで映画に没頭しました。
しかも物語の内容も、丁寧で奥深い考慮がされていました。

この映画は多くの人にお勧めします。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 27

77.4 3 2022年秋(10月~12月)アニメランキング3位
四畳半タイムマシンブルース(アニメ映画)

2022年9月30日
★★★★★ 4.2 (25)
168人が棚に入れました
八月、灼熱の京都、左京区。おんぼろアパート「下鴨幽水荘」で唯一のエアコンが動かなくなった。悪友の小津が昨夜リモコンを水没させたためである。「私」がひそかに想いを寄せる後輩の明石さんと対策を協議しているところに、見知らぬ青年が現れた。

彼は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。そこで「私」は、彼のタイムマシンで昨日に戻り、壊れる前のリモコンを持ってくることを思いつく。ところが、タイムマシンに乗り込んだ小津たちが、リモコンを持ってくるだけにとどまらず勝手気ままに過去を改変しようとするに至り、「私」は世界消滅の危機を予感する。

nyamu さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

四畳半「らしさ」そのまま。満足できる

別に四畳半神話大系の「続編」というわけではなさそうだけど同じ舞台、同じメンバーが出てくるのでアニメの方を先に見ておくと吉。
というかアニメの方を見ていないのにこちらを見る人は少ないでしょうけども。

今回の映画では登場人物も会話劇も絵柄も演出も同じような四畳半「らしさ」がそのまま引き継がれていました。

ストーリーはタイムマシーンといった小道具を使って映画の尺に合わせて構成され、小津や師匠、羽貫さんなどに振り回されるドタバタ劇に至る所で笑わせてもらったし、アニメ同様に最後は綺麗に終わるので観終わったあとの満足感は非常に高かったです。
アニメの四畳半神話大系が好きだった人ならきっと楽しめると思います。

それにしても主人公から見る明石さんのなんと可愛いく美しいことか!

投稿 : 2022/11/26
♥ : 3

リアム・ギャラガー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

京都の温度感、悪くないっすね〜

四畳半神話大系×サマータイムマシン・ブルースを掛け合わせた作品。監督は「ワンパンマン・ブギーポップは笑わない・Sonny Boy」などを手掛けた夏目真悟監督。TVアニメを手掛けた湯浅監督ではないので、少々がっかりする方もいると思いますが安心してください。しっかりと面白いです。

この作品はTVアニメ「四畳半神話大系」を観てなくても十分に楽しめます。映画初見で全然構いません。

物語の内容は割とベタなのですが、夏の京都の温度感、そして明石さんの可愛さによって全てが成立します。また、コーラとリモコンが宇宙の存亡の危機という所が、四畳半のギャグと良い感じにマッチしていてとても良かったです。テンポ感も非常に良く、全体的に素晴らしい作品でした。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 1

74.9 4 2022年秋(10月~12月)アニメランキング4位
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.9 (139)
612人が棚に入れました
西暦2011年、アメリカ・フロリダ州。恋人とのドライブ中、交通事故に遭遇した空条徐倫は、罠に嵌められて15年の刑期を宣告される。収容されたのは、州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所――別名「水族館」。絶望の淵に立つ徐倫だったが、父から託されたペンダントを手にした時、彼女の中で不思議な力が目覚める。

“この世には死ぬより恐ろしい事があって、それがこの刑務所で起こっているのは確実なんだ”

徐倫の前に現れた謎の少年からのメッセージ。次々と起こる不可解な出来事。面会に訪れた父・空条承太郎から語られた恐るべき真実、そしてDIOという名前…。

果たして空条徐倫は、この刑務所という「石作りの海」から自由になることができるのか? そして、100年以上に及ぶジョースター家とDIOの因縁に終止符を打つ、最後の戦いが始まる!!
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

俺は原作をやめるぞーっ

原作は5部ぐらいまで

そのため第6部『ストーンオーシャン』はまったくどんな話か分からないところからです。
連載やってる頃はすでにジャンプを購読してないしアニメ化されてるジャンプ作品だと『るろうに剣心』くらいまでしか知らんのよね。『ONE PIECE』も実は未経験というもぐりな私。

そしていまだ連載中のジョジョなんですけどもはや様式美が確立してるから何も言うことないのよね。
感想入る前に周辺環境をば。第6部と言いつつアニメは第1部と第2部がセットで1stseason扱いだったので本作は5thseasonとなります。ジョースター家とディオが物語に作用してるのは相変わらず。第7部以降はこれまでの血筋の物語から世界線がずれて別物になるらしいので連載足掛け20年近くかけたジョースター家の物語は一区切りとなる記念碑が本作となります。
ふと思ったんですけど、ディオというキャラクターは人生リセット系で形だけ見れば巷に溢れる異世界転生無双キャラとそう変わらんのですよね。ただ両者には埋め難い深い溝があって、“自分の意志”か“降って湧いた災難”かというのと、“絶対悪の存在”か“ちやほやされる存在”かという点。置かれた場所で咲くことを放棄する代償や対価に触れてるし、それを自身が選択したことで凡百な作品とは段違いな深みを我々に与えてくれてる気がします。

4thseason『黄金の風』が全39話一気通貫だったのと違って、本作はネトフリ先行でまずは12話。期間を置いて続きが制作されるとのこと。レビューはひとまずこの先行分となります。今後どういう刻み方するかは不明ですが、『黄金の風』17巻が全39話、『ストーンオーシャン』も17巻ということで似たような尺になるでしょう。下手に省略しても伸ばしても暴動が起きると思います。
そんてもって結果↓

 ジョジョでした {netabare}※これで充分でしょ?{/netabare}
  ⇒原作未読でもそれとわかる様式美

舞台はフロリダ。空条承太郎の娘“空条徐倫”が今回のジョジョ。土地柄なのかやんちゃな言葉遣いと血筋の持つ聡明さを併せ持った魅力的なヒロインです。物語がほぼ刑務所で進行するのもフロリダっぽい。ついでにスタンド使いのいる刑務所って入りたくありません。
いかんせん全39話(仮)の1/3(仮)ですからお披露目程度なんですけど掴みとしては今後に期待充分なできだと思ってます。
シリーズ構成・脚本は1stseasonから一手に受けてる小林靖子氏。ヒロインのファイルーズあいさんなんかもそうですが、携わる人それぞれに作品への愛情を注いでるんだながわかる仕上がりになってます。

カルト的なファンの御眼鏡にかなってるか否かは不明ですが、ライトファンの私には充分。
漫画とアニメの表現の違いをどう最適化させるのか?
擬音やポージング、ジョジョ節に至るまで再現度高めかと思われ、知ってる人は高い確率で楽しめそう。知らない人も濃ゆい因縁の物語はなにかしら心に残ると思います。一緒に楽しみましょう!


※雑感

■やんちゃくれガールズ
OP曲いいですね。「STONE OCEAN」岸田教団&THE明星ロケッツのフロントマンichigoさん。いつもの岸田教団さんと毛色の違うロックチューン。カメラワークも配色もかっこいいです。

{netabare}コーラスの被ってる感じが往年の名曲『Wannabe』('96)のMVっぽい感じがします。メンバー一人がベッカムの奥さんなあれ。後続ガールズグループわんさか出てましたよね。連載当時の時代感が出ていて好感触でしたよん。{/netabare}


■備忘的なもの

{netabare}承太郎のディスク2枚のうち1枚を奪還しスピードワゴン財団の手に渡すところまで。次は2022年秋ですね。直前に一挙放送やってくんないかな。{/netabare}




視聴時期:2022年1月~2022年3月 リアタイ

-----

2022.04.02 初稿

投稿 : 2022/11/26
♥ : 22

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

後半戦もうキマシタワー。ファイルーズさん業界で推されてますね。

 待望のジョジョの新作。一気に1クールNetflixで公開になりましたね。ですからレビューも評価も一時的な仮のものなのであしからず。


 やはり他の作品とは一線を画する面白さだが、正直5部までの方が私は好きだなぁ。この辺からどうも戦闘中の絵が見づらくなってきちゃったのと、なにより敵キャラに対するが薄れてしまったように思える。


 ジャンピングジャックフラッシュやマリリン・マンソンといった能力は面白いけど、その能力者自身の存在感が明らかに薄くなってきている。5部までの敵キャラは序盤のやつでも強烈な印象を残してくれたんだけどなぁ。最初のホワイトスネイクの件も、そのオチは手塚先生も否定したやろな。


 ただ、凡百な作品と比べちゃうと遥かに上なレベルでの物足りなさなんで愛ゆえの批判だと思ってくだされ。とにかく楽しみなのは今後なので早く続きをくれ!。


(追記)

 2クール目が追加され、ジェイルハウスロック編まで更新されました。やはりドンドン見える面白さなんだけど、5部までに比べるとコクに欠ける。私はジョジョ大好き人間だが、荒木先生信者ではない。故に言いにくいことだが、やはりこの辺から荒木先生のキャラ造形のゲスい面でも、愛情を抱ける方もかつてに比べて衰えてきてしまったように思える。ジョジョの魅力とは究極的にはそこに尽きるので、能力トンチ大会や擬音やポーズなどは本質ではない。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 11

ELFピエール・元春 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

作品に追加されるの遅過ぎ

ネトフリでとうに観終わっていた作品
恐らくあにこれ運営がジョジョ好きでネタバレされたくなかったのだろう。笑

とまあ愚痴は置いといて、いやー安定してこのシリーズは面白いね!
ストーリーは簡単に言うと
捕らわれてしまった承太郎を
徐倫が監獄という閉鎖空間に潜む得体の知れない敵から救い出そうとするお話

アレだ、第四部と第五部を合わせたようなストーリー
『監獄』というのもプリズンブレイク(海外ドラマ)みたいな感じで良い
こんなん面白いに決まってるやろってのを組み合わせてるんだから
面白くない訳がないんよね


これぞまさに――
逆算され尽くされた名作の予感

投稿 : 2022/11/26
♥ : 6

72.5 5 2022年秋(10月~12月)アニメランキング5位
ぼっち・ざ・ろっく!(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.9 (94)
504人が棚に入れました
“ぼっちちゃん”こと後藤ひとりは 会話の頭に必ず「あっ」って付けてしまう極度の人見知りで陰キャな少女。 そんな自分でも輝けそうなバンド活動に憧れギターを始めるも 友達がいないため、 一人で毎日6時間ギターを弾く中学生時代を過ごすことに。 上手くなったギターの演奏動画を“ギターヒーロー”としてネットに投稿したり文化祭ライブで活躍したりする妄想なんかをしていると、 気づいたときにはバンドメンバーを見つけるどころか友達が一人も出来ないまま高校生になっていた……! ひきこもり一歩手前の彼女だったが ある日“結束バンド”でドラムをやっている伊地知虹夏に声をかけられたことで、 そんな日常がほんの少しずつ変わっていく――
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

