「ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説(アニメ映画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
0
棚に入れた
0
ランキング
2323
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
物語
0.0
作画
0.0
声優
0.0
音楽
0.0
キャラ
0.0

ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説のストーリー・あらすじ

インドの古典叙事詩『ラーマーヤナ』の物語が原作の劇場アニメ。日本とインドの合作作品だが、主要スタッフの大半は日本人である。日本では大ヒット映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』の併映作品として当初、上映された。古代インドのコーサラ国。同国に生まれた4人の王子の一人ラーマは陰謀によって宮殿を追放される。14年の時を経て立派な若者となった彼は、美しい妃シータをめとって森の中で平穏に幸福に暮らしていた。だがラーマが森の魔族を退治したことで、魔王ラヴァナは激怒。その報復にと、愛するシータが拉致されてしまう! ラーマは自分に味方する弟のラクシュマナ、そして心を通じた森の友・猿の軍団の協力を得てシータの救出に向かった。だがラヴァナ軍の猛攻の中で、ラクシュマナが重傷を負う。窮地に陥ったラーナのもとに駆け付けて瀕死の弟の命を救うもの、それは猿軍の勇将ハヌマーンだった! 今、魔王を打倒すべく、ラーナたちの反撃が開始されようとしている。日本側の監督の一人、および企画、制作、共同脚本に、かつてNHKで数々の報道番組を担当し、後に映画プロデューサーとして活躍の酒向雄豪が就任。2時間15分の長編作品で、随所にインド映画らしいミュージカル的な要素も見られる。(アニメ映画『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1998年7月18日

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

この頃(1998年7月18日)の他の作品

ページの先頭へ