「劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~(アニメ映画)」

総合得点
81.4
感想・評価
121
棚に入れた
661
ランキング
265
★★★★★ 4.4 (121)
物語
4.2
作画
4.6
声優
4.4
音楽
4.5
キャラ
4.4

約1000作品のアニメ動画を今すぐ無料で視聴できる方法

writer:

約1000作品のアニメ動画を無料視聴する方法をわかりやすく紹介していきます!

約1000作品のアニメを30日間無料で視聴する方法

先に結論をお伝えすると、約1000作品のアニメ動画を今すぐ無料視聴するには、動画配信サービス・フジテレビオンデマンドを利用するのが最もオススメな方法となります。

>>1ヶ月間無料でアニメを観てみる

えっ、フジテレビオンデマンドって、フジテレビのアニメしかないんじゃないの?!

アニメよりドラマのイメージなんだけど…

と思ってしまいますよね(笑)
でもそんな事はないんです!

では、一体なぜオススメなのか?

その理由はテレビ局という資本力と、それを使った豪華なアニメ作品のラインナップにあります。

フジテレビオンデマンド

フジテレビオンデマンドのおすすめな理由の一番のポイントは、なんといっても

Amazonアカウントでログインするだけで、すぐに視聴が開始できちゃうところ!

面倒な入力がほとんどなく、パッとアニメを視聴開始できます。

そして無料期間が1ヶ月もあり、この期間に解約すれば料金は一切かかりません。

でもフジテレビオンデマンドってアニメを観るのにはむいてないんじゃないの?

確かにサイトを観るとパッと見てアニメっぽくはないですのでそう思うのは当然です。

ていうか、私もそう思っていました(笑)

ですが、実際に使ってみてわかったんですが、実はフジテレビオンデマンドはアニメだけで約1000作品を扱っており、特に驚いたのが

今期の放送中のアニメ作品に関してはテレビ局直営だけあって配信数が他局のアニメも含めて動画配信サービスの中でもトップクラス!

かなりの網羅率となっています。

FODプレミアム 今期人気アニメ

※まだまだ配信中がありますが、載せきれないので残りはサイトで確認してください。

またラインナップもフジテレビだけでなく他の放送局のアニメ作品も有名どころから過去作品まで良いところを抑えており、年代別でランキング上位の作品がしっかりと抑えられているんです。
たとえばどんな作品があるかというと、、、

これ、優秀ですよね。。。

あにこれの総合得点ランキング上位作品をほぼ網羅。
これにはさすがに驚きました。

というのも、見放題作品は作品ごとに単価が決まっており、単価が高い作品は有料配信サービス専業のサイトでは赤字になるためなかなか配信ができないんです。

でもフジテレビオンデマンドはTV局としての収益もあり、またフジテレビ自体がアニメやドラマ、映画などのコンテンツホルダーなのでその収益も見込めるので、単価の高い人気作品も配信できるみたいですね。

フジテレビだけあって、ドラマや映画、バラエティが超充実!

フジテレビオンデマンドプレミアム

フジテレビオンデマンドの魅力はアニメだけでも凄いのに、それ以外にもおもしろいコンテンツが揃っているところです。

何と言っても、アニメは約1000作品ですが、全ジャンルだと2万以上の作品ありますからね(笑)

そんな中でやはりフジテレビと言えばでてくるのは、ドラマではないでしょうか?

過去の月9作品をはじめ、おもしろいドラマも見放題なんです。

ドラマって昔は毎週みてましたけど今では見なくなってきましたよね。

でも1話からまとめて最終回まで無料でみれてしまうのは、いざやってみるとかなりおもしろい!

アニメの気分じゃない時や、昔観た懐かしい作品があれば、これらの作品をパッとまとめて観るのはおすすめ!

運営はこんなドラマをおすすめするよ

『のだめカンタービレ』
『コード・ブルー』
『花ざかりの君たちへ』
『ビーチボーイズ』
『古畑任三郎』
『リッチマン、プアウーマン』
『白い巨塔』

etc...

やはりアニメ好きなので、観てて疲れない漫画原作のドラマが多くなってしまいますね。
のだめはかなりシリーズが長く、映画もあるのでそれがまとめて観れるのはとても魅力的!

アニメに興味がない人が一緒に使うなら喜ばれそうです。

実は動画だけでなく、漫画が400タイトル、雑誌が100冊以上無料で読める!?

