「えんどろ~!(TVアニメ動画)」

総合得点
70.7
感想・評価
205
棚に入れた
692
ランキング
869
★★★★☆ 3.6 (205)
物語
3.4
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

荒んでいるときは なもりにかぎる!   結婚黙示録 りゅぅぞぅ 「基本はケセラセラスタイルです!」

 ジャンル 勇者の物語


 ストーリー

 最終決戦、 勇者パーティー VS 魔王

禁断の術で魔王を倒そうとするが、勇者がその詠唱途中で

かっ かっ 噛んじゃった・・・ Σ(・□・;)

 これにより、本来の魔法の効果は発揮されず

むしろ、ブラックホール的なものが発生し みんな飲み込まれてしまう

 さぁ。 運命はいかほどに



 物語

 何が面白いって 始めは魔王の視点から始まるっていう(まおちゃん)

魔王が目覚めたとき、それは過去の世界で

 勇者パーティーが学校に行っているときの時代だった

魔王はその時の記憶を覚えているが、勇者パーティーは覚えてない

これはチャンス。。 魔王の勇者討伐物語が始まる(嘘)




 キャラ

 好きなキャラトップ3

1:メイ

 カルタードのお話が毎回好きだった

そして、語尾が・・・っすっていうのが好き

基本、語尾が特殊なキャラに弱い私ははまりました

 みなさんは ヘスティア・レム派かもしれませんが

僕は 「メイ」っす!!




2:ファイ

 小澤亜季さん、キャラに見事はまっていましたね

野生児の戦士
 
 癒しでしたわ♪



3:まおちゃん

 いやぁー、久野さんの声も癒されるんですよね

七つの大罪の ホークちゃんぶりに

声を聴けました♪



 曲

 なんで、えんどろーっていうタイトルなのかを教えてくれる歌

初め、えんどろー=エンドロールであってるよなって思っていたが

まぁ、当たっていて なぜかほっとしてしまった




 結婚黙示録 りゅぅぞぅ

 いやー、結婚することは決めたんですが

一向に次に次に進めていませんねww

 相手の親からは いつ入籍して いつ結婚式挙げるがねって

執拗に言われ、文句を言うかの如く 言葉を浴びせてきますが

 なんか、ゴタゴタ言われさくると

やる気でないんですよね・・・ 僕(いいわけです)

やる気スイッチを今捜しています

 彼女からは 11月22日 いい夫婦の日に入籍したいと言われ

彼女の母からは遅いと言われ


 今の心境はまさに ケセラセラ!!
 

投稿 : 2019/06/11
閲覧 : 21
サンキュー:

3

ASKA

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ほのぼのファンタジー。日常系でほのぼのできました。

スタジオ五組制作のオリジナルなファンタジー作品です。
ユーシャ、セイラ、ファイ、メイの四人の勇者パーティーが魔王を退治するために冒険者学校通ったりクエストをしたりします。
ロリ魔王のマオは可愛いです。
ファンタジーな世界観と素敵なキャラクターにほのぼのする作品です。

投稿 : 2019/05/30
閲覧 : 34
サンキュー:

21

ネタバレ

しんじの元嫁

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ユーシャの成り上がりの最期にょろーん

平和な世界を望むのなら
❝勇者❞も❝魔王❞もいなくなればいい
自分の使命を捨てるという選択も、あっていいよね
にょろーん。

投稿 : 2019/05/23
閲覧 : 39
サンキュー:

8

ネタバレ

plm

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

マイルドな日常ファンタジー

ゆるゆり原作者のなもり絵をキャラ原案としたファンタジー日常系
勇者や魔王といったファンタジー世界をベースにした、でも方針はほのぼの日常系
キャッチコピーにもあるようにありそうでなかったジャンルとも言える

実際こういうジャンルがなかったかというと
ファンタジー世界をネタにしつつギャグ風味にアレンジしていった作品では
「魔方陣グルグル」とか最近だと「このすば」とかはあったと思う

本作はより「女の子たちのたわいない会話を楽しむ」重視の日常系
キャラのおバカさとか平和っぷりは「ミルキィホームズ」を彷彿とさせられた

シナリオはタイムリープ的なものも扱っておりなかなか興味を引くものだったけれど
基本ほのぼのシーンに重きを置いていたのでストーリー進行は薄味に感じた

■半端な感想に
結果「毒気の少ないグルグル」「狂気度の低いミルキィ」みたいな感想に
全体的にめっちゃきれいだった
優しい世界でキャラや話は好みのものだったのだけれど
日常系って話が平坦な分、キャラクターの芯の通った価値観みたいな部分を感じたくなる
その点ファンタジー土台のために共感しにくいとこもあるのかも

・ユーシャ
天然系人助け気質、いい子

・セイラ
真面目タイプ、コンプレックスが多い

・ファイ
ワイルド大食いキャラ
意外と冷静に突っ込みに周ることも多い

・メイ
カルタードマニア
マイペースなキャラで好きだったけど
どやっとカルタード語ってるイメージしかない

・ローナ
ユーシャオタ
ある種メイとキャラ被りしてるようなオタ語りしてることが多い

・マオちゃん
ある意味で裏の主人公
心情描写的に一番切迫したものを抱えて真に迫っていて
物語展開の鍵を握っていたキャラではなかろうか
ただわりと早い段階で魔王やーめたしたせいで気になる要素ではなくなってしまった
正体を隠しながら野望を持っているって鉄板的な面白さだと思うのだけど
不穏要素は徹底的に抜いたのかもしれない
勢いでローナ連れ去ったあとに自暴自棄で駄々っ子になってるあたりは好き

■日常と冒険
総じて、主人公パーティには切迫感がない
日常コンセプトである以上それは致し方ないのだが
ファンタジー世界の醍醐味である冒険や戦いにどうしても茶番感が
真剣みが見れないからキャラの哲学があまり見えてこない……のかもしれない
でも掘り下げ回はけっこうしっかりやってたしなぁ

でもこういう感じの世界やキャラは好みなので
気分が噛みあってるときならもっと絶賛してたかも
となんとなくふわふわした感想に

投稿 : 2019/05/20
閲覧 : 39
サンキュー:

6

衛狸庵

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

どや~!

可愛い女の子達の冒険者パーティーとロリな魔王のお話って、どや~!
特にこれと言った内容はございませんって、どや~!

