「バクマン。(TVアニメ動画)」

総合得点
78.0
感想・評価
1273
棚に入れた
7064
ランキング
382
★★★★☆ 3.9 (1273)
物語
4.1
作画
3.9
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.9

2000作品のアニメを30日間無料で視聴する方法

writer:

2000作品のアニメを30日間無料で視聴する方法をわかりやすく紹介していきます!

2000作品のアニメを30日間無料で視聴する方法

先に結論をお伝えすると、アニメのフル動画を今すぐ無料視聴するには、アニメ動画配信サービス・アニメ放題を利用するのが最もオススメな方法となります。

>>1ヶ月間無料でアニメを見てみる

では、なぜオススメなのか?
以下で理由を説明していきます。

アニメ放題

アニメ放題はお試し期間が初回1ヶ月設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

最近のVODと呼ばれる動画配信サービスはどこも1ヶ月の無料期間があります。

それならそんなに差がないのでは?と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。

その差が、スマホアプリで見た時の速さと画質です!

これは人によりますが、最近は自宅のTVやパソコンではなくスマートフォンで観る方が多いのではないでしょうか?

特にアニメ作品だと、1期もので12話。2期ものだと24話とかなりの話数をみるので、パソコンでみようとすると、自宅のパソコンを長時間占領することになり、またテレビとつないでみようとすると、テレビを長時間占領する事になってしまいます。

また一人暮らしでも、常にテレビやパソコンの前でみるかというと、これがけっこう疲れます(笑)

アニメの良いところは、なんといっても気軽にみれて、疲れないところ!

だから、パッと見たいときに気分転換できるスマホやタブレットアプリでの視聴はとても相性がいいです。

けれど、名作や人気作品ほど、手間とお金をかけて作られていて、
・枚数が多い、絵がぬるぬる動くようなOPシーンで動画が止まってしまう
・大事な戦闘シーンで止まってしまった!? ・良いところでカクカクしてしまう
なんてなったらガッカリしますよね?(笑)


だからこそ、アニメをスマホでの視聴に特化しているアニメ放題はおすすめです。

今後も使い続けたいと思った時、料金的にアニメ放題がおすすめ

2,000作品以上が1ヶ月無料で見放題!

1ヵ月無料で使って、まだ観てる途中だったのに~
となってしまった時にも、アニメ放題はおすすめです。

VODと呼ばれる動画配信サービスは最近だとかなりの数が乱立していますが、料金は様々です。

特によく紹介されている、

・Hulu(933円)
・U-NEXT(1,990円)
・Netflix(800円~)

などはよくネットで見かけるかと思いますが、実は料金が高く、継続したいとなった時に結構お財布が痛いのです。

その点アニメ放題はアニメをスマホでみる事に特化しているため、月額400円という圧倒的安さがあります。
U-nextの1ヵ月分の料金で5か月使えちゃいますからね(笑)

アニメファンなら今すぐ登録!

すべて見放題は本当に安い!

アニメは1作品につき平均12話あるので、レンタルだと100円デーみたいな安いタイミングを狙っても1クール7巻で700円!?

普通の時にレンタルしたら2100円もかかってしまいます!?

その点でも、見放題作品しかないアニメ放題は気軽でいいです!

Anitubeなど違法動画サイトで無料で観るのは危険?

「Anitubeなどの違法サイトを使えば無料でみれるから」

と思っていた人も多いかも知れませんが、2019年2月に著作権法の改正案を文化庁がまとめました。

その内容は、
「権利者の許可なく、インターネット上のあらゆるコンテンツについて、著作権を侵害していると知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする」こと。

と定められています。

ただ視聴するだけなら問題ないじゃん!と思うかも知れませんが、視聴するだけでダウンロードしているのはご存知ですか?

