劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~(アニメ映画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~」

よみがな:げきじょうばんひびけゆーふぉにあむきたうじこうこうすいそうがくぶへようこそ

上映開始時期:2016年4月23日

★★★★★ 4.1
物語:3.8 作画:4.3 声優:3.9 音楽:4.3 キャラ:4.0
総合得点 67.2
感想・評価 143
棚に入れた人 906
ランキング 1026
劇場版はテレビシリーズを振り返る内容となる。(アニメ映画『劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 143

ネタバレ
2017.03.29 22:28 suvenの評価 | 観終わった| 9が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

≠総集編

【映画の流れ】
 『導入-サンフェス-あがた祭-オーディション-京都府大会-エンドロール』
うん、1期13話をまとめてみた!って感じ。
このワンクール分を2時間弱に綺麗にまとめたなぁというのがまず第一印象。

【TV版に加えて変化してよかったところ】
 ・デフォルメ絵減らして緊張感を持続したまま最後まで終えたところ。例えばオーディション後、香織先輩がソロパート練習しているところを久美子が見つけてそこをあすか先輩に見られた時のあすか先輩の顔とか「さすが黄前ちゃんいいとこかぎつけるー」のあたり
 ・葵先輩退部シーンカット
  上とも繋がるけど、このシーンいれると折角構築してきた緊張の糸が一回切れてしまうからね。この時間でもう一回もってくのは厳しいし英断だと思う。よって最初の葵先輩が全国目指さないに手あげた言い訳もカット。素晴らしい。
 ・2期で登場するオーボエのみぞれ先輩新規カット
 普通ならサービスカットで終わり。なんだけれど、再オーディションの朝、麗奈に優子が「手抜いてくれ」って頼む前に入れたのが凄いよかった。あれで優子も不安げで言おうかどうか迷ってた感じが出せてその後の優子の言動に対する拒否感も大分薄らいだ印象を受けた。

【変化して悪かったところ】
 ・尺の都合上、久美子の入部するかどうかの葛藤が無くなってしまったので、サンフェスで梓にスタートできた?と聞かれたとき、「スタートできた。後悔していない」が弱くなってる。アニメ版はいろいろ葛藤があったからこそこのセリフが生きるんだけど・・・まぁ仕方ない。
・デフォルメ絵減らした弊害で、あすかのおちゃらけパートも減った結果、真面目が前面にでてしまい最後に久美子がいう「どれが本心なのか分からない」に違和感を感じた。
これはまぁ、焦点絞った結果葉月振られた後の緑の落ち込みに対するあすか先輩のシーンとかカットされてるっていうのもあるけど。

【その他いろいろ】
・愛の告白(大吉山での麗奈→久美子、再オーディションでの久美子→麗奈)返しはあったけど、交差点での麗奈の黄前さんらしいね(髪かき上げる麗奈)、学校での高坂さんらしいね→麗奈「仕返し?」がない!!
 ・サンフェスでのライディーン長尺
 アニメの際は尺の都合上1コーラスぐらいしかなかったから凄いよかった。
 ・アニメと映画 
 『響けユーフォニアム』はアニメが多人数視点、大して映画は久美子視点で進む。
アニメは13話分1話分正味23~4分程度として×13で300分少々に対して映画は103×1 
アニメは毎週見続けてもらえる為の努力が必要だけど映画はそうじゃない。劇場に足運んでもらえればもう勝ちだ。途中で飽きて退席する人など早々いない。
だから久美子視点のみでも話ができる。
アニメのように、いろんな視点を入れたら話が薄まってしまう。アニメと映画は別物。決して総集編などではない。別の視点からみた新しい『響け!ユーフォニアム』である。

なんかだらだら書き連ねたけど、劇場版もアニメ版もどっちもすきだよ。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2017.03.07 00:05 おれんじ___の評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★☆☆☆ 2.0 評価対象: 劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~(アニメ映画) 物語 : 2.0  作画 : 2.0  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 2.0

めも

1期のアニメ総集編

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.03.06 03:57 あらいぐまの評価 | 観終わった| 19が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

総集編ってのはわかってたけど…

総集編というのは知ってて見たんですが作画も本当に描き直したりせずアニメで見た場面ばかりでした。見る前は「あの花」みたいに新規カットがけっこうあってところどころ振り返るのかなと思ってました…。でもライディーンのとことか長くなってたし100%損ってわけではなかったです。でも時間があるんならアニメ見直した方が楽しいかなっていうのが正直な感想かな。

