「異世界チート魔術師(TVアニメ動画)」

総合得点
60.7
感想・評価
374
棚に入れた
1364
ランキング
5275
★★★☆☆ 2.7 (374)
物語
2.4
作画
2.6
声優
3.0
音楽
2.9
キャラ
2.6

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

異世界チート魔術師の感想・評価はどうでしたか?

hidehide さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

皆々様レビューに偽りナシ 愚作で駄作

3万、4万、12万…だそうで…

1万あったらかなりな上位レベルと言われる世界。

『1人で国を滅ぼせるレベル』それが ザ!12万!

『さぞ強し!』と思わせ…
そして、普通に苦戦、普通に怪我をし、負ける…

…なにそれ…12万とか3万とか、どこいった?

男の口癖 『これ、チート過ぎるだろ』
女の口癖 『こ、この人…強い』

それ、『言いたいだけっすよね!?』と、

12話中、2〜3回じゃないでしょうか…
他のアニメの小魔法レベルを
『チート級』として放つのは。

アニメ作品において、主人公最強系、と言うなら
オーバーロードの面々、そして、更には、
アインズさん級なのでは?
チート、と言うなら、
そのアインズが放つ『超位魔法』級なのでは?
…と思っていたのですが…

ナンと、奇しくもアインズCV 日野聡さんが
こんな愚作にチョイ登場するのですが…


あ…それから…
殺す方面なのか、殺さない方向でいくのか
はっきりして頂きたい。

作中、魔石の付いた指輪を付け魔法を行使する事で
生命力を削り、結果、命を落とす…

『それならば、使わせるだけ使わせて
敵の自滅(死)を待つ、これは好機です!』的な事を言う
一兵士のシーンがありましたね。
あれが、本来、正しい発言ではないかと思います。

それを否定し、死なせない方向でその手段を取る
メインの皆さん…

一応、戦争、なのですよ…
アニメとは言え、戦争を取り入れている時点で、
そこのメリハリはちゃんとして頂かないと…


やはり、レビューの★には一定の信憑性があるのだと
改めて認識させられましたね。

投稿 : 2022/08/10
閲覧 : 205
サンキュー:

4

U-yan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

チートで転生。

よくあるアニメと言えばそこまでなんですが私はこの手のジャンルは好きなので(キャラデザインがかわいいから)普通に観れました。ここでの評価はイマイチですけどねw転生→チート→最強(そしてハーレム)なんですが、このアニメの特徴は2人の男女が一緒に転生して共に異世界で生活するという事。そして2人はムズムズする関係ですwジャンルを理解したうえで短編アニメとして観るならありだと思います。最後の13話で結構ウルっと来たのは私の涙腺がバカになっているからでしょうかw?

投稿 : 2022/04/21
閲覧 : 147
サンキュー:

1

カミタマン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

チートって言葉を使ってみたかった作品w

2022/03/13 投稿

長々と色々書き連ねた下書きを思い切って,すっかり削除しましたw

理由は,揚げ足取り的なネガティブな内容ばかり書き連ねていることに気がついたからです。

自分としては,この作品割と嫌いじゃ無いのです。
世間的にはぼろくそ気味みたいなんですがw
ですから,「なんか違うなー」って思って,思い切って削除しました。




で,この作品の何がいいのか考えてみるました。

主人公である太一と基本的価値観を共有できる点でしょうか。
具体的に言うと,人間相手に戦うことになった際の葛藤にちゃんと触れている点でしょうか。
平和ぼけした日本人的価値観とでも言ったらいいのでしょうか。

しかし,実際の世界を見ると,確実にこの日本的価値観が通じない相手がいることが明白になりましたし,おそらく国際情勢も大きな転換点を迎えることになり,我々も価値観の転換を迫られざるを得なくなるのでは無いかと思います。

人と人が殺し合わないで済む世界は実現不可能なのでしょうか?
殺し合い生き残ったものが子孫を残し繁栄する,抗えない遺伝子に組み込まれたプログラムだとでも言うのでしょうか・・・

ああ・・・


作品に対するネガティブを消したら,人類に対するネガティブ思考が・・・^^;

投稿 : 2022/03/13
閲覧 : 233
サンキュー:

11

ネタバレ

梨花はわたくしのもの さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

王道と陳腐を履き違えた駄作。スマホ未満のとんでもレベル

無職転生と同様、努力型主人公が活躍するなろう原作作品ではやや珍しいタイプのアニメですが、当作品とこれとでは完成度が天地の差。

まず主人公の太一からして魅力の欠片も無い。チートチートと言う口癖が災いして、敵に負ける展開が物凄く悪印象に映ります。しかも負けるだけならまだしも、魔術師のくせに物理攻撃無効なだけの雑魚相手に苦戦する有様。戦い方は終始素手中心で戦うのでかなり地味。それも特別なスキルを使うのではなく、身体強化と魔力を帯びた拳を組み合わせて殴るだけで個性が皆無です。
ヒロインの凛もそこそこの強さに留まっており、良くも悪くも素直過ぎる性格もあってか、そこまでの魅力は感じられませんでした。一応、町の防衛戦において戦線の維持には貢献していましたが。

ミューラやレミーアは目立たないので魅力を語る以前の問題です。

ストーリーも酷いもので、5話の敵だった双子がアホな失敗をした挙句、その尻拭いをした太一たちにあっさり寝返ったり、サブヒロインのアナスタシアが太一のパワーアップのための舞台装置みたく雑に殺されたりと、評価できる点はほぼ無いです。

作画や演出も低品質で擁護するのは無理です。評価できるのは音楽と声優くらいで、主題歌は少なくともこのアニメにはもったいないくらい良質でした。

あれこれ言いましたが、一言でまとめると観なくてもいいレベルのアニメです。無味無臭でネタにもし難いので、物好きにも微妙です。

投稿 : 2021/12/16
閲覧 : 385
サンキュー:

4

うぐいす さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

設定は題名通りチートなのにチートっぽくない

異世界に召喚されたカップルが転生した世界ではチート能力の持ち主で(異)世界を救うお話。

主人公の声が合ってない。
「死神坊ちゃん」の真野あゆみや「青春ブタ野郎」の久保ユリカ目当てで観たが、その良さを差し引くほど主人公の声が合ってない。
真野あゆみはまあまあ、久保ユリカはイマイチだったがキャラに魅力がないので誰がやってもみたいなところはある。
ちなみに真野あゆみと久保ユリカは「とある科学の一方通行」でも主要なキャラで出ていたのでビックリして観なおしてみた。

