「きまぐれオレンジ☆ロード(TVアニメ動画)」

総合得点
69.0
感想・評価
137
棚に入れた
791
ランキング
1150
★★★★☆ 3.8 (137)
物語
3.8
作画
3.5
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

きまぐれオレンジ☆ロードの感想・評価はどうでしたか?

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

元祖「少年ジャンプ」ラブコメ漫画

京都アニメーションもそうだが、「美少女」や「美男子」をアニメ界で注目し始めたのは1980年代になってからである。

この頃から「ラブコメ」というジャンルが漫画界で粗製濫造され、ロリコンブームやアイドルブームの火付け役となった。

ニューウェーブ漫画の時代でもあるので、文化的にはかなり重要な立ち位置であり、セックスなどの性的な表現が少年誌で増えたのもこの時代からである。

というのも、この時代から少年誌においての「ラブコメ」は完全に定着し、現在の漫画やアニメに至るのである。逆を言うと、この時代からあまり内容は変わっていないとも言える。

最近漫画を読まない若い人が多いみたいだが、この時代のようなリアルな性体験や恋愛をしていなければ、当たり前だが漫画やアニメにおいての恋愛描写も希薄になる。

「天気の子」を見ても思うのだが、相変わらず恋愛においては幻想を抱きすぎていて、リアルな女性の感情や肌の質感を感じるようなエロスは全く感じなかった。

桂正和さんもそうだが、この時代の漫画家の女の子は非常に当時のリアリティがあって、「性」や「人間性」を感じる。

投稿 : 2019/07/22
閲覧 : 69
サンキュー:

6

ザカマン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

鮎川まどかを見るアニメ

個人的には鮎川まどかを見るアニメ、漫画だと思っている
超能力が使える主人公の3角関係的なラブコメ
ジャンプで連載してたのに過小評価されている。
それはジャンプには熱血、勝利、友情というテーマがあったから
ヤングジャンプでやればよかったのに

投稿 : 2019/03/14
閲覧 : 167
サンキュー:

7

ネタバレ

既読です。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

お気に入り。

当時たまたまTVを点けていた。

なんだ、アニメの再放送か・・・

何コイツ?軟弱過ぎやろー!!

観ていてこっちが悶絶しそうなくらい
恥ずかしい展開につい見入ってしまった。
(鳴らさないでウエディングベル)

観てる私が恥ずかしくて
顔から火が出そうになってたのに
TVの中のまどかは涼しい顔。

え?何?この展開・・・

翌日も同じ時間にTVを点けて待っていた。
当時は携帯どころかPCもネットも無かった時代。
そして始まった神回。
(アメリカ留学! サヨナラまどか)

ポンコツ男子とツンデレ女子の物語。

「めぞん一刻」以来久々ハマったあの日。

なんせ、当時は調べる方法が無くて
新聞のTV欄からそのアニメが
「きまぐれオレンジロード」と知って赤面。

このタイトル、「魔法少女まどか☆マギカ」くらい
口にするのも目にするのも恥ずかしいタイトル。
避けていたのにこんなにハマるとは。

本屋とレンタルビデオ屋はしごして
コミックもビデオも全巻揃えたあの日。

アニメもオリジナル神回があって良いのだけど
原作の最終話に向かうジリジリとした緊張感も
相当いけますね。

1987年放映か・・・

懐かしい。

投稿 : 2019/03/08
閲覧 : 118
サンキュー:

1

ガムンダ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

原作者も呆れたズッコケラブコメディ

’80sラブコメです。
冴えない主人公が二股をかけるお話。

この世代の漫画家が「めぞん一刻」を知らないはずがありませんで、かなり影響を感じます。

原作漫画をはそこそこ面白く、終盤はかなりキュンと来る話だったのですが、アニメ版はとんでもなく改変されています。
原作のラストは2回書き直して3種類あるそうですが、私は単行コミック版しか知りません。
「大人になる痛み」みたいな物を感じる結構良い感じの「前向きな涙」を誘うラストだったんですが、アニメ版は「ズコーっ」みたいな感じで終了です(笑