【5話感想】「ギターと孤独と蒼い惑星」結束バンド……良いロックじゃないか👍

【5話感想】
ライブ出演オーディションにて、ようやく披露された挿入歌「ギターと孤独と蒼い惑星(ほし)」
演奏するキャラのCGはそこそこでしたが、踏み込んだ靴がキュッと鳴ってぼっちのギアが上がる演出など、
やはりスタッフはここに力を入れて来ました。

今回、挿入歌の作詞を担当したのはZAQさん。
『よう実』OP主題歌などでも知られるシンガーソングライター。
詞のパンチ力はそのままに、ぼっちちゃんが徹夜で考えた陰キャ&中二病の歌詞世界という設定に寄せるため、
絶妙に未熟で青臭い感じに調整されているのに唸らされました。

ボーカル・喜多 郁代役の長谷川 育美さんの歌声も陰鬱とした歌詞と合っていて良かったです。
もっとも、陰キャ・ぼっちちゃんの目が眩むくらいの後光が差す陽キャの喜多ちゃんは、普段こんな鬱々としたこと考えてはいないのでしょうがw

尚、公式では作中ライブシーン動画と合わせて、
リリックビデオ風のMV(FullVer.)も公開されているので、
アニメ未見の方も、まずはこれだけでも見て、
劣等感を燃料にしたロックに殴り倒されてみて欲しいです。
そこで、何か刺さる物があったら、多分アニメも行けるかと思います。


【4話までの感想】ぼっちちゃんガンバレ~

陰キャでボッチでも、バンドなら陽キャでリア充になれる!
とギターを始めるも、コミュ症故にネット動画配信に籠もっていた主人公・後藤ひとりこと“ぼっちちゃん”が、
バンド仲間ら、人と接する度に自己嫌悪等を悶々とこじらせながら、
夢のバンドライフ実現に向けて三歩進んで二歩下がったりする。
「まんがタイムきららMAX」連載中の原作コミック(未読)のアニメ化作品。


ぼっちちゃんが根暗なだけならハマらなかったのでしょうが、
彼女の場合は理想と現実のギャップが激し過ぎる故のアイデンティティ崩壊芸が笑撃的で、私も無事、結束バンドに拘束されましたw
ぼっちちゃんが極度に狼狽した際の、
垂れた両目が著しく離間した、あの情けない顔が頭から離れませんw
でも心身が溶解するくらい、いや、むしろ{netabare}プランクトンだの、ゾウリムシだの、下北沢のツチノコ{/netabare}だの、人ならざる物に成り果てて(笑)まで、
落ち込むのは、ぼっちちゃんが変わることを諦めていないから。
こういうキャラは、あんましプレッシャーかけるのも良くないのでwゆる~く応援したくなります。


CloverWorksのアニメーションもキャラデザが激変するギャグにも対応したり、歪み補正も交えたりと構図も大胆でゆる~い笑いをアシスト。
かと思えばフォトリアルな背景等で引き締めて来たりと、今後のライブシーン等にも期待が高まります。
その前にまず{netabare}ぼっちちゃんはダンボール箱から出ないとw{/netabare}


ぼっちちゃん役の青山 吉能さん。
4年前に「Wake Up, Girls!」解散した時は、このままフェードアウトか?
とも思っていましたが、こうやって主役を務めたりと、順調に活躍されているようで何よりです。
自己否定沼に沈没する、ぼっちちゃんは唐突に{netabare}「押し入れより愛をこめて」{/netabare}などのぼっちフォーク?(笑)を吟じたりしますが、歌唱へのつなぎもスムーズです。
「WUG」では演じてるキャラがセンターの娘と髪型一緒で見分けが付かないとかイジられていたよっぴーですが、
これもぼっちちゃんの日陰のメンタルを汲むのに役に立っているのかも?と思うと感慨深いですw


本作も、きらら系ということで、サブキャラのバンドメンバーも、
多少、強烈なぼっち生態を喰らっても、ゆるふわと吸収してしまう曲者揃い。
最近、私は“ひとり好き”(ぼっちとは大きく異なるらしいw)のベース・リョウにもハマりつつあります。
最初は{netabare}野草{/netabare}喰ってる変な人という印象でしたが、四話では音楽に対する芯のある発言で魅せてくれました。
いい加減だけど、この人なら振り回されても良いと感じる不思議な引力があります。
ある意味、リョウは最もバンドマンらしいキャラなのかもしれません。
だからと言って{netabare}驕らせるのはどうかと思いますがw{/netabare}

投稿 : 2022/11/26
♥ : 22

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

「ぼっち」の「成長」という共感できる核。「個性捨てるなら死んでるのと一緒だよ」。

 シンプルなキャラデザこそ本当は動かすのが難しいものだが、ぬるぬる(超絶作画な意味じゃなく)と溶けたりバグったりと自由自在に表現できていて楽しく、ちゃんと引き算の上手い演出もできて見る価値充分。作画もこれみよがしな良作画じゃなくて細部が非常によく出来ているからキャラの魅力を増しているし、特に5話のライブシーンは作画が感情をちゃんと表現できているから心動かされる。作画は見えない感情を見えるように表現できてこそ。


 それにしても、ぼっちやコミュ障を描くならマイルドでもこれくらいはやってくれないとアカンね。全然イケてない負け犬こそロックが相応しい。あと、ゲロインが出るアニメは名作!。「働きたくない!。社会が怖い!。」、「承認欲求モンスターが。」などなど早くも名言多数。


凡百の日常系以降の音楽作品との違いは、やはりぼっちの共感性羞恥、もとい見ている陰キャボーイたちも共感できるぼっちの駄目さからの成長がしっかりドラマを作れているからだろう。全て要素はその強固な核があるからこそ輝いている。それがあるとないじゃ大違い。


 5話までかなりスムーズな流れできたけど、6〜7話でなんか話が停滞してきちゃったような…。すぐライブ準備への流れで良かったような。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 12

sttsk さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

見るか迷っている人用_exe.

「ぼっち」はあくまで設定上のスパイス。
でも、そのスパイスがないと「変顔」という
デザートすら美味しくなくなるのだ。

(9ω6)<あばばばば!

そんな塩辛くもゆるやかな雰囲気。

***
Car Seat Headrestというアメリカのインディーズロックバンドがある。車の中でひたすら何年も収録し続けた過去があり、名前の由来でもある。
ネット世代の陰キャでオタク(ナード)であり、歌詞もそれ系だ。だがメジャーレーベルの目に留まり、デビューした。

同じロックでも曲調はかすりもしないが、主人公を見る(1話~3話)とどうしてもCSHの音楽が脳裏に流れる。
***

きらら枠としてはそのスパイスが舌に合うか否かが評価の分かれ目。

あとは、ひたむきさと勇気とゆるやか。


___

扉を開けたくないー(伸ばす腕すらないー)
何を払えばいいー(ヒューマニティーってどんな紅茶~)
暗いと見えないー(ただ動かせー動かせ~♪)

星を見ようと上を見るなー(下の水たまりにも星はあるー)
何を分身すればいいー(ヒューマニティーってどんな紅茶~)
暗いと払えないー(ただ溜めろー溜めろ~♪)

折れた腕でー(新しい命を待つな~)
ただ閉めろー(風を通すな~)

星を見ようと上を見るなー(下の水たまりにも星はあるー)
交換すると人類のー(寿命を減らす~)

扉を開けたくないー(伸ばす腕すらないー)
何を払えばいいー(ヒューマニティーってどんな紅茶~)

たららったろーん♪(水たまりをゆらせ~)
たららったろーん♪(水たまりをゆらせ~)

たららったろーん♪(折れた腕を拾うな~)
たららったろーん♪(折れた腕を拾うな~)

人生をあなたの視線から逃がすな~(最悪でも可能な限り~)
見えるものだけに心を開くな~(過去の軍勢を握り潰せ~)

暗いと見えないー(ただ動かせー動かせ~♪)
ただ閉めろー(風を通すな~)
その水たまりを他人の風から守れ~

たららったろーん♪(水たまりをゆらせ~)
たららったろーん♪(水たまりをゆらせ~)

たららったろーん♪(折れた腕を拾うな~)
たららったろーん♪(折れた腕を拾うな~)

人生をあなたの視線から逃がすな~(最悪でも可能な限り~)
見えるものだけに心を開くな~(過去の軍勢を握り潰せ~)

暗いと見えないー(ただ動かせー動かせ~♪)
ただ閉めろー(風を通すな~)
その水たまりを他人の風から守れ~

投稿 : 2022/11/26
♥ : 4

72.1 6 2022年秋(10月~12月)アニメランキング6位
ロマンティック・キラー(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.9 (28)
95人が棚に入れました
Netflixにて配信

とまと子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9

ロマンティック☆が攻めてくる!

 
これ、もしかしたらわたし史上No.1ラブコメです。

面白かった〜〜♡♡!!!
Netflixなので12話一気公開でしたので、土曜日一日で12話一気観しちゃいました♬
 
Netflix製のアニメなので今のところはNetflixでなければ観られません。
「でもそんなのは理不尽だっ!!」
「これは全世界のアニメファン ラブコメファンが観るべきだっっ!!!」
っていうくらいに面白いです!!