キャラの掘り起こしがまるでないのに死んだり処刑されたりしても、大義があやふやなためただ残酷にしか感じない。

主人公の言動も乱暴に感じた。

作中でも主人公達が「チート」を連発しているが、戦闘シーン他精一杯。
何なら死にそうになったり、助けられ助けた相手が死んだりするのに「オレらチートなんだよね」とか照れながら言われると思わずフラストレーションを感じる。

投稿 : 2021/10/20
閲覧 : 270
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

異世界チープ敵

公式のINTRODUCTION
{netabare}
どこにでもいる普通の高校生・西村太一と、運動神経抜群でモデル体型の美少女・吾妻凛。 平和な高校生活を送っていた二人はある日突然、 不思議な魔法陣の光に包まれ、見知らぬ土地へ迷い込んでしまう。 そこは恐ろしい魔物が生息し、獣人やドワーフ、エルフといった 多様な種族が存在する、まるでファンタジーのような世界。 異世界へと導かれた太一と凛は、ここで生き抜くために「冒険者」になることを決意するが、 その適性検査で、二人が“チート”な魔力を持っていることが判明して……。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:内田健(ヒーロー文庫/主婦の友インフォス刊)
原作イラスト:Nardack
監督:筑紫大介
シリーズ構成:伊神貴世
キャラクターデザイン:丸山修二
音楽:藤澤慶昌
アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ
製作:「異世界チート魔術師」製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
西村太一:天﨑滉平
吾妻凛:高橋李依
ミューラ:田中美海
レミーア:大原さやか
エアリィ:久保ユリカ
カシム:下野紘
グラミ:日笠陽子
{/netabare}


1話ずつの感想


第1話 異世界からの「迷い人」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
普通の高校生・西村太一と吾妻凛は、登校中に暴走してきた自転車を避けた時に突然、魔法陣の光に取り込まれてしまう。二人が目を覚ますと、そこは一面に草原と森が続く、見知らぬ土地。突然のことに混乱する二人だったが、追い打ちをかけるように、額から鋭い角を生やした巨大な馬が襲いかかってきて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
召喚されてきたんだけど、術をとちゅうで妨害されて
異世界のどこかに飛ばされた幼なじみの高校生カップルのおはなし。。

冒険者に助けてもらって、街に着いてすぐ冒険者ギルドに登録に行ったら
なんだかすごい結果になったみたいで
ちょっと変わった女の人のところに連れてかれて
そこで修行することになっちゃった。。ってゆうおはなし。。



絵は悪くないし、くずれたりもしなかったけど
ちょっとかたい感じで
このままくずれなかったらいいけど☆彡


おはなしはあんまりなかったけど
助けてくれたのが、いい冒険者の人たちで、お金までくれるとか
登録しに行って調べたら、すごい魔力量とかチートw

でも、今まで見た、なろう系の異世界ものの中では
1番、分かりやすかったかも?


あと、ハーレムじゃなくって
いっしょに来たヒロインオンリーなのはよかったけど
助けてくれようってしたのに、何にも言わないで怒ってるって
ちょっとウザいみたい。。


今回は設定とメインキャラの紹介くらいで終わっちゃったから
来週も見てみるね☆
{/netabare}
{/netabare}
第2話 魔術修行
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
金の剣士・ミューラは、太一と凛を、魔術師・レミーアのもとへ連れてゆく。再検査の結果、2人は驚異的な魔力を持っていることが判明し、二人はそのままレミーアの下で修行することとなる。そこで凛は魔力のコツをすぐに習得。一方の太一は上手く魔力を扱えず、一日での習得は無理かと諦めかけた時、不思議な声を耳にする。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
凛の力はミューラとかレミーアレベルで
太一クンは1人で国と戦えるくらいの力。。

あと、真術とか魔法の説明とか
太一クンが聞いた声って、妖精とかかな?


卒業した2人はとりあえず冒険者になって
自分たちを召喚した人をさがして、元の世界にもどろうってするみたい。。



そんな感じで、説明は分かったけど
卒業試験の魔物との戦いは、見れなかったのは作画の節約なのかな?

まだ、おもしろくはならないみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第3話 駆け出し冒険者
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
無事、冒険者の資格を得た太一と凛は、一番簡単なEランクの依頼をこなしながら、宿屋ミスリルを拠点に活動していた。そんなある日、二人はギルドから実力を見込まれて、難しい依頼の解決を直々に言い渡される。それはスラム街で密売者を調査するという、Dランク冒険者が2度も失敗した依頼だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
2人はEランク冒険者になってコツコツやってたら
密売事件のナゾを追う依頼があって、ミューラも仲間になりにきて
3人で魔物に果物が盗まれてる畑にきた。。

ってゆうおはなしだったけど
作画はビミョーで、ギルド長さんが話してるのに口が動いてなかったり
聞きこみに行って問題おこすんだったら
はじめからつかまえて白状させた方がよくない?


セリフも、水しか飲んでない2人にマスターが
「金はいらないから出てけ」とかって言ってたけど
お店をめちゃくちゃにした代金のことだったら
悪いことしてるのバレたのに、そんなエラそうな言い方していいの?

外に出たら、女の3人組におそわれて
太一は「やりすぎたか?」とかって心配してたのに
凜がもう1人の女をたおしたら、「悪いな」って言いながらダメ押し。。

太一クンが「プロの殺し屋じゃないか?」って言ってたけど
相手はこっちを殺す気で来てるんだから、ちょっと人が良すぎみたいだし
プロだったら
仲間を置いて逃げたりしないで、殺してから逃げるんじゃない?

あと、ミューラが「相手の出方を見てからじゃないと。。」って言ったら
2人が「相手の出方を見るって、こっちからしかけてやろう、ってゆうこと」
とか言ってたけど
それって「相手がこれからどうするか見てから、こっちがどうするか決める」
ってゆうイミじゃないのかな?