「めぞん」もそうですが、この時代のアニメは無駄にエピソードを挟んでとにかく引き伸ばしたがります。
それがもうつまらないのなんのって…

原作マンガは絵も綺麗で面白いですよ。

投稿 : 2016/12/13
閲覧 : 203
サンキュー:

9

手乗り変態ガ~ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

わたしのバイブル

ツンデレと三角関係と優柔不断と超能力

投稿 : 2016/12/12
閲覧 : 178
サンキュー:

1

ネタバレ

Hiraku8 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

ラブコメはキャラに魅力があればそれで良いと思える作品
OPの評価が高いのでそれだけ見てもよし

{netabare}鮎川派です{/netabare}

投稿 : 2016/03/12
閲覧 : 117
サンキュー:

2

ネタバレ

yMlmw84708 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

押しに弱い男子

超能力でちょっとエロ要素があるラブストーリー。
まどかさんもひかるちゃんもヤンキー。
大人っぽい人とかわいい系の二股。
妹かわいい。

OP曲、ED曲共に名曲揃い。

投稿 : 2015/11/19
閲覧 : 109
サンキュー:

1

nk225 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

【アニメキャラの魅力】ミステリアスな雰囲気の美少女!きまぐれヒロイン「鮎川まどか」の魅力

『きまぐれオレンジ☆ロード』の「鮎川まどか」。物語のヒロインの1人で、大人っぽくミステリアスな雰囲気を漂わせる美少女です。主人公「春日恭介」と出会った日はにこやかに話をしていましたが、学校で会った時には無視するなど、“ツンデレの先駆け”ともいえる存在です。彼女は恭介の事が好きなのですが、親友でもあり妹のように可愛がっている「檜山ひかる」も恭介の事が好き・・・。今回は、そんな2つの思いに悩まされるヒロイン「鮎川まどか」についてご紹介したいと思います。

■大人っぽいミステリアスな少女
「鮎川まどか」は、黒のロングでスタイルも良く大人っぽいミステリアスな雰囲気を持った美少女です。しかも頭脳明晰で、両親から音楽的才能も受け継ぎ、非の打ちどころのない存在ですが、少し人付き合いが苦手な一面があり、そのためか「春日恭介」と初めて出会った時には、不良と呼ばれ周りから恐れられていました・・・。しかし、「春日恭介」と出会ってからはおとなしくなり、次第に不良というレッテルも剥がれていきます。

■その性格、まさに「きまぐれ」
この作品のタイトル「きまぐれオレンジ☆ロード」の“きまぐれ”は、鮎川まどかの性格からきたものではないでしょうか。「鮎川まどか」は「春日恭介」と二人きりの時は、親しげに話し、笑顔も見せ、時に恭介をからかったり、すねたりと、かなり親しい関係性になります。しかし「檜山ひかる」がいる時は一変。普通の知り合いと話すような雰囲気で笑顔もあまりなく、二人きりの時とは、雰囲気がガラッと変わるのです。恭介から見たら、時と場合で態度がころころと変わる「鮎川まどか」は、「きまぐれ」そのものに感じることでしょう。

■二つの思いに悩む日々
「鮎川まどか」も本心では恭介の事が好きなのですが、それを表に出せない理由があります。「檜山ひかる」から春日恭介が好きだと打ち明けられ、それを「応援する」と言ってしまったためです。「檜山ひかる」は、小さい頃から「鮎川まどか」と共に行動してきたかわいい妹分で親友でもあります。そんなひかるが恭介を好きな以上、その恋路を邪魔する事はできません・・・。何かに付けてアドバイスしたり励ましたりしてしまいます。

しかし、やはり彼女も恭介が好きなのです。実は恭介は、過去にタイムスリップして小学生のころの「鮎川まどか」に会ったのですが、その時も彼女は恭介に好意を寄せ、ファーストキスまで・・・。引っ越してきた恭介を見た時にその事は思い出しませんでしたが、一目で好意を持ちました。それほど彼女は「春日恭介」に惹かれているのです。

そして、ひかるに対する思い。恭介に対する思い。「鮎川まどか」は、この2つの思いに長く悩み苦しむ事になります。

その容姿とツンデレな性格が人気を呼び、80年代を代表する美少女キャラクターの1人となった「鮎川まどか」。もし、今この時代に『きまぐれオレンジ☆ロード』が連載されていたとしても、やはり時代を代表する美少女キャラクターになっていた事でしょう。

