「コジコジ-さくらももこ劇場(TVアニメ動画)」

総合得点
68.1
感想・評価
70
棚に入れた
390
ランキング
2159
★★★★☆ 3.8 (70)
物語
3.9
作画
3.5
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

故さくらももこ氏の好奇心と観察眼が生み出した怪作

 なぜか「今注目の話題作」だそうで。原作既読。本作もかなり見ていると思います。後半の方はひょっとしたら未見の可能性もありますが、1話完結系のギャグですので、さほどレビューに影響はないでしょう。

 原作者の故さくらももこ氏はもちろん「ちびまる子ちゃん」の原作者ですが、彼女のエッセイを読む限りでは本質的には本作の方が原作者がダイレクトに出ている感覚です。

 本作は不条理ギャグと捉えることもできるかもしれませんが、私としては「さくらももこ」という独特なフィルターを通して世界を見た結果の表現だと思っています。

 やかんくん、かめ吉、ゲラン、あたま花、沼にいたものしり爺さん等々ですね。教室にいる生徒や世間にいる人を擬人化したのかなと思っています。擬人化の対象が彼女のそれぞれの人に対するイメージなのでしょう。擬人化により人間性を薄める事で「ちびまる子ちゃん」よりももっとダイレクトで生な表現をさせている気がしました。

 で、コジコジとは好奇心の塊で、さくらももこの分身である同時に、宇宙の森羅万象つまり原作者を取り巻く世界そのものの不思議な法則の象徴なのかな、と思います。

 ただ、正月君とか記憶喪失で人間の世界に還れない男の子とかいたと思いますが、彼らが出てきたところでちょっと「理」が入ってきちゃったかな、と思った記憶があります。本作原作はそれほど長く続かなかったと思います。(ただ、今考えると人間そのもののイメージで出てきたキャラは、抽象概念の擬人化で、ある意味では理ではなく感性なのかもしれません。)

 原作者の「街で見かけた」「想い出の」不思議な人に関するエッセイであり、キャラそのものが描きたい事ですからキャラのネタが尽きれば、ギャグを展開するのが難しくなるでしょう。あるいは不条理っぽい作品が理に走ってしまい、これ以上展開できなかったのかもしれません。

 OPとEDの曲は今聞いても不思議な感じですが、制作者側が本作を不条理というカテゴライズしたためでしょう。

 本当の意味での不条理は難しく「ぼのぼの」「伝染るんです」「傷だらけの天使たち」などがありますが、本当に不条理なのは「伝染るんです」くらいでしょう。「ねこぢるうどん」になるともう病気の感じです。あれはメンタルに独自性がないとでないでしょうね。

 さくらももこ氏もかなり独特な感性の人ですが、じゃあ病んでいるかと言うこともなくやはり好奇心の塊で、観察眼の人だった、といえるのではないかと思います。

 点数で評価はしませんが、特にEDは一見の価値があります。そして今なぜお勧め??なのか理由は知りませんが、物事を違った目でみることで相対化するという意味では分からなくはないかもしれません。人間の矮小化による解放という意味もあるでしょう。

投稿 : 2023/12/07
閲覧 : 85
サンキュー:

6

コジコジ-さくらももこ劇場のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
コジコジ-さくらももこ劇場のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

nyaroが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