何だかいろいろよく分からなかった。。
{/netabare}
{/netabare}
第4話 真紅の契約
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
最近、アズパイアでは名産品であるメリラの実の盗難が続いていた。その影響からか、街の物価も次々と高騰していた。メリラ畑警備の依頼を受けていた太一たちは、畑を襲う魔物たちがこの地域に生息していないことから、この襲撃が誰かに仕組まれたものだと疑い始める。そしてその瞬間、太一と凛に新たな脅威が迫ろうとしていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
バトル回で、凛とミューラーはグラミと、太一クンはカシムと。。


凛たちは、本気を出さないだらだらバトルで
やっと本気を出したら、わりとかんたんに勝てた

太一クンは、物理攻撃のきかない魔物で攻撃をうけて、ボロボロ。。
さいごに、この前から声が聞こえた妖精が力を貸してくれて
何とか勝ったみたい。。



止め絵が多くって
バトル回だったけど、あんまり動かないバトルをダラダラやってたから
とちゅうで、ウトウトしちゃったw

いちお、勝ったけど、2人は逃げちゃって
太一クンはボロボロになっちゃったから
あんまりすっきりしなかった。。
{/netabare}
{/netabare}
第5話 策動の匂い
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
風の精霊・エアリアルの力を使いレッドエレメントを倒した太一。レミーアによると精霊の声を聞き、かつその力を行使できた太一は、召喚術師であるという。またしてもチートな能力だと思いつつ、凛たちを探しに街へ出かけた太一は、男たちに絡まれていた少女を助ける。その少女にどこか違和感を覚える太一だったが…
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は説明ぽいおはなしで
カシムとグラミのうしろにはラスボスがいること
それから太一クンのチート能力。。


後半は、太一クンがこの前助けたアサシンの女の子(アナ)が
太一クンの仲間になって、今回の事件をさぐるおはなしと

凛とミューラが街を歩いてたら、アサシンみたいな人たちにおそわれて
ミューラがさらわれたんだけど、グラミから教えられた場所に助けに行って
助けたって思ったら、ラスボスとカシムがあらわれて
「この街を魔物3000匹におそわせる」って言ってきたの。。


さいごは太一クンとアナの前に、モンスターがあらわれて。。
ってゆうところでオシマイ



バトルもあんまり動かなくって、タイトルが「チート魔術師」って言うのに
5話になってもまだ、おはなしがチートっぽくサクサク進まないし
説明みたいなおはなしが多くって、コメディもあんまり笑えなくって
バトルアニメのあらすじ見てるみたいかも。。

まだ、ぜんぜんおもしろくならないんだけど
来週は太一クンたちが、魔物退治で大かつやくするのかな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第6話 アズパイア防衛戦
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
アズパイアの地下でゴーレムを倒した太一とアナスタシアは、大量のレッドゴブリンを従える幼女の魔術師・ミロとメロに出会う。一方、凛とミューラはアズパイアに数千もの魔物が迫っていることをギルドに報告する。重い空気に包まれる一同だったが、凛とミューラは街を守り抜くことを決意する。そこに異変を感知したレミーアが現れ…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あいかわらず、あんまり動かないし、元アサシンのアナが
おそわれそうになるたびキャーキャーゆう演出も、合ってなかったみたい

でも、とうとうチートマジシャンってゆう感じになって、
太一クンと凛のすごい技とか見れたから
今までとくらべたら、ふつうにはよかった^^


あと、ミロとメロの姉妹がハモるところはかわいかったけど、おバカ^^;
かわいいだけで甘やかしちゃダメだと思う。。
{/netabare}
{/netabare}
第7話 召喚術師
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
凛のピンチに颯爽と現れたのは、地下のレッドゴブリンを一掃し、戦場にかけつけた太一だった。この救援によりアズパイアの冒険者たちは、疲労の色を見せながらも次々と魔物を倒していく。太一は身体強化でレッドオーガを相手取り、ミロとメロも加勢し反撃を開始する。
{/netabare}
感想
{netabare}
アナがアサシンに何か命令されて太一クンのところに来たけど
太一クンをかばってドラゴンブレスを受けて死んじゃったみたい?

ブレスって、すごい攻撃のはずなのに、アナがかすり傷っぽくって変。。

それにアサシンは、太一クンを守るためにアナに催眠術をかけたのかな?
じゃなかったらアナは、何しに出てきたんだろう?



バトル回だったけど、すごい迫力がなかった。。


凛は死にかけてたハズなのに
太一クンに助けられた後はふつうに戦ってたし^^

ドラゴンは、アナを殺すときはあっとゆう間だったのに
そのあとただ待ってただけ?

ドラゴンは太一クンと戦うために出てきたみたいだったけど
太一クンの精霊と契約した力を受けて、やられたっぽかったのに
ふつうに上から目線で話してるところがおかしいw


あと、ドラゴンってすごい種族みたいだけど
ラスボスを「あのお方」って呼んでたのもフシギだった。。

もしかして「あのおかた」って「あのお方」じゃなくって
名前が「アノオ・カタ」とか「あの岡田」だったりしてw
{/netabare}
{/netabare}
第8話 王都ウェネーフィクス
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
魔物の襲撃を乗り切った太一たちのもとに、王家からの遣いがやってきた。エリステイン魔法王国国王ジルマールの使者としてやってきたアルセナは、太一たちに力を借りたいと申し出る。王都・ウェネーフィクスは現在、外交に力を入れる国王派とそれに反発する王弟派に分かれ、内乱の危機にあるというのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
太一たちが召喚されたのは王様が弟の内乱をふせぐために王女にやらせた
ってゆうのが分かって、太一クンたちに、協力してほしいって、来たおはなし

太一クンは
妖精の力を借りると強すぎて人を殺しちゃうから悩んでるみたい。。



また説明みたいな回で
太一クンたちを召喚した王様が、あんまり悪く思ってないみたいで
どうして太一クンたちが協力しなくっちゃいけないか、よく分からなかった

王は、太一クンたちを呼び出した犯人なのに
王の弟は、太一クンたちに何もしてないんだから、太一クンは
どっちかってゆうと、弟の方に味方したほうがいいんじゃないかな?

それに戦争って、どっちがいいか悪いかなんて、よく分からないよね?

別に自分の国が侵略されたり
家族が殺されたりするのを守るわけじゃないんだから
人殺しがイヤだったら、参加することないのに、って思う。。
{/netabare}
{/netabare}
第9話 戦のはじまり
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ついに王弟軍が侵攻の兵を整えたとの情報が王都にもたらされた。刻一刻と戦いが近づく中、太一は凛を戦争から遠ざけようとするも、逆に一緒に戦う強い意志を彼女に示されてしまう。凛の決意を知った太一は、凛のことを必ず守ると誓うのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
太一クンと凛が、人殺しはしたくないって悩むおはなしと
王弟軍との魔術バトルだったけど、ほとんど動かなかったし
作画もふつうによくなかった。。

バリアも、たまにはね返る、って言ってたけど
風魔法って言ってたけど弾が消えてるように見えるし
はね返るのも、1回はじかれてから、またこっちにとんでくるって変^^


あと、レミーアが「戦って当たり前」みたいな感じで言ってたけど
これって、日本からさらわれた科学者の人が
どこかの国につれてかれて、そこで「原爆作れ」って言われて
「相手の人を殺すのイヤだけど、この国でお世話になったからしょうがない」
って、作るみたいな感じで、逃げたらいいだけなんじゃないの?