キャラは定番的な配置ですが、味付けがなかなかいい。
可愛いだけではなく、個性的で可愛いです。
サブキャラも可愛いいです。

まぁ、何も考えずゆるゆると見る作品ですね。
でも、最終話、ちょっと感動的でした。ちょっとだけね。

しかし、日常系の可愛子ちゃんアニメって全くつまらない物と面白い物の区別が自分でも曖昧です。
ゆるキャンはつまらないけど山の勧めは面白い。
きんモザ・ごちうさは退屈だけど、ゆるゆりは面白い。
なんて感じなんですが、自分でも理由が解らない。

投稿 : 2019/05/19
閲覧 : 43
サンキュー:

6

ネタバレ

元毛玉

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

カルタード祭りはじまるよ~

事前情報なにも無しで視聴しました。

お話のざっくり概要
ありそでなかった日常系ファンタジー、はじまるよ~
らしいっす

ちなみにえんどろ~見てからメイ(水瀬さん)の口調が凄く好きで
今年に入ってからあにこれのメッセとかで多用してるっすw

うん。なんていうか全く期待してなくて見てたんですけど、
なんか段々とおもろくなってきて、最終回の頃には凄く楽しんで観てました。
全体的にゆる~いです。最終回はちょこっとほっこりホロりとします。
{netabare}しかし、概念まで食えるとは…てっきりユーシャのペットだと思ってたけど誰のものでも無かったw{/netabare}

キャラはメイ推しっす。可愛いっす。カルタード命っす。
{netabare}しかしなーまさか生えてるものだとは思いもよらなかったw{/netabare}

それにしてもこの作品の良さをうまく説明できない…
何かにとんがってる訳では無くって、何が良いのかと聞かれると
返答に困るんですけど、面白かったんですw
なんだろう?全体的に醸し出されるふわふわ感的なのを楽しむ感じ?
爆笑するってよりは、「ふふっw」ってちょっとなごむ笑いみたいな感じ
んーやっぱうまく説明できないっす!見て下さい!
(レビューとしてどうなのか…というのはさておき)

投稿 : 2019/05/15
閲覧 : 155
サンキュー:

30

ネタバレ

tachikoma

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

やさしい世界
おもしろかった

投稿 : 2019/05/09
閲覧 : 25
サンキュー:

3

ネタバレ

ほのほの

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

溢れ出るゆる~い感じが癖になる

物語の起伏はほとんどない。けれど、各話がどれも作画込みで安定しており結構楽しめました。

少し前から、勇者(笑)が非常に多い作品がある中、主人公のユーシャちゃんは近年稀に見るくらいめっちゃ勇者してた!
特に姫様偽誘拐の話は面白かったです

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 39
サンキュー:

11

ネタバレ

天地人

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

仮SFスーパー英雄(?)列伝59

トキ
「とりゃ~っ」
ラオウ
「効かぬ、効かぬのだ、トキ。こんなぬるい内容ではサンキューなどもらえぬわ」
バット
「そ、そんな・・・」

ラオウの言うとおり(ウソ)勇者と魔王が出てる割には、ぬる~い内容のアニメでしたね。
ただ、それがクセになるというか、ついつい最後まで観てしまいました。

ハイ、以上で感想終わり(って、おいっ)
いや、だって魔王との戦いは終わってるし、戦闘シーンはほとんど無いし、一体何を書けと(いや、あるじゃないですか)
まあ、それは他の人に任せます(こらーっ)

あと、歌がよかったですね。
スペースナイツは~♪(スペースナイツは~)太陽の勇者
(それ、えんどろ~!じゃなくてアンドロー梅田だろうが 汗)

投稿 : 2019/04/25
閲覧 : 56
サンキュー:

13

dakiramk3

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

可愛いだけじゃ物足りない!

 女の子たちの緩いファンタジーものというのはいいけど、あと一歩……あと一歩味が足りない気が……もう少しだけシュール方向に振ってもよかったか。パーティーが全滅しても次の回にはなんともなかったりするような……現状では緩さもシュールもどっちつかずという評価しかできなかった。
 

投稿 : 2019/04/25
閲覧 : 53
サンキュー:

9

ネタバレ

U

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

C. ネタバレ注意 - マオちゃんかむばっくぷりーず

オリジナルアニメ

<主要登場人物>
・ユーシャ / ユーリア・シャルデット:赤尾ひかる
武器は勇者の剣
正義感と優しさの持ち主
ローナ姫やマオ先生とも友達のように接する
・セイラ / エレノワール・セイラン:夏川椎菜
聖者であるエルフの少女 武器はハンマーと弓矢
お母さんのように面倒見が良いが、汚部屋住人
・ファイ / ファイ・ファイ:小澤亜李
戦士 武器はグローブ
森で育ったため身体能力が高い 大食い
・メイ / メイザ・エンダスト:水瀬いのり
魔法使い
カルタード収集が趣味

・ローナ姫 / ローナ・プリシパ・オ・ラパネスタ:麻倉もも
王女
幼い頃から憧れている勇者の側にいられるよう冒険者学校に転校してくる

・マオ / 魔王:久野美咲 玄田哲章
999代目の魔王(初代から3000年たっている)
メイドであるゴーレムたちと魔王城に住んでいたがユーシャたちの魔法失敗により過去に飛ばされ
教師として街で暮らすようになる

・ちびドラゴン:西明日香
「ちびちゃん」と呼ばれている緑色の小さなドラゴン
かわいい見た目だが食べたものの概念を消す特殊能力を持っている



「ありそでなかった日常系ファンタジー」

人とモンスターが共存しているある島に人々が恐れる魔王が住んでいた
この魔王は998回、勇者に倒されていた
999回目の戦いに少女戦士のパーティ(勇者/ユーシャ、聖者/セイラ、戦士/ファイ、魔法使い/ファイの4人)が挑む

戦士たちは魔王に苦戦し、ユーシャは4人協力して禁断の魔法を使うことにする
それぞれがカルタード(=カード型のアイテムで魔法を使えたり、武器を収納していたりする)を掲げ
呪文を唱えると魔王が天空に現れた穴に吸い込まれる・・・はずだったが
ユーシャが途中で呪文を噛んでしまったため魔術が失敗し、魔王と少女戦士の4人は過去へと飛ばされてしまう

過去に飛ばされた幼い少女姿の魔王は幼女好きな冒険者学校の教師と知り合い彼女の誘いを受け教師となる
マオと名乗り教師生活が始まるが教室に入ると生徒たちの中に魔王討伐に来た少女戦士たちを見つける