 サンキュー(1)
2017.02.06 22:49 oneandonlyの評価 | 観終わった| 129が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 3.5

TV版の完成度の高さを再認識することに

世界観:7
ストーリー:6
リアリティ:7
キャラクター:8
情感:7
合計:35

――くやしくって死にそう。
黄前久美子は中学3年の吹奏楽コンクールで見た高坂麗奈の涙を忘れられないままでいた。
高校に進学した久美子は加藤葉月、川島緑輝に誘われて吹奏楽部に入部するが、
肝心な吹奏楽部の演奏はお世辞にも上手とは言えなくて……。
しかし、吹奏楽部に新しい顧問・滝昇がやって来たことによって状況は一変する。
滝のスパルタ指導に反発しつつも、少しずつ上手くなっていく様子に自信を持つ部員たち。
久美子も少しずつではあるが、麗奈との距離を縮めていった。
サンライズフェスティバル、コンクールメンバーを決めるオーディション……。
数々の試練を乗り越えた吹奏楽部は吹奏楽コンクール京都府大会に臨む――。
(公式サイトより)

 GW後半に、ようやく劇場に足を運ぶことができました。アニメは2014年12月から本格的に視聴するようになり、本作のTV版は、あにこれ評価においてまどか☆マギカに次ぐ5.0を付けた作品であり、劇場でのアニメ映画鑑賞にちょうど良い機会と思っていました。

 事前に他のレビュアーの方々のコメントも見ていたので、構成は概ね予想通り。脇役のシーンが沢山カットされてしまったのは、どうしても物語の厚みに影響してしまいますね。{netabare}ポニテ先輩のオーディション後のエピソードが切られたのは痛いですし、学業との両立が難しいことを伝える葵先輩も必要です。2時間弱の尺しかなく、麗奈との関係を重視するならこれで仕方がないのもわかりますが。{/netabare}

 ちょっと駆け足すぎて、映画で初めてこの作品に触れる方は序盤のスピードについてこれるか不安もありました。{netabare}サファイアちゃんが(もはやこの人の名前の説明も入れずミドリで通したのか?)吹部の練習を見学に行く提案をした直後に音楽室前でのあすか先輩のアップシーンになったり、滝先生が「私の時間を無駄にしないでいただきたい」って言うシーンが早すぎだったり、葉月が振られるのが更にあっという間になったり(あがた祭りに誘うまでの伏線が楽器を持ってもらった1箇所だけしかない)。{/netabare}

 一方、ライディーンや三日月の舞の演奏部分が長くなったり、第2期に活躍するらしい鎧塚みぞれが喋るシーンが入ったり、優子の言動が丁寧な描写になっていたり、プラスアルファもありました。三日月の舞はカットなしになったと勘違いをしていて、梓が待機しているシーン(「立華移動しまーす。」)が入った時は残念でしたが、少しでも演奏シーンが長くなり、部員の演奏カットが増えたところは楽しませてもらいました。オーディション対決や演奏時の音響は流石映画館!と思えました。

 それから、台詞が全体的に撮り直されています。TV版は何周かしているので、色々な所で気付きましたが、久美子の台詞の印象が特に変わっています。{netabare}特に、大吉山を登るところでの麗奈との会話と、プロヴァンスの風(課題曲)演奏中のモノローグ。TV版に慣れてしまったからかもしれませんが、ちょっと力が入りすぎに聞こえました。うまくなりたいの所は良かったです。{/netabare}

 TV版視聴者はカットされたシーンも補いながら見られますが、1クールでの完成度が非常に高い作品なだけに削ってしまった所をもったいないと思うことが多かったです。おすすめはTV版からですね。
(2016.5劇場にて鑑賞)

 サンキュー(38)
ネタバレ
2017.01.28 18:38 タイチョーの評価 | 観終わった| 27が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

1期の簡略版

1期総集編という感じです。
ちょくちょく無理やりつないだ感じがありましたが、響けユーフォニアムとは何ぞやという事を手早く知りたい人はこれで十分だと思います。
葵関連のエピソードが全カットなので、葵ファンには悲しいかもしれない。

新しく録りなおした部分があり、『上手くなりたい……』のシーンも該当し、個人的にはTV放送時の方が好きです。

 サンキュー(3)

劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
劇場版 響け!ユーフォニアム ~ 北宇治高校吹奏楽部へようこそ ~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。