当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「あやかしトライアングル(TVアニメ動画)」

総合得点
65.4
感想・評価
94
棚に入れた
424
ランキング
3275
★★★★☆ 3.3 (94)
物語
3.1
作画
3.2
声優
3.4
音楽
3.2
キャラ
3.4

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

あやかしトライアングルの感想・評価はどうでしたか?

U-yan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

お色気コメディに妖要素を。

人間に害をなす妖が存在する世界設定。
主人公は妖払いの名門の跡取りの少年。
幼馴染の少女を守るのために妖を払い続けるといった話。なんですがメインはお色気コメディなんだと思います。BLは規制解除版みたいだし。ん〜どうせならそっちで観たいw
お色気アニメを妖退治の要素で味付けした感じですね〜。
キャラデザは可愛くお色気もしっかりエロいです。コメディ強めだから気楽に観れると思います。

投稿 : 2024/04/18
閲覧 : 16
サンキュー:

3

ネタバレ

Nick さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

AT-Xか円盤で観たほうが良い

<前置き>
このアニメには通常版と無修正版が存在します。
通常版だとシロガネ(猫)の顔による規制が大量発生し、違和感をかなり感じるため、無修正版の視聴をお勧めします。

※大きなお友達が愉しむためのシーンがたくさんあります。ただしソフトな感じが圧倒的に多いです。

<評価>
忍者バトル風ですずを守るために祭里が奮闘することと日常のラブコメを混ぜたような感じの物語です。

基本的には新しいキャラやあやかしが登場してそれによって2人と1匹がどう振り回されるかっていうのが繰り返されます。

作画は魅せることを前提に作っているのでそれなりに気合入ってますね。というかこれがメイン。悪くはないと思います。

声優とか音楽はいまいちなとこともあるけど、シロガネに玄田さんを採用した点は評価したい。(おふざけキャラはぶっ飛んだ声を出せる声優であるべきだという自論ですw)井上和彦さんっていうのもアリだったかなと

キャラは忍者っぽいこととあやかしが絡む以外は無難な作りしていると。主人公、ヒロイン、金持ち、いじり役、先輩。テンプレのような組み合わせです。

<総評>
軽い気持ちで1クールサクッと観れるのではないでしょうか?物語の進展も小出しで進むのでまあよいと思います。その理由がお色気で濁された結果でよくなってるっていうのが好みによりますけど。

投稿 : 2024/04/17
閲覧 : 53
サンキュー:

1

はるせ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

でもあんまりエロさを感じない。

放送時期2023年冬
    →6話まで配信されたあと延期して夏アニメらしいです。
視聴時期2024年4月

すごく低予算で作られたんだろうなって感じがするアニメでした。
少年誌のエッチ枠のアニメなのでクオリティさえ高ければいい作品になったと思いますが作画の描き込みの甘さや動きなさで20年前の深夜アニメ見てるような気分になりました。
キャラも曲はOPもEDもいいのにちょっと残念です。
設定はありきたりなような気がします。少年誌ゆえ、絶対に一線は越えないってのは笑っちゃいますけどね。
作者はtoラブるの人らしいので漫画は細かく描いてあるんだろうなとは思います。ただtoラブる同様ストーリーにエロさは感じないです。服の面積減らせばいいんだろってのはやっぱ違うきがする。性転換モノとしてはプリティフェイスのが上ですね。
これなら2期はないでしょうね。


でも原作は100万部売れてるそうです、さすがジャンプパワー。すごい

投稿 : 2024/04/14
閲覧 : 25
サンキュー:

1

dossun さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

矢吹健太朗さんの作る忍者アニメ

23年11月26日視聴済み。

<よかったこと>
・市ノ瀬加那さん好きな人は喜ぶ?作品なのかも
・にのくる先輩のまじめっぽいキャラのいじりがい
・気の抜けるあやかしが癒される

<うーん>
・男性向け演出が多いため、そういうのが苦手な人は。。。
・登場人物がみんな思春期してる。。。ある意味正しいのか

というわけで、作者が定評ある方なので、そういう作品と考えてもらえればと思います。
市ノ瀬加那さんがこういうキャラを演じるのはなかなか珍しいのかなと思いました。いろんな役にも体当たりしているところはすごいなと思います。
なかなか刺激的な演出が多い一方、ちゃんと物語は展開していくので、内容は考えられているのだな思いました。

投稿 : 2024/02/15
閲覧 : 31
サンキュー:

1

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

エロ要素控えめ

{netabare}
ToLOVEる作者によるTSモノ。
ストーリーは少年漫画によくありがちな話。

ToLOVEる作者なのでもっとエロ寄りな話なのかと思いきや、エロはかなり控えめ。
あるにはあるけど、中途半端すぎて、この程度なんだったらエロなしで良かったんじゃないかと思うレベル。
まあ、別に自分はそこまでエロは求めていないというのと、話が普通に面白かったこともあってそれなりに楽しめた作品。