少女戦士たちは記憶が"ない"ため冒険者学校で普通の日常を過ごす
一方、魔王は記憶が"ある"ためユーシャを勇者にしないよう策略をめぐらすが
勇者属性のユーシャには通用せず、逆に勇者へと導くことになる

魔王とはいえ、優しい性格のマオは真面目に授業を行い
ユーシャ達にとってかけがえのない教師になったころ
4人が魔王討伐の記憶を取り戻し、マオが魔王であることが分かってしまう

流れでローナ姫を人質にとり魔王城に戻ったマオと、姫の救出に向かった4人は
魔王は倒されるたびに少しずつ弱くなっていて999回目となる今回
倒されたら二度と復活できない、が、もし倒されなかったら島を支配すると知る
友達のように親しくなったマオを倒すことができるのか?
魔王存続のまま島を守れるのか?
ユーシャの選択はいかに   というお話

***

絵柄や冒頭の内容から、子供向けのお話かと思いましたがちゃんと?ストーリーがありました
クエストに出かける事もありますが冒険物というより、
ほのぼのとした日常からの3000年続いた輪廻を終わらせるお話です

でも、このアニメの感想は「マオ先生がかわいい~」 以上

キャラに久野さんの声・演技がぴったり寄り添ってるし
あの見た目であの声で「我」とかキャワ~

魔王城で孤独な生活をおくっていた魔王が
同僚と飲んだり、生徒に囲まれ賑やかに過ごした経験を経て孤独に戻るとことか
自分を倒してほしいと願うとことか、かわいそうで泣かされそうでした

ほのぼのファンタジーのはずなのに!!

19.4.22

投稿 : 2019/04/24
閲覧 : 43
サンキュー:

8

はちくじまよいちゃん

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かわいかった

 マオちゃんかわいかったし久野さんの声は癖になりますね。カルタードマニアのメイちゃんの喋り方とドヤ顔も楽しみでした。ダメ勇者パーティーとマオちゃん先生とでとりとめもないエピソードを延々と続けてほしいような気もしました。OP・EDもとても良かったです。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 39
サンキュー:

5

ネタバレ

STONE

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 本作のキャッチコピーは「ありそでなかった日常系ファンタジー、はじまるよ〜!」だが、確かに
ギャグ、あるいはコメディテイストの強いファンタジー作品は多々あるものの、女子日常系に寄った
ファンタジーは無かったかも。
 本当に他愛ない日常描写だけだと、背景や風俗が中世風なだけのきらら系で終わってしまうので、
そこはファンタジー要素をうまく取り込むことでちゃんと「日常系ファンタジー」になっている
感じ。
 特にカルタードという設定はストーリー的にも、ネタ的にもこの作品の個性に大きく寄与している
感があった。

 基本、キャラに関してはユーシャを始め、皆可愛くいい子達ばかりの優しい世界といった感じで、
元魔王?であるマオちゃんや途中参加のローナ姫など、作品によっては黒い面を出しかねない
立ち位置にいるようなキャラも最後までそういうことはなし。
 この可愛いという部分に関してはキャラクター原案のなもり氏の力は大きかったように思える。
そして、可愛い顔に対して、体つきなどは結構肉感的だったのも意外性があった。
 スタッフ談話を読んだ時に「ユーシャパーティーを喧嘩させようとしたができなかった」といった
内容の記述があったが、確かにストーリー展開のためにキャラの性格が変わるようなことがなく、
最後までぶれていない印象。

 基本的にはゆるい世界観だが、それでいてストーリーも適当かというとそんなこともなく、結構
しっかりしたものになっている。
 この手の作品でストーリーをそれなりのものにする時に鬱なシリアス要素を入れるパターンが
あるが、本作に関しては終盤そうなりそうに思わせておいて、結局はそういうことはなく、最後まで
明るい感じで終わった。
 個人的には、最後まで緩いトーンを保ちつつ見応えのあるストーリーを描けたのは結構凄いこと
なんじゃないかと思ったりします。

2019/04/16

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 65
サンキュー:

4

ネタバレ

すがさ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

われ これ すき

可愛らしい勇者パーティーと、もっと可愛らしいょぅι゛ょ魔王が繰り広げる、ゆる~いコメディアニメ。

ちょっとユルすぎるような気はしないでもないが、設定が面白い。

{netabare}過去に飛ばされても"事象は収束する"という、記憶を残したマオ視点のギャグが続くのかと思いきや、
勇者と魔王に定められた"悲しい運命を変える"お話だった(本格SFファンタジー)

どうやら1話の冒頭は、第n代の勇者vs魔王決戦だった(?)ということで、マオの境遇を知った後だと少し可哀想かも。

{netabare}
ぜんっぜん関係無いけど、「ユーリア・シャルデット」→「ユーシャ」って愛称、なんか「ジョジョ」感ありますねw{/netabare}{/netabare}

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 132
サンキュー:

29

ネタバレ

アンデルエレーラ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちょっと今から魔王やめてくる

勇者VS魔王!?ゆる~い冒険ファンタジー。

日常系はあまりにストーリー性がないとと苦手なため、序盤は見続けるか悩みました。
でも意外にも物語がが進んで行く点が良く、ゆるいながらも笑えるシーンがあったことで、気がづけば最後まで視聴。
特に11話は、{netabare}えっ記憶戻っちゃうの? てかそっち?みたいな感じで、このままマオちゃんの正体がバレずに終わると思っていたので少し驚きました。{/netabare}

総じて言うととにかくマオちゃんが可愛かった(笑)
本当の主人公は勇者じゃなくてマオちゃんなのだ!

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 31
サンキュー:

8

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

カワイイ女の子の冒険者たちが魔王とお姫様と一緒に日常を過ごす、でいいかな。(12話めまで視ました)

12話まで視聴終了記念書込(3/31/2019)
ちょっと文章変更(04/14/2019)

本作はワタシ的に今季の癒し枠の一つです。
どの作品もほぼ全てそうですが、この作品も何の予備知識もなく視聴しました。
 魔王のまおちゃん先生とカワイイ女子勇者パーティ生徒の絡みが中心のお話です。それまでの冒険というよりは楽しい日常のお話です。中盤から勇者を慕うお姫様が登場しお話を盛り上げます。
 あと、冒険物語ではなく日常系物語なのでソコを取り違えると、楽しめないかもしれませn。癒し度は話数を重ねる毎にだんだん上がっていく感じです。
 魔王と勇者(パーティ)は互いに滅ぼそうとする宿命にあるのですが、最終話で{netabare}勇者があることをして、その宿命を断切り{/netabare}ます。