太一クンも凜を守りたかったら、いっしょに逃げればいいだけなのに
どうして王国のために戦争をしないといけないのか、よく分からないから
この戦争って、変なイミじゃなくて、コント見てるみたい。。


それと、できるだけ相手を殺さないように、ってゆう
凜たちの気もちはやさしくってよかったけど
家庭用のコンセントとちがうから、雷って感電しても生きてられるの?

あと、相手は防御しながらほうっておけば、自滅するくらい弱い、って
あっちのボスって、仲間にだまされただけで、おばかだよね?


せっかく太一クンがチート能力見せたのに、いらなかったんじゃない?

今回のおはなしも、何がしたいのかよく分からない、変な感じだった。。


よかったのは、お花が生き返ったくらいかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第10話 ひとつの決着
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
王弟軍を撃退した太一たちは国王ジルマールから王家秘蔵の武器が褒美として与えられた。太一は凛やミューラとともに新しい武器を試そうと、練武場へ向かう。途中で体調が悪くなってしまった太一は、ひとり下町の薬品店へ訪れる。しかし、そこに復讐に燃えるカシムが突然現れ、決闘を挑まれることになり…。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、ごほうびに武器をもらった太一たちが
ためしに戦ってみるおはなしだったけど
国宝級の武器は
見た目も戦ってるときのエフェクトもおもちゃみたい^^


後半は、太一に負けたカシムが
能力がいっしょだったら、努力した方が勝ちだと思って
ボスからもらった、敵の能力を自分と同じにするグッズを使って
バトルを申しこんできたんだけど

カシムがした努力が、ふつうだったら回想とかで
すごい努力をしたところを見せたりすると思うけど、口で言うだけ。。

バトルも死ぬ気で戦ってるみたいな、本気が伝わってこなかったし
負けたあと、グラミーが出てきてカシムの気もちを説明するんだけど
ただの言いわけにしか聞こえなくって、ザンネン。。

ホントは敵と太一クンの心が通じ合う、いいおはなしだったのかもだけど
たぶん、作画を節約してるのと、演出がうまくなくって
あんまり伝わってこないみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第11話 マーウォルトの会戦
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
王弟・ドルトエスハイムがエリステイン魔法王国に宣戦布告し、マーウォルト平原を舞台に遂に本格的な戦闘が始まった。対する王国側も兵を出し、太一たちも戦いに加わる。凛、ミューラ、レミーアが強敵相手に戦いを繰り広げる中、太一は敵の本陣へ向かい、この戦いを終わらせようとしていた。そんな激しい戦いの最中、王国の枢機卿・ロドラは大聖堂で謎の人物と会っていて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回もあんまりおもしろくなかったから
どうしておもしろくないのかな?って思いながら見てた。。


絵は、そんなにくずれないんだけど
バトルで息を切らしながら「ハァハァ」言ってるのに顔が動かなかったり
説明セリフが長いのに、目の止め絵だけ映してたりして動かない、とか
ゾンビ兵士が、ただ「カクカク」してるだけでぜんぜんこわくなかったり

「激しい戦い」のハズなのにぜんぜん激しく見えなくって
演出とか、作画で、すごくソンしてると思う。。


おはなしも、動かないバトルと説明ばっかりで終わっちゃったし
「あの方」が何をしたいのかぜんぜん分からない。。

王の弟も、ただ自分が王様になりたいからなのか
悪い王から国を守るために戦争してるのか、ってゆう説明がない

せっかく出てきた、強そうな敵キャラも
あっとゆう間にやられちゃって、さいごに何かありそうなこと言っても
言いわけみたいにしか聞こえない。。

って、敵の人たちにぜんぜん魅力がない。。


それから1番大きいのが
主人公の太一クンもすごい力を持ってるハズなのに
負けたり、味方が殺されたりして強そうに見えないことで

主人公だったら、味方が苦戦してるときに
かっこよくあらわれて、敵をやっつけてくれたりしないと
だれが主人公なのか、よく分からなくなっちゃうと思う。。

似た感じのアニメの「賢者の孫」も
おはなしは薄っぺらい感じだったけど、主人公が強かったから
このおはなしよりは、ちょっとよかったみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第12話 異世界チート魔術師
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
かつて「血みどろの狂詩曲」と呼ばれた史上最悪の戦闘、その悲劇が、いま再び繰り返されようとしていた。闇の妖術により狂戦士と化した兵士たちは敵味方の区別もなく、王都へさらにその先へと殺戮の行軍を始める。無数の狂戦士たちを前に、決断を迫られる太一。大切な人を守るため“人を越えた力”を使う覚悟を遂に決めるが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
エアリィがシルフィードに進化したらゾンビみたいな兵士たちが元にもどって
そのあと太一クンが悪魔になったイニミークスと戦うんだけど、その前に
太一クンが、救世主になる「あの方」の盾と剣になるために召喚された
って教えてくれたの

それでイニミークスをたおして、王の弟が処刑されて
「オレたちの戦いはこれからだ」エンドでオシマイ。。



エアリィの正体が。。って、大きくなっただけで、どこが違うの?
これって、まちがいさがし?

イニミークスが、何にもしないでやられるために変身したの?


けっきょく何にも解決してないし
太一クンのどこがチートだったかよく分からなかった。。

チートだって言われて見てた人たちが
アニメを作ったスタッフさんたちに、チートされたみたい^^
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


作画があんまりよくなかったし
演出もチートヒーローのはずなのに、バトルがショボくって
強さが伝わらないから、弱い相手にずっと負けつづけて
たまに勝っても、やっと弱い敵をやっつけた、くらいにしか見えなかった

おはなしも大きいエピソードだけポンポンと入れたみたいで
こまかい書きこみみたいのがぜんぜんなくって、大ざっぱ。。

さいごも、主人公の問題とか何にも解決してなくって
ぜんぜん盛り上がらなかった。。

声優さんのムダづかいだったみたい。。


投稿 : 2021/10/02
閲覧 : 960
サンキュー:

55

§レイン・スターク§ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

★★☆

2021.7.1 ★★☆(2.6) 2度目観賞評価
2021.1.28 ★★☆(2.6) 1度目観賞評価

投稿 : 2021/07/02
閲覧 : 278
サンキュー:

0

もっちょん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

3話切り

スマホ太郎型の典型的ななろう作品。タイトルからしてもう、例のありきたりな作品だと見受けられる。1話からもう見慣れたお馴染みの展開で話が進み、どうなるか大体読めてしまう。キャラクターに対して全然魅力を感じないし、作画もこれと言って良くはない。

投稿 : 2021/02/16
閲覧 : 454
サンキュー:

2

名無しA さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

Theなろう系 個性のない薄いストーリー

初めて見た時から予想どうりのストーリー。なんのへんてつもない続きも
見る気にならずそのまま自然消失していった。個性も感じないダシのような
アニメなのでなろう系書きたい人はこれをベースにすればいいと思う。

投稿 : 2021/02/09
閲覧 : 429
サンキュー:

3

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

タイトル(笑)

【2019年10月〜】12話

名前の通り魔法使いの異世界転生チート…です。
幼なじみの高校生太一、凛が魔法陣に包まれ異世界に。
凄腕魔術師(師匠レミーア)が2人のとんでもない才能に気づき…というベタななろう系アニメ。

冒険者になり低ランク中に高ランククエストを達成→一目置かれる→国レベルの戦いに参戦→人外の力が暗躍する→ボス級の敵とバトル。

よくあるストーリー、特別キャラに魅力は…
タイトル通り過ぎる。
異世界転生ものが世に出ていない時ならタイトル、内容共にもっと評価されてたのかも?
何故今アニメ化したんだろうか。

「異世界転生」戦国時代の昨今、何か他にはない設定、突出した魅力あるキャラがないと。。。

投稿 : 2021/02/08
閲覧 : 311
ネタバレ

コタロー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

高校生の幼なじみが召喚
異世界で生きるためにギルドえ行くも、魔法量の問題で
別に訓練
魔物を倒し、内乱も抑えるも・・・
果たして異世界から戻れるか?

投稿 : 2021/02/07
閲覧 : 365
サンキュー:

2

匿名係長 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ナニコレ!稀に見る凄い作品

ツッコミどころが多すぎて笑える。
原作知りませんが、アニメは駄作です。

敵キャラに魅力なし。
『黒幕』・・・主人公に興味を持ってもらえないから作中での正体不明。
視聴者側としても居なくていい興味の持てない存在になった。

黒幕の手下・・・『無精髭の汚いロン毛のおっさん』
全然カッコよくない。

おっさんの手下1『雑魚手下』・・・戦闘では物理攻撃無効なモンスター召喚されて主人公ボロボロ。
こちらの攻撃無効だが、何故か敵の物理攻撃は有効。ナニソレ?カウンターとかもムリなの?
てか直接雑魚手下を狙えばいいんじゃないの?

雑魚手下との再戦時は力を抑え、対等の力量になる呪具使って戦えと言う謎提案に乗る主人公。

敵の前回負けた言い分は、自分が負けたのは主人公の才能、長年努力した自分は同じ力なら負けないと。
で、結局負けると。

主人公の勝った理由は「俺も努力したんだぜ(ドヤ)」
「そうだったのか」と納得気味の敵さんだが、数ヶ月?くらいの特訓で何年も努力したやつが負けるって結局才能で負けてるってことだろ。

おっさんの手下2『双子ちゃん』・・・男は殺して女子供を蹂躙するゴブリンの卵を孵化させるよ!
孵化させたのち、自分たちも襲われて戦闘開始数分後に主人公側へ寝返る。
ナニソレ?バカなの?

ドラゴンさん・・・ドラゴン強い!どうすれば、、
そこへ仲良くなった元アサシンの可愛い女の子が洗脳かなんかされてノコノコ登場。

ドラゴンブレスでやられ、腹部に多少の出血。
ブレスにやられてそんな負傷?というツッコミはおいといて、その子脂肪により怒った主人公覚醒。

なんやかんや長々と話してる間、ずーーーっと待っててくれる優しいドラゴンさん。

飛んでるドラゴンを一撃で地面へドーン!
だが特にダメージは無さそうなドラゴンさん。

そんなドラゴンは「黒幕がいるよ、強くなった方が良いよ」というフワッとした情報を話し飛び去っていく。
地底から現れて空へ帰るのか。
適当すぎない?

そして、そのドラゴンをただ無言で見送る主人公。

・・・何してんの??

黒幕の正体や目的聞くなりしないの?
敵に対しての興味を持ってくれ!!
仲間を頃された仇を討つなりしないの?
ホント、何してるの??バカなの??

そんな自分はチートチート言うだけの主人公に魅力があるわけもなく。
話の内容はチープそのもの。

最終局面での攻防でも主人公たちのやり取りをずーっと待っててくれる優しい敵さん達。
そこで出てきた敵の見た目は完全にデビルマン。
空中戦でカンカンしてる絵は雑過ぎて逆に笑える。

作画のやる気のなさ、急に素人ですかと思える声優や戦闘シーンの迫力の無さ、中学生の妄想並の内容、こんなの面白いわけがないでしょう。

異世界なろう系、tueee好きな方も他の作品見た方が絶対に良いと思います。

投稿 : 2021/01/26
閲覧 : 335
サンキュー:

12

ネタバレ

もんちろー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.1
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.5 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

うん、チートというよりチープ。

ひょんなことから、幼馴染の女の子と異世界転生してしまった主人公。
異世界を守る召喚術師に大変身!みたいな内容。

最初っから異世界転生っていうのを受け入れてる感あるし、何で最初っからそんなに勇敢なの???
いちいち『全くこの能力チートだよな!』みたいなセリフ言うのが・・・。
イマイチすぎたけど、続きありそうな終わり方だった。

投稿 : 2021/01/21
閲覧 : 159
サンキュー:

2

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

なろう系最低レベルの出来

なろう系以外の何物でもないアニメ(笑)
とにかく薄っぺらい。
話が面白くない。

この際、異世界要素はお約束だと割り切ってもいい。
でもキャラが1番酷かったかなぁ…

何かとチート連呼する割にはたいしてチートじゃない主人公…頭悪そうw
この作品だけじゃないけど主人公とヒロインが飛ばされてからの理解と受け入れが早すぎる。
もっと死に物狂いで生きるみたいな部分を見せて欲しかったね。

国王から「内乱を収めてくれ、そうすれば元の世界に帰してやる」みたいなこと言われてもあっさり承諾。
いきなり飛ばされたんだから、そこはキレてもいいとこだぞ?
お人好しというレベルじゃない。
何も考えてないんじゃないの?

