攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG」

よみがな:こうかくきどうたいすたんどあろーんこんぷれっくすせかんどぎぐ

放送時期:2004年冬アニメ(2004年1月~2005年1月)

★★★★★ 4.3
物語:4.4 作画:4.3 声優:4.3 音楽:4.4 キャラ:4.4
総合得点 90.0
感想・評価 1878
棚に入れた人 9417
ランキング 30
「笑い男事件」が解決して半年…労働力不足を補うため国外から招かれた約300万人の招慰難民。日に日に存在感を増す招慰難民と、国家の孤立を謳うインディビジュアリストたちの対立は深まり、テロが頻発するようになった。その状況の中で「個別の11人」を名乗るテロリストがテロと自決を決行する。
だが「個別の11人」のその行為の背後には、あるからくりがあり、その仕掛けに踊らされていただけだった。それに気づいた公安9課は、その事件の黒幕へと迫っていく。
一方、自決した「個別の11人」の生き残りであるクゼは、招慰難民のカリスマ的指導者となり政府と対立を深めていく。そして素子(もとこ)はそのクゼとの間に奇妙な因縁を感じ始める…。(TVアニメ動画『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 1878

ネタバレ
2017.01.03 18:58 STONEの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 相変わらずクールで独特な世界観。
 今回は政治劇としての面白さがあり、複雑なブロットもうまいこと回っていた。ただ、九課が
かなり振り回されるのでなかなかカタルシスを得にくい側面はあった。
 今まで強気な印象だった草薙 素子の弱気な部分がだいぶ出てきたのが印象的。

 サンキュー(2)
2016.12.05 14:39 hamayanの評価 | 観終わった| 34が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

攻殻機動隊じゃなくても良かった

TVアニメ版のセカンドシーズン。

1stの笑い男がサイバーパンク作品のなかでもかなり秀逸な出来栄えだったので、当然2ndシーズンはそれを超える話を期待して見ることになるのだが、一言でいうと「別に攻殻機動隊じゃなくてもいい話だった」というのが全体の感想。

難民にまつわる国家組織の暗躍というシナリオは、いまの世界情勢と密接にリンクしているので放映当初よりも分かりやすくなっていると思う。しかし、前作が電脳化した世界とSF的倫理観を問いかけるサイバーパンクの王道路線とすれば、こちらは「9.11以後の現実世界」を描いているのでどうしても社会派の側面が強くなり、粗が目立つ。

たとえばこうした規模の世界を描く際には既存の作家により論理や世界観の補完作業によってスケールの拡張をすることが時々あるのだが、今作は三島由紀夫をシルベストルという架空の作家に置き換えたことで「製作者が製作者のつくった作家を引用して論理を構築する」という訳の分からない構図になり、結果的に前作のサリンジャーのような世界観を充分に作品に浸透できなかったり、合田と久世という二人の思想をもつキャラクターが目的のわりには遠回りな行動を起こす遠因に見えてしまう。

とくに合田は一見「難しすぎることをやってるのだから彼なりに正しいことをやっているだろう」と思ってしまいがちだが、プロットを整理すれば変化球を投げるためにキャッチャーミットに背を向けてピッチしているレベルの屈折ぶりで、それが彼の言う「プロデュース」ならそうなんだろうけど、製作者もこいつがなにをしているのか本当に理解しているのかと疑ってしまいたくなる。

1stは複雑な世界観を説明するのに難しい言葉を使わざるを得ない箇所もあったように思えるが、2ndではかなり卑近な世界観になっているのにも関わらず「難しい言葉を使うために難しい言葉を使っている」のではと感じてしまうような典拠のあいまいさやイメージのブレや目立った。

{netabare} それにしてもキリスト教の暗喩を強調して桜の花見で終わる最終話は製作者の浮気グセを象徴してるようで良くない。 {/netabare}

 サンキュー(2)
2016.11.17 00:41 あいきの評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.0 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.0  声優 : 1.0  音楽 : 1.0  キャラ : 1.0

いまいち

いまいち

 サンキュー(0)
2016.11.05 07:07 亜盗の評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★★☆ 4.9 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

複雑なストーリー

一度見ただけでは物語を理解するのは難しいのです。
物語を理解したときにはもう2nd GIGにハマッています。

 サンキュー(0)
2016.08.20 06:45 やしうりの評価 | 観終わった| 65が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

むずかし~0(>_<)0長かった~0(>_<)0

このシリーズは、劇場版やら何やら色々ありそうなので、素人の私には何から見たら良いのかわかりませんでしたが、とりあえず始めに「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の再放送を視聴してから、続けて本作品も再放送の録画を視聴しました。

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」は結局何だったのかいまだにわかりません(^w^)
近頃の深夜アニメに慣れきった目に、良く動く絵が衝撃的でした。

そして本作品ですが、全26話を1年以上かけて見たので、そりゃ意味もわからないかな「(゚ペ)
見るなら一気見をオススメしますよ。一気見でも理解できる保証はないけど(^.^;

ちょっとでも気を抜くと、何がどうなったのか置いてけぼりです(^.^;
「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」よりも、特に素子の顔が崩れる割合が多い気がしましたが、どうだろう?覚えてない。
終盤の10話ほどは短い期間でまとめて見たので、急展開に激しいアクション、お涙頂戴で感動しました:(T-T):

これでようやく次は「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」を見ることが出来る。
声優さんが違うみたいなので楽しみ。

 サンキュー(3)

攻殻機動隊S.A.C 2nd GIGのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
攻殻機動隊S.A.C 2nd GIGのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。