響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「響け! ユーフォニアム」

よみがな:ひびけゆーふぉにあむ

放送中:2015年春アニメ(2015年4月~放送中)

★★★★★ 4.1
物語:4.1 作画:4.4 声優:4.0 音楽:4.2 キャラ:4.1
総合得点 80.6
感想・評価 1713
棚に入れた人 7355
ランキング 176
アサダニッキがイラストを手がける武田綾乃の小説「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」がTVアニメ化。

この作品は高校の吹奏楽部を舞台にした青春ものとなる。

制作は京都アニメーション。監督は「中二病でも恋がしたい!」の石原立也、シリーズ構成は花田十輝、キャラクターデザインは池田晶子、シリーズ演出は山田尚子が担当する。(TVアニメ動画『響け! ユーフォニアム』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 1713

2016.07.20 17:49 カロの評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

タイトルなし

視聴前は「また女の子がキャッキャウフフする部活物かぁ・・」と思っていた。
土下座して謝りたい。とても硬派な世界でした。(まぁ百合要素もあるんですが)
序盤は吹奏楽部の世界を分かりやすく表現されていて、体育会系だった自分にも受け入れやすかったです。
回を増すごとにグイグイ話に引き込まれていき、特に5話のマーチングのシーンが鳥肌でした。
今一番友達にオススメしたいアニメですね。早く二期が見たい。

 サンキュー(8)
2016.07.20 16:08 つかの評価 | 観終わった| 38が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

実際にありそうな青春

シリーズを通してこの言葉が当てはまると思います。
ふとした時のちょっとした表情など、本当に細かいところまで気を使ってると思いました。
折り曲げて短くしたスカート丈を注意されて直す生徒など、吹部以外での高校生活も細かい部分までリアルに描かれています。展開もご都合主義を通すわけではなく、シビアなところはシビア。主人公たちにとってラッキーな展開も起こりますがありそうな範囲に収まっています。それを良いと思うかどうかは人それぞれですが。
けいおん!というよりちはやふるに近いので、けいおん!を好きな人が見ると意見は分かれるかもしれません。
{netabare}アニメと原作の相違はいくつかありますが一番良いと思ったのは久美子の描写が追加されたこと。サボテンに話しかけたり、思ったことがすぐ口に出る頻度が多くなってたり、普通の子らしさを失わない程度に一個人としてキャラ付けされていて良かったです。あとはなんと言っても12話の久美子回。原作でも久美子が上手くなりたいと思う様子や、吹けなかったところが吹けるようになったなどということは書かれていますがアニメ程細かくは描かれていません。挫折描写によって、部の雰囲気の変化や麗奈の影響などにより久美子も変わっていく様がより鮮明になっています。なんとなくユーフォを吹いていた久美子が、「悔しくってしにそう」と言った時は鳥肌が立ちました。原作での久美子は部内で起こる問題に立ち会う目撃者の様なイメージが強かったので、主人公らしく成長する姿がアニメで見られて良かったです。
ただ1つ残念な点をあげるなら久美子と秀一の絡みがちょくちょく変更されているところ。恋愛要素は薄くするのかと思いきや原作一巻にはない葉月×秀一回は短編集に先んじて放送されているのでよく分かりません。2人のもどかしい絡みが好きなので今後に期待。{/netabare}
原作2周、アニメ3周……飽きません笑
原作三巻はもちろん、短編集にも面白いエピソードがあるのでそれもアニメ化して欲しいです。
高校時代を思い出したい人、青春を感じたい人は是非。


アニメの2期が決まりましたが、2期(原作2巻)以降は府大会編とは雰囲気が変わるかな?と思っています。1期のようにいろんな人に受け入れられるか少し不安ですが、1期で良改変してくれたスタッフなら上手く料理してくれる!という期待もあります。
秋が待ち遠しい!

 サンキュー(10)
ネタバレ
2016.07.18 09:45 不良中年の評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

最高です。

 これまで音楽をテーマにした色々なアニメを見てきましたが、また一つお気に入りの作品が出来ました。

「けいおん」を作った京都アニメの作品ですが、けいおんは割と現実的な部分を無視した設定がありましたが、この作品は等身大の高校生が部活でベストを尽くすために悩み苦しむ姿を描き、同時に音楽特に楽器演奏が出来ることの楽しさ嬉しさを最大限に表現していると思います。

2期の製作が発表されていますが、今から待ち遠しいです。


[2016.7.18]

 この作品について調べたら原作が小説ということで買って読んでみました。全3巻とアナザーストーリー的な1巻で構成されており、とりあえずアニメ部分の流れを組む1~3巻を読みました。
アニメとは微妙に異なる部分があるのでこれはこれで良かったです。
ネタバレになるのでこれ以上は書きませんが、読み終わって感じたことはこのような良い原作があるからこそアニメとして取り上げられ、原作を知らない人でもアニメが良ければ原作を知るようになる。

とても良いスパイラルが生まれているなーということ。

この作品に触れて「自分も何か楽器をを始めてみたいなー」といい年をして思ってしまうのは単に流されやすい性格なのか

 サンキュー(8)
2016.07.12 00:06 text bookの評価 | 観終わった| 21が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

某〇ウィングガールズ的な

普通に面白い、がどこかで見たことがあるような無いような・・・
吹奏楽という題材を深く追及して、なるべくリアルに描いている。そこが長所なのだろうが、そのおかげで、
「あれ、こんな映画やドラマあったような?」
既視感がわいてくる。
それが、最後まで引っかかってた。

また、「吹奏楽」というテーマ上、登場人物が多い。それはいい。
だが、なぜOP・EDのムービーががほとんど四人だけなのか。
ストーリーでも、主人公の関係ないところでの話も多く、OP・EDとのちぐはぐ感が気になった。

もう一つ。ラブコメ要素もあったが、混ぜ込む必要はあったのか。ストーリーの中心は、みんなで団結して成長していく、青春要素なので、中途半端にラブコメ要素が中途半端になっていたのが気になった。
まあ、二期につなげたかったのかもしれないが、これ一つで見てみると、どうしても中途半端な感は否めない。

ここまで、批評ばかりになってしまったが、決して面白くない訳ではない。
普通に面白い。だが、どこが?と問われると答えにくい。
普通の青春ものとしか言いようがない・・・

2016秋に二期があるので、とりあえず視聴予定。


P.S.
14話(未放送話)の葉月ちゃんは良い子過ぎて、天使!