ストーリーが良いというよりは、キャラの良さ、会話のテンポ感が強み。
シロガネや二ノ曲先輩と主人公の掛け合いが面白く、そこで持っていた作品という印象。
普通のシーンとエロ関係のシーンが完全に分離しているのもいいんだよね。普通の会話がエロ寄りだときつい。

バトルシーンは可もなく不可もなく、よくある話って感じ。
OPとEDは共にかなり好き。

私的評価:62点
私的ベスト回:1話
{/netabare}

投稿 : 2024/01/30
閲覧 : 63
サンキュー:

5

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

あやかしトライアングル

原作完結だからだろうか、「俺たちの戦いはこれらかだ!」エンドで、
スッキリ終わった感じ。

今後出てくるメイとか中途半端に出さなくて良かった感。

投稿 : 2024/01/03
閲覧 : 35
サンキュー:

1

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

普通のエロラブコメかと思ってたが割とバトルしてる

矢吹先生の作品だけあってちょちょいエロい(隠されてるけど)
そして流行りのTSものを繰り出してきましたね。
だがそれだけで終わらないのは流石。
妖の設定や話はしっかりできていて滅茶苦茶面白いとは言わないがエロ抜きでもそれなりに楽しめる出来になっている。
バトルも思ったよりちゃんとしてる。
比べて申し訳ないが「てんぷる」みたいなただのドタバタエロコメディとは違うのだ。

キャラクターはやはりシロガネの存在が大きい。
シロガネが居る事でギャグが成立してると思う。
SNSで汚いニャンコ先生と書かれてて草
ちゃんと決める所は決めるのは玄田さんの演技もあってとても良かった。
主人公は女の子になっちゃったけど主人公らしい真っ直ぐな性格で好感持てるし、ヒロインは可愛くて意外と積極的で良い。
市ノ瀬加那ってやっぱ上手いし良い声してるよなぁ。
二ノ曲先輩は女が苦手という結構ベタなキャラなため、笑いを取るのもベタなネタしか無いのだが矢吹先生の作品だし許せちゃう感があるw

冬アニメだったのにコロナで中断してしまい夏までずれ込んでしまったけど、作画は保たれてたので良かったんじゃないかな。
良くも悪くも続きが凄く気になるタイプの作品じゃなかったから間が空いても気にならかった。

神アニメではないがそこらの凡作よりは十分良い。
エロに抵抗が無ければ楽しく見れると思います。
ジャンプアニメはあまり好きじゃないけど、この作品はまあまあ好き。

投稿 : 2023/11/12
閲覧 : 64
サンキュー:

2

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なにがトライアングルなんだろう?

あんまり注目されてないけど、私は結構好き
でもなにがトライアングルなんだろう?恋のライバルは出てくるけどあんまり三角関係って感じしないし

ちょっと古い感じのセンスが光るエッチなのんびりコメディアニメ
エッチな展開を無理に入れようとしているのがずっと気になるけど
まつりもすずも友達の女の子2人も純粋にお互いを思ってるいい関係で
ライバルや敵も含めて嫌な感じのキャラクター出てこないゆるくて優しい世界が好き

全体的に雰囲気が良くて、ストーリーも週刊少年漫画!!って感じのわかりやすい話だけど先が気になって結構面白かった

気になるところは、まつりが女の生活になじみすぎなのと、あんまり元に戻ることに執着してないことがふしぎ、心が女の子の身体の影響を受けてる?
下着とかをシロガネの顔で隠してるのがすごく多くて目立つので気がちる
どうせ隠すなら最初からスカートとかめくれないようにすればよくない?
作画あんまりよくないけど、女の子の可愛さとエッチなシーンは力が入っていました

【なんで美少女化はいっぱいあるのにイケメン化はないのか?】
それにしても男が美少女になっちゃうアニメ多いけど女がイケメンになっちゃうアニメって知らないかも
これって男には女の子になりたい願望があるのか、それともエッチなシチュエーションを妄想してるだけなのかどっちなんでしょう?
BL好きは自分がイケメンに転生してイケメンとBLしたいわけじゃないんですよね、それはノーマルカップルです。BLというのは心が男同士である必要があるわけです。
めんどくさい女の身体と違って男の身体は楽そうだから男になれたらいいのにって考える人もいると思うけど、そこから面白い話はあんまり思い浮かばないです。
女の子で男の身体になりたいって妄想は思っていてもカミングアウトする人なんてなかなかいないでしょうけど、そういう作品がほとんどないってことはやっぱり男性特有の願望なのかな?って思った

投稿 : 2023/10/05
閲覧 : 195
サンキュー:

16

ヤマナ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

小学生男子向けアニメ

性転換し女子になった主人公が、ラッキースケベを回収しながら妖と戦ったりする話。
特に減点もないが加点もない。
想像通りのアニメ。

投稿 : 2023/10/03
閲覧 : 72
サンキュー:

2

ミュラー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

無事に放送できてよかった

前シーズン放送の予定がずれこんでしまった本作品。
まず最後まで放送できてなにより。
ストーリー自体も、まあそれなりに面白かったのでは。
原作がアレなだけに、やたらとエロ方面に傾くのはしょうがないが、
その部分などなくても、面白さは変わらないと思うんだけど。
逆に変なところでシロガネの顔が入るものだから、興がそがれるかもしれない。
控えめにしておいたほうが良かったんじゃ。

投稿 : 2023/10/01
閲覧 : 100
サンキュー:

3

ネタバレ

Mi-24 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

二ノ曲先輩が有能で頼りになる

「ハレンチはけしからん」と言いながら、ハレンチな事をせっせとやるアニメ

世界観とか雰囲気は丁度いい塩梅で、楽しく見れた。

ギャグとかのお約束のハプニングエッチが中心かと思ったが、意外にも「あやかし巫女」を中心に話しが進む。


最初の目標は「術の解除」だったが、最後は「花奏すずが妖の王になる」に目標が変わった。

術を掛けたシロガネが殆ど力を失ったのに、術の解除が出来ないのはなんか腑に落ちない。
そもそも風巻祭里が術の解除にそれほど関心が無いのが「本当にそれでいいの?」と疑問に思う。
「性別転換」はこのアニメの肝だから、設定の都合で風巻祭里がそう思うように強制されているような、不自然さを感じる。

投稿 : 2023/09/30
閲覧 : 61
サンキュー:

1

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

令和のToLOVEる、それはコロコロダンジョくんから始まる(時間制限無し)

平成で終わったToLOVEる
モモ&ヤミが主人公のダークネスの終わりにリトと春奈はやっと両想いになれた

しかし、ここでは既に...
それとゆらぎ荘と同じく提供で遊びます

風巻祭里♂=綾小路清隆、レイン・シュラウド
風巻祭里♀=虹野ゆめ、ガヴリール、チュアチュリー(水星の魔女)
花奏すず=エルザ(XV)、スレッタ(水星の魔女)
シロガネ=アクション仮面、ピエーロ

鳥羽弥生=ララ、いおな、アスナ、ケータ
月丘ルーシー=エルフナイン
二ノ曲宗牙=五条新菜(着せ替え人形)
二ノ曲ポ之助=ペケ、黒子、ビシン、ハルオママ

1話
全ては猫っぽい妖から始まるこのラブコメ
すずは小さい頃から妖が見えていたため、他の子からは嫌われていた
しかし、手を差し出したのは祭里だった
この猫っぽい妖こそ、妖の王シロガネだった

祭里は封印しようとするが、シロガネ曰く「ワシを踏み台にしてイチャイチャするだろう!(小手川唯から受け継がれた)ハレンチな!」
ってことで性転換の呪いを使ったのだった
これで原作は10巻を越えた。20巻程度まで続くのだろうか
ToLOVEると同じく、サザエさん時空に入ってしまうのだろうか

2話
このシロガネ
家で飼うわ
こっから祭里の妖に対する見方が変わり始まる...

3話
あれー
爺ちゃん、見てる動画
ルンじゃねーかwww
それと、すずが作ったこの団子
う  ま  し

その後宗牙が登場
だが女になってしまったので...怒りを覚えてしまった
でもシロガネを殺めたら、祭里は一生女のままだ
まあ、今日はいったん見逃そうの宗牙だった
だって彼は女耐性ないもーん(リト君と同じ)

5話
やっと再開
ここですずのドッペルが現れた...
ってことでシロガネと協力して追い払ったが、クレープ好きなのは変わりない模様だった
今度は変装してまですずを守ろうとする祭里だが、バレバレじゃんwww

6話
今日はルーの家に泊まりに行くことになった
だって彼女に妖が憑依していたから...

コロナの影響で夏にリスタートします

7話
遅れて画伯さん登場
何か月待ったことか...

10話
この少年...
まーた松岡さんかwwwww
いやこの演技、どう見ても落第騎士におった狩人の桐原...

12話
最後はすずが妖の力をコントロールするようになって締め
原作は五行を倒してオワタ...ご苦労様でした

投稿 : 2023/09/27
閲覧 : 350
サンキュー:

4

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

破廉恥でいいと思います

「TOLOVEる」でお馴染み矢吹健太郎作品
丁度原作も完結したらしい

話は妖を退治できる忍者(祓い忍)風巻祭里と
幼馴染で妖巫女である花奏すず
そして妖の王であるシロガネがメイン

妖巫女の生命力を得て強大な力を手に入れようとする
シロガネは猫に扮してすずにすり寄り
神社のお堂で食べようと襲い掛かる

そこに祭里があらわれて応戦
祖父から譲り受けた封印の巻物でシロガネを
吸収しようとする

シロガネは二人がいちゃつくのを阻止する為に
祭里に秘術「性醒流転」をとっさにかけた

すると姿は赤髪ツンツンヘアの男から
ピンク色の長い髪、大きな胸を持つ
女の子になってしまったという始まり

冒頭から矢吹イズム全開であり
回を追うごとにパンツのカットが増加w

シロガネのモザイク面積狭くなってないっすか?w

力を封印され猫の姿になったシロガネは
すずに化けて巻物を奪ったものの
祭里に追い詰められて払われようとした

しかしすずが男の子に戻れなくなるという理由で
割って入り
風巻家の飼い猫として監視することに

その後すずの友達である弥生とルーが
祭里と友達になり「花鳥風月」というline作り

同じ祓忍の一族で祭里達の先輩二ノ曲が登場と
サブキャラから祭里とすずの関係を見せていく

二ノ曲は最後まで好きなキャラだったなぁ~
「もう風巻でいいや」になるのも無理はない
君に幸あれw

放送中断後に登場した歌川画楽という
筆のツクモ神登場からはシリアス路線

妖巫女の能力について明らかになったり
シロガネがすずを狙った本当の目的も
解明されている

まあ私は祭里の専属忍具師香炉木恋緒がね
勿論かわいいだけどマットみたいな感じ出しているし
無類のにおいフェチでモザイクシーン増加させたからw

そして最終盤は人妖日喰との対決
ハクを死角から口を出して食らうという
なかなかヤバみな相手に大苦戦

最終的には一時的に元に戻った
祭里の前に敗れ去る

最終回はパンツシーン多めで
シロガネに代わりすずが新たな王様になりました

そっか改変してるんだね
このストーリーだと続編やったらアニオリ出して
ダメなパターンしか浮かばないなw

1月から間が空いてしまったのもあって
見続けるのはちょっときつかったけど

面白かったし
いいエロ作品だったと思います
冬コミに薄い本出るかどうか微妙だがw

投稿 : 2023/09/26
閲覧 : 76
サンキュー:

3

mon(萌レビュー) さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

早く放送再開してくれ。

男の主人公が女体化するのはお兄ちゃんはおしまい、と同じだがこちらはより恋愛やエロとギャグが多彩な分面白い。敵の妖怪ネコはなんか夏目友人帳のキャラと被ってる(笑)いつまで6話で制作が止まっているのだろうか・・・面白いエロギャグ枠は貴重なので早く最開してくらさい。

投稿 : 2023/07/16
閲覧 : 257
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

アヤカシ退治ラブコメ+TSF。。@1話目

公式情報は
{netabare}
公式のINTRODUCTION
{netabare}
人に害をなす妖を祓うことを生業とする祓忍の風巻祭里は、幼なじみで妖から好かれやすい花奏すずを陰ながら守っていた。 そんなすずに目を付けたのは見た目はネコだが、妖の頂点に君臨し続けるシロガネという妖で...!?
『To LOVEる-とらぶる-』の矢吹健太朗、新境地! あやかし恋愛ファンタジー、待望のアニメ化決定!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:矢吹健太朗(集英社「少年ジャンプ+」連載)
監督:秋田谷典昭
副監督:馬引 圭
シリーズ構成:ヤスカワショウゴ
キャラクターデザイン:古川英樹
音響監督:明田川仁
音楽:石塚玲依
アニメーション制作:CONNECT
製作:あやかしトライアングル製作委員会

主題歌
OP:「熱風は流転する」フィロソフィーのダンス
ED:「厭わない feat. 富田美憂,市ノ瀬加那」MIMiNARI
{/netabare}
キャスト{netabare}
風巻祭里♂:千葉翔也
風巻祭里♀:富田美憂
花奏すず:市ノ瀬加那
シロガネ:玄田哲章
鳥羽弥生:戸松遥
月丘ルーシー:木野日菜
二ノ曲宗牙:石毛翔弥
二ノ曲ポ之助:新井里美
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第01話 祭里とすずと妖
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
不可思議な存在“妖”と戦う“祓忍”風巻祭里は、幼馴染の花奏すずを狙う妖・シロガネを見つける。妖を友達と考えるすずはシロガネをかばうが、実はシロガネは“妖の王”で、“妖巫女”のすずを食らおうとしていた。シロガネの正体を知った祭里はすずを追う!
{/netabare}
感想
{netabare}
妖退治専門の忍者“祓忍”の風巻祭里クンは小さいころから
妖が見えるせいで仲間外れにされてた花奏すずの友だちになったんだけど
祓忍の修行をするようになって、すずが妖を引き付ける妖巫女だって知って
妖には凶悪なのもいるから、彼女を妖から遠ざけるようにした。。

そんなことを知らないすずは、祭里がイジワルしてるんだと思って
ちょっと疎遠になってるところに、すずを狙う妖のシロガネが現れ
祭里が遠ざけようとしたところにすずが通りかかって
かわいいにゃんこの姿にダマされ、連れてっちゃった。。

にゃんこがそんなに大した妖じゃないって思ってた祭里は、放っておいたけど
家に帰って師匠のおじいさんから、シロガネが大妖怪だって聞いて
あわてて2人を追いかけた。。

すずが、もうすぐ食べられちゃう、ってゆうところに現れた祭里は
おじいさんの巻物にシロガネを封印しようとしたんだけど
自分が封印された後、2人が仲良くなるのを嫌ったシロガネが
祭里を女の子に変身させちゃった!?