動画を違法サイトで視聴するという事は、実はスマホやパソコンにデータをダウンロードしながら、それを画面で再生しています。

つまり今回の著作権法の改正におもいっきり抵触する事となり、従来のような罰金ではなく前科のつく刑事罰として逮捕されるようになります。

また違法なサイトにアクセスした場合は警告文を出すなどの話題も上がっており、これは言い換えれば、

「あなたが違法なサイトにアクセスした瞬間にその証拠を握られる」

ことを意味しています。つまり、違法サイトにアクセスしたら、いつでもあなたを逮捕できる状態になってしまいます。

まだ確定ではないので、今後どうなっていくかはわかりませんが、この大きな違法動画サイトへの流れは変えられません。

だから、早期にちゃんとした正規の動画配信サービスを使うことをおすすめしています。

バクマン。のストーリー・あらすじ

舞台は埼玉県谷草市、中学3年生の真城最高(サイコー)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。そんな最高の叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家川口たろうであったが、連載打ち切りとなり、その後の過労により亡くなった過去があった。ある日、些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイトで原作家志望の高木秋人(シュージン)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。はじめは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片思いのクラスメイト亜豆美保と、「アニメ化したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことになる。(TVアニメ動画『バクマン。』のwikipedia・公式サイト等参照)

バクマン。各話のタイトルまとめ!

第1話: 夢と現実

何となく毎日を過ごしていた中学生・真城最高は、ある日、同じクラスの秀才・高木秋人から「俺と組んでマンガ家になってくれ!」と声をかけられる。だが、3年前、プロのマンガ家だった大好きな叔父の死を目の当たりにし、マンガ家になる夢を捨てていた最高はそれを断ってしまう。
しかしその夜、秋人に呼び出された最高は、あこがれの美少女・亜豆美保の家を訪ねる。そこで秋人の告白に亜豆が出した驚きの「答え」に舞い上がった最高は、亜豆に「2人のマンガがアニメ化されたら結婚してほしい」と申し込んでしまう!!

第2話: 馬鹿と利口

亜豆と約束した夢を叶えるべく、マンガ家になることを決意した最高。しかし、プロのマンガ家だった叔父・信弘(川口たろう)を3年前に過労で亡くした家族を説得しなければならなかった。
予想通り、母親からは猛反対されるが、当然反対だと思っていた父親から出た回答は…!?
そして、祖父にもマンガ家になると伝えた最高は、祖父から叔父が使っていた思いがけぬものを譲り受ける!

第3話: 親と子

秋人と2人、叔父・信弘の仕事場に入った最高。その部屋は、生前そのままに残されていた。
叔父が描いた「ネーム」を秋人に見せた最高は、その膨大な量のネームを前に、叔父の死に対する自分の思い込みが間違っていたことに気づく。
さらに、仕事場の隅に残された手紙の束を読んだ最高は、叔父の「文通だけの恋」の相手の正体を知って驚愕し、秋人と2人で女性の家を訪ねる…。

第4話: 時と鍵

マンガ家になるため、さっそくGペンで描く練習を始めた最高。試験勉強もせずに練習していたと聞いて心配する秋人に、最高は、昔叔父から聞いた「天才じゃない人間がマンガ家になるための3大条件」を話す。感銘を受けた秋人も、自分のマンガ原作を作り出すための研究を始めるのだった。
そんなある日、審査員の絶賛を受けた「手塚賞」準入選作品の作者・新妻エイジが「15歳」だと知った2人は、同世代の天才の存在に衝撃を受ける…。

第5話: 夏とネーム

最初のマンガ「ふたつの地球」を夏休み中に仕上げて、編集部に持ち込むという目標を立てた最高と秋人。
そんなある日、自分から亜豆の情報を聞き出した理由を見吉に問いただされた秋人は、深く考えず「見吉と話したかったから」と言ってしまう。
作品に集中するため、夏休み中は仕事場にこもると決めた最高。秋人も泊まり込みにやってきた。だが、秋人のネームが予想外に難航し…。

第6話: アメとムチ

「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。
服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自分が見ていきたい」と連絡先を教えてもらうことになる。
そんな中、2学期が始まり、最高と秋人のクラスでは席替えが行われることに。
最高と隣の席になったのは…。

第7話: 涙と涙

亜豆と席が隣どうしになった最高は、幸せな毎日を過ごしていた。
ある時、最高が約束を破る質問をしてしまい、授業中に亜豆を泣かせてしまう。ところが、泣きながらもメールアドレスを教えてくれた亜豆の考えが理解できず、悩む最高。
「ふたつの地球」が月例賞の最終候補に残らなかったことを服部から聞いた最高と秋人は、手塚賞を目指し再び始動する。
そのころ、天才と称される新妻エイジが、上京の準備を始めていた…。

第8話: 不安と期待

手塚賞に向けて、最高と秋人は「一億分の」という作品にとりかかる。
寝る間も惜しみながら描き上げた原稿だったが、最終候補には残ったものの、手塚賞は受賞できなかった。
服部からは次の目標として、増刊号「NEXT!」への掲載を告げられ、めげる間もなく最高、秋人は次の作品を練り始める。
ある時、手塚賞の結果が掲載された誌面を見た石沢が最高の絵を批判し、それを聞いてカッとなった秋人は石沢を殴ってしまう!