アニメだしリアリティーを重視しろまで言わんがキャラ描写が悪くてイライラした。

作画も特に良くはない。
バトルアニメなのに見応えが無い。

アナスタシアがブレス受けたのにお腹から軽く出血して死んだのは失笑ものだった。
ブレスって普通は全身にダメージ受けるのに銃で撃たれたかのような傷だもの(苦笑)

個人的に百錬の覇王レベルの酷さ。
クソアニメにも色々あるがこれは笑いにもならない、寧ろ怒りすら湧いてきそうなどうしようもないクソアニメ!

投稿 : 2021/01/05
閲覧 : 231
サンキュー:

2

ネタバレ

リビン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

チート???

結構方々で酷評されてるけど、なんかチートの名を冠してるのに修行したりやるならアノス様くらい派手にやるのが気持ちいいのになと。戦闘シーンもそこそこに多いけど、やっぱ主人公サマー展開。

投稿 : 2020/11/12
閲覧 : 238
サンキュー:

2

ネタバレ

まーたん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

なにこれ。

AT_Xの再放送で視聴

いくらなんでもクソアニメすぎるやろ。ありふれたと何が違うんwwwてかOP良すぎやろwwwアナスタシアが死んだところは面白かったけど

ったくこれってつくづくチートだよなじゃねぇよwwwチートならチートでさすおにやアノス様みたいに清々しくやれやwww
まぁ終わり方良かったしオッケーです。2期はないだろーなー

投稿 : 2020/10/16
閲覧 : 251
サンキュー:

5

めぐみん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

戦闘シーンが多めで主人公は強い

異世界ハーレム系なのかと思いますが、戦闘シーンは多めで、主人公の強さはよく出ていています。
逆に恋愛要素はやや少なめなので、主人公のハーレム感は弱めです。
作画は魔法など少し雑な印象です。
ストーリーはやや子供向けなので、小さい子供に勧められる作品かと思います。

投稿 : 2020/09/30
閲覧 : 439
サンキュー:

2

サイサイ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

つまらなかった

キャラ設定/物語共に薄っぺらく、見ていてなんの感情もわかなかった

キャラデザもどこかで見たようなのばっかりで笑えた
ついでに言うなら作画も崩壊気味

8話まで観たけどこれ以上はもう無理なので断念

投稿 : 2020/09/28
閲覧 : 161
サンキュー:

2

とまと さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

BGMでした。

投稿 : 2020/09/12
閲覧 : 239
サンキュー:

4

ネタバレ

dFRjS80566 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

チートって意味、解って使ってるのか疑問

チート、ソシャゲやMMOプレイヤーなら知らない方が
おかしいレベルの言葉だと感じますが
かく言う私もあるソシャゲで

運営サイドのプレイヤーと仲良くして貰ってた時に
ボスを一撃で倒すチートプレイヤーの存在を伝えられていて
数日後、其らしい手合いとマルチで
マッチングした時にボス一撃で倒されて
事前に情報得ていてもブチギレた記憶が有ります

チート=不正 ズル 後はデータ改ざんとかですかね 
道理を無視して瞬時に結果のみを手にする不正行為です

主人公が本来の意味でのチート使いだったら
レベル1の状態で全てのイベントクリア出来るでしょうね

異世界ズル魔術師?🤬ア○なの?

主人公は高校生の男女二人組、後になって解るが女子は単にくっついてきた異物😑
良く解らないが異世界の無能な姫に適当に選別されて転送されてきた主人公かな?

主人公(西村太一)は顔に締まりが無くて何か苛々してきますね
にしてもダサい名前( ´-ω-) いっそ 杉村大蔵 で良くねw

1話の冒頭で馬みたいなモンスターに襲われるが、この時点では何の能力も無い一般人
御都合主義で優しい冒険者に助けられるマンネリ展開

現地の人間と衣服が違うので後で身ぐるみでも剥がれるか?🤔
と思ったがホントに優しい冒険者だったのでちょっと拍子抜け

異世界に拉致同然に連れてこられたのに、何の能力も無いのに
悠長に冒険者ギルドに登録する2人

記憶も朧気だが偉そうな言葉使いのオバサン?82歳のハーフエルフ
(見た目は若いw)の弟子入り 声優は解るがキャラ名は興味も無いので忘れた(ー_ー;)
オマケの凛 共々 潜在魔力が凄いらしい御都合の降りから暫く修行

そもそも本物のチート使いなら、修行自体が全く意味を成さない・・
エルフの姉弟子も居たが単なるお供に感じてるのでスルーしますw

修行終えて冒険者になって何件目か忘れたが、カシム(下野紘)の依頼を受けるが
何やら主人公を試す罠なのかな? カシム・・・フルメタルパニックか?

カシムが主人公を煽って秘められた力を引き出させる
真の力を出した主人公に片腕を消し飛ばされるカシム 腕で済むレベルのチート😑
直後に主人公は気絶って、使えねー チートだね😟

これが本物のチートなら、瞬時にカシムは世界から完全に消失し
主人公は、蟻でも踏み潰した程度に気にも留めず
今日も楽なクエストだったなぁ♪ 程度に街に帰還してるでしょうね

(個人の見解) 下野紘氏は活発な中高生約は、巧いと思うけどこの手の悪役は
向いて無いように感じました( ´-ω-)

これって、つくづくチートだね、主人公の台詞、聴いてて苛々してたの私だけかな?

すぐにガス欠するポンコツなチート、イチイチ自慢されてもねぇ・・・
チート発言してからも結構やられて血だるまにされてたような😑

物語の後半、国王の間抜けそうな弟が内乱起こす
其を単身乗り込んで、思い止まるよう説得する主人公には少し好感持てたが
間抜けな弟は断固拒否、その場でチートで始末すれば良いのに引き下がる○ホ主人公🤪

後日内乱勃発するが弟軍は
あのお方とか言われてる良く解らない黒幕の供物にされる
この内乱でも チートチート のたまう主人公だが
戦闘シーンの作画が手抜きにしか見えず
そこのみに期待して視てたので失望感はかなりの物だった(ー_ー;)

似た雰囲気の(魔弾の王)の方が戦闘シーンは完成度が高いと感じます
この消化試合で主人公と仲良くなりかけたアサシン?のアナスタシア
が竜のブレスで致命傷に・・・
😑あれ・・ブレス受けたのに、腹部から出血してね?😑
カシムは片腕吹き飛んだよね・・
ブレスで腹部のみのダメージなの?ヾ(´Д`;●)ォィォィ

戦闘シーンはこの手の作品では(キモ)じゃないかと思いますが、この製作スタッフは
そうは考えて無かったみたいですね( ´-ω-)

OPはMYTH&ROIDで異世界ファンタジーの鉄板とも言える出来なのにo(^o^)o

作品は チートチート これさえ連呼してれば良いみたいな感じで
最後まで観てガッカリしたし、続編製作されたとしても全く視ないと思います(ー_ー;)
世間の評価は解りませんが、ありふれた職業の方が、数段レベルは高いと感じてます

DVDのCMでもチートな特典だとか、頭が悪そうな言葉使ってたが
ズルい特典・・・(´゚ω゚`)なのか?
誰が喜ぶんだよ(ToT)

投稿 : 2020/08/30
閲覧 : 316
サンキュー:

9

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

【酷評注意】召喚されたのが凛ひとりだったら、もっと面白かったんじゃ?