投稿 : 2015/05/23
閲覧 : 225
サンキュー:

16

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

懐かしいなァ~

原作、小説、DVDBOX持ってますし、画集も持ってます。後、ボヘミアン、ガラスストーリーも全巻持ってます。

投稿 : 2015/04/06
閲覧 : 166
ネタバレ

Britannia さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1つの出会いが、2つの恋に進み、3つのふるえる心が、優しい音色を奏でた。

■あらすじ
超能力を持つ少年・春日恭介と不良少女・鮎川まどか、そしてまどかの後輩・檜山ひかるの奇妙な三角関係を描いた
ちょっぴり甘酸っぱい青春ラブコメディ。

SF・恋愛アニメですね
TV、アニメ(全48話)

■キャラクター
♠春日恭介(古谷徹)優柔不断
♥鮎川まどか(鶴ひろみ)影のある大人びた女性
♥檜山ひかり(原えりこ)天真爛漫

時代に合った古き良きアニメ、ツンデレと三角関係が楽しめます。
思い出補正も加わりこの評価。

魅力的な2人のヒロイン
まどかとひかる貴方ならどちらを選びますか?
{netabare}私は、まどかさんです♪{/netabare}

投稿 : 2015/02/03
閲覧 : 453
サンキュー:

23

ネタバレ

ストン さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

人生初のラブコメでした

ジャンプ連載当時は小学生で、
硬派なオレ(笑)はあまり興味がありませんでした。

中学・高校になってからコミックスを古本屋さんで買って、
それでハマってアニメも全部観てしまいました。

優柔不断な主人公に対して、
タイプの違う女の子二人の三角関係という、
今でもよくあるシチュエーションはこの時代からすでに完成されてたんですね。

また、最近は下火になっているかもしれないけれど、
ちょっと前までブームだったツンデレ(今も根強い人気はあるが)に関して、
鮎川まどかは、完全にツンデレの元祖という存在であり、
追随するにわかツンデレキャラよりもツンデレとしてのバランスは最高です。

さて、最終的に春日恭介はどちらを選ぶのか、
という点についての論争になることがあるけれど、
90%以上の漢は鮎川を選ぶと思う。
逆に、女性ファンの中にはひかるちゃん派が多くいたように思う。

やっぱ男女で感性は違うんだと感じる一面ですね。

オレから言わせたら、鮎川以外を選ぶのはありえなくって、
ドラクエ5で言えば、ビアンカを選ばずにフローラを選ぶようなありえなさです。
{netabare}
コレに対して真っ向から異議を唱えるのが、
「いちご100%」です。
普通(漢から見たら)、東城を選ぶのが王道なはずが、
女性読者からの意見に負けて西野と結ばれるという大どんでん返しをやってしまったのですが、
だからと言って失敗ではなく、あそこで東城を選ばなかったことで
いちご100%を名作にしたとも言えると思います。
{/netabare}

このアニメをみて、大人になってしまった今、
また80年台に戻りたいなぁ、としみじみ思ってしまうおじさんの感想でした。

投稿 : 2014/12/06
閲覧 : 197
サンキュー:

5

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

個人的に 好きですね♪

懐かしい アニメでしたね 個人的には 好きですね

投稿 : 2014/11/23
閲覧 : 110
サンキュー:

2

ネタバレ

たんぽぽの花 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

別段超能力が無くても(笑)

昭和のジャンプの恋愛アニメです。
春日一家は父以外は超能力者で、転校前もそれがばれて転校してきたのだが、ある神社で一人の少女出会う。その大人びた感じと小悪魔的な魅力に、一目ぼれこそは無かったが恭介は心ひかれた。そして学校で再会を果たすが、そんな彼女はいわゆる不良的な存在であった。
まあ、ストリーを長く説明しても見てもらった方が楽しいかもです。
ただ、春日家には恭介、そして父と双子の妹がいる。超能力は母方の力で、遺伝子的な物で様々な力を持っていたが、作品のストリー展開で必要な感じには思えないとも言える。不良少女=まどか、年下のまどかの妹分=光
そして恭介と三角関係で織りなすラブコメで当時のジャンプでは無かった感じが良かったのかも知れません。
個人的に超能力とか霊能力を題材にするとシリアスに走りがちにありますが、この作品は最後までラブコメでした。
色々なエピソードが有り、アニメ終了後に数年後にまどかとのハッピーエンド的な作品もでましたが、それはそれ!このオレンジロード自体で楽しんで下さい。