恐るべしフジテレビオンデマンド、なんと動画だけでなく本も扱っており、以下の漫画も無料で読めてしまいます。

七つの大罪 進撃の巨人 ちはやふる
花のち晴れ~花男 Next Season~ センセイ君主 春待つ僕ら
BLEACH バトルスタディーズ 生贄投票
僕のヒーローアカデミア ハイキュー!! ダイヤのA
約束のネバーランド ゴールデンカムイ NARUTO―ナルト―
ウソ婚 らぶモミ!~とろけるエステ~ 花にけだもの
あたしのピンクがあふれちゃう 青夏 Ao-Natsu イタズラなKiss(フルカラー版)

全巻無料ではない作品もありますが、フジテレビ系の漫画が400タイトル以上読めるというメリットもあります。

電車など音が出せない退屈なタイミングで重宝します。

そしてさらに驚くのが、有名な雑誌も100冊以上読めるんです!?

写真週刊誌 FRIDAY、フラッシュ、FLASHスペシャル グラビアBEST
一般週刊誌 週刊アサヒ芸能、SPA!、週刊プレイボーイ、週刊現代、週刊ポスト、週刊朝日、AERA、サンデー毎日、ニューズウィーク日本版、SAPIO
女性週刊誌 女性自身、女性セブン
女性ファッション誌 MORE、CanCam、BAILA、Ray、non-no、Oggi、Domani、Precious、Seventeen、CLASSY.、LEE、SPUR
男性ファッション誌 MEN'SNON-NO、GOOUT、UOMO、MEN'SEX、メンズクラブ、GQJAPAN、Mr.BabeMagazine
女性向け雑誌 MAQUIA、美的、オズマガジン、ELLEJAPONエル・ジャポン、ELLEDECOR、フィガロジャポン、VOGUEJAPAN、NuméroTOKYO、LDK
男性向け雑誌 Tarzan、GetNavi、DIME、Begin、おとなの週末、Pen、GoodsPress、男の隠れ家、Lightning、デジモノステーション、サライ
生活情報誌 ESSE、Como、Mart、Hanako、オズマガジンプラス
スポーツ雑誌 週刊Gallop、週刊ベースボール、週刊プロレス、F1速報、GOLFTODAY、サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダイジェスト、EVEN、スマッシュ、アルバトロス・ビュー
経済雑誌 週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、週刊東洋経済、ダイヤモンドZAi
趣味・専門誌 ムー、パチンコ必勝本CLIMAX、パチスロ必勝本、MacFan、ランドネ、住まいの設計、PEAKS、つり情報、つり人、CAPA、BICYCLECLUB、DiscoverJapan、RIDERSCLUB、サーフトリップジャーナル、WIRED、COURRiERJapon、MONOQLO、家電批評、将棋世界、flick!、BE-PAL
グルメ雑誌 東京カレンダー、料理通信、ビール王国、ワイン王国、食楽、buono、エル・グルメ

運営は雑誌なんて何年も読んでいなかったのですが、無料と言う事で読んでみると意外とおもしろく、特に「ムー」を読んでしまっています。

アニメから話が逸れてしまいましたが、アニメのタイトルだけでもかなり豪華なラインナップにも関わらず、その他にこれだけ豊富なコンテンツが揃っているのが、フジテレビオンデマンドの恐ろしいところで、おすすめなところです。

今後も使い続けたいと思った時も料金的にFODがおすすめ

1ヶ月無料で使って、まだ観てる途中だったのに〜
となってしまった時にも、フジテレビオンデマンドはおすすめです。

VODと呼ばれる動画配信サービスは最近だとかなりの数が乱立していますが、料金は様々です。

特によく紹介されている、

・U-Next(1,990円)
などはよくネットで見かけると思いますが、実は料金が高く、継続したいとなった時に結構痛いです。

その点FODは月額888円(税抜)という圧倒的やすさがあります。U-Nextの1ヶ月分の料金で2ヶ月使えちゃいますかね(笑)

アニメだけでもすごいのに、ドラマ、バラエティ、漫画、雑誌も

すべて見放題は本当に安い!

アニメは1作品につき平均12話あるので、レンタルだと100円デーみたいな安いタイミングを狙っても1クール7巻で700円!?