 サンキュー(5)
2016.07.10 16:43 麦茶の評価 | 観終わった| 126が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

おいおいおいおーい!!

【おいおいおいおーい!!】(最終話)

またこのパターンかよ~・・・。
ほんとラストまでは完璧だったんだけどな~あ。

{netabare}もう毎度毎度のことなので単刀直入に言いますが、

どうして最後ハッピーエンドにしちゃったんですか?

別にこの手の終わり方が嫌いなワケじゃないですし、むしろ皆が幸せになれるのならそれに越したことはないと思います。ただ、やっぱりこれは作られた物語なワケで、見てる側としては内容どうこうよりも起承転結とそれに伴う説得力が欲しくなってしまいます。

正直かなり肩透かしをくらいました。

久美子たちの学校は、序盤の時点ではそれはもうグダグダのボロボロ。それが、滝先生の存在や生徒たちの間で起こる色々なドラマを通して、夢に向かって進んでいく・・・。いわば王道的なサクセス・ストーリーです。
なのであのラストは報われるべきと言われればそう思うこともあります。

でもですよ。

あんなボロクソの状態、やる気のない生徒たち、それがちょっと練習しただけで成功してしまうのは少し都合が良く見えてしまうんですよね。これは途中からまじめに練習に取り組みだしたのを見てきて敢えて「ちょっと」と表現しています。
だってそんな簡単に取れてしまうモンなんですか?彼女たちが泣くほど欲しがっていたものは。部活内のいざこざや人間関係の複雑さは見ていてとても面白かったと思いますし、この作品の最大の魅力だとも思っています。何よりチームの絆が深まる過程は団体競技を描く上で重要なことでしょう。ですがこの場合、これらの要因は最終的に足を引っ張ってなきゃダメだと思うんですよね。言ってしまえばマイナスからのスタートで、彼女らは練習以外のことにうつつを抜かしていたワケですから。

そして、何より引っかかっていたのが主人公が一話で放った台詞。

「本気で全国行けると思ってたの?」

これは最終話でダメ金に終わり、あのときのレイナがどんな気持ちだったかを身を持って知るというカタルシスを演出するための伏線じゃなかったんですか?あのままハッピーエンドじゃこんな最悪な台詞を吐いた主人公の成長や反省が見られないまま終わっちゃいませんか?
一応音楽にまじめに取り組みだすということで成長はしているかもしれませんが、じゃあレイナは何のためにあんなこと言われる必要があったんですか・・・。どうしても私は最後ダメ金で悔しがる久美子の姿が見たかったです。1話からずっとそれしか考えてませんでした。

まあここまで来るともう好みの問題になってきてしまうんでしょうね~。
なので、この作品のストーリーに関しては本質的な意味では悪くなかったンだと思います。ラスト以外は、これまでも書いてきた通り私から見ても本当に完璧な内容でしたからね。

好みじゃなかったので評価5.0はあげられませんでしたが、他の良作アニメと比べても遜色ないクオリティだと思います。部活モノを探している人には是非オススメしたい作品ですね。

ありがとうございました。

(追記・・・)
そういえば、あんなに裏を臭わせていたアスカ先輩の話は結局掘り下げられませんでしたね。
ここらへんも評価を下げている原因かもしれません。{/netabare}


【お祭りトライアングラー】(2015.7/12)

{netabare}このアニメの全てが集約されたような8話でした。

作画、演出、音響。そしてキャラの演技。もうそのすべてが完璧で、この感動を表す言葉がみつかりません。特にファンタジーな世界観でもない、魔法や妖精が出てくるアニメでもない。なのに、ここまで幻想的で美しい雰囲気って、作れてしまうものなんですね。
アニメという表現方法をここまで有効に活用できている作品は多くないと思います。

てかなんだよあのED。

天才かよ。

ここまで完成されてていいのかユーフォニアム。

あと久美子ちゃん。

幼馴染のシューイチと会話するときだけ露骨に声のトーンが下がるのマジで萌えるんでやめてください。{/netabare}


【あ、これめっちゃ面白くなるやつだ】(2015.4/22)

{netabare}いや~京アニさん久々にキましたね。

あの部活の絶妙な空気感はリアル過ぎて胃が痛くなってくるレベルでした。それほど画面の端から端までから引き込まれる工夫を感じます。原作が既に上手いのかもしれませんが、それを映像として完璧に表現できている京アニが本当に素晴らしいですね。
しかもこれ絶対はやみんのキャラ途中で重圧に耐え切れず壊れるやつじゃないっすか・・・。

最近私の中ではあまりピンとこない京アニでしたが、こればっかりは過去作を見ていたときの熱量を思い出してしまいます。
そのくらい期待してます。よろしくお願いします。{/netabare}

 サンキュー(28)

響け! ユーフォニアムのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
響け! ユーフォニアムのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。