投稿 : 2014/11/09
閲覧 : 142
サンキュー:

5

ネタバレ

ニトロ博士を忘れない さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

鏡の中のアクトレス

小さい頃から名前が知れ渡っていて、どんなもんかなーと見てみた作品。

第一印象、テンポ悪っ!場面を止めて主人公が頭で思ってることを誰に向かってか語りだすシーンが多い!もう少し演出考えてほしかった、全48話あって、そこは慣れませんでした。
 あとオープニング1が終始点滅・・・目が痛い、曲は嫌いじゃないんですけどねぇ、映像もほとんど本編の使いまわし、無理やり尺を合わせて動きがおかしいとこもあるw、他のOPやEDはとくに問題無かったんですけどね、2代目オープニングとエンディングが僕はお気に入りです。

本編の感想ですが、キャラクターの性格が酷ぃ・・・可愛いとかで片付けられれば良いんですが、基本図々しい奴らが多いです、主人公の優柔不断っぷりも度を過ぎてますし、好きな子がはっきりしてるのに色んな女の子にその場の空気でふらふらするダメ男です、いくら中学生といっても見ていて気分良くなかったです、優柔不断なのがたちが悪いです、ホイホイ釣られて流されて、いけないと思いつつも空気に呑まれてしまう中坊です。

でもたった一つ良いことは、鮎川まどか!こいつはいかんw中学3年生?うそだろwどう見ても高校生から大学生ぐらいに見えます、雰囲気も声も!設定として大人びているってことになってますがこれも度を越してる、しかし見ていて他には無い魅力っていうのを感じました、だから結構話数ありますが全部見れたんでしょうな~、自分で苦痛だって思いながらも見てしまいましたからw

投稿 : 2014/07/09
閲覧 : 121
サンキュー:

3

ネタバレ

mcbs1969 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ツンデレの元祖・鮎川まどか に尽きる

鮎川まどかの魅力だけで、評価に値する。
音楽もカッコいい。
最初、超能力は余計だと思っていたが、恭介のキャラクターを際立たせる良いアクセントとなっている。
王道のラブコメであり、
ツンデレの元祖で王道の鮎川にはじまり、鮎川に終わると言える。

投稿 : 2014/06/24
閲覧 : 96
サンキュー:

0

Takaさん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ハーレム系・ツンデレヒロインの元祖作☆

ストーリー概要は、あにこれ参照。
原作全巻所持。

優柔不断で超能力が使える転校生「春日恭介」と2人のヒロインのラブコメ。
ヒロインは、「春日恭介」が転校してきてから、不良から、普通の女の子へと変わっていく。

「鮎川まどか」完璧おねーさんで主人公と同じ歳には見えない。周りに気を使うのか、変わった環境を壊したくないのか、自分の本心は、たまにだすけど小悪魔的な出し方をする。

「檜山ひかる」元気で活発な女の子。主人公の自称?恋人。
真っすぐな子で暴走感もあるが憎めないタイプ。
鮎川と違い周囲との付き合いが上手い。

この3人の3角関係が描かれていきます。ベタな恋愛ものが好きな方にはオススメです!アニメだと主人公が中学3年の1年間だけど、原作は高校3年まで続きます。アニメオリジナルも結構入っているので、アニメをみて興味を持ったら古本屋へGO!

当時ではハイセンスなOP/ED演出だったんじゃないかな?と。昨今のアニメでも手本にしているのもあるんじゃないかな?