---以下感想記述用メモ---
(加筆修正;1/20/2019)

うーん、飽く迄、私の場合のことですが、思ってたよりも癒されなかったです。
何故なのか自分でも良く分かりませんが、癒しシーンが少ないからかなぁぁ。
まだ一回目だけど、完走できそうな雰囲気は感じられませんでした。
取り敢えず次回も視聴予定。
 
二話め視ました。{netabare}
前回は初視だったせいか癒し度が少ないように感じましたが、今回は十分癒されました。紹介と紹介のためのバトル・シーンが多かったからなのかも。
  二話め「魔王、夕日に散る~!」
Aパートはパジャマパーティです、{netabare}ローカル・モンスター・ワケワカメとか{/netabare}笑い癒されますw。Bパートは教室での話です。パーティー・リーダーを決めるお話では、なんとこのパーティ全員が自分がリーダーだと思っていましたw。そして魔王の回想シーン、このパーティのフリーダムさが遺憾なく発揮され{netabare}、禁断の呪文を唱えようとして、呪文カミ{/netabare}ますw。そしてマオちゃん先生はこのパーティにまた振り回される未来を想像し{netabare}、魔王になることを諦め{/netabare}ますw。
当然次回も楽しみです。
{/netabare}

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 74
サンキュー:

13

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ありそでなかった日常系ファンタジー、はじまるよ~!

この作品はオリジナルアニメだったみたいですね。
漫画も発刊されていますが、2018年の8月~2019年2月までと短い連載期間だったため、全1巻の全5話というこじんまりとした漫画になっているようです。

この作品の視聴は出演される声優さんで決めた…と言って差し支えないでしょう。
勇者パーティーを演じる声優さんの顔ぶれはこんなにも凄いんですから…

ユーシャ(勇者):赤尾ひかるさん(こみっくがーるずのかおす、ゴクドルズのチカ等)
セイラ(聖者):夏川椎菜さん(天メソの乃々香、ハイフリの岬明乃、亜人ちゃんの日下部雪等)
ファイ(戦士):ありちゃん(野崎くんの千代、モン娘のパピ、この美の宇佐美さん等)
メイ(魔法使い):いのりん(ごちうさのチノ、天メソのノエル、リゼロのレム、よりもいのキマリ等)

そういえば水瀬さんの愛称について、これまではあやねるが命名した「いのすけ」が可愛いと思っていたのでレビューなどで使用させて貰っていましたが、占いによると相性があまり良くないんだそうです。
ご本人も「いのりんって呼んで~」とコメントしていたので、これからは私も「いのりん」を使わせて貰います。

少し話が脱線してしまいました。

この物語の舞台は、剣と魔法の大陸ナラル島…
ここには恐ろしい魔王がいるのですが、魔王が登場すると勇者が現れて魔王を討伐する…
でも時間と共に魔王が再び復活すると勇者もまた現れて魔王をやっつける…
ナラル島ではこのサイクルがこれまで何度も繰り返されてきたんです。

この作品…実はクライマックスから始まるんです。
勇者パーティーが目指すのは魔王の居城…いきなりラスボスが登場するんです。
そして…大した紆余曲折も無く魔王は消え去ってしまったんだからビックリ…

でも魔王は消えた訳では無く、過去にタイムスリップしていたのでした。
魔王がふと気付くと、そこはユーシャが勇者になる前の世界だったんです。
そこで魔王は考えました。
勇者をユーシャにしなければ、再び相まみえることはないだろう…と。
そこで、ユーシャの歴史を改変すべく名前をマオに改名し、冒険者学校の先生としてユーシャに接近…
こうしてマオとユーシャ達の物語が動いていきます。

さて、何もしらないユーシャらは、マオ先生のもとですくすくと力を付けていきます。
マオ先生が策略を巡らせていない訳ではありません。
何とかしようと色々と頑張ってはいるのですが、ユーシャがマオ先生の想像の遥か斜め上を突っ切っていくんです。
勇者って、誰もがなれる職業ではないんだとつくづく思いました。
強さとか優しさとか、普通の人間が持っているモノに加えて勇者気質…というか特性というか、そういうモノが必要みたいです。

でも勇者パーティーの中で私の一番のお気に入りは何と言ってもいのりん演じるメイです。
中でも時折見せるドヤ顔…その「してやったり感」が顔だけで留まらないのがメイの魅力だと思います。
カルタードへの執着心も個人的には大好きでした。
やっぱりいのりんが演じていたのが最大の理由だったりして…^^;

私はこの物語がマオ先生とユーシャ達の日常を描いたゆるふわな物語だとばかり思っていました。
だから序盤から中盤にかけて…そして終盤のこの作品に対する印象は大きく異なります。

少し考えれば分かることだったのかもしれません。
魔王と勇者が同一世界で共存しているのですから…ずっとそのまま…なんていう都合の良い思惑は誰が赦したとしても歴史が赦してくれないんです。
そしてそれが分からない魔王でもありませんでした。

物語が一転して迎えた最終回…
私はまさかこの作品で泣かされるとは夢にも思いませんでした。
くのちゃんの演技に…思わず吐露した魔王の本音に涙腺があんなにも刺激されるとは…^^;
そしてこの作品らしさの溢れるエンディングを迎えることになります。

キャラデザは「ゆるゆり」のなもりさんだから可愛らしさは折り紙付き…
一風変わった勇者と魔王の物語…気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、勇者パーティーによる「えんどろ〜る!」
エンディングテーマは、いのりんの「Wonder Caravan!」
勿論どちらも通勤中に聞いています。

1クール全12話の物語です。
アニメーション制作はStudio五組さんなので安定感も抜群でした。
こういう作品ならいくらでも堪能したいと思える作品でした。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 48
サンキュー:

18

ネタバレ

ValkyOarai

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まーたゆるゆり描写か だが今度は世界がゆるい

フラグが見え見えだったスパイスより面白くなることを期待

開幕、世界の半分をくれてやる?
だからいらねーの
そしてEDやってから本編
学校に行くのかよ
っつーか先生が魔王だしwww
ダンジョンで捕まってるしwww

海ではモンスターと付き合う羽目に...
ちょっとはサービスさせろwww
だが生足wwwww男ゆえに剃ってない...

6話
魔王が風邪を引く!?それってありえるのだろうか...
王女様もやって来たし

10話 雪山
どうしてこんなことに...
寝 る な
自らの願いをこもった夢を見てんじゃねえ...
って夢って食べられるのかよ...