そして、妖力を大部分巻物に吸われたシロガネは
にゃんこの姿のまま逃げてった。。

女の子になった祭里は、自分の体に興味津々で
女子用の服を持ってきたすずをドン引きさせた。。
ってゆうところでオシマイ^^



今期3作目のアヤカシ退治モノだと思ったら
今期3作目のTSFモノでもあったみたい^^

原作者が「To LOVEる -とらぶる-」の人だからHなシーンが多めで
ほかの人がレビューに「らんま」とか書いてたけど
ドタバタでTSFだから、ちょっと似てるかな。。

あと「夏目友人帳」のニャンコ先生ってゆうのもその通りみたいw


ストーリーは単純だけど、テンポがよくって作画もまあまあだし
コメディ要素もあるから、何話か見てみるね。。
{/netabare}
{/netabare}
第02話 オンナトモダチ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
“性醒流転”を受けた祭里は女子として高校に入学。そして学校では、妖力を封じた“封神の巻”を奪おうとするシロガネの襲撃が! シロガネの手引きで現れた妖がすずを狙うが、祭里はこれを一閃。そしてすずと一緒にいるために女友達になることを申し出る。
{/netabare}
感想
{netabare}
校長先生がおじいさんの友だちで、祭里は女子として高校に入学したんだけど
すずに近寄るのがハズくて、ちょっと離れたところから見守ってた。。

そんなとき、シロガネの気配を感じて行ってみると
シロガネは、祭里の持ってる封神の巻を取りもどそうと
強力な妖の封印を解いて連れて来て、出そうとしたんだけど
その妖は、急に出てった祭里を追いかけて出たすずのところに行ってた。。

それに気がついて、急いですずをさがした祭里は
何とか間に合って、すずを助けることができたんだけど
今回みたいな時、すぐ駆けつけられるよう
すずの女友達として、いつも近くにいられるようにした。。


そして夜、お風呂に入ってるとすずが来て
封神の巻をどうしてるか聞いてきたから
祭里が、お風呂場に持ってきてるって答えたら
そのすずはシロガネが化けてて、巻物を持って逃げてった。。

あわてて裸で追いかけた祭里は、途中でハイテク忍者着物に変身。。

そんな2人が家の近くで騒いでたから、すずが出て行ってみると
祭里はシロガネを捕まえてて、祓おうってしてたから
祓ったら男に戻れない!って止めたんだけど
祭里はそれでも祓おうとする。。

それで、自分のために祭里が男に戻れなくなったらイヤ!って
すずがまた止めるから、祭里は祓うのをやめたんだけど
シロガネをどうするか考えて、自分の家で飼うことにした
ってゆうおはなし^^



おはなしはあんまりなくって、露出の多いシーンが多かったのかな。。

でも、シロガネの顔で隠してるから、何だか中途半端で
たぶんディスクを買うと見られるとかで、男子を釣ろうとしてるのかもだけど
あんまり、いい感じはしないかも。。

いちお何話か見てみるけど
それにコロナの影響で、5話以降は延期とか言ってるから
わざわざ見なくってもいいかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第03話 神速の祓忍
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
すずはシロガネと友達になるべく“すずだんご”で手懐けようとする。祭里はすずを見て、妖と友達の彼女に憧れていた幼少期を思い出していた。そんな彼らを“神速の祓忍”二ノ曲宗牙がうかがう。宗牙は好敵手の祭里のふがいなさに苛立ち、引導を渡そうと決意!
{/netabare}
感想
{netabare}
すずは、シロガネと友だちになる作戦で
“すずだんご”を作ってあげることに。。

そんなすずを見て、自分が苦手だった妖を手なづけるすずにあこがれてた
幼い頃のことを思い出す祭里。。

おじいさんは、そんな祭里に
アイドルとファンの関係をやめさせたいみたい^^

そんなところに、祭里がはじめての祓妖の仕事をした時の先輩、宗牙が
自分の式鬼を送って来て、祭里がシロガネを祓おうとしないことに腹を立て
自分でシロガネを祓うことを決意。。

実は宗牙は祭里の初任務の時、
彼がどんなに厳しくても、悪さする妖は絶対に許さないってゆう様子を見
彼こそ自分のライバルだって思い、同じ学校に入学して祭里を待ってたのに
自分が男に戻るため信念を曲げた、って思ってた。。

祭里は、シロガネを追う宗牙からシロガネを取り上げ
がんばるすずのために、シロガネを生かしてることを話したんだけど
宗牙はシロガネを許すつもりはないみたい。。

でも、祭里のパン〇を見ちゃって、急に帰って行った
女性に耐性がない宗牙だった、ってゆうおはなし^^



新キャラの宗牙クンが登場したけど
これで彼が祭里を好きになって
「あやかしトライアングル」のタイトル回収になるのかな?