鮎川まどか以上のパーフェクト女性のツンデレヒロインは、いないんじゃないかなぁ。

投稿 : 2014/03/19
閲覧 : 132
サンキュー:

2

ネタバレ

もじゃくん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恋愛というより・・・

当時単行本で読んで結構面白かった記憶があり、この歳になってあれだが、また鮎川やひかるちゃんに萌えてみたいという想いでアニメを観たのだが、違う意味で衝撃的だった。何故当時の自分はこの作品を楽しんだのだろうという疑問すらわいてくる。まず恋愛アニメなのに、恋愛よりも京介「主人公」のひどすぎるくらいの「友達に対する冷たさや友情の無さ」にちょっとどん引きした。まあ、その友達というのもろくなやつらじゃないんだけど、それでも楽しく一緒にバカやって過ごすのが中学生だろうに…それなのにいつもどこか友達には冷めているのが何かひっかかったな。あと、自分は女の子とよろしくやってるくせに、そのくせ友達が自分の妹たちに手を出そうとするとやたら拒絶するし…どうしてこんな男にひかるちゃんや鮎川が惹かれるのかが疑問に思った。少年ジャンプにこんなに魅力のない主人公がいたんだと思いました。ダメダメ度でいえば碇シンジ、リヴァイアスの主人公とタメを張れると思います。後半は義務で全話観ました。

投稿 : 2014/03/01
閲覧 : 111
サンキュー:

1

@ねみゅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

改めて見る機会があり・・・

48話という長編でしたが改めて見ると
声優のレベルが長期間の間、変化せず安定して
役に成り切っていると断言できることは
凄まじいといえることや
その声優陣に比べてキャラの設定が“中学生”というし
ヒロインはサックスやらなんやらと今考えると
あり得ないだろ。と思ったりすることが多々あり
それを平然と受け入れていたのは何故だろうと
今更ながらおもったりした。

まぁ一番心に残ってるのはジンゴロが可愛い可愛そう
ってところなわけだが
自分のように機会があれば一度見てみるのも
一興じゃないかと思う。

投稿 : 2013/11/27
閲覧 : 132
サンキュー:

1

ネタバレ

横浜ゆう さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

王道の超能力ラブコメ??

超能力家系の主人公、春日恭介が引っ越した先で一目惚れ。
一見、不良にしか見えないヒロイン鮎川とのラブコメ。
優柔不断な恭介が、あっちフラフラこっちフラフラ~。

いやぁ~これは、大好きですwww
面白いとか、そういうのは人によりますけど。
当時は、ちょっとエッチ系だったような気がするww
今のエッチ描写と比べれば「どこが?」てなくらい。

池田さんのナイトオブサマーサイド買っちゃったし。えへへ
中原めいこさんの曲も有名ですよね。
鏡の中のアクトレスが心を持っていかれました。
えぇ。コレも持ってますwww

え?DVD?買っちゃいましたよ~BOXです。ハイwww

鮎川が大好きでした。ちょっと不良ぶってるけど、
実際は純粋な女の子というわけで・・・

「というわけで・・・」www
いつも、「というわけで・・」です。

原作を持っていますが、アニメとはエンドが少し違います。
ひかるに纏わるところですかね。

{netabare}
過去にタイムスリップして鮎川の幼い時に出会うとこすきですね~
だから昼寝って言うんだよ!
麦わら帽子の秘密が解ります。
その大事な帽子を・・・❤

鮎川のサキソフォンがカッコえぇ~~~~~!

ラストは原作の方が好きです!
{/netabare}

素敵な作品をありがとう!

投稿 : 2013/11/15
閲覧 : 171
サンキュー:

5

テンガロン さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

思い出深い懐かしいアニメです!

当時ジャンプで連載していた時は
正直あまり読んでなかったように思います。

アニメで放送されると告知があって
「へぇ~アニメになるくらい人気あるんだなぁ」と
思い、どうせならアニメで最初から見ようとした
記憶はあります(笑)

当時はこれでも子供には刺激が強い
アニメだったのでやむなく断念!(笑)

随分経ってからまた見ることになったんですが
やっぱりヒロインのまどかちゃんは
見た目も声も色っぽくて今見てもその魅力は絶大ですね♪

ミステリアスな雰囲気や大人っぽい言動などは
当時の少年たちの心を鷲掴みだったと思います(笑)

そんな男の子のドキドキ感を恭介くんが
拙い言葉で表現する演出はバカっぽいですが
分かりやすくて良かったです(笑)

リメイクとかしないのかなぁ?