12話 and more...
そしてゆるいファンタジーは続く
って先生がラスボスなのか...そして魔王という役職を演じることに
ってスタート地点に帰るのかよwww

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 124
サンキュー:

8

ninin

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

異世界ゆるふあ勇者パーティー冒険ファンタジー

全12話 オリジナル作品

勇者ユーシャ・聖者セイラ・戦士ファイ・魔法使いメイの4人のパーティが魔王を倒すお話ではなくてw 魔王と戦う前の冒険者学校で過ごす毎日をゆる〜く描いた作品です。

キャッチコピーは「ありそでなかった日常系ファンタジー、はじまるよ〜!」

キャラ原案がなもりさんなので、やっぱりゆるゆり!を思い出しますね。

この作品もゆる〜い異世界ものでした。

1話完結で観ていて心地いい感じが好きです。

ゆるゆり!が好きな方、日常系が好きな方、癒されたい方は観てもいいかもしれませんね。

OP 勇者パーティの4人、赤尾ひかるさん、夏川椎菜さん、小澤亜李さん、水瀬いのりさんが歌っています。明るく楽しい曲ですね。
ED 水瀬いのりさんが歌っています。

最後に、まおちゃん可愛すぎ、ちびちゃん凄すぎw

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 244
サンキュー:

27

ネタバレ

カボチャはんたー

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

トータル的に見ると魔王が主人公だと思う(普通に勇者が主人公です)

ゆるーい勇者と魔王系アニメ
とりあえずながら見るのがちょうどよいアニメだな~ww

1話{netabare} テンプレ魔王にテンプレ勇者、テンプレ仲間でわろ
1話冒頭で魔王を倒してはい終わりんご
終わるの?始まるの?どっちなの?ねぇねぇ

勇者ではなくユーシャ
聖者ではなくセイラ

あ、これ平和な世界だぞw
ファイ・ファイ
メイの~っすキャラ嫌いじゃない
この子オタクだ…後好きなことを喋らせちゃいけないタイプ

冒険者学校とかあるのな
テンプレ満載だなww
ロリ先生キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
和むかわいさマオちゃん先生

なんでもありの不思議島ってなんだよ(笑)
身も蓋もないこというしざっくりな説明だな~
魔王がいないと勇者が成り立たない
これが現実( *´艸`)

やっぱりマオは魔王かw
禁断の大魔法が大失敗ってw
あれ?これ魔王が主役の話?www

武器だけはいっちょ前だな
戦時の勇者は魔王がいなければ無職のこん棒使い
冒険楽しんでるな~

勇者に試練は付き物だよね~
あれ?マオが勇者を作り出した張本人なんでは?(笑)
{/netabare}

ユーシャ
ふわふわの天然系で直感力と幸運に恵まれた生まれついての勇者体質。
他人の家に勝手にお邪魔してアイテムを探すなど、一般的な常識はちょっと欠けている。
何かに夢中になるとすぐに目的から脱線してしまうため、いつも仲間に支えてもらっている。
どんな相手にも心優しく、とても仲間想いである

2話{netabare}パジャマパーティーと言えば…好きな人の話と相場が決まっている
なんだかんだファイが一番かわいいと思う(‘ω’)ノ
あ!これ違う話かもしれないw
こいつらの…好み違うな~

角ゴリラ系がすきなんだセイラw
わけわかめw

たしかにセイラは委員長っぽいw
パジャマパーティーの盛り上がる話題それでいいのかw

ファイもメイも天才肌かもしれないw
カルタード狂いww
ユーシャの運の良さぱねぇwwwww
マオもはや先生やん
なんだろ可愛く見えてきたぞ魔王

クエスト~
全員リーダーだと思っていたパーティーwwwwww
エルフはおっぱいちっちゃい子が多いと思う
かわいいは勝利
どうでもいいけどチビ何モンスター

冷静になればチビがリーダーなのがおかしいことに気づかんとはなw
高笑いからのせき込み魔王萌

出た!民家で宝探しという名の犯罪行為勇者
家事炊事ができないエルフちゃん
超大食い系格闘家
カルタードオタク

同僚の先生真顔でしょうもないこと言うよな
リーダーの均一化
責任の分散化
今の時代にふさわしいな

魔王やーめたw
カオスには魔王もお手上げ( *´艸`)
{/netabare}

セイラ
生真面目なパーティー随一のツッコミ役。
エルフの聖者で面倒見がよく、パーティーの良心的存在。
一番常識的であるものの、家事が苦手だったり忘れ物をしたりと、時々抜けている面を見せる。
実は目が悪く、エルフなのにメガネをかけないと弓が使えない

3話{netabare} たしかに冒険者と言えばクエスト
ドラゴン退治は君たちにはまだ早い
個性を爆発させる子たちだな~
セイラ角ゴリラ大好きかよ(笑)

角ゴリラの勢力争いってなんだよ
常識人かと思ってたけどやっぱりこっち側だったか(笑)
女子力があれな時点でうすうす気づいてたけどさww

冒険者ギルド
結構真面目なクエスト受注だな
勇者軽くあしらわれてるwどっちでもゆーしゃん
この子たちだけしょうもないしダメージでかいw

ユーシャのパーティーだけなめられてるよなww
猫探しに本当に縁があるよな~
5回連続猫探しの悪夢w
こいつら才能あるなwっていうか猫めちゃくちゃ逃げるなw
猫探しのプロという名の冒険者w

クエストは猫探し来る前提w
まさかのまともなクエスト~wwwwwwwww
クエスト前に猫がいなくなってしまった少女

たしかに猫探しと言えばこの4人なのは間違いないwww
薬草を草というなw
猫探しで野営とかwww

セイラポンコツなのかもしれないww
ご飯でテンションが変わるファイたん
暴食の魔王は近くにいたのかもしれない
セイラの耳は美味しいのかもしれない

満漢全席は超激レアカルタード
人は失敗を重ねて成長するのかもしれない

猫はダンジョンに行かないだろう
いるいる塔の管理しているやつw
猫いるんかいw

色違いが強いのは定番
ミカエルかわいい猫だな
今どきぐるぐるメガネ(笑)

珍しくマオが出てこない回だな
あれ?やっぱりユーシャたちが主人公なのか
クエストよりクエストらしいなw
{/netabare}

ファイ
天真爛漫な元気っ子でご飯と友達が大好きな戦士。
小さい頃から森で育ったこともあり、動物と心を通わせる。
意外に常識的で理論派。
空腹が限界を超えるとバーサーカーと化し、友達に襲いかかって甘噛みする癖がある。