普通の時にレンタルしたら2,100円もかかってしまいます!?

その点でも、定額のFODは気軽でいいです!

Anitubeなど違法動画サイトで無料で観るのは危険?

「Anitubeなどの違法サイトを使えば無料でみれるから」

と思っていた人も多いかも知れませんが、2019年2月に著作権法の改正案を文化庁がまとめました。

その内容は、
「権利者の許可なく、インターネット上のあらゆるコンテンツについて、著作権を侵害していると知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする」こと。

と定められています。

ただ視聴するだけなら問題ないじゃん!と思うかも知れませんが、視聴するだけでダウンロードしているのはご存知ですか?

動画を違法サイトで視聴するという事は、実はスマホやパソコンにデータをダウンロードしながら、それを画面で再生しています。

つまり今回の著作権法の改正におもいっきり抵触する事となり、従来のような罰金ではなく前科のつく刑事罰として逮捕されるようになります。

また違法なサイトにアクセスした場合は警告文を出すなどの話題も上がっており、これは言い換えれば、

「あなたが違法なサイトにアクセスした瞬間にその証拠を握られる」

ことを意味しています。つまり、違法サイトにアクセスしたら、いつでもあなたを逮捕できる状態になってしまいます。

まだ確定ではないので、今後どうなっていくかはわかりませんが、この大きな違法動画サイトへの流れは変えられません。

だから、早期にちゃんとした正規の動画配信サービスを使うことをおすすめしています。

劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~のストーリー・あらすじ

昨年度の全日本吹奏楽コンクールに出場を果たした北宇治高校吹奏楽部。2年生の黄前久美子は3年生の加部友恵と、4月から新しく入った1年生の指導にあたることになる。全国大会出場校ともあって、多くの1年生が入部するなか、低音パートへやって来たのは4名。一見すると何の問題もなさそうな久石奏。周囲と馴染もうとしない鈴木美玲。そんな美玲と仲良くしたい鈴木さつき。自身のことを語ろうとしない月永求。サンライズフェスティバル、オーディション、そしてコンクール。「全国大会金賞」を目標に掲げる吹奏楽部だけど、問題が次々と勃発して……!?北宇治高校吹奏楽部、波乱の日々がスタート!(アニメ映画『劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2019年4月19日
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
anime-eupho.com

声優・キャラクター

黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳、石谷春貴、藤村鼓乃美、山岡ゆり、津田健次郎、小堀幸、雨宮天、七瀬彩夏、久野美咲、土屋神葉、寿美菜子、櫻井孝宏

スタッフ

原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)、 監督:石原立也、脚本:花田十輝、キャラクターデザイン:池田晶子、美術監督:篠原睦雄、色彩設計:竹田明代、楽器設定:髙橋博行、撮影監督:髙尾一也、音響監督:鶴岡陽太、音楽:松田彬人、音楽制作:ランティス/ハートカンパニー、音楽制作協力:洗足学園音楽大学、演奏協力:フレッシュマン・ウインド・オーケストラ、音楽監修:大和田雅洋

既に116件のレビュー・感想・評価が集まっています

KANO

★★★★★ 4.6

観れただけで満足

初めて自発的にアニメ映画を観に、劇場に足を運びました。 結論から言えは、元の作風に戻っ...

bujiharu

★★★★★ 4.9

1期のアンチテーゼ 久石奏

新キャラクター久石奏。 演奏力高いのはもちろん、その社交性の高さや頭の良さなど後輩とし...

もっとみる(全121件)

劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの関連ニュース

2019-10-08

『ランティス祭り』、海外第一弾となる上海公演を開催。茅原実里、fhánaらが熱演 - めるも - めるも

『ランティス祭り』、海外第一弾となる上海公演を開催。茅原実里、fhánaらが熱演 - めるも >> 続きを見る

2019-10-08

【ライブレポート】<ランティス祭り>、上海で海外公演第1弾を開催 - BARKS

【ライブレポート】<ランティス祭り>、上海で海外公演第1弾を開催 >> 続きを見る

2019-10-01

『旅と鉄道』増刊11月号「アニメと鉄道2019」を発売!10月11日公開の最新アニメ映画「空の青さを知る人よ」を大特集。鉄道シーンが印象に残るアニメ作品と、ラッピング列車を一挙紹介! - PR TIMES