投稿 : 2013/11/11
閲覧 : 213
サンキュー:

19

ネタバレ

でめでく さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

バブルの頃、一世を風靡した作品

軽いノリのラブコメで、しょーもない内容の話数もあったけれど、使われた音楽が秀逸。OP、ED、挿入歌ともに良作が多く、とくにBGMで鷺巣詩郎さんが良い仕事をしており、それが作品に心地よい雰囲気を醸し出している。
結構流行った為、OVAや劇場版が次々作られ、ちょっとグダグダになった感はあるが、当時はめちゃくちゃハマった作品。

投稿 : 2013/11/07
閲覧 : 138
サンキュー:

2

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

我が青春のバイブル

原作:漫画(週間少年ジャンプ) 既読

全48話  

放送時期:1987年~1988年

学園恋愛ファンタジー


簡単に説明すると、主人公が超能力を使える恋の3角関係ものです。

あらすじ
転校で引っ越した街を散策していた恭介は、赤い麦藁帽子をかぶった少女、鮎川まどかに出会い、一目惚れ。だが後日、まどかは学園一の不良少女で男子からも恐れられている同級生だった・・・



主人公 春日恭介
中学生3年生です。
容姿はごく普通。性格は優柔不断。
特徴は超能力が使えます。
物を動かす能力
テレポート能力
予知夢能力   など・・・

超能力が使えるのは、恭介の他に双子の妹と、2人のいとこと、母方のおじいさんおばあさんです。
恭介の父親は使えません。母親は能力者でしたが、既に亡くなっています。


鮎川まどか
恭介のクラスメート。
黒髪ロングな美少女で、綺麗なお姉さん系。
大人っぽくて落ち着いた性格。
クーデレ(元祖クーデレだと思う)です。
不良していたが、恭介の影響でだんだん普通の女の子になって行きます。

檜山ひかる
2歳年下の中1
まどかと一緒に不良していました。
右目下にある泣きボクロとボーイッシュな栗色ショートヘア。外見は可愛い系で、恭介の前では可愛く振舞います。
まどかの幼馴染で、お姉さんの様に慕っています。
明るく、嘘はつけない性格。

3角関係の恋愛ものです。

当時ジャンプ読んでました。

アニメは中学時代、リアルタイムで観てました。

当時、同年代の恋愛アニメが少なかったせいもあり、リアルでもまどかはクラスの男子の憧れ的存在キャラでした。
自分もその一人で、よくノートにまどかの絵を書いてました。(ウイングマンも) (^^;

ストーリーは、今思うとベタだな~って思います。
映像も、今のアニメと比べたら全然です。^^;

でも、まどかを見るだけでも嬉しくて、ニヤニヤしてしまいます。^^

恭介は、超能力を使って二人の間をフラフラしてて、優柔不断です。
ちょっとイラっとしますが、まどかとひかるの関係上、仕方がないかな~っと。
(-ω-) 


2012年、何年ぶりかにもう一度見ましたが、自分的には懐かしくて思い入れのある作品なので、楽しく観れました。



あなたは まどか派?orひかる派?

恋の3角関係と、魅力的な二人のキャラ 
そこに超能力と云うスパイスが良い感じに加わって
面白くて楽しめる作品になってます。

恋愛ものが好きな方にはオススメです!
映像は温かい目で見てくださいね。^^;

OP
 「ナイトオブサマーサイド 歌 - 池田政典
*「オレンジ・ミステリー」歌 - 長島秀幸
*「鏡の中のアクトレス」歌 - 中原めいこ

ED
*「夏の蜃気楼(ミラージュ)」歌 - 和田加奈子
*「悲しいハートは燃えている」歌 - 和田加奈子
*「Dance in the memories」歌 - 中原めいこ

挿入歌
 「サルビアの花のように」歌 - 和田加奈子
 「危険なトライアングル」歌 - 池田政典
*「ジェニーナ」歌 - 和田加奈子
 「ふり向いてマイ・ダーリン」歌- 藤代美奈子
 「アゲイン」歌 - 藤代美奈子
 「ブレイキングハート」歌 - 坪倉唯子
 「NIGHT & DAY」歌 - BLUEW