4話{netabare}
夏休み…甘美響き( *´艸`)

こいつら願望欲求丸出し
夏と言えば海なのは間違いない(笑)
セイラみんなのこと分かってるな~
たしかに準備してる時あれやろうこれしようとか考えてる時が一番楽しいのかもしれない

こいつらクエストする気www
なんかこういう展開けいおんで見たわ

モンスターの調査ってそんな軽い感じでいいの
ヒョウザンノイッカクガイ(笑)
砂の城はテンプレ
ロイヤルユーシャ城あっさり陥落
こいつらもう遊んでるやんけww
セイラ諦めるなww

スイカモドキ敵として厄介じゃね?
っていうかメイモンスターに詳しいな
精神的に責めるのかよw
ファイ来るまでに全部保存食食べちゃった(笑)

でぶっ
釣りって釣れると楽しいよね
ユーシャ相変わらずの強運w
投網wwwwwwwww

最近のサバは足が生えてるし喋るのな
流暢wwwwwww
急に舞い込んできた邪神退治緊急クエスト
海底神殿ってテンションあがるよな

~さば。
口癖移りそう
現代っ子には昔の言葉は難しい
翻訳しないとわからない言葉遣いはやめてほしいw

まだこのパーティーじゃこのボスは早くない
大体ボスは真っ二つw
邪神簡単には滅びないよね

あ魔王かわいい
チビちゃんオチwwwwwwwwwwwwwwwwww
邪神って食べてもいいのねw

{/netabare}

メイ
物静かな魔法使い。
基本的に無表情だが、その裏では渾身のオヤジギャグなど、頭の悪いことを真剣に考えていたりする。その一方で家庭的な女の子らしさも。
超が付くほどカルタードが大好きなヲタクで、カルタ―ドのことになると驚くほど熱く語りだす。

5話{netabare} ついに新キャラ姫様出てくるか!ローラ姫
姫と言えば勇者だもんな

邪神倒したとか言われても信じられないよな(笑)
フィクションだと思われてるwwwww
伝説の勇者の剣錆びてるwフジツボw
出た!フジツボの話ww

チビちゃん万能だな~
ラパネスタ王国の王女ローナ様おなーりー
マオちっちゃい子扱いされてるwww
勇者蜃気楼みたいな扱いw

ローナ姫おんなでもいける口か…
ユーシャ真の勇者認定されたけど軽っw
マオ、魔王ばれあり得るな(笑)
ローナ姫盗聴器仕掛けてるwww

少し思い込みの激しい性格だと思うw
権力には逆らえない教師陣
劇のクオリティ微妙に高くねww
法律程度本当に捻じ曲げそうだもんな(笑)

ユーシャは性格が勇者だよな
マオ狙われてるよな
{/netabare}

ローナ姫
ナラル島唯一の王国、ラパネスタの王女。
愛読書は「勇者物語」で、勇者という存在に恋をしている。
普段はおっとりとした性格だが、
勇者のこととなると思いがけない行動に出ることも。

6話{netabare} マオ先生倒れる…魔王熱?
ただの風邪かと思ったよ

薄着で寝ると魔王でも風邪をひくよねっていう教訓
魔王の訓練と指導特別じゃね?w
っていうか999代目魔王だったのね

魔王の孤独を満たしてくれるのは勇者かそれとも…
ゴーレムさん
弱ってる時に一番会いたくないやつらww
思ったより看病まとも
メイの若奥様モード(・∀・)イイネ!!
たしかに意外性ナンバーワンw
セイラに家事はやらせてはいけない

チビちゃん…いい性格してるな(笑)
どこ訪ねても飴玉で返される存在
マオ、同僚先生に拾われたのねw

安定の公務員はどの世界でも最強
澄み切った目のロリコンは追い払えないw
{/netabare}

マオ
ユーシャ達の通う冒険者学校で教鞭をとる新米教師。
精神的には成熟しているものの、幼い容姿のせいで
生徒からは可愛いマスコットのように扱われている。


7話{netabare} ローナ姫今回は勇者パーティーにアタックするんだなぁ

まずはセイラから交流
セイラ面倒見いいな~
パーティーのサポートの要だな(笑)
もはやお母さんw
でも部屋が汚いのが弱点だよねwww

次はメイ
カルタードショップ巡りにも引かないローナ姫
ディープな店って入りずらいよね
姫wいかがわしいってwww
流石姫様wレアカルタード買い占めw
メイ買収されそう
カルタードマニアの矜持は持つべきだな

ファイ野生を取り戻すための旅行するらしい
たくましいなw
姫様野生のは耐えきれないww
けど帰れないwww
ファイたくましいな
ジャングルの敵はやっぱり虫団と思う
寝る場所wwwwwwウツボカズラwwwwwww
これファイだから耐えきってるだけじゃね?

メロン10分で10玉
ミキサーかよファイw
ファイの大食い後のだらしない姿嫌いじゃない
アンダスメロンの踊り食いてw

パーティー回だったな
{/netabare}


8話{netabare} なんかマオ久しぶり

カルタードといえばメイだよなw
たしかにカルタードってなんなのかは1話から気になってた
メイのどや顔好きw

こんこんちきの悪鬼羅刹
ローナ姫勇者が普通の生活をしているのが気に食わない模様
ユーシャの勇者らしい活躍な
討伐しごろの邪神ってw

マオ先w買収されがちwwww
こんなこともあろうかとでダンジョン作るなww

魔王四天王(着ぐるみ)まで用意していたwww
なんだろそこそこやるやつらw
ラパネスタ最強の4人に何をやらせてるんだwww
四天王って言われるとFF4思い出す

逆境でも諦めないそれが勇者
マオが魔王に戻った(笑)
あれ?はやくも魔王VS勇者の構図
これもある意味試練だよねww

ようやくローナ姫、勇者ではなくユーシャを見るようになったのね
少しは先生らしい姿見せられたマオちゃん先生
ちょっと能天気くらいが勇者っぽいと思う
{/netabare}

9話{netabare} カルタード祭とはなんぞや?
普通の人には参加できないならメイ興奮するよな
タル家族のトードーさん可愛がられるw
カルタードって製作してるの一族なんだな