いわゆる「ラブコメ」ですけど、かなり「コメ」の方=笑いの方に偏ったアニメかもです。
わたしとしてはわたしが大好きな「恋愛ラボ」とか「ゲーマーズ」みたいな路線に近い感じがしましたが、そんなことないだろという人もいるかもですね!だったら言うな、ですね♬テヘペロ♡


主人公がゲームの世界に転生するのじゃなくて、主人公がいる日常がゲーム展開の世界になっちゃう…っていう”逆転生”みたいなお話なわけですが、まずはそのむちゃくちゃな設定自体の笑いでガンガン攻めてきます。

それから高橋李依さん、小松未可子さんはじめ豪華声優陣の世界卓球決勝戦のごときハイパースピード会話のダイナミックレンジが素晴らしい!
特にりえりー、何かとても大きな開けてはいけない扉を開いてしまった感、あります…w

ベタな変顔とかアクションとか細かい仕掛けも、”ギリギリやりすぎ一歩手前”みたいな絶妙な感じで 爽やかホットスパイシー!に仕上がっております♬

それからもちろん「ラブ」の方にもだんだん近づいていくんですけど、それもなかなか単純には行きません。
だってなんてったって「ロマンティック・キラー」なわけですから、ちょっとでもそっち路線に行きそうになるとピー音のごとく”揺り戻し”がかかるわけなんですけど、

 …でももちろん、だんだんだんだんと…♡


で、ネタバレに絡むので詳しくは言えないのですが、これ全12話のうち最後の2話くらいで直角いや120度くらいの勢いで雰囲気が変わります。

でもね、わたしは全っぜんそれで良かったです。
全っぜん良くって、わたしは最終回近辺ポロポロ泣いちゃいましたよ。。
いやー自分でも驚いたww


まぁそんなわけで一気観した興奮状態のままこの感想も書いちゃいましたけど、でも一晩明けても、ふた晩明けても、結構ずっと、やっぱりこれはわたし史上No.1ラブコメだと思うな…。。
Netflixに入ってない人にはごめんなさいですけど、でもだってホンっとに面白かったんだもん♡♡♡
 

投稿 : 2022/11/26
♥ : 16

〇ojima さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

令和の顔芸は全身で表現する!

満足の1クール。とても楽しかったです。
おもしろくなかったら、すぐ切ろうと思っていたら、そのまま最後まで連続で観ちゃいました。
序盤はコメディ。スピードのある展開で面白いです。
中盤からは、、、見てのお楽しみ。

ヒロインは男気タイプ。筋が通って元気があって気持ちが良い。
顔芸も楽しかった。令和の顔芸は体全体で表現しちゃうんですね笑
男性陣は弱いのかというと、そうでもなく共感が持てる。

いやー、すっきりと楽しませていただきました。満足満足。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 12

71.8 7 2022年秋(10月~12月)アニメランキング7位
モブサイコ100 III(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (40)
309人が棚に入れました
何かが「100」になったとき、爆発する少年・モブ。 外見はいたって普通だが、実は強力な超能力の持ち主。 師匠であるインチキ霊能力者・霊幻新隆が営む霊とか相談所で厄介な依頼を手伝う日々の中、フツーの青春を願うモブに平穏な日は訪れるのか? 青春を原動力に超能力が暴走する! 世界が待望するシリーズ第3期鋭意制作中!

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

「ただ、対等に抱きしめてくれる人が欲しかったんだ」。「チェンソーマン」と連なるテーマ性。

 少年漫画の最先端を行くものとして本作と「チェンソーマン」があると思わるが、どちらも原作を最後まで読んだ結果、全然違うようで共通の結論、或いはテーマ性に最終的に行き着いているように思えた。誇大妄想的な夢を追うのでも、幼児的な「僕と君」のセカイも卒業し、その果てにあったのは「良いやつ」になるという最も簡単に見えて困難な道。もたれ合うのでも、支配でも、救いでもなく、対等に道を行く「友」の温かさこそが唯一の道標。


8話。特にバトルとかでもない日常回ないなのに作画の表現力が半端ない!。普通に歩いたり喋ったりしてるだけでも感情と雰囲気がアニメーションで表現される喜び。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 8

waon.n さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

作家性が現れている稀有な作品。

【【First impression】】

 最近レビューしたい欲求が湧いてこなかったのですが、ジャンプで問題のコイツには触れておかねばと思って観たら…もうね、作家性全快ですわ。
 マンガ原作者はワンパンマンで一躍時の人になった【ONEさん】じつはジャンプのWEB漫画でも面白かったんで、アニメ化もずっと見ていました。

 そんなこんなで今回3期目突入っていうんでちょっと4話まで進んでいたところを一気に見ましたが、やっぱりにじみ出ますね。こういう作家の奥の方をちゃんと描いてくれるのが、あんだだよ【瀬古浩司さん】この方もお馴染みですね。一期のモブサイコからシリーズ構成として参加していますし、最近何作品シリーズ構成で脚本担当してるんだよってなってる方です。
 幸村誠原作『ヴィンランドサガ』これも作家性の強い作品でしたし、今期の『チェンソーマン』もそうですが、しっかりと拾ってくれますね。

 さて、本編ですが、4話です。
 まじで秀逸。
 これを観たから書きたくなったのは間違いないです。
 
 前の話数からしっかりバトンを受け取って、そこがフックになっているしかけとか一期の時からあったけれど、本当に無駄と本質とのバランスが超絶妙。ここに脚本家の力が現れていますよね。
 霊幻とモブ君の関係があってこその会話
 今だと、何となく特定の宗教に対するカウンターのように感じてしまいますが、それ以上に言いたい事が詰まっているように感じます。

 なんかめっちゃ怖くて刺さりました。
 この中で僕だけが。。。

 作画はここまで良くしなくても良いんだよなって思うんで、演出家さんちょっと枚数調整した方が良いのではと思いつつ、細かい手の芝居とかより伝わってくるので良いんですけれど、話を見せる回だったからちょっと過剰に映ってしまいました。
 つまり作画は良いですね。この話数の演出はちょっと好みではなかったかなと…作画出身の演出って感じでした。

 全話数通してみた時にまたレビューとして書くかもしれません。
 いったん最初にみた感想でした。
 より多くの人に観てもらって、そのレビューをまた読んでみたいと思える作品です。
 ではよしなに。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 5

71.6 8 2022年秋(10月~12月)アニメランキング8位
僕のヒーローアカデミア(6期)(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (11)
223人が棚に入れました
超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。 デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、“個性”で社会や人々を救ける“ヒーロー”になることを目指し、ヒーロー科1年A組のクラスメイトたちと共に成長していく。 デクは爆豪、轟と共にNo.1ヒーローであるエンデヴァーの事務所へインターン活動に臨む。最高峰の現場に身を投じたデクはワン・フォー・オールに眠る新たな“個性”黒鞭を操るなど、ヒーローとして確かな成長を見せる。 一方、敵<ヴィラン>連合の死柄木弔は、リ・デストロ率いる異能解放軍と激突。リ・デストロとの戦いで窮地に陥る中、死柄木は忘れていた凄惨な幼少期の記憶を取り戻し、覚醒する。異能解放軍を掌握し、その勢力を拡大しつつ、全てを壊すため自らに新たな力を求めるのだった。 デクと死柄木、ヒーローと敵<ヴィラン>。その全面戦争の時が迫る―!

71.4 9 2022年秋(10月~12月)アニメランキング9位
ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (14)
104人が棚に入れました
己の剣だけを信じてきた。友も家族も帰る故郷もない──孤独な剣士ガッツは、百年戦争に揺れる地を傭兵として渡り歩いていた。 身の丈を超える長大な剣を自在に操り、強大な敵をいとも簡単に倒すガッツ。そんな彼に目をつけたのが、傭兵集団“鷹の団”を率いるグリフィス。 美しい姿からは想像もつかない統率力を持ち、大いなる野望を秘めたグリフィスは、自らの夢を叶えるためにガッツを決闘で制し、鷹の団に引き入れる。 数々の激戦を共にくぐり抜けるうちに、信頼で結ばれていく仲間たち。なかでもグリフィスとガッツの絆は、今や特別なものとなっていた。 やがて鷹の団はミッドランド王国の正規軍にのし上がるが、それはグリフィスの目指す頂点へのはじめの一歩にすぎなかった。 一方ガッツは、グリフィスの「夢」に取り込まれ剣を振り回すだけの人生に疑問を抱き始める。 だが、ガッツはまだ知らない。果てなき夢が二人に与えた、恐るべき宿命を──。

70.9 10 2022年秋(10月~12月)アニメランキング10位
ゴールデンカムイ(第4期) (TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (28)
301人が棚に入れました
杉元とアシ(リ)パの新たな旅が始まる!! アイヌから奪われた金塊を巡る生存競争サバイバル、新章開幕ッッ!!! 極寒の地・樺太で「不死身の杉元」こと杉元佐一とアイヌの少女・アシ(リ)パが再会を果たした後、キロランケの死に直面したアシ(リ)パが金塊の謎を解く鍵を思い出し、杉元とアシ(リ)パの間で相棒の契約も更新されるに至った。だが、杉元が第七師団の支配下にある状況に変わりはない。アシ(リ)パ確保の報を受けた鶴見中尉との対峙が迫る中、共に過酷な旅を生き抜いた白石由竹、谷垣源次郎、月島軍曹、鯉登少尉は各々の目的や役目に従ってどのように動くのか? 一方、第七師団と金塊の争奪戦を繰り広げる新撰組「鬼の副長」土方歳三の一味は、引き続き残った刺青人皮の捜索を継続。さらに、杉元らの前から姿を消した尾形百之助の存在も情勢に影響を及ぼす可能性を秘める。北の大地を舞台に再び加熱していく一攫千金サバイバルの行方から目が離せない!
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

【42話迄の感想】メインスタッフ1名の急逝により長期放送延期……

{netabare}狂気の運試しを仕掛ける毒マニア・関谷。
異常発達した聴覚で追い込んでくる都丹。{/netabare}
など4期になっても相変わらず超ド級のイカれた刺青囚人が続々と新規投入されるも、
メインどころがそれ以上の貫禄で存在感を示す、試される大地・北海道。

シリアスになるほど、敢えて下ネタ含めたギャグを振り切って、
ぶち壊しになるスレスレで、極限のエンタメを成立させる。
作品独特の際どいバランスを再現した映像に酔いが回って来たところ、
上記の通り、長期放送延期という一報が飛び込んで来ました。
(放送情報見る限り年内再開はない模様)
ご冥福をお祈り致します。


逝去されたスタッフについては氏名、ポジション等が公表されていないので、詳細は分かりませんが、
私にとっては2つの意味で衝撃が大きかったです。

1つは、効率化しているであろう今のアニメ制作現場においても尚、
必要不可欠なメンバーが1人抜けたら、制作が成り立たない事態が起こり得るという点。
昨今もコロナ禍で、物理的にマンパワーが不足して放送延期というパターンは多々ありましたが、
今回は、アニメ制作も未だに個人の才能に依拠した芸術、職人の世界なのだろうか?と再考させられる一件でした。

もう1つは、私はハマっているアニメが放送終了、延期した場合は、
同ジャンルの別作品でロスを凌ぎますが、
『金カム』の変わりはないぞ~という意味でショックが大きかったです。


