「葬送のフリーレン(TVアニメ動画)」

総合得点
87.7
感想・評価
539
棚に入れた
1721
ランキング
141
★★★★★ 4.2 (539)
物語
4.2
作画
4.3
声優
4.2
音楽
4.2
キャラ
4.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

トキメキを無くした永遠より熱い刹那を

アニメのクオリティが高いし雰囲気がいいし、キャラクター、ストーリーどっちも素晴らしい最高の作品、最後まで面白かった!

OPテーマYOASOBIの「勇者」
この歌をフルで聴いてみてください!
レビュー読まなくてもこの歌の歌詞がネタバレなしで作品のすべてを紹介してくれています!
それくらい物語の深い理解と作品への愛が伝わってくる歌で
この歌聴いてると作中のシーンが鮮明に浮かんできて涙出てくる
推しの子の「アイドル」もそうだけどホント作品の読み込みが素晴らしいしメロディやリズムが作品全体のテーマを感覚的に上手に表現している神曲なんです、YOASOBIさんありがとう、大好きなアーティストです!

作中で一番不思議だったのはヒンメル老けすぎ問題、それともハイターが長生きなだけ?

一番印象的だったのは1話{netabare}
「たった10年一緒に旅しただけだし・・・
人間の寿命は短いってわかっていたのに、なんでもっと知ろうと思わなかったんだろう?」
この一言がとても重く感じて、思わず泣いてしまいました
仲間と50年会わなくても何とも思ってなかったフリーレンが、たぶん1000年以上生きて初めて流した涙
失ってはじめて、大切なものに気づいたんですね
それがなんかとても可愛そうに思えて、いろいろ想像したら涙が・・・

流した涙と一緒に、「心が鈍い」っていう仮面がはがれていくような気がして
そこからフリーレンの物語が始まった

勇者一行の掘り下げが、ほとんどフリーレンの回想っていうのが斬新で、たった数分の短い回想ばっかりなのにとても心に響いた
心が鈍いはずのフリーレンが、旅の途中の何気ない一コマを鮮明に覚えていて、懐かしむ表情が楽しそうでもあり、切なそうでもあり
勇者パーティの誰かにゆかりがある仲間達は昔話が聞きたいでしょうに、ほとんど仲間に想い出を語らずに、一人でその大事な想い出をかみしめるように回想するフリーレンに心を打たれる

「みんなとの冒険なんて私の人生の100分の一にも満たない」
「その100分の1がお前を変えたんだ」
「一番の理由は、君が未来で独りぼっちにならないようにするためかな」
「おとぎ話じゃない、僕たちは確かに実在したんだ」

回想でしかほとんど出てこないくせに、なんなんですかねこの強烈に心に響く一言は? {/netabare}

好きなエピソードは{netabare} 鏡蓮華の指輪をヒンメルが薬指に嵌めたシーン
シュタルクからフェルンは贈るほうも受け取るほうも意味を知らなかった
ヒンメルはたぶん意味をわかってフリーレンに送った
このあたりからヒンメルの株が爆上がりでした、歯の浮くようなセリフを言われても淡々としているフリーレン
魔王討伐したあと50年、全く会いに来てくれないフリーレンをどんな想いで待っていたのでしょうか?
フリーレン酷いなーって思っちゃうんだけど、永遠に近い寿命を持つからやっぱり心が鈍くなるのは仕方ないのかなって思って
でも、物語を追っていくと「フリーレン薄情」という印象が薄くなりました
もしかして、孤独になるってわかってるからあえて心が鈍いふりをしているのかなって思った
「心の鈍いフリーレンが心を動かされるくらい大切だった」ことにフリーレン自身が気づいていく過程を見せられていくことで、勇者パーティの絆の深さ、ヒンメルの愛の深さ、フリーレンがどれだけ大切に想っていたのかがよく伝わってくるし、伝わってくるからこそ、ヒンメルやハイターがもういないっていう事実が重たくのしかかってくる
でもフリーレンは「誰の記憶から消えてしまっても、私が未来へ連れて行くから」とヒンメル達の生きていた証、成し遂げた功績、楽しかった想い出を背負って永遠に近い年月を生きていく誓いをします
じゃあ、フリーレンの生きた証は、誰が見届けてくれるのでしょうか?
彼女の最期は、誰が葬送してくれるのでしょうか?
彼女と大切な時間を過ごした人たちはみんな天国へ旅立っていく、フェルンもシュタルクもザインも、彼らの孫もそのまた孫もフリーレンは最期を看取り、未来へ連れて行くのでしょう
そんな彼女の永遠に近い時間をずっと寄り添ってくれる人は誰もいない
大事な人がいない孤独な永遠なんて、あまりにも寂しすぎる

ハイター「死んだら天国に行く、その方が都合がいいじゃないですか」
そう、都合がいい
死んだら消滅してしまうのだったら、フリーレンは本当に孤独になってしまう
死んだヒンメル達が、天国にいるって思うほうが都合がいい
だから彼女は、天国を目指すのでしょう
{/netabare}
永遠の孤独を抱えながら孤独に気づかないふりをしていた彼女
永遠の孤独から救ってくれた勇者たち
大切な人の想いを背負って永遠を生きる優しいフリーレンを好きになれずにはいられませんでした

投稿 : 2024/04/06
閲覧 : 304
サンキュー:

35

葬送のフリーレンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
葬送のフリーレンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レオン博士が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