第9話: 後悔と納得

同級生を殴った秋人は、1週間の自宅謹慎処分となった。
「謹慎中ネームに集中できる」と前向きな秋人に対し、自分の実力不足に苛まれていた最高だったが、二三男から「漢の痩せ我マン」の話を聞き、元気を取り戻す。
最高が謹慎中の秋人の家を訪ねると、なぜか見吉と岩瀬にはち合わせ。見吉、岩瀬から意に反する二股疑惑をかけられ責められる秋人だったが、二人に向けて放った一言が最高の胸に刺さる!

第10話: 10と2

最高と自宅謹慎が明けた秋人は、服部の元を訪ね、「一億分の」の反省会をすることに。
そこで「王道の主人公」を中心にした作品の提案を受けた2人は、後日、服部にそのネームを見せる。
ところが、それを読んだ服部からは「全然面白くない」と告げられてしまう!
2人の魅力は「邪道」であると判断した服部は、2人に「アンケートシステム」を紹介し、「この世は金と知恵」という作品に取り掛かる・・・

第11話: チョコとNEXT!

「NEXT!」への掲載を目指し、「この世は金と知恵」のネーム作りに悩む最高と秋人。
高校入試のシーズンに突入しても2人の生活はネーム作成中心だったが、無事、見吉と共に谷草北高校へ合格する。
合格発表のその日、服部からネームのOKが出た「この世は金と知恵」は、「NEXT!」掲載作品の選考へまわすことになる。結果発表は2週間後・・・。
そんな中亜豆から最高に贈り物が届く。その中身は・・・!?
そして2週間後、服部からは「NEXT!」選考結果が2人に伝えられる・・・

第12話: 御馳走と卒業

「NEXT!」への掲載が決まった最高と秋人は、編集部慣例のお祝いとして、服部に焼肉を食べに連れて行ってもらう。その帰り道、服部の厚情に報いるべく益々エイジへのライバル心をたぎらせる二人。
卒業式を間近に控える中、最高は秋人と見吉から、亜豆が八王子に引っ越すことを告げられる。
「会うのは夢が叶ってから」と頑なな態度をとるが、最高も動揺を隠せない・・・。
卒業式当日、意を決した最高は帰り道、亜豆の家へと走る!!

第13話: 速報と本ちゃん

締切りを3日後に控え、忙しい日々を送る最高と秋人だったが、無事に原稿を服部へ届けた夜、見吉の計らいで、最高は初めて亜豆にメールを送ることに!
谷草北高校の入学式を終え、ペンネームを「亜城木夢叶」と決めた最高・秋人・見吉。
服部から「NEXT!」の見本誌が刷り上がったと連絡が入り、最高、秋人は取りに編集部へ向かう。見本誌を手にした2人の目に飛び込んだものは「新妻エイジ」の文字だった!そして服部からは「速報」と「本ちゃん」のアンケートシステムについて説明を受ける・・・
引き続き、連載への望みを信じ連載用ネームへ取りかかる中、「NEXT!」が発売され「この世は金と知恵」の速報結果が2人に知らされる!!

第14話: バトルと模写

新妻エイジに勝つため、王道バトルマンガのネームに取り掛かる最高と秋人。一方、エイジは「YELLOW HIT」で本誌連載が決まり、準備に入っていた・・・はずだったが、何と「CROW」の原稿を描いていた!
「CROW」で連載したいと言うエイジを連れ、雄二郎は編集長と相談すべく編集部へ向かうことに。そこで服部と打ち合わせ中の最高・秋人はエイジとの邂逅を果たすことになる!!
圧倒的な才能を目の当たりにした最高と秋人は、さらに触発され、服部に王道バトルマンガで勝負したいと懇願する。その熱意に対して服部が下した判断は・・・!?