原作未読。最終話まで視聴。

高校生が異世界召喚されて、最強でハーレム・・・。
初期設定から面白くなさそうな雰囲気が・・・。

主人公の少年の言動が常識外れで滑稽というか、不愉快に感じることもある。
普通の高校生が、異世界召喚され、チートな能力を与えられただけなのに、何故だか偉そうな言動。
これでは共感が得られない。
『おじいさんが常識を教えるのを忘れていた』初期設定が活かされている・・・、
いや、これは違う作品の初期設定か!!!(笑)

作画はとてもひどい。

物語としては、第6話まではそこそこ面白い。
本当はかなり面白いんだと思うけど、主人公の少年の言動が、ね・・・。
かなり足を引っ張っちゃう。
主人公なんだから、足を引っ張るなよ!!

第7話はヒドイ回だったな・・・。
かなり重要な回だったと思うんですけど、バトルのテンポが悪い。
無駄に多過ぎる会話!(特に太一の無駄口が多すぎる)
そして、意味不明の展開・・・。
{netabare}フードの男に何か言われて、フラフラと太一のところに行ってしまうアナスタシア。
太一の邪魔をするのかと思えば、太一の所に行っただけで、すぐに正気を取り戻す・・・。

双頭竜のブレス攻撃の際、アナスタシアに助けられる太一。
はぁ・・・。大したチートだわ・・・。

で、アナスタシアは双頭竜に殺されて・・・。
風の精霊エアリアルと契約を結んだ太一。
対するは、明らかに手抜きする双頭竜。
はぁ・・・。大したチートだわ・・・。

結果、太一は双頭竜を倒せない。
アナスタシアの仇である双頭竜を・・・だ。
はぁ・・・。全く、大したチートだわ・・・。

そして、地下から現れたはずの双頭竜は大空高く飛び立っていく・・・。
いやいや、せめて地下に戻れよ・・・。{/netabare}
原作がこうなのか、シナリオでこうなったのか知らないけど、これはひどすぎる。

これ以降、更にグダグダの展開が続く。
物語が佳境に入ると、見ているこちらは、だんだん盛り下がっていく・・・。
そんな不思議な作品。

主人公の少年の無駄口が多過ぎで、バトルのテンポが悪い。
バトル物としては、これは致命的。
{netabare}敵の大群(というほどでもないかな?)に取り囲まれているのに、太一は国王の弟と呑気に無駄口。
制作陣は『緊張感』という演出をどう考えているのでしょうか?

凛たちも敵に襲われる事も無く、無事に太一に合流。
『殺さず』の凛たちが、敵の大群を払い退けながら太一の元へ・・・。
ここが見どころの一つだと思うのに、ここは全く描かない。{/netabare}
ひたすらこんなことに繰り返し。
自分たちで盛り上げておいて、バッサリと切り捨てる。
原作がこうなのか、シナリオでこうなったのか知らないけど・・・。

ツッコミどころ満載で笑える『異世界スマホ』の方が、『笑える』だけマシだった?

投稿 : 2020/08/30
閲覧 : 483
サンキュー:

30

ネタバレ

オカモン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

謎だけが残る既視感溢れる作品に…

異世界物が溢れてる昨今、どうしても転生直後の物語は既視感が…。
そして1クールだけだと、既視感から脱しきれず物語の独自性部分にまで踏み込めないのがとても残念です。

原作未読ですが、作品自体はまだまだ続いているようですので続きは気になりますが…アニメ化として続編を期待するのは厳しいのか…

異世界物、チート物もスタートからオリジナリティ溢れる作品じゃないと、現状は色々厳しいものがあるのかもしれませんね。

1年かけて、何度も見始めては最後まで見きれず、1年越しにようやく最後まで視聴できました。

投稿 : 2020/08/20
閲覧 : 151
サンキュー:

3

さとう さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.6
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ゴミアニメの典型例

つまらない。
本当にそれしか言えない。

投稿 : 2020/07/09
閲覧 : 363
サンキュー:

2

さえぽん さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.3
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 2.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

開いた口が塞がらない作品です。

毎回書いてますが私のレビューは超辛口です。

某人気アニメでラム(ピンクの髪)とレム(青い髪)という有名な双子姉妹のキャラがいます。

そのラムとレムと同じポージングをしながらピンクのブローチを付けた子と青いブローチを付けた子の姉妹が現れます。
背丈も同じくらい。
まるで中国パクリアニメレベルの作品です。

よくこんな堂々とキャラをパクれますね。
原作者の内田健という人はまるで才能がない人なんですね。
この姉妹キャラ以外にもいろんな作品で見かけた話やキャラばかりです。
もう見ててずっと既視感しか覚えません!

アニメを見ててこれほど「つまらなぃい…」と心底感じたアニメは初めてです。

アニメーションのクオリティもびっくりするくらい低いです。
火山の噴火級の大爆発を起こした攻撃だったはずなのにどこも怪我する事なく無傷でただ吹き飛んで行くゴブリン達!
ゴブリンって種族はホント丈夫なんですね!!ラスボスより硬いんじゃないですか?

普通だとハラハラするシーンで全くハラハラしない!
ヒロインが死にそうで大ピンチ!!ヒロインの目の前に超強化された攻撃が通じない身長5メートルはある巨大ゴブリンが!!
しかしヒロインが主人公との今までの思い出を語り終わるまで30秒間くらい何故か目の前で棒立ちで攻撃しないゴブリン!!
すごいこの子空気読める!!
というか数メートルくらいの超近距離に味方が2人もいるのにその子達も棒立ちで「凛!!」とか名前呼ぶだけ何もしない仲間!
そして同じ超近距離にいるのに「クッ!」とか言うだけで何もしない師匠!!
え!ヒロインちゃん実は嫌われてるの!?
しかしこんなにヒロインが大ピンチなのに全くハラハラしない!
→待たせたな!とお決まりのセリフを言いながら颯爽と主人公が現れる!
コントですか!?ヒロインは感動して号泣しています!!