結構簡単に許可下りたぞw
ファイの野生の勘すごいよな
メイの努力を簡単に乗り越えてくるユーシャたち(笑)
結構大がかりだな

カルタードって植物だったの?wwwwww
カルタードの木とか驚き!!
カルタードに対しての価値観www

禁断の村とか言いつつ歓迎モード
すんなりお祭りの衣装セイラだけ衣装入ってしまう(笑)
前半ほとんどむむむむむむ、むーむむ、むむむで終わったぞ

レアなカルタードは困難な場所に生えた木になるらしい
っていうか文献書いたやつメイみたいなやつだろう
カルタードキングになる道は険しいな

伝説レアじゃないとキングにはなれない
まさかの突然変異のでっかいカルタード
でもレア度はノーマル

まさかのメイ
カルタードキングに選ばれたwwwww
メイにとってはこんな嬉しいことはないよな
称号はカルタードマニア界隈では有名になるだろう

最後収穫した奴燃やすんかいw
メイ、血の涙を流してもおかしくなかったのによく頑張ったw

{/netabare}

10話{netabare} 雪山は結構な中盤以降のダンジョンだよな
勇者一行雪山でピンチ

寝たら死ぬとか言ってる側から寝るやついるよねwww
カルタードってドロップアイテムでもあるのね
寝ないようにするために夢の話

メイといえばカルタードだよね
メイ新たな魔王になりかけてるw(寝落ち)

ファイは世界中の食べ物を食べること
なんかどこかで聞いたことのあるような食材たち
出た!ファイの禁断症状にはセイラの耳ww

セイラの夢
なぜ片づけられない女になってしまったのか

ユーシャ爆睡www
長い棒絶対万能ってわけではないのねw

唐突に始まったユーシャを讃える声援w
絶対夢オチww

っていうか雪山にいたのに今度は…って次はファイか
レインボーシーラカンス旨そうだな

メイそんなカルタードとの出会いでいいのか?もはや怪物だぞw
幸せならそれでいいかw

セイラだけスケールwww
胸気にしてるのなww自分で自分の夢にツッコミwww
まさかのこんな時にモンスターに襲われるとはな
カルタイーター厄介だな

ドリームダイブとかピンポイントなカルタードもあるんだな
セイラなかなかの現実主義者だわw
ドリームワールドクラッシャーセイラw
主食はカルタードなのか

一人でパーティーを救う話とか好き
{/netabare}

11話{netabare}上級クエストグリフォン討伐のクエストクリアしたとか

胸元に挟んでおく女は大体計り知れない
このパーティー少しずつ実力をつけてきていたってわけだな
魔王もはや勇者の友達扱いw

マオも片づけられないタイプの人間だったww
セイラも戦力外www
ファイナルデットエンド~(笑)

カルタードなしでも魔法使えることには…
自然界に存在しない味を作りだした料理ww
チビでもこの拒否反応ww
どんだけ余計な物食べてたんだよw
あれメイド?見たことあるww

マオ先生のお側付きもうやってるメイドのゴーレムメイゴちゃん
メイドなんてどこで食べてきたの?とは猟奇的w
邪神復活&即消滅w

メイゴさん記憶喪失なのね
サバ巨人の残り湯wwwwwwwww
記憶を失っていても本質は変わらないんだよな
同僚さんの嫉妬爆発しそうだな(笑)

記憶を取り戻したの4人かーい(笑)
魔王と戦って過去に戻ってきたことをw
たまにセイラはとんでもないことを口走る

メイゴは最初から記憶を失っているわけではないみたいだな
魔王さん、ここで立ち上がらないと
まさかここで魔王といて復活するとはな
{/netabare}

12話{netabare} チェイサーのカルタードって危ないだろw禁止しろw
マオ、開き直った(笑)
あれれ?マオ先生勘違いしてたwローナ姫天然さんだった(笑)

ハイヤーペンギンw
魔王城の前で野営って楽しそう
魔王が蘇ってしまうのは運命なのか…
魔王の残機最後1体か
マオのふんぞり返り方wやけくそwww

マオを倒すか…それとも世界をほろぼされるか
ファイのたまに出る核心をえぐるツッコミ嫌いじゃない
何のために戦うか分からなくなるのも勇者だと思う

悩んだならスタート地点に戻って考える
案外深い言葉だったなストーカーロリコン先生

まさかの魔王から来るとは思わないよなw
マオとも紡いだ絆

ユーシャ、勇者の剣チビに食わせたけどww
あれ、これ倒さないといけない雰囲気だったのであるw
魔王も食われたwww

結局幼女姿が一番かわいい(´ω`*)
次元の狭間にいたこいつ…何者だよww
概念さえも食らうとんでもない化け物じゃねーかwちびちゃんwww

なんだろー最後まで気楽に見れることのできるアニメだったな(笑)
{/netabare}

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 34
サンキュー:

10

ネタバレ

郷音

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ありそでなかった日常系ファンタジー、はじまるよ~!

2019年冬放送アニメ。

冒険者学校に通う4人の勇者パーティの物語。

異世界モノでは珍しいコメディ中心でバトルの少ない内容でした

そしてキャラデザがなもり先生のおかげか多くのキャラが女性キャラでゆるゆり難民歓喜。

意外と最後に伏線回収みたいなのがあって面白かったわ

全キャラ魅力あるし内容面白いし大好きな作品ですわ

{netabare} 序盤で魔王が魔王やめたときは笑ったわw
ストーカー先生出てきたら毎回笑っちゃう
{/netabare}

放送前はまどマギやゆゆゆのようになるのではと言われてたけど、最後までコメディ突き通してくれてほんとかおり監督ありがとう

コメント見ながらOP見たら笑うからやめて筒香w

投稿 : 2019/04/09
閲覧 : 31
サンキュー:

7

シン☆ジ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ありそでなかった日常系ファンタジー

登場するキャラのほとんどがゆる~い感じで
応援したくなるかわいい少女達・・
コレつまり自分のツボw

中でも今回ゆる~くツボったのは、
カルタードおたくのメイ・・
スクストのサトカや、
このすばのめぐみんに似た
空気感がなんとも。

設定とかストーリーとかもゆるくて
珍しさはないかも知れないけど
ちょっと意外性はあって、
おいおい!とつっこみたくなる
楽しさが良かったかと。

観なくても損はなかったかもだけど
観たらほんわかできた、
自分にはそんなアニメでした。

投稿 : 2019/04/09
閲覧 : 29
サンキュー:

16

pin

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

何気に勇者が一番存在薄い?

いったい何のお話しだったんだろう…ww

ま、キャラが可愛かったからいっか(*⌒3⌒*)

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 31
サンキュー:

4

scandalsho

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

たまにはこんな、勇者VS魔王の物語があっても良いじゃないか!