『旅と鉄道』増刊11月号「アニメと鉄道2019」を発売!10月11日公開の最新アニメ映画「空の青さを知る人よ」を大特集。鉄道シーンが印象に残るアニメ作品と、ラッピング列車を一挙紹介! >> 続きを見る

このアニメの類似作品

この頃(2019年4月19日)の他の作品

もしかしたら犯罪かもしれない海賊版違法無料動画サイト

アニチューブ(anitube)

アニチューブ(anitube)

「Anitube」は海外で違法に運営されていた動画サイトでした。日本で放送されたほぼすべてのアニメ動画が観れるサイトとして違法サイトの中では代表的なサイトとなっていましたが、漫画村の事件から日本政府が不正海賊版サイトを遮断するようになり、その際ににanitubeも閉鎖されています。今では「Anitubeが見れない!」という状態となっています。代わりになる類似サイトとしてAnitubeX(https://www.anitubex.net/)Anitube Brasil(https://anitubebrasil.net/)もありましたが現在では閉鎖されています。また最近ではアニチューブが移転して復活したという噂もありますが、違法動画サイトでいつ使えなくなるかもわからないので利用は辞めておきましょう。

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)は日本で運営されていた、主にアニメを中心とした無料動画の情報のまとめサイトでした。しかしアニポで紹介されていた動画はすべて違法にアップロードされたアニメ動画であった為、2018年2月に漫画村などの違法にコミックをアップロードしているサイトが社会問題化した流れで閉鎖され「アニポが見れない」と騒がれました。しかし、数日のうちにアニポに変わるサイトとしてanipo.tvとして新URLで復活しています。ただし、新しいアニポは危険なサイトとしてウィルス感染が報告されており、かなり危険そうなイメージです。そもそも違法サイトという事もあって、利用は辞めておいた方が安全だと思われます。

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画は株式会社ドワンゴが運営する動画配信サイト。以前は違法アップロードされたアニメが横行していましたが、現在ではアニメに特化した「ニコニコチャンネル」もあり、有料の動画配信サイトとしてアニメが観れるサイトとなっています。コメントが打てる動画サイトとして有名で、ニコニコ生放送やニコニコ静画なども人気を博しています。

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotionは、フランスで生まれたYoutubeのような動画共有サービスで、日本では違法な動画が多い為、anitubeなどと同じような海賊版サイトと思われがちですが、むしろ世界的にはYoutubeと類似した機能を持つ動画サービスです。ただしここにアップロードされているアニメは基本的にはすべて違法動画であり、視聴したりダウンロードする事は違法な行為となります。

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

Pandora TVは韓国が運営する動画共有サービスです。違法な動画ばかりで、また広告が多く、ウィルスに感染させるバナーなどが多く掲載されていたため、危険なサイト、違法なサイトと日本では認知されています。

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)は中国が運営する動画共有サービスです。基本は個人が動画を共有する事を前提としたサービスでしたが、違法なアニメ動画を大量配信しているサイトです。またその動画をみたい日本人にむけて日本語に対応している事で日本人で違法なサイトでアニメを視聴したい人に人気でした。ただし、中国も徐々に違法な動画の撲滅に動き始めており、以前よりも違法な動画は減り、徐々にアニメを違法で観るサイトとしては下火になりつつあります。

kissanime(キスアニメ)

kissanime(キスアニメ)

キスアニメは日本アニメやドラマ、映画などを違法にアップロードしているサイトです。最近では閉鎖したアニチューブの代わりとして多くのユーザーがkissanimeに移行したようです。ただしkissanimeは運営者やアップロードしている人が不明なために視聴していた動画に何かが仕込まれているという可能性はゼロではなく非常に危険な可能性があります。またウィルス広告が出る、過去にハッキング被害を受けている、という歴史もあり、パソコンやスマホ、タブレットで閲覧するとそのデバイスが壊れてしまう可能性もあるため、kissanimeにアクセスはしないようにしましょう。

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポストは既に閉鎖(非公開)された違法動画の紹介サイトで、anitubeの違法動画へリンクする事でアニメを紹介していたサイトです。名前が似ている事からアニポの正式名称だと思われがちですが別のサイトです。どちらも違法な動画へ利用者を誘導していた事は共通しており、漫画村事件をきっかけに、身の危険を感じた運営者がサイトを閉鎖させたようです。

×
ページの先頭へ