「ドラゴンボールZ(TVアニメ動画)」

総合得点
81.0
感想・評価
874
棚に入れた
4956
ランキング
324
★★★★☆ 4.0 (874)
物語
4.0
作画
3.7
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.2

ドラゴンボールZのストーリー・あらすじ

天下一武道会の壮絶な闘いから5年…。世界は、極上の平和を手に入れ、孫悟空も最愛の妻・チチとの間に息子・悟飯が誕生し、平穏な日々を過ごしていた。しかし、ある日突然、強靭な尻尾を持つ謎の男・ラディッツの出現によって、平和はもろくも崩れ去りる。その想像を絶するパワーは、悟空や弟弟子のクリリンさえも一撃で倒してしまう程強力。このラディッツこそ、惑星ベジータが巨大流星の衝突によって全滅した時、奇跡的に生き残った悟空の兄だったのだ。ラディッツは卑怯にも悟飯を人質に取り、自分たち兄弟の仲間に加わることを悟空に強制した。兄たちの狙いは、地球に住む人々を絶滅させて、地球を我がものとすること。悟空には、そんな兄たちの野望に手を貸すことなど出来る筈がない。一大危機に見舞われた悟空は、宿命のライバル・ピッコロ大魔王と手を組み、兄ラディッツに戦いを挑むが・・。(TVアニメ動画『ドラゴンボールZ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1989年春アニメ
制作会社
東映アニメーション
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%...
公式サイト
www.toei-anim.co.jp/tv/dragonz/
主題歌
《OP》影山ヒロノブ『CHA-LA HEAD-CHA-LA』《ED》影山ヒロノブ『でてこい とびきりZENKAIパワー!』

声優・キャラクター

野沢雅子、鶴ひろみ、宮内幸平、古谷徹、田中真弓、鈴置洋孝、古川登志夫、堀川りょう、中尾隆聖、草尾毅、若本規夫、塩屋浩三、八奈見乗児

スタッフ

原作:鳥山明(掲載誌:集英社「週刊少年ジャンプ」)
企画:清水賢治/森下孝三、製作担当:岸本松司/鳥本武/山口彰彦/末永雄一、シリーズ構成:小山高生、脚本:戸田博司/隅沢克之/松井亜弥、シリーズディレクター:西尾大介、演出:山内重保/橋本光夫/上田芳裕、キャラクターデザイン:前田実、美術:池田祐二/徳重賢、音楽:菊池俊輔

このアニメの関連ニュース

2020-10-27

『ドラゴンボールZ KAKAROT』オンライン対戦対応の本格カードゲームが登場。無料アップデートにて10月28日実装へ - AUTOMATON

『ドラゴンボールZ KAKAROT』オンライン対戦対応の本格カードゲームが登場。無料アップデートにて10月28日実装へ >> 続きを見る

2020-10-26

最強キャラは意外!? ファミコン版「ドラゴンボール」の傑作『強襲!サイヤ人』が発売30周年! - ふたまん+

最強キャラは意外!? ファミコン版「ドラゴンボール」の傑作『強襲!サイヤ人』が発売30周年! >> 続きを見る

2020-10-25

マルチな才能を発揮する人気ラッパー、マシン・ガン・ケリー「友人と呼べる存在は全てヘッドホンの中にいた」 | WWDJAPAN.com - WWD JAPAN.com

マルチな才能を発揮する人気ラッパー、マシン・ガン・ケリー「友人と呼べる存在は全てヘッドホンの中にいた」 | WWDJAPAN.com >> 続きを見る

既に852件のレビュー・感想・評価が集まっています

あんまりない さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

原作進行度との兼ね合いがネック

大人の事情により引き伸ばしがひどいので原作がオススメ 再編集版の改は引き伸ばしはないがB...

SVhqY25617 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

名作

説明不要の名作。 引き伸ばしが酷いことで有名なアニメだが子供の頃は強敵と戦うという設定...

ラグマット さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

説明不要の名作だが…

簡潔にいうと尺稼ぎアニメとしては代表的な存在。 とにかく引き延ばしがひどい。 フリーザ...

もっとみる(全874件)

既に視聴した人にはネタバレレビューがおすすめ!
みんなが伏線の考察などで盛り上がっています。

ネタバレレビューを見てみる(全690件)

ドラゴンボールZのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ドラゴンボールZのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

このアニメの類似作品

この頃(1989年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