攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG」

よみがな:こうかくきどうたいすたんどあろーんこんぷれっくすせかんどぎぐ

放送時期:2004年冬アニメ(2004年1月~2005年1月)

★★★★★ 4.3
物語:4.4 作画:4.3 声優:4.3 音楽:4.4 キャラ:4.4
総合得点 90.2
感想・評価 1958
棚に入れた人 10009
ランキング 24
「笑い男事件」が解決して半年…労働力不足を補うため国外から招かれた約300万人の招慰難民。日に日に存在感を増す招慰難民と、国家の孤立を謳うインディビジュアリストたちの対立は深まり、テロが頻発するようになった。その状況の中で「個別の11人」を名乗るテロリストがテロと自決を決行する。
だが「個別の11人」のその行為の背後には、あるからくりがあり、その仕掛けに踊らされていただけだった。それに気づいた公安9課は、その事件の黒幕へと迫っていく。
一方、自決した「個別の11人」の生き残りであるクゼは、招慰難民のカリスマ的指導者となり政府と対立を深めていく。そして素子(もとこ)はそのクゼとの間に奇妙な因縁を感じ始める…。(TVアニメ動画『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 1958

2017.08.18 16:06 Shintaroの評価 | 観終わった| 12が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

非常にいい作品

やはり期待を裏切らないストーリーを作ってくるのが攻殻機動隊。恐ろしくSFチックであるが何故か現実とかけ離れていると思えない、というのが率直の感想である。おそらく、この電脳が普及した世界を私たちの世界と置き換えただけでリアリティが増してくるだろう。1話見たらこのストーリーに飲み込まれているはず。やはりストーリーは満点をつける他ない。そのほかの要素も問題視するポイントはおそらくないだろう。

 サンキュー(2)
2017.08.17 12:27 shino73の評価 | 観終わった| 154が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

動機ある者たち

舞台は2031年。
「個別の十一人」を名乗るテログループが、
中国大使館を武装占拠した。
彼らの要求は、アジア難民受け入れの即時撤廃である。
公安9課、再起動。
初回から2期のメインシナリオ「個別の十一人」が登場。
1期でも難民居住区が描かれていますが、
2期ではこの難民問題が大きくクローズアップされます。
現実でも問題視されている少子高齢化から派生した地続きの物語。
これぞ攻殻シリーズの面目躍如でしょう。

1期でサリンジャー「ライ麦畑」をフィーチャーしたように、
2期ではパトリックシルベストル「個別の十一人」なる、
革命評論集が重要ターム(アイテム)となっています。
シルベストルは架空の人物ですが、モデルは三島由紀夫ですね。

2期の大きな特徴は、監督自身が語ったように、
公安9課は「少数精鋭」である為に敵の「物量戦術」に脆いこと。
{netabare}度重なる内庁の外圧に後手後手に回る公安9課。
素子たちの敗走が描かれ、
視聴のストレスはシリーズ随一となっています。{/netabare}

公安9課メンバーの過去エピソードや、
素子と難民の指導者クゼとの若き日の邂逅。
ゴーダが語る「英雄の条件」とは。
見所満載の傑作シリーズ。
迎えた最終局面では、
{netabare}プルトニウムによる難民の核武装計画。
いよいよ難民との戦争状態に突入する自衛軍。{/netabare}
9課はこの泥沼の状況に終止符を打てるのか!?

この国の行く末を憂う「動機ある者たち」
ぶつかり合う様々な思想に心が揺れる。
それでも自分が「為すべき正義」をまっとうするしかないのだ。
自分の「ゴースト」に従え。
公安9課の反撃はこれからだ。

 サンキュー(25)
2017.07.15 15:15 howknowの評価 | 観終わった| 25が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

一期ほどの疾走感はない。それが良さでもある

SACシリーズは、すっきりと終わらない。
一種の社会風刺的な物語でもあり、登場人物達が「電脳化」と「擬体化」の狭間で苦悩する物語である。

主人公だけが、その中で少しだけ異質。
電脳化はしているけど、生身である主人公は、電脳・擬体関連の事件に巻き込まれたときに、中立の立場で現象を見る。
そこに葛藤が生まれるのを見て、ストーリーを楽しむのである。

 サンキュー(2)
2017.07.13 03:12 さむろんの評価 | 観終わった| 24が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

全く色あせない

近未来を舞台にしてるのに未だに古く感じない。
13年も前に作られたアニメなのに本当にすごい。
内容や雰囲気が完全に男性向きですが、主人公の女性が最高にカッコいいので、そういうのが好みの女性にも見てもらいたい。

 サンキュー(3)
2017.07.07 21:31 Marsaの評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

ややハードボイルド戦術系

話は楽しめてドキドキして楽しめました。ただ、アニメの雰囲気が好みではなかったようです。男性は楽しめると思います。

 サンキュー(2)

攻殻機動隊S.A.C 2nd GIGのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
攻殻機動隊S.A.C 2nd GIGのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。