あるキャラが主人公をかばってドラゴンのブレスを全身に浴びました!しかし浴び終わった後、なぜかお腹しか怪我してなくてお腹を押さえてます!
全身包むくらいのブレスだったのにペットボトルくらいの太さしか攻撃判定無いんでしょうか!?
だったらわざわざ自分がブレスの射線に入らなくても、主人公をただ突き飛ばすだけで2人とも助かったんじゃ!?

そして最後の戦いはドラゴンボールの舞空術使った物同士で物理的な殴り合いです!
え、魔法は??


これ演出やった人ってスタッフの身内の高校生とかがやったんですかね??

センスのないショボイアニメーションスタジオがゴミみたいな原作をアニメ化したらどういうアニメが出来るのかなんて作る前からわかりきってる事だと思うんですが。ほんとびっくりです。

円盤の初動の売上も300枚ほどだったらしいです。
もう制作スタッフの身内しか買ってないレベルですよね。

そりゃそうですよ。だって本当につまらないですもん。
もう私が今まで見た中で一番酷いアニメでした。
なんか高校のアニメ研究会とかがプロの声優を使って作ったアニメを12話見せられた感じです。

これ作った筑紫大介監督、自分で作って面白いって本気で思ったんですかね?
もしこれを作って本気で面白いと思ってるんだったらアニメ業界から足を洗ったほうが良いんじゃないかと思います。
視聴者も作ったスタッフも、アニメ化された原作者も誰も幸せになれない酷い作品だったと思います。
アニメ化されなかったら誰も不幸にならなかったんじゃ…。

見た時間をドブに捨てたいくらいどうしようもないほど暇な時間があって、とりあえず動画が動いててキャラが喋ってればなんでも良いというスクリーンセーバーレベルなアニメでも構わないよって人はどうぞ視聴なさって下さい。

投稿 : 2020/06/17
閲覧 : 736
サンキュー:

4

ネタバレ

モトキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

チートとは?

これタイトルにチートってついているけど全くチートではないんだが?主人公よりむしろヒロインのほうがチートなのでは?主人公クソすぎて笑いも起きないし( -_-)主人公がチートって言うたびに萎えるし!ボコボコにやられてるじゃんってツッコミたくなりますよ( -_-)
曲に関してはどっちも凄くいいなーって思いました(o^^o)
それを引き抜いたらクソ要素しか残らない(゚Д゚)

投稿 : 2020/04/12
閲覧 : 570
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.2
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

クソカス

面白くない。1話切り確定。

投稿 : 2020/04/10
閲覧 : 305

でえ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

悪い意味で薄っぺらい

なろう系異世界転生作品はご都合主義全開が基本で、
それ自体は面白さの根幹部分には関係ない気がしています。

ご都合主義全開とは都合のいいように話が進むことだとすると、
この作品に足りない部分は「前後関係からの自然な流れ」です。

ストーリーや設定、キャラクターのアクションに共感できるところが
非常に少なく、あらゆる部分の行動が根底から悪い意味で薄っぺらく感じる、
または設定の練り込み不足(原作未読なのでアニメ版の説明不足なのかもしれないが)
というところにつまらなさが集約されています。

なぜこうするのか、なぜこうなるのか、なぜここにいるのか、
なぜ双子の姉妹はこうみえて腕が立つのか大体の部分がよくわからないです。

7話くらいからは悪役のすべて計算通り感が逆に面白くなってきましたし、
アナスタシアちゃんはとても可愛いと思う。

ちなみに私の中でのいい意味で薄っぺらい作品は賢者の孫です。

投稿 : 2020/04/01
閲覧 : 329
サンキュー:

2

ごる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

振り切ってないチート感(´・ω・`)

主人公の能力が最強くさい雰囲気をかましつつ、敵には苦戦するし微妙な感じです(´Д`)
もうちょっと盛り上がるかなと思ったけど…(;´∀`)

投稿 : 2020/04/01
閲覧 : 270
サンキュー:

3

ネタバレ

ゆりあ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

話がまとまってはいる

茶番感が凄い山がない
異世界飛びました召喚した人を許しました
更には戦争手伝いましたチートでした
俺強ぇって感じの痛い主人公華も特徴も無いヒロイン
スルスルスムーズ過ぎるストーリー
なんやらよく分からん敵
最終回にまとめただけ

投稿 : 2020/03/16
閲覧 : 266
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.4
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

はいカスアニメ

おもんねぇわ。何これ?

投稿 : 2020/03/03
閲覧 : 227
次の30件を表示

異世界チート魔術師のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
異世界チート魔術師のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

異世界チート魔術師のストーリー・あらすじ

どこにでもいる普通の高校生・西村太一と、運動神経抜群でモデル体型の美少女・吾妻凛。平和な高校生活を送っていた二人はある日突然、不思議な魔法陣の光に包まれ、見知らぬ土地へ迷い込んでしまう。そこは恐ろしい魔物が生息し、獣人やドワーフ、エルフといった多様な種族が存在する、まるでファンタジーのような世界。異世界へと導かれた太一と凛は、ここで生き抜くために「冒険者」になることを決意するが、その適性検査で、二人が“チート"な魔力を持っていることが判明して……。(TVアニメ動画『異世界チート魔術師』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年夏アニメ
制作会社
エンカレッジフィルムズ
公式サイト
isekai-cheat-magician.com/
主題歌
《OP》MYTH & ROID『PANTA RHEI』《ED》吾妻凛(CV.高橋李依)『小さな想い』

声優・キャラクター

天﨑滉平、高橋李依、田中美海、大原さやか、久保ユリカ

スタッフ

原作:内田健、原作イラスト:Nardack(ヒーロー文庫/主婦の友インフォス刊)
監督:筑紫大介、シリーズ構成:伊神貴世、キャラクターデザイン:丸山修二、サブキャラクターデザイン:渋谷秀/寒川歩、アクション監修:追崎史敏/小澤和則、モンスターデザイン:由利聡、プロップデザイン:小澤円、美術設定デザイン:大山裕之/島村大輔、美術監督:空閑由美子、色彩設計:のぼりはるこ、撮影監督:塩野修平、編集:岡祐司、音響監督:立石弥生、音響効果:風間結花、音楽:藤澤慶昌、音楽制作:KADOKAWA

このアニメの類似作品

この頃(2019年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