最終話まで視聴。
オリジナルTVアニメ作品なんだそうです。
キャッチフレーズは「ありそでなかった日常系ファンタジー」。

ゆったりまったり、そしてラストはちょっぴり感動と、日常ほのぼの系の鏡のような作品。

設定も面白い。
登場人物も個性がハッキリしていて分かりやすい。
作画も安定した綺麗さ。
OP/EDも良い。

と、想像以上にクオリティーの高い作品でした。

勇者と魔王と言いながら、ほぼほぼバトルシーンが無い不思議な作品です。

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 81
サンキュー:

40

ネタバレ

MuraBustan

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ほのぼの楽しい

マオちゃんかわいい。

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 30
サンキュー:

8

のび太

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゆるふわ魔王ファンタジーw

とんでも勇者パーティーが、魔王を打倒した後の物語です。
シリアス要素皆無の、ゆるふわファンタジーです。

原作があるのかと思ったら、オリジナルアニメなんですね。

マオちゃん先生の癒し力が凄すぎでしたw
一応主人公は、勇者パーティなのだろけど、実質主役はマオちゃん先生ですねw

今季の癒し系No1でした。

投稿 : 2019/04/04
閲覧 : 43
サンキュー:

15

ISSA

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

えんどろ~るじゃ終わらないだよ

続くファンタジーのプロローグ
笑いあって 支えあって まだ知らない
ストーリー描いていこ~!

最後のサビだけ印象に残るOP

今期の特徴はCGとB級アニメって印象強いです。
えんどろ~・空戦物・グリム童話・アニメガタリズ的な・けものフレ的な・魔法少女・タツノコプロ・5つ子・猫・ロリ…

B級アニメ、一長一短あって微妙…お勧めではないので人それぞれお好みで。
よく言えば気楽に視聴できるアニメ。


えんどろ~!一言で言えば作画はいいけど、お話は微妙。
気楽に見るには丁度いいアニメかも、見易いので最後までは視聴出来そう。


視聴完了
所見の評価をくつがえして、見てるうちにハマりました。
安定した作画と、まったりした癒しが安心して楽しめます。
勇者パーティーもマオちゃんもいい子やわ。

キャッチコピーの「ありそうでなかった日常系ファンタジー」楽しめました。

投稿 : 2019/04/04
閲覧 : 84
サンキュー:

24

ネタバレ

たかし

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろい!

「ゆゆ式」の監督のオリジナルアニメ。
キャラがそれぞれ魅力的で楽しかった。
個人的に最後に流れるのがOPじゃなくてEDだったら完璧だった。

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 13
サンキュー:

2

amZ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

癒し

かなり好きな癒し系ファンタジー(?)でした。
勇者の物語ということでしたが戦闘要素がほぼなく、過激な描写もないので純粋に癒し作品として楽しむことが出来ました。

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 27
サンキュー:

12

える908

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんかユルすぎる~って思って一度は断念したけど・・・

なんとなく見返したら、
日常ユルふわな感じが心地よくて、
再度視聴してました(///∇///)

きららっぽいユリ風味とかお風呂サービスとか
あんまり好きじゃないんだけど、
オリジナル作品だし、
コミカライズも芳文社と違うところだし、
その辺は、まあ大丈夫そうかなって思ってたけど、
お着換えのギャグシーンのサービスがあったぐらいで、
実際安心の展開でした(^^)

パーティのみんながいろいろドジっ子っぽいのに、
実は無自覚に実力がありそうなのとか、
ローナ姫が登場してから判って来て、
お話もちょっとずつ動いて来たりとか、
毎回ゆるーくパジャマパーティ(本人達にとってはミーティング、なのかな?)とか、
見てるこっちも、リラックス出来て、
ぼんやり見てるのが、とても心地よかったんです(*^▽^*)


でもラスト2話でにわかに緊迫!
このままのゆるい日常では終わらないんです!
そして、ここのところのさじ加減が上手い!
日常系ファンタジーの枠はギリギリ越えないけど、
そのギリギリのところで、
ユーシャパーティのみんなの優しさもだけど、
マオちゃん先生も、メイドゴーレムさんも、
みんながそれぞれ、相手のことをちゃんと思いやっていて、
みんなのことを考えてる。
ちょっと、凄く、感激しちゃいました。


水瀬さんのエンディングテーマも、心になんか、沁みちゃいました~!

投稿 : 2019/04/02
閲覧 : 90
サンキュー:

23

次の30件を表示

えんどろ~!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
えんどろ~!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

えんどろ~!のストーリー・あらすじ

人々とモンスターが共存して暮らす剣と魔法の大陸「ナラル島」。そこには恐ろしい「魔王」が存在していました。はるかはるかの大昔、ナラル島に現れた魔王を倒した初代勇者――それからも、様々な時代で何度も何度も魔王は蘇り、同時にそれに対抗する勇者もまた現れ…。少女たちは、いつの日か出ずる魔王を倒すべく冒険者学校へ通います。ちょっと抜けているけど勇者体質の、ユーシャ。生真面目ゆえに苦労が絶えないエルフの聖者、セイラ。食べることが大好きで明るい戦士、ファイ。物静かなヲタク魔法使いの、メイ。勇者パーティーを目指す4人の、いつまでたっても魔王をたおす様子のないゆる~いファンタジーライフがはじまります。(TVアニメ動画『えんどろ~!』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
Studio五組
公式サイト
endro.jp
主題歌
【OP】勇者パーティー ユーシャ(CV.赤尾ひかる)セイラ(CV.夏川椎菜)ファイ(CV.小澤亜李)メイ(CV.水瀬いのり)「えんどろ~る!」【ED】水瀬いのり「Wonder Caravan!」

声優・キャラクター

赤尾ひかる、夏川椎菜、小澤亜李、水瀬いのり、麻倉もも、久野美咲

スタッフ

原作:い~あ~るぴ~、キャラクター原案:なもり
監督:かおり、シリーズ構成:あおしまたかし、キャラクターデザイン:飯塚晴子、モンスターデザイン:岩永悦宜、総作画監督:大田謙治、美術監督:込山明日香、美術設定:柴田千佳子、色彩設計:松山愛子、撮影監督:東郷香澄、編集:武宮むつみ、音楽:藤澤慶昌、音響監督:明田川仁、音響効果:小山恭正、音響制作:マジックカプセル、音楽制作:キングレコード、プロデュース:EGG FIRM

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