4期は主題歌もお気に入り。担当アーティストの足跡にもドラマを感じます。

OP主題歌「NEVER SAY GOODBYE feat. Mummy-D」を担当したのはALI。
2020年『呪術廻戦』前期ED「LOST IN PARADISE feat. AKLO」で一発当てて、このまま一気にブレイクか?
という矢先、ドラム担当が詐欺事件で逮捕→無期限活動休止→全曲配信停止に。
半年後、活動再開するも、さらに離脱者が出て、グループ半壊状態から再起を期すことに。
身から出た錆とは言え、苦難が続く中、『呪術廻戦』以来、2年ぶりのタイアップでアニソンに戻って来たのが本シングル。

ED主題歌「すべてがそこにありますように。」を担当したのはTHE SPELLBOUND。
同バンドはボーカルの病死を経て活動終了したBOOM BOOM SATELLITESのベース&プログラミングの中野 雅之氏が、
THE NOVEMBERSの小林 裕介氏をボーカルに迎えて結成したロックユニット。
アルバム配信等を経て本作が1stシングルCDとなる。
2人のドラムのサポートも受けたパワフルなサウンドには新味もありますが、
バンド名もブンブンの曲名から取っており、音楽性にも共通点を感じ、戻って来てくれた感の方が強いです。


何が言いたいのかというと、『金カム』スタッフ陣も今は物理的にも精神的にも、
ダメージを負って先が見通せない状況かもしれませんが、
主題歌アーティストのように意志があれば必ず戻って来られるということ。
スタッフさんたちも42話の{netabare}白石ゲ○説教回{/netabare}で中断したままというのは本意ではないでしょうから。

4期になって杉元一行、第七師団、土方一味と、
各々の勢力に“モグラ”、二重スパイが潜り込み化かし合う。
本格スパイ映画並みに人間関係も複雑化しているので、
私も放送中断中、せいぜい人物相関図を眺めて整理しながら、再開を待ち望みたいです。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 11

70.6 11 2022年秋(10月~12月)アニメランキング11位
チェンソーマン(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (128)
719人が棚に入れました
『チェンソーの悪魔』ポチタと共にデビルハンターとして暮らす少年デンジ。親が遺した借金返済のため、ド底辺の日々を送る中、裏切りに遭合い殺されてしまう。薄れる意識の中、デンジはポチタと契約し、悪魔の心臓を持つもの『チェンソーマン』として蘇る──。

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

「夢」見ることを止めても、「チェーンソー」は叫び続ける。「save the cat」は脚本の基本。

 日本だけでなく世界のオタクにとっても待望の作品がついに始動!。楽しみ過ぎるので敢えて原作漫画は読まずに来ました(多少は知ってますが)。


 とりあえず一話を見た感想としては、上手くリソースの配分を考えているという感じ。流石に全編超絶作画では物理的に不可能なので、3Dモデルで省力している部分もある。しかし、それ以上に画作りがもたらす雰囲気の魔力が作品にピッタリマッチしている。バトルシーン以上に平場の部分の味わいが素晴らしい。物語と画作りが噛み合った時しか出せない、多弁を要さない魅力が静かに満ちている。


 テーマ部分としては、少年漫画のもう一つ最先端である「モブサイコ」と同じように単なるバトルバトルの連続で果てない「夢」を追う段階を終え、より地に足のついた世界へと踏み出していく点で共通しているように思えた。しかし、「モブ」は実はなんだかんだいって色んな意味で「持っている」人だったのに対して「デンジ」は…。その辺が悪い意味ではないが優等生な「モブサイコ」とは違う回答に導いてくれそうでワクワクしますな。


 現代の若者の気分といっても言い、もう夢なんて見ないで自分の生活さえ守れればいいじゃん、それで何が問題なの?というのがデンジのモチーフだろう。しかし、それだけでは現代では生きていけないのが人間であり、人は真空の中で生きているわけじゃないから環境を操作できる立場のクソみたいな連中に左右され操られかねない。その辺にどんな落とし所を見せてくれるか楽しみ。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 16

とまと子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

空っぽの英雄

 
「○○マン」なんていうタイトルの漫画、いまどきない
アンパンマンを見てるくらいの年齢を超えちゃったらもう「ヒーロー」なんていない

だって「正義」と思われてることは反対側から見たら「悪」だし
「英雄」だって立場が違えば「悪漢」だし

「正義」を語るのはうさんくさい政治家
「真実」を説くのはインチキ詐欺師の教祖
「愛」をふりかざされてもめんどくさい
「心」を看板にしてるその裏には保身と打算


殴るのも壊すの殺すのも「理由」があるほど罪が深い
本人以外はどうでもいいような執着が 殴る「正当な理由」になんかなるわけない


だからもし今ヒーローを求めるのなら「空っぽ」な奴がいい
ただ「生きたい」という自分ひとり分の欲望だけであるのがいい

それは「正義」でもなんでもない
でも嘘や言い訳は少しもない


切り裂いた分だけ血を流す
無垢なる魂の地獄の英雄


それがきっと「チェンソーマン」なんだと思う
 

投稿 : 2022/11/26
♥ : 17

ビマ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

マキマ CV:楠木ともりさんは22才…え?

5話のマキマさんの魅力にデンジ化した男性も多かったのではないでしょうか。

私も原作コミックを読んだ記憶を消去したくなりましたよ。

完全に私が原作でイメージしていたマキマさんの魅力を圧倒しています。

そのマキマさんを演じる楠木ともりさんは22才!
しかも独学で声優になられたそうですよ!…え?天才?

楠木ともりさん以上にマキマの魅力を引き出せた声優さん…いないんじゃないでしょうか?
5話の問題のシーン。母性を感じさせる優しさとエロさを同時に感じさせる演技力!あの声で耳元で囁かれたらデンジ君じゃなくても「ワン!」って、言いますよw

…ヤヴァ〜イ。毎話レビューを書き換えることになりそうな予感がします。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 3

70.5 12 2022年秋(10月~12月)アニメランキング12位
メガトン級ムサシ 第2期(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (12)
42人が棚に入れました
一大寺 大和:増田俊樹
九世正宗:福山潤

70.2 13 2022年秋(10月~12月)アニメランキング13位
SPY×FAMILY 第2クール(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (84)
727人が棚に入れました
人はみな 誰にも見せぬ自分を 持っている―― 世界各国が水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていた時代。 東国(オスタニア)と西国(ウェスタリス)は、十数年間にわたる冷戦状態にあった。 西国の情報局対東課〈WISE(ワイズ)〉所属である凄腕スパイの〈黄昏(たそがれ)〉は、東西平和を脅かす危険人物、東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの動向を探るため、ある極秘任務を課せられる。 その名も、オペレーション〈梟(ストリクス)〉。 内容は、“一週間以内に家族を作り、デズモンドの息子が通う名門校の懇親会に潜入せよ”。 〈黄昏(たそがれ)〉は、精神科医ロイド・フォージャーに扮し、家族を作ることに。 だが、彼が出会った娘・アーニャは心を読むことができる超能力者、妻・ヨルは殺し屋だった! 3人の利害が一致したことで、お互いの正体を隠しながら共に暮らすこととなる。 ハプニング連続の仮初めの家族に、世界の平和は託された――。

とまと子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

お洒落とお茶目とエレガント★

 
さて第2クールのはじまりです!


今回のOP曲はBUMP OF CHICKEN、ED曲はyamaさんです。
前回の髭男と星野源さんといい、アニソンもここまで来たか…感がすごいですw

で、OPアニメーションがもんのすごく綺麗で感動しまして、どなたが演出されたのかと思ったら何と「進撃の巨人」や「カバネリ」の荒木哲郎さん。
やっぱり一流は芸の幅が違うぜw

EDアニメーションも面白いアイデアで…と思って見たら、こちらの演出は「ポンポさん」の平尾隆之さん。

本編制作はご存知のとおりWIT STUDIO X Clover Worksのスーパーチーム。
アニメ制作ってクレジットを見るといろんなプロダクションがつながって協力しあって作られていて驚きますけど、2クール1話目では原画で最初に名前が出てくるのはスタジオコロリド。

そんな名前からもクォリティ保証付きの体制で作られてるんだなぁ…と今更ながら感心しちゃいます。


今さら言うまでもないですけど、このアニメって、あらゆるところのデザインのセンスがすごく良いですよね。
これは原作者のセンスの素晴らしさによるところも大きいですけど、いちいちの衣装・小道具・インテリア・建物風景のデザイン・配色に溢れる”ヨーロッパの上質”風な美麗さだけでも見入っちゃいます。


で、それだけ完璧な「箱」の中ですから、アーニャにもヨルさんにも思う存分暴れていただきたいです!
さっそく登場の犬さん含め、今はOP・EDにしか出てきてない新キャラにも乞うご期待です!

**つづく!**

投稿 : 2022/11/26
♥ : 17

さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

SPY×FAMILY 第2クールの感想

2クール目は少し速いですが、PV放送もいいです。でも何か欠けていますか?《SPY×FAMILY第2酷》このアニメのアニャはとても可愛くて、家族の安全も心配です。観客に「家族」があなたの唯一の精神的支柱であることを知らせて、家族を諦めないでください。
この社会では最初は難しいと思うかもしれませんが、そんなに退屈ではありません。退屈であればあるほど挑戦的になります。この挑戦的な遊びこそ生活の楽しみの一部であり、「バカにさせないで」

投稿 : 2022/11/26
♥ : 2

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

安心してドキドキわくわくできる♪(14話まで視聴して)。

原作9巻まで既読。アニメ第1クール視聴済です。

14話まで視聴して

第1クール視聴中にガマンできず原作マンガ9巻まで読んでしまっていました。

ちょうど少しずつ記憶が薄れかけてきた効果もあってか
展開わかってるハズなのに、改めて新鮮な気持ちで第2クール視聴できています。

それも”アニメ化のクオリティーの高さ”が、第1クールで”確信”できているからこそです!!。

やっぱ動いて飛び跳ねてしゃべるアーニャちゃん、かわいすぎます^^。
ヨルさんの鬼気迫るアクションとセリフ、最高です!。
他にもスタイリッシュな表現の数々、文句のつけどころが見当たりませんっ。

安心してドキドキわくわくできます♪。
安心とドキドキは矛盾してるかもですが、成立しちゃうんですw。


原作マンガ読んだときに、実は「犬さんって必要?」と
チラっと心の中で思ってしまってたのですが
アニメになって動きがついて声の出る犬さん観てしまったら
もう手放せない癒し要員ですよね♪。
 
 