*印は好きな曲です。
アルバム 勿論購入してます。
オススメです。 (*´ー`)

投稿 : 2013/10/23
閲覧 : 483
サンキュー:

61

ネタバレ

フェーリ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

75点

【基本情報】
・原作:漫画(まつもと泉)
・ジャンル:ラブコメ
・製作:スタジオぴえろ
・監督:小林治
・ストーリー:超能力中学男子が主人公だが超能力はおまけ。
       転校先の街で一目惚れした不良少女とその後輩少女と三角関係が描かれる。

【総評】
・放送当時(80年代)のラブコメテンプレ設定

【良い点】
・OP曲(NIGHT OF SUMMERSIDE、オレンジ・ミステリー、鏡の中のアクトレス)
・ED曲(夏の蜃気楼(ミラージュ)、悲しいハートは燃えている、Dance in the memories)
・掲載誌の少年ジャンプ三大原則「友情努力勝利」に当てはまらない
・視聴者をヤキモキさせる脚本、演出

【悪い点】
・みごとなまでに作りこまれた主人公の優柔不断ぶり
・まるで記憶に残っていない脇キャラ

【好きなキャラ】
・鮎川まどか(鶴ひろみ):ツンデレ
・檜山ひかる(原えりこ):ヤンデレ化

【好きな話】
・失念中

【関連情報】
・http://ja.wikipedia.org/wiki/きまぐれオレンジ☆ロード

記入:2013.09.27
変更:

投稿 : 2013/09/28
閲覧 : 117
サンキュー:

0

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

元祖ツンデレ?

ストーリーと女キャラがすばらしい。恋愛物が好きな人は見て損はないと思います。

投稿 : 2013/09/23
閲覧 : 130
ネタバレ

nainainai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

初代ツンデレ

まどかさんは初代ツンデレだと個人的には思ってる
なんか好き、そんなアニメでした

投稿 : 2013/09/07
閲覧 : 109
サンキュー:

1

ネタバレ

ヒロトシ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

80年代の青春を追体験しているような感覚

アニメ版のキャラクターデザインを手掛けている『高田明美』さんの画集を所有しています。画集を見て、私なりに感じた事ですが、高田さんにとって『鮎川まどか』はやはり特別な存在であった事は明白で、原作者のまつもと泉さんが描くまどかと高田さんが描くまどかは全く違います。まつもとさんはどちらかといえば、性的に訴える、云わば男にとっての美しい女性という側面が強いのですが、高田さんの描くまどかは、どちらかと言えば母性に溢れた、女性としての美しさを極限まで追求した表現で描かれた絵が実はほとんどです。描き手が男性・女性という違いはあるのでしょうが、これだけで、鮎川まどかというヒロインがいかに魅力的だったのか伺えますね。ただまどか以外のヒロインに魅力がないかと言われると、そういうわけでもなくて、ひかるちゃんやまなみ・くるみの姉妹もそれぞれ個性的で非常に可愛らしいキャラクターはちゃんといます。

{netabare}三角関係をテーマにしていますが、そこまでドロドロしたものではなく、恭介・ひかる・まどかの3人がつるんでいる展開が大半を占めます。途中シリアスもありますが、基本的にはすぐに問題は解決するんですよね。この味気ないともあっさりとも取れる、恋愛作品としては無難すぎる展開がきまオレの良い所でもあり悪い所でもあります。

またアニメオリジナルがこの作品の場合強く表に出てしまい、原作との違いは未だ評価が分かれるところです。ただ私は爽やかな青春作品として普通に楽しめるので、その点だけ損なわれていないという箇所で見れば、アニメはそれはそれで良いんじゃない?というスタンスで落ち着いていますね。無難すぎる展開に彩りを添える要素として、超能力という設定があったりしますが、それでもやはり恋愛作品としては落ち着いた雰囲気になっていますね。全体的に。

アニメ版のOPはどれも凝っているのが特徴でもあって、1stOPではカット200枚以上を使っていると言われる程、スピード感のある演出をしていますが、3rdOPでは逆にワンカットで長回しをする演出を試み、非常にゆったりとした雰囲気で構成されています。OPに対するこだわりはアニメの中でも随一といっても良いかもしれません。{/netabare}