第15話: デビューと焦り

服部から王道バトルマンガについての指南を受けた最高と秋人。エイジに勝つため、さらなる作品作りへ踏み出してゆく。
一方、亜豆は養成所に通いながら、オーディションを受けては落選する日々を送っていた。
ある日、「聖ビジュアル女学院」というアニメ番組のオーディションの話が来るが、新人で歌唱力もあったほうがよいという条件に悩んでしまう亜豆。
見吉から最高たちの頑張りを聞き、意を決した亜豆は「聖ビジュアル女学院」のオーディションを受ける! その結果は!?

第16話: 壁とキス

亜豆が「聖ビジュアル女学院」のオーディションに合格したと知る最高と秋人。2人は「金未来杯」へのエントリーをめざして「エンジェルデイズ」を仕上げたものの、なんと落選!ショックを受けた2人だが、服部から選考理由を聞いて気を取り直し、さらに「聖ビジュアル女学院」に出演した亜豆を見て刺激を受ける。一方、最高、秋人、亜豆に触発された見吉は、携帯小説家を目指すと言いだして…。
次作のネーム作りに悩む秋人。そんなとき、最高に「エイジのアシスタントに入らないか」という連絡が。「悩む秋人のためにエイジの仕事ぶりから何か盗みたい」、そう考えた最高はアシスタントに行くことを決意する!!

第17話: 天狗と親切

アシスタントとしてエイジの仕事場を訪ねた最高は、手塚賞2回入賞の実績を持つ福田と、ベテランの中井の2人に出迎えられる。エイジに「何故ここにいるのか?」と聞かれるが、正直な気持ちを話した最高を歓迎するエイジ。「CROW」第2話のアンケート順位が4位に落ちてしまったことをきっかけに、急きょ第5話の修正を手伝うことになった最高たち。
福田の意見を素直に取り入れ、自分のものとしていくエイジの圧倒的な能力を目の当たりにしながらも最高は秋人のために何かをつかんで帰ろうと、決意を新たにする!

第18話: 嫉妬と愛

エイジが小学生のころ描き貯めたマンガから新キャラクターアイデアを用いる姿を目にして、ついにヒントを得た最高。エイジのアシスタントを辞め、自分が小学生のころに描いたマンガのノートを探し始める!
一方、秋人は見吉の携帯小説を手伝いながらも、満足がいくネームが書けず悩んでいた。
いつも見吉と一緒にいるためにネームの進行が遅れているのではと疑心暗鬼になった最高は、ある決意をする…

第19話: 2人と1人

夏休み中にネームを仕上げる約束を守れなかった秋人に、「1人でマンガを描く」とコンビ解消を告げる最高。言い返せない秋人は納得し、最高は1人で服部のもとを訪ねる。
事情を把握した服部は、最高と秋人が偶然にも同じテーマで別々にマンガを描こうとしていると気付き、ある計画を考えて秋人を呼び出すのだった。
それから1か月がたったある日、秋人のネームを見た最高は、秋人が同じ推理ものを描こうとしていることと、服部の計画を知ることに…。これまでに秋人の存在の大きさを痛感していた最高は…。

第20話: 協力と条件

コンビでの活動を再開した最高と秋人は、服部の計画に対し、逆に2人で仕上げたネームを持ち込んで驚かせようと考える。一方、見吉も推理物に悩む2人のサポートをすることになり、3人で仕事場にこもる日々がスタートする。
そんな中、亜豆がアニメ「聖ビジュアル女学院」の新シリーズでCDデビューすることが決まる。仕事場でOAを見た3人はその姿に触発をされ、ますますやる気をみなぎらせる!
春を迎え、服部へ完成したネームを持ち込んだ最高と秋人は、ふたたびコンビで活動することを伝え、高校在学中の連載を目指したいと改めて主張する。その熱意に打たれた服部は、2人にある提案をする…。

第21話: 文学と音楽

服部との打合せに向かう途中、最高と秋人は中井に出会う。中井はストーリーキングのネーム部門準キング受賞者・蒼樹紅と打ち合わせをしていた。この2人も、コンビで金未来杯へエントリーするというのだ!
福田、中井と蒼樹という強力なライバルたちに触発され、さらに対抗心を燃やす最高と秋人。
そんな中、謎に包まれていた最後の金未来杯エントリー作家、間界野こう次がその正体を表す!
間界野の正体を知った福田は、最高と秋人も巻き込んで、ある行動を起こす!!