投稿 : 2022/11/26
♥ : 9

69.4 14 2022年秋(10月~12月)アニメランキング14位
アキバ冥途戦争(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (76)
374人が棚に入れました
1999年 春 かわいいメイドに憧れて、 ひとりの少女が秋葉原にやってくる。 世紀末の“アキバ”は、 多種多様なメイドさんでいっぱいいっぱい。 メイドカフェ「とんとことん」通称『ブタ小屋』は、 今日もブヒブヒ営業中! 一緒に入店した新人メイドは破天荒さんで、 ドッタンバッタン大慌て。 推しメイドや調教師、 秋葉外生命体も現れて、 赤バットはフルスイング! これは、 全てのご主人さまとお嬢さまに贈る、 渾身のメイドお仕事奮闘記。 「みなさまのお帰りをお待ちしてますブー」

素塔 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

PAの魂

これ、正気なのか?…と誰しもが思ったであろう
大驚愕の初回のあと、回を追うごとに明らかに失速していき、
気の早い出オチ認定や脱落組などが目立ちはじめている現状である。

PA=良識派というブランドイメージをわざとぶち壊そうとする
本作の本当の狙いが何なのかよく分からないまま、
自分もいい加減、興が醒めかけていたところだった。

・・・だが今話、啓示がもたらされたのである。

ラーメン屋の親父の一言がなごみに道を指し示す。

「変わらずにいるために、変えなきゃいけねえこともある。」

ハッと気づいたのはリピしていた時だった。
なるほど、そういうことだったのか・・・、やられた!と思った。

これはメタ・フレーズなのだ。
P.A.WORKS がこの作品に込めた覚悟がここに言い表されているのである。
近年の低調傾向と真剣に向き合い、解決への模索を続けて
最終的にたどり着いたのがこの答えだったのだろう。

(勿論これは、推しに対する期待ゆえの勝手な解釈であって、
 本作が意表を突いた一発ウケ狙いである可能性の方がはるかに高い。)



PAのアニメは「志」のアニメだと思う。
志を抱いて前に進む人間を常に描こうとする。
そのための"お仕事シリーズ"なのであって、お仕事はあくまでも手段、
本来の目的は成長してゆく人間の姿を描くことにある。
困難や挫折まで丁寧に描き込む姿勢に一本筋が通っているのは、
そうした部分に人間の人間らしさを感じる作り手の共感が
強く表れているからだろう。

変動する時代相を刻々に反映する業界の動向、視聴者のニーズ。
その中でも変えられないものがあるからこそ、苦悩も深い。それでも、
貫くべき信念があるならば、そのために何をするべきか・・・

「変わらずにいるために、変えなきゃいけないこともある。」

・・・とは言え、"メイド萌え+任侠"は流石にぶっ飛び過ぎだと思うが、
それほどの捨て身の覚悟で放たれたメッセージだったということだろうか。


なごみの変化はもう少し時間をかけて描かれても良かったが、
ようやく"お仕事シリーズ"のヒロインらしいキャラが定まったことで、
とりあえず迷走の危機は去ったようだ。

彼女がメイドの"魂"を身につけたとき、
すでにそれは「志」にまで成長していたということらしい。
果てしない抗争に終止符を打ち、アキバに天下泰平を実現する大望。
つまりは前作の孔明の理想が、本作にまで及んでいるわけだ。
また随分と気宇壮大な"お仕事"になったものである。

おそらくは過去作と比較され、現実からの遊離を批判されることだろう。
だが、「変わらずにいるために、変えなきゃいけないこともある」。

この覚悟を自分は信じたいと思う。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 13

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

なぜ、令和の現在にこれが通用すると思った!?(褒め言葉)

第6話まで視聴終了した時点で、このレビューを書いています。

たぶん企画主導はCygamesで制作現場はP.A.WORKSが仕切っているんじゃないかと思われるオリジナルTVアニメ作品です。

昭和の昔には「任侠映画」というジャンル(菅原文太とか高倉健が出演していたような奴)があって、今では「反社会的勢力」の一言で世間から白眼視されるいわゆるヤクザないしは暴力団と呼ばれる人たちを描く劇場公開作品が普通に全国ロードショーとなっていました。

映画のタイトルには「現代」とか入っていてもその時代そのものは50年くらいは前のことですね。

近頃のアニメでは『ハイスクール・フリート』の納沙幸子のように「任侠映画が好き」というキャラ付けがされる(そのせいで広島弁っぽい言葉で喋ったりする)ことはあっても、今はストーリーそのものが任侠映画たり得るとはなかなかに考え難い時代ではあるわけです。

しかし暴力団組織をメイド喫茶の各店舗およびその系列店グループ、組織構成員を店長やそこで働くメイドで置き換えることによって、本作では「任侠映画」的なストーリーをほぼ再現しています。そこに「メイド喫茶」という設定で味付けしている感じで、一種のパロディー作品と言えるでしょう。

たとえどれだけ「フィクションです」とお題目を唱えてみても現代のヤクザが出てきてこんな話をやったら放送倫理規定上看過し得ないストーリーなのでしょうが、年代を1999年、舞台を秋葉原、登場人物をメイド喫茶のメイドとすることで「どうやったってこんな話はフィクションでしかあり得ないでしょう?」というエクスキューズの下にストーリーを成立させています。

なお、ストーリーに関しては歴史考証的にしばしばおかしな点があり、本作最大のツッコミどころは「嵐子さん(35歳)が20歳の頃の秋葉原にメイド喫茶なんて影も形もないよね?」という点で、そういう意味でも本作は「任侠映画のパロディー」として観るのが正しそうな気がします。

とはいえ「兄弟杯」の代わりがじゃんがらっぽいラーメンとか、笑わずにはいられないですね。ただ、任侠映画まったく知らん人が笑えるのかはわかんないです…。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 22
ネタバレ

アンデルエレーラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

ヤバすぎる(良い意味で)ー5話ー

1999年春、
1人の少女が秋葉原にやってくる…

ー1話ー
P.A.WORKSのお仕事アニメと聞いて観たのですが...
ヤバすぎる(良い意味で)。
カオスすぎて、まだ消化しきれませんが、次回が楽しみです。
今期のダークホースになる予感。

ー5話ー
正直2話を見た時は、面白いけど1話のインパクトが強すぎたかな~、
と思ってました…

それでも、3話・4話・5話と来て、確信!
この作品めちゃんこ好きです(笑)

{netabare}2話→闇カジノ回
3話→八百長格闘技フィギュア回
4話→ブラック企業洗脳ネタ回
5話→羊たちの沈黙&ハッピーバースデー回

オリジナル作品だけあって、毎話毎話何が起こるか分からないワクワク感がたまらないし、安定のドンパチエンドも最高。

狂気の嵐子、on/offゆめち、ギャルしぃぽん、クズの店長、
主人公を囲む個性的な仲間たちもキャラが立ってます。
そしてパンダ… お前は一体なんなんだ!?(笑){/netabare}

OPとEDそして、{netabare}要所でのキャラソン{/netabare}も良すぎる。
本当にこのまま突っ走って欲しい。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 6

68.9 15 2022年秋(10月~12月)アニメランキング15位
TIGER & BUNNY 2[タイガーアンドバニー] Part2(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (16)
139人が棚に入れました
職業・ヒーロー(会社員)! 最高なバディヒーローが帰ってくる! 都市シュテルンビルトは、様々な人種、民族、そして『NEXT』と呼ばれる特殊能力者が共存し、その『NEXT』能力を使って平和を守る『ヒーロー』が存在する街。 ヒーロー達は、スポンサーロゴを背負って、企業のイメージアップとヒーローポイントを獲得するため、事件解決や人命救助に奔走している。その活躍の模様は人気番組『HERO TV』で中継されており、各々“キング・オブ・ヒーロー”を目指し、年間ランキングを争っている。 鏑木・T・虎徹とバーナビー・ブルックス Jr.は、今日も平和のため、そして所属企業「アポロンメディア」のイメージアップのためにヒーロー活動を続けていた。 シュテルンビルト発祥の“ヒーローシステム”は、今や世界各地で導入され、ヒーローも増加傾向にあり、シュテルンビルトにも新たなヒーローが加入。 先輩ヒーローとしての活躍も期待される虎徹とバーナビーだが果たして?!

68.2 16 2022年秋(10月~12月)アニメランキング16位
僕が愛したすべての君へ(アニメ映画)

2022年10月7日
★★★★☆ 3.5 (10)
24人が棚に入れました
両親が離婚し、母親と暮らす高校生の高崎 暦(たかさき こよみ)。
ある日、クラスメイトの瀧川和音(たきがわ かずね)に声をかけられる。
85番目の並行世界から移動してきたという彼女は、
その世界で2人が恋人同士であると告げる・・・。

68.1 17 2022年秋(10月~12月)アニメランキング17位
BLEACH 千年血戦篇(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (28)
219人が棚に入れました
偶然か、あるいは必然か―― とある出会いから死神の力を手にし《死神代行》となった黒崎一護は、現世で死した魂魄が集う場所・尸魂界(ソウル・ソサエティ)の動乱に巻き込まれ、熾烈な戦いの中、仲間と共に大きく成長を遂げてきた。 そんな一護の暮らす空座町(からくらちょう)で異変が起こる。新たなる死神と、新たなる敵の出現。そして救いを求める声。一護は再び斬魄刀を取り、戦場へと旅立つ。 一方、尸魂界では、現世における突然の虚(ホロウ)の連続消失が観測され、この地へ導かれた魂が暮らす流魂街での住民達の失踪が発生、さらには死神たちの住む霊屋・瀞霊廷が賊軍に襲撃される。 賊軍の正体は、滅却師(クインシー)の始祖・ユーハバッハが率いる《見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)》。 《見えざる帝国》は、死神たちに宣戦布告する。 5日後、尸魂界は“見えざる帝国”により殲滅される 千年の長きにわたり死神たちが背負っていた因縁。その宿業と秘められた真実がついに紐解かれる。 全ては終焉へ。黒崎一護の、最後の戦いが始まる――。

大重 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

これぞオサレ

昔アニメをやっていたのは知っていましたが、見たことは無かったです。
当時はアニメを見ていなかったというのもありますが、原作を読んでいて重ねて見るほどでもない、という判断もありました。