私はこの作品リアルタイムで体験していないので、当時の青春が一般的にどのようなものだったのかは結局想像しか出来ません。実際はどうだったかは分かりませんが、この作品の影響で当時の学生は今より大人びていたんだろうなあとそういう風に感じています。勿論鮎川まどかの印象がそうさせるのですけどもね。80年代の青春を追体験しているような感覚というのはそこに由来しています。

投稿 : 2013/03/03
閲覧 : 235
サンキュー:

9

らすきき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

まどかさん好きです。
これもアニメというかは原作が面白かったですね。
アニメは色々と方向がかわっていってしまいましたが、個人的には楽しめました。

やっぱりツンデレっ子の嫉妬っていいですね。

投稿 : 2013/02/16
閲覧 : 133
サンキュー:

0

ネタバレ

ソルバルー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白い。けど本当に面白いかは不明。

子供の頃ジャンプで連載してて、テレビでもやってたけど、ちょっとエッチなシーンも多い為、家の食卓で「観たい」とは言い出せなかった。後々に機会を得て全部観れました。

ヒロインの『鮎川まどか』は本当は優しいのだが、当時は概念が曖昧だったツンデレであり、その具合も最高に丁度良いキャラクターです。鶴ひろみさんがバッチシはまってます。

今まで観たアニメのヒロインキャラで一番好きかもしれん。999のメーテルと張り合っても、僅差でまどかに軍配!ってレベル。
大人になった今でこそ憧れるとか馬鹿な感覚はないのだけど、幼少期の自分にとっては本当に素敵に見えて、ちょいエロってとこがまたマセガキには大変刺激的だったのかもです。

古いので音楽や効果音がダサく、作画もちょいと下げましたが、自分の主観的な思い出補正を抜きにして、いまでも全然楽しめるはずと信じています。

投稿 : 2013/02/01
閲覧 : 122
サンキュー:

2

ぽぽたん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

中学生という設定には無理があるのでは

登場人物の大人ぶりが強すぎる。
まだ高校生の方が違和感が少ない。
恋愛作品ということでは各局面で多少疑問も投げたいところではあるが当時の作品ということもあり全体的には良く仕上げたという感じだ。
OP、ED共に曲は良いのだが、サブリミナルの表現力が今一歩で目が痛くなる。

投稿 : 2012/08/27
閲覧 : 191
サンキュー:

6

barbon85 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

古いアニメですが・・・

なかなか感動しました。
ラブコメという点ではめぞん~には若干及ばないものの、
ぜひ見てもらいたい作品です。

投稿 : 2012/08/11
閲覧 : 147
サンキュー:

0

次の30件を表示

きまぐれオレンジ☆ロードのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
きまぐれオレンジ☆ロードのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

きまぐれオレンジ☆ロードのストーリー・あらすじ

超能力一家の長男に生まれた春日恭介は、父の隆、双子の妹まなみとくるみの4人家族。超能力が使えるのは家族だけの秘密なので、正体がバレるたびに転校を繰り返していた。ついこの間、くるみが100メートルを3秒で走るという騒ぎを起こしてしまったため、恭介は7度目の転校を余儀なくされてしまった。7度目の転校で引っ越してきた街で、恭介は赤い麦藁帽子をかぶった少女、鮎川まどかに出会い、ひと目惚れする。だが、まどかは学園一のスケバン少女で、男子からも恐れられていた。最初の頃、まどかは恭介のことをあまり相手にしていなかったが、恭介の優しさに触れていくうちに、まどかも恭介に次第に惹かれていく(いわゆるツンデレ状態)。ところが、まどかの妹分である檜山ひかるも、ひょんな事で恭介を好きになってしまう。まどかは、姉という立場で2人を応援するが、3人の関係は奇妙な三角関係に発展してしまうのだった…。(TVアニメ動画『きまぐれオレンジ☆ロード』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1987年春アニメ
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%90%E3%82%8C%E3%82%AA%E3%83%AC%...
公式サイト
pierrot.jp/archives/tv_list_1985/tv_015.html

このアニメの類似作品

この頃(1987年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