第22話: 団結と決裂

マンガ家・間界野こう次は人気アーティスト・KOOGYであると発表され、その手法へ抗議しに殴り込んだ、福田、最高、秋人、中井。編集長も巻き込んだ議論となるが、「マンガの内容で勝てばいい」と双方納得し、その場は事なきを得る。
福田の提案で、各自の原稿をエイジの仕事場に持ちより、意見交換をすることに…だが、エイジの各作品の評価は意外なもので…!?
一方、亜豆もイベント出演など、声優としての活動の場を広げつつあった!

第23話: 火曜と金曜

エイジの仕事場での意見交換を終え、各々「金未来杯」エントリー作品を更に磨きあげる作業へと入っていく。最高と秋人もより面白くするため、締切りギリギリまで修正を施すことを決意する。
いよいよ「金未来杯」がスタート。「KIYOSHI騎士」「疑探偵TRAP」「hideout door」「カラフジカル」と掲載され、ライバル達の作品に一喜一憂する最高と秋人。
同じ頃、ライバル達もそれぞれの思いを胸に掲載誌を手にしていた!
読者アンケートの結果は…!?「金未来杯」は誰の手に!?

第24話: 電話と前夜

空前の激戦を制し「KIYOSHI騎士」「疑探偵TRAP」が金未来杯史上初の同時受賞をする。結果を聞いた亜豆からはお祝いの電話が秋人宛にかかってくる。尻込みする最高・亜豆を尻目に、秋人と見吉の計らいで、二人は卒業式以来の言葉を交わそうとするが・・・!?
そんな息抜きもつかの間、連載会議に向けたネームへと取り掛かる最高と秋人。同じく福田や蒼樹・中井達も金未来杯の結果に左右されることなく、連載ネームの作成を着々と進めていた。
そして日は巡り、運命の連載会議の日を迎える・・・

第25話: ありとなし

連載会議には13本の作品が提出された。まれにみる難しい選考となるが、そのうち7本が「あり」として候補に残る。さらに作品を絞るべく会議は続けられることとなり、当初の予想よりも長引いてしまうことに…。
会議結果の連絡を待つ、やきもきと焦りを隠せないでいた最高と秋人だったが、ライバル達も同様であった。
そして会議は終了、服部からの運命の電話が鳴り響いた!
はたして結果はいかに!?

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2010年秋アニメ
制作会社
J.C.STAFF
公式サイト
www.nhk.or.jp/anime/bakuman/1st/
主題歌
≪OP≫コブクロ『Blue Bird』≪ED≫YA-KYIM『BAKUROCK ~未来の輪郭線~』、高橋優『現実という名の怪物と戦う者たち』

声優・キャラクター

阿部敦、日野聡、早見沙織、矢作紗友里、岡本信彦、諏訪部順一、志村知幸、川澄綾子、藤村歩、利根健太朗、野島裕史、川田紳司、堀内賢雄、浜田賢二

スタッフ

原作:大場つぐみ・小畑健、 監督:カサヰケンイチ/秋田谷典昭、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン・総作画監督:下谷智之、美術監督:柴田千佳子、色彩設計:店橋真弓、撮影監督:岩井和也、音楽:AudioHighs、音響監督:渡辺淳、アニメーションプロデューサー:松倉友二、制作統括:斉藤健治/野島正宏/根岸智也

既に1,248件のレビュー・感想・評価が集まっています

nloveY

★★★☆☆ 3.0

漫画家の半生

1期、2期、3期含めての評価です。 10点中6点(例 7点→☆3.5 8点→☆4) ①どんなア...

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.7

作品を作ることへの情熱

「表現」というものは非常に難しい。 それで食べて行ける人間はもっと難しい。 しかし...

Jun

★★★★☆ 3.9

嫉妬して気分が悪い

中学生で彼女のために友達と一緒に漫画家になるなんて羨ましい。眩しすぎて見るにたえません...