BLEACHについてあまり真面目に語った覚えが無かったので…。
連載1回目から最後まで付き合った作品です。

どう思っていたかというと… なんとなく微妙な感じ。

なんと言いますか、私は丁度この世代の作者と同年代なんですよね。
それまでは漫画家というのは自分より大人で、大人の価値観を取り入れる、学ぶために読んでいたものが、同世代になって、あまり学べなくなった。
こういう時期が一番漫画がつまらなく感じた時期でした。
遅れてきた中二病のような感じで、この世代の作者達の作品は正直最初微妙に思ったものです。まあONEPEACE、NARUTO、BLEACHらが該当するわけですが。これらが微妙ってどんだけ五月蝿いんだ、という感じですよね。

でも当時のネットの雰囲気も実際そういう感じだったんですよ。
BLEACHはオサレなんて言われて笑われていました。
独特なポエムが楽しい作品なのですが、はっきりお洒落とは言い難い独特感をオサレなんて表現していたわけですね。

客観的にも、お洒落な雰囲気は漂っていて雰囲気は凄く良くて、なんかこう、演出は凄く良い、とは思うのですが… なんとなくハマりきれなかった。
この世代独特なものなのかなぁ?
大変評価されている作品なのは知っていますし、面白い面が多々あるのもわかっていますが、でも手放しに称賛はできない感じですね。
でも、絶対に変な所も多分にありますよね?
そこがまあ、ある意味天才的で、予想できない点なのでしょうけれど、でも変だからいまいちハマりきれないんですよね…。

さて、そんな微妙な思いを抱いている作品が10年の時代を経てアニメ化と。

なぜ今更、という気もしますが、うる星やつらよりは今更感は無いですね。
連載も無事終了して落ち着いた時期というのも良いのでは。
当時の声優が全員再結集して、という感じの放映になるようですね。
相変わらずのオサレな雰囲気は健在で、作画も良いし良いアニメ化なんじゃないかと思います。

でも、原作で読んだから別に良いです。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 0

さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

BLEACHのファンの面白い

『BLEACH』この超人気漫画アンド『NARUTO -ナルト-』と『ONE PIECE』『三大漫』と呼ばれています。2008年は『naruto-ナルト-』と『ONE PIECE』が大好きでした。放送時間になるとテレビをつけてnaruto-ナルト-とONE PIECEを見ます。私は2010年の時にBLEACHと知り合い、劇場版地獄編も見たことがあります。迫力と刺激感があり、私の人生で徹底的に絶望したことのない漫画です。この『BLEACH』が更新され続けることを願っています。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 0

67.9 18 2022年秋(10月~12月)アニメランキング18位
不滅のあなたへ 第2シリーズ(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (19)
250人が棚に入れました
フシ:川島零士
観察者:津田健次郎

67.5 19 2022年秋(10月~12月)アニメランキング19位
機動戦士ガンダム 水星の魔女(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (70)
436人が棚に入れました
その魔女は、ガンダムを駆る。 A.S.(アド・ステラ)122―― 数多の企業が宇宙へ進出し、巨大な経済圏を構築する時代。 モビルスーツ産業最大手「ベネリットグループ」が運営する「アスティカシア高等専門学園」に、辺境の地・水星から一人の少女が編入してきた。 名は、スレッタ・マーキュリー。 無垢なる胸に鮮紅の光を灯し、少女は一歩ずつ、新たな世界を歩んでいく。

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

百合ガンダムやない!、こんなん毒親ガンダムや!。

 軽くてキャッチーで見易い本作はガンダムじゃないといえばガンダムじゃないが、Gガン好きの私としてはそこはどうでもええし、なにより実は富野ガンダムから受け継いでる部分があるという点では大外れとは言えないように思う。その部分とは毒親問題である。


 本作でも親世代の負債や呪いを子供たちを蝕んでいるというテーマ性においては、ちゃんと現実と繋がっている富野ガンダム的な要素を抑えていると言いたい。これは能登さんラスボス説が充分ありえてワクワクしてきた。ただ、話が進むの遅すぎないか?。2クールだけじゃ全然展開しきれない予感がするんですが。2期やるなら別やけど。


 7話でミオリネの成長が描けてやっとグッとくる部分が出てきたな。人が人を信頼し惚れるのは、能力が凄いからでも見た目が良いからでもなく、自分のためじゃなく他人の為に誠意を見せられるかどうか。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 11

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

「ガンダム」の名を関するに相応しい死人が出るプロローグ、からの「絶対運命黙示録」…。

そしてOP主題歌「祝福」 https://youtu.be/3eytpBOkOFA の原作小説「ゆりかごの星」が作品公式HPで公開されています。どんだけ振り幅デカいんだ、このアニメ(笑)!

ファーストやΖなどの旧作視聴世代はぜひ第0話「PROLOGUE」からの視聴をお勧めします。近頃のアニメは観てるけどガンダム旧作にはあまり馴染みのない方はいっそ第1話から観始めるのが良いのかも。知らんけど。

第0話で示された「人体の拡張としてのモビルスーツ」っていう考え方はSF的にはわりと素直な設定ですし、そこへのシンクロ率的な物を高めると人体に高負荷がかかるというのもわりと納得できる設定です。

医療ベースで始まったサイバネティクス的なテクノロジーが軍事利用されることの危惧みたいなものも理解できます。

そういうハードSF寄りな部分と第1話における謎の決闘(笑)とがどう結びつくのか困惑させられるわけなのですが、第1話作中で「トロフィー」という言葉が提示されたことで「ああ、ここからけっこう商売や政治がらみのドロドロとした話が出てくるんだ」という期待もあり、今期注目の一作と言えます。

なお、小説「ゆりかごの星」は第0話と第1話の間の補完エピソードですので、第0話に惹きつけられた方は読んでおくと良いと思います。第1話から観る方は、まあ読まなくても良いんじゃないかと…。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 18

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

(プロローグは→)戦争について本気で問いかけてくれる作品。(1話で断念)

>プロローグまで視聴して
シリーズ初の女性主人公ということで
どんなイロモノ作品になってしまっているのかと諦め半分での視聴でしたが
そんな邪推はすぐに払拭される素晴らしいプロローグでした!。


まず、しっかりとしたテーマが感じられます。
戦争について本気で問いかけてくれる作品。
ある意味、富野さんの長年の一貫した怨念のようなものにすら思えてしまう(誉め言葉)。

これは今現在の世界情勢にすごく重なってきます。
あまりにも理不尽すぎる”戦争”、”人を○す”という行為。
エスカレートした一部の人間たち。
それを止められない無力感、虚無感。


もし、今現在のリアルな世界に”ガンダム”が存在していたらと想像すると・・
それはとてつもなく恐ろしい○人兵器・脅威だと思います。。

アニメとしてのガンダムのカッコよさ
・・だけど一面から見ると、単に”人を○す”だけの兵器。
アニメーター・監督等の立場としては、この矛盾に常にぶつかり苦しむのではないでしょうか?。


これまでのガンダムシリーズでも
常に、手法やアイデア等をあの手この手で探りながら絞りだし
それでもなおまた新しいガンダム作品を紡ぎだす・・。
・・脱帽です。
富野さんマインドは常に、これからも視聴者・世界に問いかけ続けるんだと思います。


作画、素晴らしいですね。
自分の感覚では「逆襲のシャア」のテイストに近いと感じています(誉め言葉)。
人物、兵器類、背景等、どれもが丁寧に描かれており
何が変に浮くこともないように思えます。

続きの本編が楽しみです♪。
 
 
-------------------------------------------------
>1話まで視聴して
日曜夕方5時、ひさびさにわくわくしながらリアルタイムTVアニメ放送視聴♪。

・・しかし、あれ??。

・・これはアレですね。。

・・PV詐欺ならぬプロローグ詐欺?><。


いろんな意味でプロローグとは全くの別物ですっ。

なんとかして良さを探してみましたが
主要キャラの作画は顎まわりが丸っこくて、はたらく魔王さま2期感すら・・。
モビルスーツの動きがプラモデルっぽいCGベースなのに加えて
なんかここでも目や輪郭の丸っこさが顕著で、なんかGレコ(未視聴)・AGE(未視聴)寄り?。
学園が舞台で話始めるのはいいとしても
あんな場所を選ばず”決○”とかできるような
物資・資金・時間・割く人員等の余裕もてるような環境が
どこから生まれるのかまったく理解できない・・。


自分にとっては視聴続ける理由○○になってしまいました。

★の評価はプロローグのみの評価として残します。
 本編の評価は・・・。
 
 
-------------------------------------------------
>某まとめサイト様方等のレビュー見て追記
ああ、確かに言われてみたら「ウテナ」をやりたかったのかもですねw。
花嫁強調してたし、あの植物園?w。

・・でも、ウテナでは、生身での”決○”が潔いのに対し
本作ではモビルスーツに乗っての”決○”・・って時点で、ナンカカッコワルイ。


本作のスケールでは、もはやガンダムファイト?の領域ですが
ガンダムファイトは国家の威信をかけた代理戦争?
なので当然、国家予算が惜しげもなくつぎ込まれると思いますが
本作では、ほんのささいな個人的感情??。
・・スケールの小ささに対してあの被害><。

100歩ゆずって、ナイトメアフレーム等のサイズ感であれば
ギリ許容できる設定かもですが
あのサイズのモビルスーツ戦、武器の威力も上限なし
”決○”って名目なのにファンネルで圧勝されても・・ww。


>どことなく『スタードライバー』感
すみません><。
これには完全に否定意見ですっ!。

ちゃんと『スタードライバー』観てください!(←ココ重要)。
まったくの別物ですっw。


百合ガンダムへの挑戦は、若干評価できますが

個人的に百合ガンダムは
1月放送予定のバディゴルガンダム2期で間に合ってます♪。
 
 

投稿 : 2022/11/26
♥ : 8

67.5 19 2022年秋(10月~12月)アニメランキング19位
羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (16)
62人が棚に入れました
人間たちの自然破壊により、多くの妖精たちが居場所を失っていた。森が開発され、居場所を失った黒猫の妖精シャオヘイ。そこに手を差し伸べたのは同じ妖精のフーシーだった。 フーシーはシャオヘイを仲間に加え、住処である人里から遠く離れた島へと案内する。その島に、人間でありながら最強の執行人ムゲンが現れる。フーシーたちの不穏な動きを察知し、捕えにきたのだ。戦いの中、シャオヘイはムゲンに捕まってしまう。 なんとか逃れたフーシーたちはシャオヘイの奪還を誓い、かねてから計画していた「ある作戦」を始める。一方、ムゲンはシャオヘイとともに、人と共存する妖精たちが暮らす館を目指す。シャオヘイは、新たな居場所を見つけることができるのか。そして、人と妖精の未来は、果たして――