真剣に妖退治するおはなしには見えないんだけど。。
{/netabare}
{/netabare}
第04話 妖巫女の憂鬱
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
すずの女友達として振る舞うものの、弥生とルーシーへの接し方が分からない祭里。弥生も祭里と仲良くしようとするが、転んで抱き着いたりとスキンシップで失敗を繰り返してばかり。しまいには祭里に避けられていると落ち込むが、その原因は妖にあった!
{/netabare}
感想
{netabare}
前半、祭里がべたべたしてくる弥生を避けてたら
弥生が妖につかれていたのを見逃してて
シロガネに言われてはじめて気がついた。。

シロガネは変化の術でリアルネコ化して
学校でマスコットみたくなったんだけど
英語の筋森先生に追いかけられて大変みたいw


後半、宗牙に呼び出された祭里は
妖巫女のすずが半人半妖かもしれないから、気をつけるように言われた。。

その晩、犬になった主人公がヒロインのキスで元に戻るドラマを見たすずが
眠りにつくと、魂だけ抜け出したのか、祭里のところに行ってキスをした
ってゆうところでオシマイ。。



キャラ紹介が3話くらいで終わって
友だちがすずだけだった祭里に友だちができたけど
付き合い方がよく分からない、ってゆうおはなしだったのかも。。

ちょっとエ〇いシーンを見せたい以外
何がしたいかよく分からないんだけど。。

次は5話目で、そのあとは放送延期になるみたいだから
来週は見てみるけど、そのあとはちょっと微妙かも。。
{/netabare}
{/netabare}
第05話 オモカゲ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
祭里の部屋に現れて消えたすずは、分身の妖“オモカゲ”だった。しかもオモカゲはどこかをさまよっているらしい。このままではすずの身が危険にさらされると、祭里とシロガネは夜の街を探し回る。その時すずが嗅いだ匂いは、大好物が売っている牧場の匂い…!
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、寝る前に思ったことを叶えるため、すずの魄が体から抜け出して
「オモカゲ」ってゆう妖になった状態であちこち動き回ってて
オモカゲが傷つくと、感覚を共有してるすずまでダメージを受けるって知って
祭里とシロガネが探しに行くの。。

結局、牧場のクレープが食べたかったみたいで
クレープ屋さんのシャッターをこじ開けようとしてるすずを見つけて
シロガネが先に行ってクレープに変身したら
オモカゲは満足して消えちゃったみたい^^

問題が解決したけど、2人ともキスしたことは言い出せなくって、
微妙な空気がただよってた、ってゆうおはなし。。


ラブコメなんだけど、あんまり意味はなかったかも。。

でも、イチオ、問題は解決したけど、キスはともかく
クレープくらいで分身ができちゃったら、いつ事故に遭うか分からなくって
本当の解決になってないから、大変なんじゃないかな^^


後半は、すずが妖のことを聞きたくて、宗牙クンを呼び出し
自分家のカフェで話を聞くおはなし。。

宗牙は、怖い人って思われて避けられてるから
女子と話したことなんかほとんどなかったけど
妖巫女だと思って警戒してたすずは、彼の話を楽しそうに聞いてくれるから
帰りには好感度MAXになってたみたい^^


いっしょにさそわれてたのに断っておいて
後からバレバレの変装して
隣の席に座って聞き耳を立てる祭里がおかしかった^^

宗牙クンはいい人で、顔は怖いけどイケメンだし
モテないのって、なんだかかわいそう。。

早く、良さを分かってあげられる子が出てきたらいいのに☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第06話 視える、視えない
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある日ルーシーが祭里たちに、たまたま撮った心霊写真を見せる。そこに写っていたのは、負の残留思念“異魂”。このままではルーシーが憑依されると感じた祭里は、彼女の家で密かに祓おうとするが…なぜか、すず・弥生と一緒のパジャマパーティーに展開する!?
{/netabare}
感想
{netabare}
ルーシーが心霊写真を撮ったんだけど、それがたちの悪い負の残留思念異魂で
このままだとルーシーが憑依されるって思った祭里は
漫画コレクションを見せてもらうってゆう口実で彼女の家に行って
そこで霊を祓おうって思ったら、花鳥風月でお泊り会をすることに。。

まずはいっしょにお風呂に入ることになって、心は男子の祭里は
ほかの子の裸を見ないようにするだけでバタバタしてる内
ルーシーに憑いた異魂が大きくなり、緊急で祓うことになるおはなし。。