KINAKO音大生

★★★☆☆ 3.0

バクマン。

若い漫画家かの熱さについていけない。 漫画家に憧れる若者にはいい作品ではないでしょうか...

もっとみる(全1273件)

バクマン。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
バクマン。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの類似作品

この頃(2010年秋アニメ)の他の作品

もしかしたら犯罪かもしれない海賊版違法無料動画サイト

アニチューブ(anitube)

アニチューブ(anitube)

「Anitube」は海外で違法に運営されていた動画サイトでした。日本で放送されたほぼすべてのアニメ動画が観れるサイトとして違法サイトの中では代表的なサイトとなっていましたが、漫画村の事件から日本政府が不正海賊版サイトを遮断するようになり、その際ににanitubeも閉鎖されています。今では「Anitubeが見れない!」という状態となっています。代わりになる類似サイトとしてAnitubeX(https://www.anitubex.net/)Anitube Brasil(https://anitubebrasil.net/)もありましたが現在では閉鎖されています。また最近ではアニチューブが移転して復活したという噂もありますが、違法動画サイトでいつ使えなくなるかもわからないので利用は辞めておきましょう。

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)は日本で運営されていた、主にアニメを中心とした無料動画の情報のまとめサイトでした。しかしアニポで紹介されていた動画はすべて違法にアップロードされたアニメ動画であった為、2018年2月に漫画村などの違法にコミックをアップロードしているサイトが社会問題化した流れで閉鎖され「アニポが見れない」と騒がれました。しかし、数日のうちにアニポに変わるサイトとしてanipo.tvとして新URLで復活しています。ただし、新しいアニポは危険なサイトとしてウィルス感染が報告されており、かなり危険そうなイメージです。そもそも違法サイトという事もあって、利用は辞めておいた方が安全だと思われます。

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画は株式会社ドワンゴが運営する動画配信サイト。以前は違法アップロードされたアニメが横行していましたが、現在ではアニメに特化した「ニコニコチャンネル」もあり、有料の動画配信サイトとしてアニメが観れるサイトとなっています。コメントが打てる動画サイトとして有名で、ニコニコ生放送やニコニコ静画なども人気を博しています。

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotionは、フランスで生まれたYoutubeのような動画共有サービスで、日本では違法な動画が多い為、anitubeなどと同じような海賊版サイトと思われがちですが、むしろ世界的にはYoutubeと類似した機能を持つ動画サービスです。ただしここにアップロードされているアニメは基本的にはすべて違法動画であり、視聴したりダウンロードする事は違法な行為となります。

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

Pandora TVは韓国が運営する動画共有サービスです。違法な動画ばかりで、また広告が多く、ウィルスに感染させるバナーなどが多く掲載されていたため、危険なサイト、違法なサイトと日本では認知されています。

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)は中国が運営する動画共有サービスです。基本は個人が動画を共有する事を前提としたサービスでしたが、違法なアニメ動画を大量配信しているサイトです。またその動画をみたい日本人にむけて日本語に対応している事で日本人で違法なサイトでアニメを視聴したい人に人気でした。ただし、中国も徐々に違法な動画の撲滅に動き始めており、以前よりも違法な動画は減り、徐々にアニメを違法で観るサイトとしては下火になりつつあります。

kissanime(キスアニメ)

kissanime(キスアニメ)

キスアニメは日本アニメやドラマ、映画などを違法にアップロードしているサイトです。最近では閉鎖したアニチューブの代わりとして多くのユーザーがkissanimeに移行したようです。ただしkissanimeは運営者やアップロードしている人が不明なために視聴していた動画に何かが仕込まれているという可能性はゼロではなく非常に危険な可能性があります。またウィルス広告が出る、過去にハッキング被害を受けている、という歴史もあり、パソコンやスマホ、タブレットで閲覧するとそのデバイスが壊れてしまう可能性もあるため、kissanimeにアクセスはしないようにしましょう。

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポストは既に閉鎖(非公開)された違法動画の紹介サイトで、anitubeの違法動画へリンクする事でアニメを紹介していたサイトです。名前が似ている事からアニポの正式名称だと思われがちですが別のサイトです。どちらも違法な動画へ利用者を誘導していた事は共通しており、漫画村事件をきっかけに、身の危険を感じた運営者がサイトを閉鎖させたようです。

ページの先頭へ