声優・キャラクター
シャオヘイ:花澤香菜
ムゲン:宮野真守
フーシー:櫻井孝宏
シューファイ:斉藤壮馬
ロジュ:松岡禎丞
テンフー:杉田智和
シュイ:豊崎愛生
ナタ:水瀬いのり
キュウ爺:チョー
館長:大塚芳忠
花の妖精:宇垣美里(特別出演)
ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

良質な雰囲気アニメ

{netabare}
映画をTV放送版として再編したもの。
地味ではあるけど、雰囲気が良く、話の持って行き方も丁寧で良作だったと思う。

最初は1話冒頭のような経験もあってか人間を恨んでいた小黒が、ムゲンとの旅を通じて人の優しさにも触れて行って心変わりしていく、そんな話。
ムゲンに対して警戒心強めで逃亡を常に画策してた序盤から、ムゲンの優しさに触れて猫の姿じゃなく人間体で頻繁にコミュニケーションを取るようになっていたり、段々と二人の仲が深まっていく過程とかかなり丁寧。

テーマは人間との共存なのかな。
ありきたりと言えばすごくありきたりな話ではあるけど、頻繁に人間か妖精どちら側に着くか葛藤するシーンがあったり、人間社会の光の側面と影の側面が所々で描かれたり、とにかく話の作り方が丁寧だからこそ共感できるというか。
環境破壊などの観点から人間を嫌う妖精と、新たな発明を生み出すという点で人間に興味を示す妖精の存在があったりね。
否定しつつも妖精も人間社会が生み出したものを色々と利用していたり、一概に人間社会が悪と言えない状況。
この作品は妖精と言うファンタジー要素がありつつも、結局のところそういう現代社会のを光と闇、環境問題を描きたかった作品なのかなって個人的には思う。

テーマの部分は良かったけど、バトル展開は正直いらなかったかな。
まあ、戦闘も日本アニメじゃあまりみない作画でかなり面白かったのは確かだけど。

さて、後番の万聖街はどんな感じでしょうか。

↓1話毎メモ
{netabare}
1話 ☆7
背景作画すごい。これ何アニメ? 作画はすごいな。
雰囲気はいいけど結構退屈。
中国アニメの方が先に期待できそうなの悲しいわ。EDいいな。

2話 ☆9
喋れるんかよ。持ってません。
徐々にシャオヘイの警戒心がなくなっていく感じがいいね。
人間体になったのもそれの現れ? 作画すごいな。
小黒連れ去った目的はよくわからんね。この手に限る。
退屈な名作系かと思ってたけど、普通に面白さもある。
こんな古風な見た目なのにスマホ持ってんのかw
ムゲン何がしたいんだ? ヴァニタスのEDの人か。

3話 ☆8
ダイジェスト 人間と妖精の関係にスポット当てた話か。
あの街中での出来事で主人公は人間を恨んでる?
強盗に巡り会う強運。現代社会の闇と光的な。
人間に好意的な妖精、否定的な妖精、そしてその逆全員揃っているのが面白いね。
そして、妖精に優しく接する人間と悪意を持って接する人間。色んなパターンの妖精や人間が対比的に描かれてていい。

4話 ☆8
要所要所だけが動いててなんか違和感ある。櫻井かよこれ。

5話 ☆8
作画すごい。まあムゲンを選んだってことで。
バトルアニメに傾倒しすぎでは。モブサイコじゃねーか。
なんか無難な締めだったもう少し何か欲しかった感少しある。
僕が選ぶ未来ってここにも掛かってるのね。ED下ネタにしか聞こえんw

ED「Unity」☆9
5話ED「」☆7.5
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2022/11/26
♥ : 0

66.7 21 2022年秋(10月~12月)アニメランキング21位
ヤマノススメ Next Summit(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (41)
281人が棚に入れました
あおいとひなた、ふたりで始めた山登りは、標高197mの天覧山、599mの高尾山、1786mの三つ峠山と徐々に標高を上げていく。 ふたりの思い出の山である谷川岳にも登頂し、関東の名峰を周るうちにここなやかえで、ほのかといった仲間も増えて充実するアウトドアライフ。 山への知識、道具、体力を充実させたあおいは更なる高みを目指す。

66.5 22 2022年秋(10月~12月)アニメランキング22位
陰の実力者になりたくて!(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (71)
399人が棚に入れました
『我が名はシャドウ。陰に潜み、陰を狩る者……』 みたいな中二病設定を楽しんでいたら、まさかの現実に!? 主人公でも、ラスボスでもない。 普段は実力を隠してモブに徹し、物語に陰ながら介入して密かに実力を示す「陰の実力者」。 この「陰の実力者」に憧れ、日々モブとして目立たず生活しながら、力を求めて修業していた少年は、事故で命を失い、異世界に転生した。 これ幸いと少年・シドは異世界で「陰の実力者」設定を楽しむために、「妄想」で作り上げた「闇の教団」を倒すべく(おふざけで)暗躍していたところ、どうやら本当に、その「闇の教団」が存在していて……? ノリで配下にした少女たちは勘違いからシドを崇拝し、シドは本人も知らぬところで本物の「陰の実力者」になっていき、そしてシドが率いる陰の組織「シャドウガーデン」は、やがて世界の闇を滅ぼしていく――。

なんとか さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

多分、今期1です

何んと言うか、漫画だと普通に読めたのだが、アニメだと不自然に感じてしまう所ってあるな。そういう所は、アニメ用にやっぱし作り直しがいるかも・・・。

原作は「そこそこ面白い」という感じでしたが、アニメは素晴らしいですね。いいアニメは動きと声をつけて、話をトレースするだけでなく、視聴者をストーリーに引き込むいろんな工夫をしてくる。この作品はよい例だと思います。多分、監督や演出さんが上手いんでしょう。OPは最初「なんだこれは?」と思いましたが、あそび心があってよいですね。毎週の放送が楽しみです。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 2

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

ジェットコースター作品を期待!(2話まで視聴して)。

1話まで視聴して
原作未読、予備知識なしでの視聴です。

序盤のヒロイン?の声が安定した魅力ある声♪。
聞き覚えがある感じでは「堀江さんかな?」と期待高まる。

ヒロイン?の目と口が”へ_へ”のような簡易作画表情が
どことなく、はたらく魔王さま1期でのまおうの
”めんどくさい客対応時の感情を殺した表情”と重なって草w(好感)。

主人公との会話で、お約束的なパターン会話が入るが
堀江さん的に聴こえる声のおかげで、ずっと心地良く観ていられます^^。


とかいってる間に、少しずつ主人公像も見え隠れし始めます。
自作の手帳?切り貼り?を見返しながら発した「more ○○○○!」

あれ?。笑かしにきてます?、この作品。
発音、無駄に良すぎに聴こえるけど、なんか嘘くささも満載w。

と思ってたら、クラシックの某名曲?。
なんか雰囲気いいけど、嘘くささも満載w。

と、思ってたら、一気にバイオレンスに。

んで、何?、「スタイリッシュ○○○○○○○○」ってw。
他のキャラ達も、1回聞いただけで普通に何回も
「スタイリッシュ○○○○○○○○」復唱ってww。

狙った”バカ作品”ですね♪(誉め言葉)。
突っ込んだら負けのような・・w。


あの軍人さんの動き、どことなくKOFのラルフのような・・。
軍人さん、やられ中なのに、丁寧に状況説明セリフw。
主人公、バ○ルに可能性を見出したといってるが
1周回って、普通誰でも思いつく程度の使い方にw。

「陰の実力者」って何?。
そもそもこの単語自体がアバウトすぎるんですけどw。

で、ED。
ここで堀江さんの名前確認できて一安心^^。
ここまで視聴できたのは、ほぼ100%堀江さんのおかげです♪。


んで、あれ?。まだ続く?、Cパート??。

あれ?。なんかサムメンコっぽいこと言ってるんですけどw(最大の誉め言葉)。
もしかしてサムメンコの意思を継ぐ作品だったりする??。


あれ?、ここで転生??。

え?、こっからが本編??。

堀江さんは??。堀江さんはいるんですかー!、この世界に??(←ココ最重要)。
真(本編)ED?観る限りでは、キャスト名記載なし・・><。

EDでヒロイン達が何らかの戦隊服?っぽいのを着用してるのもかなり気になる・・。

1話では、どんどん場面が展開していって先が読めない
ジェットコースター展開に感じて、個人的にかなり好印象です。
全体的に作画も良い。

・・ただ今後、堀江さんのいない世界にずっととどまるならば評価下がる(断念)かも。。

できれば2話以降もいろんな世界を渡り歩くジェットコースター展開を期待します!。
 
-------------------------------------------------
2話まで視聴して

正直、2話での断念を覚悟してましたが、予想外に2話も楽しめました^^。

堀江さんはどこにも見当たらず、モチロンここは大きなマイナスでした><。


・・がっ、あれ??。これってアレですか?。主人公はハルヒ??。
自らが望んだ世界に改変できる能力もってます??。
じゃないと、周りのキャラ達が、どこまでが本気の発言・行動なのか意味不明すぎますw。

では、すべてが主人公の思い通りに話がすすんでしまう??。
・・いや、ラストの引きで、それも見事に裏切ってくれてます♪。←上手いですね。

”コードギアスを参考にしてる感”を、随所に感じます(誉め言葉)。


中盤では、姉の見せ場がありましたね!。
ココ、かなりグッときました!!(高評価)。
中の人が日高さんというのも感慨深いです^^(スタドラ好きとして)。


アルファにも、今後ガッツリ注目したいです!。
この理由はもちろん、1月のバディゴル2nd Seasonまでのつなぎですね^^。(天鷲葵)


(余談)
「この、○ゲー!」って、アレですね。やっぱ強烈にイメージが脳内に残ってます。
でも、その発言の中の人のイメージチェンジにはホント驚かされました。
・・なんというか、学ぶべきことが多くあるように思えます。。
 
 

投稿 : 2022/11/26
♥ : 6
ネタバレ

羽宮 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

異世界転生なろう風、黒の騎士団

頭がかなりおかしい(厨二病)アイタタタ主人公、シャドウくんの……鈍感ハーレム?コミカル俺TUEEEEE?なんともカテゴライズが難しいヒーローアニメ。
外の皮はギアスっぽく、中の皮はオバロっぽい雰囲気を感じる。
「最初のうちは間違いなく面白い」という声が多数聞かれるため、とりあえず3話コース。
制作はA-1やP.A.の制作協力で偶に見かけるネクサス。協力じゃない直近の作品は、ダーウィンズゲーム。
キャラクターの登場人数は多そうだが、バトル中よく動いてくれたら嬉しい。
1話はほとんどアニオリだったらしいが、これが意外と好評……?