妖退治がある「おにまい」と似たような感じの、女体化男子が女子に混ざって
ワチャワチャするおはなしに「見える子ちゃん」を足したみたいな感じで
恋愛要素もあるせいか、いろいろやろうとしすぎなのかな?
おはなしが薄い感じで、いつまでたってもおもしろくならないみたい。。

もしかしたら、中学生くらいの男子にはウケるのかも?だけど
ちょうど6話目だし、これで「にゃんはおしまい!」にしちゃうから
好きな人ごめんなさい。。

たぶん再開されても見ないと思う。。
{/netabare}
{/netabare}
 
.また来週ノシ

投稿 : 2023/04/08
閲覧 : 237
サンキュー:

17

タイラーオースティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:----

シロガネが良い味出してる

同じ作者の代表作であるToLOVEるよりはエロは抑えめゆえ観やすいのが良いですね。

また登場人物がたくさん出過ぎずにそれぞれのキャラを掘り下げたエピソードで進んでいるのも好印象でした。ToLOVEるでは完全アウトな校長みたいな強烈な変態キャラもいましたけど、本作の年長者ポジである主人公の祖父は読んでる雑誌とかから女好きなのはうかがえるが要所で助言をしたりと常識的なキャラといった印象。それにしても、玄田さん演じるシロガネは良い意味ではっちゃけていて、くまのプーさんのティガーを思い出すお茶目さがありましたね。

ラブコメではありますが、主人公がヒロインを守るために奮闘するさまやいつもは対立するシロガネと協力するところとかバトル要素も楽しめる作品だと思います。

投稿 : 2023/03/23
閲覧 : 144
サンキュー:

6

じょうのうち さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

奴は今期TSものの中でも最弱…

2話まで視聴。
不思議な力で女の子になっちゃった!ただそれだけ。
10年前のマイナーアニメを彷彿とさせる。
作画は良くもないけど、決して悪いという程でもない。ただ、TS大航海時代の今期で戦うにはあまりに属性不足で地味。
おにまいみたいに変態作画で女の子に堕ちる過程を楽しめるわけでもなく、英雄王みたいにわしかわサイヤ人してる訳でもない。王道的ではあるが、手垢の着きまくった手法だけでこの時代は生き残れない。

投稿 : 2023/02/21
閲覧 : 231
サンキュー:

2

ネタバレ

アニメアンチの憂鬱 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:今観てる

【トランス・セクシャル】が暗示する「人類の進化」は【トランスヒューマニズム】で完結する

一見してただのエロアニメと見せかかて、【トランス・セクシャル】ゴリゴリアニメ・・・

今にして思えば「らんま1/2」もこのジャンルでありましたが、近未来の人類は
性別も超越できる存在となるという暗示だったわけであります。

{netabare}グローバルエリートが集う【ダボス会議】で示されたキャッチフレーズに
「あなたは何も所有しない」「そして幸せになる」という奇妙な言葉があります。

【SDGs】達成後の未来、【新しい世界秩序】においては私有財産が否定され
共産主義的管理体制が確立すると目算されいますが、更に興味深いことは
人間の脳内にマイクロチップの埋め込むことを推奨する【トランスヒューマニズム】信者が
近未来の持続可能な人類の在り方について提言している内容であります。

「何も所有しない」というのは、自分固有の肉体も含まれるという意味なのかもしれません。

男の肉体に飽きたら女性の肉体に、あるいは全身義体のサイボーグに、
あるいは仮想空間上のアバターに、アカシックレコード的な「舞浜サーバー」に
「人間の中身」が自由に転送、アップロードできる素敵な未来世界がやってまいります。

主人公の頭には「4」枚羽の風車と首には「4」枚刃の手裏剣を身に着けていますが
4+4=8であります。

【8】は「女神」と【金星】を表す数字でありまして、【金星】は【ヴィーナス】とも言います。
【ヴィーナス】は美しくもエロい「女神」でありますが、【金星】には別の呼び方もあります。

【ルシフェル】とはラテン語で「明けの明星」=【金星】を意味する【光の天使】でありまして
この【光の天使】は大変美しい容姿を持つ、性別不明な存在であり
あるいは【両性具有】の性質を持つとも言われております。

「トランス・セクシャル」もの作品の背景には、【8】が暗示するエロエロの【女神】と
【堕落の天使ルシファー】があると考えればすべては簡単に理解できるのであります。

【エデンの園】でアダムとエバにしたように、蛇となった【ルシファー】は
禁断のテクノロジーを駆使して、人類の【願い】を何でも叶えてくれる存在であります。

光の祝福を受けたものはその【灯火】=文明の光により人類に持続可能な身体を与えるでしょう。{/netabare}
人類に刻まれる「ビーストコード」【666】は契約の証であります。

投稿 : 2023/01/25
閲覧 : 259
サンキュー:

1

ネタバレ

あぁ流川 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

不道徳な夏目

ニャンコ先生がいる…ねこだるまって言われてるし
まあノリは嫌いじゃないが、妖怪が見えることで「嘘つき」と人から気味悪がられていた経歴とかまんまテンプレ、ん?毛色が、祓い人の男がおっぱい美女に…このクール、性逆転多い(^_^;)
おまけに規制付き、ああ…何という不道徳w
このクール、全て微妙でいちばん面白いのがこれとはw
不徳のギルドがここにいたら覇権になってたかもしれないなぁ…
せいせいるてんの生の字が性に、エロニャンコ
可愛い作画とヌルヌル動くアニメ、さらにエロいw
癖になりそう
2話
女まつりとすずの百合会
ニャンコ先生改めシロガネを下僕に従え主役トリオが動き出す。
3話
師匠とシロガネとの再会、宿敵ではあったけど、仲良さそう。祓い人の先輩登場、まあやってる事は不道徳w

投稿 : 2023/01/24
閲覧 : 192
サンキュー:

1

ファルコーニ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

エロまでどう持っていくのか。早くも2期希望

ToLoveる原作者の矢吹さんの作品として有名な「あやトラ」。主人公の祭里(男)が性転換するというエチエチ要素たっぷりな今作だが、このエチエチを1クールでどう描くか非常に楽しみにしている。

矢吹さんは単なるエチエチ作品としてではなく、妖のいる世界を真剣に描いている。だからこそバトルシーンは熱いし、主人公とヒロインの関係性や妖との繋がりも丁寧に描いている印象がある。

それは良いことだが、そっちに時間をかけていると肝心のエチエチシーンへなかなか突入できない。最初の2話を見た限りでは、まだ今作の真のエチエチは出ていない。

原作を追いかけているが、この作品は中盤あたりからが一気に面白くなる。性転換した主人公が徐々に女らしくなり、それに合わせて周囲との関係も発展してエチエチが冴え渡ってくる。

まだ2話の段階で言うのも変だが、もう2期が見たい。いわゆる「らんま」とかと同じで、登場人物が勢揃いしてからが本番の面白さ。物語の本筋も面白いが、やはり矢吹作品だけあってToLoveる同様に日常パートのエチエチが真骨頂だと思う。1クールかは分からないが、この「あやトラ」がどこまで周囲のキャラクターとの親交を深め、主人公が女らしくなっていく過程を描けるのかに注目している。

投稿 : 2023/01/20
閲覧 : 232
サンキュー:

2

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観たい

少年漫画らしいエロがお気に入り。エロ系にしては高クオリティでは

原作は少年漫画らしいエロがお気に入りです。
いやTSは本来マニアックな趣味になるのでしょうか。
青少年の性癖が歪みそうですが、まあこれくらいのエロは性の目覚めになって良いのでは。
まあ今どきジャンプはあまり子供は読んでないかもしれませんが。

かつてBLACK CATを描いていた頃は気に入らなかったのですが、ToLoveる以降は実に素晴らしいですね。

ただ、エロ系アニメは大体クオリティが低いことが多く、あまり期待していなかったのですが…
思ったより全然良くないですか。
ヒロインがきっちり可愛くエロいです。
エロ系が微妙というよりはXEBECが微妙と言った方が良いかもしれませんね。

とはいえ原作を読んでいてさらに見たいかと言われると…
いや見たいですが、本数も多いので考えます。

投稿 : 2023/01/13
閲覧 : 107
サンキュー:

1

奥田太鳳 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:----

予告でわかってはいたけど…

ToLOVEると違って作画がチープ。矢吹神の良さが生かせてない。原作読んでると余計にそう感じる。でも戦闘シーンはBGMとか結構迫力ある。

投稿 : 2023/01/12
閲覧 : 153
サンキュー:

1

ちぃちぃ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/06/22
閲覧 : 0

ライセイ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/06/03
閲覧 : 1

カイム さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/05/09
閲覧 : 1

anikore818 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/04/30
閲覧 : 1

kirito007 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/04/25
閲覧 : 2

kuroneko さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2024/04/06
閲覧 : 5

わんさか さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/03/16
閲覧 : 5

ひろはる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/03/15
閲覧 : 6
次の30件を表示

あやかしトライアングルのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
あやかしトライアングルのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

あやかしトライアングルのストーリー・あらすじ

人に害をなす妖を祓うことを生業とする祓忍の風巻祭里は、幼なじみで妖から好かれやすい花奏すずを陰ながら守っていた。 そんなすずに目を付けたのは見た目はネコだが、妖の頂点に君臨し続けるシロガネという妖で...!? 『To LOVEる-とらぶる-』の矢吹健太朗、新境地! あやかし恋愛ファンタジー、待望のアニメ化決定!(TVアニメ動画『あやかしトライアングル』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2023年夏アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2023年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