5話視聴。3.6から上方修正。

7話視聴。3.9から上方修正。
折り返してやっと面白さがわかってきた。ギアス要素もオバロ要素も面白いのは当たり前なのだが、真骨頂はやはりモブムーブか。モブせかは外見と(序盤の)地位だけがモブだったのに対し、こっちは学園内縛りはあるとはいえ言動までもがモブ、しかもそれが「完璧なモブだー!」といいたくなるくらい洗練されている。ある種の芸術。
{netabare}あとは三角関係の行く末も気になるところ。シェリーちゃん可愛かったなぁ……。いや、今回正妻っぽいのが増えたから全然三角じゃないかもしれない。{/netabare}

投稿 : 2022/11/26
♥ : 1

66.0 23 2022年秋(10月~12月)アニメランキング23位
うる星やつら(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (70)
363人が棚に入れました
「でもうちは、やっぱりダーリンが、好きだっちゃ。」地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラム。二人の出会いからすべてが始まった…!今なお第一線で活躍する高橋留美子による鮮烈のデビュー作「うる星やつら」。小学館創業100周年を記念し、選び抜かれた原作エピソードを4クールに渡ってテレビアニメ化!(第1期2022年放送予定)監督は『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』を手掛けた髙橋秀弥・木村泰大、シリーズ構成に『はたらく細胞』の柿原優子、キャラクターデザインに『おそ松さん』『映像研には手を出すな!』の浅野直之、アニメーション制作は『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ、『炎炎ノ消防隊』のdavid productionが担当。そして、主人公の“ダーリン”こと諸星あたると、ヒロイン・ラムという稀代のカップル役を神谷浩史と上坂すみれが演じる。大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切なくて…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩るラブコメディ。目を見て「好き」と言えない今だからこそ届けたい。ゴージャスでタフ、クレイジーな“やつら”の青春がかけめぐる!

大重 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

私のようなおっさんですらろくに見ていなかった古い作品が…

私は相当おっさんなのですが、さすがにうる星やつらとなると…
一応生まれた後にやっていたとは思うのですが、物心つく前なのでろくに見た記憶がなく、曖昧です。

その後読み返すこともなく、非常に有名で、当然のように知っているけれど、実はまともに見たことがなかった、という作品になります。
なので結構楽しみにしていました。

令和にリメイクするのではなく、昭和時代そのままの光景を描いていますね。
黒電話など。
内容も古いそのままで、今の時代からはそぐわない考え方もそのままのようですね。

古い風景、古い主人公に古いヒロイン。果たして今の若い人にはどう映るのでしょう。
そういう点でも色々興味深いですね。
まあおっさんには見たことがなくても懐かしいとしか思えないですが。

作画クオリティは高いですし、どのように描いていくのか見てみたいですね。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 5
ネタバレ

大貧民 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

原作準拠のリメイク版

アニメはリアタイ視聴世代、再放送も見ていた。
原作漫画も、少年サンデーで読んでいました。
「ビューティフル・ドリーマー」も観に行きました。
旧作のほうはアニメオリジナルの演出やエピソードも多く、漫画原作とはかなり違うものという感じでした。昭和のアニメって漫画そのままやることの方が少なかった気がします。
アニメ旧「うる星やつら」から押井守のファンになったと言ってもいいので、旧作と今回の令和版うる星やつらは、別物と思って楽しみにしていました。

前情報として、原作準拠という一方で、PVを見ると主演の声優二人は完全に旧作に寄せいてしかも非常に良い。
絵柄は完全に高橋留美子に寄せ来ていてこちらも新鮮に感じた。

あたる父は旧作のあたる役の古川登志夫で、{netabare}トライアングル回でのあたるに雨合羽を渡すシーンでの掛け合いは、あたる役の神谷博史が前作に寄せているので、{/netabare}妙な親子感があってなんか良かった。
旧作では原作に追いついてしまうため、あたる父やあたる母のオリジナルエピソード回があって評価も高かったりするのですが、今回の令和版では原作エピソードを削ることはあっても、まるまるオリジナル回をやることはないのだろうから、出番はずっと少なくなるでしょうね。

錯乱坊(チェリー)の声が、やはり永井一郎でないとと思ってしまう。
怪しさは高木渉でも十分にでているのだが、ブサイクオッサン感が足りない。永井一郎は希有な声優で波平などのただのオッサンだと他にやれる人はいると思うが、錯乱坊はちょっと難しい。代役も故人しか思い浮かばない。

第4話
クラマが {netabare}掟を起源を知るのはずっと後だった筈で、つまりは目覚めのキスのやり直しエピソードなどは削る予定なのでしょうね{/netabare}それはちょっと殘念。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 1

65.5 24 2022年秋(10月~12月)アニメランキング24位
Do It Yourself!! どぅー・いっと・ゆあせるふ(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (48)
252人が棚に入れました
『ディー‐アイ‐ワイ【DIY】Do it yourself「自分でしなさい」の意、家具などを自分の手で作ったり修理したりすること』――広辞苑より。 「Do It Yourself!!」は、女子高生を主人公に、家具や友情や、ひいては人生までも、考え、工夫し、苦労し、失敗し、それでも諦めずに自分の手で完成させて、未来を切り開いていこうとする少女たちの、その最初の一歩を描く物語です。

でこぽん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

今期のダークホースかも?温かい雰囲気が心地良いです(^_^)

この物語は超のんびり屋さんの主人公の結愛せるふがDIY(Do It Yourself)部に入部し、いろんなものを自分で工作する物語。

主人公せるふの”超のんびーり”したしぐさや話し方がとても気に入りました。
多くの動物たちに囲まれている彼女は、きっと温かい心の持ち主です。たぶん…
今期のアニメの中で、なぜか一番好きになりました。不思議と心が温まったのです。
もしかして、今期のダークホースかもしれません。


のんびり屋さんにも関わらず、せるふは毎日毎日怪我をします。
そそっかしいのか、とろいのか、おそらく後者のようです。
その彼女が今回初めて示した決断は、DIY部に入部することです。

おそらくせるふは、今後いろんな決断を迫られるようになるでしょう。
そして、いろんなものをつくっていくことになるでしょう。

きっと失敗のほうが圧倒的に多いと思います。
でも、そのたびに彼女は少しずつ少しずつ、成長していくでしょう。
そんな彼女を温かく見守っていきたいと思います。


少しずつ仲間が増えてきました。
廃部寸前だったDIY部は、いつの間にかにぎやかな部になりました。
せるふは手先が不器用でDIY部には不向きのように思えましたが…
誰でも拒まない彼女の性格がDIY部を救ったようですね。

DIY部は、D(誰もが)・I(居心地)・Y(良い)部になりました。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 18

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

全くノーマークで期待してなかった作品でしたが、不思議な魅力を感じます!(3話まで視聴して)

3話まで視聴して

1話視聴終了時は、正直切りかけ寸前でしたw。

作画が、荒いというか、雑というか、大雑把というか・・と、感じてしまい><
当初は継続視聴するとはまったく思ってませんでした。。


・・しかし、2話、3話と視聴を続けるにあたり
徐々にこの作画が、心地良く感じるまでに変化していました♪。

特に3話冒頭での、風を感じる描写には、ココロを揺さぶられました。

この理由を自分で考察してみたところ
本作は各キャラの心情を丁寧に描写しているところに
視聴者のココロが徐々に開かされているのだと感じました。


本作の世界観設定、面白いですね。
じっくり考えたワケではないですが
単純に、最先端のテクノロジーの存在する世界ではあるのですが
それに対比して、従来のアナログなモノの魅力も存分に描かれる。

加えて、普遍的なヒトとヒトとの協調・対話・助け合い・思いやり、etc.・・
などといったものも添えられているのですから♪。
これには主人公役声優さん他声優陣みなさんの演技の貢献も見逃せません。

最初は荒いと感じていた作画が
だんだん、心地良い緩さ、気兼ねのない普段感というか
かつてどこかで経験してきた懐かしい優しさのようにまで思えてしまったのです。


OP・ED曲も、意外に凝った感じというか、趣向をこらしている印象ありますね♪。
今後もとばさずちゃんと聴いてみたい。

DIYなんて普段まったくしない自分ですが
ちょっと前に、電動ドリル買おうと思ってホームセンターいったけど
インパクトドライバーとかもあって、選びきれなかった自分なので
そういった道具購入のヒントとかも得られたらいいなと期待してます!。

はい、本作は自分にとっての今期ダークホースだったようです^^。
  
 

投稿 : 2022/11/26
♥ : 7

羽宮 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

癒やし

出遅れたため詳細は略。

ゆるキャン△のDIY版な感じのきらら風オリジナルアニメ。
主人公はらき☆すたの泉こなたみたいな脱力系。超好き。

作画はトルコアイスみたいに柔らかいが、別に崩れてはいない。表情は安定していて、ちゃんとキャラは可愛く描かれている。
モブや引きになると適当にはなるが、計算され尽くした手抜き「デザイン」といっていいと思う。予算がなくて溶けているのと一緒にしてはいけない。
枚数の方はというと少ないというよりむしろ多めで、日常のように局所的にブーストがかかる感じの様子。命を…燃やせ!!!!

そして美術が素晴らしい。(特別似てはいないが)ちょっとだけ君に届けを感じた。美術監督の岡本有香さんはJust Because!のときもとてもよかったけど、今回はそれ以上。
全体的にしなやかでぽかぽかした雰囲気。超好き。

現状、今期のオリジナルアニメのなかでは一番期待している。

1話はドリルから木屑がでなかったのが惜しかったが、抜く時に温度を確認する描写がリアルでよかった。
細かいところに必要以上の気遣いや作画パワーを割くタイプのアニメ、嫌いじゃないぜ。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 3

64.4 25 2022年秋(10月~12月)アニメランキング25位
4人はそれぞれウソをつく(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (36)
256人が棚に入れました
リッカ、千代、関根、翼は、同じ女子校に通うなかよし4人組。 普通の中学2年生に見える彼女たちだけど、じつはみんな誰にも言えない秘密があって……。 宇宙人×抜け忍×超能力者×女装男子!? “うっかり”で、教室が、地球が、滅びちゃう!? 曲者だらけ、秘密だらけの4人だけど、ウソのおかげで一緒にいられる―― ウソつきは“なかよし”の始まり…!?な、新感覚“カオス”学園コメディ!
1234
ページの先頭へ